アディダス・ジャパンへの転職を成功させる全知識|キャリアのプロが解説

転職 アディダス

アディダス(アディダス・ジャパン)に転職したい」「採用されるのは難しい?」とお考えですね。

中途採用は随時行われているものの、アディダスの採用ハードルは高めと言えます。

中途採用の募集要項を見てみると、「本社採用」と「店舗採用」のどちらも、専門職やマネージャー候補枠での採用がメインとなっています。

転職を成功させるには、入念な情報収集を行い、「どういった人材を求めているのか」をしっかり把握し、入念に対策を練る必要があります。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントとして数多くの転職をアドバイスしてきた私が、アディダスへの転職にあたり知っておくべき知識を解説します。

  1. リアルな働き方
  2. 採用情報
  3. 企業情報
  4. 転職を成功させるコツ
  5. おすすめの転職エージェント

すべて読めば、アディダスへの転職の第一歩を踏み出せるでしょう。

1.アディダスのリアルな働き方

年収
【 2.9 / 5 】
福利厚生
【2.7 / 5 】
社員の平均年収は582万円以上!中途は前職の年収も考慮されるため、同じポジションで差が出ることもある。通勤手当・残業手当が支給され、退職金制度もある。社員割引で自社製品が購入できることを評価する人が多い。
評価制度
【 2.9 / 5 】
やりがい・成長
【3.3/ 5 】
独自のコンピテンシー評価制度があり、昇給・昇格について判断する。昇給には昇格が必須という声が多数。スポーツ好きな人にとってはやりがいを実感しやすい。仕事を通じた成長を実感している人が多い。
雰囲気・働きやすさ
【3.2 / 5 】
将来性
【 3.4 / 5 】
様々な国籍の人がいてオープンな雰囲気。主体的に取り組んでいける人でないとやや厳しいという声もある。2022年~2025年の成長戦略として、スポーツとライフスタイルに注力。世界情勢を含めた変化に強い。

openwork / Lighthouse / 転職会議の評価をもとに算出

アディダスで求められる人物像

  • 自分たちには、スポーツを通して人々の人生を変える力があると信じる
  • 消費者をすべての活動の中心に据え、従業員によって実現するという意識を持つ
  • 5つのカテゴリー「サッカー、ランニング、トレーニング、アウトドア、ライフスタイル」に注力する
  • より多くの女性消費者を惹きつけることにコミットする
  • サステナビリティ(持続可能性)にかかわる企業の方針を理解する

本章ではアディダスのリアルな働き方について詳しく解説します。

1-1.年収

口コミによる参考値では、アディダスの平均年収は582万円となっており、同業のアシックスなどと比べると少し高めと言えます。

職種別に平均年収が異なり、詳細(口コミによる参考値)は下記の通りです。

職種別の平均年収

  • 販売:年収:345万円(210万円~600万円)
  • マーケティング:年収:916万円(620万円~1,500万円)

2022年1月現在、「本社採用」の公開求人はありませんでしたが、「店舗採用」の公開求人があり、募集要項は以下のように記載されています。

販売スタッフ職の月給

  • 販売スタッフ:月給270,000円~
    ※インセンティブ制度あり、交通費規定支給(月5万円迄)

1-2.福利厚生

アディダスは、以下のような福利厚生制度を設けています。

  • 休暇制度
    …有給休暇(初年度15日)
    …育児休暇
    …介護休暇
  • その他の制度
    …社会保険制度
    …社員割引
    …買物割引
    …確定拠出年金

口コミサイトでは、退職金制度や、スポーツ観戦優待・ジム優待制度のことを評価している声が目立ちました。

このような取り組みにより、社員が安定的、かつ健康的に働くことができる職場作りを目指しているようです。

1-3.評価制度

独自のコンピテンシー評価制度があり、「パーソナリティ、販売実績、経験」により昇給・昇格について判断します。

昇給が年1回あるほか、賞与が年1回3月に、月額インセンティブが四半期ごとに支給されます。

口コミでは、昇格しない限り大幅に昇給することはないという意見が目立ちました。

また、数字達成へのプレッシャーは、他の企業と比較できないほど大きいという声が多数ありました。

店舗勤務で結果を出し、評価されると、販売員から本社勤務に抜擢されることもあります。

1-4. やりがい・成長

職場の士気は非常に高く、仕事のスピード感もあるため、仕事を通じた成長を実感している人が多数です。

また、スポーツ経験者が多いこともありチームワークは良く、スポーツ好きな人にとってはどの部署でもやりがいを実感しやすいと言えます。

ちなみに、外資企業なので、英語ができないとキャリアアップは難しいという声もありました。そのため、上のポジションを目指したい人はまずは英語力を高めてから応募するのもありと言えます。

