ウォルト・ディズニー・ジャパンに転職できる?求人・採用情報や転職成功のポイント集

  • 「ウォルト・ディズニー・ジャパンに転職するにはどうすれば良いのだろう」
  • 「採用されるのは難しいのだろうか」

と考えていませんか?

求人情報がほとんど出回っていないウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職を実現するためには、徹底した情報収集を行う必要があります。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントとして数多くの転職をアドバイスしてきた私が、ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職にあたり知っておくべき知識を解説します。

【ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職で知っておくべきの6ポイント】

  1. 総評と転職のしやすさ
  2. 採用情報
  3. 企業情報
  4. 働き方|口コミ評判まとめ
  5. 転職を成功させるコツ
  6. おすすめの転職エージェント

すべて読めば、ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職の第一歩を踏み出せるでしょう。

1.ウォルト・ディズニー・ジャパンの総評と転職のしやすさ

年収

4.0

平均年収は770万円以上。成果次第で給与が変動する。

福利厚生

3.7

基本的な福利厚生に加え、ディズニーファンには嬉しい特典が豊富!

評価・研修制度

3.2

自己啓発のためのトレーニングが用意されており、スキルアップしやすい。

やりがい・成長

3.2

コンテンツ・ブランド力が強く、ポジティブな反響を感じられる。

雰囲気・働きやすさ

3.4

完全フレックスタイム制であり、育児との両立がしやすい。

将来性

3.8

安定性のある企業だが、米国の判断に左右される。

openwork / Lighthouse / 転職会議の評価をもとに算出

注意:転職難易度は高い

現在、ウォルト・ディズニー・ジャパンではほとんど求人募集が行われておらず、転職難易度は高くなっています。

また、転職サイトには求人票が載っていないため、公式HPで求人募集がないか調べる必要があります。

どの職種においても、専門知識やスキル、経験が必須とされており、知名度の高い企業であるため競争率が高いでしょう。

転職を成功させるためには、入念な情報収集戦略的な転職活動が欠かせません。

そこで、まずは次章から、ウォルト・ディズニー・ジャパンの採用・企業情報から紹介していきます。

2.ウォルト・ディズニー・ジャパンの採用情報

ウォルト・ディズニー・ジャパンの採用・求人に関する情報をまとめました。

  1. 中途採用での募集職種
  2. 求められる人材

詳しく見てみましょう。

2-1.中途採用での募集職種

現在、ウォルト・ディズニー・ジャパンではほとんど求人募集が行われていません。

公式HPに掲載されている求人は以下の7件でした。(※2020年12月時点)

募集職種(役職)

  • プロジェクト通訳・翻訳(日英)
  • パラリーガル―日本法務
  • 弁護士―日本法務
  • 上級弁護士―東京ディズニーリゾートのサポート
  • マネージャー・財務・特許
  • システムエンジニア/アソシエイトシステムエンジニア/ディズニーストア
  • フィールドコーディネーター

ただ、重要ポストの求人は非公開となっていることがあるため、転職エージェントと活用して求人情報を入手しましょう。

2-2.求められる人材

ウォルト・ディズニー・ジャパンの求人は、基本的に専門知識を持つ経験者を対象としています。

例として、公式HPに掲載されている求人の応募条件を紹介するので、参考にしてみてください。

プロジェクト通訳・翻訳(日英)

・ネイティブレベルの英語力と日本語力(TOEIC 950点以上、日本語能力試験N1相当)
・逐次通訳の職務経験
・チームプレーヤーとして効率的に働ける方
・変化するビジネスニーズや作業状況、環境に柔軟に合わせることができる方
・屋外や未完成の建造物の中などの建設現場での業務を厭わない方
・Word、Excel、PowerPointをを含む、基礎的なパソコンスキルがある方
・必要に応じて、変則的な勤務シフトに柔軟に対応できる方

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

システムエンジニア

・実践的な開発経験を含む、5年以上のシステム開発経験
・システム開発プロジェクトにおけるプロジェクトリーダーの経験
・開発パートナーとプロジェクトを主導した経験
・ビジネス要件に基づくテクノロジーデザイン(ソリューションデザイン)の経験
・日本語のネイティブレベル、熟練した英語

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

3.ウォルト・ディズニー・ジャパンの企業情報

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、米国ウォルト・ディズニー・カンパニーの日本における現地法人です。

