株式会社アシストに転職すべき?口コミでわかる特徴と転職成功のポイント集

株式会社アシストのロゴ

「中途採用で、アシストに転職しようかな…?」と考えていませんか?

いざ転職したいと情報を探してみても、企業HPにはいい面しか書いていない上に、口コミサイトを見ても情報量が膨大で整理できず、本当に転職すべきなのだろうかと思ってしまうことでしょう。

加えて、これらのサイトでは教えてくれませんが、株式会社アシストへの転職を成功するためのたった1つのコツも存在します。

このページでは、転職エージェントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、アシストへの転職についてご紹介します。

  1. まとめ|アシストの特徴と転職のポイント
  2. アシストの企業情報
  3. アシストの採用情報
  4. アシストの求人情報
  5. アシストに関する口コミまとめ
  6. アシストへの転職を成功に導くたった1つのコツ
  7. アシスト転職で必ず登録すべき転職エージェント5選
  8. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

すべて読んでいただければ、あなたがアシストへ転職すべきか判断できるとともに、アシストへの転職成功確率も劇的に上げることができるでしょう。

1. まとめ|アシストの特徴と転職のポイント

次章以降で詳しく説明しますが、まず最初に「アシストに転職する前に知っておくべきこと」の要点だけをまとめました。

株式会社アシストのレーダーチャート

アシストの特徴

  • 独立系パッケージソフト専門商社の草分け的存在
  • 若手も手を上げれば新しいことにも挑戦しやすい風土
  • 社員同士の仲も良く、企業文化については好意的な声が大多数
  • 給与は実力主義の傾向あり/平均年収は480万円(口コミベース)
  • 働き方は職種・部署によっても大きく異なる(残業は月平均30時間)
  • 男女関係なく活躍できる環境で/休育休をとって続ける女性も目立つ

アシストへの転職のポイント

  • 中途採用は随時、積極的に行なっている
  • 「技術系、事務系」ともに専門職ポジションでの採用がほとんど
  • 非公開求人も紹介してもらえるように、後ほどご紹介する転職エージェントに登録するのがおすすめ

2. アシストの企業情報

 概要
本社所在地東京都千代田区九段北4-2-1(市ヶ谷東急ビル)
代表者代表取締役会長 ビル・トッテン
代表取締役社長 大塚辰男
設立1972年
資本金6,000万円
売上単体317億円(2018年度)
従業員連結1,160名(平均年齢39.5歳/2019年4月)
事業内容パッケージソフトウェアの販売、技術サポートなど

2-1. 事業内容

アシストは、自社の取り扱うソフトウェアパッケージを核としたITソリューションサービスを提供しています。(創業45年以上の歴史あり/現時点でも取引先数: 6,100社以上)

自社を”パッケージ インテグレーター”と位置付けて、あえてソフトウェアは自社開発はせず、例えばOracleのように優良かつ汎用性の高いソフトウェアを発掘し、日本企業が使いこなせるパッケージとして提供しています。

株式会社アシストのビジネス概要

ちなみに、日本で初めてOracleを広く紹介したのがアシストで、日本のコンピューター黎明期から累計2万社以上にサービスを提供してきました。

2-2. トップメッセージと事業計画

株式会社アシストのトップメッセージ

アシスト企業HPより

アシストは「社員もお客様もワクワクするビジネスサイクルを」と掲げており、社員も”こんな提案をしてみたい”と楽しみながら取り組み、顧客も思わずワクワクするようなビジネス提案の展開を目指しています。

また、同社が掲げる“超サポ愉快カンパニー”というビジョンは、「”超サポ” = ITビジネスのあらゆるフェーズでお客様のお役に立てること」という考え方をさらに発展させ、より高品質な超サポを提供するという想いが込められています。

また、顧客に寄り添い信頼関係を気づくために、アシストは”顧客への3つの約束“として「めげない、にげない、あまり儲けすぎない」を挙げています。

2-3. グローバル展開

アシストは、日系企業を中心に海外進出支援サービスも展開している他、顧客のインフラシステムのグローバル化支援サービスなども手がけています。

ただし、現時的では同社はあくまで国内事業メインです。海外志向の人は他社を検討することをおすすめします。

アシスト企業HP:https://www.ashisuto.co.jp

見るべきポイント
事業概要自分が希望する事業以外に、会社の主力となる事業をチェックします。希望事業以外に異動するケースもあり、本当にその企業で働きたいかしっかり考えましょう。
採用情報「求める人物像」などをチェックして、あなたに合うかを考えましょう。
会社理念・社長メッセージ会社がどこへ向かっているのかをチェックします。
会社理念があなたの考えと違うのなら、どれほど好条件求人でも転職は避けましょう。

3. アシストの採用情報

パッケージソフトウェアを中心とするITソリューション企業なのですね。どんな待遇で転職する事ができるのでしょうか?

