会社を転職して大丈夫?後悔しない人生のために知っておくべき全知識

「今の会社を辞めて他社に転職しようかな」「転職ってどうなんだろう」など、会社を転職しようかとお考えではないですか?

思い悩んだ今、何か行動を起こさないと、5年後、10年後に後悔する可能性が高いので、この機会にしっかりキャリアについて考えていきましょう。

このページでは元々転職業界で働いていた筆者が、転職について少しでも考えている方に向けて、後悔しないためのポイントを下記の流れで解説していきます。

  1. 今の会社を辞めて転職しても大丈夫?
  2. なぜ転職したいのか、理由を考えてみよう
  3. 頼れる相談相手を作って相談しよう
  4. 頼れる相談相手になる転職エージェント4選
  5. 転職に関してよくあるQ&A

全て読めば、転職すべきかの正しい判断ができ、将来後悔する可能性が減ります。

<2019年9月:最新情報>

9月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。

なぜなら、下期の経営計画を支えるために、中途採用の求人数が増えるからです。

ただ、その分ライバルも増えるので、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビ』『doda』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡にしっかりと対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1. 今の会社を辞めて転職しても大丈夫?

今の会社を辞めて転職しようかな..と考える人は、引き返せる範囲で、なんとなくでも行動することがおすすめです。

そう思う理由を元転職業界にいた経験を元に解説していきます。

1-1. 勇気を出して転職して「よかった」と思える人は意外に多い

下記のエン転職のアンケートでは転職した人の8割が、「転職してよかった」と答えています。

引用:enミドルの転職

このことから、転職はあなたの人生にプラスになる可能性は高いことがわかります。

実際、私が過去に話を聞いた方の中にも、転職が人生を変えた、悩みを解決できたという声がたくさんありました。

口コミ・評判

T・I さん(36歳・IT)
法人営業の仕事をしていましたが、会社が不安定で、給料も満足できない状態だったので、将来が何となく不安になり、転職エージェントに相談しました。
私のやってきたことを伝えると、「いい求人がある」と業界でも大手の企業を紹介してくれました。
そこまで営業力に自信があるわけではありませんでしたが、私の経験と先方の求める人材がたまたまマッチしたようで、知名度も安定性も抜群の企業に年収アップで転職できました。
大きい企業なので、安心して働けますし、待遇面でも申し分ないです。

「なんとなく」で転職活動を始め、人生を豊かにする転職をしている人がたくさんいます。

1-2. 今考えなければ一生後悔する

逆に、今動かないことが、あなたの人生にマイナスに働く可能性もあります。

あなたの年齢やスキルにもよりますが、職種を変えたい、未経験の領域にチャレンジしたいとなった場合、1年経つごとにチャンスは減ります。

特に20代の方は今のチャンスを逃すと、下記のように30代になってからもモヤモヤした気持ちで働くことになるかもしれません。

口コミ・評判

H・Yさん(30歳・通信)
新卒から営業職ですが、マーケティングの仕事がしたいと思っていました。
転職をしたいと思ったこともありますが、うちの会社でもマーケティングをするチャンスがあるし「まあいいや」と考えて30歳になりました
しかし、うちの会社はマーケティング職の人員が少なく、文系社員のほとんどが営業か総務系なので、なかなかチャンスがなくこの歳になってしまいました。
確実にマーケをやるなら、若いうちにそのポジションの求人に転職しとくべきでした。
今転職すると、給料が下がるので、そんな話家族にもできず、我慢して働いています。

希望の人生に向けて、できる限り動いておけば、将来「ああしとけばよかった」と後悔するリスクは減ります。

また、たまたまあなたにぴったりの会社が今、人を探しているという可能性もあり、今動かないことは、そのチャンスを逃していることになります。

「転職活動」にはリスクはほぼない

基本的に、転職活動は今の会社にバレないので、内定をもらってから退職を職場に伝えればリスクはほぼありません。

とりあえず転職を少しでも始め、よりいい会社と出会えた時だけ真剣に考えればいいのです。

※同僚には言わない、仕事はいつも通りやるなど、転職活動がバレないように注意はしましょう。

1-3. 逆に今の会社でもっとスッキリ働けるかも

いざ、転職活動を始めて他の会社を見た上で、「残る」という選択をする方もたくさんいます。そういった方に共通するのが、「モヤモヤがなくなった」ということです。

一人の女性を例にさせていただきます。

口コミ・評判

A・K さん(29歳・メーカー)
営業職でしたが、結婚と出産を意識して家庭と両立させるために転職活動をしたことがあります。
転職エージェントに相談しながら、女性が働きやすそうな職種・業種を見てみましたが、色々な企業の制度などを見るとうちの会社がすごく恵まれているなと考えるようになりました。
そこで、会社の中で、残業の少ない事務職に異動届を出し、バックヤードで支援の仕事をすることにしました。
正直、今までは会社への悪い面ばかり見ていましたが、一回転職活動をして外から会社を見たことで、「いい会社にいる」という自覚を持つようになり前よりも今の会社が好きになりました。

