【Uターン転職って実際どうなの?】地元に戻って働く際の大切なポイントを解説!

都会で働き続けることが正解なのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

仕事にやりがいはあるけれど、満員電車での通勤、背の高いビルに囲まれた街に嫌気が差すこともあります。自然に触れに行きたいと思っても、都心近くに海や山はありません。

そんな時に、自分の故郷で再就職を行うUターン転職を選んでみてはいかがでしょうか

当記事を読み、Uターン転職のメリットや実態を知ることで、転職活動の視野を広げてみましょう。

一方で、Uターン転職にはもちろんデメリットもあります。

転職は今後の生き方を決める大事な一歩なので、しっかりと検討することが大切です。

今回は、表面的な部分だけではなく、Uターン転職の実態を解説します。

この記事を読んだ後、Uターン転職を1つの選択肢として前向きに捉えることができるでしょう。

  1. Uターン転職とは?
  2. Uターン転職の実態とは
  3. Uターン転職を決めるきっかけとは?
  4. Uターン転職のメリットとは?
  5. Uターン転職の注意点・デメリットは?
  6. Uターン転職に向いている/向いていない人物像
  7. Uターン転職のために必要な5ステップ
  8. Uターン転職を成功に導くには転職エージェントを利用しよう
  9. Uターン・地方移住に関する悩みがあるときは?
  10. Uターン転職のよくある質問
  11. まとめ【Uターン転職は環境を大きく変えられる転職方法】

最近よく聞くUターン転職ですが、リアルな部分は分かりませんよね。

Uターン転職への不安を無くすために、詳しく見ていきましょう!

1. Uターン転職とは?

Uターン転職とは、生まれ育った地方を出て進学・就職した人が、故郷に戻って再就職することです。

就職のために都会に出て、転職を機に故郷へ戻る場合もUターン転職に含まれます。

たとえば、青森県出身の方が東京の大学へ進学し、そのまま東京で就職した後、故郷である青森県へ戻り、就職することをUターン転職といいます。

以前は定年退職した方が、老後生活を送るためにUターン転職を選択するようなイメージが多くありました。

しかし、現代では20代〜30代の若者がUターンを検討することが多くなっています

その背景には、新型コロナウイルスの蔓延も影響しているようです。

大震災やリーマンショックといった大幅な景気の落ち込みがあると、Uターン転職希望者が増える傾向にあります。

外出自粛やリモートワークの普及により出社を問わなくなったことも大きな要因です。

コロナショックが影響し、地元に戻って就職をするUターン転職の需要は増えています。

【補足】Iターン転職・Jターン転職との違いは?

Uターン転職の他に、Iターン転職Jターン転職という転職方法があり、3つを合わせてUIJターン転職と呼ばれます

Iターン転職は、都会で生まれ育ち、就職し、転職を機に全く住んだことのない地方へ移り住み働くことです。

Jターン転職は、地方出身者が都市部で就職し、転職を機に故郷に近い地方都市で働くことをいいます。

Uターン転職・Iターン転職・Jターン転職はいずれも、仕事と同時にライフスタイルも変化します。

今までのライフスタイルを変えられることが大きな魅力であるため、UIJターン転職を選択する方が増えています。

2. Uターン転職の実態とは

本章では、Uターン転職の実態について解説していきます。

Uターン転職のリアルを知った上で、挑戦するか否かを考えていきましょう。

2-1.社会人の約3割がUターン転職を意識

転職サービス「doda」が2021年に行ったアンケートによると、新型コロナウイルスの影響により社会人全体の3割が地方への転職を意識しているという結果となりました。

