人間関係にお悩みの薬剤師必見!原因から解決策まで徹底解説

薬剤師 人間関係

「薬剤師の人間関係に悩んでいる」
「同僚との関係がストレスで仕事に行きたくない…」
と悩んでいませんか。

女性が比較的多い薬剤師の職場では、独特な人間関係による悩みが絶えないと思います。

事実、薬剤師の転職理由として最も多いのが「職場の人間関係に問題があった」ことでした。

年収や勤務時間に不満はなくても、人間関係が悪くて働きづらい、仕事を辞めたいと悩んでいる人は多いようです。

この記事では、薬剤師専門の転職コンサルタントである私が、薬剤師71人のアンケートをもとに人間関係に悩んでいる原因や解決策について説明していきます。

  1. 薬剤師71人に聞いた人間関係や職場における悩みを紹介
  2. 薬剤師の人間関係が悪化しやすい理由
  3. 人間関係を少しでも良好にするための5つのテクニック
  4. 人間関係に悩みを抱えていても退職しない方がいいパターン
  5. 人間関係の悩みが尽きないなら、転職を検討してみるのも一つの手段
  6. 薬剤師におすすめの転職サイト

皆さんのお悩み解消のために、少しでも助けになれば幸いです。

薬剤師500名が選んだ人気の転職サイト

編集部が実施した薬剤師500名へのアンケート調査に基づくサポート力や求人の数・質への満足度が高い転職サイトベスト3は、下記の3つ。

キャリア・転職に悩んでいたり、今の仕事・職場から離れようかなと考えていたりするすべての薬剤師におすすめの相談先です。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
薬キャリ ロゴ1位:薬キャリ (薬キャリエージェント)

4.3点

約4.0万件
  • 利用者満足度No. 1(編集部調べ)
  • 丁寧・親身なサポートが大好評
  • 病院・企業との強固なコネクション
ファルマスタッフ2位:ファルマスタッフ

4.1点

約4.5万件
  • 圧倒的公開求人数を誇る大手サイト
  • 20-30代薬剤師のキャリアアップ転職におすすめ
  • 正社員だけでなくパート・派遣求人も豊富
マイナビ薬剤師3位:マイナビ薬剤師

4.0点

約4.5万件
  • 全国に拠点があり地方にも強い
  • ドラッグストア・企業の求人は特に豊富
  • 求人検索システムが超使いやすいのも魅力

〔求人数〕2023年1月5日時点

 

1. 薬剤師71人に聞いた人間関係や職場における悩みを紹介

薬剤師71人に職場でのお悩みや、辞めたいと思った経験について聞いてみたところ、人間関係について悩みを抱えている人が非常に多いことが分かりました。

この章では、人間関係に関する様々な悩みを、体験談をもとに紹介していきます。

1-1.いじめ・パワハラを受けている

職場内でいじめがあることや、上司からパワハラを受けることに悩んでいる方がいました。

口コミ・評判

(25-29歳 ドラッグストア勤務)
真面目に仕事をしてても上司にパワハラを受け、同僚に助けを求めても見て見ぬふりをされ続けたことで身も心も疲れ切ってしまった。

真面目に仕事をしているのに、上司からパワハラを受けると、やる気を失ったり、ストレスが溜まっていつか耐えきれなくなってしまうことも考えられます。

また、そんな時に同期が助けてくれないと自分一人で問題を抱え込むことになるので、よりストレスが溜まりやすくなってしまいます。

1-2.労働環境が悪く、同僚が次々に辞めていく

残業の多さや激務から、同僚が次々と辞めていくような労働環境に悩みを抱えている方もいました。

口コミ・評判

(25-29歳 調剤薬局勤務)
残業が多く、非常に忙しくて、体調を崩して次々辞めていく同僚を見て、自分も体調を崩す前に辞めたいと思った。

同僚が次々と辞めていくと人手不足も進行し、ますます残業時間が伸びたり、休憩が取れなくなったりします。

このような過酷な労働環境で働き続けると、身体だけでなく精神にも悪影響を及ぼします。

仕事へのやりがいを感じられず、「このまま続けられるのだろうか」と感じてしまうのも無理はありません。

1-3.上司に不満がある

上司への不満も様々なものがありました。

上司が自分の意見を聞き入れてくれないことに不満を持ち、転職を決意した方がいました。

口コミ・評判

(25-29歳 調剤薬局勤務)
慢性的な人手不足であり残業時間などの負担がかかってる上に上司に業務内容、人員改善の提案をするも意見をまともに聞いてもらえず現状のままでした。

