年間休日110日はしんどい?体験談や他の休日数と比較して検証

年間休日 110日

「年間休日110日ってキツい?」
「祝日は休めるの?」
と考えていませんか。

年間休日110日の企業で働く場合、休日日数はカレンダー通りの休み(土日祝)の企業よりも少なくなります。そのため、全ての休日を休むということはできません。

<2022年度の休日>
土日の数:104日+祝日の数:15日=119日
→土日祝全て休むと110日を超過(=全ての祝日を休むことはできない)

出勤日が固定制・シフト制どちらの企業でも、有給休暇を取得しない限り3日以上の長期休暇は難しいと考えていいでしょう。

求人に応募するか迷っている段階で、この記事をお読みになる方もいると思いますが仕事内容や年収など、年間休日以外の条件がよほど魅力的でない限りは、他の企業も並行して探しておくことをおすすめします。上手く探せば、年間休日が120日以上の企業も見つけられるでしょう。

少なくとも「プライベート重視」「家族との時間を大切にしたい」という方は、特に年間休日110日の企業はおすすめできません。

この記事では、転職のプロとして多くの転職希望者をサポートしてきた私が、年間休日110日の働き方を他の休日数の企業と比較しながら説明していきます。

  1. 年間休日110日とは
  2. 年間休日110日は平均的だが大企業では少なめ
  3. 年間休日110日の働き方 | 他の休日数と比較
  4. 年間休日110日の企業へ転職する際の注意点

この記事を読めば、年間休日110日の働き方が分かり、自分に合った会社なのか判断できるでしょう。

転職や退職の方法に迷うすべての方へ

転職や退職の方法に関する悩みは、それぞれの分野のプロフェッショナルに頼るのも有用です。

以下にアドバイス・ノウハウ提供に長けた転職エージェント口コミ評判の良い退職代行サービスをまとめました。

次の職場探しや転職ノウハウに悩む方は、担当者のアドバイス力(企業選びのアドバイス・提案)や選考対策サポート力(履歴書・職務経歴書の添削や面接対策・模擬面接など)の評判が良い転職エージェントがおすすめです。

実際に利用した人の口コミ・評判でアドバイス・サポート力への満足度が高い2つの転職エージェントを厳選しました。

左右にスクロールできます。

おすすめ転職サイト口コミ満足度公開求人数おすすめポイント
リクルートエージェント1位:リクルートエージェント

4.3点

約33.7万件 (+非公開求人約27.7万件)
  • 編集部が全世代・業種におすすめする転職エージェント
  • 合計約59万件の圧倒的求人数!
  • 各業界専門のアドバイザーが提供する抜群のサポート
doda ロゴ2位:dodaエージェント

4.0点

約17.9万件
  • CMでおなじみの大手転職エージェント
  • 業種・職種・地域を問わず豊富な求人数
  • 書類添削・面接対策が好評

〔求人数〕2023年1月5日時点

 

退職代行サービスを選ぶ上では、弁護士事務所運営など適法・適正に代行してくれるサービスを選ぶことが大切です。

口コミ評判の良い退職代行サービスのなかから、特に安心して退職手続きを任せられるサービスを2つ厳選しました。

左右にスクロールできます。

おすすめ退職代行口コミ満足度料金おすすめポイント
弁護士法人みやびの退職代行サービス1位:弁護士法人みやび退職代行サービス

4.9点

55,000円 (税込)
  • 安心の弁護士事務所運営サービス
  • 未払い賃金などトラブルになれば弁護士が代理してくれる
  • LINE・メールで無料相談可!
退職代行jobs2位:退職代行Jobs

4.7点

27,000円~ (税込)
  • 弁護士監修・労組連携の退職代行
  • 交渉ごとになれば労働組合が肩代わりしてくれる(団体交渉)
  • 退職できなければ全額返金

