【2022年最新】30代の平均年収はいくら?男女別・職業別・学歴別に解説

  • 「30代の平均年収はどのくらいだろう」
  • 「自分の年収は同年代と比べて低いのではないか?」

と考えていませんか?

結論から言うと、30代前半の平均年収は400万円、30代後半は437万円です。

ただし、30代は昇進や結婚、転職によって個人ごとに収入の差が開きやすいため、ご自身の状況を把握し、必要に応じて年収アップを目指すと良いでしょう。

そこで、転職のプロとして30代の転職をサポートしてきた私が、30代の平均年収を男女別・職業別などに分けて詳しく解説していきます。

<目次>

  1. 30代の平均年収|30代前半は400万円、後半は437万円
  2. 【業種別】30代の平均年収を比較
  3. 【学歴別】30代の平均年収を比較
  4. 【雇用形態別】30代の平均年収を比較
  5. 30代で平均年収よりも稼ぐための5つの方法
  6. 転職で年収を増やすための4つのポイント
  7. 年収アップへの第一歩は自身の市場価値を把握すること
  8. 年収アップにおすすめの転職サイト・エージェント5選

この記事を読めば、30代の平均年収に加え、自身の年収アップの方法が分かるようになるでしょう。

1.30代の平均年収|30代前半は400万円、後半は437万円

30代前半の平均年収は400万円、30代後半は437万円です。

年齢層・男女ごとに見ていくと、以下のようになります。

年代平均年収男性女性
30代前半
(30~34歳)
400万円458万円309万円
30代後半
(35~39歳)
437万円518万円311万円

出典:民間給与実態統計調査

簡単にまとめると、全体的に次のような特徴がみられることが分かります。

  • 男性は30代前半よりも後半の方が年収が高くなるが、女性はほぼ変わらない
  • 30代男性と30代女性では、男性の方が平均年収も高くなる
  • 30代後半になるにつれて、男性と女性の平均年収の差は拡大する

この章では30代の給与について以下の順番でご説明していきます。

それでは、早速みていきましょう。

1-1.【男女別】平均手取り額の比較

30代平均年収をもとに、平均的な手取り額を計算すると、以下のようになります。

年齢層性別手取り額
(平均年収の80%)
30代前半
(30~34歳)
男性366万円
女性247万円
30代後半
(35~39歳)
男性414万円
女性249万円

出典:民間給与実態統計調査

また、各性別と年齢ごとに、手取り額を月給に換算すると、次のようになります。

年齢層性別月給(手取り)
30代前半
(30~34歳)
男性約30.5万円
女性約20.6万円
30代後半
(35~39歳)
男性約34.5万円
女性約20.8万円

1-2.ボーナスの有無で年収は大きく変動する

留意しておくべき点は、年収はボーナスの有無によって大きく変動するということです。

ボーナスの目安

ボーナスの支給金額は、

  • 大企業:月給の2.4ヶ月分
  • 中小企業:月給の1ヶ月分

と言われています。

参考:厚生労働省の毎月勤労統計調査

次の章では、業種別に30代の平均年収を比較します。

2.【業種別】30代の平均年収を比較

ここでは、30代の平均年収を業種別に比較します。

平均年収を業種別にまとめると、30代前半・後半ともに、男女それぞれ以下のような特徴がみられることが分かります。

最も平均年収が高い業種

  • 男性の場合金融業、保険業
  • 女性の場合学術研究、専門・技術サービス業

平均年収の高い業界へ転職する場合は、以下のデータをそれぞれ参考にしてみてください。

30代男性の業種別平均年収

30代前半と30代後半の男性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。

業種30代前半
男性の年収
30代後半
男性の年収
金融業
保険業
462.36万円580.20万円
学術研究
専門技術サービス業
409.68万円494.52万円
教育
学習支援業
397.32万円455.28万円
情報通信業392.04万円486.20万円
建設業350.4万円400.92万円
卸売業
小売業
340.32万円391.08万円
医療
福祉
360.24万円397.68万円
運輸業
郵便業
326.28万円347.64万円
製造業321.36万円368.52万円
生活関連サービス業
娯楽業
337.68万円375.84万円
サービス業
(他に分類されないもの)
319.68万円343.68万円
宿泊業
飲食サービス業
305.52万円337.92万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

