「仕事についていけない」7つの原因と対処法!辞めると決断する前に知っておくべき仕事の進め方

  • 「仕事についていけなくて不安」
  • 「会社に出社するのがつらい」

など、仕事について悩んでいませんか。

結論から言うと、「仕事についていけない」という悩みは時間の経過と共に解決することがほとんどです。

そして現状の課題を正しく認識して、改善を試みれば、その期間を短くすることも可能です。

一度落ち着いて課題を捉え、適切に対処しましょう。

この記事では、キャリアコンサルトとして多くの仕事の悩みを解決してきた私が「仕事についていけない」と悩むあなたに解決方法をご紹介します。

  1. 仕事についていけない7つの原因
  2. 「仕事についていけない」状況を打開する7つの行動
  3. 入社して間もないのであれば勢いで辞めるのはおすすめしない
  4. 転職すべきか迷うなら相談サービスを活用するのもおすすめ

すべて読むことで、仕事に対する憂鬱さから解放され、明るい気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。

1.仕事についていけない7つの原因

まずは仕事についていけない原因について探りましょう。原因を探ることで、仕事についていくことの、一つの糸口になります。

この章では、多くの人が感じている原因について7つの項目にわけて紹介します。

それぞれを詳しく紹介していきます。

1-1.仕事の量が多すぎる

「割り当てられた仕事の量が多すぎる」というのは、仕事についていけない主な原因の一つです。

たとえば、効率良く仕事をこなしたとしても、割り当てられたタスク量が多すぎると、期日までに終わらせることが難しくなります。

また、やるべき仕事が多すぎてキャパオーバーになってしまい、一つひとつの作業に集中力を欠いてしまうこともあるでしょう。

そして結果として、周囲より進捗が遅れたり、仕事のクオリティが低くなってしまったりするのです。

仕事量が適切であればゆとりを持って業務に打ち込めますが、そうでない場合、余裕がなくなり焦ってしまうのも無理ありません。

仕事量が多い

口コミ・評判

匿名さん
つかれた。仕事量が多いのか、私の要領が悪いのか。一日100件近くのメールを捌きながら新しい業務内容を把握して理解するには私の脳みそはついていけない。今日これやったから明日からはあれできるようになる!っていう実感もなく。いつ終わるのかな。この日々。

出典:Twitter

ただその一方で、仕事をこなす能力を評価されているからこそ、多くの仕事を与えられていることも考えられます。

優秀な人は仕事量が多い

口コミ・評判

匿名さん

整備士は逃げ得ですからね
技術があって仕事を早く終わらせる人は仕事量が増えるのに対して技術が未熟だと仕事量が少ない。だけど給料は同じ
費やした時間にお金払うのじゃなくて仕事量に対してお金払う。これが本来の姿のはず
違うから優秀な人材が恵まれず良いように使われる
ダメだこりゃ。

出典:Twitter

仕事量はどこも多い

口コミ・評判

匿名さん

転職を考えて同じ業界の様子を伺うも、だいたいどこも仕事量が多いという…

出典:Twitter

1-2.あなたの能力に見合っていない仕事を割り当てられる

仕事についていけていないのには、レベルに合ってない仕事を割り当てられている可能性があります。

たとえば、「入社したばかりで業務に関する知識がほとんどないうえに、誰にも頼れない」といった状況では、失敗してしまったり、周囲より結果が出なかったりするのは当然のことです。

仕事に結果が出せない

口コミ・評判

匿名さん

上司からふられた役割があまりにも経験技術力と見合ってなさすぎて冗談だと思ってたら本当らしくて震えてる。なんでそんなことさせるんだろ、、新人は断れないってわかってて言うのやめてほしい、八つ当たりで新人に見合わない仕事押し付けて周りとお客様に迷惑かけるのやめてよ、、

