手取り50万円の生活費内訳は?家賃、仕事、貯金まで徹底検証

「手取り50万円の人ってどんな生活してるのだろう」
「手取り50万の目標にどうしたら到達できるの?」

などと多くの方が疑問に思うことでしょう。

結論として、手取り50万円の労働者は上位4.3%しかおらず、このラインに立つのはかなりの至難の業であると言えるでしょう。

とはいえ、手取り50万円あっても家族4人で生活すると、そこまで贅沢な生活が出来るわけではないという口コミも見られます。

この記事では、手取り50万円の生活について客観的に知りたい方のために以下を解説します。

この記事で理解できること

  • 「リアルな生活費内訳」
  • 「手取り50万に到達するための方法」

  1. 【手取り50万円】一人暮らし&家族四人暮らし生活費内訳シミュレーション
  2. 手取り50万円の月収は約69万円。年収は平均1000万円前後になる 
  3. もっと収入を増やす3つの方法
  4. 【2020年最新版】手取り50万円以上を狙える職種・企業ランキング
  5. 手取り50万円を目指す方におすすめの転職エージェント5選
  6. 【FAQ】手取り50万円の生活に関する質問と回答

この記事を読めば、手取50万円の生活がリアルに想像できるようになり、豊かな生活を送るために必要なことを理解することができるでしょう。

1. 【手取り50万円】一人暮らし&家族四人暮らし生活費内訳シミュレーション

手取り50万円の生活はどんな暮らしになるのか、一人暮らしと四人家族の2つをご紹介します。

また、一番気になる家賃についても解説します。

1-1. 一人暮らしの場合:手取り50万生活費内訳【詳細】

まず最初に一人暮らしの場合の生活費の内訳を見てみましょう。

イメージは東京都内在住で、アクティブに行動するタイプの1か月の生活費です。

家賃170,000円
食費60,000円
水道光熱費10,000円
通信費10,000円
交通費10,000円
雑費(日用品・消耗品)10,000円
娯楽費・交際費(自由に使えるお金)80,000円
その他、貯金など150,000円

各生活費の内訳の詳細を紹介します。

  1. 家賃目安:上限17万円
  2. 食費目安:6万円程度
  3. 交際費・娯楽費(自由に使えるお金)目安:8万円程度

ご自身の生活状況などと比べながら読んでください。

(1)家賃目安:上限17万円

家賃は、給与の3分の1が平均だと言われているので、17万程度が妥当でしょう。

17万円で都内で一人暮らしだと、都内でタワーマンション暮らしも可能です。

また、セキュリティがしっかりした部屋や新築のマンションも十分借りれる値段なので、幅広く家探しができる値段でしょう。

(2). 食費目安:6万円程度

食費は4万円前後が基準値です。

根拠は下の調査結果をご覧ください。

一人暮らしの食費平均額(1か月)は以下です。

食費の平均額
単身世帯の全体平均40,331円
男性の平均44,466円
女性の平均36,729円

※出典:家計調査2019[単身世帯](総務省統計局)

全体平均の4万円と比較して、手取り50万円だと1か月に6万円程食費につぎ込んでも問題ないので、毎日3食外食生活でも生活していくことは可能です。

また月に一度の贅沢で、高級レストランに足を運ぶこともできるでしょう。

(3).交際費・娯楽費(自由に使えるお金)目安:8万円程度

手取り50万円の場合、8万円ほど自由にお金を使う事もできます。

8万円あると、自分の趣味などに十分にお金をつぎ込むことも可能で、あまり不自由なく過ごすことができるでしょう。

逆に、手取り50万で無趣味の方は、何にお金を使うべきかわからず困っているというケースもあるそうです。

1-2. 四人家族の場合:手取り50万生活費内訳【詳細】

四人家族の場合の生活費です。

大学生の子供2人、居住エリアは地方、4LDKの一軒家暮らしの設定です。

家賃100,000円
食費50,000円
水道光熱費30,000円
通信費 (4人分合計)30,000円
保険30,000円
教育費(学費など)10,0000円
雑費(日用品・消耗品)20,000円
娯楽費・交際費(自由に使えるお金)50,000円
その他、貯金など80,000円

以上からわかるように、食費・水道光熱費などの必要出費で2倍の値段がかかってしまうので、下記の項目の金額が一人暮らしのときよりも減少してしまうことがわかるでしょう。

