アパレル業界内外への転職を成功させたい|より良い環境・年収を手に入れるための全知識

「アパレルから転職して年収を上げたい」「もっと待遇のいい環境で働きたい」など、アパレル業界内外への転職をお考えではないですか?

結論から言うと、アパレル業界内外への転職はエージェントとサイトを活用すれば、理想のキャリアアップの実現につなげることができます。

このページでは、転職コンサルタントである私が、アパレル転職を成功させるための全知識を以下の流れで解説します。

  1. アパレル転職で年収・待遇を上げることは可能
  2. アパレル業界内で転職する際の注意点
  3. アパレル業界から他業界へ転職する際の注意点
  4. 【目的別】厳選おすすめ転職エージェント・サイト
  5. 【FAQ】アパレル転職に関してよくある質問と回答

このページを全て読めば、「アパレル業界の転職事情」と「どうしたらより良い職場を見つけられるか」を知ることができます。

1. アパレル転職で年収・待遇を上げることは可能

アパレル転職を考えている方には「年収が上がらない」「体力的にキツイ」「キャリアの選択肢が少ない」などと現職に不満を持つ方が多いです。

結論から言うと、転職で年収や待遇を上げることは可能ですが、狙う業界・職種によって注意すべき点が変わってきます。

本章では、「アパレル業界内での転職者」「アパレル業界外への転職者」のパターン別に、以下の流れで転職活動の実情を解説していきます。

アパレル転職でよくある転職先は、以下の通りです。

他業界への転職
  • 営業職
  • 接客・販売職
  • 事務職
  • 総務職
  • 経理職
  • 介護職
アパレル業界内
  • 販売職
  • デザイナー職
  • 商品企画職
  • 事務職
  • ECプランニング・運用、webマーケティング職
  • アパレルメーカー
  • 外資系アパレル企業

こう見てみると、思いのほか様々なキャリアの選択肢があるように見えるでしょう。

しかし、これまでの経歴によってすぐには転職できない場合も多いという現実もあります。

1-1. 他業界への転職

アパレル業界で働いていた方が他業界に転職する場合、業界を問わず営業職や接客・販売の仕事に就くことが非常に多いです。

これは、営業職や接客・販売職はアパレル業界と親和性があり、他業界の中でもすぐに正社員登用を狙えるという実情があるからです。

また、それ以外の経理・事務・企画などのオフィスワークの仕事を目指される転職者も多いです。

しかし、事務系の仕事は未経験でも採用されますが、営業職ほど求人は多くありません。

もし、アパレル販売員の職歴のみならば、派遣やアルバイトといった形で事務・経理を経験した後、正社員としての登用を目指すのが現実的です。

1-2. アパレル業界内への転職

アパレル業界内でも別のアパレルメーカーや外資系アパレル企業の販売職に転職したり、事務やECプランニングなどの座り仕事への転職をすることで、年収アップやキャリアアップを図る方が多いです。

しかし、デザイナー職・商品企画職は、専門学校卒の方のみが合格するなど経歴が影響してくるのが実情です。

ですので、専門学校卒ではない方や販売職の経験しかない方は、未経験OKの事務職に応募したり、PCスキルを磨いてからwebマーケティング職を志望すると良いでしょう。

2. アパレル業界内で転職する際の注意点

本章では、アパレル業界内で転職する前に知っておきたい点を以下の流れで解説します。

2-1. 年収アップの見込みと相場

転職の際、企業が転職者の年収アップを検討する材料のひとつが前職での「基本給」です。

基本給は個人のスキルや実績への評価ですので、基本給450万円+残業代50万円のAさんと、基本給500万円のBさんでは、転職時の年収交渉難易度が変わってきます。

気を付けるべきなのは、同額の年収でも基本給の差で転職後の年収がダウンしてしまう可能性がある方です。

年収10%アップで企業から内定を獲得した場合でも、AさんとBさんでは年収に差がでますし、残業代がない場合はBさんの年収は下がってしまいます。

Aさんの年収アップの相場例:450+450×0.10%=495万円

Bさんの年収アップの相場例:500+500×0.10%=550万円

また、転職で目指せる年収アップの相場は「現在の基本給×5~15%程度」です。

2-2. 転職で年収やワークライフバランスを充実させるには?

