20代の平均年収はいくら?年齢・業種・学歴・性別に分類し、徹底解説

働き盛りの20代にとって

「20代の平均年収がいくらなのか」
「自分は同世代と比べて年収が低いのではないか」

など疑問に思っている人が多いでしょう。

結論からいうと、20代の平均年収は、男性が約232.5万円、女性が約220.5万円であり、女性の方が年収が低くなる傾向があります。

しかし、年齢が上がるにつれ職種によっては、年収が大幅に上がる場合があるため、今の自分を見つめ直し、将来の見通しを立て直すことで今よりずっと年収が上がる可能性があります。

そこで、この記事では、就職情報サイトでキャリアアドバイザーとしてサポートしてきた私が、20代の平均年収を年齢・業種・学歴・男女別に徹底解説します。

  1. 【男女別に比較】20代男性の平均年収は232.5万円、女性220.5万円
  2. 【業種別】20代の平均年収
  3. 【学歴別】20代の平均年収
  4. 20代で平均年収よりも稼ぐ5つの方法
  5. 転職で年収を増やすための5つのポイント
  6. 年収アップにおすすめの転職サイト・エージェント9選
  7. 20代転職のメリット・デメリット
  8. 年収アップへの第一歩は自身の市場価値を把握すること

この記事を読めば、自分の将来に対して後悔しない決断ができるようになるでしょう。

1.【男女別に比較】20代男性の平均年収は232.5万円、女性220.5万円

厚生労働省『資金構造基本統計調査(令和元年分)』によると、20代男性の平均年収は232.5万円、20代女性の平均年収は、220.5万円であることが分かります。

年齢層・男女ごとに詳しく見ていくと、以下のようになります。

年齢層性別平均年収
20代前半
(20~24歳)
男性213.4万円
女性208.1万円
20代後半
(25~29歳)
男性251.6万円
女性232.9万円

出典:厚生労働省『資金構造基本統計調査』

簡単にまとめると以下の特徴が挙げられます。

  • 男女ともに、20代前半に比べ、後半は年収が高くなる
  • 20代男性と女性とでは、男性の方が平均年収が高い
  • 20代後半になると、男性と女性の平均年収の差がさらに拡大する

【男女別】手取り額の比較

20代の平均年収をもとに、平均的な手取り額を計算すると、以下のようになります。

年齢層性別手取り額

(平均年収の80%)

20代前半
(20~24歳)
男性170.7万円
女性166.48万円
20代後半
(25~29歳)
男性201.28万円
女性186.32万円

出典:厚生労働省『資金構造基本統計調査』

注意:厚生労働省「資金構造基本統計調査」は健康保険や厚生年金が控除される前の金額を算出しているため、実質的な手取り額となるのは平均年収の80%程度です。

20代前半では、男女間の差は小さいですが、後半になるとその差が拡大することが分かります。

雇用形態別

ここでは、20代の平均年収を雇用形態別にまとめていきます。

以下が雇用形態別の平均年収になります。

年齢性別正社員正社員以外
20代前半
(20~24歳)
男性216.5万円185.3万円
女性212.4万円176.7万円
20代後半
(25~29歳)
男性255.7万円209.2.万円
女性240.1 万円189.9万円

出典:厚生労働省『資金構造基本統計調査』

男女ともに正社員と正社員以外とでは、年収に大きな差が生じていることが分かります。

2. 【業種別】20代の平均年収

ここでは、20代の平均年収を業種別にまとめていきます。

平均年収を業種別にまとめると、20代前半・後半ともに、男女で以下のような特徴がみられます。

  • 男性の場合……最も平均年収が高いのは、金融業、保険業
  • 女性の場合……最も平均年収が高いのは、情報通信業

平均年収が高い業界に転職する場合は、以下のデータを参考にしてみて下さい。

20代男性の業種別平均年収

20代前半・後半 男性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。

業種20代前半男性の年収20代後半男性の年収
金融業、保険業230.0万円282.8万円
情報通信業228.7万円269.2万円
学術研究
専門、技術サービス業
227.8万円274.5万円
教育、学習支援業222.2万円275.4 万円
医療、福祉221.9万円259.4万円
建設業221.1万円259.7万円
卸売業、小売業215.6万円251.1万円
運輸業、郵便業214.3万円249.9万円
その他のサービス業211.1万円239.5万円
生活関連サービス業、娯楽業209.4万円239.4万円
製造業203.1万円238.4万円
宿泊業、飲食サービス業200.2万円225.2万円

