Arinosに転職すべき?口コミでわかる特徴と転職成功のポイント集

Arinosのロゴ

「中途採用で、Arinosに転職しようかな…?」と考えていませんか?

いざ転職したいと情報を探してみても、企業HPにはいい面しか書いていない上に、口コミサイトを見ても情報量が膨大で整理できず、本当に転職すべきなのだろうかと思ってしまうことでしょう。

加えて、これらのサイトでは教えてくれませんが、株式会社Arinosへの転職を成功するためのたった1つのコツも存在します。

このページでは、転職エージェントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、Arinosへの転職についてご紹介します。

  1. まとめ|Arinosの特徴と転職のポイント
  2. Arinosの企業情報
  3. Arinosの採用情報
  4. Arinosの求人情報
  5. Arinosに関する口コミまとめ
  6. Arinosへの転職を成功に導くたった1つのコツ
  7. Arinos転職で必ず登録すべき転職エージェント5選
  8. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

すべて読んでいただければ、あなたがArinosへ転職すべきか判断できるとともに、Arinosへの転職成功確率も劇的に上げることができるでしょう。

1. まとめ|Arinosの特徴と転職のポイント

次章以降で詳しく説明しますが、まず最初に「Arinosに転職する前に知っておくべきこと」の要点だけをまとめました。

Arinosのレーダーチャート

Arinosの特徴

  • 少数精鋭の独立系コンサルティング会社(2010年設立)
  • 風通しも良く、新事業も積極的に支援する企業文化もあり
  • 若手メインの組織で、自己成長を実感している人が大多数
  • 給与は実力主義で”コンサル業界としては低め”という声も目立つ
  • 働き方は職種や担当案件などによっても大きく異なる(残業は月平均60時間)
  • 男女関係なく活躍できる環境/産休育休などの制度も完備

Arinosへの転職のポイント

  • 中途採用は随時行なっている
  • 「コンサルタント職」など専門職ポジションでの採用がほとんど
  • 非公開求人も紹介してもらえるように、後ほどご紹介する転職エージェントに登録するのがおすすめ

2. Arinosの企業情報

 概要
本社所在地東京都港区芝2-3-9(VORT芝公園IIビル3F)
代表者代表取締役社長 古家 由也
設立2010年
資本金1,000万円
売上非公開
従業員単体54名(平均年齢約28歳/2018年3月)
事業内容コンサルティング事業、人材・パートナー事業など

Arinosの本社

2-1. 事業内容

Arinos(2010年設立)の主な事業はコンサルティング事業で、例えば独自の業務診断パッケージ「ArinoShift」も通じて、業務コンサルティングやRPA(Robotic Process Automation)導入支援サービスなどを提供しています。

Arinosの業務診断ツール「ArinoShift」

その他に、スリランカなどの海外拠点も活用した「人材・パートナー事業(コンサルタントのマッチング事業、業務代行事業)や、例えば静岡県の農家との協業によるゆずの栽培・商品化など「事業創出事業(地方事業創出等)」も行っています。

2-2. トップメッセージと事業計画

Arinosのトップメッセージ

Arinos企業HPより

Arinosは「舞台は世界、発想は自由。選択を最善に変える会社がArinosです。」とメッセージしている他、ミッションは「ビジネスを楽しみ、新たな価値を創造する(以下参照)です。

Arinosのミッション

Arinosは上記ミッションを掲げている通り、新規事業の創造も積極的に推進中で、例えば2019年には新たにeスポーツ事業も立ち上げています。

2-3. グローバル展開

Arinosの海外拠点

Arinos企業HPより

Arinosは海外事業も積極的に推進中で、カンボジア支社やスリランカ支社を含めてアジア4拠点を有しています。

例えば「スリランカBPO(Business Process Outsourcing)サービス」も行っており、例えばリサーチ/営業代行/プロジェクト管理進行/資料作成など様々な業務の受託実績があります。

このように職種/担当部署などによっては海外駐在や海外出張のチャンスも十分ある他、新規の海外プロジェクトに携われる可能性もあります。

Arinos企業HP:https://arinos.co.jp/

見るべきポイント
事業概要自分が希望する事業以外に、会社の主力となる事業をチェックします。希望事業以外に異動するケースもあり、本当にその企業で働きたいかしっかり考えましょう。
採用情報「求める人物像」などをチェックして、あなたに合うかを考えましょう。
会社理念・社長メッセージ会社がどこへ向かっているのかをチェックします。
会社理念があなたの考えと違うのなら、どれほど好条件求人でも転職は避けましょう。

3. Arinosの採用情報

海外事業も積極的に行っているコンサルティング会社なのですね。どんな待遇で転職する事ができるのでしょうか?