ある程度、経験がついてくるとより働きやすい職場環境づくりなど自分の意見を持つようになりますよね。

そうしたときに、上司が絶対的な力を持ち職場がなかなか変わらないと不満を持ちやすいです。

他にも、上司とコミュニケーションが上手く取れないと悩んだ方がいました。

口コミ・評判

(35-39歳)病院勤務
管理薬剤師が愛想がなくあいさつもろくにできない人でした。コミュニケーションを取るのさえも難しいため全体的な職場の雰囲気が悪く転職を考えました。

職場をまとめたり、自分に指示を出す上司との関係が悪いとコニュニケーションを上手くとれず、働きずらくなってしまいますよね。

上司が上の顔色ばかり伺う人であったり、上司の人望がないと職場全体の雰囲気も悪くなり、より居心地の悪い空間になってしまうことも考えられます。

1-4. 職場内で会話がない

職場の人間関係が悪いため、職場内で会話がないことに不満を持っている方がいらっしゃいました。

口コミ・評判

(30-34歳 ドラッグストア勤務)
職場の人間関係に疲れ切っていた。ほぼお客様を含め会話がなく職場の雰囲気も非常に悪かった。

薬剤師同士やお客さんとの積極的なコミュニケーションが求められる薬剤師の職場で、人間関係の悪さから会話がなくなってしまうと不便ですよね。

コミュニケーション不足により、ミスをしてしまったり仕事が効率よく進まなくなってしまうことも考えられます。

1-5.同僚のやる気がなく仕事量が増える

自分と同僚の仕事への熱量の違いや、同僚のミスを自分がカバーしなければならないことに不満を持つ方も多かったです。

口コミ・評判

(40-44歳 調剤薬局勤務)
社員をしていると、同僚薬剤師の尻を拭くことばかりで、出来高も無く勤める意義を見失った。会社も向上心や学習意欲が無い職員ばかりでとにかく疲れに行っているのと同じだった。

同じ給料や役職の同僚が仕事をサボったりミスが多く、自分の仕事量が増えていくと、精神的にも疲れてしまいますよね。

また、そういった同僚ばかりの職場では「なぜ自分だけ真面目に働いているのか」と働く意義も見失いやすいです。

2. 薬剤師の人間関係が悪化しやすい理由

1章で紹介した通り、多くの薬剤師の悩みは人間関係に関するものであることが分かりました。

人間関係が悪化しやすい原因は多く考えられますが、主に以下の4つが挙げられます。

順番にご説明します。

2-1.職場が閉鎖的

調剤薬局勤務では、限られた人とのみ関わりを持つため、人間関係に不満を持ちやすくなります。

病院勤務や企業勤務では、研究発表や取引先との打ち合わせなどで外部の人と関わる機会もありますが、薬局勤務は基本的に、薬局を訪れる人としか関わりのない閉鎖的な空間です。

特定の人と長い時間一緒の過ごすため、相手の些細な欠点に気が付きやすく不満が溜まりやすいです。

また、同僚に合わない人がいる場合も、同じ空間で一日中過ごさなくてはならず、ストレスが溜まってしまいます。

2-2.女性同士特有のトラブルが起きやすい

女性が6割を占めている薬剤師の職場では、女性特有のトラブルが起きやすいです。

トラブルが起きた際も、周りの目を気にして味方になってくれないこともあります。

口コミ・評判

ドラッグストア勤務 女性
日々上司に罵倒され、大勢の見ている前で人格否定のようなことも言われ続けました。私の意見は聞いてもらえず同僚に助けをもとめても「力になるよ」という言葉だけで何もしてもらえず、ずっと一人で耐えるしかありませんでした。毎朝気持ち悪くなったり腹痛を起こしたりと心身ともに削られていってました。