出典:厚生労働省『資金構造基本統計調査』

20代前半・後半ともに、男性の平均年収が最も高かった業種は、金融業、保険業でした。

その他の特徴としては、全12業種のうち、8業種で20代前半男性の平均年収の213.1万円を超えているものの、20代後半になると平均年収251.6万円を超えている業種が6つまで減少していることが挙げられます。

対して、20代女性の業種別平均年収はどのような傾向がみられるのでしょうか。

20代女性の業種別平均年収

20代前半・後半の女性 平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。

業種20代前半女性の年収20代後半女性の年収
情報通信業225.6万円258.6万円
医療、福祉221.9万円245.9万円
学術研究
専門、技術サービス業
219.6万円256.3万円
建設業213.8万円225.1 万円
金融業、保険業211.2万円236.0万円
教育、学習支援業208.6万円237.9万円
卸売業、小売業205.3万円228.5万円
生活関連サービス業、娯楽業202.3万円219.2万円
その他のサービス業201.7万円223.7万円
運輸業、郵便業199.8万円229.8万円
宿泊業、飲食サービス業191.3万円207.9万円
製造業187.3万円205.6万円

出典:厚生労働省『資金構造基本統計調査』

20代前半・後半ともに、女性の平均年収が最も高かった業種は、情報通信業でした。

その他の特徴としては、全12業種のうち、20代前半・後半ともに、平均年収を超えている業種がわずか6業種しかないことが挙げられます。

まとめ

男性・女性ともに全業種のうち半数以上が平均年収以上に稼げることが分かります。

しかし

  • 女性は男性に比べて平均年収以上に稼げる業種が少ない
  • 男性の年収が20代前半から後半に移るにつれ、大きく上がるのに対して、女性に大きな変化はない

ということが分かります。

3.【学歴別】20代の平均年収

ここでは、20代の平均年収を学歴別にまとめていきます。

平均年収を学歴別にまとめると、男性・女性で以下のような特徴がみられることが分かります。

  • 大学卒・大学院卒では、男女共に、20代後半になると金額が大きく上がるが、男性の方が女性よりその額が高い
  • 女性の高校卒の平均年収は、男性の高校卒に比べてはるかに低い

学歴別の平均年収の違いは、以下のデータを参考にしてみてください。

20代男性の学歴別平均年収

20代男性の平均年収を学歴別にまとめると、以下のようになります。

学歴20代前半男性20代後半男性
大学卒
大学院卒
229.2万円266.4万円
短大卒
高専卒
210.6万円239.4万円
高校卒203.0万円233.4万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

特徴として、大学卒・大学院卒の年収が20代の平均年収を大きく超える一方で、短大・専高卒以下の年収は平均年収を下回ります。

しかし、ずれの学歴も20代前半から後半になると年収が上がることが挙げられます。

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

20代女性の学歴別平均年収

20代女性の平均年収を学歴別にまとめると、以下のようになります。

学歴20代前半女性20代後半女性
大学卒
大学院卒
224.8万円249.9万円
短大卒
高専卒
210.2万円232.4万円
高校卒186.4万円198.3万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