  1. 事業内容
  2. 会社概要
  3. 会社の特徴

それぞれ確認しておきましょう。

3-1.事業内容

ウォルト・ディズニー・ジャパンの主な事業内容は以下の通りです。

事業部事業内容
スタジオ・モーションピクチャーズディズニー、その他各社のアニメ・実写映画の配給
ミュージック/ライブ/キャラクター・ボイス/キャスティングディズニー関連音楽、ライブのライセンス事業、キャラクター音声管轄、各作品の声優キャスティング
テレビジョン&メディアプラスディズニー関連テレビ事業、広告営業
コンシューマー・プロダクツ&インタラクティブ/アジアゲーム・ビジネスディズニー商品ライセンス事業、ゲーム事業のアジア展開
メディア・ディストリビューションブルーレイ・DVDの販売、映像配信
ディズニー・ストアディズニーストアの運営
パーク&リゾート世界のディズニーリゾートへの日本からの誘致

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

また、以下のように多岐にわたる部門が設置されており、多様な職種があります。

職種/専門分野

  • 事業サポート・事務
  • 消費者向け商品
  • クリエイティブ
  • ファイナンス、データ&アナリティクス
  • ゲスト/カスタマーサービス
  • イノベーション、テクノロジー&サイエンス
  • マーケティング、セールス&コミュニケーション
  • 運営サポート
  • プロダクション&エンターテインメント

それぞれの業務内容を紹介します。

事業サポート・事務

ビジネスサポートとして機能する様々なチームが、The Walt Disney Companyのあらゆる事業のスムーズな運営を支えています。お客様にベストを提供するための企業運営は、事業開発から法務、人事、事務に至る多くのサポートチームによって維持されています。

消費者向け商品

世界中の市場に向けたマーチャンダイジング、ライセンシング、出版、販売を通して、様々なブランドを展開し収益化する役割を担っており、ディズニー・マジックを体現するグッズをあらゆる年齢層の消費者が手にすることができるようにしています。

クリエイティブ

クリエイティブチームの一員になれば、『トイ・ストーリー』最新作の構想からプリンセスのコスチュームデザインまで、イマジネーションの世界に生命を吹き込み、世界中の人々にそれをお届けできるようになります。

ファイナンス、データ&アナリティクス

ファイナンスの革新的なプロフェッショナルたちが、財務データや分析に基づく見地を提供し、重要な意思決定に役立てることで、各事業部門が効率的かつ効果的に機能できるようサポートします。多数の事業部門にわたり、データから財務計画および分析、会計、財務、監査といった多様な役職で人材を求めています。

ゲスト/カスタマーサービス

パーク、ホテル、クルーズシップ、ストア、コールセンターでの仕事を通して、あなたもディズニーの特別なサービス

イノベーション、テクノロジー&サイエンス

エンジニア、開発者、デザイナー、データ・サイエンティストのチームが、事業プロセスを最適化するシステムおよびインフラストラクチャを開発・維持することで事業イノベーションの推進に貢献しています。

マーケティング、セールス&コミュニケーション

記憶に残る魅力的なキャラクターやコンテンツを通じて、ゲストのみなさまに特別な体験をお届けします。

運営サポート

建築、設計、設備、園芸のみならず、動物プログラムおよび科学に至るまで、多種多様なチームが、社員を活気づけ、それぞれのベストを発揮できるような環境の維持に努めています。

プロダクション&エンターテインメント

作家、プロデューサー、運営および制作アシスタント、エンターテイナーなどの人材として、舞台、映画、テレビ、パーク、スポーツの事業で活躍できる機会を用意しています。

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

3-2.会社概要

ウォルト・ディズニー・ジャパンの会社概要を以下にまとめました。

本社所在地東京都港区虎ノ門1丁目23-1
(虎ノ門ヒルズ森タワー27階)
代表者代表取締役社長
キャロル・チョイ
設立1959年
資本金3億円
(2019年9月時点)
売上147億7百万ドル
(2020年10月時点)
従業員約185,000名 ※グローバル合計
(2017年時点)
事業内容エンターテイメント、メディア

業績は新型コロナウイルス感染症の影響で停滞

ウォルト・ディズニー・ジャパンの業績は、新型コロナウイルス感染症の影響で停滞している状況です。

事実、売上高は2020年10月時点では147億7百万ドルと、前年同期と比べ23.1%減少しています。

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

ただ、事業別に売上高を比較すると、メディアネットワークとグローバルコンテンツセールスの分野では売上高が2019年より向上していることが分かります。

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

3-3.会社の特徴

ウォルト・ディズニー・ジャパンには以下のような特徴的な点があります。

  1. ダイバーシティ&インクルージョン
  2. 女性活躍推進法に関する行動計画

それぞれ詳しく見てみましょう。

(1).ダイバーシティ&インクルージョン

ウォルト・ディズニー・ジャパンでは、全ての人々が等しく尊重されていると感じられる事を目指しています。

人々の価値観が多様化する中「全ての国、人種・民族、信念、性別、性的指向・自認、障がい、文化圏の人々」の、それぞれに固有な視点が反映される作品作りが行われています。