〔料金・情報〕2023年1月20日時点

1. 年間休日110日とは

年間休日が少な目でも、他の条件が魅力的だと、働く前に大きな違いは感じにくいものです。しかし、実際に働いてみると年間休日110日では休みが少ないと感じるはずです。

年間休日110日は、週2日は休みが取れますが、祝日や長期休暇はほぼありません。

2022年は土日が104日、祝日が16日ありますが、全て休むと119日です。お盆休みや年末休暇を加えると123~125日となります。

つまり、年間休日110日の会社の場合、

  • 祝日休みが年に数回あるが、お盆や年末年始は出勤
  • 祝日は全て出勤でお盆や年末年始に休める

のどちらかのスケジュールとなります。

年間休日数 休み方

祝日全て出勤でお盆・年末年始に休める例

長期休暇を取りたい場合は、有給休暇を取得する必要があります。そうでない限り、3連休以上の長期休暇を取るのは難しいでしょう。

一方で、年間休日が110日よりも多く祝日も休める企業であれば、ほぼ毎月3連休があります。(2022年は祝日だけで9回の3連休があり、年末年始休暇を含めるとほぼ毎月3連休が取れる)

「6月は祝日がなくて辛い」と言われることがありますが、年間休日110日では6月どころかそれが毎月続くと考えておきましょう。

2. 年間休日110日は平均的だが大企業では少なめ

求人を見ていると、年間休日数は120日や105日など企業によりばらつきがありますが、どれくらいの休日数なら多い・少ないといえるのか分かりにくいものです。「年間休日110日は十分なのでは」と思うかもしれません。

厚生労働省の調査を見てみると、1企業あたりの年間休日数平均は110.5日。実は年間休日110日は、ちょうど平均水準です。(参考:厚生労働省 令和3年就労条件総合調査

ただし、年間休日数の平均値には企業規模により大きな偏りがあります。企業規模が大きいほど年間休日も増えるのです

同調査の従業員数別の平均年間休日数を見ると、従業員数が増えるほど平均の年間休日数は増えています。従業員数が99人以下の企業では109日と、1企業平均を下回っていますが、100人以上の企業では平均休日数は100日を超えています。

企業規模別の年間平均休日数

大企業ほど年間休日は多い

また、企業規模が1,000人以上の会社(大企業)の約半数は、年間休日120日以上という結果になっています。

3. 年間休日110日の働き方 | 他の休日数と比較

年間休日110日の企業への転職に迷いがある人は、前職では110日以上の休みがあった人が多いでしょう。ここまで年間休日の概要を説明してきましたが、働き続けられそうか分かりにくいですよね。

それぞれの休日数では、土日・祝日・お盆や年末年始はどれくらい休めるのか比較してみます。

年間休日数105日110日120日以上
土日休み土日出勤もある
祝日××
お盆や年末年始

年間休日110日が他の休日数とどのように変わってくるのか、それぞれ説明していきます。

3-1. 年間休日110日 | 祝日は原則休みなし

土日を全て休んで祝日は出勤する働き方が多いです。週2日は必ず休めるものの、3連休以上の休みはお盆や年末年始以外は有休を取得する必要があります。

祝日に休みが取れないと、旅行にいく、運動会など子供のイベントを見にいくなどは厳しく、プライベートの時間が取りにくいです。

お盆や年末年始だけ長期休暇が取れても、旅行に行きたくても、料金は高くどこも混雑しており断念してしまうこともあるでしょう。また、週2日の休みがあっても、仕事の疲れを癒すだけで終わってしまう人も多いかと思います。

このように、週2日必ず休める場合、十分休めると思いがちですが、精神的に休まりにくく不満を抱える人も多いです。

3-2. 年間休日120日 | 祝日も長期休暇も基本的に休める

土日は全て休め、祝日や長期休暇も基本的に休めます。

土日祝日を全て休み、長期休暇も休んだ場合、合計休日数は約125日です。5日ほどは祝日や土日に出勤したり有休を消化する場合がありますが、出張や繁忙期などだけで、基本的にしっかりと休みが取れるでしょう。