  • 家賃
  • 娯楽費・交際費
  • 貯金

また見て頂いた通り、子供2人共大学に通わせるとなると、教育費が月に10万ほどかかってしまうので、手取り50万円あっても贅沢な生活ができる訳ではないことが理解できるでしょう。

ですので以下では、家賃の内訳と手取り50万円の家庭がすべきことを紹介します。

  1. 家賃目安は9~10万円
  2. 手取り50万円の家庭(四人家族)での暮らしを左右するのは貯金

それでは見ていきましょう。

(1).家賃目安は9~10万円

手取り50万円の家賃の目安は、9~10万円です。

家賃は住む場所で大きく変動してくるので、自分が住む場所の家賃相場を事前に確認しておきましょう。

地域別の家賃相場】

東京23区内20~40万円
東京23区外9~20万円
大阪市8~20万円
横浜市10~35万円
名古屋市8~27万円
福岡市7~15万円

※参考:LIFULL HOMES (間取りは4LDKを基準に試算)

以上の表から、東京の都心部に暮らすのでなければ、家賃を10万円以内に抑えることは、それほど難しくないことがわかります。

どうしても目安の10万円よりも高い家賃の部屋に住みたい場合は、

  • 食費や娯楽費などを節約して支出を減らす
  • あるいは収入を増やす

といった対策が必要となります。

(2).手取り50万円の家庭(四人家族)での暮らしを左右するのは貯金

ここまで手取り50万円の暮らしをみてきましたが、手取り50万円の生活が楽になるか苦しくなるか左右するのは貯金です。

そこで、貯金やお金についてここでしっかりと考えておくための情報をご紹介していきます。

(1). 各世代の平均貯蓄金額
20代154万8千円
30代404万1千円
40代652万7千円
50代1,051万2千円
60代1,339万4千円

20代の毎月の平均貯金額は2万5000円、30代は3万5000円です。

参考:出典:国民生活基礎調査[各種世帯の所得等の状況](厚生労働省)

手取り50万円なら月に8万円程度の貯金ができるでしょう。

ですので、平均貯蓄金額と同様もしくはそれ以上に貯金することもやる気次第で可能な手取り金額です。

しかし、上記でも述べたように子供が大きくなるにつれて、教育費が増えていくので思ったように貯金をすることが困難になってきます。

このことから、若いうちから貯金を始めるに越したことはないということが理解できるでしょう。

手取り50万円の生活内訳はいかがでしたか。

手取り50万円の生活に憧れを抱いた人も、もう少し収入を増やしたいと思った方もいらっしゃるでしょう。

そこで次の章では、もっと手取り収入を増やすための方法を解説していきます。

2. 手取り50万円の月収は約69万円。年収は平均1000万円前後になる

まず最初に、手取り50万円なら月収はどのくらいか、年収はどれくらいになるかを見てみましょう。

また、手取り50万円は同じ年代の人と比べてどのぐらい高いか?といった疑問も明らかにします。

2-1. 手取り50万円は年収換算すると816~1100万円!

手取り50万円のおおよその月収と年収は以下の金額です。

  • 月収は68~70万円程度
  • 年収は816万円~1100万円程度

年収の計算方法は月収をベースにしますので、たとえば月収50万円であれば

年収の計算例(月収68万円の場合)