これは、会社の行動規範にも示されている重要な精神です。

(2).女性活躍推進法に関する行動計画

ウォルト・ディズニー・ジャパンでは、2019/11/1 – 2021/3/31の期間で「女性活躍推進法に関する行動計画」に取り組んでいます。

この取り組みで、エグゼクティブ以上の管理職に占める女性割合を継続的に30%以上に保つことを目標に、次世代の女性リーダーを育成しています。

女性の活躍に関する情報 (2019/10/1)

  1. 女性社員の割合:55%
  2. 平均勤続年数:女性(9.6年) 男性(10.7年)
  3. 平均残業時間:対象社員 28時間
  4. 女性管理職割合(※1):42%
  5. 女性エグゼクティブ割合(※2):29%
  6. 女性経営陣割合(※3):33%

(※1)管理職:ラインマネジャー及び、同等の職責に就く社員
(※2)エグゼクティブ:グレード38以上の社員
(※3)経営陣:CEO直属であり各事業部・管理部門責任者の職責に就く社員

出典:ウォルト・ディズニー・ジャパン

このような取り組みにより、女性が活躍できる会社作りを目指しているようです。

4.ウォルト・ディズニー・ジャパンの働き方 | 口コミ評判まとめ

この章では、Lighthouseに掲載されている社員の口コミから、ウォルト・ディズニー・ジャパンの働き方の実態を紹介します。

  1. 年収
  2. やりがい・成長
  3. 雰囲気・働きやすさ
  4. 残業時間

それぞれ詳しく見てみましょう。

4-1.年収

ウォルト・ディズニー・ジャパンの平均年収は、777万円です。

これはエンターテイメント業界の中でも、高い部類に入ります。

ウォルト・ディズニー・ジャパンは役職や年齢、勤続年数に関わらず、成果に応じたポジションや報酬を用意する「実力評価」の制度を整えています。

能力・結果次第では、スピード感のある昇格・昇給が見込めるでしょう。

実際にLighthouseでは、以下のような年収分布が提示されていました。

出典:Lighthouse

4-2. やりがい・成長

コンテンツの魅力が大きく、消費者の反応を身近に感じることができるため、やりがいが大きいと好評です

グローバルに活躍する企業であるため、スケールの大きな仕事に携わることができるでしょう。

また、成果主義であるため、自分の仕事が給料に反映されやすく、新しい仕事にもチャレンジしやすい環境が整っています。

扱う作品やコンテンツの品質が世界トップクラスであるということ。世界に拠点を構えているため、国際的な仕事やコミュニケーションを経験することができる。
世界中の一般的な給料水準よりは高い報酬を受けることができること。

出典:Lighthouse

何もせずじっと待つというよりは、失敗してもとにかくチャレンジするという社風でした。

出典:Lighthouse

4-3. 雰囲気・働きやすさ

完全フレックスタイム制であり、自分の仕事に合わせて働く時間を調整しやすくなっています。

女性も多く活躍しており、有休も取りやすいため、働きやすい職場と言えるでしょう。

また、上司への提案もしやすく、風通しが良いと感じる社員が多いようです。

女性が多い職場で、部署にもよるがワーキングマザーも一定数いること、そして子供たちに夢を与える仕事ということもあり、子育てとの両立に会社として理解を示そうというのはとても感じる。子供が熱を出した時などに使える有休もあったりするのはとても良いと思う。
制度的には完全にフレックスなので、うまくやればある程度時間の融通をきかせて働くことができるのではないかと思う。また女性のリーダーも多いので、励みになる。

出典:Lighthouse

【上司への意見・提案のしやすさ】言いやすい。いつでもOfficeがオープンなので入りやすい。

出典:Lighthouse

4-4.残業時間

残業時間は月平均で34時間と、エンターテイメント業界では平均的です。

ただし、本社勤務と各直営店舗勤務の場合など、職種によって大きく労働環境が異なるため、事前に確認することをおすすめします。

残業は無駄にすることがありません。社員の方は率先して帰っている印象でした。
そのため勤務時間も無駄なことは無いですし、会議も30分単位です。無駄にダラダラすることなければ、ダベるくらいならさっさと切り上げます。
時間をとても大切にするイメージです。多分、当たり前ですが会議することが目的ではなくて、そこから答え出して先に進めることが目的です。

出典:Lighthouse

5.ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職を成功させるコツ

ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職を成功させるためには、以下3つのコツを押さえておきましょう。

  1. 自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う
  2. 情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える
  3. 頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

それぞれ詳しく解説します。

5-1.自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う

まずは自己分析・キャリアの棚卸しを徹底しましょう。

自らの長所やスキルを言語化したり、これまでの経歴を振り返ったりすることで、アピールポイントとなる強みを見つけ出すことができます。

自己分析の着眼点

  • 振り返り
    …これまでのキャリアを振り返る
  • 転職してどうなりたいのか
    …「なぜ転職したいのか?」「どんな人生を歩みたいのか?」など自身の「なりたい状態」を考える
  • できること
    …これまでの経験からどんなことを学んできたのか、どのようなスキルがあるのか

