40代はビズリーチを利用すべき?転職サイト・エージェントの失敗しない選び方をプロが解説

「即戦力採用で有名なビズリーチは、40代の転職でも強いのだろうか」と考えていませんか?

結論、一定の経歴を持つ40代であれば、まず登録することをおすすめします。

ただ、そもそも40代だと、これまでの経歴によって転職戦略が180度変わってしまうため、事前に転職サービスの選び方を知っておく必要があります。

そこで、このページでは現役転職エージェントとして、数多くの40代の転職者を成功に導いてきた経験から、以下の流れでご紹介します。

  1. 40代の転職で成功する転職サービスの選び方
  2. どんな40代もまずビズリーチに登録すべき3つの理由
  3. ビズリーチを利用して転職を成功させる3ポイント
  4. ビズリーチと併用したい転職エージェント3選

全て読めば、ビズリーチの活用方法と併用すべき転職サービスがわかり、40代の転職を成功させることができるでしょう。

ビズリーチ公式HPはこちら:
https://bizreach.jp

1. 40代の転職で成功する転職サービスの選び方

まず、自分のキャリアに「自信がなし/あり」によって、40代の転職サービス選びは180度変わります。

では、それぞれ紹介していきます。

1-1. 自分の経歴に『自信がない』人

まず、40代の転職では、未経験は採用されにくい傾向にあるので、前提として即戦力を求められる傾向にあります。

したがって、よほどキャリアに自信のある人でないと転職は厳しく、『とにかく求人数を集めて、数多く応募していくこと』が40代が転職で成功するためのコツです

また、可能な限り多くの転職エージェントを利用して、各担当のコンサルタントと、良好な関係を築くのも重要なポイントの一つです。

転職エージェントを可能な限り多く利用すべき理由は「40代の求人が少ないから」

40代を積極的に募集している求人は、実は想像している以上にとても少なく、その理由は以下の2つにあります。

理由1. 40代への求人は管理職や管理能力を期待した求人になる

企業から見て、40代の方を採用するのは、その管理能力を期待してということが大半です。

しかし、多くの会社はピラミッド型の組織構造であるため、管理職などのポジションというのは、非常に少ないのが現状です。

したがって、求人需要も一般社員レベルに比べれば、絶対数が極めて少なくなってしまいます。

理由2. 40代への待遇として給与が相応に高くなることが多い

転職は、前職の給与やその人の状況を総合して給与を決めるため、40代ともなると、給与も相応に高く支払う必要が求人企業としてはあります。

そのため、提示する条件に見合うだけの人材であるのかということを、求人企業はしっかりと見極めようとします。

さらに、そもそも企業はこのリスクに対して、採用する代わりにマネージメントを含めて外注した方がいいのかを天秤にかけることが多く、40代を含む代の転職求人を出すことに消極的な企業が多いのです。

1-2. 自分のキャリアに自信がある人

自分のキャリアに自信のある人(管理職以上・高度なスキルがある人)は、そのクラスに特化した転職エージェントがあるので、そちらを希望する転職時期に応じて使い分けましょう。

  • ⑴ すぐに転職したい人は「総合転職エージェント」
  • ⑵ 中長期的にじっくり転職したい人は「ヘッドハンティング型転職エージェント」

※時間に余裕があって具体的に転職を考えているのであれば、サービスは基本的に無料なのでできればどちらとも利用し、キャリアについて、アドバイスを受けてみるのもおすすめです。