30代前半、30代後半ともに、男性の平均年収が最も高かった業種は金融業と保険業でした。

また、法律事務所や会計事務所などが含まれる学術研究、専門技術サービス業も高年収の傾向にあります。

そのほかの特徴としては、全12業種のうち6業種で30代前半男性の平均年収347万円を超えているものの、30代後半になると平均年収394万円を超えている業種が5業種に減ることが挙げられます。

30代女性の業種別平均年収

30代前半と30代後半の女性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。

業種30代前半
女性の年収
30代後半
女性の年収
金融業
保険業
313.68万円345.12万円
学術研究
専門技術サービス業
351.48万円394.44万円
教育
学習支援業
321.48万円354.84万円
情報通信業347.52万円372.24万円
建設業302.40万円298.8万円
卸売業
小売業
285.60万円298.68万円
医療
福祉
306.00万円313.44万円
運輸業
 郵便業
272.28万円281.88万円
製造業267.00万円278.88万円
生活関連サービス業
娯楽業
282.72万円285.36万円
サービス業
(他に分類されないもの)
271.32万円288.96万円
宿泊業
飲食サービス業
262.32万円271.68万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

傾向としては、30代前半・後半ともに、平均年収の金額を超えている業種が全12業種のうち6業種ということがわかります。

全業種のうち半数で平均年収以上に稼げると言えますが、30代男性の業種別平均年収と比較すると、男性よりも平均年収の金額を超えられる業種は少なくなります。

そのため、30代女性が平均年収以上に稼ぎたい場合は、男性よりも職業選択の幅が狭くなると言えるでしょう。

3.【学歴別】30代の平均年収を比較

ここでは、30代の平均年収を学歴別にまとめていきます。

平均年収を学歴別にまとめると、男女それぞれ以下のような特徴がみられることが分かります。

  • 30代前半、後半ともに、「大学卒・大学院卒」の平均年収が最も高い
  • 30代後半は「大学・大学院卒」と「高卒」で100万円近く差が出る

学歴別の平均年収の違いは、以下のデータを参考にしてみてください。

30代男性の学歴別平均年収

30代男性の平均年収を学歴別にまとめると、以下のようになります。

学歴30代前半男性30代後半男性
大学卒
大学院卒
391.02万円480.66万円
短大卒
高専卒
337.92万円390.84万円
高卒310.44万円342.24万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

特徴としては、短大卒・高専卒と高卒の平均年収間よりも、大学卒・大学院卒との年収の差が大きいことが挙げられます。

また、30代後半になるにつれて大学卒・大学院卒の男性は90万円ほど平均年収が増えますが、それ以外の学歴では男性であっても30~40万円ほどしか平均年収が増えない傾向があります。

30代女性の学歴別平均年収

30代女性の平均年収を学歴別にまとめると、以下のようになります。

学歴30代前半女性30代後半女性
大学卒
大学院卒
367.08万円397.74万円
短大卒
高専卒
283.80万円299.40万円
高卒247.92万円259.32万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

平均年収が最も多い大学卒・大学院卒でも、30代前半から後半にかけて約30万円しか年収が増えていないことがわかります。

また、短大卒・高専卒や高卒の場合は年収の上り幅がさらに少なく、約10万円ほどしか年収が上がらない特徴があります。

4.【雇用形態別】30代の平均年収を比較

ここでは、30代の平均年収を雇用形態別にまとめていきます。

雇用形態ごとの平均年収の差を知りたい場合は、以下の表を参考にしてみてください。

年齢性別正社員正社員以外
30代前半男性353.52万円267.12万円
女性309.72万円234.12万円
30代後半男性401.64万円282.36万円
女性327.48万円240.72万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

