秋田への転職で後悔しないためのポイント集|全て読んで不安を解消!

薬剤師 転職 秋田

「転職して、秋田に移住しようかな…」と考えていませんか?

秋田は東北地方の北西部に位置し、大都市から離れてはいるものの、多くの企業や仕事が存在するため、大都市在住でもUターン・Iターンで「秋田に転職したい!」と考えている方は多いのではないでしょうか。一方、様々な理由で「秋田転職に失敗した…」と後悔する人もいるのは事実です。

このページでは、地方の田舎出身で、地元の地方都市・大都市双方で転職エージェントとして数多くの転職をアドバイスしてきた知見や経験をもとに、秋田への転職についてご紹介します。

  1. 秋田への転職は難易度が高い?
  2. 秋田の特徴と転職事情
  3. 秋田転職のメリットとデメリット
  4. 【正社員】秋田の求人情報
  5. 転職前の秋田移住はNG!
  6. 秋田への正社員転職を成功させるコツ4選
  7. 秋田転職で必ず登録すべき転職サイト3選
  8. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  9. 【図解】転職エージェント利用の流れ

このページを読めば、秋田で働くメリットデメリット秋田への転職ノウハウが分かるでしょう。環境を変えて秋田に移住したいと考えている方は、ぜひご覧ください。

<2020年5月:最新情報>

コロナウイルスによる経済状況の変化に伴い、夏以降、企業の採用が大幅に減ることが予想されます。

転職を検討されている方は、早めに動くことをおすすめします。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『パソナキャリア』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡にしっかりと対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1. 秋田への転職は難易度が高い?

結論、都心と比較すると、秋田への転職難易度は高いと言わざるを得ません。

都心に比べて求人数が少ない秋田では、納得のいく転職先を探し出すまでに時間がかかる可能性が非常に高いです。

もっとも大きな要因としては、秋田が都心に比べてずっと求人数が少ないことが挙げられます。

実際に、ハローワークで東京と秋田での求人数を比較したところ、北海道だと4.2万件募集があったのに対して、秋田では1.1万件と、約1/4程度しか求人がありませんでした。

このように、求人数が少ない地方エリアでは、なかなか転職先となりえる候補求人すら見つけられず、転職先を見つけるまでの期間が長期化することがあります。

※特にマイナーな職種だと半年かけても見つからない場合すらあります。

上記の通り、転職の難易度が高いことは一目瞭然ですが、かといって闇雲に転職活動をしてしまうと、転職で失敗する恐れがあります。

口コミ・評判

K. H. さん(29歳)
評価:★☆☆☆☆1
地方の田舎出身です。大学受験で上京し、そのまま東京で就職しました。誰もが知る大手企業に勤めていたのですが、職場の風土に合わず、朝から晩まで働く激務だったので、仕事を辞めて地元にUターン転職で戻る事にしました。
まず失敗したのは、就職先が決まっていないのに、すぐに会社を辞めた事です。「有名企業で働いているので、どこでも就職できるだろう」と過信し、ある程度有名で年収も大きく変わらない企業を希望していたのですが、なかなか求人が見つからず、気付けば3ヶ月。貯金も減ってきたので、まずは1社目と年収を大きく下げて異業種に転職しました。
仕事がツラくなったのは、入社3ヶ月を過ぎた頃でした。想像以上に異業種での仕事がうまくいかず、上司からは怒られる毎日が続きました。周囲からは「東京で働いていたのにその程度?」と言われる事もしばしば。職場での仲間もできず、入社1年で転職する事になりました。
次の転職先は「自分に合った企業」と転職エージェントにお願いし、さらに年収は下がったものの新卒で勤めた企業と同業界に転職する事ができました。初めから今の企業に転職できれば、と後悔しています…