他にも、裏では陰口を言われている、女性特有のマウンティングがあることに悩んでいる方もいました。

2-3. 多忙で心に余裕が生まれない

患者が1日中来る薬局や、調薬以外の仕事も任されるドラッグストアは、非常に多忙で余裕が生まれにくいです。

長時間労働で休憩が取れ難かったり、残業が多いと身体も休まらず、精神面にも負担がかかっていきます。

事実、業務量が適切であると思っておらず、残業が多い病院薬剤師はワークライフバランスに満足していないことが分かっています。(参考:薬剤師のワーク・ライフ・バランスに関するアンケート調査

また、常に素早く患者さんに薬を処方しなければならない緊張感から、他の人の些細なことにも気になってしまったり、イライラしてしまうことがあります。

2-4. 病院勤務の場合は医師や看護師との連携が必要

病院勤務の薬剤師は、医師や看護師との連携が必要なため、人間関係に悩みを抱えやすいです。

また、医師や看護師から求められることが多すぎて、負担に感じてしまうこともあります。

ある調査で、医師へ「薬剤師に何を望むのか?」質問したところ、非常に多くのことを要求していることが分かりました。

医師が薬剤師に望むこと

  • スキルや能力の向上
  • 個人に合わせた服薬指導
  • 病態を把握した服薬指導や情報提供
  • 主治医の意向を尊重すること
  • 薬剤に関して強い発言力をもつための努力や勉強

スキルの向上以外にも、患者に合わせた服薬指導や、主治医の意向を尊重することなど、非常に多くの期待に応えなければなりません。

さらに、最先端医療を扱う病院勤務では、最新の医療情報の習得がが求められており、勤務時間外も最新医療の勉強をするなど、負担が大きいです。

薬剤師だけでなく、医師や看護師にも気を遣うため精神的に疲れやすい環境といえます。

3. 人間関係を少しでも良好にするための5つのテクニック

ここまで薬剤師の人間関係に関する悩みや、薬剤師の人間関係が悪化しやすい理由を紹介していきました。

しかし、人間関係に悩みを抱えながら仕事を続けるのは難しいです。

少しでも快適に仕事が進められるように、人間関係を少しでも良好にする方法を紹介していきます。

3-1. 人間関係を円満にする5つの心理学テクニック

人間関係が上手くいかない原因はコミュニケーション不足であることが多いです。

自らの行動や工夫で、人間関係の悩みを緩和させられることもあります。

例えば、苦手な相手とも良好な関係を築く方法は心理学で確立されています。

明日からすぐに実践できる5つの工夫を以下にまとめます。

看護師の人間関係を円満にする5つの心理学テクニック

  • 相手とできるだけ長い時間一緒に過ごす

心理学用語では単純接触効果と言い、人は自分に馴染みのある人を好む傾向にあります。
そのため、できるだけ長い時間相手と過ごすことで親しい人だと思ってもらいやすくなります。

  • 相手を影で褒める

心理学用語では自発的形質転移と呼ばれている手法で、人は他の人が褒められていても、自分が褒められている時と同じく、脳内ではドーパミンという脳内物質が分泌され、快いと感じます。

  • 常に元気でポジティブな発言をする

心理学用語では情動感染と言い、人は周りの人の声・表情・動きなどに反応し、それに伴い情動も感染することがわかっています。
そのため、あなたが元気に振舞えば、相手も同じように振舞ってくれるようになる確率が高くなります。

  • 相手の感情に共感する

心理学用語では類似性の法則といい、人は共通点を持つ相手に親近感を覚えます。
よく耳にする、相手と共通の敵をつくると仲良くなれるという例は、類似性の法則を応用したものです。

  • 相手のことを好きなフリをする

心理学用語では認知的不協和といい、相手があなたから嫌われていると感じている際にとても効果を発揮します。
人は、嫌われていたはずの相手から好意を受けると、「自分のことを嫌いだったはずなのになぜ?」という疑問が浮かび、そのモヤモヤを解消するために、最初から自分は嫌われていなかったと思い込みます。
その際に、相手からの印象も自然と上がるため、関係が上手くいくようになります。

3-2.価値観の違いを受け入れる

同僚や上司に不満がある人は、相手が自分とは違う価値観を持つことを受け入れると、人間関係を改善しやすいです。

例えば、仕事を真剣に取り組まない同僚がいる場合は私生活を犠牲にしてまで残業をしない、私生活を最優先していることを受け入れ、それ以上気にしすぎないようにしましょう。