簡単にまとめると、30代前半、後半ともに、正社員の男性と正社員以外の女性では150万円近く年収に差が出ることがわかります。

また、同じ年代・同じ性別でも雇用形態の違いによる年収の差が大きく、正社員の男女間よりも、正社員と正社員以外の間で比較した方が差が大きいことがわかるでしょう。

5.30代で平均年収よりも稼ぐための5つの方法

30代で年収を増やす方法としては、大まかに次の5つが挙げられます。

5-1.昇進や昇格などによる給与アップを目指す

もっとも堅実に手取り額を上げる方法は、昇進や昇格によって給与をベースアップさせることです。

この際、現在の職場の評価基準を確実に把握し、効率的に昇進できるよう、生産性を高めながら仕事に取り組むことが大切です。

ただし、同じ職場でのキャリアアップを目指す場合は、年収の増え方は長期的になると考えておく必要があるでしょう。

昇進や昇格の機会は多くても年に数回程度であり、評価されたとしても、必ずしも年収アップにつながるとは限りません。

したがって、いますぐ収入を増やしたいという方にとっては、適した方法とは言えないでしょう。

5-2.空いた時間で副業する

本業とは別に副業で収入を得ることで、年収を増やすことが可能です。

ダブルワークをしたり、クラウドソーシングを通して仕事を請け負うことで、空いた時間を活かして効率的に収入を上げることができます。

とはいえ、本業に加えて仕事をすることになるため、体力的・精神的な負担が大きくなるリスクもあるでしょう。

本業に支障が出てしまっては本末転倒ですし、そもそも企業によっては副業を容認していないこともあります。

5-3.資格を取得する

資格手当などの制度が職場にある場合は、資格を取得することで月々数千~数万円の給与アップが見込めます。

資格勉強はスキルとして身に付きますので、仕事に活かせる場面も多いでしょう。

昇給や昇格への足掛かりにもなるため、資格取得は年収アップにつながりやすい方法といえます。

ある程度長期的に学習する意欲があるのであれば、現職に活かせる資格の勉強をしてみるのもおすすめです。

5-4.投資を行う

少ない労力で収入を上げる手段として、投資も候補のひとつとして挙げられます。

株式などの資産をうまく運用することで、いわゆる不労所得を得ることもできるでしょう。

しかし月々ある程度まとまった収入を得るためには、多大な元手が必須です。

5%の利回りを実現したとしても、月1万円の利益を安定して上げるためには、200万円ほどの元手資金が必要となります。

したがって生活に余裕がそれほどない状態で投資に手を出すのは、おすすめできません。

5-5.給料の高い職場に転職する

誰にでも実現可能で、最も確実に年収を上げられる方法は、転職です。

職種や仕事内容は同じでも、職場を変えるだけで、月々数万円給与が上がるケースも珍しくありません。

また月給にそれほど違いがなくても、ボーナスのある職場に転職するだけで、年収が数十万円アップすることもあるでしょう。

とはいえ、給与だけに焦点を当てて転職をするのは推奨できません。

次の章では、年収アップを実現するためにはどのような部分に着目すればよいのか、転職のポイントについて解説していきます。

6.転職で年収を増やすための4つのポイント

年収を増やすために転職を行う際は、以下のポイントを意識しましょう。

以下でそれぞれ詳しく解説します。

6-1.成長傾向にある業界を選ぶ

転職を考える際は、業界の市場規模というマクロな視点から検討することをおすすめします。

特に業界全体が成長過程にあるかどうかは、重要な判断基準となります。

特定の企業だけではなく、業界全体が成長している場合は会社の業績も伸びやすいため、高収入を目指しやすいでしょう

一方で、業界の成長率が傾いている業界を選んでしまうと、企業の利益も上がりづらく、年収は頭打ちになってしまいます。

参考:成長傾向にある業界

以下の業界は成長傾向にあると言われています。

  • IT業界
  • ネット・WEB広告業界
  • 医療・介護業界

詳しくは「【2022年最新版】転職におすすめの業界・企業ランキング|転職エージェント・サイトの選び方を条件別にプロが解説」で紹介していますので、ぜひご参考ください。

6-2.経験が活かせる仕事(職種)を選ぶ

経験が活かせる仕事(職種)を選ぶという視点も欠かせません。

未経験の職種に転職する場合、年収が現職よりも下がってしまうことがあるからです。

年収アップを目指して転職する場合、「これまで経験したことのある職種」あるいは「経験を活かせる職種」を選ぶことが必須となります。

6-3.求人は賞与や家賃補助、固定残業代にも注目する

求人は、月収や年収以外の福利厚生にも注目することを意識してください。

たとえば、賞与や家賃補助があれば、生活に大きな余裕が生まれるでしょう。

また、固定残業代(みなし残業代)など、給与に直接関わる条件も必ず目を通しておく必要があります。

補足:固定残業代(みなし残業代)とは

一定時間分の残業代を、賃金にあらかじめ含ませておく制度です。

労働環境次第では、日々残業が続き、体力的な負担を強いられても、給与が変わらないという状況になる可能性もあります。

6-4.自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握する

年収アップを目指して転職する場合、自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握することは必須です。