上記はほんの一例ですが、地方での働き方に憧れて転職したものの、1〜2年で再転職してしまう人は大変多いのです。

もちろん、秋田で楽しく仕事にやりがいを持って働いている方も多いのですが、Uターン・Iターン転職は働く人によって合う/合わないがはっきりとあると言えるでしょう。

秋田移住を本格的に考える前に、「自分には秋田転職が合うのか」しっかり考える事をおすすめします。

地方へのUターン・Iターン転職で失敗するケース

  • しっかりした目的が無く、Uターン・Iターン転職を決めてしまう
  • 就職先が決まっていないのに、今勤めている企業を退職する
  • 知名度や年収などにこだわって求人を探す
  • 全くの異業種に就職して、仕事で成果がでない
  • 職場や地域社会のコミュニティに馴染めない
  • すぐに再転職してしまい、大きく年収が下がってしまう

2. 秋田の特徴と転職事情

この章では秋田の特徴と、転職事情について以下の順で紹介していきます。

それでは順に説明していきますので、参考にしてください。

2-1. 秋田の特徴

秋田は、東北地方の北西部に位置していて、冬季は日照時間が極端に少ないのが特徴です。そして、稲作が盛んな地域でもあります。ちなみに、酒どころとして有名で日本酒の消費量が多く、酒造関係の仕事が豊富です。

主要駅は「秋田駅」「土崎駅」で、県庁所在地の秋田市には約32万人が暮らしています。

2-2. 秋田の仕事事情

主要大都市から離れた秋田で選べる会社は限定されています。

ただ、第一次産業として「あきたこまち」を代表とする稲作はもちろんのこと、「インスペック」など電気機器を扱う企業や、医薬品を扱う企業もあり「UMNファーマ」が代表的です。

2-3. 秋田の年収

参照:年収ガイド

2017年度の統計によると、秋田県の年収は【371.1万円】となりました。

全国平均は420万円ですので、秋田の年収は全国平均よりも低い事がわかります。

内訳を見ると【平均月収:26万円】【ボーナス:56.1万円】となっており、平均より低い地方年収だと言えるでしょう。

2-4. 秋田の有効求人倍率

参照:リサーチfunjob

2016年度の統計によると、秋田県の有効求人倍率は【1.39倍】となっており、都道府県ランキングだと全国25位です。

全国平均は1.45倍ですので、平均よりやや低いレベルである事が分かります。

同じ東北地方である都道府県【岩手:1.33倍】【宮城:1.55倍】と比較しても低いことが分かりました。秋田にUターン・Iターンして転職しようとしても、仕事を探す難易度は高いと言えるでしょう。

3. 秋田転職のメリットとデメリット

3章では、秋田転職のメリットとデメリットをまとめました。

自身にあてはまる項目を探し、メリットよりデメリットの数が多いようであれば、秋田転職は再検討された方が良いでしょう。

3-1. 秋田転職のメリット

秋田に転職することのメリットは大きく分けて3つです。

順に紹介します。

1. 大都市に比べて圧倒的に生活費が安い

大都市から地方に転職して、まず驚くのは生活費の安さです。もちろん、マクドナルドなどのチェーン店だと価格は変わりませんが、食費・生活雑貨など、あらゆる場面で生活費の低さに驚くでしょう。

何よりも大都市と比較して安く抑えられる出費は家賃です。都心では一人用のワンルームマンションでも月8〜10万ほどするケースがほとんどですが、秋田だと同額で3LDK駐車場付きといった家に住む事も可能です。

2. ストレスの少ない生活が手に入る

地方移住者が口を揃えてお話しされるメリットは、低ストレスな日常です。

大都市に住んでいると、24時間営業の店が多くあり、家の近くにある自然は街路樹のみという方も多いのでは無いでしょうか?毎日のストレスから解放され、文字通り「人生が変わった」と話される転職者も多くいます。

また、仕事も大都市ほどハードな企業は少なく、日が変わるまで残業というケースも多くはありません。地方だとコミュニティが狭く、異常な程賃金・長時間勤務の企業はすぐ噂になるため、ブラック企業が少ない点も大きなメリットです。

3. 通勤ラッシュから解放される!

