イケア・ジャパンの転職を成功させる全知識 | キャリアのプロが直伝!

転職 イケア

「イケア・ジャパンに転職したい」「採用されるのは難しい?」とお考えですね。

中途採用は随時行われているものの、イケア・ジャパンの採用ハードルは高めと言えます。中途採用の募集要項を見てみると、「フルタイム正社員」「短時間正社員」ともにHR部やマーケティング部、経理部といった専門職での採用がメインとなっています。

また、どのポジションにおいても英語での読み書きや会話に抵抗がない人材を求めており、業務によっては英語力の高い人材を募集しているようです。

それに加えて、イケア・ジャパンではカルチャーマッチを特に重視しており、専門職としてのスキルが高くても、自社の基準となる価値観に合わないと採用されません。

そのため、イケア・ジャパンへの転職を希望する際は、入念な情報収集を行い、「どういった人材を求めているのか」をしっかり把握し、対策を練る必要があります。

そこでこの記事では、キャリアコンサルタントとして数多くの転職をアドバイスしてきた私が、イケア・ジャパンへの転職にあたり知っておくべき知識を解説します。

  1. リアルな働き方
  2. 採用情報
  3. 企業情報
  4. 転職を成功させるコツ
  5. おすすめの転職エージェント

すべて読めば、イケア・ジャパンへの転職の第一歩を踏み出せるでしょう。

1.イケア・ジャパンのリアルな働き方

年収
【 2.6 / 5 】
福利厚生
【 3.3 / 5 】
社員の平均年収は350〜500万円。実力主義で、フルタイム正社員は年俸制。有休消化率が高い。年に2回の長期休暇「バケーション」も魅力。
評価制度
【 3.2/ 5 】
やりがい・成長
【 3.5 / 5 】
常に挑戦することを求められるが、キャリア・年齢に関係なく仕事を任せてもらえる。空きが出たポジションへ「社内公募制度」により応募可能。自主性のある人がやりがいを感じやすい風土。
雰囲気・働きやすさ
【3.7 / 5 】
将来性
【 3.5/ 5 】
スウェーデン系企業のため、オープンな雰囲気。男女平等で、人種・年齢・性別での区別がない。家具業界では世界トップのシェア。北欧の家具・アイテムは一定のニーズがあり、今後も成長が見込まれる。

openwork / Lighthouse / 転職会議の評価をもとに算出

イケア・ジャパンで求められる人物像

  • 自主性がある
  • 「ジェンダー平等」を意識して仕事に取り組む
  • 個性を発揮し、失敗を恐れずにチャレンジする
  • 熱意、連帯感、やり遂げる姿勢を持つ
  • 資格や経験がなくても新しいポジションに挑戦する

本章ではイケア・ジャパンのリアルな働き方について詳しく解説します。

1-1.年収

イケア・ジャパンは非上場企業なので平均年収は非公開ですが、口コミなどを見る限り、年収相場は350〜500万円です。

残業代はしっかり支給されますが、基本的に残業しないことが求められます。

実際の求人募集要項では、以下のように記載されています。

リクルーター職の月給

  • リクルーター(採用業務全般):年俸:350万円以上
    ※12分割して1/12を月々支給。
    ※賞与は年間の売上、他KPIの達成により年に1度支給あり(達成状況により支給なしの場合もあり)。

イケア採用HPで検索すると、フルタイムの求人で「ピープル & HR」「IT & デジタルソリューション」「ロジスティックス & サプライチェーン」「マーケティング & コミュニケーション」などがありました。

年収などの待遇については、公式サイトの求人募集要項に詳細が書かれていませんが、求人情報などを見ると350万円スタートが多いようです。

1-2.福利厚生

イケア・ジャパンは、「すべての人を受け入れる職場」を指針の一つとして掲げ、社員一人ひとりが長く働くことができるような制度作りをしています。

子育て支援制度
…産前産後休暇
…育児休暇(復帰後時短勤務可能)
…パタニティ休暇(父親の有給休暇)
…パートナーの育児休暇

※イケアでは、パートナーを配偶者、もしくは、配偶者ではないが12か月以上に渡り同じ住所に住民登録している者と定義しています。法律婚、事実婚、同性婚に関わらずパートナーとして同じ福利厚生を受けることができます。

※パートナーが出産したときの連続特別有給休暇、また育児休業の対象とならない子の後見人となった場合も、育児のための特別休暇(無給:復帰時手当あり)を取得することが可能です。