この女性は、転職に一歩踏み出し、求人を見たり、選考を受ける中で、今の会社の良さに気づけたようです。

他にも口コミでは以下のように、転職しなかったけど一歩動いてよかったという声がたくさんありました。

  • 人間関係で悩んでいたけど、たくさんの求人を見て「いつでも辞めれるな」と考えるようになり小さいことで悩まなくなりました。(27歳/IT)
  • 昔から、やりたかった職種にチャレンジしてみて、撃沈。でもこれで今の仕事を精一杯できそうです。(33歳/不動産)
  • 自己分析をじっくりしたら私のやりたいことは今の会社でできると気づけました。(30歳/メーカー)

このように、転職活動を一回経験すると、今の会社でより気持ちよく働ける可能性があります。

1-4. 何かしらのアクションを起こそう

ここまでで言いたかったのは、転職について悩み始めたこの今のタイミングで、どんな形でもなるべく早く一歩目を踏み出そうということです。

多くの方が転職のような面倒なことを後回しにしがちですが、少しでも悩んだ今動かないと「今のままでいいや」という感覚が芽生えこのままズルズルいく可能性が高いです。

ここを逃すと5年後・10年後に同じことで悩んだ時に後悔します。

このページでは、転職に向けていいスタートを踏み出せる下記の2つのアクションを紹介します。

どちらも会社にバレずに、あなたの人生にプラスになる可能性が高いので、気軽に試してみましょう

2. なぜ転職したいのか、理由を考えてみよう

まずは気軽に、なぜ転職したいのか理由を考えるところから初めてみましょう。

2-1. 転職したい理由を考えるメリット

転職したい理由をきちんと考えることは下記の3つのメリットがあります。

  • 会社選びの失敗を今後の人生で活かせる
  • 辞めなくても済む問題で悩んでいるかもしれない
  • 辞めたい理由を整理することでスッキリできる可能性がある

ではそれぞれの側面から解説していきます。

メリット1. 今後の人生に活かせる

今の職場にも少なからず、夢や希望を持って入社したはずです。そんな会社でも、今あなたは辞めたいと考えています。

仮に、今の会社を辞めて次の会社に入社した時も、同じような悩みで辞めたくなってしまう恐れがあります。

それを防ぐために、今の会社のどんな所が嫌で、どんな環境であれば自分は頑張れるのかを考えましょう。

さらに、今の会社に入社した経緯を思い出し、その時の自分の判断に何か間違いがなかったかを分析することで、次のステップではより良い選択ができるでしょう。

メリット2. 辞めない方法を探せる

あなたがなぜ辞めたいかを考えた結果、それが「部署」や「職務内容」起因の問題であった場合、会社を辞めずに異動をすることで解決できる可能性があります。

もし、今の会社で解決できるのであれば、今の会社に残ることをおすすめします。

理由は以下の3点です。

  • せっかく築いてきた社内での地位や人脈がもったいないから
  • 本当に転職が必要な時に、転職回数は少ない方が選考に有利だから
  • 長く働いた方が、昇進や退職金の面で有利だから