3章では、Arinosの採用情報についてお伝えします。 Arinosの採用トップ

3-1. Arinosの採用職種

現在、同社の採用HPでは下記職種で中途の募集があります。(特にコンサルタント職の募集要項は以下参照)

  • コンサルタント職(コンサルタント・マネージャー・シニアマネージャー)
  • RPAエンジニア職

Arinosの中途の募集要綱

その他の職種でも今後募集される可能性は十分にあるため、採用HPはもちろん、大手転職エージェント等からも随時情報収集しておくことをおすすめします。

3-2. 平均年収

転職時の平均年収 : 300~450万円

社員の平均年収 : 337万円(平均年齢25.5歳/※非上場企業のため、口コミによる参考値)

Arinosの平均年収は337万円口コミベース)で、”業界では低め”という声も目立ちます。

給与は実力主義で、昇給のチャンスは年2回、賞与は年1回(業績連動)支給されるようです。

また、福利厚生は一般企業並みには完備されており、例えば各種社会保険、健康診断、書籍購入費補助制度、社外セミナー参加補助などもあります。

3-3. 労働環境

平均残業時間 月:60時間

Arinosの平均残業時間は【月60時間程度】で、コンサル業界全体から見れば平均的と言えます。

(業界全体にも言えることですが、)例えば自身の業務に支障さえなければ残業や有給など、働き方は比較的調整しやすいという声もあるものの、全体として仕事は多めで慢性的に残業が多いことも珍しくないようです。

働き方(残業時間など)は職種/部署などによっても大きく異なるため、事前に大手転職エージェントにもしっかり確認しておくことをおすすめします。

3-4. 中途採用メッセージ

Arinosの採用メッセージ

Arinos採用HPより(メッセージ本文)

採用HPでは新卒・中途向けに、「世界を舞台にして、社会にインパクトを与える事業を一緒に創造していきましょう」とメッセージしている他、同社の行動指針は以下の通りです。

  • 目的と目標を常に意識せよ
  • 誠実であれ
  • 初心を忘れるな
  • 協力同心
  • 自信(自身)をもて

Arinos企業HPより

同社の雰囲気を知るためには社員インタビューも参考になるため、これらや同社のミッションなども踏まえて自己PRを組み立てるのも良さそうです。

※Arinosの採用情報をもっと知りたい人は…

下記サイトを参考にして下さい。

4. Arinosの求人情報

Arinosへの転職を検討しています。どんな求人がありますか?

おすすめ大手転職サイト『リクルートエージェント』の公開求人では、「業務コンサルタント職」で中途の求人がありましたのでこの後すぐ紹介します。

世の中に公開されていない求人を得るために

実は企業採用HPや転職サイトには載っていない「非公開求人」がある可能性があるため、後ほどご紹介する大手転職サイトに登録することをおすすめします

もし登録しておけば、非公開求人の紹介はもちろん、今後募集があればすぐに連絡をもらえるため便利です。

さらに、Arinosの他にも、同じくらい優良企業の中から条件にあった求人情報を紹介してもらえる可能性もあります。

“業務コンサルタント職”で中途の求人あり

Arinosの中途採用の求人

リクルートエージェントでは「業務コンサルタント職」で中途の募集があります。【年収550~900万円】

同社の主な顧客は、業種を問わず一部上場企業からベンチャー企業まで幅広く、例えば経営企画/事業企画/物流企画/コンサルティング営業など、様々なコンサル業務に携わるチャンスもあるやりがいのある仕事です。

ちなみに、必須要件は「コンサルティングファームでの就業経験 あるいは SIer/WEB系企業で上流の経験」(経験年数2~8年が目安)です。

5. Arinosに関する口コミまとめ

内部情報を知りたくて口コミサイトを見ましたが、Arinosの口コミが多すぎて、結局どうなのかよくわかりません。

Arinosに関する口コミや内部情報を、シンプルに3つの軸で整理してまとめました。

Arinosのレーダーチャート

コメント
給与・福利厚生(待遇)
  • 給与は実力主義
  • 給与水準はコンサル業界では低め
  • 福利厚生は一般企業並みには完備
仕事のやりがい・成長
  • 新事業の創出も積極的に支援する企業文化もあり
  • 特にコンサルタント職は仕事も多め
  • やりがいや自己成長も実感されている
人間関係・社員の雰囲気
  • 給与や安定性よりやりがいを重視する人が大多数
  • 社員は若手メインで、20代の成長環境としてはおすすめ
  • 良くも悪くも人によって社風に合う合わないが分かれやすい
その他
  • 男女関係なく活躍できる環境
  • 産休育休や在宅勤務などの制度も完備