有給休暇の消化と長期休暇制度
…有休消化は100%の消化を促進している
…繫忙期以外の時期に長期休暇を取ることが可能

年次有給休暇とは別の休暇制度
…介護休暇
…看護休暇
…家族介護休暇
…ボランティア休暇

その他の福利厚生制度
…社員食堂
…社員割引制度
…クリスマスプレゼント
…退職金制度(企業型確定拠出年金:勤続5年以上)

このような取り組みにより、「すべての人を受け入れる職場=働きやすい職場」作りを目指しているようです。

1-3.評価制度

評価に基づき、年に一度契約の見直しをおこない、翌年の年俸額が決まります。

One IKEA(ワン・イケア)と呼ばれる賞与は、年間の売上、ほかKPIが達成されれば、年に一度支給されます。

1-4. やりがい・成長

イケア・ジャパンでは、一人ひとりの社員が自分に合ったキャリアを築くことを奨励しています。

固定されたキャリアパスは存在しないため、社内公募制度(OPEN IKEA)​を利用して、新しいポジションに挑戦することが可能です。

自分のライフステージやモチベーションに合わせて応募できる制度で、日本国内だけでなく、世界中の様々なポジションに応募することができます。

マネジャー職のおよそ95%が社内からの登用です。

年齢やキャリアに関係なく仕事を任せてもらえるため、主体性があり、自分で何でもチャレンジしてやってみようと考える人にとっては働きやすいと好評です。

個人の成長を最大限に後押ししてくれる組織風土があるため、やりがいや自己成長を実感している人が多数です。

1-5. 雰囲気・働きやすさ

イケア・ジャパンは、「ジェンダーバランスが均等になれば、あらゆる人が恩恵を受ける」という考えに基づき、すべての国、階級、役職で、50対50のジェンダーバランスを達成することに取り組んでいます。

2021年10月現在、イケア・ジャパン全社員のうち、女性が占める割合は65.5%、全管理職中では51.9%となっています。

ジェンダーの違いを意識せずに働くことができるという声が多数です。

また、外資系なので多様性を尊重しフレンドリーな職場環境であることが特徴で、上下関係を気にせずに話をしやすい風通しの良さは特に高評価です。

お互いを下の名前やニックネームで呼び合ったり、クリスマスパーティーがあったりと、家族的な雰囲気で働きやすいという声もありました。

ワークライフバランスを重視していることも大きな特徴です。有休消化率100%を推奨していることや、年に2回程度、バケーションと呼ばれる長期休暇が取得可能なことをメリットと評価する声が目立ちました。

基本的に残業をしないよう求められており、プライベートを充実させることができるという声も多数ありました。

1-6.将来性

イケア・ジャパンの業績を見る限り、将来性は期待できると言えます。

イケア・ジャパンの業績は、2017年から3年連続の赤字を計上していましたが、2020年8月期決算の売上高は、前期比2.7%増の867.4億円、営業利益は19.3億円と、4年ぶりに黒字転換しました。

コロナ禍で在宅勤務や「おうち時間」が増えたことにより、自宅の仕事環境の整備や、生活する上での快適性を重視する傾向が強くなったことが、黒字転換の大きな要因になっているようです。

●EC化に注力
…ネット通販用のアプリ「IKEAアプリ」の配信

●都市型店舗オープン
…2020年以降、原宿・渋谷・新宿に店舗をオープン

これまでイケアは郊外の店舗が中心で、車を持たない都市部の層にリーチできていませんでしたが、こういった取り組みによりターゲット層を着実に広げています。

このことから、今後更なる都市型店舗オープンなどにより、業績拡大も予想されます。

2.イケア・ジャパンの採用情報

イケア・ジャパンでは、新卒や中途に関係なく、誰もが応募できる「通年採用」を導入しています。

公式サイトを見ると、各部署で複数のフルタイム正社員の募集をしています。

本章では、イケア・ジャパンの採用・求人に関する情報をまとめました。

2-1.中途採用での募集職種

イケア・ジャパンでは通年採用を行っており、2021年12月現在、以下の職種を募集しています。

募集職種(役職)

  • ピープル & HR(マネージャー、ビジネスパートナー、リクルーター)
  • ロジスティックス & サプライチェーン(マネージャー、正社員・短時間正社員)
  • マーケティング & コミュニケーション(正社員)
  • インテリアデザイン& ビジュアルマーチャンダイザー(マネージャー)
  • IT & デジタルソリューション(リーダー)
  • フード& レストラン(マネージャー、チームリーダー)

