理学療法士におすすめの転職サイトランキング|使い方や最新の転職市場まで徹底解説

理学療法士 転職サイト

「理学療法士はどの転職サイトを使うべき?」「おすすめの転職サイトが知りたい!」と気になりますよね。

理学療法士向け転職サイトとは、理学療法士の資格があれば誰でも利用できる無料の求人紹介サービスです。

転職に関するあらゆる場面でサポートしてもらえるため、理学療法士の転職では必ず利用すべきと言っても過言ではないでしょう。

しかし、理学療法士向けの転職サイトは数多く存在しており、インターネット上に出てきた転職サイトがあなたに合ったサービスとは限りません。

自分に合わない転職サイトを利用した結果、「失敗した……」と後悔しないためにも、それぞれの転職サイトの特徴を確かめてから、自分にピッタリのサービスを選ぶようにしましょう

そこで、この記事では医療職の転職事情に詳しい私が、理学療法士におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介します。

  1. 理学療法士(PT)におすすめの転職サイトランキング7選
  2. 【志望先別】理学療法士(PT)転職サイトおすすめランキング
  3. 【地域別】理学療法士(PT)転職サイトおすすめランキング
  4. そもそも理学療法士が転職サイトを使うべき5つの理由
  5. 理学療法士がより効果的に転職サイトを利用する5つのポイント
  6. 理学療法士が転職サイトを使う時の3つの注意点
  7. 【FAQ】理学療法士(PT)の転職でよくある質問7選
  8. まとめ

記事内では、転職サイトの選び方や効果的な使い方なども詳しく解説しています。

この記事を読むことで、理学療法士におすすめの転職サイトがわかり、あなたに合った転職サイトを選べるようになるでしょう。

それでは、理学療法士におすすめの転職サイトランキングを見ていきましょう。

1.理学療法士(PT)におすすめの転職サイトランキング7選

この章では、数多くある理学療法士向けの転職サイトの中から、CareerTheory編集部が評価・厳選した転職サイトをランキング形式でご紹介します

◆ 看護師転職サイトの比較・選定基準

  • 総合評価
    利用者の口コミをもとにしたサービスの総合評価。
  • 求人の数・質
    2022年も看護師求人は例年より少なめ。良質な求人をたくさん確保することが重要。
  • サポート力
    優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらえれば、理想的な求人の提案&手厚いサポートが期待できる。

上記の観点から厳選した、理学療法士におすすめの転職サイトは以下の通りです。

薬剤師転職サイトランキング
PYOTSTワーカー
1位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1.8万件

満足度
4.1

豊富な求人数と手厚いサポート力に定評あり!
理学療法士の転職では登録必須の転職サイト
PTOT人材バンク2位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1.5万件

満足度
3.9

10年以上のリハビリ専門職の転職支援実績!
交渉力の高いアドバイザーや多様なコンテンツが魅力
マイナビコメディカル
3位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1.4万件

満足度
4.0

人材業界大手ならではの転職ノウハウが評判!
丁寧なヒアリングで利用者の強みを引き出してくれる
PTOTキャリアナビ
4位.PTOTキャリアナビ
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.0

2020年に開始したベンチャー企業発の転職サイト!
LINEを活用した気軽なやり取りが話題
MEDFit5位.メドフィット公式サイトを見る詳細を見る公開求人数
約1,300件

満足度
3.6

転職の軸づくりから始める転職サービス!
利用者の転職後の活躍を目指したサポートが高評価
ハクビ介護6位.ハクビ介護公式サイトを見る詳細を見る公開求人数
非公開

満足度
3.8

独自のネットワークで介護・福祉業界への転職を支援!
職場のリアルな内情を教えてもらえる
クリックジョブ介護
7位.クリックジョブ介護
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1,700件

満足度
3.7

介護系求人の保有数は国内最大級!
充実したサポートで利用者満足度No1獲得(同社調べ)

※求人数:2022年7月28日時点

転職サイトを上手に使いこなすための最も大切なポイント

転職サイトをうまく使いこなすためには、複数の転職サイトに登録し比べることがポイントです。
複数登録をすることで、以下のような利点を得られます。

  • 優秀であなたにあった担当者を選び、頼ることができる
  • 各社が持つ非公開求人の中からあなたの条件に合った求人を見つけやすい登録後に一つの転職サイトに絞って利用することも可能なので、3社以上の転職サイトに登録し、比較しながら使っていきましょう。

1位. PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカー』は、医療・介護・保育系専門職の転職支援実績が豊富な「トライトキャリア」が運営するリハビリ職専門の転職サービスです。

『PTOTSTワーカー』のおすすめポイント3選

  • 国内トップクラスの求人数!医療機関のみならず、介護施設、訪問リハビリなど多様な求人を取り扱っている
  • 理学療法士専門のキャリアアドバイザーが多数在籍!転職が初めてでも安心のフルサポートが魅力
  • 入職後のアフターフォロー完備!転職後のトラブルにも対応してくれる

PTOTSTワーカー』は、豊富な求人数とサポート力が魅力の大手転職サイトです

1万件以上の公開求人に加え、登録者限定の非公開求人も多数保有しており、転職の選択肢を増やすなら登録すべきサービスといえます。

求人の種類も豊富で、総合病院・リハビリ病院はもちろんのこと、クリニック・介護施設・訪問リハビリなど、さまざまな求人は見ているだけで胸が高鳴るでしょう。

なんといっても、『PTOTSTワーカー』には抜群のサポート力を誇るキャリアドバイザーが多数在籍しており、理学療法士の転職をフルサポートしてくれると話題です。

求人紹介、選考書類の添削、面接対策だけでなく、理学療法士が満足できるような年収・待遇などの条件交渉も行ってくれます。

転職後のアフターフォローも万全で、契約後に「条件書」を作成することで、転職にありがちな「面接の時と話しが違う」「実はブラックな職場だった」といったトラブル防止にも努めています。

転職が初めての方や、自分にピッタリの職場をお探しの方は、『PTOTSTワーカー』を利用し転職成功にグッと近付きましょう。

運営会社株式会社トライト
対象地域全国
公式ページhttps://www.ptotst-worker.com/

2位. PTOT人材バンク

PTOT人材バンク

PTOT人材バンク』は医療・介護・セラピスト向けの転職支援で名高い「エス・エム・エス」が運営するリハビリ専門職のための転職サービスです。

『PTOT人材バンク』のおすすめポイント3選

  • 10年以上リハビリ職の転職を支援!年間1.1万人以上の方が利用する実力派転職サイト
  • 豊富な求人で都市圏・地方の転職をカバー!求人情報がない地域では、求職者に代わりアドバイザーが事業所に聞き込み・交渉を行ってくれる
  • Web上の職場見学やバラエティーに富んだ求人特集など、心躍るコンテンツも満載