5-1.  給与・福利厚生(待遇)

給与(実力主義)はベンチャー企業ということもあり、コンサル業界では低めという声も目立ちます。(なお、給与よりも自身で一からのビジネス立ち上げなどに価値を感じている人も多いようです。)

役職に応じた給与レンジが決まっており、例えば年収の目安は「マネージャークラスで550万円前後」です。例えば 「大手コンサルファームなら年収800~1,000万円クラスの人がその半分で働いているイメージ」という声もありました。

ちなみに賞与(業績連動)は支給されたとしても少額にとどまる他、福利厚生については一般企業並みには完備されているようです。(住宅補助はありません)

5-2. 仕事のやりがい・成長

少数精鋭の組織で、全体的に仕事も多めである他、新事業の創出を積極的に支援する企業文化もあるため、やりがいや自己成長を実感している人が大多数です。

コンサルタント職では、中途入社後の数年間は上場企業向け案件に携わり、一定のスキル/知見を習得できるという中途の声もあります。また、一定の実力が認められれば比較的大きな裁量を持って任せてもらえる風土もあるようです。

ちなみに、人事評価については、定期的な人事面談(月1回という声もあり)も通じてフィードバックも得られるため、目指すべき方向性がわかりやすいと好評です。

5-3. 人間関係・社員の雰囲気

社員については若手メイン(平均年齢25.5歳)で、給与や安定性よりもやりがいを重視している人が大多数です。職場の士気も高く、風通しも良いと好評で、20代の成長環境としてはおすすめできます。

特にコンサルタント職は仕事は多くハードワークが強く求められる傾向もあるなど、良くも悪くも企業文化ははっきりしています。人によって社風に合う合わないが分かれやすいと言えます。

ちなみに業界的にもまだまだ女性は少なめですが、男女関係なく活躍できる環境で、産休育休や在宅ワークなどの制度を利用して続けている女性もいるようです。

※Arinosを志望する人におすすめな他の企業は?

Arinosが気になっているのであれば、下記のような企業も転職検討することをおすすめします。

  • イグニション・ポイント株式会社
  • イシン株式会社
  • オープンワーク株式会社
  • パクテラ・コンサルティング・ジャパン株式会社
  • 株式会社UZUZ

6. Arinosへの転職を成功に導くたった1つのコツ

Arinosに転職することを決めました!転職成功するためのコツがあれば教えて下さい。

Arinosへの転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1. 独自の非公開求人をもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人とは

事業戦略上などで表立って募集できないが、こっそり人を採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
給与やポジションなどがハイグレードであるケースが多い。

大手の転職エージェントであれば、Arinosの非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。

公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2. 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能

転職エージェントは今までの多くの転職希望者を採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、内部の選考を熟知して突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人が受かって、落ちたのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせています。

そのデータをもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。

転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です

※面接では伝えきれないあなたの魅力を、人事に別ルートで営業してくれる

転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。

あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。

正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。

逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

理由3. 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

年収の交渉は個人だと非常にしにくく、「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。なぜなら、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。

転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。

少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

7. Arinos転職で必ず登録すべき転職エージェント5選

Arinosへの転職で活用すべき転職エージェントがあれば教えて下さい!