出典:Twitter

ここまで極端ではなくても、「自分の今の能力では到底無理だ」と感じる仕事を任されてプレッシャーを感じてしまい、自己否定に陥る方は少なくありません。

特に中途採用の場合は即戦力としての活躍を求められるため、上司の期待と自分のスキルとのギャップに悩む方も多いようです。

ただし会社によっては、あえてレベルの高い仕事を与えることで能力向上を期待している会社もあります。

チャレンジするのも大切

口コミ・評判

匿名さん
企業が人材育成を行う際に、成果を効果的に出せる手法は、①その方の知識・経験から高度と思われる仕事にチャレンジさせる、②より高い水準の責任を負わせる、③能力開発に向けて体系的・計画的に施策を行う、の3種類が挙げられるそうです。 重要なのは、①〜③を計画的に行うことなのだと思います。

出典:Twitter

1-3.周りと比べすぎている

「仕事についていけない」と悩む人の中には、周囲と自分を比べすぎている可能性もあります。

特に結果が数字で目に見える営業職や、スキルの差が明確に浮き彫りになる技術職などでよくあるケースです。

周囲を意識している例

  • 同僚や同期が優秀なため、相対的に自分が劣っているように感じる
  • 仕事ができる人を基準にして高い目標を掲げすぎている

しっかりと結果自体は出しているが上記を理由に、ついていけないと感じてしまう人も多いようです。

「仕事についていけない」と悩むうちは、周囲よりまず目の前の仕事に集中しましょう。

1-4.完璧主義で仕事を考えている

完璧主義の人は、仕事についていけないという悩みを抱えやすいです。

もちろん、仕事を完璧に遂行することは大切ですが、要らないこだわりを持ってしまい、進捗を大幅に遅らせることに繋がりやすいです。

また責任感の強い人の場合、「絶対ミスはしないように」と意識するあまり、過剰なほど神経質に仕事を行ってしまうこともあります。

完璧主義は成功から遠ざかる

口コミ・評判

匿名さん

成功法則と真逆やっちゃってるよ。 投資しない、無駄遣い辞められない、勉強しない、成功者の真似しない、完璧主義で前に進まない、謙虚じゃない、周りと協力しない、人に与えない、人を成功させない、ネガティヴな口癖を言う、環境を選ばない、今までの価値観のまま生きる。「今すぐ反転させよ!」

出典:Twitter

完璧主義に嫌気がさす

口コミ・評判

匿名さん

完璧主義だとメンタル病みます
何事も完璧にやらないと嫌な人ってたまにいます。他人が思ったように動いてくれないとイライラしたり… それって他人はけっこう迷惑ですよね。
その本人にとってもイライラしてストレスが溜まって身体に悪いしメンタルにも良くない。
なので人間ほどほどで
ですね

出典:Twitter

何事も完璧に行わないと気が済まない性格の方は、本来こだわる必要のない些細な部分に時間をかけ、結果的に周囲に遅れを取ってしまいます。

1-5.経験が浅く業務に慣れていない

まだ経験が浅く、業務に慣れていないと「仕事についていけない」と悩んでしまいます。

特に未経験の人が、いきなり完璧に仕事を遂行することは難易度が高いため、「仕事の資料をまとめる」など初歩的な仕事でも難しいです。

業務に慣れていない原因には、以下のケースが存在します。

業務に慣れない原因

  • 基本が身についていない状態で仕事をしている
  • 教育・研修制度が整っていない

特に教育・研修制度が整っていなければ、十分に仕事内容を理解できず、経験を積めません。

仕事についていけないという悩みは、環境が原因であるケースも少なくないのです。

1-6.周囲との連携が取れていない

周囲との連携が取れていないと、仕事に大きな支障をもたらします。

上手く連携が取れているチームでは、困ったことがあってもすぐにサポートしてもらえますが、そうでない場合は、自分で対処しなければならず、最悪の場合大きなミスにつながることもあります。