通勤ラッシュから解放される事も、地方移住の大きなメリットでしょう。

大都市の通勤ラッシュは、経験した事のない人には想像できないほど殺人的と言える酷さです。特に、大都市のベッドタウンとなっている地域からの路線は、長時間の通勤ラッシュで鬱になる人も出るほどです。

もちろん、地方だからラッシュがない訳ではありませんが、秋田だと車通勤の人も多く、通勤でのストレスは大きく軽減されるでしょう。

3-2. 秋田転職のデメリット

秋田で転職をする際には、大きく以下の4つがデメリットと言えます。

順に紹介します。

1. 転職求人数が少ない

秋田転職を考える際に、最も大きなデメリットは転職求人数が少ない事でしょう。

2章でお伝えした通り、秋田の有効求人倍率はやや低く、経済活動はあまり盛んとは言えません。本社機能を持つ企業もいくつかありますが、古くからある安定企業ほど新卒採用を重視するケースがほとんどです。

求人数が少なければ、あなたにぴったりの仕事を探す事が難しくなる上に、仮に合わない会社に転職してしまったとしても次の仕事が見つからず、勤め続けざるを得ない場合もあります。

2. 求人の種類が少ない

求人の種類が少ない事も秋田転職のデメリットです。

2章でお伝えした通り、秋田の主要産業は農業などの第一次産業です。「実家の農家を継ぐ」という方は問題無いでしょうが、特にツテの無い方やIターンで戻る方は、自身の希望求人を探す事は大変難しいと言えます。

また、秋田に本社機能を持つ企業はわずかなので、法務・経理・総務・人事といったコーポレート業務の求人を見つける事は困難です。これらの仕事に転職したいと考えるのであれば、秋田転職は諦めた方が良いかもしれません。

3. 年収は下がる可能性が高い

秋田転職を決めるのであれば、年収ダウンも覚悟しておきましょう。

秋田の年収は平均362.8万円となっており、全国平均(420万円)よりも低い年収になるケースも多く見られます。低年収の理由は、人材が余っていて給与水準が低い・専門職が少ない・企業規模が小さいなどが挙げられますが、転職者にとって年収が低い事はデメリット以外の何物でもないでしょう。

ただし、秋田は大都市ほど「成果報酬主義」が浸透しておらず、年功序列で年収が上がっていく企業がほとんどです。一度、秋田生活に慣れてしまえば、徐々に年収は上がっていくでしょう。

4. 地方ならではの風習に慣れる必要も

地方ならではの風習に慣れる事も必要です。

東京のマンションに住んでいれば、隣に住む人と顔を合わせる事も稀ですが、地方では仕事でもプライベートでもコミュニティへの参加を求められます。町内会などへの参加を断った事で、その地域に居辛くなってしまったという話もよく聞きます。

「郷に入れば郷に従え」のことわざ通り、地域ならではの習慣に馴染む事は地方移住者の条件とも言えるでしょう。

4. 【正社員】秋田の求人情報

この章では、秋田の求人情報をご紹介します。

大手転職エージェントであるリクルートエージェントdodaを使って求人を調べると、以下の特徴がわかりました。

順に紹介します。

4-1. 高年収求人はハイスペックなスキルが必要

秋田での高年収求人をリクルートエージェントで検索すると、上記のような求人が見つかりました。

ちなみに、800万求人が無かったので700万求人で探した結果、年収700万提示可能な求人も少ないながら探す事は可能でした。

しかし、どちらの求人も業界や職種での経験が求められ、高度なスキルが必要とされています。自身のキャリアに自信がある方はぜひチャレンジされる事をおすすめします。

4-2. 未経験OKの求人は意外にある

一方、未経験OK×秋田勤務の仕事をdodaで検索すると、そこそこの求人数が見つかりました。

内訳を調べてみると、営業職・販売サービス職がそれぞれ3〜4割を占めており、未経験OKの仕事は限定される事が分かります。

とはいえ、未経験OKの技術職採用もあり年収も様々なので、「未経験の仕事でもいいので、秋田移住を実現したい!」と強く考えている方は、一度検索される事をおすすめします。

5. 転職前の秋田移住は絶対にNG!