1-5. 雰囲気・働きやすさ

社員の中にはスポーツ好きな人が多く様々な国籍の人がいてオープンな雰囲気という声が多数でした。

一方で、外資系の割に気合いを重視するような体育会系の雰囲気もあるという声や、主体的に取り組んでいける人でないとやや厳しいという声もありました。

また、入社後のキャリアについては、その職種で上のポジションを目指せる他、社内公募制を利用して他の職種や海外にも挑戦できる機会があるのは好評でした。

1-6.将来性

アディダスグループは、世界的な規模での事業計画を立てているため、世界情勢を含めた変化に強い傾向があります。

アディダスグループの2020年12月通期決算は、売上高が前期比16.0%減の198億4400万ユーロ(約2兆5598億円)、営業利益が同71.7%減の7億5100万ユーロ(約968億円)となり、コロナ禍での苦戦を強いられていることが見て取れます。

地域別の売上高では、アジア太平洋地域が18.5%減の65億4600万ユーロ(約8444億円)となっており、世界の全ての地域で減収となっています。

アディダスグループは、2022年~2025年の成長戦略として、スポーツ(サッカー・ランニング・トレーニング・アウトドア)、およびライフスタイルに注力しています。

また、今後の成長分野として、ウィメンズとサステナビリティを挙げています。それに関連して、2021年3月には、世界の女性アスリートの声を反映したアクティブウエアのコレクションを発売しました。

加えて、サステナビリティでの取り組みに関しては、2025年までに、10のアイテムのうち9つがサステナブルになることを目指しています。

2.アディダスの採用情報

アディダスでは、積極的な中途採用を行っています。採用枠には、「本社採用」と「店舗採用」の2つがあります。

出典:アディダス

本章では、アディダスの採用・求人に関する情報をまとめました。

出典:アディダス

2-1.中途採用での募集職種

アディダスでは、積極的な中途採用を行っており、2022年1月現在、以下の職種を募集しています。

募集職種

  • アシスタントマネージャーEコマースバイイング(本社採用)
  • レンジアーキテクチャシニアマネージャー(本社採用)
  • 東京ニュースルームPRスポーツマネージャー(本社採用)
  • シニアストアマネージャー候補(店舗採用)

それぞれの業務内容は以下の通りです。

アシスタントマネージャーEコマースバイイング(本社採用)

・範囲構造、品揃え計画、キャンペーンカレンダーを最適化するために、チャネルの需要に基づいてネージャーをサポートする。
・ビジュアルマーチャンダイジング、デジタルアクティベーション、およびeComオペレーション/カスタマーエクスペリエンスチームに配信ステータスを反映した最新の製品発売情報を提供して、eComでの最適化された消費者の旅に備える。

レンジアーキテクチャシニアマネージャー(本社採用)

・CTCチーム内のリーダーシップフレームワークを推進する。
・日本のカテゴリ計画、ブランドアクティベーション、およびSCMチームと協力して、季節的な戦略/優先順位/洞察を理解し、APAC CTCRAが提供する季節的な範囲アーキテクチャを検証および更新しながら優れた運用を推進する。
・SLTサインオフの範囲アーキテクチャを提示し、カテゴリ計画および品揃え計画と連携して、さまざまな主要な市場開拓マイルストーンでの展開の完全な計画を提示する。

東京ニュースルームPRスポーツマネージャー(本社採用)

・メディアリレーションズとPRプランを作成して、主にライフスタイル、文化、スポーツ、ファッションプレス全体でのプロダクトプレースメントとピッチングストーリーを通じて、アディダスブランドの優先コンセプト、カテゴリ、製品、キャンペーン、イベントをサポートする。
・革新的なPRテクニック、説得力のあるストーリーのアイデア、明確なメッセージ、主人公の社説、大規模なプレスイベント、主要キャンペーンのサポートなど、放送、印刷、デジタルチャネル全体の優先メディアを対象としたエキサイティングなツールを実装する。

シニアストアマネージャー候補(店舗採用)

・オペレーションを制御しながら、売上目標と利益目標を達成または上回ることによって店舗の収益性を促進する。
・店舗管理チームが店舗内全てのリソース活用し、消費者へ優れた経験を提供するようにマネジメントする。また、店舗チームをリードし、ブランド・エクイティを構築する。

出典:アディダス

2-2.求められる人材

アディダスでは、以下の条件に該当する人材を採用したいと考えているようです。

アディダスで求められる人物像

  • 自分たちには、スポーツを通して人々の人生を変える力があると信じる
  • 消費者をすべての活動の中心に据え、従業員によって実現するという意識を持つ
  • 5つのカテゴリー「サッカー、ランニング、トレーニング、アウトドア、ライフスタイル」に注力する
  • より多くの女性消費者を惹きつけることにコミットする
  • サステナビリティ(持続可能性)にかかわる企業の方針を理解する

