退職願・退職届の折り方|丁寧な図解付きで誰でもできる!

「退職願・退職届ってどうやって折れば良いんだろう・・・。」

いざ退職願・退職届を書いた後にもそんな疑問って残りますよね。本ページでは、転職を重ね、過去2社に対して退職願と退職届を提出してきた筆者が好感を与える折り方を解説します。

本ページでは下記の流れで、退職願、退職届の折り方のみにフォーカスしてご紹介していきます。

  1. 退職願/退職届は3回もしくは4回折るべき
  2. 3つ折のときの折り方
  3. 4つ折のときの折り方

折り方の解説には全てイラストを付けました。そのため、本ページを読んで頂くと誰でも間違いの無い退職願/退職届の折り方を実践できます。

きちんと配慮をする事で、会社に良い印象を与え、円満退社に近づけましょう。

1. 退職願・退職届は3回もしくは4回折るべき

退職願/退職届(以下、退職願)はA4であっても、B5であっても3つ折か4つ折にしましょう。また可能であれば、3つ折が最も好ましいです。それぞれには理由があります。

1-1. 3つ折より大きくしない理由

目立たないようにするためです。

退職願はネガティブなものとして捉えられるケースが多く、受け取った人がすぐにしまえるよう、コンパクトにすべきと考えられています。

1-2. 4つ折より小さくしない理由

4つ折より小さく折らない理由は下記の2点です。

  1. 折りすぎると封筒に入れた際、厚みが出てしまう
  2. 折り目が多いと読みにくくなる

以上の理由から、受け取る相手の事を考えて3つ折、もしくは4つ折にしましょう。

もしも、4つ折にしても封筒に入らないのであれば、お手数ですが封筒を買い直す事をオススメします。

4つより多く折ってしまうと人によっては失礼だという印象を与えてしまいます。

1-3. 可能であれば3つ折に、入らなければ4つ折に

上記の通り、マナーとしては3つ折か4つ折であれば問題はありません。ただ、3つ折であっても封筒にきちんと収まるのであれば3つ折にしましょう。

可能であれば4つ折でなく3つ折を選ぶ理由は2つあります。

  1. 世間的に3つ折の方が主流であり、3つ折にすべきと考えている人も存在するから
  2. 読み手の事を考えて、折り目を少なくするため

以上の事から、可能であれば3つ折にしましょう。封筒に入らなければ4つ折でもかまいませんが、もし封筒を用意する前であれば3つ折の用紙が入るものを選びましょう。

2. 3つ折のときの折り方

まずは3つ折の際の折り方をイラストを元にご紹介いたします。

①まずは汚れていない机の上にまっすぐ置きます。

※ここでは、向きがわかるよう、目印に右上にマークを付けています。

②用紙の下3分の1を上へ折り返します。

この時定規で測りながらぴったり3分の1で折れるようにしましょう。

折るときも定規等を当てる事でまっすぐ折る事もできます。

この時、下から折る理由は、読み手が封を開けたときに読み出しである右上の部分が一番に目に入るためです。

※以下イラストでは裏面に陰を付けてあります。

③上3分の1を折り返します。

下3分の1を覆い被せるイメージです。

④退職願の右上の書き出しの部分が封筒裏側の右上にくるように封筒へ丁寧に入れます。

封筒に入れる時はしわになりやすいため慎重に折りましょう。

3. 4つ折のときの折り方

4つ折の際もポイントは同じです。以下イラストでご紹介します。

①まずは汚れていない机の上にまっすぐ置きます。

3つ折と同様、右上にマークを入れました。

②用紙の下半分を上へ折り返します。

この時角と角を揃えてぴったり半分で折れるようにしましょう。また折るときも定規等を当てる事でまっすぐ折る事もできます。

この時、下から折る理由は、読み手が封を開けたときに読み出しである右上の部分が一番に目に入るためです。

③さらにもう一回下半分を上に折り返します。

④退職願の右上の書き出しの部分が封筒裏側の右上にくるように封筒へ丁寧に入れます。

以上が、退職願の折り方の手順となります。

4. さいごに

退職願/退職届の折り方を解説してきましたが、いかがでしたか。円満退社に向けてきちんと手順を踏んでいても、退職願の折り方一つで相手に悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

本ページの折り方を実施して頂き、退職願でも相手に対して良い印象を与えて頂ければと思います。

あなたの退職後の人生がより明るいものである事を心から願っています。

※退職後の転職先が未定の方へ

退職後の転職活動は心身ともに負担になることが多いですから、無理をしない範囲で今のうちから準備を進めていくことをおすすめします。その際は、『転職のプロが教える安心して転職に臨むための準備のすべて』を参考にしながら、少しずつご自身のペースで次のキャリアをお考えください。