手術室看護師の給料は?平均年収や給与をアップさせる方法と合わせて全解説

「手術室看護師の給料はどのくらいだろう?」
「他の職種よりも、高いのかな…」

と考えていませんか。

結論、手術室看護師の給料は約30~34万円で、平均年収は約482万円と、看護師の平均年収である約483万円とほとんど変わりません。

手術室看護師は、精神的体力的にも非常にハードな仕事ですが、病院によって夜勤の有無や、各種手当などが大きく異なります。

このため、給料に大きな幅が出やすく、場合によっては病棟勤務を下回ることもあるのです。

この記事では、転職コンサルタントとして数多くの看護師のキャリアアップをサポートしてきた私が、手術室看護師の給料について解説します。

  1. 手術室看護師の平均給料は30~34万円!平均年収は約482万円
  2. 手術室看護師の給料に関係する各種手当
  3. 手術室看護師の給料や業務内容は職場によって大きく異なる
  4. 手術室看護師が給料・年収をアップさせる方法

最後まで読めば、手術室看護師の給料の全てが分かります。

1. 手術室看護師の平均給料は30~34万円!平均年収は約482万円

手術室看護師の平均給料は30~34万円、平均年収は約482万円です。(参考:看護roo!

看護師全体の平均給料が33.4万円(年収483万円)ですから、看護師の平均と比べてほとんど同額であることがわかります。

しかし、手術室看護師の場合、夜勤が無くオンコール体制をとっている病院や、中小病院で外来兼務の手術室看護師である場合など、病院の勤務や給与体系によって変わるのです。

実際に、その年収帯は323万~670万円と大きな幅が見られました。

これから手術室勤務をしたいと考えている方は、入職前にどのような給与体系となっているのか、事前に確認することがおすすめです。

2. 手術室看護師の給料に関係する各種手当

手術室看護師の給料は、病院ごとに設定されている各種手当によって変動します。

主な手当は、下記の通りです。

順番に見ていきましょう。

2-1.手術室勤務手当|月5千円~3万円

手術室勤務手当とは、手術室に勤務する看護師に支給される手当のことです。

手術室の看護では専門的なスキルを必要とするため、多くの病院で支給されています。

また、病院によっては、次に紹介する危険手当と兼ねている場合もあり、結果毎月の給料が数万円変わる場合もあるのです。

残業がない職場の場合、結局給料が変わらない場合も

手術室勤務手当がつくことで給料は上がるものの、手術室看護師の残業が少ない病院の場合、結果として給料が変わらないというケースもあります。

残業をすると残業手当(時間外手当)がつきますが、残業が少ないことでその手当が減り、手術室配属でつくようになった手術室勤務手当と相殺されてしまうことがあるのです。

ただ、すべての手術室に残業がないわけではないため、給料にこだわりたい方は、労働環境も併せて確認する必要があるでしょう。

2-2.危険手当|月1万円~2.5万円

危険手当とは、別名「特殊業務手当」や「特別手当」などと呼ばれることもある手当です。

手術室では一般病棟では扱わないような医療機器を使い、高度な治療を必要とする重症な患者さんが多く入院しています。

このため、他の部署に比べて、集中力や体力を必要とされるため、特殊な看護業務として、追加で手当が支給されるのです。

危険手当の金額は、病院によって異なりますが、月1万円~2.5万円の間が相場で、病院によっては支給がないところもあります。

このため、手術室の求人を見る際は、あらかじめ危険手当の金額も比較しておくと良いでしょう。

2-3.夜勤手当|1回あたり約4千円~1.1万円

手術室看護師の三つ目の手当ては、夜勤手当です。

以下は、看護師の1回あたりの夜勤手当の金額です。

勤務形態平均手当額
三交代制:準夜勤4,141 円
三交代制:深夜勤5,033 円
二交代制:夜勤11,026 円

出典:病院看護実態調査

また、手術室看護師はより一層の集中力を必要とすることから、病院によっては、夜勤手当の金額が一般病棟よりも高めに設定されていることもあります

しかし、手術室看護師の夜勤は、月2回など一般病棟よりも少ないケースも多いため、夜勤の回数にこだわりたい方は、事前に確認すると良いでしょう。

注意!入職後はすぐに夜勤で働けない病院は多い

手術室看護師の場合、仕事内容が一般病棟の看護師と違う点が多いため、新卒で入社したばかりの看護師や、他の病棟や診療科から異動した看護師の場合、すぐに夜勤シフトに入れないことがあります。

