製造業の転職におすすめの転職サイト・エージェント9選|プロが教える成功のポイント

製造業 転職エージェント

「製造業の転職では、どの転職エージェントを使ったらいいの?」と考えていませんか。

製造業は転職のしやすい業界ですが、良いエージェントに求人を紹介してもらえれば、より好待遇の環境で働けます。

ただし、自分にあった転職エージェントを見つけて、エージェントを有効活用するポイントを抑えておかないと本来なら通ったはずの選考で落とされてしまうことも十分にあり得ます。

そのため、この記事では転職のプロとして製造業への転職をサポートしてきた私が、以下の流れでご紹介します。

  1. 製造業転職におすすめな転職サイト・エージェント9選
  2. 製造業転職で確認するべき4ポイント
  3. そもそも転職エージェントを使うべきたった1つの理由
  4. 製造業転職でエージェントを選ぶ2ポイント
  5. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  6. 【図解】転職エージェントの流れ
  7. 製造業転職に関してよくあるQ&A9選

この記事を読めば、自信を持って製造業への転職活動を始めることができるでしょう。

1. 製造業転職におすすめな転職サイト・エージェント9選

ネット上には、転職エージェントは100社以上存在しており、選びきれない人も多いと思います。

そこで、この章では製造業への転職を考えるときにオススメの転職エージェント・サイトを9社ご紹介します。

下記の3つに分けてご紹介するので、気になるエージェントやサイトはぜひ登録してみてください。

ここでご紹介する転職エージェントに2~3社登録するだけでも、転職成功に一歩近づくでしょう。

1-1. 製造業の求人が多い転職エージェント6選

豊富な求人情報を保有しており、質の高いサポートを受けることができるので、転職を考えるのであればぜひ登録していただきたい6社です。

エージェント名公開求人数
パソナキャリア約13,200件
マイナビメーカー AGENT
(製造業に特化)
約7,700件
doda約27,200件
ワークポート約8,200件
リクルートエージェント約25,600件
type転職エージェント約240件
メイテックネクスト約4,100件

※求人数:2022年2月更新

パソナキャリア | サポート充実で満足度No.1

パソナキャリア
パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナ社は大手人材派遣会社として数多くの企業との取引実績を有しており、業種・規模を問わず多くの企業とのパートナーシップが実現する求人数の充実ぶりには目を見張るものがあります。

Career Theory編集部が転職エージェント利用経験者を対象に行ったアンケート調査では、求人の量や質だけでなく、その手厚いサポートを高く評価する声が多く寄せらました。

親身・丁寧な対応やアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、たとえば若年層のキャリアプラン女性のライフプランに関連した悩みのように、転職の枠を超えて、求職者がそれぞれ抱えるキャリア全般の悩みにも深く寄り添ってもらえたと好評です。

パソナキャリア』はどの求職者層にもおすすめできる大手総合系転職エージェントの1つですが、特に年収500万円以上の人であれば豊富な選択肢有用な提案を受けることができるでしょう。

さらに、東名阪(東京・名古屋・大阪)エリアでは特に求人数が充実しているため、同エリアでの転職を志望する人にはより一層おすすめの転職エージェントです。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

年収600万円以上のハイクラス層には『パソナキャリア』のハイクラス向けサポートがおすすめ

パソナキャリア』には高い年収を得ているハイクラス・ハイキャリア層の転職支援に特化した『パソナキャリア(ハイクラス)』があります。

取扱い求人約1.5万件(2022年8月時点)の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人で、ハイクラス層の転職に特化した専任のコンサルタントがキャリアアップを力強くサポートしてくれます。
パソナキャリア(ハイクラス)』が抱えるエージェントは腕利き揃いで、同じくハイキャリア向けのスカウト型転職サイト『リクルートダイレクト』のエージェント・ヘッドハンターランキングでは決定人数部門で1位(2020年)と、高い実績を有しています。

既に600万円程度の年収を得ている人がさらなるキャリアアップを目指すなら、あなたのニーズにより深く寄り添ってくれる『パソナキャリア(ハイクラス)』を利用しましょう。