前述の通り、リモートワークの普及など働き方改革が大幅に進み、仕事場を問わなくなったことが影響しているようです。

さらに、業務委託やフリーランスといったフルタイム勤務を前提としない働き方が増えたことも1つの要因でしょう。

Uターン転職は両親や親戚など、近くに頼れる存在がいる場合が多く、新しい生活を始めやすいことが大きな魅力です。

都会を離れ、故郷での再就職を意識している人が多いと分かります。

2-2.地方転職への関心が高いのは20〜30代

年代別で比較した場合、20代〜30代の社会人が最も地方転職に興味をもっていることが分かりました。

若年層ほどUターン転職に関心が高く、すでに移住している人の割合も高い傾向にあります。

若い世代のUターン転職をサポートする支援制度も増えているため、地方転職のハードルが徐々に下がりつつあります。

地方に拠点を儲ける企業が増えたことも、若年層のUターン転職を後押ししている要因です。

2-3. 理想と現実のギャップに苦しむ人も多い

実際にUターン転職をした人の中には、地方生活への理想と現実にギャップを感じ、都会に戻る選択をした方もいます。

地方転職・移住のメリットばかりに目をむけ、デメリットを甘く認識していたことでUターン転職が失敗に終わることもあるでしょう。

たとえば、学生時代に住んでいたと行っても、故郷を離れてから5〜10年の月日が流れています。

故郷の雰囲気が変わってしまい、想像と違う生活になってしまう可能性もあるでしょう

Uターン転職のメリットとデメリットを合わせて確認することで、ギャップに戸惑うことなく理想的な転職に繋がります

【補足】Uターン転職後にギャップに苦しむ原因

なぜUターン転職後にギャップを感じる方が多くいるのでしょうか

実際にギャップを感じる理由を確認していきましょう。

Uターン転職の動機が曖昧

どうしてUターン転職をしたいのか理由が曖昧であると、ギャップを感じやすい傾向にあります。

漠然と生まれ育った町であればうまくいきそうと甘く考えているとUターン転職は失敗に終わるでしょう。

明確な目的があれば、多少ギャップを感じたとしても、Uターン転職を成功させることができます。

しっかりと意志と覚悟を持ってUターン転職を選択した人は、ギャップを感じにくいです。

なぜUターン転職を考えるに至ったかを、自分の言葉で語れることが大切です。

本当にUターン転職を選択するべきなのかを深く考えましょう。

損得勘定やその場の感情でUターン転職を決めてしまった

損得勘定や地方への憧れでUターン転職を決めた場合もギャップを感じやすいです

例えば「地方の方が土地が安いためマイホームを建てることができそう」など、都会と比べて得か否かでUターン転職を進めてしまうと失敗に終わるケースが多いでしょう。

田舎暮らしへの憧れでUターン転職を決めてしまうと、長く暮らすことは難しいです。

さらに、地方の企業で働き、忙しすぎない生活を送りたいという理想があったとしても、実際の業務体制は企業ごとに異なります

したがって、地方転職をしたからといって、想像通りの豊かな生活が送れるとは限りません。

Uターン転職は人生を変える選択であるという意識を持ち、考えることが重要です。

3. Uターン転職を決めるきっかけとは?

実際にUターン転職経験者が、転職を決めたきっかけはどのような理由でしょうか。

地方で再就職すると決めた人は、さまざまなきっかけがあり、Uターン転職を選択するに至っています。

3-1. 地元へのUターン転職を決めたタイミング

はじめに、故郷への転職を決めたタイミングについて解説していきます。

それぞれのタイミングを知ることで、自分に重なるきっかけがないか確認していきましょう。

(1). 生活スタイルを見つめ直した時

1つ目は、ライフスタイルを見つめ直したタイミングでUターン転職を選択する方が多いようです。

主なライフスタイルの考え方に関する変化として下記のようなものがあります。

  • 都会で忙しなく生きるのではなく、地方でリラックスした生活がしたい
  • 慣れ親しんだ、住みやすい土地で豊かに働きたい
  • 都会よりも出費が抑えられる地元に戻り、将来を見据えて仕事がしたい

ライフスタイルを見直した結果、Uターン転職を選択した方が多くいるようです。

都会は娯楽が集まっているため生活に飽きることは少ないですが、喧騒の中で日々を過ごすことは大きなストレスに繋がることもあります。

例えば、都会では満員電車で出勤するだけで疲れてしまいますが、地方では自動車通勤の可能性が高いです。

出勤・帰宅の通勤ラッシュから逃れられるだけでも、気持ちにも余裕ができるでしょう。

どのような環境で生活するかはライフスタイルに直結します。

したがって、ライフスタイルを見直し、疑問を感じたタイミングでUターン転職を考えるべきでしょう。

(2). ライフステージに変化があった時

Uターン転職を考えるタイミング2つ目は、ライフステージに変化が生じたタイミングです。

人生に変化が起きるタイミングにUターン転職をすることで、新たな環境でスタートをきることが出来ます。

Uターン転職を選択するに至った、ライフステージの変化は以下の通りです。

  • 田舎に戻り、両親のサポートが受けられる環境で子育てがしたい
  • 結婚を機に、配偶者と共に地元へ戻ることになった
  • 故郷にすむ両親に介護が必要になった

特に女性の場合、結婚や出産のタイミングでUターン転職をしやすいです。

他方、両親の介護や配偶者の変化といった家庭の事情により、地方に戻る場合もあります。

豊かな環境で子供を育てたいと思ったタイミングで、ゆかりのある故郷に戻る選択を取ることは自然です。

祖父母と関わりを持ちながら育てたいといった理想がある場合もあります。

自分の意志ではなく、Uターン転職を選択せざる終えないこともあるでしょう。

その場合、Uターン転職で得られるメリットを知り、前向きに捉えることが大切です

(3). キャリアチェンジを考えた時

Uターン転職を考えるタイミング3つ目は、キャリアチェンジを考えた時です。

キャリアチェンジとは、今までとは違う業界や職種に挑戦することをいいます。

キャリアチェンジを考え、Uターン転職を選択したタイミングは以下の通りです。

  • 新たな挑戦をするために、地方へ帰る選択をした
  • 都会で培ったスキルや経験を活かして、地元に貢献したい
  • 挑戦してみたい職種の募集が故郷にあった

都会の企業で働いている場合、規模の大きい案件に関わることや刺激を得られることが多くあります。

しかし将来を考えた末、都会でのスキルや経験を活かしてUターン転職でキャリアチェンジに挑戦をする方がいます。

キャリアチェンジを考えている方にとって、大きく環境が変化するUターン転職は有効な選択肢となります。

また、十分な経験やスキルを都会で身につけた後、Uターン転職をおこなう方もいます。

就職当初からUターン転職を行い、地元でキャリアチェンジしたいと考えていた人は少ないです。

働くうちに、都会でしか得られない経験やスキルを身につけたことで、故郷の発展に貢献したいと考える方が多いでしょう。

したがって、Uターン転職を選択すると同時に、新しいキャリアへ進む方が増えています。

3-2. 【年代別】Uターン転職をする理由は?