それぞれの業務内容は以下の通りです。

ピープル & HR(マネージャー)
グローバルな方針と基準の実施、社員や労働組合との交渉、コンプライアンスの指導
・人材に関するグローバルな方針と基準の実施
・社員や労働者評議会、労働組合との対話や交渉
・社員の教育、および教育のための専門知識の提供

ピープル & HR(ビジネスパートナー)

人材アプローチとアジェンダの実施、リーダーの教育、ラインマネジャーへの助言
・人材アプローチと人材アジェンダを社内で実施し、その内容について責任を負う
・リーダーが労使関係の原則や法律に従って人事管理ができるよう、コーチングと助言を行う
・ラインマネジャーの業務である「ビジネス能力とリーダーシップ能力の開発プロセス」に責任を負う

ピープル & HR(リクルーター)

予想されるポジションへの的確な候補者特定と採用業務
・候補者との最初のコンタクトから内定までのプロセスに携わる
・ステアリング・マネージャーや採用担当者と連携し、各ポジションに対する理解を深める
・中途採用(マネジャー)から大規模採用(ストアスタッフ)まで幅広く対応する

ロジスティックス & サプライチェーン(マネージャー)

プロジェクトの運営、プロジェクト組織の指導と開発、投資とコストの管理
・プロジェクト運営グループと合意した範囲、時間、予算内でプロジェクトを運営する
・プロジェクト組織の指導、コーチング、開発を行い、人材と才能が継続的に開発されるような環境を確保する
・予算に基づき、設備、間接材、サービス、資源処分の調達と資金調達を管理する

ロジスティックス & サプライチェーン(正社員・短時間正社員)

物流部門での発注業務、在庫管理業務、需要予測業務
・社内システムへのインプット、リードタイムを考慮して発注し、入荷のモニターをする
・社内システムを使用して、販売予測や物流量を計算し、他部署へ共有する
・在庫調査を行い、在庫差異が起きる原因を分析し、在庫精度を良くしていく。

マーケティング & コミュニケーション(正社員)

マーケティングプランの実施、コンテンツと広告制作のプロジェクト実施
・マーケティングプランとプランのアウトプットに積極的に貢献する
・グローバルコンテンツの日本での効果的な適応を担当する
・広告に関連するすべての推進努力をサポートする

インテリアデザイン& ビジュアルマーチャンダイザー(マネージャー)

生活スタイルの提案、ストアの商業戦略の計画と実行、チームの育成
・イケアの商品ラインアップを使った提案を行い、イケアストアの価値向上に貢献する
・インテリアデザインのレイアウトを活用し、ストア全体の商業戦略を計画・実行する
・チームを採用し、育成し、指導する

IT & デジタルソリューション(リーダー)

データガバナンスフレームワークの実装、データガバナンスと管理プロセスの実施
・安全なデータ管理環境を確保するために、データガバナンスフレームワークの実装をする
・データ取得・処理・保存について、組織の方針と国内法規に基づいて適切な意見を提供する
・データの標準化に焦点を当てたデータガバナンスと管理プロセスを実施する

フード& レストラン(マネージャー)

市場の食品安全のニーズ開発、監査の計画と実施、商業部門内外の関係各所との連携
・市場の食品安全のニーズと要件を確認、特定し、市場特有の製品安全のニーズを開発する
・食品安全とコンプライアンスのパフォーマンス監査を計画、実施、フォローアップする
・商業部門内外の関係各所と協力、連携し、影響力を最大化する

フード& レストラン(チームリーダー

コンプライアンス基準の実施、広告プランの実施、チーム内のコーチングとサポート
・顧客と従業員にとって安全な環境を確保するため、グローバルおよび国内のコンプライアンス基準の実施に貢献する
・フード部門のコマーシャルプランとコミュニケーション戦略の実施に貢献する
・定期的なコーチングとサポートにより、チームの能力を向上させる

出典:IKEA

2-2.求められる人材

イケア・ジャパンでは、以下の条件に該当する人材を採用したいと考えているようです。

イケア・ジャパンで求められる人物像

  • 自主性がある
  • 「ジェンダー平等」を意識して仕事に取り組む
  • 個性を発揮し、失敗を恐れずにチャレンジする
  • 熱意、連帯感、やり遂げる姿勢を持つ
  • 資格や経験がなくても新しいポジションに挑戦する