秋田転職を考える人の中には、「まずは秋田に行かないと!」「秋田移住の覚悟をPRしたい!」とすぐに仕事を辞めて秋田移住される方がいますが、転職先が決まる前の移住は絶対にNGです。

絶対に転職前に移住してはいけない理由は、以下の4つです。

それでは順に紹介します。

5-1. 空白職歴は面接でマイナス印象

転職前の移住が絶対にNGな理由は、面接でマイナス印象になる事です。

秋田に移住したとしても、仕事を得る事ができなければ生きていけません。その際に一番大事なのは面接に合格する事ですが、秋田移住で仕事を無くしてしまうと職歴に空白ができ、面接でマイナス印象になってしまいます。

また、秋田移住に明確な理由がなければ、「計画性の無い人なの?」と疑われる可能性もあります。「既に内々定が出た企業がある」「知り合いの企業から声がかかっている」といった境遇の方以外は、面接でマイナス印象を持たれる事は避けるべきでしょう。

5-2. 社会的信用が無いと賃貸を断られる

会社勤めの方が気付かないNG理由は、賃貸を借りられないリスクです。

特に大都市に住んでいると気付かない事が多いのですが、地方は「無職の移住者」に対して寛容ではありません。また「会社勤め」という社会的信用は想像以上に大きく、無職だと様々な手続きに時間がかかるでしょう。

できる限り社会的信用=「仕事がある」状態での移住をおすすめします。

5-3. 就職活動が長引くと金銭面で厳しい

なかなか面接に合格できず、就職活動が長引く事も予想されます。

多くの転職者は「だいたい1ヶ月ぐらいで内定出るか」とイメージを持たれるのですが、時と場合で状況は変わります。例えば、多くの企業は4月採用なので、秋田移住が11月だと「4月入社まで待って欲しい」と言われるケースもあります。

転職活動が2ヶ月・3ヶ月と続くにつれ、金銭面で厳しくなってくるでしょう。中には「転職活動資金が尽きてしまい、実家に帰ります」と話される方もいます。

5-4. 焦って条件の悪い企業に入社してしまう事も

上記のように転職活動を進めていると、どうしても焦ってしまいますよね。その際に「来月から働いていいよ」と言われる企業が出てくると、すぐに内定承諾してしまうのですが、条件が悪い企業やブラック企業のケースもあります。

会社に勤めながらの転職活動だと金銭面の余裕に加え、「今の仕事があるから」という安心感と自信を持ちながら転職活動を進める事ができます。早まって移住する事なく、必ず今の会社に所属しながら転職活動を進めましょう。

6. 秋田への正社員転職を成功させるコツ5選

6章では、秋田に転職するためのコツをご紹介します。

1章でお伝えした通り、秋田転職では誰もが希望の仕事に従事できるわけでなく、転職に失敗して後悔する人もいます。

以下のコツを試すと良いでしょう。

それでは順に紹介していきます。

6-1. 転職の理由をきちんと整理しよう

転職に踏み出す前に、あなたがなぜ今の会社を辞めて転職したいのかを一度考えてみましょう。きちんと分析することには以下のような3つの意味があります。

転職したい理由を分析する3つの理由

  • 「転職の理由」について、必ず面接で聞かれるから
  • 転職しなくても済む問題かもしれないから
  • 理由を整理することでスッキリできる可能性があるから

ではそれぞれの側面から解説していきます。

理由1. 「転職の理由」について、必ず面接で聞かれるから

大都市から移住する転職者は、必ず面接で聞かれて苦労するのが「なぜ秋田で働こうと思ったのですか?」という質問です。

というのも「地元に帰りたかった」という理由しか伝えられないと、「仕事ができなくて地元に逃げて帰ってきたのでは」と勘ぐられてしまう可能性があります。

今までのキャリアや仕事経験、今後どんな仕事で働きたいかを考えた上で、「その機会が秋田(地元)にある」と明確にPRできるように準備しておきましょう。

理由2. 転職しなくても済む問題かもしれないから

あなたがなぜ転職したいかを考えた結果、「今の仕事が面白くない」「人間関係に疲れてしまった」といった理由だと、Uターン・Iターン転職せずとも解決できる可能性もあります。