Uターン転職を選択する、主なタイミングを理解できたかと思います。

それでは、年齢別のUターン転職をする理由には、どういったものがあるでしょうか。

自分の年齢と照らし合わせることで、Uターン転職をより現実的に考えていきましょう。

【20代】都会での生活に疲れた

20代でUターン転職をする方は、都会での生活に疲れてしまったという理由が大半です

さまざまなトレンドやカルチャーが集まる都会での生活に憧れ、大学進学と共に上京し、何もかもが最先端で新鮮な環境に胸が弾むでしょう。

しかし、社会に出ることで日々の電車通勤や人混みにストレスを感じることが増えてきます。

憧れていた都会の生活に疲れを感じ始めた20代が、故郷へ戻りたいと考える傾向にあるようです。

20代前半であれば、第二新卒枠で転職活動ができるため、地方であっても転職枠が広いです。

積極的に若手を採用したい企業は多く、スムーズに転職を進めることができる傾向があります。

しかし、経験が浅い状態で転職を決めてしまうと、実績不足によりUターン転職が失敗に終わってしまう可能性もあります。

都心で実績を作れる環境にある場合は、スキルや経験を充分に身につけてからUターン転職することをおすすめします。

【30代】ライフステージの変化

30代のUターン転職は、ライフステージの変化が理由である場合が多いでしょう

家庭の事情やライフステージの変化に伴い、故郷で再就職する30代の方が増えているようです。

結婚したことで配偶者と共にUターン転職する場合や、出産を機に子育て環境を整えることもあります。

自分や周りに変化が起きやすい年代だからこそUターン転職という選択がより身近です

30代で新たな環境に身を転じることは、転職先が見つからない可能性など不安を抱えることもあります。

しかし、30代は社会人としての基礎能力があるため、比較的時間をかけずに転職活動を終えることができるでしょう

人によってはマネジメント経験がある世代であるため、積極的にアピールすべきポイントです。

小さなプロジェクトであっても、マネジメントの実績があれば、管理職として再就職も狙えます。

30代でUターン転職は遅いと諦めている方も、まだまだ挑戦してみる価値はあるためUターン転職を視野に入れて考えてみましょう

【40代】地方に住む家族の変化

40代のUターン転職は、地方に住む家族に変化が起きたことがよくある理由です

40代以降の方は、親世代が60代を超えているため、少しずつ介護を意識するようになります。

Uターン転職を機に、両親の生活圏に移り住むことで、何かあった時にすぐ駆けつけることができるでしょう

40代の転職は、マネジメント経験が即戦力であると捉えられ、30代の転職よりマネジメント実績の有無を問われるでしょう。

それゆえマネジメント未経験の場合は、転職のハードルがかなり高いという認識が必要です

今までの経験をどう活かせるかを見極め、どのような職種であれば転職可能か検討する必要があります。

4. Uターン転職のメリットとは?

前章では、自分と同じライフステージの方や同世代の方が、どのような理由でUターン転職を決断したのかが理解できたかと思います

実際にUターン転職を考える前に、自分にとってメリットがあるかを見極めていきましょう。

4-1.住み慣れた場所で再スタートできる!

Uターン転職のメリットとして、故郷に戻り再スタートできることが最大の魅力であると考えられます

都会の生活にストレスを感じ、心機一転するために都内で転職したとしても大きな変化は望めません。

Uターン転職であれば、一般的な転職とは違い、居住地や生活スタイルが大きく変化します。

加えて、ゆかりのない地域ではなく、住み慣れた土地に再就職するため、新たな環境であっても再スタートしやすいでしょう。

大きなストレスや環境変化に影響されずに、再出発できることがメリットであると言えます。

4-2.都会から離れ、自然の豊かさを感じられる

Uターン転職のメリットとして、豊かな自然環境を感じられる点があるでしょう

故郷にもよりますが、都心と比べると自然を感じやすい環境であることは間違いありません。

特に子育て世代は、自然に囲まれた環境で子供を育てられることに大きな魅力を感じるようです。

新生活に疲れが生じた場合でも、大自然に囲まれることでストレスを軽減してくれるでしょう

自然と簡単に触れ合える環境で、すぐにリフレッシュできることはUターン転職の大きなメリットです。

4-3.生活コストを抑えられる

都会であれば倍以上かかっていたコストを地方生活では大きく軽減できることがメリットです。

Uターン転職をすることで、住宅費・食費・水道光熱費などを大幅に抑えることが可能です。

例えば、マンションを借りる場合は同じ広さで家賃が半額以下になり、マイホームの購入費用も安くなります。

都会と比べると、土地の価格も低いため、駐車場費なども抑えることができます

特に家族で移住した場合は、月々の固定費を大幅に抑えられることは大きな利点です。

地方への転職は、都市部にある企業に比べて給与が下がってしまう傾向にあります。

しかし、生活費を抑えられるため生活レベルが変わらないことが大半です

4-4.地方自治体のサポートがある可能性がある

Uターン転職を推進している地方自治体は多くあり、Uターン転職者はサポートが受けられる可能性が高いです

地方自治体は長らく人材不足に悩んでおり、定住人口を増やすための取り組みを行っています。

例えば、Uターン転職者は、必須条件を満たせば補助金がもらえる場合があります。

交通費・引越し費用の助成金制度や奨学金の返済義務があるUターン転職者に対して助成金を交付する制度など、多岐にわたります。

地方への再就職に対して、一歩踏み出せない方にとって大きなプラス要素となるでしょう

Uターン転職希望者専用サイトUターン転職相談会を開催している自治体もあるため、チェックしてみましょう。

4-5. 都会にはないコミュニティでの交流が生まれる

都会は人間関係がドライであることが多く、周りに深く関わりすぎない生活が一般的とされています。

反対に、地方は都市部に比べて結びつきが強く、地域の一員として生活する傾向にあります。

見知らぬ土地に移住する場合は、馴染むまで時間がかかりますが、Uターン転職の場合は元々属していたコミュニティに戻るため、より交流が生まれやすいでしょう

地域の結びつきを感じながら暮らしたい方や都会にはないコミュニティーを経験したい方にとって、Uターン転職をすることで大きなメリットを得られます。

5.Uターン転職の注意点・デメリットは?

Uターン転職をすることで得られるメリットを理解できたかと思います。反対に、どのような注意点・デメリットがあるのでしょうか。

Uターン転職を検討する前に、マイナス面もしっかりと確認していきましょう。

5-1. 求人数や働き口が少ないため転職しづらい

Uターン転職における1つ目のデメリットは、求人数が限られていることです。

都心に比べて、地方の求人数は圧倒的に少なく、業界や職種の幅が限られている可能性があります。

したがって、未経験の職種や業界も視野に入れ、希望している条件を検討し直す必要もあるでしょう。

加えてUターン転職の場合、簡単に転職し直せないこともデメリットです。

選択肢が少ないため、転職先が見つかりづらいことを理解しておくことが大切です。

社風が合わない可能性や人間関係が上手くいかないこともあるため、慎重に進めるべきでしょう

5-2. 職場環境に慣れるまで時間がかかる

2つ目のデメリットは一般的な転職より新しい環境に慣れるまでに時間を要することです。

都内間の転職とは違い、Uターン転職は引っ越しを伴うため、生活環境に大きな変化が生じます。

職場と生活、両方の環境に慣れるまでに、一般的な転職より時間を要します。

都心では体験してこなかった密度の高い人間関係に対して、ストレスを感じる可能性もあり得えます

地方特有の慣習や密接な人間関係性には、メリットとデメリットの両面があります。

5-3. 給与が下がる可能性が高い

Uターン転職の3つ目のデメリットは、都会に比べて給与が下がる可能性が高いことです。

収入の増減は生活レベルに密接に関わるため、地方移住をする際に1番不安視されています。

現状、都会と地方の給与に大きな差があり、同じ国内でも地域間の収入格差は避けられない問題でしょう

一方、地方は都会に比べて、賃料や物価が安く、生活コストを抑えられるという側面もあります。

給与が下がったとしても、日々のコストを抑えられるのであれば、生活水準を下げる必要はありません。

地方で生活レベルを下げる必要のない給与を確保するためには、しっかりとした対策が必要です。

5-4. 快適に働けるとは限らない

Uターン転職のデメリット4つ目は、想像していた職場・働き方と現実のギャップです。

都会での生活に疲れて、Uターン転職を希望する人が多いですが、実際の働き方や業務内容は、就職先によって異なります。

心地よくゆったりとした働き方がしたいという思いだけで、Uターン転職を選択してしまうと、大きなギャップに悩む可能性が高いです。

働き方は会社によって大きく変わるため、Uターン転職前に企業の特徴や社風を確認しておきましょう

【補足】Uターン転職に伴う移住の注意点・デメリット

Uターン転職は、引っ越しを伴うため、移住の注意点とデメリットを確認する必要があります

(1). 利便性や娯楽の少なさに戸惑う

地方へ移住をする際には、生活の不便さや娯楽の少なさに注意したほうが良いでしょう

ほとんどの地方は、公共交通機関が発達しきっていないことが多いため、自家用車が必須です。

通勤や買い物に行くだけでも、車を運転する必要があり、生活に慣れるまで時間がかかります。

都会に比べて、美術館や映画館・ショッピングモールなどのレジャー施設が少ないことも地方の特徴です。

自然が好きな方は良いですが、都会の生活に慣れていると強いストレスに繋がります。

都会の生活に戻りたいと後悔してしまう可能性もあるため、自分のライフスタイルと重ねて考えることが大切です。

(2). 地域に馴染むまで時間がかかる

地方の暮らしに馴染めない可能性があることも、移住をする際に気を付けるべきポイントです。

都会と比べると、密接なコミュニケーションや地域行事への参加を求められることもあります。

Uターン転職であれば、多少は地方の慣習を理解しやすいでしょう

しかし、5〜10年ぶりに故郷に戻る場合は、故郷の状況も変わっている可能性もあります。

想像とは異なる印象を受けることもあるため、Uターン転職をする前に、あらかじめ故郷の現状を体感しておくことをおすすめします

6. Uターン転職に向いている/向いていない人物像

Uターン転職に挑戦するべきタイミングや、メリット・デメリットを解説しました。

挑戦をするにあたって、自分のUターン転職が成功するのかは気になりますよね。

本章では、Uターン転職に向いている人物像と、向いていない人物像を解説していきます。

6-1.Uターン転職に向いている人

早速、Uターン転職をおすすめしたい人物像について解説していきます

田舎暮らしへの憧れという感情だけでUターン転職をしてしまうと、後悔する可能性があります。

Uターン転職が自分に向いているという根拠を見つけましょう。

  1. 生活環境を大切にしたい人
  2. 地元にやりたい仕事がある人 
  3. 都会がどうしても肌に合わない人

(1). 生活環境を大切にしたい人

生活環境に重点を置きたい人はUターン転職に向いていると言えます。

Uターン転職を選択すると、年収が下がってしまうことがほとんどです。

地方で仕事がしたいけど、年収が落ちてしまうため一歩が踏み出せない方もいるでしょう。

しかし第一優先事項が生活環境である場合は、Uターン転職を考えるべきといえます

年収が下がったとしてもUターン転職で得ることができる恩恵があるかを考えてみましょう。

「自然豊かな環境で暮らしたい」「両親の近くに住みたい」など、明確な理由がある場合はUターン転職に挑戦するべきです。