このため、手術室未経験の場合、入職直後の年収や給与は下がるでしょう。

特に夜中の手術は、当初からスケジューリングされていた手術よりも、緊急手術や長時間手術の延長など、精神的に負荷がかかるものも多いです。

このため、手術の経験値を積んだ状態で、夜勤開始となる病院がほとんどであると言えます。

2-4.オンコール手当|1回あたり2千円~7千円

病院によっては、夜勤ではなくオンコール制度を取り入れているところもあります。

オンコール制度の場合、自宅で待機をしている場合のオンコール手当に加え、手術室に出勤した場合に別途手当が支給されるのです。

オンコール手当は1回あたり2千円~7千円が相場で、月1、2回から週に1、2回までとその回数は医療機関によって大きく異なります。

もし呼び出された場合、すぐ病院に駆けつける必要があるため、週末や夜間のオンコール頻度はワークライフバランスを考えるうえでも重要と言えるでしょう。

3.手術室看護師の給料や業務内容は職場によって大きく異なる

これまでにもお話してきたとおり、手術室看護師の給料や業務体制は、職場によって大きく異なるため、入職前に実態を把握しておくことは大切です。

このため、以下のポイントを確認しておくことと良いでしょう。

順番にご紹介します。

3-1.手当の名称や金額、組み合わせは病院や医療機関によって異なる

手術室看護師の手当は非常に分かりにくく、同じ名称でも病院によってその内容が異なるものもあります。

例えば、手術室勤務手当に危険手当が含まれている場合や、そもそも手術室勤務手当を危険手当と呼んでいるなど、その運用と支給額は医療機関によって違いがあるのです。

また、どの手当がいくら支給されるかは病院によって開きが大きく、その額によって給料に大きな差が出るでしょう。

このため、給料にこだわりたい方は、支給条件を含めて入職前に確認しておくことがおすすめです。

3-2.病院によっては外来などの他部署と兼務の場合がある

手術室看護師は、病院の規模によっては、外来など他の看護師職種と兼務をしている場合があります。

これは、中小の医療機関では手術の予定がない日もあり、外来や緊急処置室などの他部署と兼務となっている場合があるためです。

このため、希望する医療機関がどのような体制になっているか、ご自身が希望する働き方と照らし合わせて把握しておきましょう。

3-3.経験する手術の種類や件数によってキャリアプランが変わる

手術室看護師として働く場合、手術の種類と件数を事前に確認しておくことがおすすめです。

これは、勤務する病院の年間手術件数や、手術の症例数によって、専門的な知識や技術が身に付くスピードや、その内容が変わってくるためです。

また、手術の種類(脳神経・整形・消化器・産婦人科など)によって、手順、器械は大きく異なります。

大規模総合病院や大学病院では、外科系手術全てに携わりますが、何か極めたい診療科がある場合、専門の医療機関の手術室に勤務する方が、多くの症例数を経験できるため効果的でしょう。

3-4.専属の麻酔科医の有無によって業務と精神的負担が異なる

手術室看護師として働く前に、希望する医療機関に専属の麻酔科医がいるのかどうかを確認しましょう。

専属の麻酔科医がいる病院や医療機関では、手術室看護師としての業務が一つ減るため、自分の持ち場に集中しやすくなるでしょう。

しかし、昨今はフリーランスとして麻酔科医が増加傾向にあることや、医療機関によっては人件費の問題で、手術決定時に非常勤の麻酔科医に依頼をすることが多くあります。

専属の麻酔科医の有無によって、看護師の手術中の業務と精神的な負担が増加するため、事前に認識しておくことがおすすめです。

4. 手術室看護師が給料・年収をアップさせる方法

手術室看護師が給料・年収をアップさせる具体的な方法は、以下の4点です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