「自分とは違う考えの人もいる」と相手を気にしすぎないようにすることで、相手に不満を抱えにくくなるので、人間関係も悪化しにくいです。

3-3. 業務をしっかり行い、周囲との信頼関係を築く

業務を真面目にこなす姿を見せて、職場での信頼関係を築けるようになると、周囲から頼られる人材になることができます。

挨拶やお礼を欠かさない、遅刻は絶対にしない、など社会人として当たり前のことがしっかりとできていれば信頼を得られるでしょう。

同僚や上司に不満がある場合は、まずは自分が文句を言われないように、業務に真面目に取り組みましょう。

あなたの努力する姿をみた、同僚と良好な関係が築けたり、周りに一目置かれて頼られる存在になることができます。

3-4. 常に中立の立場を取る

職場に派閥がある場合は、どちらか一方の味方をするのではなく、常に中立の立場を取りましょう。

深く考えずに、言われたままに一方の派閥の味方をしてしまうと、もう一方に僻まれやすく、板挟みになってしまうことも考えられます。

中立な立場でいたいと思ったら、まずは「人の話をじっくり聞く」ことから始めるのがおすすめです。

どちらの意見も聞いた上で、一方の味方につくのではなく、何を言われても中立の立場を取り、派閥争いに関わらないようにしましょう。

3-5. 外部の相談窓口を利用する

同僚や知り合いに悩みを相談できない方は、外部の相談窓口を利用してみましょう。

労働者向けの相談窓口を設置している施設では、労働環境からハラスメントの悩みまで聞いてもらえます。

施設に窓口が設置されていない場合は、厚生労働省の相談機関を利用する方法もあります。

→労働基準法などに関して無料で電話相談できる

→労働者等からのメンタルヘルスや過重労働による健康障害に関する相談を受け付けている

まずは一人で悩まず、就業施設やお住まいの地域の窓口に相談してみましょう。

4. 人間関係に悩みを抱えていても退職しない方がいいパターン

薬剤師の退職理由の1位は人間関係の悩みであり、今の職場の退職を検討している方も多いでしょう。

しかし、条件によっては、退職しても問題が解決しなかったり悪化してしまうことがあります。

こちらでは、人間関係に悩みを抱えていても退職しないほうがいい条件とその理由について紹介していきます。

4-1. 薬剤師になって3年未満

薬剤師になって3年未満の新人薬剤師は、退職しないほうがいいと言えるでしょう。

薬剤師の世界においても「とりあえず3年」と考える職場は多く、「就職してもまたすぐに辞めそう」と考え採用を見送る職場も多いからです。

また、新人薬剤師が抱える悩みによっては、経験がつき余裕が持てるようになったことで解決したという方も多いので、3年間は今の職場で頑張ってみることをおすすめします。

特に先輩や同期の悪口に悩んでいる方は、開き直ってスルーしてみてください。

「新人みんなに言っているものだ」と割り切って、あなたのプラスになることだけを吸収しましょう。

関連記事≫
薬剤師1年目の転職は失敗しやすい?転職を成功に導く全知識

4-2. 入職したばかりで誰とも信頼関係が築けていない

現在働いている職場に就職したばかりで、なかなか職場に馴染めないことに悩んでいる方は、退職はおすすめできません。

ある程度時間が経てば、職場に馴染めるようになることが多いからです。

今、退職してしまってもまた新しい職場で一から関係を築かなければならず、同じ悩みを抱えてしまうことが考えられます。

笑顔で挨拶をする、名前と顔を覚えて相手を名前で呼ぶ、分からないことは積極的に聞くなど、コミュニケーションを大切にして、自分から信頼関係を築く努力をしましょう。

4-3. 転職をしても人間関係に悩んだ経験がある

人間関係の悩みから転職経験があり、今の職場でもその問題が解決できていない人も、退職しないほうがいいといえます。

転職をしても、人間関係に悩んでいるということは転職が解決策となっていないと言えるからです。

このような方は、人の言動を気にしやすかったり、相手の細かいところが気になってしまう方が多く、職場を変えてもまた同じ悩みを抱えやすいです。

転職をするのではなく、コミュニケーションを増やしてみる、人間関係は諦めて仕事外で楽しみを作る、など他の方法で悩みを緩和させましょう。

5. 人間関係の悩みが尽きないなら、転職を検討してみるのも一つの手段

ここまで、人間関係を改善する方法や、転職をしない方がいい事例を紹介しましたが、どうしても今の職場では悩みが解消されない場合は、思い切って転職してみると解決するかもしれません。