3連休や長期休暇も取りやすいので、プライベートも充実させることができます。

年間休日が125日になると、会社の用意した休みだけで土日祝日長期休暇を全て休むことができます。有給休暇を取得すれば、1週間以上の休みが取れることもあるでしょう。

このように、年間休日が120日以上あると、カレンダー通りに休みやすく精神的・身体的な負担が非常に少ないと言えます。

3-3. 年間休日105日 | 祝日は休みがない上に土日に出勤することも

祝日は原則として休みが取れない上に、土日に出勤することも多くなります。土日を全て休む場合は長期休暇はないと考えておいた方がいいでしょう。

3連休以上休むのはほぼ不可能で、プライベートの時間はほぼ取れない働き方となります。

サービス業など、土日や長期休暇に業務が多い企業や人手不足の企業に多く、有給休暇も少ないことが多いです。

体調不良や家庭の事情で有休を取得した場合、土日以外は全く休みが取れないと考えておいた方がいいでしょう。

年間休日105日は労働基準法の最低ラインであり、ブラック企業と言われることも多いです。残業が多い会社では、身体的にも大きな負担となります。

4. 年間休日110日の企業へ転職する際の注意点

ずっとやりたいと思っていた業務内容ができる会社や、大幅な年収アップが狙える会社の場合、祝日が休めなくても転職したいと思うこともありますよね。

休日数が多少少なくても、やりがいや年収に満足できる方が、働きやすいと感じることもあるでしょう。前職よりも休みが減ったとしても検討したい求人を見つけた場合は、以下の5点を確認してから応募しましょう。

4-1. 年間休日数以外の休暇数も確認

年間休日数にカウントされない休暇がどれくらいあるのか、確認しておきましょう。年間休日数が少なくても、休暇数が多ければ十分に休めるからです。

年間休日数に含まれない休み

  • 法定休暇:法律で定められており、労働者に取得する権利のある休み

(例)有給休暇・育児休業・介護休業など

  • 特別休暇:会社の福利厚生に含まれる休み

(例)リフレッシュ休暇・バースデー休暇・転勤休暇など

例えば、年間休日数が120日・有休5日の企業よりも、年間休日数は110日でも有休と特別休暇が計20日取れる企業の方が年間で休める日数は多くなります。

有給休暇の日数や、有給を取りやすい環境であるかも重要です。

4-2. 月残業時間も確認しておく

休日数だけに注目するのではなく、月残業時間もしっかりと確認しましょう。ただでさえ休日数が多くないのに、残業時間が多いと、よりプライベートの時間が取れなくなり、働きづらいからです。

実際に、年間休日110日の企業で残業もあることに不満を抱いている方がいました。

残業もある会社は働きにくい

口コミ・評判

匿名
年間休日110日で残業月20時間を働きやすいっていうなよ… 働きにくいよ…

(参考:Twitter

また、年間休日数が多くても残業時間が長い企業は、年間休日数が比較的少なくても残業のない企業よりも労働時間が長くなることもあります。

例えば、年間休日数が120日で月に25時間の残業があるA社と年間休日数は110日であるものの残業はないB社があったとします。A社は祝日も休みがあるので月19日の勤務、B社は祝日も勤務があるので月21日の勤務として計算してみます。

すると、祝日も勤務があるB社は月の勤務日数は2日多いものの、残業がないため月の労働時間ではA社より9時間短いことが分かるのです。

労働時間と年間休日数

もちろん、残業が毎日あっても休みの数が多い方がいいという人もいるかもしれませんが、月の労働時間で考えると、年間休日数が少なくても残業時間が短ければ、プライベートの時間が取りやすい場合もあるのです。

このように、プライベートの時間がどれくらい取れるのか事前に把握しておくためにも、年間休日数だけでなく月の残業時間を確認することが重要です。

4-3. 労働時間を考慮すると給料が安い場合がある

給料が高いように感じても、年間休日数が少なく労働時間が長い場合、時給換算すると給料が安い場合があります。

年間休日数と給料は関係なく、年間休日が少ないからといって高年収が見込めるわけではありません。同じ年収の企業があった場合、年間休日数が少ない企業の方が労働時間を考慮した給料は少なくなるので、損をしています。

実際に労働時間の長さに給料が見合っていないと不満を持っている方がいました。

給料が高く見えるが労働時間が長いだけ

口コミ・評判

匿名
給与は高めに見えるけれど、一般的な企業の年間休日125日より15日少ないので、その分月給に上乗せしていると考えたら、実は他の保育園と同じレベル。求人票をチェックする時に、年間休日110日以下はブラック企業の可能性が高いと言われている。