3章では、アシストの採用情報についてお伝えします。

株式会社アシストの採用トップ

 

3-1. アシストの採用職種

現在、同社の採用HPでは以下の通り、「技術系、営業系」ともに様々な職種で中途の募集があります

職種募集中の職種
技術系
(フィールド)
  • データベースエンジニア、クラウドエンジニア
  • セールスエンジニア、製品導入エンジニア
技術系
(サポート)
  • クラウドサービス運用エンジニア
  • CMS製品サポートエンジニア
  • テクニカルスペシャリスト(Oracleなど)
営業系
  • コンサルティング営業(大阪、名古屋)
事務/管理系
  • 人事担当者(人材育成、採用担当)
  • 経理、総務

希望する職種が見当たらない場合でも、前職までの経歴などを「キャリア登録」しておけば条件に合った募集が出た際に連絡を受けることができます。

ちなみに、組織図をもとに主な部署は以下の通りです。

主な職種
  • 営業本部、ビジネスパートナー営業本部、仮想化事業推進室、経営企画本部など
  • 技術本部、データベース技術本部、オラクルクラウド事業推進室、サービス事業部など

3-2. 平均年収

転職時の平均年収 : 450~550万円

社員の平均年収 : 480万円(平均年齢33.2歳/※非上場企業のため、口コミによる参考値)

アシストの平均年収は480万円口コミベース)で、競合と比べても年収は決して見劣りしないようです

給与は実力主義の要素が強く、給与の見直しは年1回(5月)で昇給・減額ともにありえます。賞与は年3回(2月, 6月, 10月)で、業績好調時には決算賞与も追加支給される可能性もあります。

また、福利厚生も一般企業並みに完備されています。

3-3. 労働環境

平均残業時間 月:30時間

アシストの平均残業時間は【月30時間程度】で、競合のインターネットイニシアティブなどと比べても少なめです。

ワークライフバランスは調整しやすいと好評です。例えば、リフレッシュ休暇(3日間/年2回)や長期休暇(1週間程度)も推奨されているため、メリハリのある働き方もしやすいようです。

ただし残業時間などの労働環境は部署・職種によっても大きく異なるため、事前に大手転職エージェントにもしっかり確認しておくことをおすすめします。

3-4. 中途採用メッセージ

株式会社アシストの採用メッセージ

採用HPでは中途向けメッセージは見当たりませんが、新卒向けには『すべての仕事は、アシストである。』とメッセージしています。

また、採用HPでは同社を理解するための”5つのキーワード”として、①パッケージ インテグレーター、②超サポ、③哲学と信念、④あえて非上場・独立系、⑤終身雇用・実力主義の5つを挙げています。

株式会社アシストの5つのキーワード

中途採用でも、これらのキーワードも踏まえて自己PRを組み立てるとともに、同社で活躍できる素養を有していることもしっかりアピールするのも良さそうです。

※アシストの採用情報をもっと知りたい人は…

下記サイトを参考にして下さい。

4. アシストの求人情報

アシストへの転職を検討しています。どんな求人がありますか?

おすすめ大手転職サイト『doda』の公開求人では、「技術系、事務系」ともに中途の求人がありましたのでこの後すぐ紹介します。

世の中に公開されていない求人を得るために

実は企業採用HPや転職サイトには載っていない「非公開求人」がある可能性があるため、後ほどご紹介する大手転職サイトに登録することをおすすめします

もし登録しておけば、非公開求人の紹介はもちろん、今後募集があればすぐに連絡をもらえるため便利です。

さらに、アシストの他にも、同じくらい優良企業の中から条件にあった求人情報を紹介してもらえる可能性もあります。

4-1. 技術系は”各種エンジニア職”で中途の求人あり

株式会社アシストの中途採用の求人株式会社アシストの中途採用の求人

dodaでは、技術系では「フィールドエンジニア」「データベースエンジニア」などの職種で募集があります。

どちらの職種も大手企業を担当し、同社の高い技術力を活かして活躍できる環境が整っているため、経験の幅を広げたい人にもおすすめします。年収は450~700万円です。

必須要件は主に「応募職種の経験」ですが、職種によっては一定の経験年数も必要です(例: フィールドエンジニア経験3年以上など)

