無い内定(NNT)になりやすい女子大生の特徴と対策9選|これから就活を始める方は必見!

これから就活を始める女子大生の中には、

就活を上手く乗り越えられるだろうか
どうしても無い内定(NNT)を避けたい

と悩んでいる人も多いはずです。

結論から言うと、新型コロナウイルスの影響により企業が採用を控える動きも目立つようになっているため、例年より就職活動は難化しています。

しかし、だからと言って無い内定(NNT)を避ける方法が1つも無いわけではありません。

そこでこの記事では、キャリアアドバイザーとして数多くの就活生をサポートしてきた私が、

  • 無い内定(NNT)になりやすい女子大生の特徴は?
  • 無い内定(NNT)を避ける対策方法は?

といった質問に答えます。

(目次)

  1. 無い内定(NNT)とは?
  2. 【結論】無い内定(NNT)になりやすい女子大生の特徴と対策9選
  3. 無い内定(NNT)である女子大生におすすめの就活エージェント5選
  4. 就活エージェントを使うべき3つの理由
  5. 【図解】就活エージェント利用の流れ
  6. 【目的別】無い内定(NNT)が併用すべきおすすめ就活サイト4選
  7. 【FAQ】無い内定(NNT)に関するよくある疑問と回答

すべて読めば、就職活動に向けて万全の準備を整えられるでしょう。

1.無い内定(NNT)とは?

無い内定とは、「内々定」にかけて、内定(または内々定)がない状態を呼ぶことを指します。(※出典:ニコニコ大百科

また、SNSやインターネット上では内々定(無い内定)の頭文字をとって「NNT」(Nai Nai Tei)と略されることもあります。

では、この「無い内定」についてもう少し詳しく見ていきましょう。

それぞれ解説していきます。

1-1.無い内定(NNT)の割合

ここでは、2021年卒大学生における就職内々定率の推移から「無い内定」の割合を確認していきます。

内々定率無い内定(NNT)率昨年との差
無い内定(NNT)率
3月20.5% 79.5%-7.8%
4月35.2% 64.8%+4.1%
5月48.0% 52.0%+13.8%
6月57.6% 42.4%+16.8%
7月77.7% 22.3%+6.3%

※ただし、6月のデータは2020年6月15日時点のものとする

今年は新型コロナウイルスの影響で、無い内定の割合が例年より10%ほど高くなっているほか、多くの人が企業から内定が出始める5月、6月にいたっては昨年との差が極めて大きくなっています。(出典:「マイナビ2021年卒大学生活動実態調査」

また、7月に急激に内々定率が高くなったことで、今年は例年に比べて1ヶ月ほど就職活動が長期化していたこともわかります。(※出典:株式会社ディスコ キャリタスリサーチ

次の章では、いよいよ「無い内定(NNT)になる女子大生の特徴と脱却方法」について解説していきます。

2.【結論】無い内定(NNT)になりやすい女子大生の特徴と対策9選

無い内定(NNT)になりやすい女子大生の特徴として以下のものが代表的です。

  1. 内定をゴールと考えている
  2. 就活への心構えができていない
  3. エントリー社数が少ない
  4. 自己分析が甘い
  5. 業界研究・企業研究が甘い
  6. 自分のレベルにあった企業を受けていない
  7. 選考テストの対策が不十分である
  8. 身だしなみに問題がある
  9. 就活に関して悩みがある

