サンドラッグの薬剤師の年収は高い?口コミ・評判を徹底解説!

「薬剤師として、サンドラッグに転職しようかな…?」「正直、年収はどのくらいなの?」と考えていませんか?

ドラッグストアに転職を考えている薬剤師の方は大手のサンドラッグが候補に上がっているのではないでしょうか。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、サンドラッグの薬剤師の年収について解説します。

  1. サンドラッグの年収
  2. サンドラッグで年収を上げる2つの方法
  3. 年収以外の条件も考えよう
  4. サンドラッグへの転職がおすすめな人
  5. サンドラッグ転職で必ず登録すべき転職サイト5選
  6. 転職サイトがしてくれる4つのこと
  7. サンドラッグの年収に関するQ&A
  8. サンドラッグの年収に関する口コミ

このページを読めば、「サンドラッグの年収」「サンドラッグに転職するべきか」がわかるでしょう。

<2020年8月:薬剤師転職の最新情報>

コロナショックによる経済状況の変化に伴い、採用を控える企業が続出しています。有効求人倍率は毎月下がり続けており、転職の難易度は高まりつつある状況です。

企業はこれまで以上に厳しい目で採用候補者を見極めるようになっているため、書類や面接の準備を徹底しなければなりません。

転職を検討されている方は、選考通過率を高めるためにも、転職のプロの力を借りることをおすすめします。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『薬キャリ』『マイナビ薬剤師』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

未だかつて誰も経験したことのない事態だからこそ、周囲よりもいち早く行動を開始し、戦略的に転職活動を行っていくことが重要です。

1.サンドラッグの年収

サンドラッグの薬剤師の年収について下記の観点から見ていきましょう。

  1. 【雇用形態別】平均年収
  2. 他のドラッグストアと比較したときの平均年収

1.【雇用形態別】平均年収

ここでは下記の2つの雇用形態の平均年収をご紹介します。

正社員

サンドラッグの正社員の薬剤師の年収は比較的高いです。

次の表はサンドラッグの薬剤師の平均年収と平均年齢を薬剤師全体と比較したものです。

平均年齢平均年収
サンドラッグの薬剤師31.9歳526万円
30代前半の薬剤師32.5歳497万円
薬剤師全体46.0歳543万円

30代前半の薬剤師と比較するとサンドラッグの薬剤師は薬剤師全体よりも年収は30万円程度高いです。

また、サンドラッグの薬剤師の平均年収は薬剤師全体の平均年収よりも17万円低いですが、これはサンドラッグの平均年齢が薬剤師全体の平均年齢よりも14歳とかなり低いためです。

実際、サンドラッグの年齢が高い薬剤師の年収は薬剤師全体の平均年収よりも高いです。

以下は年齢ごとの給与モデルです。

  • 30歳 600万円~
  • 35歳 720万円~

もちろん年収は経験や能力によって異なりますが、年齢の観点を考慮すると、サンドラッグの薬剤師の年収は高いと言えます。

補足:初年度の年収

サンドラッグの薬剤師は初年度の年収も非常に高いです。

サンドラッグの薬剤師の初任給は月給336,750円 (一律薬剤師手当12万円含む)となっています。

サンドラッグの初年度の年収は月給とボーナスから算出すると、484万円になります。

また、20代の薬剤師の平均年収は413万円であるので、高年収であると言えます。(平成29年賃金構造基本統計調査)

初年度でもこれほどの高年収を目指せるのは、サンドラッグのような大手のドラッグストアだけです。

パート・アルバイト

サンドラッグはパート・アルバイトで働く際の時給が高いです。

勤務エリアによって時給が変わりますが、時給は2,000~2,500円となっています。

仮に時給を2,250円、正社員と同様にフルタイムで働くとすると、年収は432万円となります。

時給は店舗によって異なるので、詳細に関しては転職サイトに登録して、コンサルタントに詳細情報を確認してもらいましょう。

おすすめの転職サイトは「5. サンドラッグ転職で必ず登録すべき転職サイト5選」でご紹介します。

2.他のドラッグストアと比較したときの平均年収

サンドラッグの平均年収は他のドラッグストアと比べても比較的高いです。

以下の図は主要なドラッグストアの年収を示したものです。

ドラッグストア平均年齢年収
マツモトキヨシ45.0歳764万円
スギ薬局40.9歳711万円
サンドラッグ31.9歳526万円
ウェルシア55.6歳709万円
コストコ記載なし時給制のため記載なし

