社会不適合者におすすめの仕事12選!仕事が続かない&生きづらい悩みを解決

  • 自分は社会不適合者かもしれない
  • 一般社会に適応できない自分でも、ストレスなくできる仕事はないのだろうか

と考えていませんか?

社会不適合者とは、社会の要求に応えて生活することが難しい人を指します。

しかしこれは、人間的な欠陥があるというわけではなく、あくまで性格が社会の枠組みに合わないというだけのことに過ぎません。

性格に合わせた正しい仕事の選び方を理解すれば、適職に就くことが可能です。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントとして数多くの転職を支援してきた私が、社会不適合者の性格的特徴と、それに合わせた仕事の選び方、そして具体的なおすすめ職種について詳しく解説していきます。

(目次)

  1. 社会不適合者の6つの特徴
  2. 社会不適合者に向いてる仕事12選
  3. 社会不適合者に向いてる仕事の選び方
  4. 自分の性格に合った仕事探しにおすすめの転職エージェント3選
  5. 一般社会に適応できない、社会不適合者が目指すべき生き方
  6. 社会不適合者の生活と仕事に関するよくある質問

すべて読めば、「自分に向いてる仕事がない」という悩みから解放され、新たな一歩を踏み出すことができるでしょう。

1. 社会不適合者の6つの特徴

社会不適合者と呼ばれる人々に共通してみられる特徴は、以下の通りです

  1. 時間・ルール・規律を守ることが苦手
  2. 協調性がない
  3. コミュニケーションを取るのが苦手
  4. 責任感がない
  5. プライドが高い
  6. 物事が長く続かない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

おすすめの仕事を知りたい方

おすすめの仕事をいち早く知りたいという方は『社会不適合者に向いてる仕事12選』を参考にしてください。

1-1.時間・ルール・規律を守ることが苦手

社会不適合者と呼ばれる人は、時間やコミュニティ内のルール・規律を守ることを苦手とする傾向にあります。

「周りの行動に合わせよう」という意識が希薄なため、会社や集団の中で形成されている「暗黙のルール」に従うことができず、周囲の和を乱してしまうことも少なくありません。

具体的な例

  • 時間を守れず、遅刻が多い
  • 身だしなみにルーズ

このような行動を繰り返してしまうと、周囲に悪い印象を与えてしまいます。

その結果、人間関係にひずみを生じさせてしまったり、集団内で孤立してしまったりすることもあるのです。

1-2.協調性がない

社会不適合者と呼ばれる人は、「協調性がない」と評されることがよくあります。

周囲よりも自分を優先して考える、いわば自己本位的な考え方を持っているためです。

具体的な例

  • チーム内で与えられた役割・責務を果たさない
  • 面倒なことは他人に押し付ける
  • 不平不満を口にする
  • チームの総意に水を差すような言動・態度を取る

もちろん、自分の気持ちに正直であることは大切です。

しかし集団で行動する以上、あまりに強い自己主張を続けていけば、周囲との軋轢を生んでしまうこともあるでしょう。

1-3.コミュニケーションを取るのが苦手

社会不適合者と呼ばれる人は、人とのコミュニケーションを苦手としていることが多々あります。

また苦手意識はなくとも、知らない間に周囲を不快にさせるような言動をしてしまう人も少なくありません。

具体的な例

  • 最低限のお礼や挨拶ができない
  • 雑談の輪に入れない
  • TPOに即していない「空気の読めない発言」をしてしまう

また、周囲とのコミュニケーションを取る心理的なハードルが高いため、報連相を怠ってしまったり、親睦を深めるための会話をうまく展開できなかったりすることもあります。

ビジネスシーンにおいて、コミュニケーションが取れないという弱点は、致命傷となりかねません。

そのうえ、そもそもコミュニケーションを取ることに価値を感じていない人も多く、「必要最低限の会話しか交わさない」「飲み会や親睦会には一切参加しない」という特徴も見られます。