PTOT人材バンク』は、確かな実績と理学療法士に寄り添った支援が評判の大手転職サイトです

10年以上理学療法士の転職を支えてきた実績は確かであり、年間利用者は1.1万人以上と驚異の数字を誇ります。

医療機関や事業所とは深い関係を築いており、求職票だけではわからない職場の雰囲気や人間関係などについてもしっかり把握していることも魅力です。

利用者からは「本当に知りたかった情報を教えてもらえた」と高評価を得ています。

なにより、利用者に寄り添ったサービスの数々は、他社とは一線を画しているといえるでしょう。

たとえば、「希望の求人がない」「働きたい職場があるけど今は募集していない」と悩む理学療法士に対し、未募集・募集終了の事業所に交渉して希望にピッタリの求人を提案してくれます。

さらに、Web上での職場見学会やバラエティーに富んだ求人特集を公開しているなど、魅力的なサービスが満載です。

もちろん、登録しても転職を強要されることは一切ないので、情報収集目的で利用しても問題ありません。

実績のある転職サイトをお探しの方、手厚いサポートをご希望の方は、『PTOT人材バンク』を利用し、理想の転職を叶えましょう。

運営会社株式会社エス・エム・エス
対象地域全国
公式ページhttps://www.ptotjinzaibank.com

3位. マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル』は、人材業界大手「マイナビ」が運営する医療系専門職種向けの転職サービスです。

『マイナビコメディカル』のおすすめポイント3選

  • 人材業界大手ならではの転職ノウハウには定評あり
  • 医療機関や事業所からの信頼は厚く、優良求人も多い
  • 丁寧なヒアリングで利用者の強みを引き出し、転職成功へ導いてくれる

マイナビコメディカル』は、業界大手ならではの転職ノウハウと丁寧なヒアリングに定評がある大手転職サイトです

全国的に知名度の高い人材紹介会社が運営しているため、医療機関や事業所からの信頼が厚く、優良求人を豊富に取り揃えています。

人材業界の最前線で培った転職ノウハウは、理学療法士の転職にも役立つ内容ばかりです。

たとえば、理学療法士の転職市場を踏まえた転職活動の進め方、転職先に合わせた志望動機の伝え方、採用担当者の目に留まる履歴書・職務経歴書の書き方など、多くの転職ノウハウであなたを転職成功へと導いてくれます。

また、『マイナビコメディカル』の丁寧なヒアリングには定評があり、利用者ひとり一人の強みをじっくり引き出し、ベストな選択ができるようサポートしてくれます。

充実の転職ノウハウが知りたい方、まずは話しを聞いてほしい方は、『マイナビコメディカル』を利用し、転職の成功を掴みとりましょう。

運営会社株式会社マイナビ
対象地域関東全域、京都、大阪、兵庫、
岐阜、静岡、愛知
公式ページhttps://co-medical.mynavi.jp

4位.PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ

PTOTキャリアナビ』は、2020年に開始したリハビリ専門職に特化した転職サービスです。

『PTOTキャリアナビ』のおすすめポイント3選

  • 関東・関西を中心にサービスを提供するリハビリ専門職のための転職サイト
  • 会員限定で新着求人・レア求人をお知らせ!ここにしかない独占求人も魅力
  • 担当者とのやり取りがLINEでできる!気軽に相談しやすい

PTOTキャリアナビ』は、非公開の独占求人と気軽に連絡できるシステムが自慢の転職サイトです

2020年にサービス開始後、関東・関西を中心にエリア拡大を続けているベンチャー企業発祥の転職サイトで、既存の形にとらわれないスタイルで注目を集めています。

すべての求人を非公開にすることで、好条件のレア求人が本当に必要な利用者に届くように配慮していることが特徴です。

PTOTキャリアナビでしか見られない独占求人を求めて登録する人も多くいます。

また、担当者との連絡がLINEでできるため、転職の悩みや求人の問い合わせなどを気軽にできることも、魅力といえるでしょう。

関東・関西で求人をお探しの方、独占求人が気になる方は、『PTOTキャリアナビ』を利用してみてはいかがでしょうか。

運営会社株式会社ヒトイキ
対象地域一都三県・関西エリア
公式ページhttps://ptot-careernavi.com/

5位. メドフィット

メドフィット

メドフィット』は、医療・介護業界向けに人材紹介事業を展開する「ゲンテンリンクス」が運営する転職サービスです。

『メドフィット』のおすすめポイント3選

  • 保有求人が豊富!非公開求人も大量にあるため、自分に合った転職先が見つかる
  • 利用者が転職後に活躍できるように、丁寧なヒアリングで転職の軸づくりをサポート
  • 医療・介護業界の転職に精通したコンサルタントが、あなたの転職活動を全力で支援してくれる

メドフィットは、豊富な求人と丁寧な転職支援が魅力の転職サイトです

理学療法士向けの求人を多数保有しており、インターネット上では見られない好条件の求人も豊富に取り扱っているため、利用者からは「選択の幅が広がる」と話題です。

登録後すぐに転職活動を促されることはなく、まずは丁寧なヒアリングを行い、利用者の転職の軸づくりをサポートしてくれます

メドフィット』で転職活動を行う理学療法士は、転職の失敗や後悔をあまり感じることなく、転職を進められるでしょう。

豊富な求人を見比べたい方や、転職の軸が定まっていない方は、まずは『メドフィット』の無料会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

運営会社株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
対象地域全国
公式ページhttps://medfit-gl.jp

6位. ハクビ介護

ハクビ介護』は、介護分野の教育事業で有名な「田中学園」が運営する転職サービスです。

『ハクビ介護』のおすすめポイント3選

  • 介護教育部分野の実績により、事業所との信頼関係が厚い
  • 卒業生とのつながりが深く、現場のリアルな声を利用者に届けてくれる
  • 介護・福祉業界に特化した転職支援で、未経験でも転職先が見つかりやすい

ハクビ介護』は、介護・福祉業界に特化した転職支援に定評がある転職サイトです。

介護業界で活躍する人材育成に力を入れている運営会社が、介護教育事業で培ったネットワークを活かして利用者の転職をサポートしてくれます。

事業所で働くスタッフや卒業生とは深いつながりがあるため、人間関係や職場の雰囲気など、現場でしか知りえない内情を把握しています。

ハクビ介護』を利用し転職した方は、転職後にギャップを感じにくいと評判です。

介護・福祉業界未経験の方でも充実したサポートが受けられるため、安心して転職活動を勧められます。

介護・福祉業界への転職をお考えの方、現場の内情を把握してから転職したい方は、まず『ハクビ介護』の無料会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

運営会社株式会社 田中学園
対象地域全国
公式ページhttps://hakubiwork.com/

7位. クリックジョブ介護

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護は、「ライフワンズ」が運営する国内最大級の介護系転職サービスです。

『クリックジョブ介護』のおすすめポイント3選

  • 国内最大級の介護系転職サイト!介護施設の求人が豊富と評判
  • 検索条件設定が細やかで、施設形態・雇用形態・働きやすさなど多方面から絞り込み検索が可能
  • LINE公式アカウントもあるため、まずは情報収集目的で登録もあり

