日本電子に転職すべき?口コミでわかる特徴と転職成功のポイント集

日本電子のロゴ

「中途採用で、日本電子に転職しようかな…?」と考えていませんか?

いざ転職したいと情報を探してみても、企業HPにはいい面しか書いていない上に、口コミサイトを見ても情報量が膨大で整理できず、本当に転職すべきなのだろうかと思ってしまうことでしょう。

加えて、これらのサイトでは教えてくれませんが、日本電子への転職を成功するためのたった1つのコツも存在します。

このページでは、転職エージェントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、日本電子への転職についてご紹介します。

  1. まとめ|日本電子の特徴と転職のポイント
  2. 日本電子の企業情報
  3. 日本電子の採用情報
  4. 日本電子の求人情報
  5. 日本電子に関する口コミまとめ
  6. 日本電子への転職を成功に導くたった1つのコツ
  7. 日本電子転職で必ず登録すべき転職エージェント5選
  8. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

すべて読んでいただければ、あなたが日本電子へ転職すべきか判断できるとともに、日本電子への転職成功確率も劇的に上げることができるでしょう。

1. まとめ|日本電子の特徴と転職のポイント

次章以降で詳しく説明しますが、まず最初に「日本電子に転職する前に知っておくべきこと」の要点だけをまとめました。

日本電子のレーダーチャート

日本電子の特徴

  • 電子顕微鏡の世界シェアNo.1メーカー
  • 長年の歴史もあり、良くも悪くも古い体質という声が目立つ
  • 高い技術力を有しているため、やりがいも実感されている
  • 給与は年功序列で、平均年収は750万円
  • 働き方は職種・部署によっても大きく異なる(残業は月平均40時間)
  • 業界的にもまだまだ女性は少なめ/産休育休をとって続ける女性も多い

日本電子への転職のポイント

  • 中途採用は随時行なっている
  • 採用HPでは「フィールドエンジニア職、設計職」で中途の募集あり
  • 非公開求人も紹介してもらえるように、後ほどご紹介する転職エージェントに登録するのがおすすめ

2. 日本電子の企業情報

 概要
本社所在地東京都昭島市武蔵野3-1-2
代表者代表取締役会長兼CEO 栗原 権右衛門
代表取締役社長兼COO 大井 泉
設立1949年
資本金約100億円
売上連結1,113億円(2019年3月期)
従業員連結3,029名、単体1,907名(平均年齢44.3歳/2019年3月)
事業内容電子光学機器や半導体関連機器などの製造販売、サービスなど

2-1. 事業内容

日本電子は、70年以上の歴史がある電子顕微鏡などの計測機器の大手メーカーで、特に電子顕微鏡は世界シェアNo.1を誇ります。(東証一部上場企業)

日本電子の本社

日本電子は、主力ビジネスである「理化学・計測機器事業」が全社売上の約7割を占め、その他にも半導体関連機器などの「産業機器事業」、自動分析機器などの「医用機器事業」も行なっています。

日本電子の事業概要

2-2. トップメッセージと事業計画

日本電子のトップメッセージ

日本電子企業HPより

日本電子は、創立70周年を機に「70年目の転進」として、これまで培ってきたコアテクノロジー(ハイエンドの計測・分析技術)を核として、より大きな市場である半導体や産業機器・医用機器市場向けに新しい製品などを提供していくとメッセージしています。

また、足元の中期経営計画では以下の通り、「コアテクノロジーの強化」を掲げるとともに、成長市場(半導体機器、産業機器、バイオ・医用機器、海外)への積極参入や、装置に付随するサービスも含めたトータルソリューションの提供も目指しています。

日本電子の中期経営計画

2-3. グローバル展開

日本電子の海外事業

日本電子企業HPより

日本電子は海外事業も積極的に推進中で、例えば欧米・アジアなどに海外関係会社約20社を有しており、足元の海外売上比率は約6割にまで伸びています。

例えば足元の海外駐在員は16ヶ国94名(社員 単体約1,900名)であるなど、海外駐在や各拠点/取引先などへの海外出張などのチャンスも十分あります

国内勤務の場合でも語学力(英語など)を活かして活躍できる環境であるため、海外志向の人も前向きに検討することをおすすめします。

日本電子企業HP:https://www.jeol.co.jp

見るべきポイント
事業概要自分が希望する事業以外に、会社の主力となる事業をチェックします。希望事業以外に異動するケースもあり、本当にその企業で働きたいかしっかり考えましょう。
採用情報「求める人物像」などをチェックして、あなたに合うかを考えましょう。
会社理念・社長メッセージ会社がどこへ向かっているのかをチェックします。
会社理念があなたの考えと違うのなら、どれほど好条件求人でも転職は避けましょう。

3. 日本電子の採用情報

電子顕微鏡で世界シェアトップメーカーなのですね。どんな待遇で転職する事ができるのでしょうか?