アパレル業界内で転職し、年収やワークライフバランスを充実させたい方は、事務や企画職などのオフィスでの座り仕事を目指すべきです。

販売員から他店舗・他企業の販売員に転職しても、オフィスで働くほどの待遇改善は臨めない求人が多いからです。

しかし、未経験の職種への転職は万全の対策を行わないと合格するのは難しいという現実もあります。

そこで、転職エージェントなどの転職のプロからアドバイスを受けられるサービスを利用し、転職活動を進めることをおすすめします。

おすすめのアパレル転職でおすすめのエージェント・サイトについては、4章「おすすめ転職エージェント・サイト15選」にてご紹介しています。

3. アパレル業界から他業界へ転職する際の注意点

アパレル転職で、年収・待遇アップを求める方の多くは他業界への転職を検討します。

しかし、転職の際には以下のような実情・注意点を理解しておくことが大切です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1. 「未経験OK」を真に受けてはいけない

アパレル業界から他業界へ転職する際には「未経験OK」の求人に応募することになると思います。

しかし、「未経験OK」とはいっても、実際は「スキル・資格保有者の中で実務経験がない人を募集」という意味の会社が多いです。

ですので、全く業界の知識もなく、資格も保有していない状態で合格することは難しいでしょう。

転職の基本は、「これまでの経験の中で生かせるものをアピールする」ことです。

つまり、いきなり大幅な年収・待遇アップを求めて、全く知らない業界ばかり応募するのは非常に危険です。

どうしても行きたい業界がある場合は、資格の研修が整っている転職エージェントを利用しながら勉強と転職活動を両立させるなどの、工夫と努力が必要になります。

3-2. 営業職がねらい目

上記の注意点を踏まえると、アパレル業界から未経験業界に転職する際は、これまでの経験をしっかり活かせる職種を選ぶと内定を掴みやすいです。

アパレル業界での経験を活かせるのは、「営業職」「接客・販売業」です。

実際、アパレル業界で販売員として働く中で培ったコミュニケーション能力が評価されやすく、転職者の数も多い結果となっています。

特に営業職はどの業界でも求人数が多く、内定が貰いやすいです。

もちろん、1章でご紹介したように「介護」「経理」「事務」などの職種に転職される方もいらっしゃいます。

しかし、それらの職種だけに絞って転職活動を行うとかえって「希望しない年収や待遇の職場しか受からなかった」という事態も考えられますので、幅広い職種を検討するようにしましょう。

ご自身の経歴をどのように転職活動に活かせるのかは、転職エージェントでコンサルタントにヒアリングしてもらうと明確になります。

次章のおすすめエージェント・サイトに登録し、効率よく転職活動を進めるようにしましょう。

4. 【目的別】厳選おすすめ転職エージェント・サイト

本章では、アパレル内・外転職志望者向けに厳選したおすすめの転職エージェント・サイトをご紹介します。

自分が目指す業界に併せて、利用するエージェント・サイトを選んでください。

4-1. 他業界への転職を志望する方におすすめ5選

アパレル業界から他業界へ転職するなら、以下に紹介するような大手総合転職エージェントがおすすめです。

なぜなら、求人数が多く、幅広い業界・業種の求人を保有しているため、より希望に叶う求人に出会う確率が上がるからです。

また、大手転職エージェントは求職者に対してサポートが手厚い会社が多く、応募から面接まで一貫してサポートを受けることが可能です。

以下で詳しく紹介していきます。

マイナビエージェント|初めての転職に強く20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント|求人数豊富。地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

type転職エージェント|首都圏とIT職種に強い

type』は1994年から運営をしている老舗エージェントで、幅広い年齢・職種のサポート実績がある総合転職エージェントです。他にも、『type女性の転職エージェント』があり、女性には強くおすすめできます。