また、アディダスは、企業理念と戦略について、「サステナビリティ(持続可能性)」や「イノベーション」といった分野での取り組みを掲げており、下記がその詳細となります。

【サステナビリティ(持続可能性)】

これからの数年、アディダスは持続可能性への取り組みを改めて大幅に拡大し、持続可能な製品を大規模に提供する包括的な消費者志向のプログラムへと移行していきます。

既に現在、アディダス製品の10品目中6品目が持続可能な素材で作られています。

2025年までには、アディダスは3つのループシステムを拡大し、さらに革新を進めて10個中9個を持続可能な製品にします。

出典:アディダス

【イノベーション】

アディダスは、これからの数年、社内の全ての領域に渡ってイノベーションのマインドセットを強化し、Boost TechnologyやParley for the Oceansとのパートナーシップで過去既に実証されているような、画期的なイノベーションを継続して実現していきます。

持続可能な製品と製造プロセスを生み出すための更なるイノベーションは既に始まっています。数ヶ月後に、アディダスは「Ultraboost DNA Loop」を初めて大規模な販売を計画しています。成功を収めたランニングシューズのこのバージョンは、そのライフサイクルを終えたとき、裁断され再利用することができるのです。

出典:アディダス

中途採用の面接では、上記のようなアディダスの「企業理念と戦略」を調べ、特に共感できる箇所やその理由などを伝えて、同社で活躍できる素養や実力を兼ね備えていることをアピールすることをおすすめします。

3.アディダスの企業情報

アディダスは、1998年に設立された独アディダスグループの日本支社で、アディダス製品の輸入販売を手掛けています。(直営店92店舗 / 2020年9月時点)

アディダスグループは、スポーツメーカーとしてナイキに次ぐ世界第2位で、2016年12月期に純利益が初めて10億ユーロを突破しました。

出典:アディダス

3-1.事業内容

アディダスグループは、主力である「アディダス」を軸として複数のブランドを展開する他、「リーボックブランド」も展開しています。

ブランド概要
スポーツパフォーマンス
すべてのアスリートが最高のパフォーマンスを発揮するために設計・開発されたブランド
ストリートブランド
2001年に誕生したストリート・スポーツウェアブランド
スニーカーブランド
「Y-3(ワイスリー)」は、2001年にアディダスとヨウジヤマモトのコラボスニーカーブランド
スポーツカジュアル・スタイル
アクティブな若者向けに、スポーツカジュアルなスタイルを提案するレーベル
リーボック
1895年発祥のフィットネス・ライフスタイルブランド

アディダスグループは、ドイツ・バイエルン州の本社を中心に、全世界に6つのヘッドクオーター(本社機能を有する拠点)を持ち世界各地で展開しています。

東京はアディダスの重要6都市に選ばれている他、日本市場に合わせネット通販の強化、女性の取り込みに向けた様々な活動なども展開しています。

また、社内公募制を利用して海外のポジションに手を上げることもできる他、海外のアディダスグループのポジションでキャリアを積むコースも用意されています。

出典:アディダス

アディダスは企業理念として、『Through sport, we have the power to change lives./ スポーツを通して、私たちには人々の人生を変える力があります。』と掲げています。

出典:アディダス

アディダスは、2025年までの戦略的ビジネスプランとして、「Own the Game」を掲げています。公式サイトでは「アディダスの戦略はスポーツに深く根ざし、消費者をすべての活動の中心に据え、従業員によって実現していく」とメッセージし、スポーツ(サッカー・ランニング・トレーニング・アウトドア)、およびライフスタイルの5つの分野に注力することを表明しています。

3-2.会社概要

アディダスの会社概要を以下にまとめました。

本社所在地東京都港区六本木1丁目9番10号 アークヒルズ 仙石山森タワー
代表者代表取締役 ステイン・ヴァンデヴォースト
設立1998年2月19日
資本金4億9,900万円
売上2兆5598億円(グループ全体、2020年12月期)
従業員2,515人(2020年9月末時点)
事業内容アディダス・リーボックブランド製品の販売とその付帯事業

 4.アディダスへの転職を成功させるコツ

志望転職を成功させるためには、以下3つのコツを押さえておきましょう。

  1. 自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う
  2. 情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える
  3. 頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