マイナビメーカー AGENT | メーカー系エンジニア転職に特化したエージェント

マイナビメーカー AGENT
マイナビメーカー AGENT』は、メーカー系エンジニア職の転職に特化したエージェントです。

製品開発、機械設計、半導体設計など、モノづくり系職種の求人をメインに扱っています。企業の幅も広く、国内シェアを拡大中の大手企業から、技術力に優れた中小企業まで、様々な候補から比較検討できるでしょう。

また扱う求人の8割は、他のサイトでは見られない「非公開求人」であることも魅力の一つ。その中から、「機械設計のエンジニアとして技術を極めたい」「今より残業時間を減らせる企業に転職したい」などの転職理由に合わせて、ベテランのアドバイザーがぴったりの求人を紹介してくれます。

メーカーへの転職を考えている方は、一度相談してみるのをおすすめします。

 

doda | 求人数No.2・転職サポートが評判

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

ワークポート | 転職決定人数No.1

ワークポート

ワークポート』は、17年の実績がある信頼できる転職エージェントです。

IT転職が強いとされていますが、製造業の求人も多数取り扱っており、その業界のスペシャリストが転職コンシェルジュとしてサポートしてくれます。

また、ワークポートは未経験から異業種へのキャリアチェンジを得意としているので、未経験から製造業に転職したいという方にはぜひ登録していただきたいエージェントになります。

リクルートエージェント | 求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト: https://r-agent.com/

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

type転職エージェント | 都内での転職に強い

type転職エージェント

type転職エージェント』は、20代後半~30代前半を中心に実績が豊富な総合転職エージェントです。

サポート範囲は、一都三県のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。

また、女性の求職者に特化した『type女性の転職エージェント』を運営しており、20代30代を中心に高い満足度評価を得ているので、女性にもおすすめです。

公式サイト:
https://type.career-agent.jp

メイテックネクスト | モノづくり系エンジニア転職実績No.1

メイテックネクスト

メイテックネクスト』は株式会社メイテックが運営する転職エージェントサービスです。

製造業分野の技術者に特化した転職サポートを行っており、モノづくり系エンジニアの転職では実績No.1となっています。

メイテックネクストの最大の特徴は、技術知識の造詣が深いスタッフによるサポートを受けられる点です。

また、メイテックネクストにしか募集が出ていない「独占求人」も多数保有しておりますので、モノづくり系エンジニアの転職を考える方にはぜひ登録していただきたいエージェントになります。

1-2. 製造業の工場勤務求人が豊富な転職サイト3選

次に、製造業の工場勤務求人が豊富な転職サイトをご紹介します。

未経験歓迎の求人も豊富にありますので、工場勤務を希望される全ての方に登録していただきたい転職サービスになります

エージェント名求人数(正社員)
工場ワークス約26,700件
はたらくヨロコビ.com約1,650件

※求人数:2022年2月更新

工場ワークス | 豊富な雇用形態

工場ワークス

工場ワークス』はその名の通り工場求人に特化した転職サイトです。

正社員求人も豊富ですが、派遣や契約社員などの求人も豊富なのが特徴的です。

また、未経験歓迎の求人も多いので、製造業の経験がない方で工場勤務を希望される方には必ず登録していただきたい転職サイトです。

 

はたらくヨロコビ.com | 全国の工場・求人情報サイト

はたらくヨロコビ.com

はたらくヨロコビ.com』は製造・工場求人に関する調査でNo.1に選ばれた実績を持っています

また、転職サイトですが「プロに相談」というコーナーが設けてあり、転職エージェントほど丁寧ではありませんが、自分にあった求人を提案してくれます。

全国の女性も活躍中ですので、女性で工場勤務を希望される方には登録していただきたい転職サービスになります。

 