1-4.責任感がない

責任感が欠如している人は、社会不適合者のレッテルを貼られやすくなります。

「できれば面倒なことをしたくない」「自分の評価が何よりも重要」という感情を常に抱いているため、やるべきことを投げ出してしまったり、ミスを認めず言い訳をして責任逃れを試みたりしてしまうのです。

指示された最低限のことさえ成し遂げられないこともあります。

具体的な例

  • 壁にぶつかるとすぐ諦めてしまう
  • 納期遅れや低水準の仕事を改善しない
  • 自分の失敗を認めない

社会的なやり取りは、すべて信用の上に成り立っています。

どのような集団内であっても、責任感のある行動を取ることができないのであれば、次第に人々は離れていってしまうでしょう。

1-5.プライドが高い

プライド・自尊心が高いことも、社会不適合者と呼ばれる人の特徴として挙げられます。

虚栄心が災いして、周囲との余計な衝突を起こしてしまうことも少なくありません。

具体的な例

  • 自らの非を認めない
  • 批判されると攻撃的になる
  • 自分の考えに固執しているため、融通が利かない
  • 無神経な発言をして周囲の人を傷つける

また、自己保身の気持ちが強く、些細な嘘を繰り返してしまう傾向もあります。

集団で仕事をしていく上では、かなり致命的であると言わざるを得ません。

1-6.物事が長く続かない

諦め癖がついており、物事が長く続かない人も、社会不適合者のレッテルを貼られやすい傾向にあります。

具体的な例

  • 資格勉強などを目標にしても、最初の数か月で投げ出してしまう
  • 興味の対象があちこちに移り変わる
  • 劣等感が強く、何事も無理だと決めつけがち

目標に向かって行動をはじめても、失敗したり、些細な障壁があったりすれば、すぐに投げ出してしまうのです。

その結果、「自分はダメな人間だ」と自信をなくし、ますます諦めやすくなるという負の連鎖を生み出してしまいます。

ここまでのまとめ

社会不適合者の6つの特徴を解説しました。

  1. 時間・ルール・規律を守ることが苦手
  2. 協調性がない
  3. コミュニケーションを取るのが苦手
  4. 責任感がない
  5. プライドが高い
  6. 物事が長く続かない

これらをまとめると、社会不適合者とは、以下のように言い換えることができます。

社会不適合者とは

集団で同じ方向を向く必要がある状況下において、周囲と同じような振る舞いができないことから、他者とのコミュニケーションの齟齬が発生してしまう人のこと

とはいえ、これはあくまで性格の側面にすぎません。

そして無理に矯正しようとすると、今以上に劣等感を抱いてしまったり、ストレスを溜めてしまうことも考えられます。

ゆえに、社会不適合者という自覚のある方は、自然体の自分で無理をせず、それでいて自分の能力を最大限発揮できるものを選ぶ必要があります。

そこで次の章では、社会不適合者に向いてる仕事を、具体的に厳選して紹介していきます。

2. 社会不適合者に向いてる仕事12選

社会不適合者に向いてる仕事を、具体的にピックアップしました。

  1. 工場勤務
  2. ドライバー
  3. 警備員
  4. WEBライター
  5. ITエンジニア・プログラマー
  6. WEBデザイナー
  7. 配達員(郵便・新聞など)
  8. ハンドメイド作家
  9. イラストレーター
  10. 動画クリエイター
  11. カウンセラー
  12. 清掃員

