【単発・短期求人】本当に登録すべき派遣会社おすすめ6選

「急な出費でお金が欲しい」「空いた時間も稼ぎたい」と思い、単発・短期で働ける派遣のお仕事をお探しではないですか?

単発・短期の派遣は、アルバイトとは別に様々なメリットがあるおすすめの働き方です。

しかし、良い求人に出会える派遣会社の選び方を知らないと、後々後悔することになるかもしれません。

この記事では、転職のプロとして多くの求職者の悩みを解決してきた筆者が、単発・短期で本当におすすめできる派遣会社を紹介します。

  1. 単発・短期求人に強いおすすめ派遣会社・求人サイト
  2. 単発のアルバイト探しにおすすめの求人サイト
  3. 【登録前に確認】派遣とアルバイトの違いとメリット
  4. 派遣会社をより効果的に利用する8ポイント
  5. 派遣会社利用の流れ
  6. 【FAQ】単発派遣に関するよくある質問と回答

この記事を読めば、『単発・短期の求人について』『どの派遣会社に登録するべきか』を詳しく知ることができます。

1. 単発・短期求人に強いおすすめ派遣会社・求人サイト

派遣会社の総求人数・単発派遣求人数を比較し上位6サービスを選定しました。

総求人数特徴
フルキャスト
(求人サイト)
約50,000単発・短期派遣の求人を探すならおすすめNo1
掲載求人の全体のおよそ半分が単発
テンプスタッフ
(派遣会社)
約30,000福利厚生が手厚いと評判
ヒューマントラスト
(派遣会社)
約150単発求人のが多い。学生向け
工場ワークス
(求人サイト)
約30,000製造業系に特化
ランスタッド
(派遣会社)
約6,000製造業系に特化
テクノサービス
(派遣会社)
約16,000製造系・最短2日で働ける

それぞれ詳しく解説します。

ここでは単発・短期向けに厳選して派遣サービスを紹介します。評判の良い派遣会社についてより詳しく知りたい方は『派遣会社おすすめランキング』の記事を参考にしてください。

1. フルキャスト|圧倒的な求人から選択肢が多い

フルキャストは短期アルバイトや日雇い、単発、日払い案件を保有している人材派遣会社です。

雇用先の条件によっては給与前払いのサービスを利用できるので、最短で翌日に給与を受け取ることもできます。

単発の求人は約7,300件保有しており、1日3時間~といった短時間から働くことができるので、柔軟なシフトで働きたい方には特におすすめできる派遣会社です。

フルキャスト公式HP:
https://fullcast.jp/

2. テンプスタッフ|スキルアップのための研修が充実

テンプスタッフは、人材業界No. 2の「パーソルグループ」が運営する大手人材派遣会社の1つです。

派遣紹介できる企業、案件の数は業界No. 2で、主要な大手企業から優良中小企業まで網羅されています。

会社としての教育体制も整っており、担当者の質が高いと評判です。

また、スキルが十分な方は、たくさんの登録企業から自分にあった派遣先を紹介してもらえますし、スキルに不安な方も、「テンプオープンカレッジ」などスキルアップ支援が充実しています。