それぞれの解決策とともに見ていきましょう。

2-1.内定をゴールと考えている

内定をゴールだと考えている学生は就職活動に失敗する可能性が高いです。

なぜなら、この類の学生は「自分が実際に企業で働く姿」を面接官に伝えることができないからです。

入社後のキャリアプランをしっかり立てておかなければ、面接官から「何も考えていない」「採用するメリットが無い」と判断されてしまいます。

とはいえ、中途半端な企業研究では働くイメージを持つことが難しいでしょう。

そこで、おすすめの解決策を紹介します。

対策:企業イベントに積極的に参加する

具体的には、以下の企業イベントに参加することをおすすめします。

  • 企業説明会
  • インターンシップ
  • 社員座談会
  • OB訪問会

というのも、上記のイベントに参加することで、社員に直接業務内容を聞くことができ、実際に働く姿を描きやすくなるからです。

企業イベントで得られた情報や経験からあなた自身のキャリアプランを作成することができれば、面接官へのアピールに繋げられるでしょう。

しかし、企業説明会以外のイベントは、ES(エントリーシート)や選考テストが通過しなければ参加できないケースも多いので、入念な準備が必要です。

今すぐにESや選考テストの対策について知りたい方は2-7.「選考テストの対策が不十分である」をご覧ください。

2-2.就活への心構えができていない

就活中はどうしても気分が落ち込む瞬間があります。

自信があったはずの面接で落ちた」「一緒に面接を受けた人が凄い優秀で焦った」など思いも寄らぬトラブルが立て続けに起こるからです。

しかし、1つ1つのトラブルに振り回されているようでは就活で上手くいくわけがありません。

そこで、こうしたトラブルを乗り越える方法を2つ紹介します。

対策1:「就活は運や縁の部分が大きい」と割り切る

就活は、運や縁で大きく左右すると言っても過言ではありません。

まれに「不採用=優秀ではない」と決めつける学生がいますが、それは大きな間違いです

いくら成績が優秀で、スポーツの業績が偉大な学生でも落ちるときは普通に落ちます。

大切なのは、落ちたことをしっかりと割り切り、次の選考に切り替える姿勢です

しかし、どうしても希望の会社以外入社したくないという場合は、早い段階で就活の準備に取り掛かる必要があるでしょう。

対策2:就活の準備は早めにやる

就活の準備に「早すぎる」ということはありません

なぜなら、就活を早く始めたぶん気持ちに余裕が生まれ、

就活解禁(3月)から就活の準備を始める学生も多いですが、3月上旬から始まるクリック戦争やESの提出・締め切り等で精一杯でしょう。

補足:クリック戦争とは?
就活解禁日である3月1日に、就活生が一斉に企業にプレエントリーすることです
企業の中には、説明会や座談会の予約が先着順となっているところもあるため、このような現象が起こります。

また、興味がある会社の全ての説明会に出席することも、時間的に厳しいです。

そのため、就活解禁前に志望業界・企業をある程度絞っておく必要もあるでしょう。

2-3.エントリー社数が少ない

就活において、エントリー社数が少ないことは致命的です。

当然のことですが、エントリー社数が多ければ多いほど内定をもらう確率も高くなります

また、持ち駒数(現在選考が進んでいる企業の数)は非常に重要で、あまりに少ない場合だと「NNTになるのではないか」と毎日不安な気持ちに駆られるでしょう。

ここで実際に、ここ3年間の就活生の平均エントリー社数を見てみましょう。

※出典:株式会社ディスコ

上記の結果から、21卒就活生の平均エントリー社数は27社ほどであるとわかります。

また、理系学生に比べて文系学生の方がエントリー社数が多いですが、これは文系学生の方が業界・企業にこだわらず幅広い就活ができるためでしょう。

以下に、エントリー社数が少ない就活生のために対策方法をまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

対策:エントリー社数は「適度な量」で(平均+3〜5)

最も注意しなければならないことは、エントリー社数が「適度な量」であるかどうかです。

エントリー社数を過度に増やすと以下の問題が起こりかねないからです。

  • ESの「質」が落ち、提出日が締め切りギリギリになりやすい
  • 選考が通過した時に、テストや面接の対策が追いつかなくなる

上記の問題を避けるためにも「エントリー社数は30社前後」締め切り5日前までに提出」を心がけましょう。

補足:短期間でエントリー社数を増やすコツ
ESの設問は前年と大きく変わるケースは少ないので、エントリーする企業が事前に決まっているのであれば、就活解禁前に書く内容を決めておきましょう。

2-4.自己分析が甘い

自己分析は就職先を決める上で最も重要であると言っても過言ではありません。

なぜなら、自己分析とは「自分の仕事選びの軸を明確にする上で、他者に自分のことを伝える要素となる」からです。

そのため、自己分析が甘い場合、面接官に「なぜうちの会社に入りたいのだろう?」「うちで何がしたいのか?」と思われてしまいます。

また自己分析は、「ここまでやったから完璧」という絶対的な基準がありません

それをいいことに面接官は様々な角度であなたのことを聞き出そうとしてきますから、早期から準備が必要です。

とはいえ、いきなり自己分析を1人で行うのは難しいでしょう。

そこで、以下におすすめの自己分析の方法をまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

対策:自己分析を入念に行う

自己分析は主に以下の順番で行うと良いでしょう。

  1. 自分の人生を振り返り、テーマを1つ決める
  2. テーマのシーンをいくつか挙げてみる
  3. 挙げたシーンを「なぜ?」と掘り下げていく
  4. 根底にある価値観を言語化する

では、それぞれ解説していきます。

(1)自分の人生を振り返り、テーマを1つ決める

まず初めに、自分の人生を振り返り、テーマを1つ決めましょう

「辛かったこと」「嬉しかったこと」「頑張ったこと」「感動したこと」何でも良いです。

(例)著者の場合:「頑張ったこと」

(2)テーマのシーンをいくつか挙げてみる

テーマを設定したら、そのシーンをできるだけ多く、かつ具体的に列挙してみましょう

(例)著者の場合:「サッカーでスタメンを維持するために人一倍練習した」
         「志望校に合格するために人一倍勉強した」

(3)挙げたシーンを「なぜ?」と掘り下げていく

列挙したものを、一つ一つ「なぜ?」と掘り下げてみましょう

(例)著者の場合:「志望校に合格するために人一倍勉強した」

なぜ?①:「同じ志望校を目指す仲間たちがたくさんいたので頑張れた」
なぜ?②:「競い合うだけでなく、時には励まし合えたから頑張れた」
なぜ?③:「自分だけでなくみんなで喜びを分かち合いたいから」

(4)根底にある価値観を言語化する

この掘り下げ例を見ると、「競争心が強いが仲間を思いやる」という価値観が見えてきます。

このように、掘り下げれば掘り下げるほど言語化できていなかった自分の価値観を浮き彫りにすることができます。

言語化することができたら、その価値観を「仕事選びの軸」として業界研究を行いましょう

補足:自己分析を始めるタイミングは?

