30代はビズリーチを利用すべき?転職サイト・エージェントの失敗しない選び方をプロが解説

「即戦力採用で有名なビズリーチは、30代の転職でも強いのだろうか」と考えていませんか?

結論、キャリアアップを目指す30代であれば、全ての方にまず登録することをおすすめします。

そこで、このページでは現役転職エージェントとして、数多くの30代の転職者を成功に導いてきた経験から、以下の流れでご紹介します。

  1. 30代がビズリーチを利用すべき3つの理由
  2. キャリアアップをする上で注意すべきたった1つのポイント
  3. ビズリーチを利用して転職を成功させる3ポイント
  4. ビズリーチと併用したい転職エージェント3選

全て読めば、あなたのキャリアアップや年収がアップする転職を成功させる事ができるでしょう。

ビズリーチ公式:
https://bizreach.jp

1.30代がビズリーチを利用すべき3つの理由

冒頭にも申し上げた通り、キャリアアップや年収アップを目指している方は、ビズリーチを積極的に利用すべきです。

その理由としては以下の3つです。

では順番に説明します。(※上記をクリックするとそれぞれの説明欄にジャンプします)

1-1.高年収求人が豊富で年収を上げやすい

ビズリーチは「3,500人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。保有する求人は年収800万円以上の高収入案件を中心に取り扱っています

30代の人におすすめな理由として、日本の平均年収よりも高い年収の求人を豊富に保有している為、ビズリーチを利用して転職をする事で今よりも高年収になる可能性が高くなります。

ちなみに日本の平均年収は現在441万円で、そのうち30~34歳の平均が410万円35~39歳の平均が448万円です。

国税庁 民間給与実態統計調査より引用

実際に、ビズリーチで年収800万円以上で求人の検索をしてみたところ、85,000件以上もの求人を保有していました。この数字は他の転職サービスと比較しても、圧倒的に多く、年収を上げたい・キャリアアップをしたい と思っている方にとっては間違いなく登録すべきサービスと言っても過言ではないでしょう。

年収別の求人数割合についても400万円~500万円の求人は無く、平均年収以上の求人のみで構成されている事が分かります。

また転職エージェントのdodaが調査したデータで業種別・職種別の平均年収を確認すると、以下の通りの結果になっていました。

職種別の平均年収(30代)業種別の平均年収(30代)
営業系507IT/通信505
企画/管理系510インターネット/広告/メディア446
事務/アシスタント系344サービス410
販売/サービス系363メーカー478
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)624総合商社518
金融系専門職495専門商社442
技術系(IT/通信)500メディカル468
技術系(電気/電子/機械)498金融543
技術系(建築/土木)443建設/プラント/不動産453

※単位:万円
doda公式HPより引用

職種別に見ると、コンサルティングファームや監査法人などの専門職は平均年収が624万円と高収入ですが、販売・サービス系やアシスタント系は年収400万円に届いておりません。

またIT/通信業や、金融業は平均年収500万円以上と高い一方で、サービス業は410万円と低く、金融業に比べると平均で100万円以上も差があります。

その為、30代で年収を上げる為の転職を検討している人は、職種や業種を考慮に入れて転職活動を進めるべきです。

以下ビズリーチの公式HPに掲載されていた転職成功事例より抜粋した内容です。基本的に前職の経験やご自身のスキルを活かして年収アップを実現した事例をピックアップしたので参考にしてみてください。

語学力と経営視点を持つエンジニアを目指して。ベンダーから事業会社に転職!

口コミ・評判

M.Yさん(30代)
前職:日系メーカー米国支社 プロジェクトマネージャー/年収850万円
現職:総合サービス業 IT部門 エンジニア/年収900万円

SIベンダーでエンジニアとしてのキャリアをスタートした。アメリカにある日系メーカーのインフラ構築・運用経験などを踏まえて、さらにキャリアップすべく転職を決意。英語力を活かせて上流工程で裁量を発揮できるエンジニアを希望していた為、『経営』に近いポジションで長期的に取り組める環境を求め事業会社側の求人を探すも、求めていた『裁量』を求人から読み取る事ができず、ビズリーチに登録しヘッドハンターと連絡を取り合い、自己アピールのアドバイスを受けつつ無事希望する条件の企業から内定をつかんだ。

代理店から事業会社へ。応募を重ねて「本当にわくわくできる仕事」と出合う!