人生における優先順位の整理を行うことで、どういった選択が最善かが分かるでしょう。

(2). 地元にやりたい仕事がある人 

地元にもどって挑戦したい仕事がある人は、Uターン転職に向いています

地方は、都会に比べて求人数が少ないため、必然的に転職のハードルが高いです。

上記の点から、Uターン転職に挑戦しにくく、諦めてしまう方もいるでしょう。

しかし、以前から地方に挑戦したい仕事がある方はUターン転職に挑戦するべきです

故郷に戻り、働くことに対して明確なビジョンがある方は、転職理由もはっきりしています。

その場合、応募先企業にも思いが伝わりやすく、転職活動もスムーズに進むでしょう。

できるだけ多くの求人情報を集めることで、自分の理想が適う仕事を探してみましょう。

(3). 都会がどうしても肌に合わない人

根本的に都会の生活が合わない人はUターン転職に挑戦してみましょう

都会での生活は娯楽や公共交通機関が充実しているため、暮らす上での利便性はかなり高いです。

しかし、人口が多い分、人混みや出勤時の満員電車をストレスに感じることもあります

都会特有の生活が肌に合わない場合、無理して住み続けることは得策ではありません。

Uターン転職を選択することで、ストレスが軽減されるのであれば、地元で仕事を探してみましょう。

思いのほか、転職先がすぐに見つかる可能性もあり、都会への違和感が解消されるかも知れません。

都会生活が合わないことの根本に何があるのかを、見極めることが大切です

6-2. Uターン転職に向いていない人

Uターン転職をおすすめできない人について解説していきます。

都会暮らしが長い場合、都会から離れたい一心でUターン転職を希望する方も多いかと思います。

しかし、都会の生活に慣れている方が、急に田舎で暮らし始めると、ギャップに戸惑ってしまいます

未然にUターン転職の失敗を防ぐためにも、向いていない人物像を確認する必要があります。

  1. 規模の大きな仕事に携わりたい人
  2. 都会の生活に未練を感じる人

(1). 規模の大きな仕事に携わりたい人

大きなプロジェクトに関わりたい方はUターン転職に向いていないと言えます。

地方で大手企業に就職しようとしても、そもそも地方には母数が少ないため、転職できる可能性が低いです。

地方創生に関わるような仕事があれば良いですが、規模の大きいプロジェクトではないかもしれません。

スケールの大きい仕事に関わることがやりがいだと考える方は、都会を離れるべきではないでしょう。

実際、都会には大手企業が多く、任せられる業務の規模が地方に比べて大きいと考えられます。

仕事の規模にこだわりがある場合、チャンスを掴むためにも都会に留まるべきといえるでしょう。

(2). 都会の生活に未練を感じる人

利便性が低い生活に不安を感じる方にはUターン転職はおすすめできません

都会生活では、人混みや満員電車に疲弊する一方、整備された交通機関や娯楽の多さに助けられている方が数多くいます。

地方は、交通機関が発達していないことや、娯楽が少ないことにストレスを感じる場合もあるでしょう。

上記のことを理解した上で、地方への転職・移住をする覚悟がある方は、Uターン転職を視野に入れてみましょう。

都会生活が長い人は、田舎の利便性の低さに戸惑ってしまう可能性が高いです。

都会の生活が肌に合っていると感じる方は、現時点では都会での生活を続けるべきでしょう。

7. Uターン転職のために必要な5ステップ

前章までの解説によりUターン転職をさまざまな側面から考えられたかと思います。

本章では、実際にUターン転職に挑戦するために必要なステップを解説していきます。

7-1. 情報収集を行う

はじめに、事前準備の第一歩として情報収集から進めるとよいでしょう

地方に移住してから仕事を探し始める方もいますが、あまりおすすめできません。

しっかりと情報収集を行い、準備を整えた上で、転職を伴う移住をするべきです。

自治体の地方情報サイトに、平均的な家賃や物価、通勤時間などの情報がまとめられています。

暮らす上で 必要なコストの情報を集めることで、実際に生活するイメージが湧くでしょう

さらに、都市部と地方の平均年収は異なるため、年収が下がってしまうと考えていいでしょう。

物価や固定費も下がるため、結果的に都市部と同じ生活水準を保てる可能性もあります。

事前に情報を網羅的に集め、生活イメージを固めることをおすすめします

7-2. スケジュールを決める 

次に、Uターン転職に関わる具体的なスケジュールを考えていきましょう

求人を探し始めるタイミングや、いつ転職活動を終えたいのかなどを明確にしていきます。

現状から逆算してスケジュールを立て、退職する目安のタイミングも計画に入れるとよいでしょう

独身者の場合は、仕事の繁忙期やボーナスの時期を考えることで、タイミングを決めやすくなります。

家族がいる方であれば、子供の学校行事やクラス替えのタイミングも加味するとより良いタイミングが見えるでしょう。

時間の余裕を確保できるスケジュールを立てることで、Uターン転職をスムーズに進めることができます

7-3. 求人を探す

では、実際に求人情報を探すステップについて確認していきましょう。

求人を探す方法は3つあるため、いくつかの方法を合わせて転職活動を進めることをおすすめします。