気になる職種があれば確認しておきましょう。

仕事探しを転職のプロに相談したい

仕事探しを転職のプロに相談したいという方は、『自分の性格に合った仕事探しにおすすめの転職エージェント3選』を参考にしてください。

2-1.工場勤務

工場内で、ライン作業やピッキング作業に従事します。

一人で黙々と取り組める仕事が多く、不特定多数とのコミュニケーションも発生しません。

チームでの仕事に苦手意識を持つ方に最適です。

業務内容もシンプルで、ノルマや成果を求められるケースも少ないという特徴もあります。

ルーティンワークが苦にならないのであれば、適職であると言えるでしょう。

2-2.ドライバー

ドライバーは、基本的に一人だけの空間で働くことになります。

雑談やコミュニケーションが発生することもほとんどありません。

運転が得意な方であれば、気苦労がない職種であると言えるでしょう。

休憩時間を自由に取れることも、魅力的です。

2-3.警備員

施設の監視・巡回・点検などを行う仕事です。

たいていの場合、一人か少人数体制で業務にあたります。

とはいえ、快活なコミュニケーションが必要とされるシーンはほとんどありません。

「人と話すよりも、長時間立ち続ける方が気が楽で良い」という方にとっては、適職であると言えるでしょう。

2-4.WEBライター

ライターは、一人で黙々と作業ができる仕事の代表例です。

紙媒体のライターは参入障壁がやや高いですが、WEBサイトの記事を作成する「WEBライター」は、誰でも手軽に始めやすいという特徴があります。

たいていの場合、企業が作成したマニュアルに沿って文章を書いていくため、特に難しいスキルは必要ありません。

WEBライターであれば、パソコンとインターネット環境さえあれば取り組むことが可能です。

フリーランスとして独立して在宅で仕事ができるようになれば、人と接することはほとんどありません。

WEBライターは副業として始めることもできるので、まずは今の仕事を続けながら、空いた時間に試しに取り組んでみるのも良いでしょう。

2-5.ITエンジニア・プログラマー

システムの設計・開発・運用を行う仕事です。

業務内容は企業によって異なりますが、開発がメインの部署であれば、雑談やコミュニケーションはあまりなく、目の前の業務に集中できるでしょう。

ITエンジニアは、職種そのものの需要も右肩上がりと言われており、業界そのものも拡大傾向にあります。

プログラミングに興味がある方は、職業の候補に入れてみることをおすすめします。

成果&能力が評価される仕事を選ぶ

ITエンジニアのような技術職は、何よりもスキルや成果が評価されます。

コミュニケーションや人付き合いに多少難があったとしても、それほど大きく問題視されることはないでしょう。

社会不適合者という自覚があり悩んでいる方は、「能力」や「成果」が何よりも重視される仕事を選び、日々スキルを研鑽していくというのも、一つの方法です。

2-6.WEBデザイナー

Photoshopやillustratorなどのソフトウェアを使い、WEBサイトのデザインを構築する仕事です。

デザイン系の仕事に興味があるという方は、候補に入れてみてもよいでしょう。

ある程度実績・スキルを積んだWEBデザイナーであれば、独立して個人で仕事を請け負うことも可能となります。

HTMLやCSSなどのマークアップ言語や、JavaScriptなどのプログラミング言語を学ぶことで仕事の幅を広げることもできるでしょう。

2-7.配達員(郵便・新聞など)