例えば、部署を変えれば解決できるのなら、部署の異動を申し出ましょう。

しかしその際、「辞めたい」というニュアンスの言葉は絶対に使ってはいけません

異動交渉で「辞めたい」と言ってはいけない理由

  • 希望の部署に行けても腫れもの扱いを受ける恐れがあるから
  • 本当に転職が必要な時に切り出しにくくなるから

以上のことから理由は前向きなものにしましょう。例えば、以下のようなものです。

自分のキャリアを考えた時に10年後は◯◯な仕事をしていたいです。そのために、今のタイミングで◯◯の部署で経験を積みたいです。

それでも異動させてもらえないないようであれば、転職を考えることをオススメします。

理由3. 理由を分析することでスッキリできる

一度冷静に整理をすることで「持っている悩みは辞めるに値しない問題だ」という結論を出せる可能性もあります。

そうすることで、先ほどの口コミの方のように、気持ちよく会社に残って働けるようになります。

2-2. ノートなどに不満を書き出してみよう

頭で考えるだけではきちんと整理できないと思うので、ノートなどに不満を書き出すことをおすすめします。

その際は、下記のように悩み、それは今の会社で解決できないか?などをまとめられると好ましいです。

こうやって、辞めたい理由と、どうすれば解決できるのか、転職がベストな方法なのかを考えてみましょう。

2-3. 会社で解決できなそう、判断ができない方は誰かに相談を

会社で解決するのが難しそうな方や、判断ができない方、なぜ辞めたいのかわからない方は誰かに相談するようにしましょう。

転職を決めたとしても、特に初めての転職の場合は一人で動くと判断を誤ったり、失敗の可能性が高くなります。

次の章で相談相手の条件、無料で使える相談サービスなどを紹介していきますので、一人で悩むことは避けましょう。

2-4. ちなみにみんなはどんな理由で転職を考えてる?

こんな理由を持っているのは自分だけ?など悩んでいる方もいると思います。

下記は「doda」による転職理由のランキングですが、みんな本当に様々な理由で転職を考えています。

順位転職理由割合
1位ほかにやりたい仕事がある14.9%
2位会社の将来性が不安10.7%
3位給与に不満がある10.5%
4位残業が多い/休日が少ない8.2%
5位専門知識・技術を習得したい5.1%
6位幅広い経験・知識を積みたい3.8%
7位U・Iターンしたい3.8%

この他にも「人間関係がうまくいかない(14位)」「ルーチンワークでつまらない(30位)」など100人いたら100通りの悩みを持っていると言っても過言ではありません。

理由に関係なく、不満をそのままにしないことが、気持ちをスッキリさせる解決策です。

3. 頼れる相談相手を作って相談しよう

転職していいのか判断がつかない方、転職を始めたけど何から始めればいいかわからない方におすすめなのが、頼れる相談相手を作ることです。

転職活動は、明確な答えがなく、判断が難しいという方も非常に多いです。そして決めるのが面倒で転職を断念してしまう人もたくさんいます。

そこで、こういったことを一人で悩まないように、また、できるだけあなたが幸せになる結論を出せるように、手軽に相談できる相談相手を作るようにしましょう。

3-1. 相談相手は詳しい人が好ましい

転職の相談相手は誰でもいいわけではなく、以下のような2つの条件を満たすような人でないときっと後悔します。

  • 転職活動そのものについて詳しい
  • あなたが目指す職種や業種について詳しい

転職の相談ですから、人事の方や人材会社に所属しているような転職に詳しい人でないとあまり役に立たないかもしれません。

また、転職に関してだけではなく、あなたの(あなたが目指す)職種や業種について詳しくなければいいアドバイスがもらえないでしょう。

そのため、まずはこの条件を満たす方に2~3人相談してみることをおすすめします。

とはいっても、身近にこんな人いない!という方も多いと思うので、そういった方向けの無料で使えるサービスを紹介します。

3-2. 転職エージェントというサービス

「転職エージェント」という完全無料で使えるサービスがあり、多くの方がこのサービスを使って転職のプロに転職の相談をしています。

転職エージェントは、よくある求人サイトとは違い、登録すると担当者がつき、その方に相談しながら転職するかどうから、どこを受けるかを一緒に決めることができます。

そもそも転職すべきなのかという軽い気持ちでサービスを利用する方がすごく多いです。

いい転職エージェントに巡り会えれば以下の男性のようにキャリアにすごくプラスになります。

口コミ・評判

S さん(25歳・銀行からITへ)
銀行の同期が転職したことで、転職を意識するようになり、軽い気持ちでとりあえず転職エージェントに登録しました。
もともと銀行員だし、金融業界かなと考えていたのですが、思いもよらぬ道に進むことになりました。
キャリア面談をしてもらった時に、担当のAさんが私が気付いていなかった希望を引き出してくれ、結果ベンチャー企業に進むことになりました。
安定という面では銀行ほどではありませんが、転職して4ヶ月たった今、毎日充実していて、本当に転職してよかったと感じています。
私のやりがいを引き出してくれ、内定を取った時は自分のことのように喜んでくれたエージェントのAさんのことは一生忘れません。