(参考:Twitter)

給料をただ比較するのではなく、労働時間を考慮して好待遇の求人であるのかを検討しましょう。

4-4. 週休2日制は毎週2日休めるわけではない

週休2日制と完全週休2日制は異なることに注意が必要です。

完全週休2日制とは、毎週土日など週2日は確実に休みが取れることを指します。最低でも8~10日の休みが毎月取れることが保証されています。

一方で、週休2日制は月の中で1週でも週2日の休みが取れることを指すのです。言い換えると、週2日休める日が毎月1回しかなくても、週休2日制と言えるのです。

繁忙期には、1ヶ月以上で週6日出勤となる場合も考えられます。

完全週休2日制 比較

年間休日110日では、全ての土日を休める計算にはなりますが、閑散期にまとめて休みを作り繁忙期は土日に休みがないことも珍しくありません。実際に、年間休日110日の企業で働きながらも週2日休むことができず不満を抱える方がいました。

月によって休みにばらつきがあるとキツい

口コミ・評判

匿名
年間休日110日確保できてるからって1-3月を5勤1休で働かせるのをやめろ

参考:Twitter

いくら他の月でまとまった休みが取れるとしても、数ヶ月も週6日勤務が続くと余裕がなくなり、体調を崩したり、ネガティブに考えやすくなりますよね。

週休2日制と記載がある企業では、月の休み数や繁忙期に週2日の休みが取れるのかを事前に確認しておきましょう。

4-5. 他の求人も並行して探しておく

年間休日が110日以上の他の求人も並行して探しておきましょう。

年間休日120日以上の企業への転職は厳しいと思っているかもしれませんが、意外と見つかりやすいものです。

2章で紹介した調査(厚生労働省 令和3年就労条件総合調査)によると、100~299人規模の中小企業であっても、約4割は年間休日120以上です。大企業への転職はハードルが高いかもしれませんが、中小企業の転職でも十分待遇の良い求人は見つかります。

もちろん、年収が100万円以上アップする、どうしてもやりたかった仕事が確実にできる保証があるなど、魅力的な企業であれば応募した方がよいです。

しかしそういった理由がない場合、年間休日110日の企業への転職は、後悔する未来が見えています。検討している企業にすぐ決めるのではなく他の求人も並行して探すことを強くおすすめします。

条件の良い求人を自分で探すのが難しい、探す時間のない人は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントでは、無料で希望条件に合った求人探しを代行してくれます。担当者に「年間休日125日以上の企業がいい」と伝えると、代わりに探してくれるのです。

また、条件のいい企業は倍率も高くなりがちですが、応募書類の添削や面接練習など選考対策も行ってくれるので、内定をもらいやすくなるのも魅力的です。

なお、年間休日数の多い求人を探す際にハローワークを利用するのはおすすめできません。地域の中小企業の求人を多く保有しており、前述の通り中小企業は年間休日数が少ない傾向にあるからです。

5-6.ではおすすめの転職エージェントを紹介します。

4-6.転職におすすめのエージェント3選

当サイトでは『転職エージェント利用者500人へのアンケート』を通して取得したデータを、以下の基準で評価してランキングにまとめました。

転職エージェントの比較基準
  • 求人数&質(重要!!) どれだけ良質な20代向け求人を持っているか
  • 利用者満足度(提案&サポート力) 20代向けにキャリアの築き方や求人選びの方法など、求職者に合わせたサポートをしてくれるかどうか
20代のあなたが登録すべき転職サイト・エージェントをランキング形式で紹介していきます。
転職エージェントランキング
リクルートエージェント ロゴ 1位. リクルートエージェント 公式サイトを見る 詳細を見る公開求人数 20.5万件(非公開25.8万件)満足度

4.1

業界最大手エージェント。登録しなければ見られない「非公開求人」も20万件以上あり、情報収集の意味でも登録は必須。
doda ロゴ 2位. dodaエージェント 公式サイトを見る 詳細を見る公開求人数 13.8万件(非公開4.1万件)満足度

