医師におすすめの転職サイト6選|後悔しないための選び方・付き合い方

「医師向けの転職サイトってどうなの?」「どれがいいんだろう」と医師向けの転職サイト(転職エージェント)を探していませんか?

医師向けの転職サイトは、手厚いサポートをしてくれるので、間違いなく登録すべきですが、当たり外れもあるので、正しく選び、見極めていくことが転職成功の秘訣です。

そこで、このページでは、転職エージェントとして医師を含む多くの方の転職支援をしてきた経験を生かして、医師の方の転職サイトの選び方とおすすめを下記の流れで解説していきます。

  1. 医師こそ転職サイトを使うべき3つの理由
  2. 失敗しない転職サイトの選び方と付き合い方
  3. 医師向けの人気転職サイトを徹底比較!選び方とおすすめ6選
  4. 医師転職サイトがしてくれる4つのこと
  5. 転職サイトによくある不安・質問に回答します

このページを読めば、ベストな転職サイトを選べ、最高の形で使えるようになります。

1. 医師こそ転職サイトを使うべき3つの理由

転職サイトは下記のようなサービスで、医師の転職に特化したものも多数存在します。

看護師向け、薬剤師向けなど医療分野はもちろん、外資系企業向け、一般企業向けなどほぼ全ての業界・業種で使えるサービスが出ていますが、医師こそ転職サイトを使って転職すべきです。

このページでは、転職サイトを医師が使うべき理由から選び方を、読んだ後に疑問が残らないように徹底的に解説していきます。

ただし、長くなってしまうので、結論を先にいうと、使うべきなのは下記の3社で、全て登録し、担当者・得られる求人を比較して使っていくことがおすすめです。

登録すると連絡がありますので、面談などで今の不満・希望などを伝え、求人を紹介してもらいましょう。上記は非常勤の求人を探す際もおすすめです。

まずは医師こそ転職サイトを使うべき理由を下記の3つの面から解説します。※非常勤の求人を探す方にも同様の理由で転職サイトがおすすめです。

医師こそ転職サイトを使うべき理由

  • 忙しい医師の代わりに転職の面倒な手続きをしてくれる
  • 非公開な求人を豊富に紹介してくれる
  • 医師の人材市場に精通していて、客観的にアドバイスをくれる

これらを実際に登録して、利用した方の口コミも合わせて解説していきます。

1-1. 非公開な求人を豊富に紹介してくれる

口コミ・評判

I さん(32歳・呼吸器科医・『エムスリーキャリアエージェント』で転職)
初めての転職でしたので、条件面がかなり不安でした。
いい転職先があれば程度で登録した転職サイト。最初の面談で、希望を少し欲張って伝えましたが、それでもそれに合う求人を次々紹介してくれたことに驚きました。
また、条件面でここをこうしてほしいというお願いも先方にしてくれ、受け入れてもらえたこともあります。
結果、仕事のハードさは変えることなく120万円の年収アップを実現できました。

医師の求人は、「非公開」としてネット上などに公開されないケースがあり、登録後に条件があったものだけを紹介してもらえます。非公開になるのには下記のような理由があります。

  • 公開したら応募者が殺到してしまう
  • 今働いている医師の気分を害するような好条件
  • 突然の欠員で、ネットに出している暇がない

こういった背景で非公開になるケースがあり、公開されている求人よりも条件が良くなりやすいです。

90%以上が非公開求人の転職サイトもあるため、この非公開求人を得るためにも転職サイトを使いたいところです。

1-2. 忙しい医師の代わりに転職の面倒な手続きをしてくれる

口コミ・評判

Y さん(37歳・小児科医・『リクルートドクターズキャリア』で転職)
以前は知人の紹介で転職したのですが、今回は転職サイトを利用しました。
特に助かったのが、面倒なことを全てやってくれたことです。
自分で転職するとなると、求人探して、応募して..という作業が増えるのが転職活動前の気がかりでしたが、面談でお話しした後は、病院との調整も全て間に入ってくれました
まるで転職のための秘書のようでした
後、直接は言いにくい、給料面も、私の希望が通るように病院側と何度も調整をしてくださり、条件面でも納得できる転職になりました。

日々の業務が忙しくて、転職活動に割く時間がないという医師の方は多いと思います。

転職サイト登録すれば、下記を全て代理で行ってくれるので、仕事・プライベートと転職活動を両立させやすくなります。

  • あなたの希望に合った求人の検索
  • 応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 条件面の交渉
  • 内定後の手続き