もし、今の場所に残りながら解決できるのであれば、一度は現在地での転職を検討すると良いでしょう。理由は以下の2点です。

筆者が今の場所での転職検討を勧める2つの理由

  • 築いてきた地域人脈や友人関係がなくなるから
  • 仕事の変化以上に、住環境の変化は大きなストレスだから

交友関係と住環境の変化は、人によっては想像以上にストレスになるものです。一度は今の場所での転職を検討されると良いでしょう。

理由3. 理由を整理することでスッキリできる可能性があるから

Uターン・Iターン転職しようと思ったことは一時的な衝動に過ぎない可能性があります。

一度冷静に整理をすることで「持っている不満や悩みは転職するに値しない問題だ」という結論を出せる可能性もあります。

6-2. 自己分析は徹底的に行おう

上記の通り、大都市から秋田に戻って転職される方は、必ず転職理由を面接で聞かれます。地方での仕事でも、転職活動である以上、「経験」や「スキル」が求められます。

秋田に出てきて何をしたいのか、会社に何を貢献できるのか、面接で聞かれてもしっかり自己PRできるように、過去・現在・未来のそれぞれの側面に対する自己分析が必要です。

どのように自己分析をすれば良いのかわからない方は、すべての自己分析の手順をまとめた下記シートを埋めるだけで、転職に必要な自己分析ができます。1~2時間程度で出来ますので、転職活動の第一歩として休日に試してみてください。

(画像をクリックすればpdfが開きますので、印刷してお使いください)

シートを埋めていく中でわからないことがあれば、自己分析のすべてのステップを解説した「プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ」を参考にしてみてください。

6-3. 秋田開催の転職フェア・イベントに参加しよう

もし秋田転職を決めたのであれば、休日などを利用して、一度は転職フェア・イベントに参加してみましょう。

実は、転職フェア・イベントに参加して企業採用担当と話をしても、その企業への転職選考が有利になる事は全くありません。よって、通常の転職だと転職フェア・イベントへの参加は強くおすすめしないのですが、Uターン・Iターン転職は別です。

秋田転職での失敗の一つが、「想像以上に田舎だった」「企業の風土に合わなかった」というアンマッチです。一度でいいので、転職フェア・イベントに参加して、秋田での仕事を感じておく事に損はありません。

秋田での転職フェア・イベントへの参加を検討される方は、転職フェアを有意義にする3つのポイントと大手4社徹底比較転職イベント完全攻略|行く前に知っておきたい全知識を参考にしてください。

転職ワンポイントアドバイス

  • 面接の際に、中には交通費を出してくれる会社があります。「最終面接のみ」といった条件がほとんどですが、交通費が出るタイミングで、転職イベントや他面接を重ねると移動費が節約できますので、うまく活用しましょう。

6-4. 社風を確認しておこう!

転職に失敗しないためにも、その企業が自分に合っているか確認・調査するようにしてください。

その際は「カイシャの評判」や、「Openwork」といった口コミサイトで、社風を確認しておくといいでしょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

出典:Openwork

入社後、「ちょっと合わないな」ということにならないためにも、事前調査をしておくことをお勧めします。

6-5. 転職サイトは使わず、転職エージェントを使おう

多くの転職者は、「まずは秋田求人を探してみよう」と転職サイトへの登録を進めますが、これは大きな間違いです。

というのも、もし行きたいと思える会社が見つかり、運良く書類選考に通過して秋田まで面接に行ったとしても、あっさりと落とされる可能性もあります。行き帰りの交通費と時間が全くの無駄になってしまうのです。

そんな地域在住者こそ、転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントとは、登録をすると「完全無料」で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します。

総合転職エージェント

秋田転職こそ転職エージェントを使うべき理由は主に以下の4つがあります。

  • 書類の通過率が高まるから
  • エージェントしか知り得ない情報を知れるから
  • 自分の経験やキャリアを客観的に見つめ直せるから
  • 面倒な手続きを代理で行ってくれるから

それぞれの理由を具体的に紹介していきます。

理由1. 書類の通過率が高まるから

UターンIターン転職は思った以上に書類選考が通らず、転職サイトを使った場合、100通だして1社も通らないこともあります。

理由としては、一般的に「UターンIターン転職者は理由がないと採用しない」からで、例えば「業界経験がある」「専門職である」「マネジメント経験がある」など強みが無いと書類通過は難しいと言えるでしょう。