自己分析は遅くとも就活前年の11月までには始めておきましょう。

実際に、2019年卒の就活生の70.1%が11月(2017年)時点ですでに「自己分析」を始めていたことがわかります。

また、2月では(2018年)79.2%が「自己分析」を就活解禁前に準備していたと回答しています。(※出典:「【2019年卒就活生モニター調査】9月1日時点の就活意識調査」

上記の結果から、自己分析がどれほど重要な作業か伝わったはずです。

2-5.業界研究・企業研究が甘い

業界研究も自己分析と同様に、就活では重要な作業になります。

というのも、業界研究とは「自己分析を通して得られた自分の企業選びの軸がその企業・業界の特徴や仕事内容と合うのかを確かめる作業」であるからです。

そのため、業界研究・企業研究が甘い場合、面接官に「どんな働き方ができるんだろう?」「なぜその部署を希望しているのだろう?」と思われてしまいます。

とはいえ、業界研究・企業研究は自己分析に比べて詳しく行う必要があるので注意が必要です。

そこで、以下におすすめの業界研究・企業研究の方法をまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

対策:業界研究・企業研究を入念に行う

業界研究は主に以下の順番で行うと良いでしょう。

  1. 自分の興味のある業界を幅広く取り上げる
  2. 業界の現状、課題、今後の展望を詳しく調べる
  3. められる人物像と自分を比較する

では、それぞれ解説していきます。

(1)自分の興味のある業界を幅広く取り上げる

まずは何でも良いので、自分が興味のある業界を取り上げてみましょう。

選べないという方は、「説明会で一番印象的だった」「普段楽しいと感じること」など

ちょっとしたキッカケを探ってみると見つかるかもしれません。

(2)業界の現状、課題、今後の展望を詳しく調べる

業界の現状、課題、将来像を詳しくリサーチします。

業界内の企業同士を比較して、それぞれの市場規模・業績・提携関係・将来性等を把握しましょう。

この作業を入念に行っておくことで、後に志望動機書や面接にて企業や業界の特徴を余すことなく伝えることができ、アピールに繋がります。

(3)求められる人物像と自分を比較する

最後に、取り上げた業界の希望業種で求められる能力と自分を比較させます

例えば「営業職」の場合、

  • 説得力や傾聴力を兼ね備えた「コミュニケーション能力」
  • 売り上げ目標に向けた「ゴール設定が上手い」
  • 失敗を積み重ねて、売り上げを伸ばし続ける「タフな精神力」

など、適している能力や素質を知り、自分と照らし合わせてみましょう。

後はこれの繰り返しです。

補足:業界研究を行う上で利用すべきもの
  1. 就活情報サイト(アプリ有り)
  2. 書籍や雑誌
  3. 新聞やニュース

(4)就活情報サイト(アプリ有り)

最も手軽で利用者が多いものは就活情報サイトです。

アプリ版もあるため、手が空いたタイミングで業界研究を行うことができます。

また、サイト内には他者の業界研究が投稿されていることもあるので、随時チェックしてみると良いでしょう。

(5)書籍や雑誌

各業界・企業の情報は書籍や雑誌にても把握が可能です。

定番のものだと、「就活四季報」や「業界地図」は1冊で各業界・企業の現状、課題、将来像を網羅してます。

特に「就活四季報」は、求める人材、採用人数、採用プロセス、年収、3年後離職率等、細部まで記載されているので、購入してみても良いかもしれません。

(6)新聞やニュース

新聞やニュースでも、特定業界や社会全般の最新動向を知ることが可能です。

就活の面接では、社会動向などの一般常識を聞かれることがあるので、自分の興味のある業界の動向は常に把握しておくことをオススメします。

2-6.自分のレベルにあった企業を受けていない

これは、俗に言う「大手病」の学生に多く見られる傾向です。

補足:大手病とは?
大手病とは、誰もが知っている大企業への就職のみに固執してしまうことです主な原因として、「有名大学への進学したプライドのため」「親の期待に応えるため」「他人に自慢するため」が挙げられます。

大手病の最も厄介な点は、克服しない限り就活が上手く行かなくなる点です。

そうなると、就職留年をするか、既卒として新たに就活を行うことになってしまいます。

一般的に、年齢を重ねるにつれて就職先の門戸は閉ざされていくので、早急な対策が必要でしょう。

そこで、大手病を克服するための解決策を以下に紹介します。

対策:中小企業・ベンチャー企業も視野に入れて就活を行う

就活で上手くいかなくなった場合は、業界をさらに広く見ることをおすすめします。

「平成26年経済センサス-基礎調査結果」(総務省統計局))の結果によると、国内の大企業は1万1,000社、中小企業は380万9,000社となっており、割合で言うと大企業が0.3%、中小企業が99.7%です。

