美容師からの転職におすすめの職種は?経験を活かせる仕事を徹底解説

美容師からの転職におすすめの職種は?経験を活かせる仕事を徹底解説
  • 「美容師の仕事は好きだけど、将来のキャリアが不安」
  • 「美容業界しか知らないから、他の業界への転職は難しいかも」

と、美容師から異業種への転職について悩んでいませんか?

結論としては、美容師から異業種への転職も、昇進や年収アップを意識した将来的なキャリアアップも可能です。

ただし、他の業界や職種で通用する美容師の強みとは何かを理解したうえで転職活動をすることが重要といえるでしょう。

この記事では、転職のプロとして美容業界の転職をサポートしてきた私が、美容師の強みを活かせる職業や、初めての転職で気を付けるべきことを紹介していきます。

  1. 美容師が異業種へ転職する理由
  2. 美容業界以外でも通用する美容師の3つの強み
  3. 美容師からの転職におすすめの仕事19選
  4. 美容師から転職するときに気を付けるべき3つのポイント
  5. 美容師の転職におすすめの転職エージェント5選
  6. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント
  7. 【図解】転職エージェント利用の流れ

この記事を読めば、他の業界に転職してよいのかという悩みが解決し、後悔しない決断ができるようになるでしょう。

<2020年9月:最新情報>

コロナ禍による不況で、総求人数は減り、転職の難易度は日を追うごとに高まっています。転職を考えているならば、早めに行動に移すべきです。

特に好条件の求人であるほど、競争が激しくなります。ライバルに差をつけるためにも、転職のプロの力を借りて、しっかりと対策を行いましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

未だかつて誰も経験したことのない事態だからこそ、周囲よりもいち早く行動を開始し、戦略的に転職活動を行っていくことが重要です。

1.美容師が異業種へ転職する理由

美容師を辞める方が異業種へ転職する理由としては、次の3つが特に多いようです。

ここからは、実際に美容師として働いた経験がある方の口コミやデータを参照しながら、1つずつ解説していきます。

1-1.給料の手取りが少ない

給与体系は職場によって異なりますが、一般的に美容師の給与は固定給+歩合制(インセンティブ)を採用している職場が多いです。

そのため、他の職種と比べて手取りが少ないことを理由に転職していく美容師やスタイリストが多く見られます。

実際に美容院で美容師の手取り額や給与事情を聞き取った方の口コミが以下になります。

さっき美容院で美容師さんにお話聞いたんですが

・手取り16万
・数十万するハサミや練習用のウィッグは自腹
・毎日遅くまで残業
・それでいて副業禁止

という鬼条件だそう。

好きなことなら全然いいとはいえ、それにしてもえぐい。

業界によってはそれが当たり前みたいになってる節がありますね汗

出典:Twitter

さらに、見習いや新人が従事するアシスタント職の場合はインセンティブがつかないため、固定給しかもらえない職場がほとんどです。

また、仮にアシスタントから美容師に上がることができても、20代前半のうちは特に給料が少なく、手取り額が月20万円に満たない方も少なくありません。

そのため、想定していたよりも稼げない、お金が貯まらないと悩む美容師やアシスタントが多いようです。

1-2.長時間労働が辛い

美容師は閉店後も片づけなどの時間があるため、必然的に労働時間が長くなりやすく、ストレスに感じ辞めていく方が多いです。

特に、新人の美容師やアシスタントほど労働時間が長くなりやすいでしょう。

その理由は、お客様から指名を取りインセンティブを稼げる美容師になるためには、閉店後も店に残り、ヘアカットやシャンプー、パーマなどの練習をして腕を磨くことが必要だからです。

そのため、長時間の立ち仕事が給与に見合わないと感じ、辞めていく美容師が多いようです。

実際に、サービス残業が多く、休日数の少ない職場で働いた経験がある元美容師の口コミが以下になります。

美容師時代は保険系全部自腹で手取り17万、皆勤で+1万だった。
ボーナスなし。閉店後に練習のため残ってても残業にはならず0時回ることもよくあった。
月の有給は2日だけ(毎週月曜日は定休日)
土日祝はほぼ絶対休めず、成人式の日は朝4時集合(手当て+1000円(日給)とかだったっけかな?)