上記を重点的に考えることで、「魅力的な職務経歴書の作成」「面接での効果的なアピール」が可能となります。

5-2.情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える

「自分はどのような強みがあるか」だけではなく、「企業はどのような人材を求めているのか」を考えることも重要です。

そのためにも、企業のコーポレートサイトや求人情報を徹底的に調べることが欠かせません。

また、採用条件だけでなく、以下の情報から求められる人物像を読み取ることも重要です。

求める人物像を読み取る観点

  • 企業の成長ステージ
    …創業期であれば即戦力や横断的なスキルを持つ人材が求められる。一方、成熟期はマーケティング人材や異業種人材が求められる傾向
  • 理念・ビジョン
    …企業が目指す事業の形から、どのような考え・姿勢で働く人材を求めているかを考える

企業情報を踏まえた志望動機・自己PRを行うことで、採用選考の確率を高めることができます。

5-3.頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

「頻出の質問」に対する回答を、あらかじめ考えておくなど、事前に面接準備を行っておくことで、スムーズな対応が可能になり、的確に自分をアピールできます。

面接で頻出の質問

  • 「あなたの強みは何ですか?」
  • 「なぜ転職しようと思ったのですか?」
  • 「弊社を志望した動機を教えてください」
  • 「弊社に活かせるスキルや経験を教えてください」

また、面接特有の空気感に緊張してしまい、本番で思うように受け答えができないという方も少なくありません。

このような事態を防ぐためにも、模擬面接(面接の練習)を行っておくことが大切です。

選考・面接対策は転職エージェントの利用がおすすめ

採用確率を高める選考対策は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、以下のサポートが受けられるからです。

  • ヒアリングを通して強みやアピールポイントを客観的に見極めてくれる
  • 応募書類の添削を行ってくれる
  • 模擬面接など、事前の面接対策も可能

転職エージェントを利用することで、転職のプロから採用側の視点で、客観的なアドバイスをもらうことができるので、積極的に活用することをおすすめします。

ここまでは、ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職を成功させるコツを紹介しました。

次の章では、エージェントサービスを活用して選考対策を行いたいという方向けに、サポート力に強みのある転職エージェントを紹介していきます。

6.外資系企業転職に強く、サポート力に定評のあるおすすめの転職エージェント

数ある転職エージェントの中から、以下の3つを基準におすすめのエージェントを厳選しました。

選定基準

  1. サポート力
    …コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか
  2. 提案力
    …求職者のニーズにぴったりの提案をしてくれるかどうか
  3. 求人数・質
    …コンサル業界の求人の量や質は十分かどうか

この3点を軸に『500人の転職エージェント利用者を対象に行なった調査結果』を踏まえると、結果は以下の通りとなりました。

転職エージェントサポート力提案力コンサル職種の求人数
1位.
キャリアカーバー

4.2

4.2

約3,300件
2位.
ビズリーチ

4.2
 ◎
4.1
 約1,800件
3位.
dodaエージェント
 ◎
4.0
 ◎
4.0
約1,000件
4位.
ランスタッド

3.9

4.0

約800件
5位.
JACリクルートメント

4.0

3.8

※2020年12月時点

それぞれ詳しく紹介します。

1位.キャリアカーバー

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、全求人は約68,000件と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

2位.ビズリーチ

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約4,700名のヘッドハンターが登録しており、数では約2,500名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp/

3位.dodaエージェント

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

4位.ランスタッド

ランスタッド』は、オランダに本社を置き、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

保有求人全体の約半数が「年収800万円以上」の求人で、中には年収2000万円以上のハイクラスな求人も見つけることができます。S&P500企業からスタートアップまで、求人の幅が広いことも特徴的です。

またランスタッドでしか募集をしていない「独占求人」も多く、特にグローバル企業や外資系企業のハイクラスポジションの仕事を見つけられます。

公式サイト:
https://randstad.co.jp

※ランスタッドでは、IT企業の転職に特化したエージェントサービスも行っています。IT業界志望者はこちらを利用してみてください。

5位.JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

さいごに

ウォルト・ディズニー・ジャパンでの働き方や転職について紹介しました。

ウォルト・ディズニー・ジャパンへの転職はやりがい・自己成長・風通しの良さなどの面でメリットが大きいですが、多様なビジネスを行なっているためプロジェクトによって雰囲気や労働環境が大きく異なる点に注意しておきましょう。

転職成功のポイントは、徹底した事前準備にあります。

より転職成功率を高めたいという方は、転職エージェントを利用して、選考対策を行うことをおすすめします。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。