テンプスタッフ公式サイト:
https://www.tempstaff.co.jp/personal/

3. ヒューマントラスト|学生の利用も多い

ヒューマントラストは派遣・日雇い・紹介予定派遣と幅広い求人を紹介する総合人材サービスを行っています。

仕事内容も倉庫内作業などの軽作業や学生に人気のイベント、試験監督などのお仕事です。

単発派遣の求人だとイベント系などもあり、大学生も多く利用する会社となっています。

「CYURICA(キュリカ)」という給与現金随時払いサービスを行っており、給与を即時ATMで引き落とせるようになっています。

各社が行う即給サービスの中でも、ATMでの引き落としができるのは「ヒューマントラスト」の特徴です。

ヒューマントラスト公式サイト:
https://www.humantrust.co.jp/

4. 工場ワークス|製造業・工場の求人を探すなら

工場ワークスは、大手企業なども幅広く取り扱っている派遣会社です。

検品や仕分けなど、さまざまな仕事を保有しているため、仕事の選択肢は比較的多いと言えます。

大学生向けの求人は700件ほど保有しているので、軽作業系で勤務したい学生の方にも登録しておくようにしましょう。

工場ワークス公式サイト:
https://04510.jp/

5. ランスタッド|単発の求人が多く、選び放題

<画像>ランスタッド_20191216

ランスタッドは、高時給求人に強みがある派遣会社です。

単発・試験監督など様々なジャンルを取り揃えており、選択肢の幅が非常に広く、大学生にもおすすめです。

ランスタッド公式サイト:
https://www.randstad.co.jp/

6. テクノ・サービス|製造業初心者は登録必須

働くナビ

株式会社テクノ・サービスは、スタッフサービス・ホールディングスの子会社の人材派遣会社です。

働くナビ」という仕事情報サイトも運営しており、製造業や工場のを中心にした案件を保有しています。未経験からでも就業できる求人もあるので、製造業初心者の方でも安心です。

また、テクノ・サービスは、労働者災害補償保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険の適用事業所でもあるので、万が一の時もしっかり保障を受けることできます。

テクノ・サービス公式HP:
https://www.hatarakunavi.net/

2.単発のアルバイト探しにおすすめの求人サイト

単発・短期求人が多いサイトを調査し、以下の2つに厳選しました。

派遣に登録する必要を感じていない方は、まずはアルバイト求人から探してみることもおすすめです。

1. shot works |単発・短期求人専門サイト

shot works』は日本最大級の単発・短期求人を専門に取り扱う求人サイトで、全国約2,800件の求人を保有しています。

勤務日数は「1日だけ」から最長「61~90日以内」まで選ぶことができます。

また、勤務開始日が「今日」「明日」から「再来月」まで幅広い条件で検索できるため、長期的なスケジュールに合わせてアルバイトを選ぶことが可能です。

無料会員登録登録で気軽に利用できる点も魅力の1つでしょう。

shot works 公式HP:
https://shotworks.jp/

2. マイナビバイト|圧倒的な求人数が魅力

マイナビバイト』は大手人材サービス企業である「マイナビ」が運営するアルバイト求人サイトです。

その強みは全国230,000件以上の豊富な求人数です。

単発・短期求人も多く、短期バイトではリゾートバイトに強い特徴があります。

日払いバイトの特集ページがあったり、短期・単発は検索しやすい位置にあるので探すのに苦労しません。

また、案件によっては派遣登録が必要なものもあります。

マイナビバイト公式HP:
https://baito.mynavi.jp/

2. 【登録前に確認】派遣とアルバイトの違いとメリット

単発・短期求人を探していると、派遣とアルバイトの2つの方法が必ず出てきます。

どちらの働き方の方が自分にあっているか見極めることで、就業後のミスマッチも防ぐことができます。

そこで本章では、派遣とアルバイトの違いとそれぞれに向いている人を解説していきます。

2-1. 派遣とアルバイトの違い

単発や短期で働いてみると、派遣とアルバイトの違いを感じることはあまりないかもしれませんが、以下の6つの違いがあります。

派遣とアルバイトの6つの違い

派遣アルバイト
1. 雇用主派遣会社勤務先企業
2. 求人の探し方電話やメールで定期的に紹介される自分からサイトで探す
3. 採用までの流れ
  • 派遣会社への登録が必須
  • 選考が多い
  • 選考がない(少ない)
  • 先着順
4. 集合時間30~1時間前5~10分前
5. 給与の支払い方法
  • 締め日と給料日が決まっている
  • 即日払いが少ない
  • 現金手渡しがある
  • 即日払いもある
6. 時給比較的高い比較的低い