【補足】

「モノづくりエンジニアと現場作業員の違い」と「転職エージェントと転職サイトの違い」の2点について補足させていただきます。

モノづくりエンジニアと現場作業員の違い

どちらも同じなのでは?」と勘違いされる方もいるかもしれませんが、この2つは大きく異なるものです。

誤って自分の望まない求人に応募することがないように、違いを正確に理解しておきましょう。

モノづくりエンジニア

モノづくりエンジニアは、製品の設計や開発、性能の測定等を行う仕事です。

分野にもよりますが、プログラミングスキルや電子回路設計の知識、その他周辺機器の知識等を求められる専門性が高い仕事になります。

未経験を歓迎している求人もありますが、入社時に求められる知識量や経験は企業によって変わりますので、転職を考える方は応募条件をよく確認するようにしましょう。

現場作業員

現場作業員とは、工場で作業員として仕事をする人のことを言います。

仕事内容は、ライン作業と呼ばれる、ベルトコンベアを流れる製品に加工・梱包などをする単純作業や製品の組み立てが多いです。

機械が相手になるので、接客業と比べるとコミュニケーションをとる機会は少なく、黙々と与えられた作業をこなすことが一般的です。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの最大の違いは転職の進め方です。

どちらも基本的に完全無料のサービスですが、転職エージェントは担当者がサポートしてくれる一方で、転職サイトは自分で求人情報を探して転職活動を一人で進める必要があります。

下の表に転職エージェントと転職サイトの違いをまとめましたので、参考にしてみてください。

転職サイト

転職エージェント

気軽さ自分の判断で、マイペースに進めることができる専任アドバイザーと打ち合わせをしながら進めるため気軽さはない
求人数求人数は転職エージェントに比べると少ない転職サイトに比べると、求人数は多い傾向にある
求人の質質が悪い求人が混じっていることがある転職アドバイザーが個人に合った求人を紹介してくれることから、質は高い
企業との調整応募から面接日程、入社条件の交渉などはすべて自分で行う専任アドバイザーが面接日程・給与交渉・入社時期まで調整してくれる
転職サポート転職エージェントが実施しているようなサポート体制はない面接・履歴書・職務経歴書などのサポートをすべて行ってくれる
詳しくは「3. そもそも転職エージェントを使うべきたった1つの理由」に記載あり
情報収集転職サイト上では特に情報は収集できない転職アドバイザーが、その企業の内部情報を含め、情報を提供してくれる
転職成功率転職サイト経由での応募は膨大なので、書類で落ちる可能性は高い面接指導や、企業へ強く推薦してくれる場合もあり、成功率は高い

次の章では、製造業の転職で確認するべき4つのポイントを解説します。

2. 製造業転職で確認するべき4ポイント

会社選びにおいて、事前に確認すべきポイントは多数ありますが、その中でも工場勤務ならではの確認すべきポイントについてご紹介します。

転職してから「そんなこと聞いていなかった!」ということがないように気をつけましょう。

ポイント1. 空調設備は整っているか
ポイント2. 勤務形態
ポイント3. 昇進や昇給を狙える資格の有無
ポイント4. 工場見学は可能かどうか

ポイント1. 空調設備は整っているか

空調が整っていないと、密閉された工場は夏は蒸し暑く、冬は肌寒くなります。

人によってはそれで体調を崩すこともあるので、重要な問題と言えるでしょう。

実際に応募したい工場で働いている人に話を聞くか、工場見学のお願いをして自分で確認することをオススメします。

ポイント2. 勤務形態

土日休み」のように特定の日に一斉に休む工場と、勤務先の都合に合わせて休日や勤務時間が変わる「シフト制」を取る工場があります。

土日休みの場合は祝日も休めることが多いですが、日本の大手自動車メーカー「トヨタ」のグループ企業は例外的に祝日も出勤しています。

トヨタカレンダーと呼ばれる稼働カレンダーが採択されており、月曜日から金曜日は祝日でも出勤する代わりに、大型連休に他社より長い連休が設定されているためです。

下の表にシフト勤務制と土日休みのメリット・デメリットをまとめてありますので、ぜひご確認ください。

メリットデメリット
土日休み制・家族や友人との時間を作りやすい
・休みの予定が立てやすい
・連休が多い
・平日のみの役所や銀行に行きにくい
・満員電車を毎日味わうことになる
シフト制・人の少ない平日に遊びに行ける
・連勤が少ない
・出勤時に混雑を回避しやすい
・夜勤や休日出勤で生活リズムが不規則になる
・正月やお盆でも出勤することがある