4.2

求人数No.2の転職エージェント。「キャリアアドバイザー」と「採用プロジェクト担当」の複数人体制でのバックアップがあるため、転職経験の乏しい20代からのキャリアアップ転職にも安心
ワークポート ロゴ 3位. ワークポート 公式サイトを見る 詳細を見る公開求人数 5.5万件満足度

3.7

IT・Web系のほか営業職求人に強い。エンジニアでもポテンシャル採用(若年層向け未経験採用)求人があり、異業種転職を目指す第二新卒におすすめ

※求人数:2022年6月更新

1位. リクルートエージェント

リクルートエージェント-トップ画面

総合力

4.1

求人数No.1で、全国どの職種への転職でもおすすめ

求人の量・質

4.3

公開求人数は16万件以上と圧倒的な多さ

サポート力

3.9

内定を勝ち取るための面接対策が充実している

リクルートエージェント』は、Career Theory編集部が行った500人の転職経験者を対象とした調査総合評価第1位に輝いた最もおすすめの転職エージェントです。 求人数No.1の総合転職エージェントなので、手取りアップを目指す人も希望条件にピッタリ合った仕事が見つかりやすいです。 公開求人だけでも20万件以上、登録者のみが閲覧・応募できる非公開求人まで含めれば約47万件の求人情報を保有しており、主要な転職エージェントのなかでは求人数No. 1に位置しています(2022年6月時点)。 エージェント選びに悩んでいる場合は、まず1番にこの『リクルートエージェント』へ登録しましょう。

『リクルートエージェント』公式サイトを見る

登録&利用は完全無料!まずは情報収集&相談から

『リクルートエージェント』を利用した人からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆希望条件に合った/応募したくなる求人をすぐ紹介してもらえた◆書類作成や面接対策のサポートが手厚い◆対企業への交渉力が高い
非公開求人を含めると約44万件の求人を抱える『リクルートエージェント』では、やはり利用者からも「希望条件に合った求人を紹介してもらえた」という声が多く寄せられました。
口コミ・評判
事務・ 20代前半・女性・年収300万台
評価:★★★★☆4
第2新卒、かつ一般事務職しか経験のない状態で、他のエージェントでは紹介できる案件はないと言われ諦めていたが、リクルートエージェントでは30件以上の案件を提示してくれました
面接対策もばっちりしてもらい、総合職として改めてキャリアをスタートさせることができました。
口コミ・評判
SE・ 30代前半・男性・年収500万台
評価:★★★★★5
転職の条件が首都圏から地方へのUターンだったため、年収的な意味での質はあきらめていた部分があったが、待遇面は現状維持できるような求人票を定期的に提示してもらえたため良かった。 結果的に、Uターン転職も成功し、年収も160万円上昇がかなったため、感謝をしている。
リクルートエージェント』は、転職エージェント最大手というだけあり、面接で何が聞かれるか、どのような方が面接を突破できるか、といったデータを大量に持っています。そのため、「内定を勝ち取るための面接対策が充実している」という口コミが多く見受けられました。
口コミ・評判
コンサル・ 30代前半・男性・年収800万台
評価:★★★★☆4
志望先が外資系で、特殊な面接をする業界だったため不安が大きかったが、過去の面接質問例を頂いたり、実際に電話で練習に付き合ってくれたりと、本当によくして頂きました。
担当者は外資系には詳しくなかったものの、社内にいる詳しいコンサルタントの方を連れてきてくれました。
熱心さは他社に比べ物にならないです。
口コミ・評判
営業・ 20代後半・女性・年収400万台
評価:★★★★★5
始めの面談時に持参した職務経歴書・履歴書について修正指導をしてくれた点や、こちらの希望をじっくり聞いてくれた上でキャリア指導をしてくれたので、サポート体制はしっかりしていました。
また、実際に面接が決まると、その会社の面接の傾向を事前に教えてくれ、その対応方法などもアドバイスしてくれたので、一人で転職活動をするより転職エージェントを利用していてよかったと心の底から思えました。
業界最大手というだけあり、企業とのつながりも磐石で、1度落ちた企業でも、コンサルタントが交渉して再挑戦させてもらえるというケースもあります。
口コミ・評判
エンジニア・ 20代後半・男性・年収600万台
評価:★★★★★5
どうしても入社したい企業があり、それだけを目的にリクルートエージェントに登録しました。
1回落ちてしまい途方にくれてましたが、担当コンサルタントの方が同企業の別部署配置を交渉してくれ、再度1次面接から再スタート、見事内定を頂きました。
口コミ・評判
人事・ 30代前半・女性 ・年収500万台
評価:★★★★★5
最後の企業との給与条件面での調整も、エージェントが間に入って交渉してくれたので、スムーズにいきました。
最初から最後まで連絡体制は万全で、いつでも連絡が取れる状態であった点も、大手ならではで素晴らしいなという好印象を持ちました。