一番大きな違いは雇用主で、この違いによって給料の振り込みにも違いが生じてきます。

派遣の場合は派遣会社から給料が振り込まれる仕組みになっているため、多くの場合は当月締めの翌月払いになります。

一方アルバイトの場合、求人にもよりますが、現金手渡しの場合もあるので「すぐに手元にお金が欲しい」という方におすすめです。

また、派遣の場合は派遣先の人と合流してから派遣先に行くため、おのずと集合時間が早まります。

ですので実際に作業に入る30~1時間前には集合しますが、その間は無給となります。

これらの違いを踏まえて、それぞれのメリット・デメリットを表にまとめました。

派遣とアルバイトのメリット・デメリット

派遣アルバイト
メリット
  • 1度登録すると定期的に仕事を紹介してもらえる
  • トラブル時にフォローしてもらえる
  • 高時給求人が多い
  • 交通費が出る
  • すぐに給料が入ることがある
デメリット
  • 給料がすぐにもらえない
  • 選考が多い
  • 時給が低い場合が多い
  • 受け身だと次の仕事がない

このような傾向があるとはいえ、各求人によって詳細は変わってきます。

どちらを選択するにせよ、求人の詳細を調べてから応募するようにしましょう。

2-2.派遣登録がおすすめの人

単発・短期の派遣がおすすめの人は以下のような人です。

単発派遣が合う人の条件

  • これからも継続的に短期のお仕事に就きたい人
  • 求人は自分で探すより紹介してほしい人
  • 少しでも時給が高い求人から選びたい人
  • 単発・短期で働くのが初めてで不安な人

単発でも派遣に登録して働く大きなメリットに、次回以降も継続して仕事を紹介してもらえる点が挙げられます。

次回以降も単発のお仕事がしたいと考えている方は特に、派遣に登録することをおすすめします。

2-3. アルバイトがおすすめの人

単発・短期アルバイトがおすすめの人は以下のような人です。

単発アルバイトが合う人の条件

  • すぐにお金が欲しい人
  • すぐに働きたい人
  • 交通費も出してもらいたい人
  • 1回きりで辞めようと思っている人
  • 60歳以上の人

アルバイトは派遣に比べて気軽に始められる働き方で、大学生も多く利用しています。

すぐにお金が入るので、急な出費に対応することができる点が大きなメリットです。

また、派遣会社は年齢制限がある場合もあるので、60歳以上のシニア世代はアルバイトの方が合う求人と巡り合いやすいでしょう。

3. 派遣会社を効果的に利用するための8ポイント

この章では、派遣会社をより効果的に利用するためのポイントを8つお伝えします。

良い派遣会社を選んでも、上手に使えなければもったいないので必ずチェックしましょう。

3-1. 派遣会社に複数登録する

派遣会社は、複数登録することがおすすめです。

なぜなら、複数登録することで以下3点のメリットがあるからです。

  • 最適な担当営業を選べる
  • 用途によって派遣会社を使い分けられる
  • 独占案件をカバーできる

具体的には、以下のように2~3社の派遣会社に相談し、対応に満足できた派遣会社のどれかに頼ることをおすすめします。

<画像>派遣会社利用方法

3-2. 派遣就労の意欲を見せる

派遣就労への意欲を見せることで、担当営業があなたの優先順位をあげて対応してくれるようになります。

なぜなら、担当営業には派遣契約の成約目標が課されており、派遣契約に結びつきそうな方を欲しているからです。

こういった背景もあり、担当営業とのファーストコンタクトで必ず「就労時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

なお、会社に在籍中の場合は、最短で退職できる見込み日時を伝えておくと良いです。※一般的に、退職には約1か月半~2か月かかります。

3-3. 就業前後のフォロー体制を聞いておく

派遣会社による就業前後のフォロー体制は、必ず聞いておくようにしましょう。

例えば、就業前のフォロー体制については、「希望条件に合った求人紹介」や「企業との面談対策」をしっかりと行ってもらえるかどうかがポイントとなります。

その一方、就業後のフォロー体制については、「派遣先への訪問頻度」や「派遣会社への連絡体制」を聞き出し、就業後もいつでも相談しやすい環境かどうかを確認しておきましょう。