しかし、注意しなければいけないのは、あくまで従業員全体の平均となりますので、一般従事者や事務、管理職、登録販売者など、全ての方が入っているということです。

また、先ほど述べたように、平均年齢も会社ごとに違います。

平均年齢と合わせて年収もチェックしましょう。

補足:サンドラッグの年収が高い理由

サンドラッグの年収が高いのは、サンドラッグは事業拡大のために、人材を確保したいので、年収を高く設定しているからです。

ドラッグストア業界では各企業がどのように事業を拡大していくかを模索していますが、サンドラッグでは薬剤師のスペシャリストを育て、それぞれの地域のかかりつけ薬局というポジションを確立することで事業安定、拡大を目指しています。

そのためには、優秀な人材が多く必要なので、年収が高くなっています。

実際、勤続年数が長いと高年収が実現できます。

2.サンドラッグで年収を上げる2つの方法

ここまでサンドラッグの薬剤師の年収は比較的高いということをご紹介してきました。

ここからは、さらにサンドラッグで年収を上げる方法を解説します。

年収を上げる方法は主に2つあります。

  1. 管理薬剤師になる
  2. 社内資格を取る

2-1.管理薬剤師になる

どこの職場でも有効な方法は管理薬剤師になるという方法です。

薬局やドラッグストアで働く管理薬剤師は、局内または店舗内にある医薬品の管理だけでなく、従業員の監督業務などを行っています。

管理薬剤師の平均年収は611万円ほどで、これは薬剤師の平均年収より80万円ほど高いです。

管理薬剤師が一般の薬剤師スタッフに比べて高収入が期待できるのは、基本給与とは別に資格手当のつくからです。

2-2.役職に就く

サンドラッグの薬剤師は役職に就くことで年齢によって上がる基本給に加えて、役職手当をもらうことができます。

年1回の昇格試験で役職を得ることができます。

店長よりも地位の高い「地域リーダー」になると大幅に給与が上がるので、年収を上げたい方にはおすすめです。

3.年収以外の条件も考えよう

ここまでサンドラッグの薬剤師の年収や年収の上げ方について紹介してきました。

しかし、転職する際は年収以外の条件も考えるようにしましょう。

年収だけを考えて、これらの条件を考慮せずに転職してしまうと転職に失敗して後悔する可能性があります。

口コミ・評判

30代前半・女性

あるドラッグストアに勤めていましたが、周りの同僚が転職する姿を見て、自分も転職して今まで以上にいい環境を手に入れようと考えてしまいました。

最寄駅で今よりも待遇のいい大手ドラッグストアを目にしたので、深く考えずに面接を受けにいくと採用担当も親身に話を聞いてくれ年収も上がるということで、その場で転職を決断しました。

しかし、サービス残業が想像以上に多いので、家からは近い職場なのにも関わらず、帰宅時間は以前より遅いくらいです。転職して3ヶ月ですが、次の転職をすでに検討しています。