ここで転職エージェントを使えば、エージェントが企業の採用担当者に、「こんな人(あなた)がいるのですが、この方の前職経験が御社ではこのように役立ちそうなので、会ってみませんか?」とプッシュしてくれます。

書類だけでは伝えることの難しい、「あなたを採用すべき理由」を営業してくれるので、書類選考率はもちろん、面接についても有利に進められます。

多くの候補者に戦略的に勝つために、エージェントの営業力をうまく活用しましょう。

理由2. エージェントしか知り得ない情報を知れるから

書類選考に運良く通ったとしても、採用数の少なさからUターンIターン転職は厳しい戦いが続きます。意を決して秋田まで出向いても、あっさり一次面接で落選しては目も当てられません。

そんな中で、成功率を大きく左右するのが「情報量」です。

転職エージェントもあなたの転職を成功させて初めて利益になるため、あなたが選考に通過するために彼らが持っている様々な情報をあなたに提供してくれます。

特にエージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、こういった事前情報が雲泥の差となります。

数いるライバルの中であなたしか知り得ない有益な情報を知れれば、選考を有利に進められることができます。

理由3. 自分の経験やキャリアを客観的に見つめ直せるから

転職エージェントでは、キャリア面談を経て求人を紹介してもらえるケースが多く、転職のプロに相談しながらあなたの経験やキャリアを見つめ直すことができます。

一人で転職活動をしていたら気づけなかったようなあなたの市場価値や、最新の情報を転職エージェントは教えてくれます。

失敗できないUターンIターン転職だからこそ、プロのエージェントと相談しながら客観的にあなたを見つめ直すことが重要です。

理由4. 面倒な手続きを代理で行ってくれるから

転職エージェントを通して転職を行うと、普通であればあなたがしなければならない以下のことをエージェントが代わりに行ってくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成(添削)
  • 求人探し
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与・ポジションの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入社関連手続き

転職活動で面倒なことは全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

地方在住者が特にありがたい手続きは「面接の日程調整」です。大都市在住者だと、土日や都合のつく日にピンポイントで面接を入れる必要がありますが、転職エージェントは転職希望企業に連絡して、一度のタイミングで複数の面接を受ける事のできるよう選考調整をしてくれます。

以上のようなメリットがありますが、適切な転職エージェントを選ばないといい求人になかなか巡り会えないため、後ほどの記事を参考にして、あなたにベストなエージェントを選びましょう。

ちなみに転職エージェントは完全無料で使えるので試しに使ってみることにデメリットは特にありません。ただし、きちんと仕組みを理解してから使いたい方は「転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識」を参考にしてみてください。

備考:一度は秋田移住を体験しよう

  • 転職を本気で検討される方に、私は必ず「一度は秋田移住を体験してみましょう」とアドバイスしています。
  • 東京などの大都市に住む人にとって、地方移住は想像以上に刺激が少なく、「どうも自分には合わなかった」と大都市に戻る方もいるぐらいです。Airbnbなどを使って地方移住を体験する事で、よりリアルに「秋田に住む事」を実感できるでしょう。

7. 秋田転職で必ず登録すべき転職エージェント3選

お伝えした通り、秋田への移住&転職を希望しているなら、転職サイトでは無く転職エージェントに登録しましょう

転職サイトは「幅広く企業を探す」事が可能ですが、Uターン・Iターンの転職手続きを考えると転職エージェントが適していると言えます。

地方在住者が転職エージェントへ登録する際は、【求人が豊富か】という観点に併せて【転職ノウハウは十分か】という観点に沿って選べば間違いありません。

ここのページでは、おすすめの転職サイトを3つピックアップしましたので、全て登録して自分に合うエージェントを探す事をおすすめします。

登録自体は3分程度で、もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

それでは順に紹介していきます。

【ポイント】転職エージェントは3社を併用して登録すること!転職活動でエージェントを活用する場合にとにかく重要なのは、「求人を多く保有している転職エージェント」の「優秀なキャリアアドバイザー」に担当してもらうことです。