4-2.「コンサルティング営業職」でも中途の求人あり

株式会社アシストの中途採用の求人

dodaでは、営業系ではコンサルティング営業職で中途の募集があります。

具体的には、京阪神地区の約15社を担当し、情報システム部門などに対して自社が取り扱うソフトウェアパッケージを中心にシステム構築提案を行います。

必須要件は「ソリューション営業の経験など」で、年収は450~700万円と同社の平均年収から見ても条件は決して悪くありません。

5. アシストに関する口コミまとめ

内部情報を知りたくて口コミサイトを見ましたが、アシストの口コミが多すぎて、結局どうなのかよくわかりません。

アシストに関する口コミや内部情報を、シンプルに3つの軸で整理してまとめました。

株式会社アシストのレーダーチャート

コメント
給与・福利厚生(待遇)
  • 給与は実力主義で、満足している人が多数
  • 福利厚生は一般企業並みに完備
仕事のやりがい・成長
  • 手を挙げてば若手も新しいことにも挑戦しやすい風土
  • 終身雇用を謳っており、腰を据えてスキルを身につけたい人にもおすすめ
人間関係・社員の雰囲気
  • 全体として自主性が尊重される風土
  • 上下関係は比較的フラットで、社員同士の仲も良い
その他
  • 男女関係なく活躍できる環境(女性比率は全体の約3割)
  • 産休育休をとって長く続ける女性も目立つ

5-1.  給与・福利厚生(待遇)

給与は実力主義で、年収に満足している人が多数です。競合と比べて基本給は低めで、賞与(年3回+決算賞与)の比率が高いという声が多数です。

例えば、2018年度の賞与実績は約14ヵ月分で、年間10ヵ月分を超えることも多いようです。年収は30歳で650万円、40代(課長クラス)で1,000万円が目安です。

また、福利厚生は一般企業並みに完備されており、借り上げ社宅(中途入社時点では対象外/社内異動者向け)に加えて、扶養手当、企業年金、財形貯蓄、各種社会保険などもあります。

5-2. 仕事のやりがい・成長

案件単価が低めで、最小人数で対応幅広く経験できる他、手を上げれば若手も挑戦しやすい雰囲気もあることから、やりがいや自己成長を実感している人が大多数です。

先程少し触れた通り、近年では珍しく終身雇用を謳っていることもあり、腰を据えてスキルを身につけたい人、経験を積みたい人には特におすすめします。

また、人事評価は「結果とプロセス」で評価され、共通の評価基準も定められていますが、近年は成果主義によりシフトしてきているようです。

5-3. 人間関係・社員の雰囲気

創業社長(現 会長/アメリカ人)の思想や企業理念が経営にも大きく反映されており、全体として自主性が尊重される風土です。

役職者も”さん”付けであるなど人間関係は比較的フラットで、社員同士も仲が良いと好評です。社員に優しい企業文化と評価している人が多数で、離職率も低めです。

ちなみに、営業系・技術系ともに中途採用者は増加傾向である他、いわゆる一般事務職はなく、男女関係なく活躍できると好評です。

※アシストを志望する人におすすめな他の企業は?

アシストが気になっているのであれば、下記のような企業も転職検討することをおすすめします。

  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • 株式会社ジャストシステム
  • 株式会社エムエム総研
  • エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
  • Sky株式会社

6. アシストへの転職を成功に導くたった1つのコツ

アシストに転職することを決めました!転職成功するためのコツがあれば教えて下さい。

アシストへの転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1. 独自の非公開求人をもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人とは

事業戦略上などで表立って募集できないが、こっそり人を採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
給与やポジションなどがハイグレードであるケースが多い。

大手の転職エージェントであれば、アシストの非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。

公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2. 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能

転職エージェントは今までの多くの転職希望者を採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、内部の選考を熟知して突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人が受かって、落ちたのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせています。

そのデータをもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。

転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です

※面接では伝えきれないあなたの魅力を、人事に別ルートで営業してくれる

転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。

あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。

正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。

逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

理由3. 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

年収の交渉は個人だと非常にしにくく、「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。なぜなら、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。

転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。

少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

7. アシスト転職で必ず登録すべき転職エージェント5選

アシストへの転職で活用すべき転職エージェントがあれば教えて下さい!

