英語での職務経歴書の書き方【受かるテンプレートと見本付】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
職務経歴書 英語

転職活動を始めようとして、「英語の職務経歴書の書き方」に悩んでいませんか?

「和文の職務経歴書を英語にすればいいのか」と深く考えずに職務経歴書を書いてしまい、「英語の職務経歴書のルールが守れておらず、書類選考で落ちてしまった…」と失敗した人はとても多いのです。

しかし、英語の職務経歴書には「書き方のルール」と「人事にアピールできるコツ」があります。

このページでは、転職コンサルタントとして、数多くの職務経歴書を添削し、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、本質的な「合格する」職務経歴書の書き方をご紹介します。

  1. 英語の職務経歴書を書く際に注意すべき3点
  2. 職務経歴書、英語サンプル
  3. 合格する英語職務経歴書のコツ3点

このページと、リンクしているページを読み、実践していただければあなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

1. 英語の職務経歴書を書く際に注意すべき3点

「英語の職務経歴書を」と応募企業から指示あったのですが、何に注意して書けばいいですか?

上記は、私が転職コンサルタントとして数々の職務経歴書対策を支援する中で、外資系企業を狙う応募者から良く受ける相談です。特に初めて外資系企業に挑戦される応募者の皆さんは、勝手がわからず不安に思っている方がほとんどです。

私はそのような質問を受ける度に、以下の3点をアドバイスしています。

  • 簡潔に1枚で書く
  • 定型は無いが、書くべき項目は5点
  • 日本語書類と英語書類の両方を提出するケースが多い

1-1. 簡潔に1枚で書く

通常の職務経歴書を書く際は、職務経歴書で最適な枚数とは?正しい理由と4つのポイントのサイトでも「2枚で書きましょう」とアドアイスしていますが、英語の職務経歴書は「1枚」で書くようにお話しています。

理由は簡単、外資系企業は人事より現場担当者が採用可否をジャッジするケースが多く、忙しい仕事中に書類選考するため、簡潔な職務経歴書が喜ばれるのです。転職歴が多い・複雑な業務に携わっている人を除いて、英語の職務経歴書は「1枚で」書くようにしましょう。

1-2. 定型はないが、書くべき項目は5点

日本語の職務経歴書と違って、英語の職務経歴書には「こう書けば良い」という定型雛形はありませんが、採用担当者にPRすべき観点は5つです。

  • 連絡先(Name/Contact)
  • 希望する職務(Objectives)
  • 職歴(Work Experience)
  • 学歴(Education)
  • 資格(Qualifications)

詳しい書き方は「2. 職務経歴書 英語サンプル」でご紹介します。

1-3. 日本語書類と英語書類の両方を提出するケースが多い

外資系企業とはいえ、全員が英語のネイティブではありません。書類選考や面接のロスを減らすために、日本語書類と英語書類の両方を提出する企業が多いのが実態です。書く内容は、基本的に同じで構いません。通常の職務経歴書を作成し、その中で特にPRしたい事を絞って英語での職務経歴書にまとめると良いでしょう。

通常の職務経歴書を書く事に悩んだら、「【完全版】プロが教える抜群に好印象な職務経歴書の書き方」を参考にして下さいね。

2. 英語版の職務経歴書サンプル

この章では、英語の職務経歴書の書き方についてご説明します。

2-0. 英語版の職務経歴書サンプルをダウンロード

転職コンサルタントが自信をもってお薦めする職務経歴書の英語サンプルをご用意しました。ぜひダウンロードしてお使いください。

英語版職務経歴書サンプル

2-1. 連絡先(Name/Contact)

氏名、住所、電話番号、メールアドレスを、書類上部の中央に記載します。

2-2. 希望する職務(Objectives)

希望職種を記載しましょう。日本企業と違い、職種だけでなくポジションも明確に記載する事が望まれます。

2-3. 職歴(Work Experience)

採用担当者が特に注目して読む、最も重要な箇所です。社名と在籍期間を明記した上で、職務とポジション、職務内容や業績を具体的に記載します。表彰された経験やアサインされたプロジェクトの経験なども、ここに記載しましょう。

2-4. 学歴(Education)

大学以降の学歴を記載します。専攻・卒業年次・大学名を記載しましょう。論文や課外活動には触れずとも結構です。

2-5. 資格(Qualifications)

語学力や希望職種に関係ある資格を記載します。運転免許など、業務に必要で無い施策は記載せずとも結構です。

3. 合格する英語職務経歴書のコツ3点

3-1. 1枚書いて転職エージェントに相談する

英語だと何を書けばいいか迷う応募者をみかけますが、日本語の職務経歴書をもとに、まずは英文の職務経歴書を書いてみましょう。和訳しただけでは分量オーバーだと思いますが、それでも構いません。

その上で「外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選」から転職エージェントに登録して、プロの方に文面のチェックをお願いすることがおすすめです。

3-2. スペルチェックはしっかりと

当たり前ですが、英語のスペルミスは採用担当者にマイナス印象を与えるので避けましょう。Word・Pagesともに、スペルチェック機能があるのでご活用ください。

3-3. 統一感ある見た目に

英語の職務経歴書は、内容がシンプルだからこそ、統一感ある見た目にこだわりましょう。応募者に良くあるミスは「フォントの使い方」「年月の書き方」です。提出前にズレが無いか最後に確認するようにしましょう。

さいごに

英語の職務経歴書について、ポイントやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

何度もお伝えしますが、英語の職務経歴書は「日本語の職務経歴書を英訳したもの」ではありません。ぜひ本サイトからサンプルをDLして頂き、採用担当者に伝わる職務履歴書を作成してくださいね!

また、上記以外についても職務経歴書や履歴書でお困りの方は、転職エージェントに聞くのが手っ取り早くおすすめです。その際は無料で上手く転職エージェントを利用しながら簡単に職務経歴書を作成する方法をまとめた『職務経歴書の添削に強いおすすめ転職エージェントと活用法』をご参考ください。

※転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは完全無料で使えますが、あなたが内定・転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきます。

彼らの営業トークにのせられて焦って転職先を決めてしまうことだけは避けてください。

リクルートエージェント』のような大手エージェントは本気で転職を検討していればおすすめですが、担当のノルマも厳しいため注意しないと営業トークにのせられます。

転職検討段階やまだまだ悩んでいるという方は、商売っ気が少なく親身に相談にのってくれる『DODA』や『パソナキャリア』のような中堅エージェントがおすすめです。

転職活動中はとなりの芝は青く見えるものですから、注意しながら次の可能性を探して下さい。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket