地方移住

瀬戸内の高松市はビジネスとアートが盛ん|家計にやさしく子育て支援も充実!

コロナ禍でリモートワークが進む中、地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『高松市(香川県)』です。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

今回ご紹介する高松市の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、高松市政策課移住・定住促進室安藤氏にお話を伺いました。

  1. 高松市ってどんなまち?
  2. 高松市に移住したくなる移住支援制度
  3. 高松市は起業・就農にも手厚くサポート
  4. 実際に高松市に移住した人の声
  5. まとめ
  6. 高松市じまん

続きを読む

【Uターン転職って実際どうなの?】地元に戻って働く際の大切なポイントを解説!

都会で働き続けることが正解なのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

仕事にやりがいはあるけれど、満員電車での通勤、背の高いビルに囲まれた街に嫌気が差すこともあります。自然に触れに行きたいと思っても、都心近くに海や山はありません。

そんな時に、自分の故郷で再就職を行うUターン転職を選んでみてはいかがでしょうか

当記事を読み、Uターン転職のメリットや実態を知ることで、転職活動の視野を広げてみましょう。

一方で、Uターン転職にはもちろんデメリットもあります。

転職は今後の生き方を決める大事な一歩なので、しっかりと検討することが大切です。

今回は、表面的な部分だけではなく、Uターン転職の実態を解説します。

この記事を読んだ後、Uターン転職を1つの選択肢として前向きに捉えることができるでしょう。

続きを読む

有機農業の先駆者がいるまち|市川町は移住を手厚くサポート

コロナ禍でリモートワークが進む中、地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『市川町(兵庫県)』です。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

今回ご紹介する市川町の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、市川町企画政策課青木さんにお話を伺いました。

続きを読む

自然と利便性の調和が取れたまち!日立市は移住を手厚くサポート

コロナ禍でリモートワークが進む中、地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『日立市(茨城県)』です。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

今回ご紹介する日立市の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、日立市住政策推進課石井さんにお話を伺いました。

  1. 日立市ってどんなまち?
  2. 日立市に移住したくなる移住支援制度
  3. 日立市は起業・就業支援も充実
  4. 日立市は子育ても強力サポート
  5. 実際に日立市に移住した人の声
  6. まとめ

続きを読む

暮らしと自然が調和したまち 室蘭市は製造業や医療職の就職先が充実

室蘭市のチキウ岬

コロナ禍でリモートワークが進む中で地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで東京圏以外からの移住者も活用できる地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『室蘭市(北海道)』です。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

今回ご紹介する室蘭市(北海道)の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、室蘭市企画課主任の川口陽海氏に伺いました。

続きを読む

ロボットの集まる南相馬市は新しいことが始まるまち

南相馬 

コロナ禍でリモートワークが進む中、地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『南相馬市(福島県)』です。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

今回ご紹介する南相馬市の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、南相馬市経済部移住定住課 吉田亜衣氏にお話を伺いました。

続きを読む

新潟県は田舎と都会の”ちょうどいい”バランス |子育て環境としても日本一!

コロナ禍でリモートワークが進む中、地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『新潟県』です。

聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける

今回ご紹介する新潟県の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、新潟県産業労働部しごと定住促進課U・Iターン就業促進班主任の八木のぞみ氏にお話を伺いました。

続きを読む

米10俵に冬タイヤ!飛騨市は独自移住施策が充実

コロナ禍でリモートワークが進む中、地方移住を検討する人も多いのではないでしょうか。東京圏からの移住者に対しては国が支援をしていますが、自治体も各自の支援策を展開しています。

そこで、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介、地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。今回は、『飛騨市(岐阜県)』です。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

今回ご紹介する飛騨市の移住支援事業の詳しいお話やまちの魅力について、飛騨市ふるさと応援係橋本真之介氏にお話を伺いました。

続きを読む

クリエイティブな街に生まれ変わった石巻市|一次産業就業も手厚くサポート

最大300万円をもらってお得に地方移住・就業・起業するなら、2024年までに?!

新型コロナウイルス感染症の広がりにより、地方への移住を検討したり実際に生活拠点を移したりする人が増えています。

国も東京一極集中を分散させるため2019〜24年度まで「移住支援金」「起業支援金」を支給しています。

この連載では、東京圏以外からの移住者も活用できる全国の地方自治体の魅力的な取り組みをご紹介。

地方移住を検討しているが地域を決め切れていない人や、今はまだ地方移住に具体的な興味を抱いていない人にも参考になる情報をお届けします。

今回は、『石巻市(宮城県)』です。

石巻市SDGs移住定住推進課主事今野芳紀氏一般社団法人ISHINOMAKI2.0矢口龍太氏のお二人に話を伺いました。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』『VERY』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

国が支給している「移住支援金」は、地域の重要な中小企業等への就業や社会的起業をする移住者を支援するもの。
単身者で60万円、世帯では100万円(18歳未満の者一人につき30万円を加算)が受け取れます。

「起業支援金」は、地域の課題に取り組む「社会性」「事業性」「必要性」の観点をもった起業等(社会的事業)を支援するもの。
最大200万円が支給されます。

これらの支援金は地方自治体によって名称や活用方法はさまざまです。

続きを読む