仕事や環境への適性を見極め、自身の能力を正しく把握し、それにふさわしい対価(給与)を得られる転職先を見つけましょう。

自身を客観的に把握するうえでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

補足:転職エージェントとは

一般的な求人サイトと異なり、求職者一人に対してキャリアコンサルタントが担当し、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介から、面接対策まで、転職活動を総合的に支援してくれます。

転職エージェントは、あなたの悩みや希望をヒアリングして、適切な求人を紹介してくれます。

もちろん、転職そのものに悩んでいる段階でも利用可能です。

  • 「年収500万円以上得られる仕事に転職したい」
  • 「今のスキルで、年収が上がる職場に転職できるか不安」

といった悩みにも、丁寧に対応してくれるでしょう。

次の章では、数ある転職エージェントの中から、年収アップを第一条件に考える方におすすめのものを厳選して紹介していきます。

7.年収アップへの第一歩は自身の市場価値を把握すること

年収をアップさせるために、まずは客観的な自分の市場価値を把握することをおすすめします。

そのため、求人に応募するなど本格的な転職活動を始める前に、転職エージェントに自分の想定年収を算出してもらいましょう。

ネット上にはいくつかの質問に答えるだけで自分の適正年収を教えてくれるサービスもあります。

しかし、自分の経歴やスキルを踏まえた正確な査定結果は、転職エージェントのようなプロのコンサルタントでなければ期待できません。

そのため、以下に当てはまる方は、転職エージェントを利用する価値が特に高いといえるでしょう。

  • まずは自身の給与の妥当性を知りたい方
  • 今すぐ年収アップを図りたい方

8.年収アップにおすすめの転職サイト・エージェント5選

数ある転職エージェントの中から、以下の3点を基準に、「総合評価の高い転職エージェント」をピックアップしました。

総合評価を導き出す3つの基準

  • 求人:求人の質・量は十分かどうか
  • 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  • サポート力:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

さらに当サイトが独自に取得した「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」の結果を加え、利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職エージェントは、以下の通りとなりました。

順位転職エージェント総合評価
1位リクルートエージェント★★★★☆
4.6
2位doda★★★★☆
4.5
3位マイナビエージェント★★★★☆
4.5
4位リクルートダイレクトスカウト★★★★☆
4.1
5位ビズリーチ★★★★☆
4.0

以下で各転職エージェントの特徴を詳しく紹介します。

1位.リクルートエージェント|求人数No.1、地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は161,025件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると399,526件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

<補足:リクルートが運営している関連サービス>

2位.doda|求人の質・転職サポートが評判

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位.マイナビエージェント|初めての転職に強く、実績No.1

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)と併用することをおすすめします。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

4位.リクルートダイレクトスカウト|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトです

ハイクラス求人の検索はもちろん、レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を選んで相談をすることもできます。レジュメを登録しておけば、それを見たヘッドハンターから好条件のスカウトをもらうことも可能です。

また、総求人は106,871件と選択肢も多いので、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

レジュメ登録後はスカウトを待つだけで良いので、「時間をかけて高年収の仕事を見つけたい」という方におすすめです。

公式サイト:
https://directscout.recruit.co.jp/

5位.ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチ

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型転職サイトです。

企業の求人掲載、求職者の登録の双方に事前審査が行われることにより、質の高いマッチングを実現しているのが特徴です。

基本的な検索サービスなどは無料で利用できますが、求人応募やプラチナスカウトの受信などの機能は有料会員への登録が必要となります。

  • タレント会員
    年収750万円未満の方対象 / 月額3,278円(税込)
  • ハイクラス会員
    年収750万円以上の方対象 / 月額5,478円(税込)

月額課金制の転職サイトは業界でも珍しく、利用をためらってしまう人もいるかもしれませんが、その分質の高い求人が揃っているので、「本気で転職したい」と考える方に特におすすめです。

公式サイト:
https://bizreach.jp/

終わりに

ここまで、30代の平均年収について解説しましたが、いかがでしたか?

30代の平均年収は、男性が約488万円、女性が約315万円です。

自分の年収が30代の平均年収よりも低いために転職を考えている方は、年収アップに強い転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

最後に、この記事で紹介した転職エージェントを再掲します。

気になるエージェントがあれば、2・3社を併用して登録してみると良いでしょう。

この記事が、年収アップのための良いサポートとなることを祈っております。