イケア・ジャパンの求人は、基本的に各ポジションにおける経験者が対象です。

また、外資系企業で英語の使用率が高く、ビジネスレベルの英語力が必要だったり、流暢に英語を話せることが必須だったりするため、ポジションごとの求人要項をしっかり確認しましょう。

また、イケアは採用選考において、これまでの経験以外にも「企業の価値観にマッチした人材かどうか」を重点的に見極めています。

実際に、イケア人事マネージャーのインタビューでも、「イケアという企業に合った人物か」「イケアの考え方・価値観と一致しているか」といった部分を重視していることが示唆されています。

募集しているチームのマネジャーがその採用の責任者になりますので、マネジャーと人事スタッフが一次面接を行います。マネジャーは、おもにコンピテンシー(性格や行動特性)、人事スタッフは当社のバリュー&カルチャーに合致しているどうかをチェックします。

二次面接では、チームのマネジャーの上司が新たに面接官として入り、イケア・ジャパンに入社した後の「ポテンシャル」をチェックします。それによって、入社後のさまざまな能力開発につなげていきます。

引用元:マイナビニュース

また、上記インタビューでは「ポテンシャル(将来性)」も評価観点であると言及されていることから、応募要項にある業務内容と全く同じ仕事の経験がなくても、選考を通過できる可能性があります。

なお、イケアでは、企業が大切にする8つのバリューに基づいて採用選考を行っているようです。

8つのバリュー

  • 連帯感を持つ
  • 環境と社会への配慮をする
  • コスト意識を持つ
  • シンプルに考える
  • 刷新して改善する
  • 意味のある違うやり方にトライする
  • 責任を与え、引き受ける
  • 自らが手本となる

やや抽象的ではありますが、応募書類・面接では、上記のバリューを軸に「イケアの考え方・理念に合致する人物であること」をアピールするのが有効です。

例:
・普段から社会や環境問題に対する情報にアンテナを伸ばし、自分なりの考えを持っておく
・チームで連携した仕事や主体的に行動した経験をピックアップし、具体的に言語化しておく

特にイケアはSDGsに関わる取り組みを積極的に行っていることから、社会・地球環境に対する長期的な視野を持っていることは必要不可欠と考えられるでしょう。

3.イケア・ジャパンの企業情報

イケア・ジャパンは、スウェーデン発祥の家具販売世界最大手であるイケア社の日本法人で、2002年に設立されました。

イケア・ジャパンが所属するフランチャイズグループIngkaグループ(Ingka Holding B.V. とその関連会社)は、30カ国で378のイケアストアを所有し運営しています。

3-1.事業内容

シンプルでおしゃれな北欧デザインが人気で、商品企画・製造・販売まで自社で一貫して手掛けています。

郊外に大型店舗を出店するのも特徴で、千葉県船橋を拠点として、現在では東北から九州まで9つの大型店舗を展開しています。

購入者が商品を持ち帰って組み立てる方式を採用しており、手頃な値段も好評で、設立からの10数年でシェアを拡大しました。

新たな取り組みとしては、2020年にビジネスオーナー向けのプランニングスペースIKEA for Businessを渋谷に開業しました。

また、車を持たない世帯や若者世代にもターゲットを広げ、2020年から2021年にかけて都市型店舗の原宿店、渋谷店、新宿店をオープンさせました。

3-2.会社概要

イケア・ジャパンの会社概要を以下にまとめました。

本社所在地千葉県船橋市浜町2-3-30
代表者ペトラ・ファーレ(Petra Färe)
設立2002年(1943年 スウェーデン本社)
資本金1億1千万円
売上867億円(2020年8月期)
※全世界ベース:396億ユーロ(約5兆円)
従業員3300名
(2021年12月時点)
事業内容家具の設計・製造及び販売業務

4.イケアへの転職を成功させるコツ

志望転職を成功させるためには、以下3つのコツを押さえておきましょう。

  1. 自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う
  2. 情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える
  3. 頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

それぞれ詳しく解説します。

4-1.自己分析・キャリアの棚卸しを入念に行う

まずは自己分析・キャリアの棚卸しを徹底しましょう。

自らの長所やスキルを言語化したり、これまでの経歴を振り返ったりすることで、アピールポイントとなる強みを見つけ出すことができます。

自己分析の着眼点

  • 振り返り
    …これまでのキャリアを振り返る
  • 転職してどうなりたいのか
    …「なぜ転職したいのか?」「どんな人生を歩みたいのか?」など自身の「なりたい状態」を考える
  • できること
    …これまでの経験からどんなことを学んできたのか、どのようなスキルがあるのか