ポイント3. 昇進や昇給を狙える資格の有無

製造業や工場勤務では資格が重宝されることが多いです。

そのため、資格を持っていると、転職時に有利になるだけではなく、入社後の昇進や昇給に繋がることもあります。

これから長く働くつもりであれば、役立つ資格や資格手当が発生する資格については確認しておくといいでしょう。

おすすめの資格については、「7. 製造業の転職に関してよくあるQ&A9選」で紹介してありますので、ぜひご確認ください。

ポイント4. 工場見学は可能かどうか

内定前の工場見学が可能であるかどうか確認してみましょう。

もし工場見学が可能であれば、職場環境や工場の雰囲気を自分の目で確認するために見学させてもらいましょう

自分から言い出しにくい場合は、担当の転職エージェントにお願いするといいでしょう。

次の章では、そもそもエージェントを使うべき理由についてご説明します。

3.そもそも転職エージェントを使うべきたった1つの理由

転職エージェントを使うべきたった1つの理由は、『転職の成功確率がずっと高いため』です。

実際、転職エージェントへ登録することによって以下2点の恩恵を受けることができます。

では、順にご説明します。

メリット(1) 非公開求人など、求人の幅が大きく広がる

転職エージェントを利用することで、様々な求人を見ることが可能になります。

例を挙げると、リクルート社が運営する『リクナビNEXT(転職サイト)』と『リクルートエージェント(転職エージェント)』では求人数を比較すると、転職エージェントの方がより多くの求人を保有していることがわかります

求人数比較

さらに、転職エージェントで一般公開している「公開求人」のみならず、「非公開求人」まで見ることができるので、幅広い求人を見たいのであれば、必ず登録すべきだといえるでしょう。

〜非公開求人〜
事業戦略上、表立って募集はできないが、こっそり人を採用したい企業がエージェントに依頼する内容のもので、給与やポジションなどがハイグレードであるという特徴があります。

非公開求人も見ることで、ご自身の希望する労働条件や職場を見つけられる可能性がグッと上がります。

メリット(2) 転職のプロからサポートを受けることができる

この章では、転職エージェントがしてくれる『4つのサポート』について紹介をしていきます。

選考前から入職後まで、とにかく手厚いサポートを無料で行ってくれます。

フロー

反対に転職エージェントを使わずに転職をすると各ステップで非常に苦労するので、そこも合わせて説明していきます。

STEP1. 面談(希望条件などのすり合わせ)

転職エージェントに登録をすると、担当者が連絡をしてくれます。

そして、その後時間を合わせて、対面もしくは電話で面談を行い、「転職しようか迷っている」レベルの相談から「こんな職場に転職したい」などのヒアリングまでを行ってくれます。

また、あなたの希望に応じて、その後求人をガンガン紹介してくれるようになるので、以下のような譲れない条件があれば,ここでぶつけておきましょう。

  • 希望の給料やボーナスの水準
  • 夜勤なし、休みやすいなどの働き方の要望
  • 希望の勤務場所(立地や交通の便)
  • 「介護施設がいい」などの転職先の希望

STEP2. 求人の紹介

面談の後は、あなたの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職エージェントが応募手続きを代行して行ってくれます。

この時、転職エージェントだからこそ知っている職場の実情なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職エージェントの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない「非公開求人」も存在します。

非公開求人は何がいいの?