出典:Twitter

1-3.将来への不安が大きい

自身の美容師としての将来性やキャリアへの不安が大きく、他の業界への転職を考える方も多いようです。

美容師の中には、起業を行い自身の美容院を開く方や、将来的に今いる美容室を辞めて独立することを考える方も多くいます。

しかし、結果的に資金が足りずに起業や独立を断念したり、当初の想定以上に客入りが悪く、早くも美容院を閉店してしまう方も少なくありません。

こうした美容師を間近で見てきたことによる将来への不安から、他業界への転職を考える方が多いです。

実際に、「美容師を辞めて転職したら世界が広がった人を知っている」という方の口コミが以下になります。

根性あることが、良いことばかりでは無いですから~。
美容師辞めた人を沢山知っていますが、美容師辞めたから不幸になったと言う人は居ない。まぁ美容師続けてたから不幸になったと言う人も見かけないですが、続けづらい職業だとは思います。

出典:Twitter

また、美容師として働きながら、他の職種で働く道を想定し、必要なスキルを磨く方もいます。

美容師の方もハードワークで時間が取れず気づいたら美容師でしか道がなく辞めた後困っている方もいっぱいいるのが現状でしょうし、違う分野でスキルや経験を積むのって自分の未来のためになるんですよね

出典:Twitter

2.美容業界以外でも通用する美容師の3つの強み

ここからは、美容師が異業種へ転職する場合に、応募先の企業へアピールすると効果的な「元美容師の強み」について解説していきます。

美容業界以外でも通用する美容師の強みは、以下の3つです。

2-1.美容師の専門知識と実務経験がある

元美容師の一番の強みは、美容に関しての専門知識を持っていることです。専門性の高い知識を持っている人材は、転職市場でも希少価値が高いでしょう。

例えば、美容器具や化粧品メーカーの営業職は、美容師としての専門知識を活かすのに最適な職種といえます。

美容器具や化粧品メーカーのクライアントは多岐にわたりますが、いずれも顧客に近い目線や「顧客の生の声」を重視している会社やお店ばかりです。

そのため、来店した顧客の悩みを解決できるメイクアップやパーソナルカラーの提案、最適な商品の紹介といった実務経験がある人材は、非常に市場価値が高いといえます。

また、美容業界内のクライアントを相手にする企業に就職すれば、元美容師の経験をコミュニケーションに活かせるメリットがあるでしょう。

2-2.クリエイティブな発想ができる

新しいものをゼロから生み出せるクリエイティブな発想ができることも、美容師の強みのひとつです。

美容師は、お客様の要望に合わせて最適なスタイリングを考え、世の中のトレンドに合わせて新たなヘアスタイルを生み出すことができます。

クリエイティブな発想は業界や職種を問わず重宝されるスキルですが、美容師としての経験を活かしたいなら、企画や提案に携わる職種がおすすめと言えるでしょう。

具体的には、自社製品を個人や会社に届ける道筋を考える商品企画や営業企画をおすすめします。その他、企業活動を社会に伝える広報職の適性も高いでしょう。

美容師の経験が活かせる職種は、この記事の3章でさらに詳しく紹介しています。

2-3.コミュニケーションスキルが高い

来店する顧客と会話で接する美容師の方に備わっているコミュニケーションスキルは大きな強みです。

美容師には、ヘアカットやパーマなどの技術以外にも、顧客が店内で心地よく過ごせるよう細かな気配りをするコミュニケーション能力の高さが求められます。

たとえば、マニュアルだけに頼らない臨機応変な接客や、親しみやすさを印象付けるための笑顔と立ち振る舞いを意識することは、美容師の世界でも必須のスキルでしょう。

人が求めているものを適切に読み取るコミュニケーション能力は、人と接することが多い営業職や企画職だけではなく、エンジニアやデザイナーといった技術職にも必要になります。

そのため、美容師の経験から得たコミュニケーション能力は、どの業界でも役立つ強みとなるでしょう。

3.美容師からの転職におすすめの仕事19選

ここからは、前章までで紹介した美容師の強みや経験を活かせる仕事を19種紹介します。

それでは、以下で詳しく解説していきます。

3-1.美容師の専門知識と実務経験が活かせる仕事

美容師以外で、美容に携わることができる職種の例をあげると、以下の通りです。

職種仕事内容想定年収
美容メーカーの営業職自社製品の提案やプレゼン
クライアントはディーラーや美容室
400~550万円
美容ディーラーの営業職美容商品の提案営業
美容室に合う様々な商品を提案
350~500万円
メイクアップアーティスト
ヘアメイクアップアーティスト
メイクやヘアメイクの施術280~490万円
美容部員百貨店や各美容ブランドの店舗での販売員300~370万円
アイリストアイサロンでの施術250~350万円
ネイリストネイルサロンでの施術200~330万円