アンケートからわかった! 『リクルートエージェント』の特長まとめ

Career Theoryによる転職経験者満足度調査で堂々の1位となった『リクルートエージェント』。 アンケートからわかったサービスの特長は、次のような点にあると言えます。
  • 豊富な求人数と担当者からの適切な紹介・提案
  • 書類作成や面接練習など選考対策サポートの手厚さ
  • 豊富な経験を活かした交渉力の高さ
全国どの職種をとっても求人が豊富なので、希望条件がいくつかある人や求人数の少ない職種に転職したい人にもおすすめです。 選考対策や企業との交渉など手厚いサポートが受けられるので、現職の勤務を続けながらの転職活動を進めていく上でも、有力な候補となることは間違いないでしょう。
◆『リクルートエージェント』のもっと詳しい解説・口コミ

2位. dodaエージェント

doda-トップ画面

総合力

4.0

担当に当たり外れが少なく、書類作成や面接対策のサポートが充実しており、好評

求人の量・質

4.1

求人の量はリクルートに次いで多く、評価が高い。

サポート力

3.8

書類作成や面接対策のサポートが充実していると、評価が高い。

doda』エージェントは、転職支援実績が豊富な大手転職エージェントです。 提案力・求人数ともにトップレベルで、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。 特に若年層の求人情報や地方在住者への転職支援に強みを持っており、20代の転職や地方で転職活動を進めたい人におすすめです。

『doda』公式サイトを見る

登録&利用は完全無料!まずは情報収集&相談から

『dodaエージェント』を利用した人からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆求人の質が高い◆選考対策のノウハウを幅広く保有している◆利用者の潜在ニーズも満たしてくれる
主要な大手総合転職エージェントの中で、dodaの求人数は第2位です。求人数の多さだけでなく、求人の質も高いと評判になっています。
口コミ・評判
18-24歳・システムエンジニア・400~499万円
評価:★★★★☆4
1.こちらの希望に近い求人を多く紹介していただいた。 大手SIERに就職したいと考えていたが、ブランド力もあり、誰もが知る有名企業に転職することができ、大変満足している。アットホームな職場で、チームとしての体制が良く前職の悩みであった人間関係について強く解消された。 また、給料面においてもこちらが提示した最低保証額を満たしてくれているため、大変満足している。
口コミ・評判
広告代理店・30代前半・男性・年収500万台
評価:★★★★☆4
求人の質に関しては、他の転職サービスと比べても大企業だけでなく中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすいです。 他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払も数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです
dodaは、職務経歴書の書き方や面接対策をはじめとする、幅広い転職ノウハウを保有しており、それらを踏まえたサポートが充実していると好評でした。背景にあるのは、dodaは転職セミナーを業界で最も積極的に行っていることです。これにより、転職活動のテクニックについてノウハウが蓄積されているため、より手厚いサポートを提供できると言えます。
口コミ・評判
不動産営業・20代前半・男性・年収400万台
総合評価:★★★★☆4
職務経歴書でうまく話題をふり、得意分野に面接の質問を持っていくやり方など、とにかく実践的なテクニックをたくさん教えてくれ、助かりました 担当者がA4でくれたテクニック集を練習して、面接はうまくのりきって内定をもらえました。
口コミ・評判
専門商社技術職・30代後半・男性・年収500万台
評価:★★★★★5
もともと面接が苦手でしたが、何回も電話と対面で練習してもらい、なんとか乗り切ることができました。 履歴書をつかって面接を仕組む方法など、とても勉強になることばかりでした。 最後の収入交渉の段階でも尽力してくれて、他のエージェントに比べてだんとつでよかったです。
dodaは担当者の適切なアドバイスに定評があります。希望条件に合った求人以外にも、キャリア相談を通して求職者が希望する働き方に合う求人をおすすめしてくれたり、時には厳しい指摘もしてくれます。
口コミ・評判
25-29歳・営業・200~299万円
評価:★★★★☆4
深い部分まで深掘りしてくださり、自分の潜在的なニーズを満たそうとする姿勢とそれに伴う豊富な求人を紹介いただけた。 恐らく言いづらいであろうことも求職者を思って、厳しく指摘してくださった点はハッとすることもあり、プラスになった。 どうしても気持ちが乗らない選考の時などに志望動機等について一緒に考えてくださった。 最初のカウンセリングでいつまでに転職したいか、どんな転職をしたいか、自分の強み等を丁寧にヒアリングしてくださり、無理な要望にも応えようとしてくださったり、親身な姿勢が見受けられたため、満足しています。
口コミ・評判
25-29歳・営業職・300~399万円
評価:★★★★☆4
エージェントの担当者の方は非常に親切に対応くださりました。エントリーシートなどの文章添削や活動中の悩みも親身に聞いてくださりました。驚きだったのは、それら内容をメールで送信すると、今お時間ありますか?と電話してくださることが多かったことです。文面ではわからない熱量を感じたいので!と常に親身にフォローくださいました。