このように年収以外の条件を確認しなかったことで、転職を失敗したという方は非常に多いです。

転職を成功させるために年収以外の条件もしっかりと確認しましょう。

職場を選ぶ条件は年収以外に以下のようなものがあります。

  1. 業務内容
  2. 勤務地
  3. 勤務時間
  4. キャリアパス
  5. 福利厚生

順に見ていきましょう。

3-1.業務内容

サンドラッグは、「1店舗2ライン制」を採用しています。

「1店舗2ライン制」とは、社員を次の2つの役割に分けるシステムです。

  • 調剤・OTCカウンセリング=薬学的な専門スキルが必要な仕事 
  • 店舗運営・経営数値の管理=店舗の運営・経営に関する仕事 

サンドラッグはこの2つの役割に分けて、店舗運営を行っているので、薬剤師は薬剤師としての仕事に集中することができます。

また、サンドラッグの薬剤師は、入社時に次の3つから仕事内容を選ぶことができます。

  • 調剤専門
  • 調剤とOTCを両方行う
  • OTC専門

サンドラッグの薬剤師の業務内容は、専門性が高く融通が利くと言えます。

ただし、業務内容は配属先によって変わることもあります。

各店舗の業務内容に関しては、転職サイトに登録してコンサルタントに詳細情報を確認してもらうことをおすすめします。

企業の採用担当者には直接言いづらい事もありますが、コンサルタントを利用すれば条件交渉を代行してくれますので、気兼ねなく自分の希望を伝える事ができます。

おすすめの転職サイトは「5.サンドラッグ転職で必ず登録すべき転職サイト5選」でご紹介します。

3-2.勤務地

勤務地の範囲

サンドラッグでは、一人一人のライフスタイルに合わせての2つのパターンから勤務地を選択できるように社員区分が分かれています。

社員区分勤務地の範囲
ナショナル社員採用本拠地を中心に全国勤務可能
狭域エリア社員居住地を中心に90分以内で勤務可能

自分のライフスタイルに合わせて社員区分を選べるのはサンドラッグで働くメリットです。

また、社員区分の中でも、ナショナル社員を選択した際には転居が伴います。

その場合サンドラッグでは、社宅制度が充実しているので、転勤の場合には安心です。

展開店舗

サンドラッグは約660店舗を展開しており、薬剤師は社員区分で定められた範囲の各店舗に勤務します。

ただ、勤務地によって給与が異なるので、自分の希望勤務地の給与を確認してみましょう。勤務地は希望勤務地を考慮してもらえるので、安心です。

サンドラッグは本社が東京都なので、首都圏を中心に店舗展開を行っています。

下記の通り首都圏の店舗が多くなっています。

展開地域店舗数
首都圏エリア約315店舗
東海エリア約80店舗
近畿エリア約100店舗
東北エリア約40店舗
九州エリア約65店舗
北関東エリア約30店舗
甲信越エリア約25店舗
中国エリア約5店舗

首都圏で自宅近くのドラッグストアに勤務したいと思っている方におすすめです。

3-3.勤務時間・休暇

サンドラッグの1日の勤務時間は原則8時間となっています。変形労働時間制で週40時間以内でシフトを作成して勤務します。

勤務体系的に土日の両日を休む事は難しく、自由があまりききません。

さらに、サンドラッグの残業時間は40〜50時間程度です。

ドラッグストアは一般的に社員の残業が避けられない職場だと言われていますが、その中でもサンドラッグは残業の比較的多い企業だといえます。

ただ、ドラッグストア業界は店舗によって業務量や忙しさ、勤務開始・終了時間に差があります。転職時には事前の店舗見学と、転職サイトのコンサルタントへ相談をおすすめします。

おすすめの転職サイトは「5.サンドラッグ転職で必ず登録すべき転職サイト5選」でご紹介します。

3-4.キャリアパス

サンドラッグのキャリアパスは、薬剤師の専門性を伸ばすことを大切にしています。

将来的には「調剤+OTC併設型かかりつけ薬局」等で活躍できる人材を育成することを目的とされていて、入社時の「OTC販売」と「調剤スタッフ」の選択後も、それぞれの職種を経験出来るよう以下の4コースが用意されています。yakuzaisi