この中でも美容メーカーの営業職は、元美容師が活躍しやすいのでおすすめです。

なぜなら、美容師として培った薬剤への知識が説得力に繋がるのはもちろん、元美容師としての肩書がクライアントとの距離をグッと近づけるからです。

一般的に、人は共通点がある相手ほど仲良くなりやすい特徴があります。美容院やディーラー相手にビジネスをする営業職として、元美容師以上にコミュニケーションに役立つ肩書はないでしょう。

そして、仕事で活躍できれば、やりがいが生まれ、給料UPにも繋がります。

美容師としての経歴を活かすのであれば、美容メーカーの営業職としての転職を検討してみましょう。

3-2.美容師のクリエイティブな発想が活かせる仕事

美容師のクリエイティブな発想を活かせる職種の例は、以下の通りです。

職種種類想定年収
企画職商品企画450~500万円
宣伝企画450~500万円
広報企画350~480万円
営業企画450~550万円
ITエンジニアシステム開発500~550万円
ネットワーク設計・構築550~650万円
通信インフラ設計・構築550~640万円
運用保守、テクニカルサポート400~500万円

上記の中でも特に、宣伝企画は元美容師の方に向いています。

その理由は、宣伝企画は世の中の動向やトレンドを敏感に察知し、商品やサービスの販売促進や認知度アップに活かす仕事だからです。

流行の最先端を行くお洒落に敏感になることが必須の美容師には特に適性が高いでしょう。

また、パソコンに苦手意識がない方であれば、IT業界のエンジニアとして働くこともおすすめできます。

エンジニアの募集の中には、未経験でも中途で採用し育成する意欲が高い企業空の求人も多いため、応募を検討してみるのも良いでしょう。

3-3.コミュニケーションスキルを活かせる仕事

美容師のコミュニケーションスキルを活かせる職種の例は、以下の通りです。

職種種類想定年収
営業職販売・施策提案営業250~550万円
事務職一般事務・アシスタント200~350万円
サービス職ホテルスタッフ300~400万円
アミューズメント施設スタッフ300~350万円
アパレル店員200~400万円

最もおすすめなのは年収アップの幅が大きい営業職ですが、営業やサービスの仕事と比べて残業や転勤が少ない事務職もおすすめします。

また、事務職は土日祝休みの企業が多いため、美容師として働いていた頃では難しかった規則的な生活や、ワークライフバランスを実現させることも可能でしょう。

補足:実務未経験の元美容師でも事務の内定を取ることは可能

事務職はExcelやPowerPointといったオフィスソフトの使用経験がないと採用されないのではないか、と不安を覚える方は多いです。

しかし実際のところ、企業の採用担当は履歴書に書けるようなオフィスソフトの使用経験(ハードスキル)よりも、コミュニケーション能力や協調性の有無(ソフトスキル)を重要視する場合がほとんどです。

そのため、高いコミュニケーションスキルを持っていることが期待される元美容師は、選考時点で有利である可能性が高いといえるでしょう。

4.美容師から転職するときに気を付けるべき3つのポイント

美容師が異業種に転職する際、あらかじめ転職活動のコツを知っておくことで、転職が成功する可能性が大きく上がります。

ここからは、美容師の転職活動で気を付けるべき3つのポイントを紹介していきます。

4-1.転職したい理由を明確にする

美容師から転職をする方は、多くの場合、現職に対して不満があるというのが理由です。

職場への不満を理由に転職することは悪いことではありません。

しかし、面接で天将理由を話す際に前職のマイナス面ばかりを伝えてしまうと、あまり印象が良くないことも事実です。

そのため、転職理由は相手にポジティブな印象を与えられるよう言い換えることが重要になります。

たとえば、次のような転職理由は面接官にポジティブに伝わりやすいでしょう。

  • 今後を見据えたうえで成長のために転職を決意した
  • 美容師の経験を活かし、新しい仕事にチャレンジすることで社会貢献がしたい

職場への不満を上記のような転職理由に言い換えることで、「目的のある転職を決断できる人」「成長意欲が高い人」という印象を与えることができます。

4-2.美容師の経験をアピールする

美容師からの転職を成功させるポイントは、自分が積み重ねてきた美容師としての経験を転職活動でアピールすることです。

また、自己PRは企業が自分に期待していることと、自分が企業にどのような価値を提供できるかの2点を意識して伝えるのがベストでしょう。

2章でも触れましたが、美容師の経歴のアピールに有効な自己PRとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 来店するお客様や同じ職場で働く美容師・アシスタントと円滑なコミュニケーションが取れる
  • 悩みに寄り添い、最適な解決策を提案する傾聴力・提案力がある
  • 美容に関する商品や薬品への知見が深い
  • 型にはまらない自由でクリエイティブな発想ができる