3章では、日本電子の採用情報についてお伝えします。

日本電子の採用トップ

3-1. 日本電子の採用職種

現在、同社の採用HPでは以下の通り、「技術職」で中途の募集があります。

  • フィールドエンジニア
  • 電気設計、機械設計

その他の職種でも今後募集される可能性は十分にあるため、採用HPはもちろん、大手転職エージェント等からも随時情報収集しておくことをおすすめします。

ちなみに、主な職種は以下の通りです。

技術
  • 電気設計、機械設計、装置開発、システム設計、製造、フィールドサービス、 情報システムなど
事務
  • 営業、営業事務
  • 管理スタッフ系(総務・人事・労務、財務・経理、生産管理、経営管理事務など)

3-2. 平均年収

転職時の平均年収 : 550~650万円

社員の平均年収 : 750万円(平均年齢44.3歳)

会社四季報より

日本電子の平均年収は750万円で以下の通り、業界大手と比べても決して見劣りしません

社名平均年収平均年齢
東京精密758万円40.4歳
日本電子750万円44.3歳
東京計器615万円43.4歳

給与は年功序列で、昇給のチャンスは年1回(4月)、賞与は年2回(7月, 12月)支給される他、残業代もしっかり支給されるようです。

また、福利厚生は一般の大企業並みに完備されており、社宅・独身寮、住宅手当に加えて、社員食堂、家族手当、財形貯蓄、社員持株会などもあります。

3-3. 労働環境

平均残業時間 月:40時間

日本電子の平均残業時間は【月40時間程度】で、競合の東京精密などと比べても同程度です。

全体としてワークライフバランスは調整しやすいと好評です。例えば有給も比較的とりやすく、夏季休暇/GWなどは長期休暇もとれるようです。

ただし労働環境(残業時間など)は部署・職種によっても大きく異なるため、事前に大手転職エージェントにもしっかり確認しておくことをおすすめします。

3-4. 中途採用メッセージ

日本電子の採用トップ

先ほど少し触れた通り、日本電子はトータルソリューションにも注力しており、『Solution for  Innovation / イノベーションのためのソリューション』とメッセージしています。

また、求める人物像のイメージを掴むためには、同社の「行動指針」も参考になるでしょう。

日本電子の行動指針

中途採用では、これらのうち2~3つくらいは意識して自己PRを組み立てるなど、同社で活躍できる素養を有していることをアピールするのも良さそうです。

※日本電子の採用情報をもっと知りたい人は…

下記サイトを参考にして下さい。

4. 日本電子の求人情報

日本電子への転職を検討しています。どんな求人がありますか?

おすすめ大手転職サイト『パソナキャリア』の公開求人では、「機械設計、回路設計、フィールドエンジニア」の職種で求人がありましたのでこの後すぐ紹介します。

世の中に公開されていない求人を得るために

実は企業採用HPや転職サイトには載っていない「非公開求人」がある可能性があるため、後ほどご紹介する大手転職サイトに登録することをおすすめします

もし登録しておけば、非公開求人の紹介はもちろん、今後募集があればすぐに連絡をもらえるため便利です。

さらに、日本電子の他にも、同じくらい優良企業の中から条件にあった求人情報を紹介してもらえる可能性もあります。

4-1. “各種設計職”で中途の求人あり

日本電子の中途採用の求人

日本電子の中途採用の求人

パソナキャリアでは、「機械設計職」「回路設計職」で中途の募集があります。

具体的には、主に半導体製造装置の機械/電気設計の業務全般(開発、仕様検討 、基本/詳細設計 、試作品製作/評価)を担当するやりがいのある仕事です。【想定年収: 400~550万円】

必須要件はそれぞれ「機械設計/回路設計の経験(業種や経験年数は不問)」で、この機会に異業種から転職したい方には絶好のチャンスです。

4-2. “フィールドエンジニア職”でも中途の求人あり

日本電子の中途採用の求人

パソナキャリアでは、同社の主力商品である電子ビーム描画など装置の保守点検を担当する「フィールドエンジニア職」でも中途の募集があります。(業界未経験の方も活躍しています!)