完全無料なのに、ギリギリまで手間を減らしてくれるので、忙しい医師の方こそ転職サイトを使うべきです。

特に利用した方が喜ばれるのが、条件面の交渉です。

給与アップなど直接言いにくいことを代理で交渉してもらえるので、ここを評価している方も多いです。

1-3. 医師の人材市場に精通していて、客観的にアドバイスをくれる

転職サイトの担当者は「医師の転職」のプロです。

人材市場に精通していて、あなたがどうすれば幸せな転職をできるかアドバイスをもらえるので、客観的にキャリアを見直すいいきっかけになります。

また病院の採用側とも連携していて、募集背景や病院間・教授間のつながりなど求人票には載っていない情報を持っていますから、安心して転職活動ができます。

転職サイトは医師転職の第一ステップ

以上のことから、転職サイトに登録することは医師の転職成功の第一ステップです。

実際、70%の医師が紹介会社(転職サイト)経由で転職しているというデータもあり参考、忙しい医師の方には必須のサービスとも言えます。

ただし、利用時には注意が必要なので次の章で解説していきます。

2. 失敗しない転職サイトの選び方と付き合い方

転職サイトを使うことでいい転職の実現にぐっと近づきますが、残念ながら100%の方が満足していたわけではありません。

転職サイトを使って失敗するケースもあるので、注意して、正しく付き合っていかなければいけません。

2-1. 転職サイトを使って失敗する2つのケース

「転職サイトに登録しなきゃよかった」となるのは以下の2つの理由のどちらかのケースが多いです。

  • 質の悪い転職サイトに登録をしてしまった
  • 転職サイトは悪くないものの、ハズレの担当者を引いてしまった

質の悪い転職サイトに登録をしてしまった

  • 転職のための営業がしつこい(電話が多い)
  • 求人が少ない、質が悪い
  • ノウハウが少ない

上記のような悪質な転職サイトに引っかからないように、「満足度」「求人の量・質」「実績」を重視して転職サイトを選びたいです。

営業がしつこいのはなんで?

そもそも転職サイトが手厚いサポートを無料で受けられるのには、下記のようにあなたの転職が決まると転職先の病院から紹介料という名目でお金が入る仕組みだからです。

医師の紹介料は年収の20%が相場と言われていて、その紹介料によって転職サイトは運営されています。

そのため、転職サイトによっては、合わない求人にも申し込ませようとしてくることがあります。こういった転職サイトに注意しましょう。

ハズレの担当者に当たってしまった

上記のような悪い転職サイトでなくても、満足できないケースも存在します。それは、たまたまハズレの担当者に当たってしまうケースです。

担当者は、何人転職したか、いくら紹介料を稼いだかで会社から評価されるケースも多く、会社として強引な営業をしないスタンスであっても、担当者が暴走するケースもあります

また逆に全くやる気を感じられないという人、医師の転職に対する知識がない人もいます。

いい転職サイトに登録しても、このようなハズレの担当者に当たってしまえば不満が残る転職活動になります。

2-2. どうすれば転職サイトで失敗しないの?

転職サイトで失敗をしないためには、下記の3つのポイントを意識しましょう。

  • 実績が豊富な転職サイトを選ぶこと
  • 複数の転職サイトに登録して比べてみること
  • 担当者に合わないと感じたら我慢せずに変更を依頼すること

これらのポイントがどうして大切なのかを解説していきます。

ポイント1.実績が豊富な転職サイトを選ぶこと

狭い業界ですから、上記のようなひどい対応をしていたら、医師にも病院にも嫌われるので企業として存続しません。

反対に、大量の実績を持っている転職サイト、大量の求人を持っている転職サイトは多くの転職者や病院から選ばれている証です。

大手以外はダメというわけではありませんが、失敗するリスクを下げるためにも実績の豊富な大手がおすすめです。

ポイント2. 3つ以上の転職サイトに登録して比べてみること

転職サイトは3つ以上に登録して、比べてみましょう。

理由は、紹介される求人や担当者との相性を色々見てみて一番いいところをメインで使うことができるからです。

こうしておくことで、当たり外れをはっきり見極められるので、満足できる可能性が高いです。

ちなみに、持っている求人も各社で違うので、複数登録しておけば、それぞれの会社がもつあなたにあった求人を得やすくなるといったメリットがあります。

比べるなんて大丈夫なの?