    • 68万円×12ヶ月=816万円

となるでしょう。

会社によっては、ボーナスの支給がありますので、上記の金額にボーナス数か月分が追加となります。

ボーナスの支給金額の目安ですが

  • 大企業:月給の2.4ヶ月分
  • 中小企業:月給の1ヶ月分

と言われています。

参考:厚生労働省の毎月勤労統計調査

よって、手取り50万円の年収は830万円~1100万円程度となります。

2-2.手取り50万円は周りと比べてどのぐらい高いのか? 世代で比較

手取り50万円を世代や性別ごとの平均収入と比較した場合、手取り50万円(月収70万円・年収830~1100万円)は、

  • 上位4.3%に位置する
  • 最も月収が高い50代の月収の約1.7倍

と言えます。

具体的な給与データのグラフを見てみましょう。

参考:国税庁 民間給与実態統計調査

以上の表からも、男女共に手取り50万円は、平均よりだいぶ高い給与であると言えるでしょう。

また、手取り50万円層の男女割合は、約9:1であり、高所得者層における男女の賃金格差はまだまだ大きいことがわかります。

3. もっと収入を増やす3つの方法

手取り収入を増やす具体的な方法は以下の3つです。

  1. 昇進や昇格などによる給与アップを目指す
  2. 空いた時間で副業する
  3. 給料の高い職場に転職する

それぞれ具体的に解説します。

3-1. 昇進や昇格などによる給与アップを目指す

3つの方法の中でもっとも確実に手取り額を上げる方法は、昇進や昇格によって給与をベースアップさせて手取り額を増やす方法です。

ただ昇給・昇格での給与アップには限界があります。

ベースアップが行われるタイミングは一般的に1年に1回程度であり、昇給や昇格のタイミングも年に数回だからです。

したがって、いますぐ手取り額を増やしたいという方にとってはもどかしく、あまり適した方法とは言えないでしょう。

3-2. 空いた時間で副業する

本業とは別に副業収入を得ることで、手取り収入を増やすことができます。

副業にはさまざまな方法がありますが手取り50万を目指すなら、以下がおすすめです。

  • クラウドソーシングで仕事を請け負う
  • 投資
  • アフィリエイト

副業を検討されている方はこちらの記事に詳しく述べてあるので、参考にしてみてください。

【2020年最新版】安全な副業サイト口コミ評判ランキング|危険なサイトの見極め方を徹底解説

3-3. 給料の高い職場に転職する

実は、誰にでも実現可能で最も確実な手取り額をアップさせる方法は、今よりも給料の高い会社に転職することです。

  • 今の会社では昇格や昇進が見込めない
  • 会社の業績が良くなく、ボーナスや手当が少ない

という場合は、条件の良い会社への転職について今すぐ検討を始めてください。

といっても、手取り50万円以上貰える職種や企業とは?と疑問に思った方も多いでしょう。

そこで次章では、手取り50万円以上貰える職種と企業をランキング形式に紹介していきます。

4.【2020年最新版】手取り50万円以上を狙える職種・企業ランキング

この章では手取り50万円以上の職種・企業をランキング形式で紹介していきます。

それでは見ていきましょう。

4.1.手取り50万円以上を狙える職種ランキング

手取り50万円以上を狙える上位10職種は以下のとおりです。

職業年収基本給ボーナス
1位医師1233万円95万円90万円
2位パイロット1192万円89万円120万円
3位大学教授1051万円64万円278万円
4位公認会計士、税理士1042万円69万円212万円
5位弁護士1029万円64万円267万円
6位大学准教授862万円54万円210万円
7位記者822万円52万円202万円
8位不動産鑑定士778万円49万円189万円
9位歯科医師757万円60万円32万円
10位大学講師708万円47万円144万円

参照:平均年収JP

以上の表から、資格が必要な職種の平均給料が高めであるということが理解できます。

一方、民間企業勤務で専門職種じゃなくとも、手取り50万円を稼ぐ方も多くいらっしゃるのも事実です。

そこで次は、平均年収が高い企業をランキング形式に紹介していきます。

4-2.手取り50万円以上を狙える企業ランキング

手取り50万円以上を狙える企業を上位50位までランキング形式にしました。

年収ランキング企業年収
1位m&aキャピタルパートナーズ2575万円
2位GCAサヴィアン1951万円
3位TBS1595万円
4位ヒューリック1470万円
5位三菱商事1458万円
6位日本テレビ1439万円
7位ファナック1412万円
8位伊藤忠商事1409万円
9位東京海上 年収1392万円
10位スクウェア・エニックス(スクエニ)1386万円
12位テレビ朝日1362万円
13位フジテレビ1344万円
14位三井物産1332万円
15位毎日放送(MBS)1327万円
16位日本M&Aセンター1325万円
17位住友商事1272万円
18位丸紅1256万円
19位電通1250万円
20位バンダイナムコHD1248万円
21位日本経済新聞社1246万円
22位スカパーjsat1244万円
23位三井住友フィナンシャルグループ1237万円
24位三菱化学1229万円
25位朝日新聞社1222万円
26位三菱ケミカル1216万円
27位東急不動産1196万円
28位三菱地所1194万円
29位ジャフコ1187万円
30位中部日本放送1169万円
31位野村総研 年収1158万円
32位SOMPOホールディングス1158万円
33位住友生命1146万円
34位株式会社SRA1145万円
35位大和総研 年収1142万円
36位JX日鉱日石エネルギー1141万円
37位コンコルディアフィナンシャルグループ1141万円
38位ショーボンド1138万円
39位野村證券1132万円
40位三井不動産1128万円
41位日本商業開発1117万円
42位lixil(リクシル)1116万円
43位NHK1115万円
44位ドリームインキュベータ1112万円
45位第一三共株式会社1110万円
46位ケネディクス1104万円
47位双日1096万円
48位大塚製薬1090万円
49位大塚1090万円
50位三菱東京ufj銀行1086万円

参照:平均年収JP

平均年収が高い企業に入ることができると、年収が今以上に高くなる可能性も高くなります。

またこの表に載ってない企業でも、管理職に就くことができれば、手取り50万を超えることが可能です。

  • 手取り50万を貰える企業に転職したい
  • 手取り50万と言わずもっと高収入を得てより裕福な暮らしをしたい

ここまで読んでくださった方の中には、以上のように思われた方もいらっしゃることでしょう。

そこで次章からは、手取り50万円以上を目指せる案件を多数所有している転職エージェントを紹介します。

5. 手取り50万円を目指す方におすすめの転職エージェント5選

数ある転職エージェントの中から、以下の3点を基準に、手取り50万円の方にあった「総合評価の高い転職エージェント」をピックアップしました。

総合評価を導き出す3つの基準

  1. 求人:求人の質・量は十分かどうか
  2. 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  3. サポート力:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

さらに当サイトが独自に取得した『500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケート』の結果を加え、利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職エージェントは、以下の通りとなりました。

ランキング転職エージェント総合評価特徴
1位キャリアカーバー★★★★★
4.8
リクルート運営の
ヘッドハンティング型サイト
2位ランスタッド★★★★★
4.7
年収800万円以上の外資求人
3位ビズリーチ★★★★☆
4.3
CMで話題のヘッドハンティング型サイト
4位パソナキャリア(ハイクラス)★★★★★
4.2
年収500万円から
高年収を目指すなら
5位JACリクルートメント★★★★☆
4.1
ハイクラス転職実績No.1

ランキング上位の転職エージェントを詳しく紹介します。

1位.キャリアカーバー|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

2位.ランスタッド|年収800万円以上の外資求人

ランスタッド』は、人材派遣をメインに、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

特に、海外転職や外資系転職には強みがあり、独自案件も保有しているので、いずれ年収800万円以上を目指す方にはおすすめです。

ランスタッド公式サイト:
https://randstad.co.jp

3位.ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ評判

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp/

4位.パソナキャリア(ハイクラス)|年収500万円から高年収を目指すなら

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

5位.JACリクルートメント|ハイクラス転職実績No.1

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

6.【FAQ】手取り50万円の生活に関する質問と回答

3章で手取り50万円のリアルな暮らしについて解説しましたが、まだ気になることがあるという方のために手取り50万円の生活に関する質問と回答をまとめました。

気になることがあれば、ここで解決しておきましょう。

Q1.手取り50万で子供を2人育てられますか

手取り50万円で子供2人育てることは可能ですが余裕ではありません。

2章でも述べたように、子供が大きくなるにつれて教育費が高くなっていくからです。

また、手取り50万円は、子供の願いを全て叶えてあげられるほど裕福ではないという口コミがネット上で多くみられました。

裕福と感じるレベルは人それぞれですが、より裕福になりたい方は今以上にキャリアアップする必要性があるでしょう。

Q2. 30代で手取り50万の割合が知りたいです

30代で手取り50万に到達する人の割合は、全体の0.5%程です。

また、この年代の女性で年収が1000万円を超えている割合はわずか0.1%となっています。

給与がまだまだ伸び盛りの段階なので、手取り50万の割合は男女ともにかなり低いと言えるでしょう。

Q3.手取り50万円の夫へのお小遣いはいくらが平均ですか

手取り50万円の旦那さんのお小遣いは、約5万円が平均でしょう。

旦那さんへのお小遣いは、手取りの1割が平均である家庭が多いからです。

ただ子供が成長するにつれて出費がかさむことから、夫へのお小遣いの額が減ってしまったケースも多いので、お小遣いを増やしたい旦那さんは今以上に生活費を稼ぐ必要性がでてくるでしょう。

7. さいごに

手取り50万円の一人暮らしは十分に貯金が可能で、ゆったりとした生活を送ることができます。

結婚や家族を持つことも、十分に可能です。

ただ、四人家族である程度余裕のある生活をしたいのであれば、手取りをアップさせるための行動を実践する必要があります。

もし収入を増やすために転職を考えているのであれば、以下の転職エージェントの利用を検討してみてください

あなたの暮らしがさらに良いものになるように、この記事をぜひ役立ててください。