特徴として、大学卒・大学院卒・短大卒・高専卒の年収は20代の平均年収を超えていますが、高卒の年収は平均年収を下回ることが挙げられます。

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

年齢・業種・学歴・性別に分類し、平均年収をみてきましたが、いかがでしたか。

平均年収より高かった人がいる一方で、自分の今の年収に落胆する人もいることでしょう。

次章では、平均年収よりも稼ぐための方法についてお話します。

4.20代で平均年収よりも稼ぐ5つの方法

ここでは、20代で年収を増やす方法を5つご紹介します。自分に合った年収アップ法を見つけてみましょう。

  1. 昇進・昇格で給料アップを目指す
  2. 隙間時間に副業をする
  3. 資格を取得する
  4. 投資を行う
  5. 給料の高い職場に転職する

それでは順にご紹介していきます。

1.昇進・昇格で給料アップを目指す

職場を変更することなく、すぐに実践に移すことができ、最も確実に年収を上げることができるのは【昇進・昇格】を目指すことです。

そのためには

  • 現在の職場の評価基準を把握する
  • 効率性・生産性を上げる
  • 上司や会社からの信頼度を上げる
  • 出世する

以上のことが求められます。

ただ昇進・昇格の機会は年に数回と限られています。

よって評価を得るには年数がかかるため、短期間で年収を上げることは難しいです。

長いスパンで昇進・昇格を目指す必要があります。

辛抱強く・努力家な人に最も適した方法の1つと言えます。

2.隙間時間に副業をする

本業とは別に、副業で収入を得ることで、年収を増やすことが可能です。

副業は自分の都合に合わせて、空いた時間に効率よく行うことができます。

例えば、下記の仕事ができます。

  • 自分のスキルを活かした専門性のある仕事
    プログラム・Web制作・グラフィックデザインなど
  • 体力に自信のある人向けの仕事
    単発の配送業、運転代行業など

ただし、副業は、本業に加え仕事をすることになるため、体力的・精神的な負担が大きくなります。

そもそも会社が副業を容認していない場合があり、副業を始める際は、まず会社が副業を容認しているのかどうか確認する必要があります。

また本業に支障が出ないよう、健康面とスケジュール面の両面でより高い自己管理をすることも必要です。

効率の良い人、体力に自信がある人、1つの仕事に縛られたくない人にお勧めです。

3.資格を取得する

資格を取得することで、給料アップの可能性が高まります。

会社側が資格取得に対して協力的である際は、受験料を負担してくれる場合もあります。

資格の取得には、長期間の勉強が必要ですが、確実な給料アップだけではなく、自己のスキル向上や昇進・昇格に繋がるでしょう。

他にも、資格の取得は、より給料の高い職場に転職できる可能性が秘められているのです。

4.投資を行う

投資は、少ない労力で収入を上げることができます。

しかし、成功するにはそれなりの知識と多大な元手が必要になります。

失敗するリスクがあるため、投資を始める際は、生活に余裕がある状態で始めることをおススメします。

5.給料の高い職場に転職する

転職は、業界によって異なりますが、給料の高い職場に転職することは収入アップの手段の1つです。

職種や仕事内容が同じでも、職場を変えるだけで、月々数万円給料が上がるケースも珍しくありません。

月給にそれほどの違いがなくとも、ボーナスのある職場や昇進・昇格の機会が多い職場に転職することで年収が数十万円アップすることもあるでしょう。

より自身の都合に合った職場に出会えるチャンスでもあります。

次章では、年収アップのための転職選びのポイントをご紹介します。

5. 転職で年収を増やすための5つのポイント

年収アップを見込める新たな職場選びには以下のポイントを抑えましょう。

  1. 伸び盛りの業界を選ぶ
  2. スキルと経験が活かせる仕事を探す
  3. 求人は賞与や家賃補助に注目する
  4. 固定残業代制度か確認する
  5. 自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握する

1.伸び盛りの業界を選ぶ

転職を考える際は、できるだけ成長傾向にある業界を選ぶようにしましょう。

特に業界全体が成長過程にあるかどうかは、重要な判断基準になります。

特定の企業だけではなく、業界全体が成長している場合は会社の実績も伸びやすいため、業界全体が底上げされることで、あなた自身の収入も連動してアップする可能性が高いからです。