4-1.夜勤の回数・シフトを増やす

最も実行しやすいのは、「夜勤の回数・シフトを増やす」という方法です。

就業先の規定により様々ですが、看護師の夜勤手当は1回勤務あたり、4,000円から1万円程です。

また深夜の勤務は深夜割増賃金として、日中の給与金額の1.25倍が支払われます。

働き方を変えることで手当を増やせるなら、今の職場でも給料アップが見込めるでしょう。

注意点:負担の増加に注意

夜勤の回数を増やそうとしても、希望通りのシフトを実現できるとは限りません。

また、夜勤が増えることで身体的な負担が大きくなってしまうことに注意しましょう。

4-2.資格を取得する

資格を取得することで、資格手当がつく場合があります。

以下の資格は様々な職場で評価の対象となるため、取得を検討してみると良いでしょう。

  • 専門看護師
  • 認定看護師
  • 認定看護管理者

資格手当として約1万円以上の手当がつく場合があり、かつ転職活動でも有利となるため、これらの資格を取得しておいて損はありません。

注意点:資格取得までに時間と労力がかかる

就業先の規定によっては、資格手当がつかない場合もあります。

また、資格取得にはある程度の期間を要するため、いますぐ給料をアップさせることはできません。

たとえば、認定看護師では半年、専門看護師では2年間程の期間がかかるとされています。

日々の業務と勉強を両立させなければならないため、根気と体力が必要です。

4-3.管理職を目指す

給料を上げるためには、管理職・役職を目指すというのも一つの方法です。

勤続年数を重ね、指導・管理を行う立場になれば、課される責任と比例して、基本給も高くなります。

注意点:長い目で見る必要がある

看護師も他の職種と同様、経験が評価される仕事であるため、年功序列で昇進するのが一般的です。

したがって、管理職を目指すのは、非常に長い期間が必要となります。

また、管理職になるとカンファレンスや部下の指導を行うなど、業務内容が多岐にわたり、かつハードになっていくことが予想されます。

准看護師の方は、看護師にキャリアアップすることで給料は高くなる

現在准看護師として働いている方は、正看護師にキャリアアップすると、今以上の給料を見込めます。

今後も看護の仕事を継続する意向がある方は、看護師資格の取得も視野に入れておくと良いでしょう。

准看護師から看護師を目指す方法については、『看護師になるには?社会人として働きながら看護師を目指す基礎知識』にて詳しく解説しているので、参考にしてください。

補足:看護師と准看護師の違い

看護師は国家資格であるのに対し、准看護師は都道府県知事の認可による資格です。業務内容に大きな違いはありませんが、「業務には医師や看護師からの指示が必須」となっています。

4-4.給料・年収・手当が高い就業先に転職する

最も早く、確実に給料を上げる方法は「給料・年収・手当が高い傾向にある就業先に転職する」ことです。

看護師も就業先によって給料の額は大きく異なり、職場を変えるだけで年収が数十万円アップすることも珍しくありません。

一般的に、給料の高い傾向にある就業先の特徴は、以下の通りです。

それぞれを簡潔に紹介します。

(1)職場の規模が大きい

大学病院や総合病院など、規模の大きい医療施設は、給料が高く設定されているのが一般的です。

病院の規模が大きくなるほど、資格取得手当や教育制度、子育て支援など、様々な制度が確立されていることが多いというのが、背景として挙げられます。

(2)高い技術が求められる

高度な医療を実施する施設では、最先端の医療を行う高い技術レベルが求められるため、看護師の給料も高くなります。

具体的には、以下のような就業先が挙げられます。

  • 救急救命病棟(ER)のある病院
  • 化学療法を行う病院
  • 先進医療を実施している医療機関

(3)自由診療の病院・クリニック

以下のような自由診療を行う病院・クリニックは、診療にかかる費用を設定できるため、高い収益性を見込めます。

  • 美容整形外科
  • 美容皮膚科

自由診療を行う病院・クリニックは、業績によって多額のボーナスが支払われることもあります。

さらにこれらの医療施設は、基本的に朝から夕方までしか開院していないため、看護師は「日勤のみ」の勤務が可能です。

一般的な企業と同様のサイクルで生活しつつ高収入を得られる働き方であると言えるでしょう。

さて、ここまでは看護師の給料を上げる具体的な方法について解説しました。

最も早く給料を上げたい場合、職場を変えるという方法が確実であると言えます。

まずは転職エージェントに相談してみるのもおすすめ

転職を検討している方は、『看護roo!』や『看護のお仕事』などの、看護師転職サイトに相談してみるのもおすすめです。

また、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』では、当サイトが独自に取得したアンケートから、利用者満足度の高い転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

さいごに

手術室看護師の給料事情を紹介しました。

現時点で給料が30~34万円、年収で約482万円を超えているなら、手術室看護師として高収入と考えて問題ないでしょう。

しかし、年収482万円を下回っている場合、周囲にやや遅れをとっていると言えます。

給料を増やしたいと感じているのであれば、夜勤を増やしたり、転職をしたりするなど何かしらの行動に踏み切ってみると良いでしょう。

もしも転職を検討しているのであれば、『看護roo!』や『看護のお仕事』などの看護師転職サイトにまずは相談することがおすすめです。

あなたの暮らしが、より良いものになるよう願っています。