この結果からわかるように、国内の中小企業は大手企業に比べると圧倒的に多いです。

給与や福利厚生は大企業に比べると劣りますが、「1人1人の業務が幅広くなる」「仕事ができれば大企業より早く役職が付く」といったメリットもあります

もちろん、世間的には知られていない会社でも、業績が高い会社はいくつもあります。

そのため、知名度の高い企業だけを選び、それ以外の企業は見捨てるといった行為だけは避けましょう。

2-7.選考テストの対策が不十分である

面接に限らず、選考テストが原因で落ちることは十分あります。

というのも、インターンや面接で次の選考に進むためには、課されたテストで基準値以上の点数を取らなければならないからです

ここで、過去の就活生がテストの準備をいつごろから始めたのかを確認してみましょう。

マイナビ 学生の窓口調べ 2016年11月」による結果から、少なくとも47%の学生が就活解禁前(一般的には3月)よりも前にテスト対策を始めていたことがわかります。

とはいえ、テストの対策はどうすれば良いのか困っている学生も多いでしょう。

そこで、選考テストの対策方法を以下に紹介します。

対策:就活サイトにある過去の体験談を参考にする

まず初めに就活サイト登録し、気になる企業の体験談を見てみましょう。

体験談には、「ESの設問内容」「面接の質問」に加え、「選考テストの種類」について書かれていることがあるからです。

代表的な選考テストには以下のものが挙げられます。

せ

※出典:digmedia

企業がどのテストを課すのか分かったら後は対策です。

対策は基本的に市販のWebテスト攻略本で十分対策が可能です。

対策を始める時期ですが、遅くとも就活解禁前から初めておきましょう

就活解禁後はESの締め切りや説明会等で余裕がありません。

2-8.身だしなみに問題がある

面接において身だしなみは特に重要です。

なぜなら、面接官は身だしなみが整っているかどうかで就活生の第一印象を決めてしまうからです。

特に、面接官は「爽やかさ」「清潔感」「機能性」の3点がしっかり整っているのかを確認しています。

とはいえ、身だしなみのチェックを自分の判断で行うのはあまりにも危険すぎます。

そこで、以下に女子就活生の身だしなみポイントをまとめたのでぜひ参考にしてください。

対策:主な身だしなみポイントを押さえる

女性の身だしなみポイントは以下の6点です。

  1. スーツ
  2. 髪型
  3. ブラウス
  4. パンプス・ストッキング
  5. メイク・ネイル
  6. バック・時計などの小物類

では、それぞれ見ていきましょう。

(1)スーツ

スーツの色は黒色(ブラック)が無難でしょう。

ネイビーやグレーなどのスーツが禁止されているわけではありませんが、黒が最も形式的とされているからです。

また、サイズ感「肩幅」「袖丈」「スカート・パンツの丈」には注意が必要です。

面接官が全体のシルエットに違和感を持たないように気をつけましょう。

※コートは、男性がダーク系、女性はベージュ系の色でシンプルなものが一般的です。

(2)髪型

髪型のポイントは「前髪は額が出て眉毛が見える」ことです。

髪色は地毛の色であれば問題ありませんが、長いようであればまとめることをおすすめします。

シンプルかつ、清潔感をアピールすることを意識しましょう。

(3)ブラウス

ブラウスの色は白色で問題ありません。

スーツと同様に丈が合っているのかどうか確認しましょう。

また、白色なので汚れやシワが目立ちやすいので注意が必要です。

(4)パンプス・ストッキング

パンプス・ストッキングの色は黒色が無難です。

使用上の注意としては、全体に汚れが無い&少ないこと、かかとがすり減っていないかも確認しましょう。

また、ストッキングは伝線していないか念入りにチェックしましょう。

(5)メイク・ネイル

メイク・ネイルも「清潔感」の観点で注意が必要です。

ベースは気になるところを隠す程度、リップは潤いと血色感を与える程度、眉毛はしっかり整えるようにします。

また、マニキュア、ジェルネイル、付け爪、ネイルアートは基本避けましょう

しかし、業界によってはナチュラルカラーは認められているところもあります。

(6)バック・時計などの小物類

バックの条件として、A4サイズの書類が入り、地面に置いた際に倒れないシンプルなものが良いです。

説明会によっては1回で数十社分のチラシをいただくことがあるので、マチは広い方がいいかっもしれません。

また、時計は高級・カジュアルなものは控えましょう。

同様にネックレスやピアス、ブレスレットなどのアクセサリー類も避けましょう。

2-9.就活に関して悩みがある

もし仮に就活そのものに悩みがあるようであれば、一人で抱え込まず、就活エージェントの利用を強く推奨します。

就活エージェントでは、担当のアドバイザーが就活に関する相談に乗ってくれて、様々なサポートを行ってくれます。

対策:就活エージェントの無料サービスを受ける

代表的なものとして以下の6点が挙げられます。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接のセッティング
  • 面接の対策
  • 面接のフィードバック