逆に成長率が鈍化している業界を選んでしまうと、各企業の利益も上がりずらいので、あなたの年収も頭打ちになってしまう可能性が高くなります。

また新型コロナウイルス感染拡大に伴う訪日インバウンドの縮小で大きなダメージを受けている業界がある一方、売上に影響がなく、逆に強みを発揮している業界もあります。

今後どのように成長していくのか見極めることが必要です。

2020年現在、以下の業界は成長傾向にあると言われています。

  • IT業界
  • ネット・WEB業界
  • 医療・介護業界

詳しくは転職におすすめの業種&業界ランキングで紹介していますので、ぜひご参考下さい。

また、IT業界に特化した転職サイトもご用意しています。

IT業界に興味のある方は、こちらも合わせてご覧ください。

IT業界転職サイトおすすめ23選|49サイトから目的別にプロが厳選!

2.スキルと経験が活かせる仕事を探す

自身の経験や既に身に着けているスキルを活かせる仕事(職種)から選ぶという視点も欠かせません。

なぜなら、未経験の職種に転職する場合、年収が現職よりも下がってしまう可能性があるからです。

また、未経験の職種を一から学ぶことで、体力や精神面で負担となる可能性があります。

手取り額アップを目指して転職する場合は、既に経験したことのある職種もしくは、習得済みのスキルを活かせる職種から選ぶことが必須になります。

あなたの経験が必要とされている業界や職種選べば、給与額の交渉の場で有利に話を進めて、希望の手取り金額を実現できる可能性を上げることができます。

3.求人は賞与や家賃補助に注目する

賞与や家賃補助、固定残業代などもしっかりチェックして会社を選びましょう。

月収だけに注目すると見落としてしまいがちですが、手厚い福利厚生がある場合は、余裕のある暮らしが実現しやすい場合もあります。

求人情報を見る時は、以下の条件をしっかり確認してください。

  • 賞与の有無
  • 無料の住宅提供(寮や社宅)、在宅手当制度や家賃補助の有無
  • その他、福利厚生制度全般

福利厚生制度は各会社ごとに異なります。

レジャー手当、ランチ代の補助手当支給など、ユニークな制度がある企業も多くありますし、自治体の子育て支援とは別に子育て手当を支給する企業もあります。

4.固定残業代制度か確認する

転職先が、固定残業代制度を採用しているのかも必ず確認しておきましょう。

そもそも固定残業代とは、一定時間分の残業代を賃金にあらかじめ含ませておく制度です。

一般的には、「みなし残業」と言われています。

つまり、労働環境次第では、残業が続いて体力的な負担を強いられても、給与が変わらないという状況になる可能性があります。

注意点として、賞与の計算は《月収で計算する》のではなく《基本給で計算する》ので、固定残業代は含まれないということを覚えておきましょう。

例)給与が24万円の場合

  • 月収(24万円)=基本給(24万円):賞与1ヶ月分は24万円
  • 月収(24万円)=基本給20万円+固定残業代4万円:賞与1ヶ月分は20万円

5.自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握する

年収アップを目指して転職する場合、自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握することは必須です。

仕事や環境への適性を見極め、自身の能力を正しく把握し、それにふさわしい対価(給与)を得られる転職先を見つけましょう。

自身を客観的に把握するうえでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

補足:転職エージェントとは

一般的な求人サイトと異なり、求職者一人に対してキャリアコンサルタントが担当し、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介から、面接対策まで、転職活動を総合的に支援してくれます。