転職エージェントは、会社によって差はあれど、基本的に親身に相談に乗ってくれ、必要に応じてあなたの人生を豊かにするための提案をしてくれます。

今の悩みにフィットした企業もあれば求人を紹介してくれるので、悩んでいる今のあなたにぴったりなサービスなのです。

3-3. 他にもこんなサポートをしてくれる

転職エージェントは担当者が身近な相談相手になってくれるだけでなく、もし転職を決意したときは以下のようなサポートをしてくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成(添削)
  • 求人探し
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与・ポジションの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入社関連手続き

転職活動で面倒なことは全て自分の代わりに無料でやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

今の仕事やプライベートとこれらの面倒な手続きを両立させることは非常に苦労します。そのため、手間を少しでも減らすために転職エージェントはおすすめです。

身近に頼りになる相談相手がいる!という方も求人をもらったり、手続きを代理でしてもらうために転職エージェントを使ってみるのもいいかもしれません。

こんな便利なサービスですが、完全無料で使えるので試しに使ってみることにデメリットは特にありません。ただし、きちんと仕組みを理解してから使いたい方は「転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識」を参考にしてみてください。

参考. 転職求人サイトとはどう違うの?

リクナビNEXT」「エン転職 」「マイナビ転職」など、いわゆる求人を検索する「転職求人サイト」と呼ばれるものとの一番の違いが、転職求人サイトでは相談できる担当者がつかないということです。

そのため基本的に、相談相手を探すためにも、まずは次の章で紹介しているような「転職エージェント」の中から選ぶようにしましょう。

転職を成功された多くの方は転職エージェントを使っています

4. 頼れる相談相手になる転職エージェント4選

人生を豊かにするために、転職エージェントがおすすめだと紹介しましたが、闇雲に登録して相談することには注意が必要です。

なぜなら転職エージェントによっては、「登録しても全然相談に乗ってくれない」「転職を決めたけど、希望の条件が全くない」など、あなたに合わず満足できない可能性もあるためです。

なんとなく転職をすべきか悩んだ今相談すべきなのは以下のような転職エージェントです。

  • 転職すべきかというところを親身に相談に乗ってくれる
  • 転職を決めた時は手厚くサポートしてくれる
  • あなたが納得して転職できる求人をたくさん持っている

4つ紹介しますが、全て無料で使えるので、とりあえず登録して、気軽に相談してみましょう。

4-1. doda|業界最大級のエージェントで、求人の質・量ともに申し分ない

スクリーンショット 2016-07-31 23.55.58

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

手厚いカウンセリングで、あなたのキャリアを一緒に考えてくれますし、職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートが素晴らしいと評判ですので、転職を決意した後も頼りになります。

doda公式サイト:http://doda.jp/

※dodaは派遣もサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

4-2. パソナキャリア|特に親身に相談に乗ってくれる1社

パソナキャリア

パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、サポート体制の評価はNo.1と親身な転職者サポートを実現しているようです。

具体的には、下記のような口コミが多数見受けられ、転職しようか悩んでいる方から、転職が不安な方まで多くの方におすすめのサービスです。

  • 親身に転職相談にのってくれる
  • 誰に対しても履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が丁寧

パソナキャリア公式サイト:http://www.pasonacareer.jp/

※パソナは派遣もサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

4-3. マイナビエージェント|20代の方におすすめの1社

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54
マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

特に20代向けの案件が多いので、20代の方は必ず登録したい一社です。

マイナビエージェント公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

※マイナビも派遣などもサービスとして扱っており、正社員転職を目指していたのに、知らあずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、登録先には十分に注意しましょう。

4-4. JACリクルートメント|キャリアに自信があれば使うべき1社

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの役職や技術系のスペシャリスト求人に関して強みを発揮します。

キャリアや経験にある程度の自信がある方で、転職すべきか悩んでいる方がいる場合、おすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメント公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

4-5. 登録後はどうすればいいの?

登録すると、転職エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

その際、面談の調整などをして、下記のようにサービスが進んでいきます。

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

5. 転職に関してよくあるQ&A

ここで、転職に関してよくある下記の4つの質問について解説していきます。

5-1. 転職を決めました。何から始めればいいですか?

まずは、転職エージェントに相談するのがおすすめですが、自分で転職活動をしたい方は「自己分析」から始めましょう。

先ほどの「なぜ退職したいか」だけでなく、あなたは今までどんな仕事をしてきたか、どんな会社なら強みが活かせるか、などをトータルで振り返るようにしましょう。

これをきちんとやらないと、間違った会社へ転職してしまう可能性もありますし、志望動機や自己PRが薄くなり、採用に結びつきにくいです。

自己分析はどうやるの?