(1). 地方に特化した転職エージェント・転職サイトを利用する

1つ目として、地方に特化した転職エージェント・転職サイトを利用する方法です

大手転職サービスとは別に、地方特化型の転職サービスに登録することをおすすめします。

理由として地方特化型の転職エージェントは、地方特有の事情や地元企業の情報に精通しています

大手総合転職エージェントは、地域ならではの詳細情報に疎い部分もあるでしょう。

地方特化型の転職エージェントは、大手転職サービスが拾いきれない求人情報にも熟知しています。

Uターン転職のサポート経験があるエージェントを利用し、手厚く安心感のあるサポートを受けることで理想的な転職に近づくでしょう

(2). 自治体発信の就職支援情報をチェックする 

2つ目は、自治体が発信している就職・転職情報から求人を探す方法です。

UIJターン転職を推進している自治体であれば、積極的に就職支援情報を発信している可能性があります。

インターネット上には全国の求人情報が載っていますが、自治体が運営している就職支援サイトは、よりコアな情報を提供しています

大手転職サービスには載っていない求人情報を得ることにより、より理想に近い転職先に出会えるかもしれません。

情報の拾い漏れがないよう幅広い観点から求人情報を集めるとよいでしょう

(3). 地方の就職・転職フェアに参加する

Uターン転職先を見つける3つ目の方法は、地方の就職・転職フェアへの参加です

地方自治体は定期的にUIJターン転職希望者向けのフェアを開催しており、地方企業の人事担当者や社員と直接会話ができる数少ないチャンスといえます

地方企業の社風や、社員同士の雰囲気を詳しく知る機会として役立てましょう。

フェアに出向くことで今まで知らなかった地方企業に出会える可能性もあり得ます

昨今では、コロナの影響によりオンラインだけではなく、オンラインでの開催も増えています。

しかし、頻繁に開催されているわけではなく、転職希望者が増える時期に行われることが多いです。

自治体のホームページなどで開催時期を確認し、参加のタイミングを逃さないように注意しましょう

【補足】地域おこし協力隊として働く選択肢も

Uターン転職には、地域おこし協力隊として地元に戻り働くという選択肢もあります

地域おこし協力隊とは、地方への定住・定着を促進する取り組みであり、都市部から地方へ移住し、地域協力活動を行いながら定住を図ります。

例えば、地域の一員として地域ブランドや名産品の開発・販売・PRを行うなど、活動の幅は広いです

自治体によって活動内容や待遇、その他条件は異なりますが、給与と活動費をもらいながら地域に密着し働くことができるでしょう。

気になった方は早速、Uターン転職先に地域おこし協力隊の募集がないか調べてみましょう

7-4. 転職活動を行い、再就職先を決める 

移住先の情報と求人情報の収集が終わり次第、転職活動を進めましょう

Uターン転職は地方に直接足を運ぶ必要があるため、一般的な転職活動よりも労力がかかる場合があります。

効率的に進めることを念頭に置き、面接は同じ日程にまとめて受けられるよう調整しましょう。

もし仕事の都合で平日に転職活動が行えない場合は、転職先に事情を説明し、オンラインで実施できないかを打診することも必要です。

また、転職活動後すぐに仕事を見つけられるとは限らないため、退職後に転職活動を行うことがおすすめできません。

充分な貯蓄がある場合は問題ありませんが、特別な事情がない限り、現職を続けながらの転職活動が無難です。

もし退職後に仕事を探す場合は、充分な情報収集と貯蓄をした上で行うとよいでしょう

7-5. 退職・引っ越しをする

無事Uターン転職先が決まった後は、いよいよ退職手続きと転居を行います

法的には退職日の2週間前までに申し出る必要がありますが、企業ごとに退職手続きに関する定めがあることがほとんどです。

したがって、企業によって異なるため、退職を決意した際は必ず就業規則を確認してください。

退職手続きとあわせて、引越しの準備も進める必要があります。

主な手続きは以下の通りです。

  • 住居探しと契約
  • 引越し費用の見積もりと契約
  • 荷造り
  • 転居先でのライフライン(ガス・電気)の手続き
  • 転入・転出手続き
  • UIターンにおける国や地域の支援 (自治体によって異なる)

移住にはさまざまな手続きが必要となるため、可能であれば2ヶ月ほどの余裕を持つとよいでしょう。

8.Uターン転職を成功に導くには転職エージェントを利用しよう

前章では、Uターン転職の具体的なステップを解説してきました。

自分がUターン転職に向いていると感じている方は、まずは求人を探すことをおすすめします

8-1. Uターン転職におすすめの総合型転職エージェント

本章では、総合型転職エージェントを紹介し、各サービスの強みや特徴を解説していきます。

統合型転職エージェントは、求人数の多さや圧倒的なサポートが魅力です。

(1). リクルートエージェント

リクルートエージェント』は求人案件数・内定決定数ともに業界NO.1の総合型転職エージェントです。

求人が非常に豊富であるため、Uターンして就職したい場合でも幅広い求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントは、さまざまな職種・業界に対応していることも特徴であり、理想の求人を見つけることができるでしょう。