質問できる環境にいない

口コミ・評判

匿名さん

感情に左右される人が教育者だと新人は質問できないし相談できない、教育者も新人に対してイラついて無駄な体力の消耗だし早くこれに気付いてくれよ、、、、、

出典:Twitter

1-7.仕事の進め方に問題がある

仕事の進め方に問題がある可能性があります。

たとえば、あなたが苦手とする仕事であるため、仕事に取り掛かるのが遅く、効率が下がることは進め方に問題があるといえます。

また、仕事に明確な目標がなく、仕事を達成するための道筋を立てることができず、仕事の質を落とすこともあるでしょう。

目標を定めて仕事を行う

口コミ・評判

匿名さん
今週、自分でも生産性3倍になったわと感じてまして。 仕事の仕方を少し変えたのがうまく行ったので共有。
①月曜朝までに、当週やり切りたい事を書き出す
②毎晩その日にやり切った事を書き出す
③ ②の日付のうちに、次の日にやり切る目標を書き出す
これ繰り返すだけで断然生産性上がります

出典:Twitter

つまり、仕事の進め方に問題があると、仕事の効率が下がり、周囲より仕事ができないと感じるのです。

2.「仕事についていけない」状況を打開する7つの行動

前章では、仕事についていけない原因を紹介しましたが、その多くは自らの仕事の進め方や姿勢を改善してみるだけで解決するものも多いです。

そこでこの章では、「仕事についていけない」状況を打開するための7つの行動をまとめました。

それでは見ていきましょう。

2-1.仕事の優先順位を決めタスク管理を見直す

「仕事についていけない」という方は、自分のタスクを正確に把握しましょう。

なぜなら仕事のスピードに悩む方は、「今自分が何をすべきか把握できていない(あるいは漠然としか把握していない)」ことが多いからです。

具体的な対策としては以下です。

具体策:スケジュールアプリで仕事を整理して見直す

スケジュールアプリに今あるタスクを組み込みましょう。

優先度の高いものから順に並べてみることで、「今何から手を付けるべきか」が明確になります。

そのうえで、それぞれの期日を確認し、「期日が早いもの」「時間がかかりそうなもの」から優先して着手していきましょう。

2-2.分からないことをそのままにせず、質問してその都度解消する

分からないことに直面したら、そのままにせずにその場で質問しましょう。

その都度解消することで、間違った方向性で仕事を行うことがなくなり、仕事の進みを改善することができるからです。

質問してよかった

口コミ・評判

匿名さん
今日仕事で、全然分からなくて調べまくったけど、肝心な部分がわからないことを上司の方に教えていただいて、一瞬で理解できてとてもためになって気持ちよかった。他の方も勉強になった!って喜んでたし、質問して良かった!