それぞれ詳しく解説します。

4-1.自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う

まずは自己分析・キャリアの棚卸しを徹底しましょう。

自らの長所やスキルを言語化したり、これまでの経歴を振り返ったりすることで、アピールポイントとなる強みを見つけ出すことができます。

自己分析の着眼点

  • 振り返り
    …これまでのキャリアを振り返る
  • 転職してどうなりたいのか
    …「なぜ転職したいのか?」「どんな人生を歩みたいのか?」など自身の「なりたい状態」を考える
  • できること
    …これまでの経験からどんなことを学んできたのか、どのようなスキルがあるのか

上記を重点的に考えることで、「魅力的な職務経歴書の作成」「面接での効果的なアピール」が可能となります。

4-2.情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える

「自分はどのような強みがあるか」だけではなく、「企業はどのような人材を求めているのか」を考えることも重要です。

そのためにも、企業のコーポレートサイトや求人情報を徹底的に調べることが欠かせません。

また、採用条件だけでなく、以下の情報から求められる人物像を読み取ることも重要です。

求める人物像を読み取る観点

  • 企業の成長ステージ
    …創業期であれば即戦力や横断的なスキルを持つ人材が求められる。一方、成熟期はマーケティング人材や異業種人材が求められる傾向
  • 理念・ビジョン
    …企業が目指す事業の形から、どのような考え・姿勢で働く人材を求めているかを考える

企業情報を踏まえた志望動機・自己PRを行うことで、採用選考の確率を高めることができます。

4-3.頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

「頻出の質問」に対する回答を、あらかじめ考えておくなど、事前に面接準備を行っておくことで、スムーズな対応が可能になり、的確に自分をアピールできます。

面接で頻出の質問

  • 「あなたの強みは何ですか?」
  • 「なぜ転職しようと思ったのですか?」
  • 「弊社を志望した動機を教えてください」
  • 「弊社に活かせるスキルや経験を教えてください」

また、面接特有の空気感に緊張してしまい、本番で思うように受け答えができないという方も少なくありません。

このような事態を防ぐためにも、模擬面接(面接の練習)を行っておくことが大切です。

選考・面接対策は転職エージェントの利用がおすすめ

採用確率を高める選考対策は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、以下のサポートが受けられるからです。

  • ヒアリングを通して強みやアピールポイントを客観的に見極めてくれる
  • 応募書類の添削を行ってくれる
  • 模擬面接など、事前の面接対策も可能

転職エージェントを利用することで、転職のプロから採用側の視点で、客観的なアドバイスをもらうことができるので、積極的に活用することをおすすめします。

5.アディダスへの転職におすすめのエージェント

転職を前向きに考えている方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェント利用のメリット

  • 業界・企業に合わせた選考対策をしてくれる
  • 日程調整や年収交渉を代行してくれる
  • あなたに本当に合った企業を紹介してくれる

また、大手企業の求人は、一般的な転職サイトで見つからなくても、転職エージェント経由で非公開求人(エージェント利用者のみ応募できる求人)として募集されていることも多々あります。希望条件を伝えておけば、募集が開始されたタイミングでいち早く知らせてもらうことも可能です。

本章では、大手エージェントの中から特に求人数の多いサービスを厳選して紹介します。

←左右にスクロールできます→

 総求人数おすすめの年代現在の年収目安特徴提案力サポート力支社
リクルートエージェントリクルートエージェント314,08620代後半~50代300~700万円・総求人数No1
・業界最大手で実績豊富

4.2

3.9
東京・北海道・宮城・栃木・埼玉
千葉・神奈川・静岡・愛知・京都
大阪・兵庫・岡山・広島・福岡

doda

dodaエージェント

132,36020代後半~50代300~700万円・求人数が多い
・地方の転職にも強い

4.0

3.6
東京・北海道・宮城・神奈川・静岡・愛知
大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡
マイナビエージェントマイナビエージェント60,10520代前半~30前半250~500万円・若年層向けサポートが好評
3.8

4.2
東京・神奈川・北海道
宮城・愛知・京都
大阪・兵庫・福岡

求人数は2021/12時点

※求人の有無については、各エージェントごとに、職種や時期、募集人数といった要因で変動します。「このエージェントに登録すれば確実に求人情報をキャッチできる」というわけではないので注意してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント-トップ画面

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

dodaエージェント

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビエージェント

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)と併用することをおすすめします。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

さいごに

アディダスでの働き方や転職について紹介しました。

アディダスへの転職は、やりがい・自己成長・仕事を通じた社会貢献などの面でメリットが大きいですが、社内でのキャリアアップには英語力が必要になることや、サステナビリティ(持続可能性)などの企業の取り組みに貢献できる人物が求められている点に注意しておきましょう。

転職成功のポイントは、徹底した事前準備にあります。

より転職成功率を高めたいという方は、転職エージェントを利用して、選考対策を行うことをおすすめします。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。