3-4. 派遣会社の福利厚生・研修制度を聞いておく

派遣会社の福利厚生・研修制度も必ず聞いておくようにしましょう。

なぜなら、派遣社員が受けられる福利厚生・研修制度は、派遣先企業のものではなく、派遣会社から提供されるものとなるからです。

ここは勘違いしやすいところですが、非常に重要なポイントなので、必ずおさえておくようにしましょう。

3-5. 担当営業をシビアな目でみる

担当営業に情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

ご支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応いただき感謝をしておりますが、派遣社員としての就労が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他の担当の方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

担当変更がどうしてもしづらい場合は、その派遣会社は諦めて他社を当たりましょう。

3-6. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては、申し出をしない限り情報が残ります。

派遣会社や企業の中でよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ...」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として、紹介する案件を制限されるなどの判断が下されます。

3-7. 気になる求人があったら早めに応募する

派遣会社を利用していて、気になる求人があったら早めに応募するようにしましょう。

なぜなら、派遣の求人は募集ポジションの枠が埋まった時点で、募集が止まってしまうからです。

実際、希望する求人の募集が停止してしまったり、選考途中で募集枠が埋まったことを理由にお見送りとなり、「もっと早めに応募しておけば良かった」と思う方も多くいらっしゃいます。

このようなことにならないよう、気になる求人があったら早めに応募するようにしましょう。

3-8. 同じ求人に複数の派遣会社から応募しない

数社の派遣会社を使っている場合、同じ求人には複数の派遣会社から応募しないようにしましょう。

企業から「他の派遣会社からも応募があるんだけど」と担当者に連絡がいってしまいます。

これにより、企業・担当営業の両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

4. 派遣会社利用の流れ

この章では、実際に派遣会社を利用する場合の流れについてご説明します。

この章でご説明することは、派遣社員として就労するに当たって大事なポイントとなりますので、必ず目を通すようにしてください。

Step 1. 派遣会社に登録する

派遣会社公式ページから登録を行いましょう。

登録の際、以下内容を記載します。

  • 名前
  • 住所
  • 経験
  • スキル
  • 希望職種
  • 就業条件

もし希望職種・就業条件について考えが及ばないようでしたら、派遣会社との面談当日の際に聞くことで、具体的なイメージを持てるようにしましょう。

Step 2. 担当者と初回面談を行う

派遣会社に登録した後、担当者と初回面談を行います。

たいていの場合、面談は以下2つのうちいずれかの方法となります。

<画像>直接面談・対面面談

面談方法について選択できる場合は、直接面談を行ってもらうようにしましょう。

というのも、直接面談の方が電話面談に比べて、時間を取って丁寧に行ってくれることが多いからです。

なお、初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 派遣社員として就業するべきかどうか
  • 派遣社員として就業するとしたら、どのような企業で働けそうか
  • 就業先に関する要望の深堀

実際、面談で気づかされることも多く、面談を通じて具体的な就業イメージをつけられた方も多いので、なるべく多くの派遣会社に意見をもらうことをおすすめします。

Step 3. 求人紹介を受ける

初回面談の後、あなたの希望に合いそうな派遣求人を5件〜20件ほど紹介してもらいます。

<画像>派遣会社求人紹介

思ってもいないような大手企業もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれの派遣会社でしか扱っていない独占求人(その多くは非公開求人)もありますので、派遣会社に2~3社登録し、それぞれの会社で求人紹介を受けることを推奨します

Step 4. 希望求人に応募する

求人紹介を受けた中で、実際に応募したい求人があった場合、その旨を担当者に伝えます。

ここで担当者と良好な関係を築けていると、応募企業に自らをプッシュしてくれることで、選考が有利に進むこともあります。

そのため、派遣会社とのやりとりにおいては常に誠実な対応を取り、良好な関係を築けるようにしておきましょう。

Step 5. 応募先企業と面談(顔合わせ)を行う

書類選考に通過した後、応募先企業と面談(顔合わせ)を行います。

企業との面談に際しては、派遣会社の担当者が同席をしてくれるので、一人よりも安心して臨むことができます。

ただし、建前は企業との「面談」となっていますが、実質は「面接」であることには注意が必要です。

実際、面談中に以下のような質問を受けることもあります。

  • 自己紹介をして頂けますか?
  • 職務についてご説明いただけますか?
  • あなたの長所・短所を教えて頂けますか?
  • 今までの仕事では何に気を付けていましたか?
  • 以前に経験された資料作成は社内向けですか、社外向けですか?