口コミ・評判

T.Kさん(35代)

前職:外資系広告代理店 アカウントディレクター/年収900万円
現職:日系消費財メーカー グローバルブランディング戦略室/年収950万円

内資系・外資系広告代理店にて、約16年にわたってアカウントエグゼクティブ(営業職)やマーケティング、コンサルティング業務に携わり、直近は管理職として活躍していたが、上層部から業績不振を理由に担当エリアの事業縮小を言い渡される。会社の将来性に不安を感じ転職活動を始める。ヘッドハンティング会社等と併せてビズリーチに登録。最終的に面談したヘッドハンターの数は、30名を超えた。転職活動中に求人選びの要素や優先順位を変更するようアドバイスを受けた所、約1週間で内定。オファー内容も申し分のないものだった。面談したヘッドハンターと応募求人の多さが転職活動における成功の鍵だった。

ビズリーチ公式HPより引用

このようにビズリーチはあなたの経験やスキルを活かして高いレベルの企業や職種へキャリアチェンジ可能な求人が多く、それに伴う年収アップを実現できる可能性も高い事が特徴です。実際に30代の口コミを確認してみても同様の内容が多数ありましたので一部紹介します。

自分が希望している求人に転職できた!

口コミ・評判

S.S さん(38歳 管理職・年収700万円→850万円)
評価:★★★★☆4
年収を上げたいのと、新しい環境に飛び込みたいと考えて転職することに決めました。
パッと求人を見たら、自分が希望しているものが多くあり、最終的にこの会社に決めることにしました。
まさかこんなに上がるとは思っていませんでした。

年収がめちゃくちゃあがりました!

口コミ・評判

S.H さん(30歳営業・年収600万円→800万円)
評価:★★★★★5
年収的にもハイクラスかどうか怪しい分類化と思いますが、ヘッドハンターさんが頑張ってくれて年収もめちゃくちゃあがりました!
というか転職活動をしたのがそもそも初めてだったので、職務経歴書なんて書いたことがなかったのですが、代わりに作ってくれたので非常にサクサク進みました。ビズリーチでのご縁に感謝です。

1-2.領域専門のヘッドハンターに相談できる

ビズリーチは登録すると自分が希望するヘッドハンターに無料で相談する事ができます。

以下のように、詳細に条件を決めることができるので、自分が気になるヘッドハンターに相談するといいでしょう。

実際に相談した方の満足度も高く、好評だったようです。

的確なアドバイスをもらえて満足!

口コミ・評判

O.Aさん(32歳 エンジニア 年収700万→850万円)
評価:★★★★☆4

前の会社が全然給料上がらないし、キャリアとしても上限が見えたので転職をしました。

自分の場合、比較的転職回数が多い部類(4回)だったので、もしかしたらダメかもなーって思っていたのですが、担当ヘッドハンターさんのアドバイス通りに対策したら全然問題なく、面接も順調に進み1社目でいきなり内定が決まりました。

ありがたいです!!