出典:Twitter

また上司に質問することは以下2つのメリットがあります。

  • 仕事の悩みを相談でき、仕事への嫌悪感の解消に繋がる
  • 仕事のアドバイスを貰うことができ、仕事量が軽減される

とくに上司に質問することは、仕事への悩みを減らせる面で重要です。

ただし上司に質問するときは、メモを取るなどして同じことを質問しないように工夫するといいでしょう。

2-3.業務成績の良い人の仕事の仕方を観察し真似する

業務成績の良い人には、必ず理由があるため、仕事の仕方を観察しましょう。

あなたが周りと比べて、仕事についていけていないと感じるなら、あなたの周りは優秀な方ばかりです。

つまり優秀な人たちを参考にすることで、仕事の効率をアップに繋がるでしょう。

具体的には以下の2点を実行すると良いでしょう。

  • 業務成績の良い人の一日の過ごし方を観察する
  • 業務成績の良い人に仕事のこなし方を質問する

また、謙虚な姿勢を見せることができるため、周りからも好印象です。

2-4.周りと比べすぎず、まずは基礎を固める

周りとあなたをあまり比べすぎず、まずは基礎を固めることを意識してみましょう。

なぜなら基礎を固めることで、無駄のない仕事を行うことができるからです。

たいてい、周りの成績が良い方は、基礎がしっかりしているためスムーズに仕事を行えます。

具体的には、以下2点を意識してみましょう。

  • 与えられた仕事の目的は何かを検討する
  • 仕事の基礎知識を勉強する

上記を最低限抑え、焦らずあなたのスキルを磨くことが大切です。

2-5.自分が成長する機会だと捉える

仕事についていけないことを、自分が成長するチャンスだと思いましょう。

仕事は自分から動くことが大事になり、その行動があなた自身の成長に繋がります。

たとえば、以下の点があげられます。

  • 研修制度が整っていないなら自分から率先して質問する
  • 仕事の改善点を積極的に聞く

また、あなたの上司も、はじめから完璧にタスクをこなすことはできず、大変な仕事を乗り越えることで、成長してきたのです。

したがって、「仕事についていけない」とマイナスに捉えるのではなく、「自分が成長する機会だから頑張ろう」とプラスに捉える行動が望ましいです。

誰もが経験する壁を、自分の成長に変えて行く姿勢を持つことが大切です。

2-6.完璧主義を目指さない

仕事を100%完璧にすることを辞めてみましょう。

もちろん完璧に仕事をこなすことは大事ですが、あなた一人で抱え込むことは避けなければいけません。

例えば仕事を100%完璧に仕上げたとしても、方向性が違えば始めからやり直しです。

仕事はチームで行うものなので、完璧に仕上げようという考えは捨てた方が仕事が楽しくなるかもしれません。

完璧主義をやめ、メンバーを頼った

口コミ・評判

匿名さん

3年前私は会社の基盤である事業部の部長をやっていた。完璧主義な私は全て引き受けた。2年前私は自分の新規事業を立ち上げて変わったことがある。完璧主義をやめた。自分が動けば速いことなんて誰もが思うが、メンバーに任せることにした仕事が回り成長スピードが速いことに気が付いた。

出典:Twitter

2-7.上司に相談する

仕事についていけないという悩みを、一度上司に相談してみるのも解決策の一つです。

なぜなら、そもそも上司自身があなたの状況を、正しく把握していない可能性があるからです。

上司が把握してないあなたの悩み

  • 与えられた仕事量が多すぎる
  • レベルに合っていない仕事に悩んでいる

もちろん、あなたの能力が評価されて、周囲よりも多くの仕事を任されているケースもあるかもしれませんが、「ついていけない」と感じているのであればそれは考えづらいです。

上司が部下の仕事をうまく管理できていない可能性の方が高いでしょう。

一度相談の機会を設けてみて、状況の認識をすり合わせることで解決するケースもあります。

ここまでのまとめ

ここまで、「仕事についていくための行動」について具体例をあげて紹介しました。

  • 仕事の優先順位を決めタスク管理を見直す
  • 分からないことをそのままにせず、その都度解消する
  • 業務成績の良い人の仕事の仕方を観察し真似する
  • 周りと比べすぎず、まずは基礎を固める
  • 自分が成長する機会だと捉える
  • 完璧主義を目指さない
  • 上司に相談する