もし、企業との面談に自信がない場合は、以下の記事に面談(面接)のポイントが記載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

Step 6. 就業開始

応募先企業との面談の後、内定が出たら就業開始です。

契約期間が満了するまで、就業先での仕事に精一杯取り組みましょう。

なお、ネット上の大半はここまでの説明で終わっていますが、就業開始後も派遣会社との関係は続きます。

詳しくは、Step7.8にてご説明しますので、しっかりおさえておいてください。

Step 7. 就業後フォローを受ける

就業後も、引き続き派遣会社からフォローを受けることができます。

就業後フォローの一例として、就業後に企業への要望が出てきた場合は、派遣会社が間に入って企業に伝えてくれるといったこともあります。

<画像>派遣会社仲介

その他、派遣会社の研修制度を利用してスキルアップを図ることもできますので、就業後も派遣会社を賢く利用していきましょう。

Step 8. 契約終了前の対応を行う

派遣社員の雇用期間終了が近づくと、以下のうちいずれかの対応を行う必要があります。

  • 契約期間の更新を行う(契約期間3年未満の場合)
  • 他の就業先にて新たな派遣契約を結ぶ
  • 派遣先企業と雇用契約を結ぶ

また、就業後3年以上になる場合は、他の就業先にて新たな派遣契約を結ぶか、派遣先企業と雇用契約を結ぶかのうち、いずれかの対応を選ぶこととなります。

というのも、労働者派遣法により、派遣社員は同じ事業所で3年以上働くことができないと定められているからです。

基本的に、今後の対応については派遣会社から提案をもらえますが、このような対応があるということを事前に知っておきましょう。

5. 【FAQ】単発派遣に関するよくある質問と回答

本章では、単発派遣に関するよくある以下の質問に回答していきます。

Q1 日雇いや日払いについて教えてください

日雇いはの名の通り1日単位の雇用契約で働くことを指す言葉です。

一方、日払い給与システムのことを指す言葉です。

給与計算の締め日が1日単位なので、所定の手続きを行うと、働いた分の給与が翌営業日など比較的短期間のうちに振り込まれるシステムになっています。

注意してほしい点は、日払いだからといって就業の翌日に給料が振り込まれるとは限らないということです。

場合によっては翌週に振り込まれることもあるので、締め日とは別に給料日を確認しておきましょう。

ちなみに、「即日払い」と言われたら就業の翌日に給料が支払われることになります。

Q2 単発・短期はそれぞれどのくらいの期間ですか?

一般的に「短期」は数週間から数か月、「単発は」1日から数日間を指します。

明確な違いはないので、自分の希望する期間と求人の情報がマッチしているか、よく確認してからエントリーしましょう。

Q3 単発派遣の人気の職種にはどんなものがありますか?

男女ともにできる以下のような仕事が人気です。

  • イベント系
  • 倉庫内軽作業系
  • チラシ・サンプリング系
  • 試食販売・デモ販系
  • 引っ越し・事務所移転系

引っ越し・事務所移転系の仕事は、春に繁忙期がやってきます。

シーズンによって求人数が変動するものもあるので、気になる職種は逐一チェックすると良いです。

7. 終わりに

ここまで、単発・短期の派遣について説明してきましたがいかがでしたか。

単発・短期で働く場合は特に、アルバイトとどちらがいいか迷われる方が多いです。

ですのでこれまで説明してきたような特徴、メリット・デメリットを踏まえて、自分に合った働き方を見つけましょう。

以下に、このページで紹介したおすすめの派遣会社とアルバイト求人サイトを紹介しておきます。

おすすめ派遣会社6選

おすすめアルバイト求人2選

あなたがより良いお仕事に巡り合えるよう、心から祈っています。