以上の方の他にも、ヘッドハンターに相談することで的確なアドバイスがもらえたという人が多いので、転職について悩んでいる方は登録後に相談してみるようにしてみましょう。

1-3.質が高いヘッドハンターを選ぶことができる

ビズリーチに登録しているヘッドハンターは約3,000名おり、以下のようなランク付けがされています。

  • Sランク・・・4.0~5.0
  • Aランク・・・3.5~4.0
  • Bランク・・・3.0~3.5
  • Cランク・・・2.5~3.0
  • Dランク・・・2.5未満
  • 新規加入・・・スコアなし

ランク評価基準は以下の通りとなります。

  • 直近6か月の採用決定人数
  • 採用された会員の決定年収
  • 送信したプラチナスカウトの返信率

優秀なヘッドハンターは、優秀なカウンセラーでもあるので、より自分と相性のいいヘッドハンターに相談すれば、自分が想像していなかったキャリアを築ける可能性もあります。

実際に、ヘッドハンターに自分に合ったアドバイスをもらい、転職を成功させたという口コミもありました。

好条件の求人を紹介してもらって納得のいく転職ができた!

口コミ・評判

N.Kさん(32歳 営業職・1000万円→1200万円)
評価:★★★★☆4

第二新卒の年齢で今の会社に入って10年近く働いていたので、そこそこのポジションにはいたのですが、新卒の文化が非常に強い会社で、昇進の上限が見えてしまっていて、なかなか給料があがらないので転職をしました。

転職は二回目だったのですが、今回はハイクラス帯での転職だったので、ヘッドハンターに色々相談できてよかったです。

おすすめされた求人をいくつか受けていいと思ったところに転職しました!

上記のように、良い条件の求人を紹介してもらえる事が多いので、利用して損はないと言えます。

ビズリーチ公式HPはこちら:
https://bizreach.jp

2. キャリアアップをする上で注意すべきたった1つのポイント

そもそもの話になりますが、海外に転職を希望している方は、働き方が2種類あるということを抑えておく必要があります。

では、それぞれ紹介していきます。

2-1.自己分析をして市場価値を知る

ビズリーチは登録後、スカウトを待つのが基本的な使い方なのですが、転職市場において自分の市場価値が低い場合、登録しても一切スカウトが届かない場合も多々あります。

プラチナスカウトメールで、ヘッドハンターから面談希望のメールが来るのであれば、少なくとも今のあなたの市場価値は職務経歴書上においては自信を持って良いでしょう。

特に30代の転職活動においては自分の市場価値を客観的にに把握する事はキャリアップや年収アップに関わる重要な要素です。

あなたのスキルや経験が活かせる職業への転職が実現する事で年収アップの可能性が高くなる為、面談希望のスカウトメールが届くかどうか、あなたの市場価値を登録して確認してみましょう。

ビズリーチ公式HPはこちら:
https://bizreach.jp

2-2.行動する

転職するかどうか悩んでいるなら、まずは自己分析や業界分析、転職サイトへの登録など行動してみる事が必要です。

転職活動をしたからといって、必ずしも転職しなければいけないわけではありません。

転職活動によって自分のキャリアや、現在勤めている会社・業界における自分の立ち位置を知り、転職を思いとどまる人もいます。

逆に、それが本格的な転職活動への足がかりになる事もあります。

企業分析や自己分析が面倒であれば、自分が目的としている業種や企業に勤める人に、話を聞いてみるのも良いでしょう。

リアルな現場の状況を知る事で、次の行動に結びつく事もあります。

転職活動は意外と簡単に始められます。

悩みすぎてどうしようもなくなる前に、転職サイトに登録したり転職エージェントに相談してみる事から始めるなど、まずはできる事から始めてみましょう。

また、転職サービスは山ほどありますが、選ぶ時に注意すべきポイントは下記の3つです。

  • 求人の質・量:いい求人を保有しているか
  • 提案力   :あなたの人生を豊かにする提案をしてくれるか
  • サポート  :面接・書類対策などを手厚く行ってくれるか

ここまで述べた内容を踏まえると、あなたの市場価値を正しく知ることができ、実際に行動をおこす第一歩として利用すべきサービスはビズリーチで間違いないです。

ビズリーチは登録時に入力する職務経歴書などをもとにヘッドハンターからスカウトが来る仕組みなので、そこで紹介される求人の内容であなたの市場価値を知る事ができますし、今すぐに転職を考えていない場合はスカウトに反応しなければ良いので、あなたの希望する条件に合った求人が紹介されるまでは情報収集のツールとして利用する事ができます、

