住友生命への転職を成功させる全知識|キャリアのプロが解説

転職 住友生命

住友生命に転職したい」「採用されるのは難しい?」とお考えですね。

中途採用は随時行われているものの、住友生命の採用ハードルは高めと言えます。

中途採用の募集要項を見てみると、一般的な営業職を除き、支部長登用を前提とした管理職採用や、原則としてマネージャー職への昇格を目指すポジションでの採用がメインとなっています。

また、社医や医務職員の募集も通年で行われているようです。

転職を成功させるには、入念な情報収集を行い、「どういった人材を求めているのか」をしっかり把握し、入念に対策を練る必要があります。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントとして数多くの転職をアドバイスしてきた私が、住友生命への転職にあたり知っておくべき知識を解説します。

  1. リアルな働き方
  2. 採用情報
  3. 企業情報
  4. 転職を成功させるコツ
  5. おすすめの転職エージェント

すべて読めば、住友生命への転職の第一歩を踏み出せるでしょう。

1.住友生命のリアルな働き方

 

年収
【 2.7 / 5 】
福利厚生
【 3.1 / 5 】
社員の平均年収は370~670万円!実力主義で成績が良ければ昇格・昇給も見込める。有休休暇のほか、3カ月に1回、健康増進休暇を取得できる。産休・育休・時短・看護休暇などの制度も魅力。
評価制度
【3.3 / 5 】
やりがい・成長
【 2.7 / 5 】
先輩社員に教育熱心な人が多い。成績次第が定量評価され給料に反映される。提案力やコミュニケーション力が求められる環境。やりがいや自己成長を実感している人が多数。
雰囲気・働きやすさ
【2.9 / 5 】
将来性
【2.8/ 5 】
社員は年配者が多く、古風な雰囲気がある。営業は安定して成績を出すことが求められる。ニューノーマルの時代においても「社会になくてはならない保険会社」の実現を目指しており、将来性に期待できる。

openwork / 転職会議の評価をもとに算出

住友生命で求められる人物像

  • 「お客様のお役に立ちたい」という想いを持つ
  • お客様と接する日々の活動を大切にする
  • 傾聴力と提案力を高めるために努力する
  • 研修や資格取得などを通じて勉強を続ける
  • 採用や育成を通してチームをつくる意欲がある

本章では住友生命のリアルな働き方について詳しく解説します。

1-1.年収

住友生命の年収相場は、およそ370~670万円ほどです。職種によって違いがあり、営業職では400万円前後、マネージャー職になり実績を上げることができれば700万円を超えることもあるようです。

実際の求人募集要項では、以下のように記載されています。

営業職の月給

  • コンサルティングディレクター補(総合営業管理職):月給300,000円~
  • CA(コンサルティング・アドバイザー(総合営業職):月給285,000円~
  • ライフデザイナー(営業):月給230,000円~

住友生命は、全体としては年功序列の要素が強いですが、成績が良ければ評価が上がり、基本給が上がっていくシステムで、成果に応じたポジションや報酬を用意する「実力評価」の制度を整えています。

実際に、公式サイトの採用ページでは、以下のようなモデル年収が提示されていました。(出典:住友生命保険相互会社

  • 年収500万/29歳 男性 ファイナンシャル・プランニング・デザイナー 入社2年目 販売事務から転職
  • 年収750万/42歳 男性 ファイナンシャル・プランニング・デザイナー 入社4年目 販売職から転職
  • 年収1,000万/38歳 女性 マネージャー 入社4年目 販売職から転職

1-2.福利厚生

住友生命は、従業員のライフスタイルが変わっても安心して長く働けるよう、福利厚生を充実させることに努めています。

  • 産前産後休暇
    …出産前6週間、出産後8週間
  • 育児特別休暇
    …勤続5年以上の職員が育児休職の最初の1ヶ月を有給として取得可
  • 両立支援休暇
    …小学校入学前の子の養育、または家族の介護のために1ヶ月に3日まで取得可
  • 看護休暇
    …小学校入学前の子どもの看護のために年10日取得可
  • 介護休暇
    …家族の介護のために年10日取得可
  • 育児休職制度
    …子どもが満3歳まで取得可
  • 介護休職制度
    …対象家族1人につき要介護状態ごとに3回、通算1年を限度に取得可
  • 在宅勤務制度
    …所属長が認めた場合、自宅等において勤務可能

また、全国各地の住友生命及び住友連携厚生施設(ホテル・スポーツクラブ)が利用できる制度もあります。

このような取り組みにより、従業員が心身ともに健康な状態で長く働くことができる会社作りを目指しているようです。

1-3.評価制度

住友生命は、2018年度からお客さま目線での生産性の向上を目指す「WPI(Work Performance Innovation)プロジェクト」に取り組んでいます。(出典:住友生命保険相互会社