上記を実践し、仕事についていけない原因を対処していきましょう。

3.入社して間もないのであれば勢いで辞めるのはおすすめしない

あなたが入社して間もないのであれば、勢いで辞めるのはおすすめしません。

目安としては、まだ入社して半年経っていないなら、退職してしまうのは早まった判断と言えます。

仕事に慣れるまでの期間としては、およそ3ヵ月~半年かかるのが一般的で、事実、リクナビNEXTのアンケート調査では、以下のことが分かっています。

転職後 仕事を辞めたいと思った人の割合

転職後 仕事を辞めたいという気持ちが解消された人の割合た

新しい職場ですぐに慣れたという人は、36%しかいませんでした。

解消された期間は、「辞めたいと思っていたのは3カ月以内まで」という回答が45.7%と約半数を占めました。

また、「3カ月~半年未満」という回答が32.6%という結果に。2週間や1カ月で解消されたという人も、約20%いました。

仕事に慣れるまでには時間がかかるは当然なので、焦らずもう一度あなたの仕事について見直しましょう。

また、早期リスクはあなたのキャリアに以下のような悪影響を及ぼします。

  • 3-1.早期転職をしてしまうと、転職難易度が上がる
  • 3-2.次の転職先でうまくいくとは限らない

それぞれ詳しく解説します。

3-1.早期転職をしてしまうと、転職難易度が上がる

早期転職をしてしまうと、転職難易度が上がってしまいます。

なぜなら早期転職にはマイナスなイメージがついてしまうからです。

早期離職に対してよくあるマイナスなイメージ

  • 仕事を続ける能力がない人
  • 仕事ができない人
  • 忍耐力がない人

もう少し転職をするのを検討し、今の仕事に向き合ってみることも必要です。

3-2.次の転職先でうまくいくとは限らない

転職したからといって、仕事がうまくいくようになるとは限りません。

なぜなら仕事についていけなかった原因があなた自身だった場合、その原因を解決しないまま転職することになるからです。

原因があなたにある場合、転職先でも同じく「仕事についていけない」と感じてしまうかもしれません。

次の2点を解決してから転職を検討しましょう。

  • 仕事についていけない原因が何かを探る
  • あなた自身だった場合、原因を解決する

「仕事についていけない」からといって転職するかしないかの判断をするのは、あまりおすすめできません。

ここまでのまとめ

「仕事についていけない」という悩みは、時間の経過と共に解決することが多いです。

また、以下の理由からも基本的に転職はおすすめではありません。

  • 早期転職をしてしまうと、転職難易度が上がるから
  • 次の転職先でうまくいくとは限らないから

ただ、以下に該当する方は「職場・仕事内容を変える」ことを検討してみるのも選択肢の一つです。

  • 精神的に限界だと感じていて、仕事に行くのもつらい
  • 職場の環境が著しく悪い(研修制度が一切ないなど)

この場合、環境を変えてみることで悩みが解決する場合もあります。

転職エージェントに相談してみるのもおすすめ

転職を本格的に検討している方は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

転職エージェントとは、キャリアコンサルタントと呼ばれる転職のプロが、求人探しから選考対策までマンツーマンでサポートしてくれるサービスです。

「職場を変えたいが、自分に合う求人があるか不安」という方でも、気軽に利用できます。

転職エージェントはいくつか種類がありますが、初めて利用する場合は業界最大手の『リクルートエージェント』や、20~30代のサポートに強い『マイナビエージェント』の利用がおすすめです。

なお、利用者からの評価が高いサービスは『転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較』でまとめて紹介しています。

※転職エージェントについての詳しい解説はこちら:転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識

 

4.転職すべきか迷うなら相談サービスを活用するのもおすすめ

「仕事についていけない」という状態が続き、転職した方が良いのだろうかと迷っている方は、相談サービスを活用するのもおすすめです。

たとえば以下は、キャリアの専門家に無料で話を聞いてもらえるサービスで、「ひとまず話を聞いてほしい」といったニーズに応えてくれます。

kakedas | キャリア・職場の悩み相談ができるサービス

kakedas』は、職場の人間関係からキャリアプランまで、仕事に関する悩みをコンサルタント(ビジネスキャリアの専門家)に無料で相談できるサービスです。

相談内容は「仕事についていけなくて、どうしたらいいか分からない」など漠然としたものでも構いません。

転職を前提としたエージェントサービスと異なり、kakedasは転職するつもりがなくても気軽に利用できます。

「気軽に相談できる人が身近に居ない」「将来についてキャリアのプロに相談したい」という方におすすめです。

※本格的に転職を検討している方は、転職エージェントの利用も検討してみてください。

さいごに

「仕事についていけない」という人向けに、仕事についていけない原因と改善方法について解説しました。

仕事についていくためのおすすめの行動

  • 仕事の優先順位を決めタスク管理を見直す
  • 分からないことをそのままにせず、質問してその都度解消する
  • 業務成績の良い人の仕事の仕方を観察し真似する
  • 周りと比べすぎず、まずは基礎を固める
  • 自分が成長する機会だと捉える
  • 完璧主義を目指さない
  • 上司に相談する

転職を考える前に、まずは仕事についていけない原因を明確にし、それに応じた対策を講じることが大切です。

ただ、改善策を試しても今の仕事についていけないと感じるのであれば、転職を検討してみましょう。

仕事についていけないという悩みが、改善されることを祈っています。