これ以外にも、日々の業務を通して得たスキルや事務処理能力など、経験に応じて様々な自己PRが可能です。

まずは自分のアピールポイントを知るために、紙に書き出してみましょう。

4-3.転職エージェントを活用する

ここまで、美容師からの転職するときのポイントや、転職先におすすめの職種を紹介しました。

しかし、ここまでお話ししたすべてを自分ひとりだけで行うことは非常に難易度が高いです。

特に、労働時間が長く休日数が少ない職場も多い美容師の場合は、求人に応募し、応募書類を作成する時間も取りづらくなります。

美容師からの転職に失敗してしまう方は以下のような方が多いため、対策をしないまま転職活動に踏み切ることはリスクが高いと言えるでしょう。

  • きちんと準備をしないまま転職活動を始めてしまい、情報不足や焦る気持ちから満足の行く転職ができなかった。
  • 自分にあった仕事がわからないまま転職してしまい、結果的に早期離職してしまった。
  • 美容師としての経験やスキルをうまくアピールできず不採用を連発し、転職活動そのものに嫌気がさしてしまった。

上記のような失敗を防ぐためには、転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは、美容師としての経験や強みを理解したうえで、最適な就職先を紹介してくれる転職のプロです。

また、求人の選び方だけではなく、書類選考や面接対策のサポートをしてくれます。

そのため、自分ひとりで転職活動を行うより、転職に成功する可能性が上がるでしょう。

5.美容師の転職におすすめの転職エージェント5選

ここからは、美容師の転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

今回紹介する5社を、おすすめ順にランキング形式で紹介していきます。

順位転職エージェント総合評価
1位マイナビエージェント★★★★☆
4.2
2位doda★★★★☆
4.1
3位リクルートエージェント★★★★☆
4.0
4位パソナキャリア★★★☆☆
3.8
5位ワークポート★★★☆☆
3.7

以下でそれぞれ詳しく紹介します。

マイナビエージェント

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

転職を検討する20~30代であれば、まず登録したい転職エージェントです

新卒領域で有名な『マイナビ』が運営しており、ベンチャーから大手まで求人数が豊富。例えば、エンジニア転職に特化した『ITエンジニア専用サービス』や、銀行・証券会社に強い『金融業界向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています。

そしてなにより、面接対策から職務経歴書の添削をはじめとしたサポート体制が充実しているので、その結果として「20代満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、慣れない転職に不安がある20~30代であれば、まず登録すべき1社です。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、サポート充実で満足度の高い『doda』や、業界最大手で好条件求人が多い『リクルートエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、『案件総数・内定決定数ともにNo.1』の実績を持つ国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルで、『他の転職エージェントで求人数がほぼない職種でも、リクルートならある』との口コミが見受けられるくらいなので、地方での転職や、40代以上の転職であってもおすすめすることができます。

また、年収750万円以上での転職を検討されているハイクラス層な方向けに『キャリアカーバー(by リクルート)』も運営しており、そこも合わせて幅広い層からの指示が集まっていました。

まずは登録してみて、自身の希望する求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

パソナキャリア

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.2」とマイナビエージェントに次ぐ実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの1社です。

公式サイト:
https://pasonacareer.jp

ワークポート

ワークポート』は、設立13年の総合転職エージェントです。

キャリアコンサルタント(コンシェルジュと呼んでいる)の対応は非常に丁寧と評判で、エージェントが初めての方にもおすすめです。

手厚いサポートを行うために拠点を『東京・大阪・福岡』に限定し、対面でのサポートを前提に、じっくりと時間をかけて親身に転職支援をしてくれるのが特徴です。

専任キャリアアドバイザーによる対面でのサポートを重視するエージェントなので、登録したら実際に面談に足を運びましょう。

登録時の入力も全エージェントで一番簡単で、特に職務経歴書をアップロードする必要もなく、氏名・生年月日・連絡先と、経験業務をプルダウンで選ぶだけで面談をしてもらえますので、転職の準備ができてない方も気軽な気持ちで利用できます。

登録後に来る電話は事務的ですが、実際に会うキャリアアドイバイザーは非常に熱心な方が多いので安心して面談にいきましょう。

ワークポート公式サイト:
https://workport.co.jp

※拠点|東京: 大崎駅 大阪: 淀屋橋駅(本町駅) 福岡: 博多駅

6. 転職エージェントをより効果的に利用する7ポイント

この章では、転職エージェントをより効果的に利用するためのポイントを7つお伝えします。

  1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく
  2. 転職時期は最短可能日程で答える
  3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる
  4. 経歴やスキルに嘘をつかない
  5. 推薦文は必ず確認する
  6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない
  7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