薬剤師としてプロフェッショナルの道を極めることも、将来的に店舗運営・本部スタッフとして管理側に回るなど、豊富なキャリアパスが開かれています。

3-5.福利厚生

福利厚生は転職する際に重要なポイントです。

以下はサンドラッグの福利厚生です。

  • 退職金制度
  • 社員持株会
  • 財形貯蓄
  • 住宅資金貸付制度
  • 薬剤師国家試験準備休業制度
  • ボランティア休暇制度
  • 保養所(蓼科山荘、南箱根山荘、山中湖リゾートマンション)
  • 全国契約保養所
  • 優秀販売員・優秀接客者表彰
  • 弔辞見舞金

他には社員割引や残業手当など大手ならではの福利厚生が揃っています。

他のドラッグストアと比べてもかなり充実した福利厚生制度で、特に子育てサポートと社宅に力を入れています。

子育てサポート

「復職フォロー制度」「育児休業延長制度」や「育児短時間勤務延長制度」という制度があり、とても充実しています。

復職フォロー制度

4年以上勤務した方であれば、一度退職しても会社の全面バックアップのもと、一定の基準に従い、退職前の給与や役職を考慮して復職できる制度です。

雇用形態も、準社員、アルバイトなど選択が可能で、結婚や出産を機に退職した薬剤師の方が積極的に活用されています。

例えば、妊娠に伴い退職をしたが、出産後に復職したいと考えている女性の場合、1年以上のブランクがあるケースが多いです。

長期間のブランクがある場合、初めての会社より、長年働いていてた会社の方が復職しやすいです。

また、退職前の給与や役職を考慮してもらえるというのも大きなポイントです。

育児休業延長制度

法律上では育児休業期間は1年間ですが、サンドラッグでは2年間まで延長できます。

育児短時間勤務延長制度

この制度は、法律上では子供が3歳の誕生日を迎えるまでの勤務時間を6時間に短縮できる制度ですが、サンドラッグでは子供が小学校4年生になるまで延長できます。

社宅制度

サンドラッグの社宅制度として、「男性用の独身寮・独身者用マンション」や、「転勤借上社宅制度」があります。

独身寮は、会社が単身者用に用意する社員寮のことで、家賃を安く抑えることができます。

また、同じ独身寮に住む社員との交流を深めることもできます。

借上社宅制度とは、一般賃貸を不動産業者から会社が借り入れて、その借り入れた賃貸物件を社員に貸し出す制度のことを指します。

転勤借上社宅制度により、忙しい中、転勤時に自分で住むところを探す必要がなく、引っ越しに伴う様々な手続きの負担が軽減されます。

4.サンドラッグへの転職がおすすめな人

以上から、サンドラッグへの転職がおすすめな人は以下の人です。

  • 年収を上げたい人
  • 業務内容を自由に選びたい人
  • 首都圏に住んでいる人
  • 子育て中の人

しかし、先ほども述べた通り、ドラッグストア業界は店舗によって業務量や忙しさに大きな差があり、業務内容は配属先によって変わるので、一概にはおすすめとは言えません。

そこで、転職サイトに登録してコンサルタントに各店舗の業務内容や業務量などの詳細情報を確認してもらうことをおすすめします。

一人で転職を決めるのは危険

先程、年収以外の条件も考慮して転職するべきだというお話をしました。

そんな中で、希望条件に関する情報がなく、本当に転職をしていいのか決めることができない方も多いかと思います。

そのような状態で一人で転職を決めてしまうのは危険です。

そんな時は、 詳しく頼りになる相談相手を作りましょう。

注意点:職場の人への相談はNG!!