自分で活動したい方のために、シートを埋めるだけで、転職に必要な自己分析ができるためのツールを用意しました。

すべての自己分析のポイントをまとめた下記シートは1~2時間程度で埋められますので、休日に試してみてください。

(画像をクリックすればpdfが開きますので、印刷してお使いください)

シートを埋めていく中でわからないことがあれば、自己分析のすべてのステップを解説した「プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ」を参考にしてみてください。

5-2. 転職先の企業の社風はどうやって調べればいいですか?

企業の社風を調べるのにおすすめなのが、転職口コミサイトと呼ばれる、社員や元社員の人が会社の内情を掲示板のように書いていくサービスです。

下記のように、生の声が書かれていて、どんな社風なのか?働いている人はどう感じているのか?給料は上がるのか?など、不安なポイントを確認しましょう。

出典:転職会議

下記のように複数の転職口コミサイトがありますので、不安な人は全てチェックするつもりで読んでみましょう。

これを見て、ますます怖くなってしまった方はその会社は避けるべきかもしれませんので、転職活動を続け、より多くの会社を見ることがおすすめです。

5-3. 転職でうまくいく人、いかない人の違いはなんでしょう?

転職でうまく人は、転職における準備〜面接まで全ての面をきっちりやっている人の可能性が高いです。

何かできていない..ということが起こらないように、基本的には転職エージェントへ相談するようにしましょう。

ただし、自分でなんとかしたい方のために、下記に転職のステージ別にうまくいく人、うまくいかない人の特徴をまとめました。

転職のステージうまくいく人うまくいかない人
①「転職準備」
  • 自己分析がきちんとできている
  • 自分の市場価値を正しく評価している
  • 物事をポジティブに語れる
  • 自己分析が不足している
  • 自分の市場価値を正しく評価できていない
  • ポジティブに語れるようになっていない
②「求人への応募」
  • 応募企業を絞らない
  • 自分に合った企業/求人を探し、応募できている
  • 応募の数が少ない
  • 自分に合った企業/求人に応募できていない
③「選考書類」
  • 適切な自己PRが書けていない
  • 企業・ポジションに合わせた志望動機が書ける
  • 丁寧で、読みやすい書類
  • 企業・ポジションに合わせた自己PRが書けていない
  • 企業・ポジションに合わせた志望動機が書けていない
  • 丁寧に、読みやすく作成できていない
④「面接」
  • 基本的なマナーが徹底できてる
  • 自信のなさは出さない
  • 面接の対策がしっかりできている
  • 選考に落ちた理由を毎回振り返る
  • 基本的なマナーができていない
  • 自信のなさがにじみ出ている
  • 面接の対策が不足している
  • 失敗した振り返りができていない

これってどういうこと?ということ、自信がないことがあれば「転職が決まらない12の理由と解決して内定を勝ち取るための全知識」のページに詳しく対策をまとめたのでチェックしてください。

5-4. 「出戻り」ってできるんでしょうか?

一度辞めた会社に再び戻る「出戻り」ですが、一部の会社にはそういった制度もありますので、職場の人に確認しましょう。

制度としてなくても、即戦力になりやすいこと、会社や仕事の実情に詳しいことを買ってもらえ、内定が出ることも多いです。

下記はエン・ジャパンによる出戻り社員を採用したことがあるか?というアンケートですが、7割の会社が退職した社員を再雇用したことがあると回答し、その割合も2016年から増加傾向にあります。

引用:エン・ジャパン

しかし、あなたが辞めることで今の職場に迷惑がかかるのは事実です。

よく思わない人もいるはずなので、「何かあったら戻ってこよう」という甘い気持ちで退職するのは避けましょう。

6. まとめ

会社を転職しようかなと考えている方に向けて、後悔しないための方法を紹介してきましたがいかがでしたか?

下記の2つの行動から、気軽一歩踏み出してみることがおすすめです。

  • なぜ転職したいのか理由を考えてみよう
  • 頼れる相談相手を作ろう

特に、相談相手を作るのがおすすめで、転職エージェントと呼ばれる無料のサービスを活用していきましょう。

今、何かしないと5年後、10年後にきっと後悔します。勇気を持って一歩踏み出してみましょう。

このページがあなたのキャリアのお役に立てることを心から祈っています。