せっかく良い転職サービスを選んでも、上手に活用できなければもったいないので必ずチェックしましょう。

Point-1. スカウトを利用した場合、2週間に1回くらい連絡を入れておく

転職サイトは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞り応募者を探していくのですが、この時の表示順番が「更新日」(=最終接触日)なのです。

「更新日が古い=もうすでに転職を決めた可能性が高い」と判断されるので、連絡を怠っていると後回しにされ、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

スクリーンショット 2015-10-18 20.29.18

例えば、上記は「年齢30歳以下、転職回数1回以下、勤続年数2年以上、TOEIC780以上」で検索した結果ですが、実務的な処理としては、更新日が新しい順番に20人ずつメールを送って反応をみて、応募者がいなければ次の20人へ、といったように送信していきます。

更新日が古いと、いくら条件が良くても機械的に後回しになってしまう場合があるのです。

Point-2. 転職時期は最短可能日程で答える

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれるので、この時には「いいところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

※もちろん現職での退職手続きや引継ぎがあるはずなので、その点は伝えておきましょう。

Point-3. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Point-4. 経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報や一連のやりとりについては申し出をしない限りは情報が残ります。

コンサルタントでよく話題にあがるのが、「去年の登録情報と今回とで登録情報が違うよ・・・」という話です。

この場合、虚偽報告を行うリスキーな人材として紹介する案件を限るなどの判断がくだされます。

Point-5. 推薦文は必ず確認する

ほとんどの場合、担当コンサルタントはあなたを200字〜1000字で紹介する推薦文を書きますが、あまり優秀ではないコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけなどひどいケースがあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に今一度自分を見直したいため、書いていただいた推薦文をお送りいただけませんか?」と一声かけましょう。

Point-6. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

数社の転職サービスを使っている場合、同じ案件には複数の転職サービス経由で応募しないようにしましょう。

企業から「他の転職サイトからも応募があるんだけど」と担当に連絡がいってしまいます。

企業・担当コンサルタント両者に不信感を与え、場合によっては破談となるリスクさえあります。

Point-7. 紹介された会社の実態を口コミサイト『OpenWork』で調査

転職エージェントも売上がかかっていますから、なんとかしてあなたに転職を決めてもらいたいものです。

優良なコンサルタントであれば都合の悪いことを隠したりすることは少ないでしょうが、自衛のために口コミサイトの『OpenWorkを利用して裏をとるようにしましょう。

以下のような口コミが大量に集まっているので、その情報をもとに、社風や雰囲気をあらかじめ予想することができます。

上場企業であればほぼ全ての企業についての口コミが集まっていますので、ぜひ利用してください。

7. 【図解】転職エージェント利用の流れ

ここまで、転職が有利に進む転職サービスと、その活用ポイントをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職エージェントに登録したあとは、特に準備は必要とせず、気軽に身をゆだねれば良いのですが、初めて使う方は不安も多いかと思いますので、登録後何が起こるのかをざっくり把握しておきましょう

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. まずは公式ページから登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、『転職サービス』なのか『派遣サービス』なのかを確認するようにしてください

例えば、「パソナ」と検索するとパソナの派遣登録サイトが出てくるように、紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…ということがないように、十分に注意しましょう。

Step 2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録すると、担当から数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

事前に準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

※最初からアポイント調整に入る場合もあります。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたが転職エージェントのオフィスに訪問することもあれば、担当コンサルタントが近くまで来てくれることもあります。(日程・場所の都合が合わなければ電話面談になります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのコンサルタントに意見をもらえば、考えがまとまっていき、後悔ない転職をすることができるでしょう。

担当コンサルタントとは長い付き合いとなるため、できれば拠点に足を運ぶようにしましょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件~20件ほど紹介してもらえます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 履歴書・職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行ったりしてくれます。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げていきましょう。

Step 6. 紹介された求人に応募する

選考書類が完成したら、担当コンサルタントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、担当コンサルタントが企業に伝えてくれます。

求人サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べると転職エージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定は担当コンサルタントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、担当コンサルタントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、担当コンサルタントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど転職エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

まとめ

ここまで、美容師がほかの業界へ転職するための方法やおすすめの職種について解説しましたが、いかがでしたか?

まずは、今回紹介した転職エージェント5社の中から、併用して2~3社ほど登録してみることをおすすめします。

順位転職エージェント総合評価
1位マイナビエージェント★★★★☆
4.2
2位doda★★★★☆
4.1
3位リクルートエージェント★★★★☆
4.0
4位パソナキャリア★★★☆☆
3.8
5位ワークポート★★★☆☆
3.7

この記事が、美容師からの転職の良いサポートとなることを祈っています。