転職サイトを比べるなんて大丈夫?と考える方もいらっしゃるかと思いますが、転職を上手にしている医師の多くがやっていることです。

話を聞いて合わないと感じたら、その後のサポートを断ることもできますし、各社そんなことは慣れています。

料金もかからないので、気軽に試してみましょう。

ポイント3. 担当者に合わないと感じたら我慢せずに変更を依頼すること

「担当者が合わない..でもこのサイトは良さそう」というときは、担当者の変更も可能です。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

下記のようなメールを転職サイトの運営に送りましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、整形外科に関してより詳しいコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

担当変更がどうしてもしづらい場合、変えてくれなかった場合は他社をメインで使うようにしましょう。

また、お住いのエリアが地方の場合、近くまで来てくれるかに着目しましょう。今回、上位3つで紹介したものは海外でない限り、近くまできてくれます。

とはいえ、担当のフットワークの軽さも見ながら頼るところを決めていきたいです。

注意点. 自分で進めるタイプの転職サイトと間違えないように

転職サイトには、上図のように、自分で求人を探して自分で医療機関に申し込みをするタイプのものもありますが、下記の3つの理由でおすすめしません。

  • 公開されている求人が少ないので求人がなかなか見つからない
  • 面倒な手続を自分一人でやらなければならない
  • 求人が全て公開されているので、いい求人の倍率は高い

それでも、担当者をつけずに自分で頑張りたいという方は「3-4. 自分で探して進めたい方へおすすめの求人情報サイト」をチェックしましょう。

3. 医師向けの人気転職サイトを徹底比較!選び方とおすすめ6選

医師の転職サイトは数え切れないくらい存在しますが、下記の観点で評価しました。

  • 掲載求人数:非公開求人を含めた求人の量
  • 登録医師数・実績:多くの医師が選んでいるか・ノウハウは蓄積されているか
  • 満足度:実際の口コミなどからサポートの手厚さなどを評価

まずは3社に登録するのがおすすめなので「まず登録すべき3社」「合わせて登録すべき3社」に絞りました。どれも完全無料のサービスですので、気軽に登録し、比べてみましょう。

3-1. まず登録すべき3社

まず登録すべきなのが、下記の3社です。掲載求人数、登録医師数、満足度どれを取っても申し分なく、満足できる転職につながるはずです。

この3つが飛び抜けているので、まずは3つに登録し使っていきましょう。非常勤の求人も豊富なので、非常勤(アルバイト)の求人を探す方もこの3つがおすすめです。

どれも、地方に住んでいても近くにきてくれるケースが多いので、地方の方も安心して使いましょう。

エムスリーキャリアエージェント:抜群の知名度+交渉力が心強い

エムスリーキャリアエージェント』は、エムスリーグループの医師向け転職サイトです。27万人の医師が登録する日本最大級の医療専門サイト「m3.com」と同じ会社のサービスで、医師の中での知名度は抜群に高いです。

実際、転職希望医師の登録者数が7年連続1位で、多くの医師が使い、転職を決めるサービスです。(※m3.comCAREERの登録者)

また、実績を生かしたサポートも手厚く、特に病院との交渉が心強いと好評です。コンサルタントは全員医療経営士の資格取得が義務付けられており、経営者目線で病院と条件面の交渉をしてくれます。

※こちらも、オフィスは東京・大阪ですが、都道府県ごとに担当がいますので、顔の見えるサポートを受けられます。

エムスリーキャリアエージェントの基本データ
運営会社エムスリーキャリア株式会社
対象地域全国
オフィス東京、大阪
公式ページhttps://agent.m3.com/

リクルートドクターズキャリア:リクルートグループの実績と高い満足度

リクルートドクターズキャリア』は、最大手の人材会社リクルートグループの医師向けの転職サイトです。抜群の知名度+30年の実績で、こちらも多くの医師が選んでいます。

非公開求人は1万件以上あり、リクルートの営業力による開拓+交渉でいい条件の独占案件も多いです。

また、転職向けのサービスを幅広く行なっているまさに「転職のプロ」だからこそ、転職活動中〜内定後のサポートに関しても高いレベルのサポートを期待できます。

※こちらも、オフィスは全国4箇所ですが、近くまで来てくれるので、顔の見えるサポートを受けられます。

リクルートドクターズキャリアの基本データ
運営会社株式会社 リクルートメディカルキャリア
対象地域全国
オフィス東京、名古屋、大阪、福岡
公式ページhttps://www.recruit-dc.co.jp/

医師転職ドットコム:圧倒的な求人数と豊富な実績

医師転職ドットコム』は常時4万件前後の求人を持つ、最大級の医師向け転職サイトです。求人もさることながら、35,000人以上の医師の転職をサポートして来たノウハウが蓄積されています。

全国の病院に満遍なく求人を保有し、条件のいい非公開求人もあるので、希望の条件の求人が見つからない..ということにはなりにくいです。

オフィスは7拠点ですが、最寄りの場所まで来てくれるので、顔の見える担当者から手厚いサポートを受けられます。非常勤の求人もずば抜けて豊富なので、全ての医師の方におすすめのサービスです。