転職エージェントを使っている方にとって、非公開求人は「好条件の求人が多い」というメリットがあります。

実際にネット上に公開されたら応募者が殺到してしまう、今働いている方よりいい条件になってしまうなど、非公開求人は「非公開にすべき理由」のあるいい求人が非常に多いです。

STEP3. 選考のサポート

履歴書や面接対策などの「受かるためのサポート」も転職エージェントは行ってくれます。

転職エージェントはあなたが転職に成功し、入職して初めて「紹介料」をもらえるからです。

そのため、紹介して終わりではなく、受かるためのサポートも徹底的に行ってくれます。

また、あなた自身ではなかなかしづらい、条件面の交渉も担当者が行ってくれますので、希望の条件をしっかりと伝えておきましょう。

STEP4. 内定後のサポート

内定した後もサポートは以下の面で、手厚く実施してくれます。

  • 職場側との条件などの調整
  • 入職手続きの代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

以上のように、内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれ、面倒な手続きなどもほとんど代行してくれます。

~ここまでのまとめ~

転職エージェントに登録するべき理由について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

登録することで、非常に大きな恩恵を受けられるので、とりあえず相談ベースでも登録することをおすすめします。※しかも登録は無料です。

  • メリット(1) 非公開求人など、求人の幅が大きく広がる
  • メリット(2) 転職のプロから丁寧なサポートが受けられる

次の章では、転職エージェントをより効果的に活用するポイントについてご紹介していきます。

7. 製造業転職に関してよくあるQ&A9選

製造業の転職に関して、よくある質問をまとめました。

Q-1. 工場勤務は具体的にどのような仕事内容があるのですか?
Q-2. 工場勤務の適性について知りたいです。
Q-3. 志望動機や自己PRはなんと答えたらいいですか?
Q-4. 製造業の転職で学歴は問われますか?
Q-5. 工場内で出世したいのですが、学歴は問われますか?
Q-6. 未経験でも転職可能ですか?
Q-7. 工場勤務のメリット・デメリットを知りたいです。
Q-8. 3K(臭い・きつい・汚い)の職場は今でもありますか?
Q-9. おすすめの資格はありますか?

一つずつ見ていきましょう。

Q-1. 工場勤務は具体的にどのような仕事内容があるのですか?

あまり知られていませんが、工場勤務は業種・職種ともにたくさんあります。
それぞれ以下の表にまとめましたので、ぜひご確認ください。

業種

はじめに、業種ごとの仕事内容です。

業種仕事内容
自動車ベルトコンベアで運ばれる部品の組み立てや塗装をする工場
電気携帯電話やテレビなどの電気製品を作る工場
食品お弁当やパンなどの製造や梱包をする工場
プラスチックプラスチック材質の加工など成型をする工場
セラミック陶器を使ってお茶碗などを作る工場
ガラステレビ画面などガラスを使った製品を作る工場
雑誌などの紙製品を作る工場
化学薬品の調合など薬を扱う工場
ゴムタイヤなどのゴムを扱う工場
クリーニング店頭で預かった衣類のクリーニングをする工場
ネジ普段使っているネジの製造をする工場
半導体テレビなどの電化製品の心臓部を扱う工場

職種

次に職種ごとの仕事内容です。

職種仕事内容
ライン作業ベルトコンベアから流れてくる製品の中から、自分に割り当てられた製品を取り付けていく作業
検査完成した製品に問題がないかチェックする業務
品質管理検査と似ているが、製品の中に不良品がないかの確認をする業務
梱包・仕分け製品を梱包し仕分けをしていく業務
生産管理製品の製作数量や納期の計画を組む業務
設備管理工場内の機械のメンテナンスをする業務
工務工程を組むための設計図を作成する業務

Q-2. 工場勤務の適性について知りたいです。

工場勤務の適性がある人とない人に分けて、下の表にまとめたのでぜひご確認ください。

適性あり・単純作業から面白さを見いだせる人
・挑戦よりは安定志向の人
・細かい作業も真面目に集中して取り組める人
・ものづくりや機械が好きな人
適性なし・営業のように仕事の成果で評価されたい人
・飽きっぽく同じ作業を続けるのが苦手な人
・体力に自信のない人
・コミュニケーションを楽しみながら働きたい人

Q-3. 志望動機や自己PRはなんと答えたらいいですか?