クリックジョブ介護』は、豊富な介護施設求人が魅力の転職サイトです

介護業界に携わる多くの専門職種から支持されており、理学療法士ももちろん例外ではありません。

利用者満足度はNo.1日本トレンドリサーチ調べ)で、公開求人だけでなく、好条件の非公開求人を多数保有していることも人気の秘密でしょう。

即日入職希望者から情報収集目的の方まで、幅広いニーズに対応しており、介護業界に興味のある理学療法士さんの心強い見方になってくれることは間違いありません。

介護業界への転職をお考えの方、介護業界に興味のある方は、まずはクリックジョブ介護の無料会員登録から始めてみてはいかがでしょうか。

運営会社株式会社ライフワンズ
対象地域全国
公式ページhttps://kaigo.clickjob.jp

2. 【志望先別】理学療法士(PT)転職サイトおすすめランキング

この章では、志望先別にみた理学療法士におすすめの転職サイトを、ランキング形式で厳選してご紹介します。

2-1. 病院へ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

病院へ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト病院の公開求人数利用者満足度
PYOTSTワーカー
1位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約3,600件

満足度
4.1

キャリアアップとスキルアップが叶う病院求人が豊富!
給与・福利厚生など詳細情報も確認できる
マイナビコメディカル
2位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約2,100件

満足度
4.0

求人ごとに記載されたアドバイザーのコメントは秀逸!
各病院の魅力や仕事内容が一目でわかる
PTOT人材バンク3位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1,400件

満足度
3.9

利用者が1番知りたい、求人票に掲載されない情報満載!
「職場の雰囲気」「スタッフ構成」「休みの取りやすさ」などは登録者限定で見ることが可能

※求人数:2022年7月28日時点

理学療法士向けの病院求人は、さまざまな疾患の患者さんを担当することでスキルアップやキャリアアップが叶うため、競争率は高い傾向にあります。

そのため、あなたの強みを発見し、効果的にアピールしてくれる転職サイトを利用することが重要になります。

求人数が多い転職サイトを選ぶと、病院への転職実績が豊富で頼りになるアドバイザーと出会いやすくなるでしょう。

こうした観点を踏まえて、病院に転職したい理学療法士に最もおすすめしたいのが、総合ランキングでも1位に輝いた『PTOTSTワーカーです。

病院求人数は群を抜いて多く、病院への転職を目指すなら登録しておくべき転職サイトといえるでしょう。

給与や福利厚生など気になる情報もしっかり掲載されているのは大きなポイントで、自分に合った求人を見つけやすくなっています。

さらに選択肢を増やしたい方は、アドバイザーのコメントが秀逸な『マイナビコメディカル』、職場の内部情報まで確認できる『PTOT人材バンク』に登録するよいでしょう。

2-2. クリニックへ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

クリニックへ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイトクリニックの
公開求人数
利用者満足度
PYOTSTワーカー
1位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約3,100件

満足度
4.1

圧倒的な求人数が最大の魅力!
自分に合ったクリニックを見つけるなら登録必須
PTOT人材バンク2位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1,500件

満足度
3.9

豊富な求人数はもとより、転職支援の実績でランクイン!
交渉力の強いアドバイザーが未募集のクリニックにもアプローチしてくれる
マイナビコメディカル
3位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1,500件

満足度
4.0

クリニック転職を絶対成功させたい人向け!
長年培った転職ノウハウで、理想の転職を叶える

※求人数:2022年7月28日時点

理学療法士向けのクリニック求人は、ワークライフバランスの取りやすさが魅力的です。

正社員以外にパート雇用の求人も多く多様な働き方ができる分、転職したい理学療法士も多いため、戦略的に転職活動を進めていくことが大切です。

転職サイト選びでは、求人数の多さだけでなく、転職支援実績やアドバイザーの交渉力なども加味して選びましょう

こうした観点を踏まえて、クリニックに転職したい理学療法士に最もおすすめなのが『PTOTSTワーカーです。

豊富な求人数は他社の追随を許さず、実績豊富なアドバイザーも数多く在籍しています。

選択肢を広げるためにも、登録必須の転職サイトといえるでしょう。

さらにチャンスを増やしたい方は、抜群の交渉力に定評のある『PTOT人材バンク』、独自の転職ノウハウで転職成功を勝ち取れると話題の『マイナビコメディカル』に登録すると、より盤石といえるでしょう。

2-3. 介護施設へ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

介護施設へ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト介護施設の公開求人数利用者満足度
PTOT人材バンク1位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1,1万件

満足度
3.9

介護施設求人の公開求人数No.1!
介護業界への転職を考えるなら登録マスト
PYOTSTワーカー
2位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約7,700件

満足度
4.1

サポート力が自慢の大手転職サイト!
介護業界未経験の方も安心して転職できると評判
マイナビコメディカル
3位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約6,800件

満足度
4.0

利用者向けのヒアリングに定評あり!
初めて介護業界に挑戦する方が、心から納得できる転職を目指す

※求人数:2022年7月28日時点

理学療法士向けの介護施設求人は、医療機関以外でのリハビリ職の需要増加とともに近年高まっています。

医療を離れ、生活の場を提供する介護分野において、その人がその人らしく過ごせる支援は欠かせないものであり、各地で理学療法士を求める声が相次いでいます。

しかし、なかには慢性的な人手不足により、過酷な現場で働く介護職員も少なくなく、ギスギスした雰囲気の職場に疲弊してしまう理学療法士は後を絶ちません。

転職サイト選びでは、こうした介護施設の内情を詳しく把握し、リアルな現状を利用者に伝えてくれる誠実な転職サイトを選ぶことが鍵となります

こうした観点を踏まえて、介護施設に転職したい理学療法士に最もおすすめなのが『PTOT人材バンク』です。

介護施設の求人数が豊富なことはもちろん、利用者に寄り添ったサービスが魅力の同サイトは、理学療法士にとって心強い存在となるでしょう。

さらに対策を講じたい方は、サポート力に定評のある『PTOTSTワーカー』、丁寧なヒアリングで利用者が納得できる転職を目指す『マイナビコメディカル』に登録すると、安心できるでしょう。

2-4. 一般企業・他職種へ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

一般企業・他職種へ転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト一般企業・多職種
の公開求人数
利用者満足度
PTOT人材バンク1位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約100件

満足度
3.9

治験コーディネーター、ヘルスケア関連事業のセミナー運営・営業など多様な求人が揃っていると話題
マイナビコメディカル
2位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約30件

満足度
4.0

マイナビグループのネットワークを考えると登録しておきたいサービス
PYOTSTワーカー
3位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
数件程度