40代以上の医師に向けた「40代、50代、60代からの医師転職ドットコム」という特設ページもありますのでこちらを利用しましょう。

医師転職ドットコムの基本データ
運営会社株式会社メディウェル
対象地域全国
オフィス札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
公式ページhttps://www.dr-10.com/

3-2. 追加で使っていきたい3社

上記3社で満足できる方は多いと思いますが、「求人をもっと見たい」「担当者と合わない」などとなった場合は下記の3社の中から目的に合わせて登録していきましょう。

マイナビドクター

マイナビドクター』は大手人材会社の株式会社マイナビの運営する転職サイトです。

全国に14のオフィスがあり、担当者自らが医療機関に足を運ぶなど地域密着のサポートを受けられます。看護師分野の転職でも強く、病院と強固なパイプがあることから、6割が非公開求人で、マイナビにしかない求人も多いです。

サポート・求人ともにバランスがいいので、上位3つの転職サイトで満足できなさそうであれば、まず検討したい1社です。

マイナビドクターの基本データ
運営会社株式会社マイナビ
対象地域全国
オフィス全国14拠点
公式ページhttps://doctor.mynavi.jp

ドクターキャスト

ドクターキャスト』も大量の非公開求人を保有する転職サイトで、非公開求人は3.9万件あるとされています。

「大手企業が運営」「医師の中で抜群の知名度」などここまで紹介した4社のような尖った強みは見られませんが、上記で満足できなければ、求人の幅を広げる意味でも併用してみましょう。

ドクターキャストの基本データ
運営会社株式会社メディカルキャスト
対象地域全国
オフィス東京、大阪、福岡
公式ページhttps://www.doctorcast.jp

美容ドクターエージェント

美容ドクターエージェント』は、美容外科医師・美容皮膚科医師専門の転職サイトで、看護師などの転職支援をしている長谷川キャリアサポート株式会社が運営しています。

他ではない美容クリニックの求人が見つかったり、美容医療・自費医療に特化しているコンサルタントがつくのでレベルの高いサポート、アドバイス、条件の交渉が期待できます。

美容外科医師・美容皮膚科医師の方で、上位の転職サイトに満足できなそうであれば登録してみましょう。

美容ドクターエージェントの基本データ
運営会社長谷川キャリアサポート株式会社
対象地域全国(東京主体)
オフィス東京
公式ページhttps://www.h-career-support.com/biyougeka/lp1/

3-3. 11社の転職サイトの掲載求人数一覧

ここで紹介した6つの転職サイトにその他有名なものを5つ加えリストアップしました。

すべて無料ですので、上記以外にも気になるところがあれば検討してみましょう。

マイナビドクター」や「ドクターキャスト」のようにほとんどを非公開にしている転職サイトもあるので、掲載数はあくまでも参考程度に考えましょう。

 掲載求人数(常勤)掲載求人数(非常勤/アルバイト)
エムスリーキャリアエージェント約14,000件約4,600件
リクルートドクターズキャリア約11,000件約4,800件
医師転職ドットコム約19,000件約13,000件
マイナビドクター約5,300件約4,000件
ドクターキャスト約3,000件約800件
美容ドクターエージェント--
JMC約9,500件約2,900件
Dr. 転職なび約14,000件約7,800件
民間医局約10,000件約4,600件
ドクタービジョン約5,600件約2,200件
MC-ドクターズネット約900件約500件

 

3-4. 自分で探して進めたい方へおすすめの求人情報サイト

「担当者が付くのが煩わしい」などの理由で、自分で求人を探して応募したいという方は、下記の2つに気をつけながら使っていきましょう。

①担当者が付いてしまうものが多いこと

求人情報サイトには、他の転職サイトの求人が掲載されていて、求人に付いて問い合わせると、別の会社の担当者がつくものがあります。

「担当者が付くのが煩わしい」という方には向きませんし、中には実績のほとんどない紹介会社もいるので注意しましょう。

担当者にサポートしてもらいたいのであれば、サポートの質が高く、多くの方が選んでる上記の転職サイトの方が好ましいです。

②求人が少ない

公開されている医師求人は一部ですから、求人を集めるのに苦労します。そのため、複数の求人情報サイトを毎日のようにチェックし、情報収集をする必要があります

下記の2サイトが比較的、担当をつけることなく病院に直接応募できる求人が多いので、こまめに覗くようにしましょう。

とはいえ、求人の質という意味では、非公開求人の方がいいものが多いです。

連絡が煩わしくても、いい求人を得るという目的で、下記の「担当者が求人を紹介してくれる」転職サイトがおすすめです。

4. 医師転職サイトがしてくれる4つのこと

転職サイトって登録するとどうなるの?何をしてくれるの?と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思うので、この章では転職サイトがしてくれることについて紹介をしていきます。