Arinos志望のあなたのために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • Arinosに関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • Arinos以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

 登録必須度特徴
リクルートエージェント全員必須◎業界最大手で求人数No1。大企業への転職実績多数。
doda全員必須◎業界No.2。リクルート同様、豊富な実績とノウハウが期待。
マイナビエージェント20,30代なら◎業界最大手で親身なサポートから満足度が高い
パソナキャリア初めて転職は◎サポートが丁寧。派遣事業での結びつきも強く、非公開求人も期待できる。
リクルートダイレクトスカウト外資・技術系は◎ハイクラス求人数No.1。キャリアに自信があれば、強力な味方に。

上記から、『リクルートエージェント』『doda』の2社は必ず登録しつつ、あなたのキャリアによって下記のようにプラスして登録することをおすすめします。

  • 親身なサポートを得たい方は『マイナビエージェント』も合わせて登録
  • 転職が初めての場合は、『パソナキャリア』をプラスして登録
  • ハイクラス求人をお探しの方は、『リクルートダイレクトスカウト』をプラスして登録

それでは、各社の特徴をご紹介します。

※注意事項

求人の有無については、各エージェントごとに、職種や時期、募集人数といった要因により変わってきます。

そのため、「このエージェントに登録すれば確実に求人情報をキャッチできる」ということを言い切ることは難しいので、志望度が高い方は出来ればすべてのエージェントに登録し、求人情報を逃さないようにしましょう

7-1. リクルートエージェント|求人数No.1・コンサルタントが優秀

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです

公開求人は約37万件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると約62万件以上の求人を扱っています(2023年4月7日時点)

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

転職成功率を上げるには、『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

7-2. doda|求人数No.2・転職サポートが評判

2024年版dudaトップ画像

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級、顧客満足度No.1(2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント20代 第1位)を誇る転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

7-3. マイナビエージェント|都心で人気

※マイナビのプロモーションを含みます。

マイナビ IT AGENT』は、丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、『リクルートエージェント』や『dodaエージェント』など)と併用することをおすすめします。

※マイナビのプロモーションを含みます。

7-4. パソナキャリア|最高評価のサポート体制

パソナキャリア_新キャプチャ画像

パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです

運営元のパソナ社は大手人材派遣会社として数多くの企業との取引実績を有しており、業種・規模を問わず多くの企業とのパートナーシップが実現する求人数の充実ぶりには目を見張るものがあります。

Career Theory編集部が転職エージェント利用経験者を対象に行ったアンケート調査では、求人の量や質だけでなく、その手厚いサポートを高く評価する声が多く寄せらました。

親身・丁寧な対応やアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、たとえば若年層のキャリアプラン女性のライフプランに関連した悩みのように、転職の枠を超えて、求職者がそれぞれ抱えるキャリア全般の悩みにも深く寄り添ってもらえたと好評です。

パソナキャリア』はどの求職者層にもおすすめできる大手総合系転職エージェントの1つですが、特に現年収500万円以上の人であれば豊富な選択肢有用な提案を受けることができるでしょう。

さらに、東名阪(東京・名古屋・大阪)エリアでは特に求人数が充実しているため、同エリアでの転職を志望する人にはより一層おすすめの転職エージェントです。

現年収600万円以上なら『パソナキャリア』のハイクラス向けサポートがおすすめ

パソナキャリア』には高い年収を得ているハイクラス・ハイキャリア層の転職支援に特化した『パソナキャリア(ハイクラス)があります。

取扱い求人約1.5万件(2022年8月時点)の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人で、ハイクラス層の転職に特化した専任のコンサルタントがキャリアアップを力強くサポートしてくれます。

パソナキャリア』が抱えるエージェントは腕利き揃いで、同じくハイキャリア向けのスカウト型転職サイト『リクルートダイレクトスカウト』のエージェント・ヘッドハンターランキングでは決定人数部門で1位(2020年)と、高い実績を有しています。

既に600万円程度の年収を得ている人がさらなるキャリアアップを目指すなら、あなたのニーズにより深く寄り添ってくれる『パソナキャリア(ハイクラス)』を利用しましょう

7-5. リクルートダイレクトスカウト|ハイクラス求人No.1

リクルートダイレクトスカウト トップ画面

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトです

ハイクラス求人の検索はもちろん、レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を選んで相談をすることもできます。

レジュメを登録しておけば、それを見たヘッドハンターから好条件のスカウトをもらうことも可能です。

また、総求人は118,653件と選択肢も多いので、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスといえます

レジュメ登録後はスカウトを待つだけで良いので、「時間をかけて高年収の仕事を見つけたい」という方におすすめです。

さいごに

Arinosでの働き方や転職についてノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

Arinosへの転職は年収・働きやすさ両面でメリットが大きい事が分かりましたが、職場によっては激務で人間関係で失敗する人もいるという問題点もあります。

ポイントは高年収で良い職場を探すコツを知るArinos転職に強い転職サイトに複数登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライする事をおすすめします。

Arinos転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。