志望動機と自己PRで分けて回答します。

志望動機

ポジティブな理由であれば問題ありません。
本心であったとしても、ネガティブな理由を伝えることはやめましょう。

ポジティブな事例

「細かい作業が得意だから」
「モノづくりに興味関心があるから」
「体を動かす仕事がしたかったから」

ネガティブな事例

「人と関わるのが苦手だから、工場勤務がいい」
「単純作業で楽そうだから」

自己PR

ライン作業や製造業務に対する適性を示せればいいでしょう。
具体的には以下の適性が挙げられます。

「体力や集中力に自信がある」
「細かい作業を丁寧にこなすことが得意」
「責任感が強い」

これらの強みを示すことのできる具体的なエピソードと合わせて伝えられるといいでしょう。

Q-4. 製造業の転職で学歴は問われますか?

求人によりますが、工場勤務であれば学歴が問われることは少ないですというのも、現場作業がメインで仕事ができるかどうかが重視されるためです。

実際に今回ご紹介した転職エージェントに登録していただければ、「学歴不問」とされている求人が多数あることがわかると思います。

とはいえ、大手の工場などは大卒以上に限定している場合があるので、求人情報をよく確認しておきましょう。

Q-5. 工場内で出世したいのですが、学歴は問われますか?

工場によって異なります。その工場が出世に学歴を考慮するのであれば、高卒より大卒の方が有利ということになります。

しかし、成果主義の会社であれば仕事の成果や資格の有無の方が重要になります。

転職先での出世を強く望むのであれば、転職前に確認しておくといいでしょう。

Q-6. 未経験でも転職可能ですか?

未経験でも転職可能です。一定の品質が求められる製造業は、生産工程や作業がマニュアル化されていることが多いため未経験でも転職しやすいのです。

実際に今回ご紹介したエージェントにいくつか登録してみれば、「未経験歓迎」「経験不問」といった求人が多数あることがわかると思います。

Q-7. 工場勤務のメリット・デメリットを知りたいです。

参考までに、製造業の中の工場勤務のメリット・デメリットを下の表にまとめたのでご確認ください。

メリット・機械相手のため自分のペースで働きやすい
・仕事内容によっては手に職がつく(溶接技術・機械整備等)
・福利厚生が充実していることが多い
デメリット・体力がないときつい
・作業が単調で飽きやすい
・単調な一方、ミスが許されないため長時間の集中力が必要

Q-8. 3K(臭い・きつい・汚い)の職場は今でもありますか?

現在ではかなり減ってきています。
その理由は下記2点です。

  • オートメーション化の進歩
  • 働き方改革

順番に説明していきます。

オートメーション化の進歩

オートメーション化の進歩によって単純作業や危険な作業の多くは機械が代替することが増えました。
その結果、3Kと呼ばれる職場に人が従事することが減っているのです。

参考程度に、下記の資料に単純作業の機械化やITツールによる職場改善の事例が記載されてあります。

出典:中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集 | 経済産業省

働き方改革

働き方改革によって、残業や休日出勤に対する規制が厳しくなったのと同時に、社員の就業環境への配慮もされるようになりました。

その結果、3Kとされる職場が減ったのです。

参考程度に、下記の資料に職場の安全確保による3Kイメージ払拭の事例が記載されてあります。

出典:中小企業・小規模事業者の人手不足対応事例集 | 経済産業省

Q-9. おすすめの資格はありますか?

工場での仕事内容によるので一概には言えませんが、下記の資格は役に立ったと言う声が多いので参考までにご確認ください。

  • フォークリフト免許 | 荷物の積み卸しや運搬ができ、仕事の幅が広がる
  • 危険物取扱者 | 化学工場でのキャリアアップに繋がる
  • 玉掛け免許 | 製造工場・建設現場で活かせる
  • 電気工事士・電気主任技術者 | 工場の電気設備の工事・保守・運用に活かせる

まとめ

いかがでしたか?

製造業への転職では、転職エージェント選びが重要になります。

まずは今回ご紹介したエージェントの中から数社登録して気軽に話を聞いてみましょう。

製造業の求人が多い転職エージェント6選

 

製造業の工場勤務求人が豊富な転職サイト・エージェント3選

 
あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する