アンケートからわかった! 『dodaエージェント』の特長まとめ

Career Theoryによる転職経験者満足度調査で2位となったdoda。 アンケートからわかったサービスの特長は、次のような点にあると言えます。
  • 豊富な求人数と求人の質の高さ
  • 選考対策のノウハウを幅広く保有している
  • 担当者が的確なアドバイスをくれる
求人数は業界No.2と非常に多く、地方や若年層向けの求人など幅広く持っているので、どなたにでもおすすめできます。 面接力アップセミナーやITエンジニアのための転職フェアなど、転職セミナーを積極的に行っているので、情報収集したい人にもおすすめです。
◆『dodaエージェント』のもっと詳しい解説・口コミ

3位. ワークポートワークポート ホーム画面

総合力

4.0

IT・Web系の求人を探している人は登録必須

求人の量・質

4.1

IT・Web系の求人に対して抜群の高評価。未経験向けの求人も豊富

サポート力

4.1

対応が早く急ぎの転職に向いている

ワークポート』は、異業種からの未経験転職に強いエージェントです。 営業や事務、とくにIT業界の職種に強く、未経験歓迎のIT職種案件が豊富である点が優位ポイントです。 特にIT・Web業界には未経験可の求人も多く、若手のエンジニアも比較的多いとされているため、手・未経験者の採用と育成を行った実績がある企業も多く、内定獲得や入社後の活躍見込みが高いと考えられます。 第二新卒・20代の若年層から支持を受けているサービスであるため、異業種への転職を希望している第二新卒はとくに、一度利用を検討してみましょう。

