あなたの人生を変える転職アドバイザーに出会うための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転職 アドバイザー

転職すべきか悩んでいるおり、優秀な転職アドバイザーに相談したいと思っていませんか?

結論、転職で悩んでいるなら間違いなく転職アドバイザーに相談すべきです。事実、転職アドバイザーに相談して自信を持って転職を始め、成功した方を多数見てきました。

ただし、あなたのことを真剣に考えて相談にのってくれるコンサルタントに出会えるかどうかは、ある3つのことを実践しているかで大きく変わってきます。

このページでは、転職アドバイザーとして中小・大手の転職エージェントで長年働いていた経験から、「転職アドバイザー」について下記の流れでご紹介します。

  1. 迷ったら転職アドバイザーに相談すべきただ1つの理由
  2. 優秀な転職アドバイザーに出会うための3つのポイント
  3. 転職アドバイザーを活用するためのただ1つのコツ

全て読めば、あなたが優秀な転職アドバイザーに出会い、あなたの悩みを解消した上で最高の一歩を踏み出すことができるでしょう。

1. 迷ったら転職アドバイザーに相談すべきただ1つの理由

もしあなたが下記のような悩みをお持ちなら、迷わず転職エージェントに登録して、転職アドバイザーに相談することをおすすめします。

  • 「いまの自分の状況で、本当に今の会社を辞めてもいいんだろうか?」
  • 「自分にぴったりの転職先って、どういうところがあるんだろう?」
  • 「漠然と、転職に成功できるか不安だ…」

理由としては、シンプルに「今まで何人もの相談にのってきた転職のプロに”無料”で相談できる」からです。

実際に、転職アドバイザーに相談して自信を持って転職を始め、成功した方も多数います。

口コミ・評判

営業・20代後半・400万台
 
今回の転職ではとても悩みました。
前の会社がパワハラだらけだわ、できない人が不当に評価されてるやら不満ばかり。
ただ、新卒5年目で、前の会社が2社目という状況の中、本当にこのまま辞めてしまっていいのか、辞めてどこに転職すればいいのか、など色々考えてしまって身動きがとれませんでした。
友達と飲みにいって愚痴るだけじゃ意味がないと思い立ち、電車に広告が出ていた転職エージェントに相談しました。
結果、素晴らしいの一言です。うまく自分のやりたいことを的確にしてくださり、それにあった求人を多数紹介してくれました。
その後の職務経歴書や面接対策のサポートから給与交渉までやってくださり、もっと早く相談しておけばと後悔しました。

口コミ・評判

SE・20代前半・男性・年収300万台
 
入社後から2年が立って社内のことはわかってきたのですが、悪いところばかり見えるようになってきたので、転職を考えていました。
転職すべきか悶々と悩んでいたのですが、社内で友人から来月転職すると打ち明けられたタイミングで、思い切って転職エージェントに登録して相談にいきました。
転職をゴリ押しされるだけではと不安でしたが、私の立場にたって考えてくれるアドバイザーの方に担当していただくことができ、最終的に社内に残るという決断ができました。
転職エージェントに相談したのに転職しないのはなんだか悪い気もしますが、「全然気にしないでください」と明るく言ってくださったアドバイザーの方に感謝です。

なので、まずは気軽に転職アドバイザーに相談することをおすすめします。

※転職アドバイザーが相談以外にやってくれる5つのこと

下記の5つの転職活動で面倒なことは全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉

逆に、個人で転職活動を進める場合は上記をすべて自身でこなさなければなりませんので、転職する場合はできる限り活用するのが得策です。

2. 優秀な転職アドバイザーに出会うための3つのポイント

優秀な転職アドバイザーに出会う確率を劇的に上げる3つのポイントをご紹介します。

2-1. 複数の転職エージェントに登録する

転職活動でエージェントを活用する場合にとにかく重要なのは、どこの転職エージェント会社を選ぶかではなく、いかに優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらうかです。

1社にしか登録せず転職活動を進めてしまう場合、あなたが知らない間に優秀ではないキャリアコンサルタントに身を任せてしまっている可能性があります。

そのため、最初の登録で最低でも2〜3社以上に登録して実際に面談を行った上で最適なキャリアコンサルタントを見つけ出しましょう。

登録も3分程度で、完全無料で利用できるので気軽に登録しましょう。

注:無料相談会にあえて申し込む必要はなし

『DODA』などの転職エージェントでは、無料の相談会を実施しています。ただし、実はWebサイトから転職エージェントに無料登録しても、同様の面談を受けることができるのであえてこのような無料相談会に応募する必要はありません。

2-2. 親身に相談にのってくれる転職エージェントを選ぶ

「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」にて私が500人にアンケートをとった結果、転職エージェントによって「担当の転職アドバイザーが親身に対応してくれたかどうか」の割合が大きく変わってきていました

実際に、大手の転職エージェントでも会社の方針として「手間のかかる相談は力を入れず、求人紹介がメインの会社」なども多数存在します。

そのため、実際に大手だからという理由だけでなく「親身に相談にのってくれる」転職エージェントを選択する必要があります。

転職相談に関する評判がよかった転職エージェント3選

転職相談に定評のある転職エージェントを目的別に3社ご紹介します。

最低でも下記から2社登録してみることをおすすめします。

(1)『パソナキャリア』|サポート力でNo.1の評価

パソナキャリア

パソナキャリア』は、求人件数はリクルートやDODAといった大手には届かないものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。