上記のサービスは基本的に全て無料で受けれるので、一度登録してみることをおすすめします。

就活エージェントを上手く活用することができれば、自身の就職活動における大きな味方にすることが出来るでしょう。

しかし、就活エージェントを初めて利用する場合、どれを利用したら良いのかわからないはずです。

そこで次の章では、おすすめの就活エージェントを「求人の質」「サポート力」「提案力」の3点で総合評価が高い順にランキング形式で紹介していきます。

3.無い内定(NNT)である女子大生におすすめの就活エージェント5選

ここでは100社以上ある就活エージェントの中から3つの評価軸「求人の質」「サポート力」「提案力」を元におすすめの5社を厳選し、ランキング形式にてご紹介します。

以下の5社から、自分に合ったエージェントを利用すれば万全です。

それでは、以下で詳しくご紹介していきます。

転職サイト求人の質・量サポート力提案力
1位キャリアチケット4.5

4.4

4.3

2位Meets Company4.2

4.3

4.1

3位キャリセン3.9

4.2

4.1

4位ハローナビ3.8

4.2

4.0

5位リクナビ
就職エージェント
4.3

3.9

3.8

ぜひ気になるエージェント1〜2社から気軽な気持ちで相談してみてください。

1位.キャリアチケット|年間1万人以上が相談するNo.1就活エージェント

キャリアチケット』は、年間1万人以上の就活生が利用する就活サポートサービスです。

無料で相談することができ、就活のプロがES添削・面談対策までしてくれるので、これからの就職活動に不安がある就活生におすすめです。

LINE電話面談も実施しているので、気軽に相談してみましょう!

公式サイト:
https://careerticket.jp

2位. MeetsCompany|本当に自分に合った企業に出会える就活イベント

MeetsCompany(ミーツカンパニー)』とは、株式会社DYMが運営している内定直結イベントです。

説明会と選考会を兼ねた内容で、最初に参加企業(8社)が会社説明をし、就活生同士でグループワークを行い、その後、企業の人事と座談会を行います。

イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、自分に合った様々な企業に出会うことができます。

イベント参加後は、業界知識豊富なリクルーターが内定を徹底サポートしてくれるので、就活の際には必ず登録しておきたい一社と言えます。

MeetsCompany公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/

3位.キャリセン|就活生のための就職相談・内定支援

キャリセン

キャリセン』は「相談」から始まる就活支援サービスで累計6万人が利用しており、紹介実績数1000社以上を誇る業界屈指のエージェントサービスです。

元人事担当者や有名なキャリアコンサルタントと1時間ほどマンツーマンの就活相談を実施する個別内定サポートや就活生に合った企業の紹介も行っており、2020年度実績では内定獲得率5.4倍を誇っています。

また、3年以内離職率が低いホワイト企業に厳選して紹介する面談会を行う、一部の学生向けの『キャリアスカウト』の機能も大変おすすめですので気軽に登録して話を聞いてみましょう。

公式サイト:
https://careecen-shukatsu-agent.com/

4位.ハローナビ|面接までのスピード感と独自診断ツールが好評

ハローナビ』は、アイハーツ株式会社が提供している新卒学生向けの無料就職エージェントサービスです。

「採用担当者と座談形式で気軽に質問できる」「書類選考なく面接可能」といったサービス特徴が就活生から非常に好評です。

また、面談予約後に受けられる「可能性診断・ポートフォリオ作成ツール」により、自己PRや学チカにとても役立った、との声も多いです。

担当アドバイザーのサポートも手厚く、至れり尽くせりの就職エージェントなので、ぜひ一度登録を検討してみてください。

公式サイト:
https://haloonavi.com/

5位.リクナビ就職エージェント|サポート充実で大手求人が豊富

リクナビ就職エージェント』は、リクルートが運営している就職エージェントサービスで、非常に手厚いサポートが強みです。

登録すると、コンサルタントとの面談があり、志望している業界・職種や志向・価値観に沿って最適な企業を紹介してくれます。

取り扱っている企業の数も幅広く、面接・書類対策などのサポート体制が充実しているため、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

公式サイト:
https://job.rikunabi.com/agent/

4.就活エージェントを使うべき3つの理由

ここまで読み進めてきてくださった方の中には、結局「就活エージェントをなぜ利用しないといけないのか」という疑問を持った方も多いでしょう。

そこで、この章では、就活エージェントを利用する重要性についてお話させていただきます。

  1. 就活エージェントがやってくれることの全て
  2. 就活エージェントを使う上でのメリット
  3. 就活エージェントを使う上でのデメリット

それでは順に説明していきます。

4-1.就活エージェントがやってくれることの全て

就活エージェントとは、登録をすると完全無料で就職の相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、ES添削など就職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します

総合転職エージェント

就活エージェントがしてくれることは、主に下記5点です。

  • 就活相談
  • 非公開も含めた求人紹介
  • 面接対策
  • ESの添削
  • 面接のセッティング

就職活動で必要なことは全てサポートしてくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

逆に、個人で就職活動を進める場合は上記をすべて自身でこなさなければなりませんので、就職する場合はできる限り活用するのが得策です。

口コミ・評判

A.Hさん

リクナビなどのナビサイトはよく見るけど、就活エージェントってそれとはどう違うの?

詳しい違いは次章で説明しますが、結論をいうと、大きな違いは担当が付くか付かないかです。

就活エージェントであれば、面談をした上で応募作業、面接日程調整、ESの添削などをすべてしてくれますが、就活ナビサイトの場合は、Webサイト上にある求人情報を自分で調べて、全て自分で行う必要があります。

このことから、就活ナビサイトよりも就活エージェントの方が圧倒的に優れており、就活ナビサイトはあくまでエージェントをつかってうまくいかない(サポートを断られた)時に使う存在です

7つの観点で比較してみましたので、ご参考ください。

4-2.就活エージェントを使う上でのメリット

就活エージェントを使う上でのメリットが以下の通りです。

  • 就職活動に必要なサポートを全て『無料』で受けられる
  • 就活に役立つ講習・イベントに参加できる
  • 表には出ていない『非公開求人』を探してきてくれる
  • 特別ルートで早期内定が貰える可能性も

例えるなら学習塾の個別指導を全て無料で受けられるような内容です。

自分一人ではできないことをサポートしてくれるので、就活が成功する確率はグッと上がります。

また、以下のコメントのように、就活エージェント経由の『非公開求人』を利用して、早期で人気企業の内定を貰った方が多くいるのも事実です。

口コミ・評判

Sさん
評価:★★★★★4.6

就活エージェントから、TVCMで大変有名な大手企業やメガベンチャーの『非公開求人』を複数紹介して貰い、特別ルートとして、ES選考・一・二次選考免除+人事の方と仲良くなれる機会を沢山用意してもらえました。
もし落ちてしまっても、就活エージェント経由で「なぜだめだったのか」のフィードバックを頂けるので、次の選考に生かすこともできましたし、落ち込んでいる際も、エージェントが全力で支えてくれたお陰で就活を納得した形で終えることができました。

お得しか見当たらないサービスだと思います。

出典元:アンケート

このように、自分一人ではできないことを完全サポートしてくれるので、就活が成功する確率はグッと上がり、納得した内定を掴むのに繋がるでしょう

4-3.就活エージェントを使う上でのデメリット

就活エージェントを使う上でのデメリットは以下の通りです。

  • 上手い営業トークにのせられて、誤った就職をしてしまう可能性がある
  • 担当のコンサルタントの質が均一でない

就活エージェントの質はピンキリで、悪徳なエージェントにあたってしまうと、あなたの志向に合っていなくても無理やり入社をさせてくることもあります。

また中小のエージェントは紹介できる案件が限られており、比較的大手は少なく、平気でブラック企業の案件を紹介してくるところもあります。

ですので、信用できるエージェントに登録しつつ、紹介して貰った企業は、openworkで口コミの確認をするようにしましょう。

口コミ・評判

H さん
評価:★★☆☆☆2.0

学歴が良くないのか、ガクチカが弱かったのか何が原因かはわからないけど、エージェントの態度が人によってコロコロ変わる人に当たったときは嫌だったな。。。

友達も、そのエージェントサービスに「貴方には紹介できる案件ありません」って言われたらしいし、金儲けにならないからってすぐ見捨てるエージェントは嫌い、、

だからこそ、エージェントはどんな層の人(学歴や就活に強い経験を持ってないような人)からも満足度が高いサービスを選ぶべきだなーとは思ったかな

出典元:アンケート

以上のコメントにもあるように、就活エージェントを選ぶうえで、就活生の口コミ評判が高いエージェントを選ぶことが大切です。

就活エージェントの評判ランキングが気になる方は、新卒・就活エージェントとは?口コミ評判からわかる全メリットデメリットで、ランキング形式で綺麗にまとめられていますのでご参照ください。

5.【図解】就活エージェント利用の流れ

就活エージェント

上記にて、あなたが使うべき就活エージェント、使う際のコツなどをお伝えしてきました。

この章では、実際に就活エージェントに登録した場合のサービスの流れについて解説します。

特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、サイトを初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう。

Step 1. 登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

また、登録する際は、就活エージェントのサービスなのかどうかを確認するようにしてください

例えば、「リクルート エージェント」と検索してしまうとリクルートの転職サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

Step 2. 電話がかかってくる

登録すると、就活エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

Step 3. キャリアカウンセリング

電話もしくは対面でカウンセリングを受けることが可能です。

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • PRポイントの整理
  • 志望している業界・職種
  • どういう軸で就活をするか

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない就職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな企業を3~10件ほど紹介してもらいます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な施設もあるでしょう。

それぞれの就活エージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のサイトから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. ES(エントリーシート)の添削

応募する企業を決めたら、ESなどの選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高のESをコンサルタントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、コンサルタントが企業に伝えてくれます。

就活エージェントを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している施設の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定はコンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定・入社までのサポート