職場の同僚や上司などへの転職の相談は絶対にしないように注意しましょう。理由は下記のようにたくさんあります。

  • 転職をやめたとしても、一度転職をチラつかせたことで職場で腫れ物扱いされる
  • 引き止められてしまい、正しい判断ができなくなる
  • 仲のいい同期であっても、他の人に漏らしてしまう可能性がある

そのため、転職・退職を決めるその日までは仲の良い同期にもバレないようにしましょう。

とはいえ、職場の人以外そんなこと相談できる人がいない..と言う方がほとんどかと思います。

そんな時は「転職サイト」というサービスを活用しましょう

1. 薬剤師向け転職サイトというサービス

薬剤師向けに転職サイトというサービスがあり、それに登録すると、担当者がつき、転職して良いのか、どこに転職すれば良いのかの相談に乗ってくれます。

いまの悩みをきちんと聞いてくれ、アドバイスをくれることから多くの薬剤師さんが転職を検討する時に使っています。

そして、あなたが転職を決めた場合は、あなたの悩みを解消するような転職先を教えてくれ、全力でサポートしてくれます。

転職に悩んだ時の相談相手としては最もおすすめです。

2. 相談相手以上の価値がある

私自身、転職サイトは相談相手としてだけの価値ではなく、相談相手以上の価値があると考えています。

それは、転職を決めた後のタイミングで下記のような、他を探してもないようなサポートをしてくれるからです。

  • 各種手続きや職場との最終調整を行なってくれる
  • 求人票ではわからない職場の内部情報を教えてくれる

求人票ではわからない職場の内部情報を教えてくれる

各職場の雰囲気や労働環境など、「求人票には出ない情報」を教えてくれます。

なぜなら、転職サイトは過去に転職を決めた方や、職場の担当者など、各職場に強いパイプを持っているからです。

今の職場がうまくいかなかったのも、こういった情報が事前になかったことが大きいかと思います。

事前に情報を教えてくれる転職サイトを使わない手はありません。

各種手続きや職場との最終調整を行なってくれる

転職は面接を受けて、採用されて終わり…というわけではありません。

それぞれお給料も違うので最終的な条件の交渉や、転職時に提出する書類の準備などもあります。

そういった、初めての転職では少し大変なことも転職サイトは代理で実施してくれます。

以上のように、転職サイトに登録すると、相談相手という以上に転職全般をサポートしてくれる存在になります。

完全無料なので、気軽に使ってみましょう。

5. サンドラッグ転職で必ず登録すべき転職サイト5選

サンドラッグへの転職で活用すべき転職サイトがあれば教えて下さい!

サンドラッグへの転職は、高年収求人は容易に見つかる一方で、店舗特有の忙しさや人間関係で失敗する可能性もあると言えます。転職サイトへ登録する際は【転職サポートが十分か?】という観点で探し、職場の状況について教えてもらうようにしましょう。

【ドラッグストア求人が豊富にあるか?】という観点も併せて、おすすめの転職サイトを5つピックアップしましたので、目的に沿って少なくとも3つ程度登録しておく事をおすすめします。

登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

転職サポートドラッグストア求人特徴
薬キャリ
業界1位
抜群にスピーディで丁寧な転職サポートが強み。
マイナビ薬剤師
業界2位
全国主要都市で面談を実施。面接が不安な人におすすめ。
リクナビ薬剤師
業界1位
求人数No.1。コンサルタントが優秀、初転職におすすめ。
ファルマスタッフ
業界2位
求人数No.2。総求人数は業界No.1。調剤薬局求人に強み。
アプロドットコム希望の求人地域がある人におすすめ。

5-1. 薬キャリ|スピーディで丁寧な転職サポート

スクリーンショット 2016-02-23 22.33.57

『薬キャリ』は、SONYグループが分社してできた薬剤師転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさ。転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)や、調剤薬局(業界3位)以外にも、企業薬剤師求人数も業界1位と様々な職種に強い転職サイトです。病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

さらに、200人の口コミ比較でわかった薬剤師転職おすすめランキングによると、転職サポートが抜群にスピーディな事が分かりました。転職できるまでのフォローが丁寧という口コミも多く、希望店舗の内情をしっかりヒアリングしてみてはいかがでしょうか?