転職エージェントは、あなたの悩みや希望をヒアリングして、適切な求人を紹介してくれます。

もちろん、転職そのものに悩んでいる段階でも利用可能です。

  • 「年収300万円以上得られる仕事に転職したい」
  • 「今のスキルで、年収が上がる職場に転職できるか不安」

といった悩みにも、丁寧に対応してくれるでしょう。

次章では、数ある転職サイトエージェントの中から、年収アップを第一条件に考える方におすすめの転職サイト・エージェントを厳選して紹介していきます。

6.年収アップにおすすめの転職サイト・エージェント9選

それぞれ転職エージェントには、強みがあります。

それを理解した上でご自身に合うエージェントを活用しましょう。

どれも登録が簡単で、数分で済むものばかりです。

複数の利用をおススメします。

数ある転職エージェントの中から、以下の3点を基準に、「総合評価の高い転職エージェント」をピックアップしました。

総合評価を導き出す3つの基準

  • 求人の数・質
    …20代向けの求人の量や質は十分かどうか
  • 提案力
    …キャリアの築き方や仕事選びの方法など、20代の求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  • サポート力
    …20代求職者の要望を聞きながら、一人一人に合った選考対策を行ってくれる

さらに当サイトが独自に取得した『500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケート』の結果を加え、利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、20代におすすめの転職エージェントは、以下の通りとなりました。

ランキング転職エージェント総合評価特徴
1位マイナビエージェント★★★★★
4.6
サポートが充実しており、はじめての転職に強い。20代転職支援実績No1
2位doda★★★★★
4.5
国内最大規模の転職エージェント。求人の質も高く、20代後半からのキャリアアップ転職に最適
3位リクルートエージェント★★★★☆
4.4
求人数No1、業界最大手の転職エージェント。選択肢を増やしたいなら登録必須。
4位パソナキャリア★★★★☆
4.3
親身な対応に定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめ
5位ハタラクティブ★★★★☆
4.2
「就職後も長く働き続けられること」がモットーの転職エージェント。内定後定着率は91.3%
6位type転職エージェント★★★★☆
4.1
業界知識が豊富なキャリアコンサルタントからの提案が魅力。
7位ワークポート★★★★☆
4.0
特にIT業界への転職を考えている方は登録必須の転職エージェント。
8位マイナビジョブ20’s★★★☆☆
3.9
第二新卒の就業支援に特化した転職エージェント。マイナビの培った信頼と実績に基づく手厚いサポート。
9位DYM就職★★★☆☆
3.8
第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェント。好条件の正社員就職を目指すなら要登録。

上位3エージェント(『マイナビエージェント』、『doda』、『リクルートエージェント』)は特に20代向けのサポートも手厚いため、すべて登録しておくことを強く推奨します。

ここからはランキング上位の転職エージェントを1つずつ詳しく紹介していきます。

1位.マイナビエージェント| 初めての転職に強く20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

2位.doda | 求人の質・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位.リクルートエージェント| 求人数No1、地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

4位.パソナキャリア | サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

5位. ハタラクティブ | 第二新卒の転職実績No.1

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

2000件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイト:
https://hataractive.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、大手マイナビが運営する『マイナビジョブ20's』や、TVCMで話題の『DYM就職』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

6位.type転職エージェント | 首都圏とIT職種に強い

type』は1994年から運営をしている老舗エージェントで、幅広い年齢・職種のサポート実績がある総合転職エージェントです。他にも、『type女性の転職エージェント』があり、女性には強くおすすめできます。

サポート範囲は、首都圏のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。

公式サイトを見る:
https://type.career-agent.jp

7位.ワークポート | 第二新卒や未経験からIT転職を目指すなら

ワークポート』は、設立13年の総合転職エージェントです。

キャリアコンサルタント(コンシェルジュと呼んでいる)の対応は非常に丁寧と評判で、エージェントが初めての方にもおすすめです。

手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。

専任キャリアアドバイザーによる対面でのサポートを重視するエージェントなので、登録したら実際に面談に足を運びましょう。

登録時の入力も全エージェントで一番簡単で、特に職務経歴書をアップロードする必要もなく、氏名・生年月日・連絡先と、経験業務をプルダウンで選ぶだけで面談をしてもらえますので、転職の準備ができてない方も気軽な気持ちで利用できます。

登録後に来る電話は事務的ですが、実際に会うキャリアアドイバイザーは非常に熱心な方が多いので安心して面談にいきましょう。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