ただ、1社にしか登録せず転職活動を進めてしまう場合、あなたが知らない間に優秀ではないキャリアコンサルタントに身を任せてしまい「全く条件あわない案件だけ紹介された」「連絡のレスが悪い」などのリスクも否めません。

そのため、最初の登録で最低でも3社以上に登録して、実際に面談を行った上で最適なキャリアコンサルタントを見つけ出しましょう。

7-1. 『doda』|求人数多く、転職サポートが評判

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

秋田の求人数は約870件ほどで、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

公式サイト:
http://doda.jp/

7-2. 『リクルートエージェント』|求人数豊富。熊本にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

実際、秋田では公開求人だけで340件ほど保有していますので、選択肢も多くおすすめです。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

公式サイト:
https://r-agent.com/

7-3. Spring転職エージェント|面談率100%で気軽に相談

Spring転職エージェント』は、スイスに本社を置くグローバル企業で、派遣事業などを含めて人材事業では世界1位の規模を持っています。

「サポートを断らない」ことを重視しているようで、他のエージェントに断られてもSpring転職エージェントだけはしっかりとサポートしてくれた、という口コミが多く見受けられます。

秋田での求人数は約220件と少ないですが、現時点でご自身の経歴に自信がない方や、他のエージェントで嫌な思いをした経験がある方にはおすすめできるエージェントです。

Spring転職エージェント公式サイト
https://springjapan.com/

参考(1) 専門職で働きたい方におすすめの転職エージェント

ここまで秋田にお住いの全ての方におすすめの転職エージェントを紹介してきましたが、中には看護師薬剤師といった、専門職で働きたいなと考えている方もいらっしゃると思います。

そのような方のためにも、以下の記事で個別に紹介しているので、該当する方はそれぞれ一読することをおすすめします。

専門職

※秋田の転職エージェントをうまく活用する方法を「秋田のおすすめ転職エージェント3選と200%活かす使い方」に記載していますので、参考にしてください。

地元特化型だけでなく、面談拠点のない大手総合エージェントも登録すべき理由

「地元に特化した転職エージェントの方が、求人数が多くなくても面談拠点がありサポートも良さそうだから、その1社だけ登録しておけばいいのでは?」というような質問をよく受けます。

私の結論としては、下記の2つの理由から「必ず大手の総合転職エージェントにも登録した方がいい」です。

(1)「転職ノウハウ」が圧倒的に違うため、提案の質が高い

簡単に言うと「相談時に、自分にあったどういう求人を紹介してくれる」「選考突破のためのノウハウが凄い」可能性が高いです。

なぜなら、大手の総合転職エージェントは全国に拠点を持つため、年間に転職を決めている数が、秋田に特化しているエージェントと比較すると圧倒的に違います。

そのため、転職に関するノウハウが多く蓄積しているため、それを共有してもらえるという大きなメリットがあります。

(2)大手の転職エージェントだからこその求人案件が存在する

特に大企業にありがちなのが、東京や大阪で転職求人をお願いしている関係から、そのまま秋田の案件も独占的にお願いするという場合です。

また、中小企業についても、最大手だからという理由でお願いする会社も多いと聞きます。

転職という人生を左右する大事なイベントだからこそ、自分にとって最高の求人をみすみす逃さないためにも登録しておきましょう。

派遣も選択肢に入れよう!

正社員へ転職するだけでなく、派遣も選択肢として入れておくと、希望の仕事が見つかりやすいです。秋田でのおすすめ派遣会社については、「秋田県でおすすめの派遣会社|転職のプロが500人の評判から徹底比較【2020年最新】」で紹介していますので、参考にしてください。

8. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいものです。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

9. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

さいごに

秋田での働き方や転職についてノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

特に大都市在住者にとって秋田への転職は大きな決断ですが、中には「転職活動で失敗した…」「秋田での生活に疲れてしまった…」と後悔する人もいます。

ポイントは秋田転職のコツを知る秋田転職に強い転職エージェントに複数登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライする事をおすすめします。

秋田転職に強く、必ず登録すべき転職エージェント3選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。