(1)総合転職エージェント

一般的な形式のエージェントです。

あなたに専任のコンサルタントが付き、エージェント内の膨大なデータベースから、あなたにマッチする案件を探してきてくれて、提示してくれます。

最大のメリットは、大量の案件が常時存在するため、一気に接触できる案件数が多く、自分にあった求人を迅速に見つけたり、比較できることです。

総合転職エージェント

具体的に転職エージェントをどのように選んだら良いか、どこに登録したら良いかは第4章でお伝えします。

(2)ヘッドハンティング型転職エージェント

エグゼクティブ転職特有のスタイルで、あなたに専任コンサルタントは付かず、あなたの条件にあわせてコンサルタント(ヘッドハンター)から連絡が来る形式です。

ヘッドハンティング型

最大のメリットは、総合転職エージェントでは触れることのできない、エグゼクティブの中でも、さらにハイクラスな案件と出会うことができることです。

なぜなら、エグゼクティブの求人は、重要な事業戦略に紐付いているので公にはしたくないため、こっそり内々にエージェント(ヘッドハンター)に頼むことが多いからです。

そのような内々の案件をExclusive案件と呼んでおり、総合転職エージェントのデータベースには、ほとんど掲載されないと言っても良いでしょう。

ただし、エグゼクティブのExclusive案件は母数が少ないため、中長期的な転職活動となります。

1-3.どちらともいえない人

自身のこれまでのキャリアを考えてみて、自信があるともないとも言えない場合は、まず、市場価値を確認してみると良いでしょう。

40代であれば、新卒から働いていたとすると、20年近いキャリアがあり、経験自体は非常に豊富なので、自分では気づいていない価値が、必ずあります。

例えば、スカウト型の転職サイトであれば、そこにしっかりと価値を見出してくることも多く、自分の価値を再確認することができることもあるのでおすすめです。

1-4.ここまでのまとめ

ここまでご説明してきた、『経歴への自信の有無別、転職サービスの選び方』をまとめると以下に表になります。

パターン転職サービスの使い方
⑴ 経歴に自信がない
  1. まずは転職エージェントに複数登録
  2. 多くのアドバイザーのサポートを受けつつ
  3. 多くの求人に応募をするべき
⑵ 経歴に自信がある
  • すぐ転職したい場合は、ハイクラス専用転職エージェントに
  • 中長期を見据える場合は、ヘッドハンティング型転職サイトに
⑶ どちらともいえない
  • スカウト型転職サイトで自分の市場価値を確認

こちらの内容を踏まえると、実は『ビズリーチ』は全てのニーズを満たすことができる万能なサービスなので、まず登録して利用してみることをおすすめします。

では、その理由について、次章で詳しく説明していきます。

2.どんな40代もまずはビズリーチに登録すべき3つの理由

冒頭に述べたように、一定の経歴を持つ40代であれば、ビズリーチは非常におすすめできます。

実際に、ビズリーチの利用者分布を確認すると、非常に多くの40代(29.2%)が利用していることがわかります。

ここでは40代がビズリーチを利用すべき理由を3つに分けて紹介します。

では順番に説明します。(※上記をクリックするとそれぞれの説明欄にジャンプします)

2-1.求人数が非常に豊富で、転職の選択肢が広がるため

ビズリーチは転職サイトとして最大規模の求人数を保有しています。

実際に、主要転職サイトにおける2019年12月時点での求人数を比較すると、以下のように、圧倒的に多くの求人数を保有していることがわかります。(実際には、募集が終わっている求人もいくつか含まれているので、ご参考までに。)

そして、ただ求人数が多いだけではなく、全体の3分の1以上が年収1,000万円以上と、質が高いことが特徴です。

ビズリーチ公式HPより引用

このように、ビズリーチは高年収やそれ以外を含めて、非常に多くの求人数があるため、その結果として、転職でうまく年収をあげることができた、、という口コミがたくさんありました。

参考までにいくつかご紹介します。

これまでのスキルを活かして年収1,000万円に!

口コミ・評判

U.T さん(45歳 プロジェクトマネージャー・年収750万円→1,000万円)
評価:★★★★★5
これまでエンジニアとしてスキルを身に付けて来ましたが、より上流工程の仕事がしたいと思い転職を決意。
長年の開発経験が評価されプロジェクトマネージャーとして転職する事ができました。
しかも上がると思っていなかった年収も1,000万円でオファーを受けとても驚いています。

年収を維持する事が転職の条件

口コミ・評判

K.Sさん(47歳管理職・年収1,000万円→1,000万円)
評価:★★★★☆4
息子が来年から私大に通う予定です。また家のローンも払い終わっていないので年収を下げない事が妻から言われた転職の条件でした。
やりたい事が明確にあったので、ヘッドハンターの方には希望の職種と年収維持の条件だけ伝えました。
あまり期待していなかったのですが条件に合った求人を複数紹介していただき、そのうちの1つから内定。ビズリーチを使って良かったです。

いかがでしょうか。

このようにビズリーチは『求人数が非常に豊富』『その質も高い』ため、キャリアに自信がある人もない人もまずは利用することで、40代転職の少ない選択肢を少しでも多く増やすことが可能です。

2-2.自分のクラスにあった質の高いヘッドハンターを指名できるため

ビズリーチは審査さえ通れば、ヘッドヘンタ―を直接指名して連絡を取ることができます。

もし、キャリアに自信がある場合であれば、その業界やクラスに精通したヘッドハンターが担当に着いたほうが良いので、自分からアプローチができる機能を持つビズリーチは、ハイクラスな方にもおすすめできる転職サイトです。

参考:ビズリーチのヘッドハンターにはランクがある

ビズリーチには、2019年12月時点で3,905名ものヘッドハンターが実名登録しており、実績に応じて5種類のランク付けがされています。

  • D < C < B < A <S

上記5段階のランクの評価基準は以下3項目での定量評価です。

  • 直近6か月の採用決定人数
  • 採用された会員の決定年収
  • 送信したプラチナスカウトの返信率

最後のプラチナスカウトの返信率は正直、ヘッドハンターとしての能力に関係ありませんが、とはいえ、採用決定人数や決定年収などは高いに越したことがないので、このランクは一定の参考になるでしょう。

また、実際に『ヘッドハンターを経由して転職を成功させた』という口コミが、『CareerTheoryが実施しているアンケート』にいくつか寄せられていたので、以下に紹介します。

好条件の求人を紹介してもらって納得のいく転職ができた!