サポート範囲は、首都圏のみですが、未経験OKの案件を多く保有しているため、職歴に自信がない方も気軽に相談してみましょう。

公式サイトを見る:
https://type.career-agent.jp

4-2. アパレル業界内での転職を志望する方におすすめ4選

アパレル業界内での転職を考えるなら、アパレル求人が豊富な以下のアパレル専門エージェントの利用がおすすめです。

気になるサイトがあれば、ぜひ2~3社登録しておくことをおすすめします。

クリーデンス|アパレル業界の全ての職種に強い

クリーデンス』は、人材大手のインテリジェンスが運営するアパレル専門転職エージェントです。

アパレル・ファッション業界を志望するすべての方におすすめで、サポートの質や案件数はすべての職種に強く、特にパタンナー・デザイナーを志望している場合は他者と比べても案件数が豊富です。

また公開案件の約3〜4倍の非公開案件を持っていますので、登録して相談してみるとあなたの望みにぴったりマッチする優良案件に出会える能性が高いです。

クリーデンス公式ページ:
https://crede.co.jp

ファッショーネ|首都圏在住者におすすめ

スクリーンショット 2015-12-30 18.42.50

ファッショーネ』は、レバレジーズが運営するアパレル業界に特化した転職サービスです。

案件を首都圏に絞っており、ほとんどが都内の案件ですので、勤務地を都内に絞っている方には特におすすめです。

店舗見学に同伴してくれ、実際の働くイメージをもたせてくれたり、希望を出せば場合によっては面接に立ち会ってくれるなど、サポートの質は大変優れています。

ファッショーネ公式ページ:
https://fassione.com

エラン|アパレル業界出身のコンサルタントにサポートしてもらえる

スクリーンショット 2015-11-15 23.23.42

エラン』は老舗のアパレル業界専門の転職エージェントです。

アパレル業界出身のキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれ、サポートの質は大変優れています

職種別の職務経歴書フォーマットを提供・添削してくれたり、面接をするときは事前のアドバイスをしてくれるのはもちろん、場合によっては面接本番に同席してくれます。

エラン公式ページ:
https://www.elan-jp.com

アパレル転職ナビ|きめ細かい面接対策で内定を目指す

スクリーンショット 2015-12-30 18.45.07

アパレル転職なび』はシーエーセールススタッフが運営するアパレル業界に特化した転職エージェントです。

きめ細かい模擬面接は業界でも有名で、任意でビデオ撮影をしてくれ、具体的なアドバイスをもらうことができます。

案件数や対応地域は特筆すべきポイントはありませんが、面接対策に不安がある方に特におすすめです。

アパレル転職なび公式ページ:
https://tenshoku.ca-ss.jp

4-3. エージェントに断られたら利用したい転職サイト6選

転職エージェントに断られたら、自分でサイトに掲載されている求人に応募する「転職サイト」を利用しましょう。

エージェントと違い、コンサルタントによる応募書類の提出や面接対策などのサポートを受けることはできません。

しかし、自分のペースで求人を探し、応募することができる点はメリットと言えます。

他業界への転職希望者におすすめ3選

アパレル業界内での転職希望者におすすめ3選

以下で詳しく紹介していきます。

doda|特に20代から高評価の転職サイト

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職サイトです。

案件の数ではリクナビNEXTに劣りますが、求人の幅広さや、面接対策・職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、20代から非常に高い評価を受けています。

doda(サイト版)公式HP:
https://doda.jp/

リクナビNEXT|全国求人数No.1の転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT』は、転職業界最大手のリクルートが運営する求人型サイトです。