知名度が高いため、今まで多くのUターン転職希望者を支援してきた実績があります

Uターン転職の成功事例やノウハウがサイトに掲載されているため、積極的なサポートが期待できるでしょう。

◆リクルートエージェントの特徴

  • 求人数が業界トップクラス!
  • 知名度とブランド力が高く、質の高い求人が揃っている
  • 幅広い職種と業界の求人を保有している

◆リクルートエージェントがおすすめな人

  • 求人数が多く、実績のあるエージェントを利用したい
  • 品質の高いサポートを重視している人
  • 短期的に集中し、スピード感ある転職活動がしたい人

Uターン転職は一般的な転職とは違うため、初めてのことばかりで戸惑いも大きいと思います。

しかし、リクルートエージェントは、豊富なノウハウでUターン転職をサポートしてくれるでしょう。

(2). doda

転職ならdoda

doda』は、手厚いサポートを受けたい方におすすめの総合型転職エージェントです

年収査定やキャリアタイプ診断、U・Iターン転職セミナーやフェアなど、幅広い転職関連サービスを展開しています。

さらに、待遇・福利厚生を検索する際に、Uターン転職支援のある企業で求人検索ができるため、Uターン採用に積極的な企業を探せるでしょう

doda』には、Uターン転職経験者である転職アドバイザーも在籍しているため、不安要素を解消しながら転職活動を進めることが可能です。

◆dodaの特徴

  • 転職者の満足度がNo.1
  • 転職サイト/エージェント/スカウトの3つのサービスがある
  • 幅広い求人を一気に紹介してくれる

◆dodaがおすすめな人

  • 書類選考や面接通過に不安があり、幅広いサポートを受けたい人
  • 大手だけではなく中小企業の求人も提案してほしい人

doda』は、Uターン転職フェアやセミナーなど、充実したサポートを受けながら、最適な転職先を見極められる転職エージェントです

8-2. Uターン転職におすすめの特化型転職エージェント

本章では、地方転職特化型転職エージェントを紹介し、各サービスの強みや特徴を解説していきます

総合型転職エージェントとあわせて登録することで、理想に近い転職先を見つけられるでしょう

(1). ヒューレックス 

ヒューレックスは、Uターン転職などといった地方転職に強みを持つ転職エージェントです

大手転職エージェントに掲載されていない地方の優良求人を数多く取り扱っており、地方の転職事情や企業を熟知している転職アドバイザーがUターン転職をサポートします。

地方転職ならではのノウハウや注意点を考慮しながら、書類添削や面接対策をしてくれるでしょう。

ヒューレックスは、地方転職の専門知識を持つ転職アドバイザーに手厚くサポートしてもらいたい方におすすめです。

Uターン転職後の生活についても相談に乗ってくれるため、安心して任せられる転職エージェントといえるでしょう。

ヒューレックス の特徴

  • 幅広転職サポートを受けることができる
  • 一人の転職エージェントが転職を一括サポートしてくれる
  • 他のエージェントが持っていない独占求人も多数保有

ヒューレックス がおすすめな人

  • Uターン転職に不安があり、手厚くサポートを受けたい人
  • 求人だけではなく、転職後の生活に関するアドバイスもして欲しい人

ヒューレックスは、Uターン転職希望者にとって心強い転職エージェントであると言えます

(2). リージョナルキャリア 

リージョルキャリア

リージョナルキャリアは、多くの求人情報を紹介してほしい人におすすめの転職エージェントです。

リージョナルキャリアが保有する求人情報は、90%以上が地元企業の正社員求人です。

ほとんどが独自に関係を構築している地元企業であるため、他のエージェントでは紹介してもらえない求人を多く保有しています。

さらに、『リージョナルキャリア両面型コンサルティングを採用しています。

両面型コンサルティングとは、コンサルタント自らが担当企業に直接訪問し、応募条件だけではなく企業風土を確認することです

したがって、情報に信頼性があり、より精度高く、企業と求職者を繋げることができます。

すぐに転職を考えている人は勿論、中長期的なUターン転職もサポート可能であるため、少しでもUターン転職に興味がある人でも相談しやすい転職エージェントです。

リージョナルキャリアの特徴

  • 両面コンサルティングにより、質の高い求人を多数保有している
  • 地方に定住しやすいく、キャリアアップを視野に入れた正社員求人が多い
  • Uターン転職後のキャリアについても相談できる

リージョナルキャリアがおすすめな人

  • 地域への定住を念頭において、転職先を考えたい人
  • 地方に転職してキャリアアップを狙っている人

リージョナルキャリア』は、Uターン転職に少しでも興味がある方は、登録するべき転職エージェントです。

8-3. Uターン転職におすすめの求人サイト

次に、Uターン転職におすすめの求人サイトを紹介します。求人サイトは、掲載されている求人情報へ自ら応募できる転職支援サービスです。

企業とのやりとりや面接対策等のサポートはありませんが、転職エージェントに掲載がない求人情報も漏れなく応募することができます。

(1). LIFULL地方創生 LOCAL MACTH 

LIFULL 地方創生 LOCAL MATCHは、仕事が探せる移住マッチングプラットホームです。

仕事・暮らし・将来設計を自由に思い描き、暮らしと転職を並行して考えられるサービスです。

従来の地方特化型転職サービスは、転職希望者と地方企業をマッチングするだけのサービスに過ぎません

しかし、LIFULL 地方創生 LOCAL MATCHでは、移住相談や体験ステイといったイベントを行うことで、事前に地方と関係を構築できます。

LIFULL 地方創生 LOCAL MATCHの特徴

  • 移住相談や体験ステイなどを通して地方について理解を深められる
  • 自治体や地方企業からスカウトを受けることができる
  • 自分に似た先輩移住者に、転職や移住について相談できる