あなたがもし、キャリアアップや年収アップを考えている場合は、まずビズリーチに登録してみましょう。

ビズリーチ公式HPはこちら:
https://bizreach.jp

3.ビズリーチを利用して転職を成功させる3ポイント

ビズリーチを利用してキャリアップを成功させたいと思っている方は、以下3つを意識して転職活動を進めるようにしましょう。

  1. ヘッドハンターの目にとまるよう職務経歴書を充実させる
  2. プロフィール欄の任意項目をしっかり記入しておく
  3. ヘッドハンターに連絡をしてみる

順に紹介していきます。

3-1.へッドハンターの目にとまるよう職務経歴書を充実させる

こちら言うまでもないかもしれませんが、職務経歴書を充実させておかないと、ヘッドハンターがサポートを断る可能性があります。

特に、以下の二つはできるだけ具体的に書くようにしてください。

  • 企業名
  • 役職・部署名
  • 職務内容

一目見ただけで、企業名・担当業務内容がわかるように記載するようにしましょう。

3-2.プロフィール欄の任意項目をしっかり記入しておく

任意項目もしっかりと記載しておくようにしてください。

自分のスキルや強み、経験をアピールするためにも、しっかり記入しておきましょう。

特にしっかり記入して欲しいところは以下の4つです。

  1. 職務要約
  2. コアスキル
  3. 希望年収
  4. 希望業種・希望職種・勤務地

それでは順に説明していきます。

No.1|職務要約

まずは職務要約です。

スクリーンショット 2016-01-10 17.25.55

ビズリーチ公式ページの引用になりますが、下記5点を意識して書きましょう。

  • コアスキルに書いたキーワードはすべて含める
  • 主観的な内容や表現は排除し、客観的な視点で事実を伝える
  • 経験に対する成果は具体的な数字やファクトで表現する
  • 職務経歴をまとめるのではなく、キャリアストーリーとしてまとめる
  • コアスキルを証明できるように構成する

例:

大手総合商社のビズリーチ商事で審査部門からキャリアをスタートし、最初の7年間は事業投資及び事業戦略の立案、次の4年間は投資先事業の組織作り・事業立ち上げを行って参りました。

のべ700件の事業投資審査と75件(計2200億円)の投資判断を行った実績を持ち、豊富な事業構造分析の経験から、事業戦略の策定・実行を最も得意としております。

事業運営の成功事例としては、米国ケーブルテレビ会社との合弁子会社、ビズリーチ・ケーブルテレビ社にプロジェクト責任者として出向した際、戦略立案からオペレーションまで担当。 2年間で売上100億円達成、国内トップシェア(70%)の獲得を実現し、対象者5万人中3人の社長表彰を受けました。

私費留学にてMBA(ルクサ大学大学院)取得後、現在はポストIPOベンチャーのビズリーチ・コマース社にて、事業管理部にて経営企画、事業戦略、M&A 案件を担当しております。英語はビジネスレベルで使用可能です。

引用:ビズリーチ公式ページ 「職務経歴アドバイス」より

No.2|コアスキル

次にコアスキルを記入します。

今いる業界に紐づくような知識やスキルの優位性を書くと、受けが良いです。

スクリーンショット 2016-01-10 17.26.40

特記事項は、キャリアに空白がある場合や、出版経歴などがあれば書きましょう。

もし特に書く事がない場合は、メッセージボックスとして転職全般に関する希望を書きましょう。

例えば、『年収は低くても良いので、事業立ち上げの経験を求めます』などです。

あるいは、「良い案件があればすぐにでもキャリアアップをしたいと考えております」と入力すれば、ヘッドハンターも気合をいれて案件を紹介してくれるのでおすすめです。

スクリーンショット 2016-01-10 18.16.35

No.3|希望年収

次に希望年収ですが、あまり高く設定しすぎるとスカウトが減ってしまうので、気をつけましょう。

ただし、「本当に良い案件があった時だけたまにスカウトが来れば良い」と考えている方は、あえてハードルを上げてしまうのも手です。

スクリーンショット 2016-01-10 18.17.36

No.4|希望業種・職種・勤務地

次に、希望職種・業種・勤務地を入力していきますが、こちらは注意が必要です。

基本的にハイキャリア向け案件は、今までの経験を活かすことが前提で、未経験者については取り扱いはされないケースが多いため、最初の方に書いた経験職種や業種となるべくリンクさせましょう。