郵便・新聞などの配達員は、特殊な免許がなくても始めやすい仕事です。

基本的に人と交流することはなく、個人での作業なので、協調性は特に必要ありません。

もちろん、決められた時間に配達する必要はありますが、数分単位で厳格に管理されているわけではないので、多少前後する分には問題は少ないでしょう。

それでも企業勤めが困難という方は、『UberEats』など副業レベルで始められる配達業務もおすすめです。

2-8.ハンドメイド作家

アクセサリーや小物の制作・販売で生計を立てるという手段もあります。

『minne』『Creema』といったハンドメイド作品を販売できるプラットフォームは数多くあり、誰でも簡単に作品を収益化することができます。

「ものづくりが好き」という方は、試しにいくつか制作して出品してみるのも良いでしょう。

2-9.イラストレーター

絵を描くことが好きな人には、イラストレーターもおすすめです。

美大などで専門的な教育を受けていない人でも、SNSなどを通して注目を集め、仕事につなげたという事例も少なくありません。

商用のイラストを販売したり、『ココナラ』などのスキルシェアサイトを通じて仕事を請け負ったりと、多方面に需要がある仕事です。

2-10.動画クリエイター

広告動画などを製作する仕事です。

動画に字幕をつけたり見やすく編集したりすることもあります。

通信環境が整備され、誰もがスマートフォンを通して、動画を日常的に視聴できるようになったことで、動画を通して情報発信を行うメディアや個人が増加しました。

その結果、動画クリエイターのニーズも拡大しています。

5G回線の普及に伴い、今後もますます動画は私たちの生活に身近なものとなっていくでしょう。

動画制作の技術は、今以上に必要とされるようになるかもしれません。

また、自身が発信者となって、動画を作っていくという方法もあります。

2-11.カウンセラー

相談者の悩みを聞き、アドバイスをする仕事です。

社会不適合者と呼ばれる人の中には、他者への共感能力が高すぎることが原因となって、うまくコミュニケーションを取れないというケースもあります。

そういった人にとって、他者と一対一で向き合って、親身に寄り添い、心や体の疲れを癒す仕事は、まさに適職であると言えるでしょう。

あなた自身が社会に適応できなかったという経験が、誰かを安心させたり、勇気づけたりすることにもつながるのです。

2-12.清掃員

清掃員は、なおかつ黙々と作業に打ち込める仕事の一つです。

作業は基本的に一人で行い、社内外の人と会話をすることもほとんどありません。

雇用形態問わず就業のハードルが低い傾向にあるため、「とにかく今すぐ人と関わらずに済む仕事に就きたい」という方にとっては、最適と言えるでしょう。

仕事探しを転職のプロに相談したい

仕事探しを転職のプロに相談したいという方は、『自分の性格に合った仕事探しにおすすめの転職エージェント3選』を参考にしてください。

3.社会不適合者に向いてる仕事の選び方

社会不適合者に向いてる仕事は、以下の観点で選ぶことをおすすめします。

  1. なるべく人との関わりが少ない仕事を選ぶ
  2. 時間や場所に囚われない働き方を選ぶ
  3. 苦手を克服しようとしない
  4. IT・WEB系企業は狙い目
  5. 仕事選びに迷ったら、転職のプロに相談するのもおすすめ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1.なるべく人との関わりが少ない仕事を選ぶ