満足度
4.1

公開求人数はわずかだが、非公開求人が豊富であるため、レア求人に出会える可能性大

※求人数:2022年7月28日時点

少数派ではありますが、実際に理学療法士から一般企業・他職種への転職を成功させている方はいます。

たとえば、福祉用具メーカーへの転職、リハビリ関連事業の立ち上げ、アスリート向けイベント運営など、多種多様な現場で活躍されている実例があります。

ただし、こうした方々の活躍が表舞台で語られることは少なく、情報を得るためには転職のプロである転職サイトの活用が望ましいでしょう

公開求人数を見てわかるように、理学療法士向けの一般企業・他職種求人はごく少数です。しかし、非公開求人の量・質によっては、理想の求人に出会える可能性はゼロではありません。

そのため、上記3つのサイトを併用することが、最もおすすめの活用方法といえるでしょう

もし、理学療法士や医療、介護とはまったく異なる道を進みたい場合は、総合系の転職サイトを利用することがおすすめです。

3. 【地域別】理学療法士(PT)転職サイトおすすめランキング

この章では、地域別にみた理学療法士におすすめの転職サイトを、ランキング形式で厳選してご紹介します。

3-1. 東京で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

東京で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト東京の公開求人数利用者満足度
マイナビコメディカル
1位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約2,500件

満足度
4.0

豊富な求人数でNo.1獲得!
人材業界大手ならではの転職ノウハウで転職成功を目指す
PYOTSTワーカー
2位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約2,200件

満足度
4.1

2,000件以上の求人数で選択の幅が広がる!
抜群のサポート力も魅力的
PTOT人材バンク3位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1,900件

満足度
3.9

公開求人以外にも、好条件の非公開求人が豊富!
利用者に寄り添ったサービスで人気を博している

※求人数:2022年7月28日時点

東京の理学療法士さんに最もおすすめの転職サイトは、豊富な求人数と転職ノウハウが魅力の『マイナビコメディカル』でした

ただ、転職成功をより確実にするのであれば、抜群のサポート力に定評のある『PTOTSTワーカー』、利用者に寄り添ったサービスが評判の『PTOT人材バンク』との併用をおすすめします。

3-2. 愛知で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

愛知で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト愛知の公開求人数利用者満足度
マイナビコメディカル
1位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1,600件

満足度
4.0

求人数が多く、選択肢を増やすなら登録必須!
人材業界大手の転職ノウハウで理想の転職を叶える
PYOTSTワーカー
2位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1,400件

満足度
4.1

抜群のサポート力が自慢の転職サービス!
多様な求人は見ているだけで期待が膨らむと話題
PTOT人材バンク3位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1,200件

満足度
3.9

公開求人以外にも、好条件の非公開求人が豊富!
バラエティーに富んだコンテンツで転職活動に楽しみにプラスできる

※求人数:2022年7月28日時点

愛知の理学療法士さんに最もおすすめの転職サイトは、求人数が多く、転職ノウハウに優れた『マイナビコメディカル』でした

ただ、転職成功率をアップさせたい場合は、多様な求人が評判の『PTOTSTワーカー』、さまざまなコンテンツが魅力的な『PTOT人材バンク』との併用をおすすめします。

3-3. 大阪で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

大阪で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト大阪の公開求人数利用者満足度
PYOTSTワーカー
1位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約2,200件

満足度
4.1

多数の求人数で他社を圧倒!
手厚いサポートも期待できると高評価
マイナビコメディカル
2位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1,400件

満足度
4.0

豊富な転職実績に信頼を寄せる声が続々!
転職ノウハウを求めるなら外せない転職サイト
PTOT人材バンク3位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1,300件

満足度
3.9

自慢の交渉力で大阪の理学療法士さんをサポート!
未募集・募集終了案件を狙うなら登録推奨

※求人数:2022年7月28日時点

大阪の理学療法士さんに最もおすすめの転職サイトは、豊富な求人数と手厚いサポートが好評の『PTOTSTワーカー』でした

ただ、転職成功をより確実にするのであれば、転職ノウハウが自慢の『マイナビコメディカル』、交渉力の高さに定評のある『PTOT人材バンク』との同時併用をおすすめします。

3-4. 札幌で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキング

札幌で転職したい理学療法士におすすめの転職サイトランキングは、以下の通りです。

転職サイト札幌の公開求人数利用者満足度
PYOTSTワーカー
1位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約400件

満足度
4.1

札幌市で転職するならまずはここ!
手厚いサポート力で転職成功にグッと近付ける
マイナビコメディカル
2位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約300件

満足度
4.0

全国的に知名度の高い「マイナビ」が運営!
豊富な転職ノウハウで理想の転職を叶える
PTOT人材バンク3位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約200件

満足度
3.9

多彩なコンテンツが魅力の転職サイト!
情報収集目的から即転職希望まで幅広いニーズに対応

※求人数:2022年7月28日時点

札幌の理学療法士さんに最もおすすめの転職サイトは、求人数が多く、サポート体制に定評のある『PTOTSTワーカー』でした

ただ、札幌市の公開求人は他の主要都市に比べて少ない傾向にあります。

転職成功をより確実にするのであれば、豊富な転職ノウハウを誇る『マイナビコメディカル』、多彩なコンテンツで幅広いニーズに対応できる『PTOT人材バンク』の、併用をおすすめします。

4.そもそも理学療法士が転職サイトを使うべき5つの理由

転職をお考えの理学療法士さんには、理学療法士向け転職サイトの利用をおすすめします

なぜなら、転職活動をスムーズに進めることができ、転職で迷いがちな将来のキャリアや転職の軸などに対して、プロの視点からアドバイスをもらえるからです。

つまり、転職サイトは、転職を成功させるための正攻法とも言うべき求職者のためのサービスなのです。

とはいえ、「理学療法士向け転職サイトって本当に使ったほうがいいの?」「どんなメリットがあるの?」と気にされている方もいますよね。

そこでこの章では、理学療法士が転職サイトを利用すべき5つの理由をご紹介します。

順を追って見ていきましょう。

理由1:インターネットには出ていない好待遇の非公開求人を紹介してもらえるから

スマホで求人を探しても、希望通りの職場が見つからないと困ってしまいますよね。

理学療法士向け転職サイトは、インターネット上で確認できる公開求人だけでなく、好条件の非公開求人を多数保有しており、希望の条件に合う職場が見つけやすくなっています。

自分では見つけられなかった高収入の職場や、プライベートとの両立が叶う職場なども多数存在しているため、好待遇の求人をお探しの方は、転職サイトを利用したほうが効率よく転職活動を進められるでしょう。


非公開求人とは、インターネット上で一般公開していない求人のことです。
医療機関や事業所の採用担当者の要望で非公開にしている求人が多く、主に以下のような背景があります。

  • 条件が良く人気になりやすい職場なので、応募が殺到するのを防ぎたい
  • 高年収や管理職ポストを約束した求人なので、現在その職場で働く理学療法士のモチベーション低下を避けたい
  • 採用人数が少なく、すぐに求人が埋まってしまうのであえて公開しない
  • 急な人手不足により、なるべく早く看護師の採用を決めたい

非公開にすることで、採用側は採用にかかる時間や労力を軽減することができます。
そのため、優良求人を出している医療機関・事業所ほど、求人を非公開にする傾向が強いように感じます。

転職サイトに登録しなくても公開求人を見ることはできますが、それは求人の一部にしか過ぎません。

転職サイトに登録することで、良い条件の求人を見つけやすくなるだけでなく、選択の幅を広げることができるでしょう

「今よりも給料の高い職場に転職したい」「待遇が手厚い職場を探している」という方は、転職サイトを利用し、効率よく転職活動を進めましょう

理由2:転職のプロに相談することで、ブレない転職の軸作りができるから

転職したいと思っても、何を重視して転職先を選ぶべきか迷いますよね。

給料が低い」「人間関係が悪い」など転職する理由がハッキリしている場合でも、様々な求人を見ている内に迷ってしまい、転職の軸がブレてしまうことはどうしてもあるものです。

こうした迷いを断ち切るためには、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談し、客観的なアドバイスをもらうことが重要です

転職サイトでは、登録した利用者全員に対面または電話でキャリアカウンセリング(キャリアヒアリング)を行っています。

その中で、自分では気付けない悩みや強みなどをプロ目線で客観的に引き出してくれるので、自分を見つめ直すことに繋がり、ブレることのない転職の軸作りができるでしょう

キャリアカウンセリング(キャリアヒアリング)とは?
キャリアカウンセリング(キャリアヒアリング)とは、転職サイトに登録した時に行う面談のことです。
転職のプロであるキャリアアドバイザーが担当になり、登録した理学療法士さんの経験やスキル、転職先の希望条件などを丁寧に聞いてくれます。それだけでなく、キャリアの悩みやワークライフバランスのとり方など、働き方に関する悩み相談にも乗ってもらえるでしょう
転職を考えた経緯や今の悩みを言葉にすることで、自分の考えを整理でき、履歴書の作成や面接対策にも繋がると評判です。

 

理由3:面倒な手続き・調整を代理で行ってくれるから

転職しようと思っても、求人応募や選考対策・入職に関わる手続き、退職までの業務調整などが面倒に感じてしまいますよね。

転職サイトでは、転職や退職に関する様々な手続きを代行してくれるため、現職の仕事や家庭と両立しながら転職活動を進めることが可能です

転職サイトが行ってくれる手続き・調整の一例
  • あなたにぴったりの求人紹介
  • 職場見学の調整
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 履歴書の添削や指導
  • 職務経歴書の添削や指導
  • 面接練習
  • 内定後の給与・待遇交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入職関連手続き
  • 退職する職場への伝え方やスケジュールの相談

転職サイトによっては、転職後もアフターフォロー体制を完備し、転職後の悩み相談まで行っているサイトもあります。

働きながら転職活動するのは大変」「面倒な手続きを代わりにしてほしい」とお考えの方は、転職サイトに登録することで、負担なく転職活動を進められるようになるでしょう。

理由4:求人票だけではわからない職場の内情を教えてもらえるから

求人票では給料や待遇などの確認はできても、気になる人間関係や労働環境がわからず、モヤモヤしてしまいますよね。

転職サイトには、過去の転職支援実績から得た情報や直接取材によって得た知見などのデータが豊富にあり、転職前に気になる職場の内情を知ることができます

たとえば、人間関係、職場内の雰囲気、働いているスタッフの様子、患者さんの様子、理学療法士以外のコメディカルとの連携などです。

求人票だけでは細かく読み取ることができない情報を教えてもらえるので、転職してから「想像と違った…」といったギャップを減らすことができます

とくに、昨今は感染症の影響で職場見学を中止する職場も多いので、自力では確かめられない職場の雰囲気や人間関係などの情報を教えてもらえるのは、心強いですよね。

また、「面接でどんな質問がされやすいのか」「採用担当者はどんなところをチェックしているのか」など、過去の求職者が実際に面接を受けた時の情報も蓄積しているので、選考を有利に進めやすいというメリットもあります。

人間関係や雰囲気のいい職場に転職したい」「職場の内情を知ったうえで転職したいとお考えの方は、内情をよく知る転職サイトにサポートしてもらいながら、転職活動を進めるとよいでしょう。

理由5:理学療法士の転職市場を踏まえたアドバイスがもらえるから

いざ転職しようと思っても、仕事やプライベートで忙しく、理学療法士の転職市場のリサーチまでは気が回らないこともありますよね。

理学療法士向け転職サイトでは、最新の理学療法士の転職市場や求人動向を正確に把握しており、市場を踏まえたアドバイスをもらうことができます

たとえば、新型コロナウイルス感染症の流行による求人数の変化、採用側のコスト意識の高まり、業界によって変化する理学療法士のニーズなどです。

理学療法士の転職を知り尽くしたプロだからこそキャッチできる情報を駆使し、効果的なアプローチ方法を教えてもらえます。

また、将来性に不安を感じている理学療法士には、キャリアビジョンの描き方や市場価値を高める方法などをレクチャーしてもらうことも可能です。

「転職を絶対成功させたい」「将来性を見据えて今できることが何か知りたい」とお考えの方は、転職サイトに登録し、最新データを踏まえたアドバイスをもらいましょう。

理学療法士はなくなる?気になる将来性に関する最新情報
厚生労働省によると、理学療法士の需給バランスは少しずつ崩れ始めており、2040年頃には供給数が需要数の約1.5倍になると推計されています(厚生労働省:理学療法士・作業療法士の需給推計を踏まえた 今後の方向性について,2019年4月5日.)。

さらに、医療・介護分野へのAI技術導入やリハビリロボットの開発推進のニュースを耳にする機会も多く、理学療法士の将来性を不安視している方もいるのではないでしょうか。

しかし、いま日本が直面している超高齢化社会という現実や、在宅医療ニーズの高まりを見る限り、将来的に理学療法士が飽和状態になるとは一概にはいえないでしょう。

先行き不透明な現状に不安に感じてしまうお気持ちはわかりますが、まずは理学療法士としてのスキルや経験を磨くことが大切です。

将来が不安な方は、周囲の先輩スタッフや転職サイトのキャリアアドバイザーに相談し、強みを伸ばしていくよう努めましょう。

5.理学療法士がより効果的に転職サイトを利用する5つのポイント

どれだけ評判の良い転職サイトを選んだとしても、サービスに対して受け身の姿勢でいては、転職の成功からは遠ざかってしまうでしょう。

そもそも、転職活動の目的はキャリアや働き方を見つめ直し、人生を豊かにすることにあります。

与えられた求人情報や目先の条件だけに注目するのではなく、本当に大切にしたい軸を定めることで、転職活動を満足のいく結果にすることができるのです。

そこでこの章では、理学療法士向け転職サイトをより効果的に利用するためのポイントを5つご紹介いたします。

転職サイトを効果的に利用するポイントを押さえ、本当に満足できる転職活動を目指しましょう。

5-1. 登録前に担当者との連絡方法を確認する

転職サイトに登録する前に、担当者(キャリアアドバイザー)との連絡方法を確認しておきましょう

仕事やプライベートなどと両立しながら転職活動を進めるためには、ご自身が連絡を取りやすい方法を採用しているかを確認しておくと、煩わしさを感じずに済みます。

主な連絡方法は、メール・電話・LINE・ビデオ通話などのツールが用いられます。

転職サイトの利用経験がある理学療法士さんからは、メールやLINEなどテキストでのやり取りを好む方が多くいました

「電話で話をするのが苦手」「休みの日に連絡してほしくない」という方は、メールやLINEでのやり取りが可能なサイトを選びましょう。

ただし、転職サイトによっては「最初の面談はなるべく対面で」と指定されるサイトもあれば、「とりあえずLINEで希望条件に合う求人情報を送ります」と事務的な対応をされるサイトもあります。