転職サイトは選考前から、入職後までとにかく手厚いサポートを無料で行ってくれます。具体的に、大きく分けて以下のようなサポートをしてくれます。

STEP1. 面談(希望条件などのすり合わせ)

転職サイトに登録をすると、転職サイトの担当者が連絡をしてくれます。そして、その後時間を合わせて、対面もしくは電話等で面談を行います。

「転職しようか迷っている」レベルの相談から「こんなところに転職したい」などのヒアリングまでを行ってくれます。

またあなたの希望に応じてその後求人をガンガン紹介してくれるようになるので、以下のような譲れない条件があればここでぶつけておきましょう。

  • 希望の給料やボーナスの水準
  • 「救急なしがいい」「大学病院がいい」などの要望
  • 希望の勤務場所(立地や交通の便)

STEP2. 求人の紹介

面談の後は、あなたの要望に合わせて求人を紹介してくれます。

要望に合った求人の中から、興味があるものがあれば、転職サイトが応募手続きを代行して行ってくれます。この時、転職サイトだから知っている病院の実情、募集背景なども踏まえながら提案をしてもらえます。

また、転職サイトの場合、ネット上などに公開されている公開求人の他に、ネット上には公開されない、伏せられている「非公開求人」も存在します。

STEP3. 選考中のサポート

選考中も面接日の設定など、転職サイトの担当者はマネージャーのように助けてくれます。面接に同行してくれ、条件面に相違はないか確認してくれたり、聞きにくいことをかわりに聞いてくれることもあります。

「面接が心配」「職務経歴書ってどう書けばいいのかな」という選考中の不安は相談すれば、アドバイスをもらえます。

また、「職場を見学したい」「選考や内定を辞退したい」などの希望があれば病院との間に入り話をつけてくれます。

STEP4. 内定後のサポート

内定した後もサポートは以下の面で手厚く実施してくれます。

  • 病院側との条件などの交渉
  • 労働条件書の締結
  • 入職手続きの代行
  • 揉めないための退局のアドバイス

以上のように、内定が決まった後も入職するまでサポートしてくれ、面倒な手続きなどもほとんど代行してくれます。

また、転職サイトの中には入職後も困ったことがあれば気軽に連絡できるような仕組みを整えているところも存在します。

5. 転職サイトによくある不安・質問に回答します

よく転職サイトを使う医師の方から受ける質問や、不安に思いがちな2つのポイントにお答えしていきます。

  • 紹介料を払うせいで採用されないということはありませんか?
  • 転職サイトに登録すると今の病院や関係者にバレますか?

5-1. 紹介料を払うせいで採用されないということはありませんか?

ありません。

お金を払ってでも優秀な医師を採用したいという病院が多いですし、転職サイト経由の方が安心できると言う病院の採用担当の方もいます。

病院側は「雇った医師がすぐに辞めた」「全然活躍できない」といったリスクを避けることを第一に考えます。

特にすぐ辞められると、引き継ぎ、退職手続き、別の方の採用など紹介料とは比べものにならない膨大なコストがかかります。

そんな中で、紹介会社のお墨付きのある方なら、ミスマッチも少なく、長く活躍できる可能性が高いので、病院は安心して採用できます。

その分年収を下げられているのでは..?という心配もしなくて大丈夫です。

むしろ、転職サイトが年収交渉してくれる分、より好待遇で転職しやすいです。

高いお金を払ってでもミスマッチの少ない医師を探している病院が多いので、安心しましょう。

5-2. 転職サイトに登録すると今の病院や関係者にバレますか?

バレません。

あなたを特定できる情報はあなたが、応募しない限り、ほかの病院にも行くことはありません。

ただし、絶対にバレないためにも、「病院関係者に転職活動のことを言わない」「情報管理が厳重な大手を使う」などを意識するようにしましょう。

6. まとめ

医師向けの転職サイトの選び方やおすすめを紹介しましたが、いかがでしたか?

医師は転職サイトを使うことで、より有利に、手間を減らして転職できるので、間違いなく使うべきです。

しかし、「会社によって」「担当者によって」当たり外れも大きいので、まずは3社登録し、担当者との相性、サポート、もらえる求人を比較して選んでいきましょう。

おすすめは下記の3社で、まずはこの3社に登録するところから始めましょう。

登録すると、連絡がありますのでまずは会うところから始めましょう!

あなたが理想の転職をできることを心から祈っています。