さっき何を入力したっけ…という方も、一通り入力が終わった後に修正できますので、安心して次に進みましょう。

まずは希望業種から書きます。

スクリーンショット 2016-01-10 17.27.02

次に、希望職種です。

スクリーンショット 2016-01-10 17.27.08

最後に勤務地です。

スクリーンショット 2016-01-10 17.27.13

より魅力的な人材だと判断されるためにも、細かいところまでしっかりと記載しておくようにしましょう。

3-3.ヘッドハンターに連絡をしてみる

ビズリーチは転職サイトの中では珍しく、自分からヘッドハンターに対してアプローチをすることができるサービスなので、ランクの高く実績が豊富なヘッドハンターに連絡してみましょう。

特に、社会人経験が積まれて、その経歴に厚みがでてくる30代の転職においては、スキルや志向によって難易度が大きく変わるため、サポートしてくれるアドバイザーの質によって、転職後の満足度が大きく変わる傾向にあります。

3-4.ここまでの内容まとめ

ここまでビズリーチを30代転職で使うべき理由と、活用ポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ビズリーチは『求人数が多い』かつ『優秀なヘッドハンターを選べる』という利点を持った転職サイトであり、その特徴は30代転職においても十分発揮されるため、ぜひ利用すべきです

ビズリーチ公式:
https://bizreach.jp

そして登録したら、職務経歴書をしっかりと記載して、ヘッドハンターに連絡をしてみましょう。

とはいえ、職務経歴書の作成や面接対策もすべて一人でしなければならないのが大変だ、という方は、転職エージェントも併用するとなおいいでしょう。

補足:転職エージェントがやってくれること

  • 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • あなたのPRポイントを整理できる
  • 過去データから万全な面接対策をしてくれる
  • あなたに合った非公開求人を探してきてくれる
  • あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる
  • 年収交渉を引き受けてくれる
  • 退職トラブルの相談相手になってくれる

4.30代がビズリーチと併用したい転職エージェント3選

30代からの転職であればまず『ビズリーチ』に登録すべきですが、他にも転職エージェントを利用することで、成功率をグッと上げることが可能です。

CareerTheory編集部が500人に実施したアンケート』にあった口コミを分析すると、以下の転職エージェントが好評な傾向にありました。

では、それぞれ個別に説明していきます。

『パソナキャリア』サポートに定評あり

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。

年収帯を問わず、充実したサポートを行っており、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

また、首都圏(東京、名古屋、大阪)を中心に求人数も豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての方におすすめできます。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

『doda』業界最大手で提案力が高い

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

公式サイト:
http://doda.jp/

『リクルートエージェント』求人数が多く・サポートも充実

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※ただ首都圏では、サポート体制や求人の質を踏まえると、『マイナビエージェント』や『パソナキャリア』のほうが満足度評価が高い傾向にあったので、合わせて活用することをおすすめします。

5.ビズリーチを使う30代向けの関連記事3選

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャリアアップを目指す30代は、ビズリーチを利用すべきで、登録したら職務経歴書を登録して、スカウトを待ちましょう。

  • ビズリーチ|求人数豊富で、優秀なヘッドハンターを探せる
    https://bizreach.jp

さらに、以下のような他転職エージェントを併用すると、よりよい求人に出会える可能性がグッと上がるでしょう。

あなたが最高の転職ができることを陰ながら祈っています。