ご自身が受けたいサービスに合わせて連絡方法を選ぶようにすると良いでしょう

5-2.希望条件をしっかりと伝える

登録後は、担当者との面談(キャリアカウンセリング)で希望条件をしっかりと伝えましょう。

希望の働き方や条件を具体的に伝えるのはもちろん、転職に至った経緯や将来的なキャリアプランなどもしっかりと伝えることができれば、担当者もより具体的なサポートがしやすくなります

希望条件を伝える時は、担当者への伝え方を工夫することで、本当に知りたかった情報を教えてくれたり、キャリアの可能性を広げるような提案をしてくれます。

希望条件の伝え方・コツ

  • 転職に至った経緯をありのまま伝える
    転職を考えた理由を伝えることで、次の転職先を選ぶ指標がわかるため。体調不良や人間関係のトラブルなど、言いにくいと思うことも隠さず伝えることが大切である。おすすめの転職先やアドバイスをもらうことで、思ってもみない働き方が叶うかもしれない。
  • 転職に対する思いや将来的なキャリアプランを伝える
    転職の背景を伝えることで、担当者との認識をすり合わせられるため。

    「楽な職場に行きたい」「人間関係の良いところがいい」などの短期的な希望だけでなく、転職後の生活で大切にしたいことが何か、取得したいスキル・経験・資格はあるか、5年後~10年後にどういったキャリアを目指したいのかを伝えると良い。
  • 希望条件は細かく伝える
    なるべく細かく伝えることができれば、自分に合った転職先が見つかりやすいため。
希望条件おすすめの伝え方の例
子育てと両立できる働き方がしたい
  • 夜勤や残業がなく、日勤のみの仕事。
  • 土日祝日休みで、保育園のお迎え時間に間に合うように17時退勤が希望
スキルアップしたい
  • 〇〇分野の専門病院や〇〇科がある病院で、勉強会や研修などが盛んに行われているところがいい。
  • 資格取得に対して補助金や休暇制度のあるところがあれば優先的に紹介してほしい。
ワークライフバランスを重視して働きたい
  • 日勤のみで残業のない仕事。
  • ある程度の忙しさがあり、メリハリのある働き方ができるところ。
  • 職場内に公私混同しないような雰囲気があるといい。

なお、希望条件が多すぎると転職先の選択肢が減ってしまうこともあります。

希望する条件が2つ以上ある場合は、優先度をつけておくと良いでしょう

5-3.転職時期は最短で可能な日程を伝える

転職する時期は最短で可能な日程を伝えるようにしましょう

転職サイトでは、転職時期が早い人や転職意欲の高い人に優先して求人紹介をする傾向があり、直近で転職を考えている看護師ほど、積極的にサポートしてもらえるからです。

「転職時期はいつ頃をお考えですか?」といった質問をされた場合、特に決まった時期がなければ、「できるだけすぐに転職したい」と伝えておくことをおすすめします。

ただし、優先的に求人紹介をしてもらおうとあまり、非現実的な日程を伝えてしまうと、トラブルのもとになりかねません。

現職場との調整や引継ぎ、家庭の事情などですぐに転職が難しい方は、可能な範囲で最短の日程を伝えるようにしましょう

5-4.経歴やスキルは正確に伝える

担当アドバイザーに経歴やスキルを聞かれたら、正確に伝えるようにしましょう

ご自身にピッタリの求人を紹介してもらえるだけでなく、キャリアアドバイザー視点でアピールすべきスキルや強みを見出してもらえることもあるからです。

たとえば、経験年数が3年未満の理学療法士の場合、経験の浅さがネックになると考えがちですよね。しかし、病院によっては経験者特有のクセがなく、新しい知識を素直に吸収できると歓迎されることもあるのです。

ほかにも、欠点と思いがちな経歴やスキルが、転職先によっては優遇される条件になることもあります

以下は、その具体例になります。

一見不利と考えがちな経歴やスキルのアピール例

経歴やスキルアピール例
転職回数が多い色々な職場の経験があり、幅広い知識や経験をもとに即戦力として働くことができる
ブランクが長い子育てや介護がひと段落しており、仕事に集中して取り組む環境が整っている
医療機関よりも介護施設での経験が長い介護分野に精通しており、高齢者領域のリハビリの知識や経験が豊富である
専門的な技術に自信がない
患者さんと話すことは好き
コミュニケーション能力や傾聴力に自信がある

こうしたアピールの仕方は、担当のキャリアアドバイザーと相談しながら決めていくと良いでしょう。

また、一見ネガティブに思える経験だけでなく、理学療法士さんが自分自身では『いつもやっているから特筆すべきことではない』と思いがちなスキル・経験も、他の施設から見れば大きな強みに見られることもあります。

たとえば下記の例にあるような経験が挙げられます。

 

アピールすべき!看護師が見落としがちな経歴・スキルの一例

  • 高齢者のリハビリを担当したことがある
    これから多くなる高齢者患者への基本的な知識や理解があり、幅広い分野で需要がある。
  • 小児患者のリハビリを担当したことがある
    最近ニーズが高まっている発達支援や放課後等デイサービスなどで求められやすい。
  • 学生の指導や新人の教育担当の経験がある
    基本的なスキルに加え、指導力やマネジメント能力が評価される。管理職求人やリハビリ職専門学校の先生など、好待遇の求人に応募できることも。
  • 病院で勤務した経験がある
    イレギュラーが起きやすい病院勤務の経験で、対応力、状況判断力、タイムマネジメント能力など多くのスキルが身についていると判断される。とくに、4~5年以上の経験があれば、医療機関や施設系への転職は難なく可能。

アピールポイントを明確にし、適切な求人を紹介してもらうためにも、経歴やスキルは正確に伝えることが大切です。

5-5.紹介された職場の口コミをチェックする

転職後に後悔しないためにも、紹介された病院の口コミはご自身でチェックすることをおすすめします

転職サイトは職場のリアルな内情を把握しているので、良い面も悪い面も含めた情報を教えてくれます。

しかし、職場によっては経営方針の変更による労働環境の変化があったり、入・退職者が出たことで人間関係に影響があったりして、転職サイトが最新の情報を正しく把握していないケースもあるのです。