口コミ・評判

T. K. さん(20代後半)
調剤薬局→ドラッグストア
初めての転職で薬剤師転職に強いと評判のサイトに登録したが、電話やメールが遅くて不安になり、ネットの評判が良かった薬キャリに登録しました。
登録後、すぐに電話と求人を頂け、その後の対応も大変スピーディでした。転職しようと考えていた求人をいくつか伝えると、「◯◯は職場環境が厳しいのでおすすめしない」と内情も教えて頂けました。なにより担当の方が親身に対応してくれたのでスムーズに転職することができました。

公式サイトを見る

5-2. マイナビ薬剤師|面談でのサポート力が高い

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。全国の主要都市に支店を持っており、特に地方在住の薬剤師の方は、ぜひ登録をおすすめします。
公式サイトを見る

5-3. リクナビ薬剤師|コンサルタントが優秀・ドラッグストア求人No.1

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

ドラッグストア求人数は業界1位とドラッグストア転職に強いリクナビ薬剤師ですが、強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント。求人紹介だけでなく、希望のドラッグストアから欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職コンサルタントに相談して損は無いでしょう。ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。
公式サイトを見る

5-4. ファルマスタッフ|ドラッグストア求人No.2

『ファルマスタッフ』は大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていた転職サイトですが、そのネームバリューで病院・ドラッグストアなどでも求人を多く掲載しており、「求人の質・量」は業界トップという評価です。

また口コミ評判によると、面接が不安な転職者向けの面接同行サービスも高い評価を受けています。面接が不安な方は、登録しておいて損は無い転職サイトだと言えるでしょう。
公式サイトを見る

5-5. アプロドットコム|独立系・希望求人を徹底的に探す

アプロドットコム

『アプロドットコム』は1998年に設立された薬剤師転職支援サービスです。

独立系の転職サイトとしてスタートしたので調剤薬局などの後ろ盾が無く、「転職希望者のニーズを徹底的に聞いて求人を探す」事をモットーに成長してきました。「XX駅の近くで」と要望があった時は、XX駅周辺の薬局に全てコンタクトを取って求人を探す姿勢が高評価を受けています。

独立系ですので、特定の求人を強くおすすめされる事もありません。今の職場に満足しておらず、フラットに次の働き方を考えている人は、必ず登録しておきましょう。
公式サイトを見る

6.転職サイトがしてくれる4つのこと

転職サイトって登録するとどうなるの?何をしてくれるの?と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思うので、この章では転職サイトがしてくれることについて紹介をしていきます。

転職サイトは選考前から、入職後までとにかく手厚いサポートを無料で行ってくれます。

具体的に、大きく分けて以下のようなサポートをしてくれます。

反対に転職サイトを使わずに転職をすると各ステップで非常に苦労するので、そこも合わせて説明していきます。

STEP1. 面談(希望条件などのすり合わせ)

転職サイトに登録をすると、転職サイトの担当者が連絡をしてくれます。そして、その後時間を合わせて、対面もしくは電話で面談を行います。

「転職しようか迷っている」レベルの相談から「こんな職場に転職したい」などのヒアリングまでを行ってくれます。

また、あなたの希望に応じて、その後求人をガンガン紹介してくれるようになるので、以下のような譲れない条件があれば,ここでぶつけておきましょう。

  • 希望の給料やボーナスの水準
  • 夜勤なし、休みやすいなどの働き方の要望
  • 希望の勤務場所(立地や交通の便)
  • 「調剤薬局がいい」などの転職先の希望

STEP2. 求人の紹介

面談の後は、あなたの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職サイトが応募手続きを代行して行ってくれます。

この時、転職サイトだから知っている職場の実情なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職サイトの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない「非公開求人」も存在します。

非公開求人は何がいいの?