社会不適合者の人は、なるべく人との関わりが少ない仕事を選びましょう。

チームワークが求められる仕事はもちろん、接客業や営業職など、消費者とのやり取りが発生する仕事も避けておくべきです。

社会不適合者の人は、感情が顔や態度に出てしまいやすく、相手を不快にさせたり、クレームにつながったりすることも考えられます。

常に他者に気を遣わなければならない職種や環境は、やめておきましょう。

3-2.時間や場所に囚われない働き方を選ぶ

どうしてもルールに拘束されることに抵抗がある方は、そもそも時間や場所に囚われない働き方を選ぶと良いでしょう。

在宅勤務を推奨している会社を選んだり、フリーランスとして独立したりすることで、毎日同じ時間に同じ場所へ行き、同じメンバーと顔を合わせることを避けられます。

3-3.苦手を克服しようとしない

仕事選びの際は、苦手を無理に克服しようとしないことが大切です。

社会が求める枠組みと異なるという性格は、無理やり矯正しようとしても、そう簡単に上手くいくものではありません。苦手の克服にはストレスがかかります。

例えば、苦手なコミュニケーションを克服するために、あえて飛び込み営業に就く、といった荒療治は推奨できません。

挫折して投げ出してしまった場合、より強烈な劣等感に苛まれることになってしまっては、むしろ逆効果です。

苦手を克服するのではなく、自分の持っている強みを活かすという方向性で考えましょう。

3-4.IT・WEB系企業は狙い目

企業の傾向をかんがみると、IT・WEB系企業は狙い目であると言えます。

IT・WEB系企業は比較的規律がゆるやかであることが多く、社会性に難があると自覚している方でも、馴染みやすい傾向にあるからです。

例えば、服装はスーツ着用ではなくオフィスカジュアルが基本であったり、出社時間を柔軟に調整できたりする企業も少なくありません。

一般企業に勤めても長続きしないが、かといって独立するのは不安、という方は、IT・WEB系を中心に、社風や規則自体がゆるやかな会社を探してみるとよいでしょう。

3-5.仕事選びに迷ったら、転職のプロに相談するのもおすすめ

自分の性格に合った仕事を見つけたいのなら、「転職エージェント」に相談するのも、効果的な方法です。

転職エージェントとは

一般的な求人サイトと異なり、求職者一人に対してキャリアコンサルタントが担当し、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介から、面接対策まで、転職活動を総合的に支援してくれます。

転職エージェントは、あなたの悩みをもとに最適な提案をしてくれる、いわば転職のプロです。

「社会に適応できない自分でも、無理なく続けられる仕事はあるのだろうか」という相談から丁寧に対応してくれます。

自身の性格の側面に課題を感じているのであれば、まずは一度、転職エージェントに相談してみることを強く推奨します。

4.自分の性格に合った仕事探しにおすすめの転職エージェント3選

「自分の性格にぴったりの仕事を見つけたい」という方に向けて、以下の点を基準に、おすすめの転職エージェントを厳選しました。

転職エージェントの選定基準

  1. 求人:求人の質・量は十分かどうか
  2. 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  3. サポート力:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

その結果、おすすめの転職エージェントは、以下の通りとなりました。

それぞれ詳しく紹介します。

(1).マイナビエージェント

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

(2).doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

(3).リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

5. 一般社会に適応できない、社会不適合者が目指すべき生き方

一般社会に適応できないと悩む方が、ストレスなく生きていくためには、以下のことを視野に入れておくのも良いでしょう。

  1. 無理に社会に合わせず、自分の生き方を貫く
  2. 苦手を克服するのではなく、得意を活かす仕事を選ぶ
  3. 起業する
  4. フリーランスとして働く
  5. 海外で生活する

5-1.無理に社会に合わせず、自分の生き方を貫く

無理に社会や他人に合わせようとせず、自分らしく生きていくという覚悟も大切です。

もちろんそれにより、周囲からの理解を得られなかったり、疎外感・閉塞感を味わうこともあるかもしれません。

しかし、自分をひたすら偽って生きていくのは、相当しんどいものです。

いっそのこと「他人は他人、自分は自分」と考えておいた方が、気楽に生きていくことができるでしょう。

とはいえ、周囲への配慮がなくて良いというわけではありません。周囲の人間を尊重しつつ、自らの生き方を貫くことを意識してください。

5-2.苦手を克服するのではなく、得意を活かす仕事を選ぶ

社会に適応できないと感じる人は、その苦手を克服するよりも、長所・得意なことを最大限活かす方向性で考えてみましょう。

他の人が苦労せずにできることに時間を割くのは、合理的とは言えません。

「なぜ自分はこんなこともできないのだろう」と自信を失くしてしまったり、途中で投げ出してしまったりする懸念もあります。

それよりも、まずは自分のことを客観的に見つめ、周囲の人間にはない強みがないかどうか、探してみてください。

『ストレングスファインダー』などの自己分析ツールを使ってみるのもおすすめです。

5-3.起業する

一般企業に勤めるのが難しいという方は、起業するという選択肢もあります。

既存のルールに適応できないのであれば、自分がルールを作る側に回るです。

社会不適合者と呼ばれる人の中には、思慮が深く、独自の視点で現団社会を捉えられている人も少なくありません。

他の人にはないセンスを持っていることもあるのです。

強い興味を向ける対象や得意な分野・スキルを持っているのであれば、無理に組織に合わせて働くのではなく、起業して自らの思うように行動してみるというのも、方法の一つです。