内定が出た後は、企業にもよりますが、コンサルタントが入社するまでのサポートを行ってくれます。

ビジネスマナーや、仕事観など、社会に出るにあたって重要なことを教えてもらえます。

6.【目的別】無い内定(NNT)が併用すべきおすすめ就活サイト4選

この章では、目的別に無い内定(NNT)が併用すべきおすすめ就活サイトについて紹介いたします。

先ほど紹介した就活エージェントと併せて下記サイトを利用すると、就活がより円滑に進むようになるでしょう。

アプリ1つで手軽に就活を行いたい
企業から逆スカウトを貰って就活を有利に進めたい

それでは順に紹介していきます。

アプリ1つで手軽に就活を行いたい

lognavi(ログナビ)|日本初の動画就活アプリ

lognavi(ログナビ)』は、動画を活用した次世代の就活アプリです。

lognavi(ログナビ)』では、企業の情報を「WEBセミナー」という形で、動画を通して知ることができます。

さらに、アプリからエントリーしたり、チャット機能で人事担当者とのやり取りをしたりと、「アプリ1つで就職活動を完結できる」という点も特徴的です。

自宅にいながら様々な企業の説明会に参加したり、交通費をかけずに選考を受けたりすることができるため、「より多くの可能性にチャレンジしたい」「選択肢を増やしたい」という方は、ぜひ活用をおすすめします。

lognavi公式サイト:
https://www.lognavi.com/student

企業から逆スカウトを貰って就活を有利に進めたい

OfferBox|学生利用率<3年連続>No.1の新卒オファー型就活サイト

OfferBox』は株式会社i-plugが運営するオファー型就活サイトです。

現在、登録学生数は212,000人、登録企業数は約7,150社以上と圧倒的な数値を誇っています。

プロフィールをより詳しく入力すればするほど企業からのオファー率も上がり、企業が参照した回数も見ることが可能です

また、OfferBoxに登録すると無料の適性診断ツールを受けることができ、自己PRの作成に役立てることができます。

中小企業から一部上場企業まで多くの企業からオファーをもらってみたい」人は、以下から登録してみることをおすすめします。

OfferBox公式サイト:
https://offerbox.jp/

キミスカ|一社の就活選考で複数社からスカウト

キミスカ』は、株式会社グローアップ運営の逆スカウト型サイトです。

他の逆スカウト型アプリと比較して『企業からの求人オファー数』が格段に多いことで就活生から高評価を得ています。

また、難関企業の最終面接まで進んだなどの「他社の選考実績」も自己PRとして活用できる点が、他社サイトとの大きな違いです。

ですので、一社の就活選考結果で複数社からスカウトが欲しい方は、是非以下から登録してスカウトを待ってみましょう。

キミスカ公式サイト:
https://kimisuka.com/

dodaキャンパス|逆求人・オファー型就活サイト

dodaキャンパス』は、『doda』を運営している人材会社最大手「パーソルキャリア」が運営する逆求人・オファー型就活サイトです。

大手人材会社が運営する逆求人サイトなので、知名度の高い大手有名企業からのオファーが他サイトと比較して多いのが最大の特徴です。

また、dodaキャンパスに登録すると利用できる「適性検査」がかなり本格的だと評判で、自分の性格や強みを客観的に把握し、自己分析に役立てることも可能です。

2020年時点で、就活生の35万人以上が利用し、大手企業との繋がりが強いことで高評価を得ているサービスなので、『大手有名企業志望』の方で、登録がまだの方は、今すぐ以下から登録してみましょう。

dodaキャンパス公式サイト
https://campus.doda.jp/

7.【FAQ】無い内定(NNT)に関するよくある疑問と回答

無い内定(NNT)に関してよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. そもそも無い内定とは?
  2. 無い内定(NNT)のまま卒業したらどうなりますか?
  3. 就職留年するのはアリですか?
  4. 就職浪人するのはアリですか?
  5. 可能であれば大学院に進学するのはアリですか?
  6. 就活は女性の方が不利ですか?

Q-1.そもそも無い内定とは?

無い内定とは、「内々定」にかけて、内定(または内々定)がない状態を呼ぶことを指します。(※出典:ニコニコ大百科

また、SNSやインターネット上では内々定(無い内定)の頭文字をとって「NNT」(Nai Nai Tei)と略されることもあります。

さらに「マイナビ 2021年卒学生就職モニター特別調査(8月27日時点)」の結果によると、「NNT」は2020年度で最も流行った就活用語であることがわかりました。

Q-2.無い内定(NNT)のまま卒業したらどうなりますか?

無い内定(NNT)のまま卒業して、就活を続けた場合は「既卒」扱いとなり、書類選考や面接でマイナス評価を受けることがあります

さらに最近では、新型コロナウイルスの影響で多くの企業が採用人数を削減しているので、内定を獲得することは一層難しいはずです。

そのために、資格やその他スキル等を身につけ、アピールポイントを作っておく必要があります。

Q-3.就職留年するのはアリですか?

就職留年の可否は場合によります。

なぜなら、就職留年にはメリット・デメリットの両方が存在するからです。

では、メリットから順番に見ていきましょう。

就職留年のメリット

  • 自由な時間が増える
  • 「新卒」扱いとなるので、新卒募集の企業にエントリーできる

就職留年は大学を留年することなので、その分自由な時間が増えます

そこで、もう一度自分の将来について考えるのも良いですし、「新卒」という肩書きで

納得の行くまで就活を続けることも可能です。

つまり、「どうしても諦めきれない企業があるから再び挑戦したい」という方であるならば、就職留年を選択肢に入れて良いかもしれません。

次に、デメリットも順番に見ていきましょう。

就職留年のデメリット

  • 大学の学費がもう1年分かかってしまう
  • 「留年」をしたという事実が残ってしまう

就職留年による最大のデメリットは、お金が発生してしまうことです。

留年する期間によりますが、最低でも半期分の学費の支払いはかかります。

学費は大学によって様々ですが、国立大学の平均が年間535,800円、公立大学の平均が年間538,734円、私立大学の平均が年間904,146円となっています。(出典:国公私立大学の授業料等の推移

つまり、最低でも国公立の場合は27万円、私立の場合は45万円ほどの支払いがあります。

そのため、「これだけの大金を支払ってまで本当に就職留年をする必要があるのか?」と再度検討することも大切です。

Q-4.就職浪人するのはアリですか?