したがって、気になる職場があればご自身でも情報収集しておいたほうが賢明といえるでしょう

理学療法士におすすめの情報収集方法

  • 医療機関や事業所のホームページをチェックする
  • 可能であれば、転職サイト経由で職場見学を依頼する
    (職場によってはWeb見学会を行っているところもあるので、調べておくのがおすすめ)
  • 気になる職場に知人が友人がいれば、話しを聞いてみる
  • 実際に働いた経験のある理学療法士の口コミが集まる、口コミサイトを確認する

口コミサイトには、実際にそこで働いた理学療法士さんが投稿した口コミが掲載されており、現場の生の声を簡単に知ることができます。

おすすめの口コミサイト3社を以下に紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

  • リハボイス
    PT・OTのための口コミサイト。全国各地の職場情報を一気に確認できる
  • medico
    独自の病院ランキングを掲載し、理学療法士が働きやすい職場を提案してくれる

いずれの口コミサイトも、無料会員登録が必要だったり、投稿して閲覧ポイントを獲得する必要があったりしますが、リアルな現状を確認するにはもってこいの方法といえます。

転職後に後悔することのないよう、事前の情報収集は念入りに行いましょう

6.理学療法士が転職サイトを使う時の3つの注意点

既にお伝えした通り、理学療法士向け転職サイトを利用することで転職活動をスムーズかつ有利に進めることが可能になります

しかし、「転職サイトは自分に必要?」「まだ抵抗感がある」といったお気持ちの方もいるでしょう。

お察しのとおり、理学療法士向け転職サイトにはメリットだけではなく、デメリットも存在します。

利用する前にデメリットを確認しておかないと、「思ったのと違う」「こんなはずじゃなかったのに…」と感じてしまうこともあるでしょう。

そこでこの章では、理学療法士向け転職サイトを使う時の注意点を3つご紹介します。

登録してから後悔することのないよう、各注意点をしっかり押さえておきましょう。

6-1.担当アドバイザーとの相性が合わないこともある

担当のキャリアアドバイザーとの相性が合わないとストレスを感じてしまうことがあります

たとえば、転職を迷っている段階で強引に転職を勧めてきたり、都合を考えずに頻繁に連絡をしてきたりするキャリアアドバイザーもいるのです。

こうした対応に不満を感じた経験のある理学療法士さんは少なくありません。

残念ながら、キャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があり、提案力や対応力にも違いが出てしまう現状があるようです

せっかく口コミを確認して転職サイトを選んだとしても、担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪いせいで、転職サイトのサービスを活用できないのはもったいないですよね。

もし、担当のキャリアアドバイザーに不満を感じることがあれば、遠慮せず担当変更を申し出ましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。

現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、私が転職を考えている保健師の業務により詳しいコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

本来、キャリアアドバイザーは転職活動をサポートしてくれる心強い存在であり、ストレスを感じるような関係であってはいけないのです

担当変更したとしても、その後のサポートが手薄になることはありません。

相性が合わないと感じたら遠慮せずに担当を変えてもらうようにしましょう。

6-2.応募者が多い場合、不利になることもある

あえてお伝えしておきたいのが、応募者が多い職場では、転職サイトの利用が不利になるケースもあるということです

その理由は、採用担当者が転職サイト経由で採用を行う場合、転職サイトに紹介料を支払う必要があるからです。

転職サイト経由で紹介された人材を採用する場合、施設側は採用した理学療法士の年収の20%程度の紹介料を支払わなくてはならないので、採用者側にとっては大きな出費になってしまいます

もちろん、転職サイトに求人情報を掲載している施設のなかには「多少費用が掛かっても優秀な人を採用したい」「転職サイトのお墨付きなら、安心して採用できる」と考える施設も多くあります。

それでも、採用コストとの兼ね合いから、同年代で経験・スキルが同程度の理学療法士さん複数名が応募してきた場合、事業所の公式ホームページから直接応募した理学療法士さんほうが採用されやすい可能性があるのは否定できません

ご自身が働きたい医療機関・事業所が決まっている場合は、転職サイトを使わないということも選択肢に入れておいたほうが良いでしょう。

6-3.理学療法士向け転職サイトを使わないほうが良いケースもある

先にご紹介したように、転職サイトの担当者との相性が悪かったり、応募者が多い場合採用に不利になったりすることもあります。

下記に該当する方は転職サイトを使わずに転職活動をしたほうが良いでしょう。

  • 自分のペースで転職活動を進めたい人
  • 担当者からの連絡がわずらわしく感じてしまう人
  • 働きたい職場が決まっており、直接応募できる人
  • 履歴書や面接などの選考対策への不安がなく、サポートが不要な人

理学療法士向け転職サイトを利用しない場合は、ハローワークや直接応募、看護師に特化した求人広告サイトなどの方法で転職活動を進めてみましょう

ただし、どの方法にもメリット・デメリットがあるため、自分にはどの転職方法が合うのかをしっかり吟味したうえで選ぶことをおすすめします。

7.【FAQ】理学療法士(PT)の転職でよくある質問9選

この章で、理学療法士さんの転職でよくある質問にまとめてお答えしていきます。

Q1. どれくらいの理学療法士が転職サイトを使っているのですか?

厚生労働省の調査によると、転職サイトを活用して転職した理学療法士さんは、そこまで多くないことがわかっています◆医療機関・介護系施設に聞いたリハビリ専門職の採用経路別採用人数
←スマホの方は左右にスクロールできます→

分野採用人数計採用人数計に占める採用経路別の採用者割合(単位:%)
転職サイトハローワークナースセンターインターネットやSNSの
求人情報サイト掲載
求人情報誌掲載新聞広告掲載学校等
(大学、
看護学校、専門学校等)
直接応募縁故その他
医療分野1,826人13.49.30.02.80.10.151.518.93.00.9
介護分野100人34.022.01.05.00.01.017.06.013.01.0

【出典】厚生労働省:医療・介護分野における職業紹介事業 に関するアンケート調査 集計結果(概要),2019年12月をもとに、CareerTheory編集部が作成

つまり、いま転職サイトを使うと、転職サイトだけが保有している好条件の非公開求人や独占求人の情報を誰よりも早く手に入れられる可能性があるのです。

初めて使う方や抵抗感のある方もいるかもしれませんが、基本的に無料で使えるサービスしかないため、まずは情報収集目的で気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

Q2. 理学療法士の就職先(転職先)にはどんな職場がありますか?

理学療法士の専門性はさまざまな職場で求められており、多様な就職先(転職先)で働く理学療法士がいます。

◆理学療法士が活躍する就職先(転職先)の一例
  • 病院(大学病院、中小規模の病院、リハビリ専門病院、ケアミックス病院など)
  • クリニック(外来・病棟)
  • 高齢者向け介護施設(特養、老健、デイケア、デイサービス、サ高住、小規模型多機能、ショートステイなど)
  • 小児向け療育・福祉施設(小児施設、障がい者施設、発達支援、放課後等デイサービスなど)
  • 訪問リハビリテーション
  • パーソナルトレーナー
  • ストレッチサロン
  • 整体院
  • 医療機器メーカー
  • 福祉用具貸与事業者

理学療法士資格を活かした働き方、理学療法士とは全く異なる新しい働き方など、さまざまな職場で働く人が多くいます。

Q3. 理学療法士の転職で有利になる資格はありますか?