上記を重点的に考えることで、「魅力的な職務経歴書の作成」「面接での効果的なアピール」が可能となります。

4-2.情報収集を行い、企業の求める人物像を捉える

「自分はどのような強みがあるか」だけではなく、「企業はどのような人材を求めているのか」を考えることも重要です。

そのためにも、企業のコーポレートサイトや求人情報を徹底的に調べることが欠かせません。

また、採用条件だけでなく、以下の情報から求められる人物像を読み取ることも重要です。

求める人物像を読み取る観点

  • 企業の成長ステージ
    …創業期であれば即戦力や横断的なスキルを持つ人材が求められる。一方、成熟期はマーケティング人材や異業種人材が求められる傾向
  • 理念・ビジョン
    …企業が目指す事業の形から、どのような考え・姿勢で働く人材を求めているかを考える

企業情報を踏まえた志望動機・自己PRを行うことで、採用選考の確率を高めることができます。

4-3.頻出の質問を把握し、模擬面接を通して面接に慣れておく

「頻出の質問」に対する回答を、あらかじめ考えておくなど、事前に面接準備を行っておくことで、スムーズな対応が可能になり、的確に自分をアピールできます。

面接で頻出の質問

  • 「あなたの強みは何ですか?」
  • 「なぜ転職しようと思ったのですか?」
  • 「弊社を志望した動機を教えてください」
  • 「弊社に活かせるスキルや経験を教えてください」

また、面接特有の空気感に緊張してしまい、本番で思うように受け答えができないという方も少なくありません。

このような事態を防ぐためにも、模擬面接(面接の練習)を行っておくことが大切です。

選考・面接対策は転職エージェントの利用がおすすめ

採用確率を高める選考対策は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、以下のサポートが受けられるからです。

  • ヒアリングを通して強みやアピールポイントを客観的に見極めてくれる
  • 応募書類の添削を行ってくれる
  • 模擬面接など、事前の面接対策も可能

転職エージェントを利用することで、転職のプロから採用側の視点で、客観的なアドバイスをもらうことができるので、積極的に活用することをおすすめします。

5.おすすめ転職エージェント・サイト

転職を前向きに考えている方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェント利用のメリット

  • 業界・企業に合わせた選考対策をしてくれる
  • 日程調整や年収交渉を代行してくれる
  • あなたに本当に合った企業を紹介してくれる

また、大手企業の求人は、一般的な転職サイトで見つからなくても、転職エージェント経由で非公開求人(エージェント利用者のみ応募できる求人)として募集されていることも多々あります。希望条件を伝えておけば、募集が開始されたタイミングでいち早く知らせてもらうことも可能です。

本章では、大手エージェントの中から特に求人数の多いサービスを厳選して紹介します。

←左右にスクロールできます→

 総求人数おすすめの年代現在の年収目安特徴提案力サポート力支社
リクルートエージェントリクルートエージェント314,08620代後半~50代300~700万円・総求人数No1
・業界最大手で実績豊富

4.2

3.9
東京・北海道・宮城・栃木・埼玉
千葉・神奈川・静岡・愛知・京都
大阪・兵庫・岡山・広島・福岡

doda

dodaエージェント

132,36020代後半~50代300~700万円・求人数が多い
・地方の転職にも強い

4.0

3.6
東京・北海道・宮城・神奈川・静岡・愛知
大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡
マイナビエージェントマイナビエージェント60,10520代前半~30前半250~500万円・若年層向けサポートが好評
3.8

4.2
東京・神奈川・北海道
宮城・愛知・京都
大阪・兵庫・福岡

求人数は2021/12時点

※求人の有無については、各エージェントごとに、職種や時期、募集人数といった要因で変動します。「このエージェントに登録すれば確実に求人情報をキャッチできる」というわけではないので注意してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は246,844件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると531,368件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

ただ、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は求人数No.2の『dodaエージェント』や、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト: https://r-agent.com/

◆補足:リクルートが運営している関連サービス

dodaエージェント

doda

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

マイナビエージェント

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

求人数だけではリクルートやdodaといった大手ほどではありませんが、首都圏の20代に焦点を当てれば1番の満足度(4.2/5.0点)を誇ります。

そのため、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)と併用することをおすすめします。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

さいごに

イケアでの働き方や転職について紹介しました。

転職成功のポイントは、徹底した事前準備にあります。より転職成功率を高めたいという方は、転職エージェントを利用して、選考対策を行うことをおすすめします。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。