例えば出張は国内は月1~2回、海外は年2回が目安で、将来的には希望や適性などに応じて海外駐在(主に台湾などアジア圏)のチャンスもあります。

必須要件は「修理・保守点検の経験や知識」「海外駐在にも前向きな方」です。【年収: 400~650万円】

5. 日本電子に関する口コミまとめ

内部情報を知りたくて口コミサイトを見ましたが、日本電子の口コミが多すぎて、結局どうなのかよくわかりません。

日本電子に関する口コミや内部情報を、シンプルに3つの軸で整理してまとめました。

日本電子のレーダーチャート

コメント
給与・福利厚生(待遇)
  • 給与は年功序列で、満足している人も目立つ
  • 福利厚生は一般の大企業並みに完備
仕事のやりがい・成長
  • 高い技術力も有しており、やりがいも実感されている
  • 前例を踏襲するような保守的な風土
  • 頑張って結果を出しても、同年代では昇格・賞与はほとんど横並び
人間関係・社員の雰囲気
  • 良くも悪くも古い体質という声が目立つ
  • 穏やかな人、真面目な人が多数で働きやすい
その他
  • 業種的にもまだまだ女性は少なめ
  • 産休育休などをとって長く続けやすいと好評

5-1.  給与・福利厚生(待遇)

給与は年功序列で、役職が上がると給与がグッと伸びるという声もあり、給与に満足している人も目立つようです。

例えば年収は30代前半で500万円、40代(管理職クラス)で800万円前後が目安です。技術系と事務系で給与体系は同じであるため、技術系職種の人の中にはそれを不満に感じている人もいるようです。

ちなみに賞与(年2回)は年間約4ヵ月分である他、福利厚生は一般の大企業並みに完備されています。

5-2. 仕事のやりがい・成長

同社は世界シェアNo.1の製品もあるなど高い技術力を有している他、面倒見のよい上司や同僚も多いようで、やりがいも実感されています。

全体として基本的に新しいことに挑戦するより、前例を踏襲するような堅実な風土があるため、人によって社風に合う合わないが分かれやすいと言えます。

ただし、頑張って結果を出しても一定の年次までは昇格・賞与にほとんど差はつかないため、優秀な人ほどモチベーションを維持しづらいようです。

5-3. 人間関係・社員の雰囲気

社風については、年長者をたてることが求められるような年功序列など、「良くも悪くも古い体質」「典型的な日本企業」という声が多数です。

中途採用者は全社員の約2~3割である他、真面目な人・穏やかな人も多いなど働きやすさを求める人にもおすすめします

ちなみに、女性比率は1割強であるなど業種的にもまだまだ女性は少なめですが、産休育休などをとって長く続ける人も多いようです。

※日本電子を志望する人におすすめな他の企業は?

日本電子が気になっているのであれば、下記のような企業も転職検討することをおすすめします。

  • 日本電子計算株式会社
  • アンリツ株式会社
  • 東京計器株式会社
  • 株式会社東京精密
  • 株式会社京三製作所

6. 日本電子への転職を成功に導くたった1つのコツ

日本電子に転職することを決めました!転職成功するためのコツがあれば教えて下さい。

日本電子への転職成功のコツは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1. 独自の非公開求人をもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人とは

事業戦略上などで表立って募集できないが、こっそり人を採用したい企業がエージェントに依頼する求人。
給与やポジションなどがハイグレードであるケースが多い。

大手の転職エージェントであれば、日本電子の非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。

公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2. 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能

転職エージェントは今までの多くの転職希望者を採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、内部の選考を熟知して突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人が受かって、落ちたのか、またその時にどのような質問をされて、どのように回答したか、といったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせています。

そのデータをもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。

転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です

※面接では伝えきれないあなたの魅力を、人事に別ルートで営業してくれる

転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。

あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。

正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。

逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

理由3. 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

年収の交渉は個人だと非常にしにくく、「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。なぜなら、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。

転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。

少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

7. 日本電子転職で必ず登録すべき転職エージェント5選

日本電子への転職で活用すべき転職エージェントがあれば教えて下さい!

日本電子志望のあなたのために、下記の3つの条件を満たす転職エージェントを厳選しました。

  • 日本電子に関する求人(非公開を含む)を保持する可能性が高いか
  • 日本電子以外の求人も提案できる力と求人データベースがあるか
  • 転職をサポートできるノウハウが社内にあるか

具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

 登録必須度特徴
リクルートエージェント全員必須◎業界最大手で求人数No1。大企業への転職実績多数。
doda全員必須◎業界No.2。リクルート同様、豊富な実績とノウハウが期待。
マイナビエージェント20,30代なら◎業界最大手で親身なサポートから満足度が高い
パソナキャリア初めて転職は◎サポートが丁寧。派遣事業での結びつきも強く、非公開求人も期待できる。
リクルートダイレクトスカウト外資・技術系は◎ハイクラス求人数No.1。キャリアに自信があれば、強力な味方に。