理学療法士の専門性の高さを裏付けるような資格の場合、転職で有利になることがあります。たとえば、以下にある資格が該当します。

◆理学療法士の転職で有利になる資格の例

  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 認知症ケア専門士
  • スポーツ理学療法認定理学療法士
  • 脳卒中認定理学療法士
  • 基礎理学療法専門理学療法士
  • 小児理学療法専門理学療法士
  • スポーツ理学療法専門理学療法士

理学療法士の専門性を示す認定・専門資格は上記以外にもたくさんあります

ご自身の興味ある分野で資格取得を目指す方は、一度資格取得条件について調べてみると良いでしょう。

Q4. 理学療法士の転職時期はいつが一番おすすめですか?

転職時期に迷っている場合は、ボーナス後である1月もしくは7月をおすすめしますあなたがボーナスをもらって転職できるだけでなく、多くの方が同じ考えで退職するため、1月・7月入職を歓迎する職場が多いです。

ただし、人間関係などが原因で、すぐに転職をしないと心と体が持たないという方もいるかと思います。

そういった方は無理せず、すぐにでも転職先を探し、いい求人があればボーナスに関係なく応募していきましょう

Q5. 理学療法士から別の職種へ転職するのはありですか?

理学療法士から他職種に転職する方は少なくありませんが、理学療法士としての経験やスキルをある程度積んでから転職することをおすすめします。その理由は、どんな職業であっても人間関係や労働環境、給料などの悩みはつきものであるためです。

勢いのまま辞めてしまうと、理想のキャリアプランを叶えるうえで、必要以上に遠回りすることになるかもしれません。

現職が辛く、心身の体調不良を感じている場合はなるべく早く辞めるべきでしょう。

しかし、それ以外の場合は、自分以外の第三者にまず意見を聞いてから、冷静に判断するべきと言えます。

転職しようかどうか迷っている段階でも、転職サイトに登録しキャリアアドバイザーに相談することは可能です。

1人で悩みを抱え込むのではなく、まずは気軽な気持ちで相談してみてはいかがでしょうか

Q6. ブラックな転職サイトはないですか?

いわゆる悪質な理学療法士の転職サイトもあるので、注意が必要です

下記のような対応をしてくる転職サイトもなくはありません。

  • 転職のための営業がしつこい(電話が多い、強引に面接をセッティングする)
  • 求人がブラックなものばかり
  • 対応がとにかく遅い(すぐに返せる内容に1週間かかる)

本記事で紹介した転職サイトでは、上記のような悪い口コミはほとんどないため安心してご利用いただけます。

しかし、もし悪質な対応を受けた場合はすぐに利用をやめ、別の転職サイトを使いましょう。

Q7. 退職の切り出しがうまくできるか心配です。

転職サイト経由で転職をしていた場合、退職の切り出しから交渉まであなたにあったアドバイスをくれるので安心です利用しない方は下記のポイントを守れば失敗しにくいでしょう。

  • 転職を決める時まで周囲には一切言わない
  • 最初は師長などあなたの上司にあたる人に2人切りにあったタイミングで伝える
  • 引き留めにあっても絶対に意思を曲げないこと

特に3つ目のポイントが大切で、人によっては引き留められて心変わりしてしまうケースもあります

でも1回辞めたいと言った方はそのあと腫れ物扱いされたり、今後本当に転職したいときにいいにくくなります。

絶対に転職すると決めた時以外、退職を口にしてはいけません

もし、退職の切り出しや交渉が心配ならば、「退職の切り出し方で失敗しないための全ポイント」を参考にしてください。

Q8. 30代、40代でも理学療法士に転職できますか?

30代、40代でも理学療法士に転職することは可能ですが、残念ながら希望通りの転職先が見つかるとは言いにくいです。なぜなら、理学療法士の転職市場では若手の20代〜30代前半のニーズが高く、年齢を重ねていくほど求人数が減りやすい傾向があるからです。

とくに、未経験から理学療法士を目指す場合、転職活動にある程度の期間がかかると覚悟しておくべきです。

自分の希望に合った求人を見つけたい方は、この記事内でご紹介した転職サイトを活用し、戦略的に転職活動を進めましょう。

Q9. 1年目の理学療法士でも転職することができますか?

1年目でも転職することはできますが、経験年数の浅さや早期退職といった経歴から、転職先の選択肢が狭まってしまうリスクがあります。そのため、心身の体調不良を感じている場合以外は、自分以外の第三者に意見を聞いてから、冷静に退職・転職の判断をすべきでしょう。

8. まとめ

この記事では、理学療法士におすすめの転職サイトをランキング形式でご紹介すると共に、理学療法士が転職サイトを使うべき理由や効果的な利用方法などを解説いたしました。

理学療法士は転職サイトを使うことで、より有利に、手間を減らして転職できます。

転職しようと思ったら、まずは無料の会員登録がおすすめです。

最後に、先にご紹介した理学療法士におすすめの転職サイトランキングを再掲いたします。

薬剤師転職サイトランキング
PYOTSTワーカー
1位.PTOTSTワーカー
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1.8万件

満足度
4.1

豊富な求人数と手厚いサポート力に定評あり!
理学療法士の転職では登録必須の転職サイト
PTOT人材バンク2位.PTOT人材バンク

公式サイトを見る詳細を見る

公開求人数
約1.5万件

満足度
3.9

10年以上のリハビリ専門職の転職支援実績!
交渉力の高いアドバイザーや多様なコンテンツが魅力
マイナビコメディカル
3位.マイナビコメディカル
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1.4万件

満足度
4.0

人材業界大手ならではの転職ノウハウが評判!
丁寧なヒアリングで利用者の強みを引き出してくれる
PTOTキャリアナビ
4位.PTOTキャリアナビ
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.0

2020年に開始したベンチャー企業発の転職サイト!
LINEを活用した気軽なやり取りが話題
MEDFit5位.メドフィット公式サイトを見る詳細を見る公開求人数
約1,300件

満足度
3.6

転職の軸づくりから始める転職サービス!
利用者の転職後の活躍を目指したサポートが高評価
ハクビ介護6位.ハクビ介護公式サイトを見る詳細を見る公開求人数
非公開

満足度
3.8

独自のネットワークで介護・福祉業界への転職を支援!
職場のリアルな内情を教えてもらえる
クリックジョブ介護
7位.クリックジョブ介護
公式サイトを見る詳細を見る
公開求人数
約1,700件

満足度
3.7

介護系求人の保有数は国内最大級!
充実したサポートで利用者満足度No1獲得(同社調べ)

※求人数:2022年7月28日時点

上記の中から、自分に合った転職サイトを使い、理想の転職を叶えましょう。

あなたにとって、輝かしい未来が訪れることを心から祈っております