従来の「業績評価」や「行動評価」による評点に、評価の対象期間中の労働時間に基づく「生産性ポイント」による調整を行うことで、「時間あたり生産性」を評価しています。

限られた時間の中でより高いパフォーマンスを発揮すること、例えば同一の成果であれば、より短時間で効率的に働いている職員を評価する制度となっています。

1-4. やりがい・成長

住友生命では、保険営業の基礎からマネジメント研修まで、従業員が支部長として成長できるよう2年9ヶ月間の教育研修を用意しています。

2年9ヶ月の研修を終えた後、支部長としてその後のキャリアを積み上げるなか、よりレベルの高いマネジメントを行なう職務へキャリアアップすることも可能です。

出典:住友生命

支部長を目指している従業員の声としては、公式サイトに下記のインタビューが掲載されています。

一人ひとりとのコミュニケーションの時間を増やすように意識し、「あなたの夢の実現を、私が全力でサポートします。そのために、お客さまのお役に立つことを積み重ねていきましょう」というスタンスで接するように改善していきました。
その結果、少しずつ職員から頼られることが増え、チームのパフォーマンスも上がっていったのです。そのおかげで、マネジメントの難しさと面白さを実感できました。

出典:住友生命

私のチームは現在8名。メンバーのパフォーマンスのために、1件1件に真正面から向き合うことを大切にしています。
約40人を束ねている営業部長や支部長をはじめ、お手本にできる上司が間近にいるため、マネジメントの流儀を常に吸収することができます。転職のそもそもの動機だった「マネジメントへの挑戦」を実践しながら、その難しさと醍醐味をかみしめています。

出典:住友生命

教育熱心な先輩が多いため、成長意識を持っている人にとっては、働きがいや成長を感じやすい環境であるという声が多数です。

営業の現場においては、コミュニケーション力の高さが求められるため、契約が取れたり顧客から感謝されたりすると、やりがいを実感できるという声も目立ちました。

1-5. 雰囲気・働きやすさ

住友生命は、企業風土としては、体育会系色が強いという意見が多くありました。

その反面、後輩の面倒見が良い人が多い、また女性の多い職場だが和気あいあいと働けるといったプラスの面も多く見られ、必ずしも体育会系の風土をマイナスに捉えている社員ばかりではないようです。

また女性社員が多く、産休や育休といった制度面においても働きやすい職場だという意見が多くありました。

ただし、営業職の場合は当然成績が伴わなければならず、休みを取れる環境であってもその分休日出勤する人も多く、周囲のフォローと自身の覚悟は必要だと言えます。

1-6.将来性

住友生命の業績や取組みを見る限り、将来性は期待できると言えます。

住友生命は、長期的な成長に向けた投資や新型コロナウイルス感染症に関連した保険金等支払いの増加などにより、2121年度上半期の基礎利益は前年同期比5.5%の減少で1840億円となりましたが、海外事業は、シメトラの企業保険部門での損益改善などにより、前年同期比44.4%の増加となっています。

出典:住友生命

 

また、2020年度からスタートした3か年計画「スミセイ中期経営計画2022」では、将来にわたって持続的に顧客の役に立つために、社会環境を的確に捉えたうえで、「社会になくてはならない保険会社」の実現を目指しています。

出典:住友生命

中期経営計画では、下記の3点を方針として掲げています。

スミセイ中期経営計画2022「基本方針」

  • 基本方針① 社会に貢献する~SDGs達成への貢献~
  • 基本方針② 社会に信頼される~すべての主語は「お客さま」~
  • 基本方針③ 社会の変化に適応する~進化し続ける企業へ変革~

住友生命では、非対面でのコミュニケーションに対するニーズや、健康に対する意識がより一層高まることにより、社会の変化がより大きく急速に進んでいくと考えています。

ニューノーマルの時代においても、生命保険業の本質における存在価値を感じてもらえる会社であり続けるために、2021年に中期経営計画の改定を行っており、これまで以上の業績拡大が予想されます。

2.住友生命の採用情報

住友生命では、積極的な中途採用を行っています

2020年度からスタートした3か年計画「スミセイ中期経営計画2022」では、「社会の変化に適応すること」を方針に掲げ、人材づくりについても長期的な目線に立って企業体質を変革する取組みを行っています。

出典:住友生命

本章では、住友生命の採用・求人に関する情報をまとめました。

2-1.中途採用での募集職種

住友生命では、積極的な中途採用を行っており、通年で以下の職種を募集しています。

募集職種

  • スミセイ ライフデザイナー
  • コンサルティングディレクター補(総合営業管理職)
  • CA(コンサルティング・アドバイザー 総合営業職)
  • FPD(ファイナンシャルプランニングデザイナー)
  • 社医・医務職員