上記から、『リクルートエージェント』『doda』の2社は必ず登録しつつ、あなたのキャリアによって下記のようにプラスして登録することをおすすめします。

  • 親身なサポートを得たい方は『マイナビエージェント』も合わせて登録
  • 転職が初めての場合は、『パソナキャリア』をプラスして登録
  • ハイクラス求人をお探しの方は、『リクルートダイレクトスカウト』をプラスして登録

それでは、各社の特徴をご紹介します。

※注意事項

求人の有無については、各エージェントごとに、職種や時期、募集人数といった要因により変わってきます。

そのため、「このエージェントに登録すれば確実に求人情報をキャッチできる」ということを言い切ることは難しいので、志望度が高い方は出来ればすべてのエージェントに登録し、求人情報を逃さないようにしましょう

7-1. リクルートエージェント|求人数No.1・コンサルタントが優秀

リクルートエージェント-トップ画面

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

7-2. doda|求人数No.2・転職サポートが評判

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

7-3. マイナビエージェント|都心で人気

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)と併用することをおすすめします。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

7-4. パソナキャリア|最高評価のサポート体制

パソナキャリア
パソナキャリア』は、手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方に特におすすめです。

運営元のパソナ社は大手人材派遣会社として数多くの企業との取引実績を有しており、業種・規模を問わず多くの企業とのパートナーシップが実現する求人数の充実ぶりには目を見張るものがあります。

Career Theory編集部が転職エージェント利用経験者を対象に行ったアンケート調査では、求人の量や質だけでなく、その手厚いサポートを高く評価する声が多く寄せらました。

親身・丁寧な対応やアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、たとえば若年層のキャリアプラン女性のライフプランに関連した悩みのように、転職の枠を超えて、求職者がそれぞれ抱えるキャリア全般の悩みにも深く寄り添ってもらえたと好評です。

パソナキャリア』はどの求職者層にもおすすめできる大手総合系転職エージェントの1つですが、特に年収500万円以上の人であれば豊富な選択肢有用な提案を受けることができるでしょう。

さらに、東名阪(東京・名古屋・大阪)エリアでは特に求人数が充実しているため、同エリアでの転職を志望する人にはより一層おすすめの転職エージェントです。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

年収600万円以上のハイクラス層には『パソナキャリア』のハイクラス向けサポートがおすすめ

パソナキャリア』には高い年収を得ているハイクラス・ハイキャリア層の転職支援に特化した『パソナキャリア(ハイクラス)』があります。

取扱い求人約1.5万件(2022年8月時点)の約半数は年収800万円以上のハイクラス求人で、ハイクラス層の転職に特化した専任のコンサルタントがキャリアアップを力強くサポートしてくれます。
パソナキャリア(ハイクラス)』が抱えるエージェントは腕利き揃いで、同じくハイキャリア向けのスカウト型転職サイト『リクルートダイレクト』のエージェント・ヘッドハンターランキングでは決定人数部門で1位(2020年)と、高い実績を有しています。

既に600万円程度の年収を得ている人がさらなるキャリアアップを目指すなら、あなたのニーズにより深く寄り添ってくれる『パソナキャリア(ハイクラス)』を利用しましょう。

7-5. リクルートダイレクトスカウト|ハイクラス求人No.1

リクルートダイレクトスカウト トップ画面
リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス向けのヘッドハンティング型転職サイトです

ハイクラス求人の検索はもちろん、レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を選んで相談をすることもできます。レジュメを登録しておけば、それを見たヘッドハンターから好条件のスカウトをもらうことも可能です。

また、総求人は118,653件と選択肢も多いので、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

レジュメ登録後はスカウトを待つだけで良いので、「時間をかけて高年収の仕事を見つけたい」という方におすすめです。

公式サイト:
https://directscout.recruit.co.jp/

8. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

更新日

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり、日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば遠慮なく変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては、申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として、紹介する案件を絞るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいと考えています。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

openworkの口コミ

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

9. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(近年はコロナの影響により、オンライン面談も積極的に取り入れられています。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

さいごに

日本電子での働き方や転職についてノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

日本電子への転職は年収・働きやすさ両面でメリットが大きい事が分かりましたが、職場によっては激務で人間関係で失敗する人もいるという問題点もあります。

ポイントは高年収で良い職場を探すコツを知る日本電子転職に強い転職サイトに複数登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライする事をおすすめします。

日本電子転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。