口コミ・評判

M.M さん(42歳)
評価:★★★★☆4
私の職務経歴や、「強み」に合わせた適切な求人を紹介していただきました。職務の内容だけでなく、転職先から期待されている役割なども面接前に教えてくれたので相応の準備をする事ができました。また年収についても事前にすり合わせていた金額よりも高い金額で交渉して頂き企業側との繋がりが深いと感じました。

このようにヘッドハンターからは、自分では仕入れられない情報を入手する事ができる為、積極的に相談する事をおすすめします。

ビズリーチに登録した後、登録しているヘッドハンターを検索する事ができるので、あなたの希望するヘッドハンターを探しましょう。

ビズリーチ公式HPより引用

2-3.ヘッドハンターからのスカウトで自分の市場価値を認識できるため

ビズリーチは登録後、その登録状況に応じて、ヘッドハンターからスカウトが来るので、その数や内容で自分自身の市場価値を把握することができます。(とはいえ、テキトーな登録内容でもスカウトが来るケースがあるので、あくまで参考値ですが。)

ただ、転職市場において自分の市場価値が低い場合、登録しても一切スカウトが届かない場合も多々あります。

ヘッドハンターから面談希望のメールが来るのであれば、少なくとも今のあなたの市場価値は職務経歴書上においては自信を持って良いでしょう。

あなたのスキルや経験を活かしキャリアップできる転職を実現させる為に、まずは面談希望のスカウトメールが届くかどうかあなたの市場価値を登録して確認してみましょう。

3.ビズリーチを利用して転職を成功させる3ポイント

ビズリーチを利用してキャリアップを成功させたいと思っている方は、以下3つを意識して転職活動を進めるようにしましょう。

  1. ヘッドハンターの目にとまるよう職務経歴書を充実させる
  2. プロフィール欄の任意項目をしっかり記入しておく
  3. ヘッドハンターに連絡をしてみる

順に紹介していきます。

3-1.へッドハンターの目にとまるよう職務経歴書を充実させる

こちら言うまでもないかもしれませんが、職務経歴書を充実させておかないと、ヘッドハンターがサポートを断る可能性があります。

特に、以下の二つはできるだけ具体的に書くようにしてください。

  • 企業名
  • 役職・部署名
  • 職務内容

一目見ただけで、企業名・担当業務内容がわかるように記載するようにしましょう。

3-2.プロフィール欄の任意項目をしっかり記入しておく

任意項目もしっかりと記載しておくようにしてください。

自分のスキルや強み、経験をアピールするためにも、しっかり記入しておきましょう。

特にしっかり記入して欲しいところは以下の4つです。

  1. 職務要約
  2. コアスキル
  3. 希望年収
  4. 希望業種・希望職種・勤務地

それでは順に説明していきます。

No.1|職務要約

まずは職務要約です。

スクリーンショット 2016-01-10 17.25.55

ビズリーチ公式ページの引用になりますが、下記5点を意識して書きましょう。

  • コアスキルに書いたキーワードはすべて含める
  • 主観的な内容や表現は排除し、客観的な視点で事実を伝える
  • 経験に対する成果は具体的な数字やファクトで表現する
  • 職務経歴をまとめるのではなく、キャリアストーリーとしてまとめる
  • コアスキルを証明できるように構成する

例:

大手総合商社のビズリーチ商事で審査部門からキャリアをスタートし、最初の7年間は事業投資及び事業戦略の立案、次の4年間は投資先事業の組織作り・事業立ち上げを行って参りました。

のべ700件の事業投資審査と75件(計2200億円)の投資判断を行った実績を持ち、豊富な事業構造分析の経験から、事業戦略の策定・実行を最も得意としております。

事業運営の成功事例としては、米国ケーブルテレビ会社との合弁子会社、ビズリーチ・ケーブルテレビ社にプロジェクト責任者として出向した際、戦略立案からオペレーションまで担当。 2年間で売上100億円達成、国内トップシェア(70%)の獲得を実現し、対象者5万人中3人の社長表彰を受けました。