それぞれの業務内容は以下の通りです。

スミセイ ライフデザイナー

・生命保険や損害保険の営業を担当
・個人営業コース・管理職コース等、幅広いフィールドで活躍可能

コンサルティングディレクター補(総合営業管理職)

・支部長(営業拠点の責任者)登用を前提とした管理職採用
・支部長として経験を積み、更なるキャリアアップも目指せる

CA(コンサルティング・アドバイザー 総合営業職)

・本社直属の“保険のプロフェッショナルチーム”の一員として働く
・最短3年間CAとして営業活動に従事する
・昇格条件をクリアすれば、TCA(トータルコンサルティングアドバイザー)への昇格も可能

FPD(ファイナンシャルプランニングデザイナー)

・生命保険・損害保険の募集業務 アフターフォロー
・原則としてマネージャー職への昇格を目指すポジション
(一定以上の募集実績・採用実績あることが条件)

社医・医務職員

・保険加入申込のお客さまに対する診査
・医的事項に関する指導・教育等

出典:住友生命

2-2.求められる人材

住友生命では、以下の条件に該当する人材を採用したいと考えているようです。

住友生命で求められる人物像

  • 「お客様のお役に立ちたい」という想いを持つ
  • お客様と接する日々の活動を大切にする
  • 傾聴力と提案力を高めるために努力する
  • 研修や資格取得などを通じて勉強を続ける
  • 採用や育成を通してチームをつくる意欲がある

住友生命は、職員一人ひとりが価値でありブランドとなることから、それを支えるバックオフィスも、それをつなぐ大きな価値であると考えています。

そのため、人財育成への取組みが重要と考え、2021年4月には社長直轄の「人財共育本部」を立ち上げました。

この部署名には、「人は財産」であり、教える・育てるではなく「共に育つ」という意味を込めています。

住友生命では、自主性をもって行動し、会社に貢献できるよう尽力する人材を求めているようです。

公式サイトの「社長メッセージ」にも下記のように掲載されています。

社長メッセージ

職員自身も教えられる立場だけではなく、いかに自分自身の価値を発揮していけるか、あるいは自分自身が周りの職員に対してどのように貢献していけるかというマインドセットが大切です。

そのような「共に育つ」ことができる企業風土をじっくりと腰を据えて醸成することで、人の価値をもっと高めていきたいと思っています。

出典:住友生命

3.住友生命の企業情報

1907年に大阪府において設立された住友生命は、国内大手の生命保険会社です。

日本生命・第一生命・明治安田生命と並び国内4大生保として知られており、保険料収入・総資産においては、これら3社に次ぐ国内第4位の生命保険会社です。

3-1.事業内容

住友生命では、お客さまお一人おひとりのニーズにしっかりとお応えし、お客さまとそのご家族に最適な保障を提供することを目指し「あなたの未来を強くする」というメッセージを掲げています。

また、ブランドビジョンとしては以下4つを挙げており、医療や介護の保障、老後の生活と多様化する生命保険へのニーズに応えられる企業を目指しています。

ブランドビジョンのエッセンス

  • “いつも、いつまでも続く”先進のコンサルティング&サービス
  • “強く生きる”ための商品開発で業界をリードする
  • 一歩先行く“感動品質”のお客さま対応
  • “健康な人生・豊かで明るいシニアライフ”を応援する、進化するサポートプログラム

出典:住友生命

また、住友生命では、中国、ベトナム、インドネシアなどアジア市場を中心に海外事業展開を進めており、2016年には世界最大の生命保険市場であるアメリカのシメトラ社の完全子会社化も行っています。

2019年には、シンガポールのシングライフに出資しています。2020年11月にシングライフによる現地大手保険会社アビバ・シンガポールの買収と、それに伴う持株会社化に際し、住友生命は資本面から買収をサポートすべく、追加出資を実行しました。

今後も、シメトラ社とのシナジーの発揮、アジア既存投資先への技術援助等による企業価値向上、海外人材育成を中心に、海外事業拡大を進めていくとしています。

出典:住友生命

3-2.会社概要

住友生命の会社概要を以下にまとめました。

本社所在地大阪府大阪市中央区城見1-4-35
代表者取締役 代表執行役社長 高田 幸徳
設立明治40年(1907年)5月
資本金基金:6,390億円(基金償却積立金を含む)
売上保険料等収入:2兆4,155億円(2021年3月期)
従業員42,954名(2022年1月時点)
(職員10,973名、営業職員31,981名)
事業内容生命保険業、付随業務ほか

4.住友生命への転職を成功させるコツ

志望転職を成功させるためには、以下3つのコツを押さえておきましょう。

  1. 自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う
  2. 情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える
  3. 頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