職場の人間関係は転職サイトで事前にチェック

転職サイトを使って、転職先の人間関係が良好であることを確認してから転職をしましょう。

転職サイトの担当者は、求人情報からは分からない人間関係や職場の内情を知っていることが多いです。

また、多くの薬剤師の転職をサポートした経験から、転職先について客観的な評価ができます。

薬剤師の転職活動では、職場見学などがあまり行われないため、担当者に話を聞いてみることは、職場の情報を知る有効的な手段といえるでしょう。

おすすめの転職サイトについては、次章で詳しく紹介します。

6. 薬剤師におすすめの転職サイト

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い薬剤師向け転職サイト」をピックアップしました。
転職サイト選定基準
  1. 求人の数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる
利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。
転職サイト求人数|総合満足度
1位. 薬キャリ30,983件|◎4.3 薬剤師さんからの利用満足度No1の転職サイト。求人の質の高さや、丁寧なキャリアヒアリングが高評価
2位. ファルマスタッフ42,332件|○3.9 調剤薬局の求人数・量ともに業界トップクラスの転職サイト。20年以上に渡る転職支援実績があり、サポート力も高い
3位. マイナビ薬剤師54,673件|○3.8 マイナビグループのネットワークを活かした圧倒的な求人数が魅力の転職サイト。地方在住の方もおすすめ
※この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『薬剤師500人が選ぶ転職サイトおすすめ比較!口コミ評判&求人数ランキング』を参考にしてください。

1位.薬キャリ | 総合満足度No1、実績豊富で利用者満足度95%

薬キャリ 『薬キャリ』は、総合満足度No1の薬剤師転職サイトです。

運営会社のエムスリーキャリアは、15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていることもあり、サポート力や薬剤師転職ノウハウには信頼があります。

また、病院や医療施設などに強いコネクションを築いており、人気の高い転職先である調剤薬局や病院の求人数は業界1位、調剤薬局では業界3位と、他サービスを圧倒する求人数・質を誇ります。

業種・年齢・地域問わず、転職を考えるすべての薬剤師におすすめです。

公式サイト: https://agent.m3career.com/
当サイトでは薬キャリのコンサルタントにインタビューを行いました!
薬キャリの強みコロナ禍における薬剤師の転職事情をお話いただいたので、転職を検討している方はぜひご覧ください。
こちらをタップ ▼
薬剤師の人生を照らす転職を――薬剤師満足度No1『薬キャリ』のコンサルタントによる「求職者ファースト」の転職支援とは

2位.ファルマスタッフ | 調剤薬局と派遣の求人が豊富

ファルマスタッフ』は、大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

特に調剤薬局の求人は、数・量ともに業界トップクラスです。薬局への転職を検討している方は、登録必須の転職サイトと言えるでしょう。正社員求人だけでなく、派遣求人も多く扱っています。

20年以上にわたる転職支援実績があり、蓄積されたノウハウを得られる点も大きな魅力です。

薬剤師転職では、どういった点をアピールすればよいのか、調剤薬局への転職を成功させるにはどのように準備しておけば良いのか、など具体的な方法を知ることができるでしょう。

公式サイト: https://www.38-8931.com/

3位.マイナビ薬剤師 | 親身なサポート体制に高評価

マイナビ薬剤師 『マイナビ薬剤師』は、転職業界大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅しており、54,673件の求人を掲載しています

また、転職サポート力に定評があり、応募者との「面談」に力を入れているという点も特徴的です。

親身にアドバイスをしてくれるため、はじめての方でも安心して転職活動を進められるでしょう。

全国の主要都市に支店を持っており、地方在住の薬剤師の方にもおすすめです。

公式サイト: https://pharma.mynavi.jp/

7. まとめ

今回は、薬剤師271人に聞いた人間関係に関する悩みを紹介し、解決策や人間関係の良い職場の見極め方について紹介していきました。

薬剤師は人間関係が悪化しやすいですが、コミュニケーションを増やす、価値観の違いを受け入れるなどの工夫をすることで解決できる場合もあることが分かりました。

記事で紹介して解決策をぜひ試してみてください。

あなたの未来がより明るくなることを祈っています。