私費留学にてMBA(ルクサ大学大学院)取得後、現在はポストIPOベンチャーのビズリーチ・コマース社にて、事業管理部にて経営企画、事業戦略、M&A 案件を担当しております。英語はビジネスレベルで使用可能です。

引用:ビズリーチ公式ページ 「職務経歴アドバイス」より

No.2|コアスキル

次にコアスキルを記入します。

今いる業界に紐づくような知識やスキルの優位性を書くと、受けが良いです。

スクリーンショット 2016-01-10 17.26.40

特記事項は、キャリアに空白がある場合や、出版経歴などがあれば書きましょう。

もし特に書く事がない場合は、メッセージボックスとして転職全般に関する希望を書きましょう。

例えば、『年収は低くても良いので、事業立ち上げの経験を求めます』などです。

あるいは、「良い案件があればすぐにでもキャリアアップをしたいと考えております」と入力すれば、ヘッドハンターも気合をいれて案件を紹介してくれるのでおすすめです。

スクリーンショット 2016-01-10 18.16.35

No.3|希望年収

次に希望年収ですが、あまり高く設定しすぎるとスカウトが減ってしまうので、気をつけましょう。

ただし、「本当に良い案件があった時だけたまにスカウトが来れば良い」と考えている方は、あえてハードルを上げてしまうのも手です。

スクリーンショット 2016-01-10 18.17.36

No.4|希望業種・職種・勤務地

次に、希望職種・業種・勤務地を入力していきますが、こちらは注意が必要です。

基本的にハイキャリア向け案件は、今までの経験を活かすことが前提で、未経験者については取り扱いはされないケースが多いため、最初の方に書いた経験職種や業種となるべくリンクさせましょう。

さっき何を入力したっけ…という方も、一通り入力が終わった後に修正できますので、安心して次に進みましょう。

まずは希望業種から書きます。

スクリーンショット 2016-01-10 17.27.02

次に、希望職種です。

スクリーンショット 2016-01-10 17.27.08

最後に勤務地です。

スクリーンショット 2016-01-10 17.27.13

より魅力的な人材だと判断されるためにも、細かいところまでしっかりと記載しておくようにしましょう。

3-3.ヘッドハンターに連絡をしてみる

ビズリーチは転職サイトの中では珍しく、自分からヘッドハンターに対してアプローチをすることができるサービスなので、ランクの高く実績が豊富なヘッドハンターに連絡してみましょう。

特に、40代での転職は、30代に比べて難易度が高いので、サポートしてくれるアドバイザーの質によって、転職後の満足度が大きく変わる傾向にあります。

3-4.ここまでの内容まとめ

ここまでビズリーチを40代転職で使うべき理由と、活用ポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ビズリーチは『求人数が多い』かつ『優秀なヘッドハンターを選べる』という利点を持った転職サイトであり、その特徴は40代転職においても十分発揮されるため、ぜひ利用すべきです

ビズリーチ公式:
https://bizreach.jp

そして登録したら、職務経歴書をしっかりと記載して、ヘッドハンターに連絡をしてみましょう。

とはいえ、職務経歴書の作成や面接対策もすべて一人でしなければならないのが大変だ、という方は、転職エージェントも併用するとなおいいでしょう。

補足:転職エージェントがやってくれること

  • 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • あなたのPRポイントを整理できる
  • 過去データから万全な面接対策をしてくれる
  • あなたに合った非公開求人を探してきてくれる
  • あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる
  • 年収交渉を引き受けてくれる
  • 退職トラブルの相談相手になってくれる

4.40代がビズリーチと併用したい転職エージェント3選

40代からの転職であればまず『ビズリーチ』に登録すべきですが、他にも転職エージェントを利用することで、成功率をグッと上げることが可能です。

CareerTheory編集部が500人に実施したアンケート』にあった口コミを分析すると、以下の転職エージェントが好評な傾向にありました。

では、それぞれ個別に説明していきます。

『パソナキャリア』サポートに定評あり

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

『doda』業界最大手で提案力が高い

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

『リクルートエージェント』求人数が多く・サポートも充実

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

5.ビズリーチを使う40代向けの関連記事3選

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャリアアップを目指す40代は、ビズリーチを利用すべきで、登録したら職務経歴書を登録して、ヘッドハンターに連絡をしてみましょう

  • ビズリーチ|求人数豊富で、優秀なヘッドハンターを探せる
    https://bizreach.jp

さらに、以下のような他転職エージェントを併用すると、よりよい求人に出会える可能性がグッと上がるでしょう。

あなたが最高の転職ができることを陰ながら祈っています。