アシスト志望のあなたのために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • アシストに関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • アシスト以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

 登録必須度特徴
リクルートエージェント全員必須◎業界最大手で求人数No1。大企業への転職実績多数。
doda全員必須◎業界No.2。リクルート同様、豊富な実績とノウハウが期待。
マイナビエージェント20,30代なら◎業界最大手で親身なサポートから満足度が高い
パソナキャリア初めて転職は◎サポートが丁寧。派遣事業での結びつきも強く、非公開求人も期待できる。
リクルートダイレクトスカウト外資・技術系は◎ハイクラス求人数No.1。キャリアに自信があれば、強力な味方に。

上記から、『リクルートエージェント』『doda』の2社は必ず登録しつつ、あなたのキャリアによって下記のようにプラスして登録することをおすすめします。

  • 親身なサポートを得たい方は『マイナビエージェント』も合わせて登録
  • 転職が初めての場合は、『パソナキャリア』をプラスして登録
  • ハイクラス求人をお探しの方は、『リクルートダイレクトスカウト』をプラスして登録

それでは、各社の特徴をご紹介します。

※注意事項

求人の有無については、各エージェントごとに、職種や時期、募集人数といった要因により変わってきます。

そのため、「このエージェントに登録すれば確実に求人情報をキャッチできる」ということを言い切ることは難しいので、志望度が高い方は出来ればすべてのエージェントに登録し、求人情報を逃さないようにしましょう

7-1. リクルートエージェント|求人数No.1・コンサルタントが優秀

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです

公開求人は約37万件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると約62万件以上の求人を扱っています(2023年4月7日時点)

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

転職成功率を上げるには、『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

7-2. doda|求人数No.2・転職サポートが評判

doda(デューダ)|求人情報・転職サイト

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級、顧客満足度No.1(2023年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント20代 第1位)を誇る転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

7-3. マイナビエージェント|都心で人気

マイナビ IT AGENT』は、丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』など)と併用することをおすすめします。

7-4. パソナキャリア|最高評価のサポート体制

パソナキャリア_新キャプチャ画像

パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです

運営元のパソナ社は大手人材派遣会社として数多くの企業との取引実績を有しており、業種・規模を問わず多くの企業とのパートナーシップが実現する求人数の充実ぶりには目を見張るものがあります。

Career Theory編集部が転職エージェント利用経験者を対象に行ったアンケート調査では、求人の量や質だけでなく、その手厚いサポートを高く評価する声が多く寄せらました。

親身・丁寧な対応やアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、たとえば若年層のキャリアプラン女性のライフプランに関連した悩みのように、転職の枠を超えて、求職者がそれぞれ抱えるキャリア全般の悩みにも深く寄り添ってもらえたと好評です。

パソナキャリア』はどの求職者層にもおすすめできる大手総合系転職エージェントの1つですが、特に現年収500万円以上の人であれば豊富な選択肢有用な提案を受けることができるでしょう。

さらに、東名阪(東京・名古屋・大阪)エリアでは特に求人数が充実しているため、同エリアでの転職を志望する人にはより一層おすすめの転職エージェントです。

現年収600万円以上なら『パソナキャリア』のハイクラス向けサポートがおすすめ

パソナキャリア』には高い年収を得ているハイクラス・ハイキャリア層の転職支援に特化した『パソナキャリア(ハイクラス)があります。

取扱い求人約1.5万件(2022年8月時点)の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人で、ハイクラス層の転職に特化した専任のコンサルタントがキャリアアップを力強くサポートしてくれます。

パソナキャリア』が抱えるエージェントは腕利き揃いで、同じくハイキャリア向けのスカウト型転職サイト『リクルートダイレクトスカウト』のエージェント・ヘッドハンターランキングでは決定人数部門で1位(2020年)と、高い実績を有しています。

既に600万円程度の年収を得ている人がさらなるキャリアアップを目指すなら、あなたのニーズにより深く寄り添ってくれる『パソナキャリア(ハイクラス)』を利用しましょう

7-5. リクルートダイレクトスカウト|ハイクラス求人No.1

リクルートダイレクトスカウト トップ画面

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトです

ハイクラス求人の検索はもちろん、レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を選んで相談をすることもできます。

レジュメを登録しておけば、それを見たヘッドハンターから好条件のスカウトをもらうことも可能です。

また、総求人は118,653件と選択肢も多いので、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスといえます

レジュメ登録後はスカウトを待つだけで良いので、「時間をかけて高年収の仕事を見つけたい」という方におすすめです。

さいごに

アシストでの働き方や転職についてノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

アシストへの転職は年収・働きやすさ両面でメリットが大きい事が分かりましたが、職場によっては激務で人間関係で失敗する人もいるという問題点もあります。

ポイントは高年収で良い職場を探すコツを知るアシスト転職に強い転職サイトに複数登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライする事をおすすめします。

アシスト転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。