※拠点|東京: 大崎駅 大阪: 淀屋橋駅(本町駅) 福岡: 博多駅

8位. マイナビジョブ20s | 初めての二卒転職におすすめ

マイナビジョブ20’s』は、全求人が20代対象の、第二新卒・既卒に特化した転職エージェントです。

書類添削、面接対策の他にも、自己分析に役立つ適性診断を受検することができるため、非常にサポート体制が充実しています。

職種・業種が未経験でもOKな求人が50%以上あるため、新たな職種・業界に挑戦したい方にもおすすめな一社です。

まずは登録して、相談だけでもしてみてください。

マイナビジョブ20’s公式サイト:
https://mynavi-job20s.jp

9位.DYM就職 | WebCMで話題!第二新卒の就職に強い!

DYM就職』は、一部上場企業、トップベンチャー企業などを含めた2000社以上の中から、最適な求人を紹介してくれる転職エージェントです。

採用担当の方と直接交渉ができるため、登録した後は書類選考なしで面接に進むことができます。

面接、書類作成、服装などの指導を行ってもらえるため、安心して就活に臨むことができるでしょう。

DYM就職公式サイト:
https://talk.dshu.jp

20代の転職エージェントについては、『20代のおすすめ転職エージェントおすすめランキング/未経験・第二新卒など目的別に徹底比較』でより詳しく紹介していますので、ご覧ください。

7.20代転職のメリット・デメリット

ここまで20代に人気の転職エージェントを紹介してきました。

20代の転職は30代以降に比べるとリスクは少ないですが、もちろんメリットとデメリットがあります。

それらを把握した上で、転職に進むのか判断するのが良いでしょう。

ここでは、20代の転職するメリット・デメリットについてお話します。

 1.メリット

20代の転職には以下のメリットが考えられます。

  • 転職先が豊富
  • 社風に馴染みやすい
  • 新卒との差が少ない

第二新卒の人には、ポテンシャルの高さが見込まれ、応募できる企業が豊富に用意されています。

また、早期に転職・入社するため、新卒との差があまりありません。

同期も多く、比較的働きやすい環境があることでしょう。

しかし、同時にデメリットもあります。

2.デメリット

20代の転職には以下のデメリットがあります。

  • 継続力に不安
  • スキルがない

第二新卒の人は、会社を早期に退職している経験があります。

そのため会社側は採用の際に、「すぐ辞めてしまうのではないか」などの不安を抱いています。

また、転職した場合、あらゆるスキルが不十分な状態であるために、即戦力という点で劣っている状態からのスタートになります。

そのため、転職する際は、退社した理由と転職の志望理由を明確にする必要があります。

転職する際は、十分な対策で乗り切りましょう。

8.年収アップへの第一歩は自身の市場価値を把握すること

年収をアップさせるために、まずは客観的な自分の市場価値を把握することをおすすめします。

そのため、求人に応募するなど本格的な転職活動を始める前に、転職エージェントに自分の想定年収を算出してもらいましょう。

ネット上にはいくつかの質問に答えるだけで自分の適正年収を教えてくれるサービスもあります。

しかし、自分の経歴やスキルを踏まえた正確な査定結果は、転職エージェントのようなプロのコンサルタントでなければ期待できません。

そのため、以下に当てはまる方は、転職エージェントを利用する価値が特に高いといえるでしょう。

  • まずは自身の給与の妥当性を知りたい方
  • 今すぐ年収アップを図りたい方

9.終わりに

これまで、20代の平均年収について解説しましたが、いかがでしたか?

20代の平均年収は、男性が約232.5万円、女性が約220.5万円です。

自分の年収が20代の平均年収よりも低いために転職を考えている方は、年収アップに強い転職エージェント2、3社に登録・相談することをおススメします。

マイナビエージェント
doda転職エージェント
リクルートエージェント
パソナキャリア
ハタラクティブ
type転職エージェント
ワークポート
マイナビジョブ20’s
DYM就職

この記事が、年収アップのための良いサポートとなることを祈っております。