『ワークポート』公式サイトを見る

登録&利用は完全無料!まずは情報収集&相談から

『ワークポート』を利用した人からの口コミ&分析

【読み飛ばし】口コミ評判のまとめを見る

◆IT・Web求人に強い◆対応が早く、急ぎの転職を目指す人から好評◆担当者がIT・Web業界に詳しい
IT・Web業界・職種に関して、大手エージェントよりも強いという口コミが多く見受けられました。他社では紹介してもらえなかった案件も、『ワークポート』だと紹介してもらえたケースも多いです。
口コミ・評判
Web系広告代理店営業・20代後半・男性・年収400万台
総合評価:★★★★☆4
IT・Web業界の転職に強いとうたっているだけあって、担当者の業界知識は他社に比べて非常に優れていました。 また、ITはベンチャーから大手まで、独占求人を多く持っているようで、他社では紹介してもらえなかった案件、金融系から財閥系など老舗企業でのIT専門職を取り扱っており、案件の質も良かったです。
口コミ・評判
Webマーケティング・20代後半・女性・年収600万台
総合評価:★★★★☆4
非公開求人がとても多いことに驚きました。 また、今回の転職でキャリアアップを目指していることを伝えたところ、企業に問い合わせをしながらポジションを模索してくれました。 企業とのつながりの深さと、そこからくる非公開求人の多さは素晴らしかったです。 厳しい条件で求人を探してもらいましたが、私の志向にマッチした求人をたくさん紹介頂いたので、非常に満足です。
ワークポートの対応は業界屈指の早さで、急ぎの転職を目指す方から非常に好評です。
口コミ・評判
Webエンジニア・30代前半・男性・年収600万台
総合評価:★★★★☆4
「ワークポート」は、対応が極めて早くて驚きました。 実際、初回面談をした日のうちに20件、翌日に50件以上の案件が送られてきました。 また、メールへの返信も即日中にして頂けることが多く、非常に助かりました。 さすがはIT業界の老舗企業といわれるだけありますね。
口コミ・評判
ITエンジニア・20代後半・女性・年収500万台
総合評価:★★★★★5
容赦ないくらい案件を連打してくれるのが特徴でした。 駆け引きしながら出し惜しみしてくる他社エージェントに比べてスピード感があります。 面接の日取り調整なども圧倒的に早く、急ぎの転職を目指す方には非常におすすめです。
IT・Web業界に特化した『ワークポート』は担当者も業界の内情に詳しいです。未経験で転職する場合、自分でリサーチするよりも希望業界に特化した転職エージェントを利用する方が効率的です。
口コミ・評判
プログラマー・20代後半・男性・年収300万台
評価:★★★★★5
ワークポートのミンスクという個人で勉強していくことができる塾(?)のようなものがあるのですが、ミンスクを利用して全く触ったことのないプログラミングを使って勉強することができる点、わからないことは講師に聞けて、ヒントを教えていただける点が良かったです。未経験からの就職はなかなか厳しいとインターネットを通じて調べていたので、不安でしたが、給料も前職と変わらない程度で、休みも124日で定時あがりの職場に就職することができ大変満足しています。 他に紹介してくださった就職先も似たような場所が何件かあり、求人数も多くて個人的にワークポートをお勧めします。
口コミ・評判
エンジニア・20代後半・男性・年収300万台
評価:★★★★★5
感想としてIT業界未経験でしたがエージェントの運営しているスクールにてプログラミングを学び、基礎知識を付け転職することができました。nまた面談にて面接対策なども行い大変参考になりました。
一番印象に残っているのはほかのエージェントを利用した際に未経験でこの年齢でIT業界は難しいと言われていたのが最初の面談で絶対可能ですと伝えられ結果的に就職できたことです。感想としてIT業界未経験でしたがエージェントの運営しているスクールにてプログラミングを学び、基礎知識を付け転職することができました。

アンケートからわかった! 『ワークポート 』の特長まとめ

IT・Web業界に強みを持つ大手転職エージェントである『ワークポート』。 アンケート調査からは、以下のような特長がわかります。
  • 圧倒的なスピード感で応募先選びをサポートしてくれる
  • 求人企業との強力なコネクションで採用交渉も力強くアシスト
  • IT・Web業界特化ならではの優れたアドバイザー陣
第二新卒者がエージェントを選ぶ際には、どちらかといえばあなたのことをリードしてくれる、積極的なサポートが売りのエージェントを選ぶべきです。 未経験や浅めのキャリアから中途採用市場に飛び込む場合には、転職ノウハウや業界研究・応募先企業の知見が不足していることがほとんどであり、こうした部分を独力でリサーチするよりも、プロフェッショナルである転職エージェントにお任せしてしまうほうが効率的です。 『ワークポート』が提供してくれる積極的な提案や業界知識は、若年キャリア層の弱みをうまくカバーし、キャリアアップへの大きな後押しとなってくれると期待できます。
◆『ワークポート』のもっと詳しい解説・口コミ

5. まとめ

年間休日110日の働き方について説明しました。

週2日は毎週休むことができますが、祝日は原則出勤すると考えておいた方がいいでしょう。

プライベートの時間が取りにくくなるため、よほど他の条件が良くない限り、他の求人も並行して探すことをお勧めします。

あなたの未来が明るくなることを祈っております。