それぞれ詳しく解説します。

4-1.自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う

まずは自己分析・キャリアの棚卸しを徹底しましょう。

自らの長所やスキルを言語化したり、これまでの経歴を振り返ったりすることで、アピールポイントとなる強みを見つけ出すことができます。

自己分析の着眼点

  • 振り返り
    …これまでのキャリアを振り返る
  • 転職してどうなりたいのか
    …「なぜ転職したいのか?」「どんな人生を歩みたいのか?」など自身の「なりたい状態」を考える
  • できること
    …これまでの経験からどんなことを学んできたのか、どのようなスキルがあるのか

上記を重点的に考えることで、「魅力的な職務経歴書の作成」「面接での効果的なアピール」が可能となります。

4-2.情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える

「自分はどのような強みがあるか」だけではなく、「企業はどのような人材を求めているのか」を考えることも重要です。

そのためにも、企業のコーポレートサイトや求人情報を徹底的に調べることが欠かせません。

また、採用条件だけでなく、以下の情報から求められる人物像を読み取ることも重要です。

求める人物像を読み取る観点

  • 企業の成長ステージ
    …創業期であれば即戦力や横断的なスキルを持つ人材が求められる。一方、成熟期はマーケティング人材や異業種人材が求められる傾向
  • 理念・ビジョン
    …企業が目指す事業の形から、どのような考え・姿勢で働く人材を求めているかを考える

企業情報を踏まえた志望動機・自己PRを行うことで、採用選考の確率を高めることができます。

4-3.頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

「頻出の質問」に対する回答を、あらかじめ考えておくなど、事前に面接準備を行っておくことで、スムーズな対応が可能になり、的確に自分をアピールできます。

面接で頻出の質問

  • 「あなたの強みは何ですか?」
  • 「なぜ転職しようと思ったのですか?」
  • 「弊社を志望した動機を教えてください」
  • 「弊社に活かせるスキルや経験を教えてください」

また、面接特有の空気感に緊張してしまい、本番で思うように受け答えができないという方も少なくありません。

このような事態を防ぐためにも、模擬面接(面接の練習)を行っておくことが大切です。

選考・面接対策は転職エージェントの利用がおすすめ

採用確率を高める選考対策は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、以下のサポートが受けられるからです。

  • ヒアリングを通して強みやアピールポイントを客観的に見極めてくれる
  • 応募書類の添削を行ってくれる
  • 模擬面接など、事前の面接対策も可能

転職エージェントを利用することで、転職のプロから採用側の視点で、客観的なアドバイスをもらうことができるので、積極的に活用することをおすすめします。

5.住友生命への転職におすすめのエージェント

転職を前向きに考えている方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェント利用のメリット

  • 業界・企業に合わせた選考対策をしてくれる
  • 日程調整や年収交渉を代行してくれる
  • あなたに本当に合った企業を紹介してくれる

また、大手企業の求人は、一般的な転職サイトで見つからなくても、転職エージェント経由で非公開求人(エージェント利用者のみ応募できる求人)として募集されていることも多々あります。希望条件を伝えておけば、募集が開始されたタイミングでいち早く知らせてもらうことも可能です。

本章では、大手エージェントの中から特に求人数の多いサービスを厳選して紹介します。

←左右にスクロールできます→

 総求人数おすすめの年代現在の年収目安特徴提案力サポート力支社
リクルートエージェントリクルートエージェント314,08620代後半~50代300~700万円・総求人数No1
・業界最大手で実績豊富

4.2

3.9
東京・北海道・宮城・栃木・埼玉
千葉・神奈川・静岡・愛知・京都
大阪・兵庫・岡山・広島・福岡

doda

dodaエージェント

132,36020代後半~50代300~700万円・求人数が多い
・地方の転職にも強い

4.0

3.6
東京・北海道・宮城・神奈川・静岡・愛知
大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡
マイナビエージェントマイナビエージェント60,10520代前半~30前半250~500万円・若年層向けサポートが好評
3.8

4.2
東京・神奈川・北海道
宮城・愛知・京都
大阪・兵庫・福岡

求人数は2021/12時点

※求人の有無については、各エージェントごとに、職種や時期、募集人数といった要因で変動します。「このエージェントに登録すれば確実に求人情報をキャッチできる」というわけではないので注意してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト: https://r-agent.com/

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

dodaエージェント

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビエージェント

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)と併用することをおすすめします。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

さいごに

住友生命での働き方や転職について紹介しました。

住友生命への転職は自己成長・社会貢献の度合いを実感できるなどの面でメリットが大きいですが、採用されるポジションによって、求められる貢献度や人物像が異なる点に注意しておきましょう。

転職成功のポイントは、徹底した事前準備にあります。

より転職成功率を高めたいという方は、転職エージェントを利用して、選考対策を行うことをおすすめします。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。