5-4.フリーランスとして働く

社会に適応できないという人には、フリーランスという働き方もおすすめです。

フリーランスであれば、自宅やコワーキングスペースなど好きな場所で好きな時間に仕事をすることができます。

毎日決まった時間に電車に乗って、同じ場所に通う必要もありません。

また仕事の量をうまく調整すれば、一般的なサラリーマンより稼いだり、反対に週に数日だけ働いてあとは自由な時間を過ごしたりすることができます。

とはいえ、フリーランスとして働く場合、何より大切なのは信用です。

納期に間に合わない、水準が低いといったフリーランスは、十分な仕事を獲得することさえできません。

すべての責任が自分に降りかかってくるという点を覚悟しておく必要があるでしょう。

5-5. 海外で生活する

どうしても日本社会に溶け込めないという方は、いっそのこと海外で暮らしてみるというのも解決策の一つです。

海外へ一歩足を踏み出してみれば、常識や慣習の違いに驚くことでしょう。

日本社会では到底受け入れられないような価値観や考え方が、海外では当たり前、ということも少なくありません。

「社会不適合者」は、あくまで今いる社会が基準となっている言葉です。

社会そのものが変わってしまえば、社会不適合者と呼ばれる人の特徴や条件もまったく違うものになります。

もちろんいきなり海外移住はかなりハードルが高いと言えるかもしれません。

しかしながら、「社会不適合者とは、ある一つの社会に依拠したものであり、住む社会を変えれば生きやすくなることもある」というのは、重要な視点と言えるでしょう。

6.社会不適合者の生活と仕事に関するよくある質問

社会不適合者の生活と仕事に関するよくある質問をまとめました。

気になることがあれば、ここで解消しておきましょう。

Q1社会不適合者とはそもそもどういう意味ですか?

社会不適合者は、「社会の要求に応えて生活することが困難な者」を指す言葉です。

集団における協調性の無さを指摘するなど、ネガティブな文脈で使用されます。

自分が他者とうまくコミュニケーションを取れないなど、自虐的なニュアンスで用いられることも少なくありません。

Q2仕事が長く続かないことに悩んでいます

仕事が長続きしないという方は、「業務内容」が適切でない可能性があります。

あるいは「労働環境」が合っていないということも考えられるでしょう。

同じ仕事内容であっても、労働環境や社風、周囲の人間関係次第で、働きやすさは左右されます。

いずれにしても、無理に自分を変えようとせずに、環境を変える方向性で考えてみましょう。

Q3自分が社会不適合者かどうか、診断する方法はありますか?

社会不適合者は、特定の症状を指すものではないため、客観的に診断することはできません。

とはいえ、以下のような社会不適合者の多くに共通してみられる特徴があるかどうかで、ある程度判断することは可能です。

社会不適合者の多くに共通してみられる特徴

  • 朝起きられないことが多い
  • 学校や会社の規則に意味があるのか、その都度疑問を抱いてしまう
  • 咄嗟に小さな嘘をついてしまう
  • 複数人で何かをすることが子どものころから苦手
  • 言わなくて良いことまで言ってしまう
  • ひとりの時間が気楽だと感じる

半分以上当てはまる方は、社会不適合者の傾向があると言えるでしょう。

Q4社会不適合者と言われる性格の治し方を教えてください

そもそも、社会不適合者を改善するという考え方はあまり好ましくありません。

「なんとか頑張って改善しよう」という意識が、空回りしてしまい、余計に自己肯定感を下げてしまうこともあるからです。

むしろ、「自分はどういった部分で社会に適応できてないと言えるのか」正しく把握し、「うまく付き合っていく」という考え方が適切です。

「なんとしても改善しなければ」と、無理に気を張らないようにしてください。

7.さいごに

社会不適合者の適職について解説しました。

ストレスなく仕事を長続きさせるためには、自身の性格を正しく理解し、無理のない範囲で、興味のある仕事を選ぶことが大切です。

「興味はあるが、転職してよいものなのか判断できない」という方は、転職のプロであるエージェントへの相談も検討してみましょう。

あなたの人生がよりよいものになることを願っています。