転職サイトを使っている方にとって、非公開求人は「好条件の求人が多い」というメリットがあります。

実際にネット上に公開されたら応募者が殺到してしまう、今働いている方よりいい条件になってしまうなど、非公開求人は「非公開にすべき理由」のあるいい求人が非常に多いです。

STEP3. 選考のサポート

履歴書や面接対策などの「受かるためのサポート」も転職サイトは必死に行ってくれます。

転職サイトはあなたが転職に成功し、入職して初めて「紹介料」をもらえます。

そのため、紹介して終わりではなく、受かるためのサポートも徹底的に行ってくれます。

また、あなた自身ではなかなかしづらい、条件面の交渉も担当者が行ってくれますので、希望の条件をしっかりと伝えておきましょう。

STEP4. 内定後のサポート

内定した後もサポートは以下の面で、手厚く実施してくれます。

  • 職場側との条件などの調整
  • 入職手続きの代行
  • 現職の退職交渉のアドバイス

以上のように、内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれ、面倒な手続きなどもほとんど代行してくれます。

また、転職サイトの中には入職後も困ったことがあれば気軽に連絡できるような仕組みを整えているところも存在します。

7.サンドラッグの年収に関するQ&A

ここで薬剤師の年収についてよくある質問に回答していきます。

  1. サンドラッグの生涯年収はどれくらい?
  2. 残業代はでるの?

Q1.サンドラッグの生涯年収はどれくらい?

年齢別の給与を参考に生涯年収を算定しました。

サンドラッグドラッグストア業界
生涯賃金2.6億円2.4億円

※あくまでも予測シミュレーション数値です。

サンドラッグの薬剤師の生涯年収はドラッグストア業界の平均生涯年収を2000万円近く上回っています。

やはりサンドラッグは年収を上げたい薬剤師の方におすすめです。

Q2.残業代は出るの?

残業代は1分単位で発生するので、安心して働けます。

もしサービス残業を強いられたら、本部の相談窓口に相談すれば、対応してくれます。

8.サンドラッグの年収に関する口コミ

ここで、サンドラッグに勤務する薬剤師の年収に関する口コミをご紹介します。

口コミ・評判

20代後半・男性・年収480万円
評価:★★☆☆☆2
昇給のための試験、面接があるが、上司に気に入られなければ昇給しにくい。
口コミ・評判
30代後半・女性・年収700万円
評価:★★★★☆4
勤続年数が上がるにつれて基本給が上がっていくので、長く働く人にはいいと思う。

口コミ・評判

30代前半・男性・年収700万円
評価:★★★★☆4

残業代はしっかり出ます。残業は多めですが、その分給料も上がるので、年収を上げたい方はおすすめです。

口コミ・評判

30代前半・女性・年収600万円
評価:★★★★☆4
昇給制度が非常に充実しています。周りの薬剤師は昇給に貪欲でないので、努力すればチャンスはあるでしょう。

口コミ・評判

20代後半・女性・年収500万円
評価:★★★★☆4
新卒で500万円近くになるもあります。初任給が高いのはポイントです。

口コミ・評判

20代後半・男性・年収530万円
評価:★★★☆☆3
残業が多い店舗と少ない店舗の差が大きいです。立地次第ですね。

まとめ

サンドラッグでの薬剤師の年収についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

サンドラッグへの薬剤師転職は高年収求人が多いと大きなメリットがありますが、試験に合格しないと給料が上がらないという問題点もあります。

ポイントは高年収で良い職場を探すコツを知る・サンドラッグ転職に強い転職サイトに複数登録するの2点です。

これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライする事をおすすめします。

また、以下が薬剤師の転職に強い転職サイト5選です。

※薬剤師が転職するときの注意点

薬剤師は転職率が高く、「年収アップ」などの理由で転職する人が多い業界ですが、口コミの通り、職場雰囲気の悪さや長時間労働に後悔するケースが多いのも事実です。

『薬剤師の転職で失敗しない!体験談と転職ノウハウの全てを』見て、後悔しない転職を実現してください。

特に初めて転職する人は、職場雰囲気のヒアリングや面接対策などのため、転職エージェントを活用することをおすすめします。
『薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!』を参考にすると良いでしょう。

転職活動は、将来のキャリアや待遇などに検討すべきことが多く、すぐに決められるものではないので、しっかり考えた上で、次の一歩を踏み出してくださいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。