実際に、我々が500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートでも、「サポート体制の評価はNo.1」と親身な転職者サポートを実現しているようです。

具体的には、下記のような口コミが多数見受けられました。

  • 親身に転職相談にのってくれる
  • 誰に対しても履歴書・職務経歴書添削・面接対策などのサポート体制が丁寧
  • 電話・メールのレスポンスが速く安心できる

求人数では、業界最大手の『リクルートエージェント』や『DODA』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職で不安がある方には特におすすめです。

転職アドバイザーと巡りあうには、真っ先に登録したい転職エージェントでしょう。

口コミ・評判

営業・20代後半・女性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

超がつくほど親身な対応をしてくれました。

アドバイスも的を得ていて、細かく丁寧でした。

求人も自分の求めていた条件を汲んでしっかりと見つけてくれましたし、面接対策もしっかりとしてくれました。

こういうのは担当のコンサルタント次第かと思いましたが、周りの友人もパソナで転職を決めており、評判もいいので全体としてレベルが高いのかと思います。

(2)『DODA』|コンサルタントが当たり外れなく優秀

DODA

『DODA』は人材大手のインテリジェンス社が運営する、業界規模No.2の転職エージェントです。

転職アドバイザーの当たり外れが少なく、提案力が高いことを武器に、業界No.1の『リクルートエージェント』に迫る勢いです。

転職ノウハウも圧倒的なので、ぜひ一度は登録して面談したい転職エージェントです。

口コミ・評判

営業(IT)・20代後半・男性・年収500万台
評価:★★★★★5
大手の転職エージェントを3社ほど利用しましたが、他社よりも一番アドバイザーが優秀だった。
自分にはキャリアアップのための幅広い選択肢がある中で、自分になかった発想で筋の通ったアドバイスが的確に出せるのは感動した。
名前は出さないが、効率主義で求人だけバンバン紹介して適当なアドバイスしかしてくれないエージェントもあったので落差に驚いた。
(3)『JACリクルートメント』|キャリアに自信のある人は登録必須

JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1です。

大手転職エージェントの中でも、ハイキャリア案件については間違いなく質・量・サポートともにトップレベルといえるでしょう。

実際に「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」においても、ハイキャリア層にとってはサポート体制を含む全指標において『JACリクルートメント』の方が、『アデコ』を超える最高クラスの評価でした。

なので、年収500万以上でキャリアやスキルに自信のある場合は、必ず登録しましょう。

口コミ・評判

金融専門職・30代前半・男性・年収1000万台
総合評価:★★★★★5

複数のコンサルタントの方々と面接がありましたが、単に仕事を変えるための転職ではなく、これまでの経験を活かしつつ今後のキャリア形成に役立つポジションを提案して頂き、コンサルタントの方々の質の高さを実感しました。

他のエージェントでは、これまでの経験の枠内でのポジションの紹介がほとんどであったため、エージェントそのものの取り組み姿勢が違うと実感しました。

2-3. 専門性の高い職種の場合は、専門の転職エージェントを選ぶ

職業が専門的になるほど、大手の総合転職エージェントでは、対応できる転職アドバイザーが少なくなってきます。

なので、その場合は業界に強みを持つ転職エージェントを使いましょう。

実際に、担当のキャリアコンサルタントが業界出身者であったり、その分野に関する勉強会を多く開催しているので知識面でも頼りになります。

各業界別に、特におすすめな1社を厳選してまとめました。さらに詳細を知りたい方は表内「業界別解説サイト」をご参考ください。

  エージェント名 業界別解説サイト
IT・Web ワークポート IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
マスコミ・広告 マスメディアン
外資コンサル ムービン 外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレル クリーデンス アパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒 ハタラクティブ 第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性 ウーマンウィル 女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブ ビズリーチ プロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選

他にも特化型エージェントは多数存在しますが、あまりに規模が小さいと、保有案件も限られ、またサービスの質が低い傾向にあるため、参考程度に活用しましょう。

3. 転職アドバイザーを活用するためのたった1つのコツ

転職アドバイザーには気軽に相談に行くべきですが、真剣に相談にのってもらえる確率を上げるための方法をご紹介します。

事前に目的を明確化する

短い時間を有効に使うためには、自分がこの面談で何を求めているのかを明確化しましょう。

具体的には、下記の3つの観点で用意をしておくことができると思います。

  • そもそも考えがまとまっていないため整理したい。その情報が欲しい。
  • ある程度、方向性は決まっているが、希望の企業/業界へ行けるかどうかの可能性を知りたい。
  • 具体的な求人がどのようなものがあるかをしりたい。

これらを明確にするだけでも面談時間がグッと有意義になるでしょう。

4. さいごに

転職アドバイザーについて、いかがでしたでしょうか。

まずは下記の中から2社以上の転職エージェントに登録して、気軽に相談しにいってみましょう。

あなたの悩みが専門性の高い場合、下記のエージェントも併用して相談するとさらにいいアドバイスがもらえるでしょう。

  エージェント名 業界別解説サイト
IT・Web ワークポート IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
マスコミ・広告 マスメディアン
外資コンサル ムービン 外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレル クリーデンス アパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒 ハタラクティブ 第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性 ウーマンウィル 女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブ ビズリーチ プロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する