LIFULL 地方創生 LOCAL MATCHがおすすめな人

  • 転職だけではなく、移住に関する不安も一緒に解消したい人
  • 「仕事」と「暮らし」、どちらも大切に考えている人

移住後のイメージが明確になるため、安心してUターン転職を行うことができるでしょう。

LIFULL 地方創生 LOCAL MATCH』は、地域の一員になる準備のサポートが手厚いため、Uターン転職と移住を同時並行で進められるサービスです。

(2). Wantedly

Wantedlyは、企業と働くすべての人をつなげるビジネス特化型SNSです。

主に若者からの支持が厚く、ベンチャーやスタートアップ企業への転職活動によく利用されています。

待遇や条件ではなく、「仕事のやりがい」に重点を置いたマッチングが特徴であり、都心の求人だけではなくUターン転職が適う求人も多く取り扱っています。

募集企業自らが、企業情報について発信するため、企業の雰囲気がより伝わりやすいことが魅力です。

Wantedly』は、Uターン転職に特化した求人サイトではありませんが、掘り出し物の求人情報が見つかる可能性が高いといえます

Wantedlyの特徴

  • スタートアップ企業やベンチャー企業の求人が多い
  • 「話を聞きたいボタン」があり、企業とカジュアルに面談できる

Wantedlyがおすすめな人

  • 「仕事」に対して、強くやりがいを求めている人
  • スタートアップ企業やベンチャー企を転職先として考えている人
  • エージェントのサポートを受けずに、自分のペースで転職活動を進めたい人

Wantedlyは、スピーディーに応募できる反面、すべての手続きを自分で行う必要があるため、他の転職エージェントとあわせて登録するとよいでしょう

(3). TURNS

TURNSは、地方で暮らす魅力をあらゆる方法で発信しているサービスです。

Uターン転職者・移住者に向けた就職支援先や受け入れ制度といったノウハウを掲載し、主に「地域おこし協力隊」の求人を募集しています。

TURNSは、最も地域に入り込める求人サイトであり、地域と深い関わりが持てる求人情報が見つかるでしょう。

◆TURNSの特徴

  • 地方で暮らし、働く魅力を発信している
  • 企業求人ではなく、地域に密着した求人情報が多い

◆TURNSがおすすめな人

  • 「地域おこし協力隊」に挑戦したい人
  • 「地域への貢献」に重点を置いて、転職活動がしたい人

TURNS』は、農業や継業といった、一般的なUターン転職先以外も視野に入れたい方に利用してほしいサービスです。

9.Uターン・地方移住に関する悩みがあるときは?

Uターン転職に関して悩みがある場合は、公共の相談窓口へ相談するとよいでしょう。

前述したサービスの中にも、移住・転職窓口はありますが、今回は公共の相談窓口をご紹介します。

 おすすめの相談窓口【認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター】

ふるさと回帰支援センターは、東京・有楽町にある全国移住相談センターです。

地方暮らしやUIJターン希望者のサポートを行っており、定期的に移住支援フェアや地方暮らしセミナーなどを開催しています。

オンラインでのサポートも実施しているため、東京に住んでいない方でも積極的に参加可能です。

ふるさと回帰支援センターでは、定期的に出張相談会が行われており、普段は市町村で移住窓口をしている担当者に直接相談することができます。

全国各地域の自治体と連携しているため、地域への転職・移住に不安がある方は、ふるさと回帰支援センター』への相談がおすすめです

10. Uターン転職のよくある質問

本章では、Uターン転職を行う際によくある質問とその回答をまとめています。

Q. Uターン転職を行う場合、具体的にどれくらいの時間が必要ですか。

在職中の場合は、半年ほど見ておけば余裕のあるスケジュールで進められます

Uターン転職では、住まい探しや引っ越しが伴うため、少なくとも3か月は必要と考えておいた方が良いでしょう。

落ち着いて転職活動を進めるためにも、余裕を持ったスケジュールを意識することが大切です

Q. 面接の際、応募企業までの交通費は自己負担ですか。

交通費の有無は、面接回数や応募先企業によります

Uターン転職は、現在住んでいる場所と転職希望地が離れているため、一般的な転職より交通費が必要です。

一次面接の場合は、交通費を自ら負担する場合がほとんどですが、二次面接〜最終面接では、企業側に負担してもらえる場合もあります。

企業に直接聞きづらい場合は、代わりに転職エージェントのアドバイザーから相談してもらうとよいでしょう

Q.  現職を退職してからUターン転職を始めても良いですか。

できれば在職中に、転職先を検討することをおすすめします

Uターン転職は、引っ越しが伴うため、落ち着いてから転職活動を始めようと考える方も多いでしょう。

しかし、退職後の転職活動はあまりおすすめできません。

なぜなら、なかなか転職先が決まらないと精神的に焦ってしまい、スムーズに転職活動が進まない可能性があるからです

Uターン転職には費用がかかるため、転職活動が長引くほど、金銭面の余裕もなくなるでしょう。

したがって、現職で働きながら転職活動を行うことを強くおすすめします。

11. まとめ【Uターン転職は環境を大きく変えられる転職方法】

当記事では、Uターン転職の実態やメリット・デメリットなど、大切なポイントについて解説しました

Uターン転職は、環境を大きく変えられるため、おすすめの転職方法であるといえます。

しかし、Uターン転職に向いていない方もいるため、自分はUターン転職に挑戦するべきか、しっかり検討することが大切です。

Uターン転職を成功に導くには、いくつかの転職エージェントや求人サイトに登録し、転職活動を進めることをおすすめします

Uターン転職におすすめの転職エージェント・求人サイトは、以下の表の通りです。

総合型転職エージェントリクルートエージェント
doda
特化型転職エージェントヒューレックス
リージョナルキャリア
求人サイトLIFULL地方創生 LOCAL MACTH
Wantedly
TURNS

    Uターン転職は、新しい環境に挑戦し、今後の人生を大きく変える選択肢として最適であると考えられます。

    Uターン転職を転職のひとつの選択肢として、前向きに検討しましょう。