求人件数も首位で(具体的な数値は非公開)、会員数については約600万人、2番手が300万〜350万前後と言われていますから、国内での優位性は圧倒的No.1です。

年収500万円を超えるようなハイクラス人材であれば、『ビズリーチ』がおすすめですが、年収500万円に満たない方であれば、すべての人におすすめできる転職サイトです。

公式サイトから登録する:
https://next.rikunabi.com/

type|優良企業を多数紹介してくれる

スクリーンショット 2015-10-04 21.54.05
『Type』は、東証一部上場の株式会社キャリアデザインセンターサイトが運営する求人型サイトです。

求人数はもちろん、サイトの操作性が非常に高くリクナビNEXTと同様の人気度です。

求人は日系大手から外資系企業まで幅広く取り揃えており、さらなるキャリアアップを図りたい方におすすめします。

type公式HP:
https://type.jp/

ブランドマッチ|アパレル・コスメに特化。外資やハイブランドを狙う人におすすめ

ブランドマッチ』は、ファッション・アパレル業界の転職サイトです。

アパレル・コスメに特化し、ユーザーにとって1番の提供をすることを最優先にサービスを展開しています。

また、求人も外資系ブランドが多いのでハイブランドや外資系に興味がある方は登録することをおすすめします。

ブランドマッチ公式ページ:
https://brandmatch.jp

fashonHR|アパレル・ファッション業界の求人を網羅

スクリーンショット 2016-04-11 19.32.17

Fashion HR』はアパレル・ファッション業界の幅広い案件を取り扱っている転職サイトです。

雇用形態はアルバイトから、派遣、正社員/契約社員、業務委託、繁忙期の短期アルバイト、すべての形態を網羅的に取り扱っています。

雇用条件に関わらず案件を探してみたい方はぜひおすすめです。

Fashion HR公式ページ:
https://fashion-hr.com/

女の転職type|正社員希望者必見の女性専門サイト

女の転職type』は大手人材サービス「type」の女性に特化したサービスです。

「アパレス・コスメの求人」という特集も組まれており、また「18時までに退社」「育児と両立」「正社員×土日祝休み」などのこだわり条件から探すこともできるため、あなたらしくワークライフバランスを取れる仕事を見つけることができるでしょう。