就職浪人はあまりおすすめできません。

なぜなら「新卒」として扱われる就職留年に対して、就職浪人は「既卒」扱いとなり、デメリットが多いからです。

「既卒」扱いになると、面接官からマイナスのイメージを持たれやすいほか、企業によっては「中途採用」扱いとなるので内定をもらうことすら厳しいかもしれません。

就職浪人についてもっと知りたいという方は、「就職浪人とは?|就職浪人の割合から厳しい実情まで徹底解説で、就職浪人の特徴やメリット・デメリットをまとめていますのでご参照ください。

Q-5.可能であれば大学院に進学するのはアリですか?

大学院進学の可否は場合によります。

なぜなら、大学院進学にも同様、メリット・デメリットの両方が存在するからです。

では、メリットから順番に見ていきましょう。

大学院進学のメリット

  • 高い専門性を身につけることができる
  • 就職の幅が増える

大学院に進学することで、高い専門性を身につけることができます

というのも、大学院では基本的に1つのテーマ(専攻)に絞って研究を進めるからです。

また、専門知識を身につけることで就職の選択肢が増えるでしょう。

例えば、理系の「研究開発職」では多くの企業が大学院卒を前提としています。

もしあなたが専門性を身につけて就職で活かしたいのであれば、大学院の進学をおすすめします。

しかし後述しますが、大学院に進学するにはそれ相応の勉強が必要となってきます。

大学院進学のデメリット

  • 勉強が大変
  • 多額の学費がさらにかかる

大学院に進学するためには、院試と呼ばれる入学試験に合格する必要があります

これに加えて、大学の評定(成績)も審査対象となることがあるので、日々の勉強もかかせません。

希望すれば誰もが大学院に進学できるわけではないのです。

さらに、大学院に進学することは多額の学費がかかります。

具体的な学費目安は以下の通りです。

大学院2年間でかかる学費
国立大学 文系 1,383,600円
国立大学 理系 1,383,600円
私立大学 文系 2,128,811円
私立大学 理系 2,856,853円

※出典:国立大学等の授業料その他の費用に関する省令

※出典:平成28年度 私立大学入学者に係する初年度学生納付金平均額の調査結果

大学院の費用は国立大学の方が私立大学より圧倒的に安いです

また、国立大学の学費では文理間に大きな違いは見られないものの、私立大学では文系の方が理系より70万円ほど高くなっています。

上記の結果から分かるように、大学院に進学することで多額の学費がかかるので、必要に応じて奨学金の利用も検討することをおすすめします。

Q-6.就活は女性の方が不利ですか?

就活において男女間に優劣ははありません

証拠として2019年の結果になりますが、「大学・高等専門学校・専修学校の卒業者における就職率」(男女別の就職率)がそれを表しています。

性別就職率(%)前年同期比(pt)
総合97.3-0.2
97.8-0.8
国立大学96.7N
97.8N
私立大学97.5N
97.8N

2019年(平成31年)の就職率は、男性が97.3%、女性が97.8%と男女間の差はほとんどありませんが、若干女性の方が高い傾向にあるのがわかります。(出典:「平成31年度大学・短期大学・高等専門学校及び専修学校卒業者の就職状況調査の推移」

これは、国立大学、私立大学における男女間の就職率の差も同様です。

この結果から、近年では男女間の就職率の差はほとんど無いとわかるでしょう。

とはいえ、企業の中には、「一般職」を始め、「地域限定総合職」(原則として転勤が無い総合職)などの女性しか採用していない部署があるのは事実です。

そのため、一般職や地域総合職では採用人数が少なくなっており、倍率が高いので注意しましょう。

まとめ.

ここまで無い内定(NNT)になりやすい女子大生の特徴とその解決策について解説してきましたが、いかがでしたか?

これから就活を控えている方は、この記事を読んだ今からでもすぐに就活の準備を始めることをおすすめします

また、無い内定(NNT)になってしまった方も原因をしっかり分析し、秋選考に備えて準備を始めましょう

Carrer Theoryでは、当記事以外にも「無い内定」ついて解説しているので、ぜひご覧ください。

以下に先ほど紹介した5つの就活エージェントを再度紹介しておきます。

また、就活を有利に進められる以下サイトを併用することもおすすめです。

アプリ1つで手軽に就活を行いたい
企業から逆スカウトを貰って就活を有利に進めたい

この記事を読んでくださった就活生が、無い内定(NNT)から抜け出すことを願っております。