全国に対応したサイトとはなっていますが、関東圏の正社員求人が集中している点が特徴です。

女の転職type公式ページ
https://woman-type.jp/

5. 【FAQ】アパレル転職に関してよくある質問と回答

本章ではアパレル転職に関してよくある以下の質問に回答していきます。

では、以下で詳しく見ていきましょう。

Q1 販売員が目指せるキャリアアップはどのようなものですか

アパレル販売員が目指せるキャリアパスには、以下のようなパターンがあります。

  • 副店長・店長
  • 複数店舗を統括するエリアマネージャー
  • ブランドイメージを作る販促企画
  • 商品買い付けを行うバイヤー

それぞれ、詳しく解説していきます。

副店長・店長

一販売員が最初に目指せるキャリアは副店長です。

店長の補佐として店舗の売り上げ管理やマネジメントを担います。

副店長として認められると、店長に昇格することが可能で、店舗の売り上げ目標の全責任を負うことになります。

副店長・店長ともに、店舗のマネジメント業務に加えて、実際に店舗に立って個人の営業目標を達成することも必要になるため、ハードな働き方になるでしょう。

エリアマネージャー

店長として結果を残すと、エリアマネージャーに昇格できる場合があります。

エリアマネージャーは店長よりも裁量があり、同一地域の複数店舗を統括する業務を行います。

具体的には複数店舗の売り上げを競わせたり、各店の施策を店長にディスカッションさせたりなど、店長よりもよりスケールの大きい仕事を任せれることになります。

多くの場合、店舗で働くのではなく本社での勤務になります。

販促企画

エリアマネージャーまでは、販売員としてのキャリアでしたが、一方でそれ以外のキャリアパスも存在します。

販促企画はディスプレイや内装などのブランドイメージを作る仕事で、マーケティングやセールスプロモーションなどとも呼ばれています。

こちらも店舗ではなく本社での勤務となり、仕事の流れはオフィスで企画立案をしてから各店舗に反映させるという形です。

オフィスでの仕事は得られるスキル・技術も多く、販売員よりもよりキャリアパスが広い仕事となっています。

バイヤー

「いち販売員からバイヤーになんてなれるの?」と疑問をお持ちかもしれませんが、近年ではバイヤーの需要が高まっており、未経験OKの求人も目立つようになりました。

いち販売員からいきなりバイヤーに抜擢される可能性は低いですが、他社への転職や同じ企業内で他のマーケティング系職種をしてからなら、バイヤーになれる可能性は十分にあります。

「ファッションセンス」「マーケティング能力」「英語力」があると有利です。

バイヤーは店舗のイメージに合った商品を仕入れる事が仕事なので、実際の店舗で働き、ブランドイメージに理解のある販売員経験者に向いていると言えます。

Q2 店長をやっていた経験は転職に活かせますか?

活かせます。

アパレル店舗の店長は、1店舗の人・モノ・金のマネジメントを中心に幅広い業務を担うため、他業種・他業界に活かせる経験をたくさん詰んでいるはずです。

具体的に転職時にアピールできる経験は、以下の通りです。

  • 店舗の売り上げ管理・損益管理経験
  • お客さんとのコミュニケーション経験
  • 店舗スタッフをまとめ上げるチームビルディング経験
  • 店舗スタッフの採用・育成経験
  • 売り上げ予測に基づく商品管理経験

例えば、「お客さんとのコミュニケーション経験」は業界を問わず、営業職など対人コミュニケーションスキルが求められる仕事への転職時に大きなアピールポイントとなります。

このように、自分の経験を洗い出し、志望業界・職種に通ずる経験を応募書類に書けるようにブラッシュアップしましょう。

Q3 なぜ転職に年齢が関係してくるのですか?

アパレル転職に限らず、転職難易度に年齢が関係してくるのは以下の理由からです。

  • 直属の上司より転職者が年上だと、双方にやりづらさが生じるから
  • 今後の勤続年数が短いと判断されるから
  • 転職先業界・業種での経験を求められるから
  • 転職先に求める条件が高くなってしまう傾向があるから

特に年齢を重ねてくると、異業界・異業種への転職が難しくなるのは、その分野での経験(特にマネジメント経験)を求められるようになるためです。

ですので、違う業種にチャレンジしたい方は、なるべく若いうちに転職することをおすすめします。

Q4 30代・40代で年収や待遇がアップする転職方法を教えてください

30代なら不動産業界や保険業界の営業職に転職し、年収・待遇アップを図ることが多いです。

これまで培ってきた販売員としてのコミュニケーション能力を上手くアピールし、比較的年収の高い業界へ転職する方法が、最も成功確率が高いです。

40代であれば異業界・異業種への転職は厳しいものになります。

ですので、40代以降で年収・待遇アップを図るなら、同じアパレル業界内で年収・待遇の良い職種に転職しましょう。

例えば、これまでの販売員や店長経験をアピールし、アパレル企業での販促企画やバイヤーといった仕事を目指すと良いでしょう。

6. 関連記事

本章では、アパレル転職に関連する記事を紹介します。

併せて読むことで、アパレル内外への転職に役立つ知識を得ることができます。

アパレル転職に関して
未経験転職に関して

7. 終わりに

これまでアパレル転職に関する全知識を解説してきましたが、いかがでしたか?

他業界への転職を目指す方とアパレル業界内での転職を目指す方では、利用すべきエージェント・サイトが違ってきますので、このページでおすすめしたエージェントやサイトを参考に登録してみて下さい。

他業界への転職を志望する方におすすめ5選

アパレル業界内での転職を志望する方におすすめ4選

他業界への転職希望者におすすめサイト3選

アパレル業界内での転職希望者におすすめサイト3選

あなたの転職活動が上手くいくよう、心から願っています。