福岡で転職したい保健師を100%成功に導く全知識

「福岡県内で、保健師として転職しようかな?」と考えていませんか?

結論、福岡県は、保健所や医療機関など保健師の働く職場は多いのですが、
「求人が少なく、転職先が見つからない…」
「適当に転職してしまい、希望やイメージと不一致だった…」
と失敗する人も多くいます。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの保健師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、福岡での保健師転職についてご紹介します。

  1. 保健師を目指す人にとって福岡県は恵まれた環境にある
  2. 福岡で保健師転職は可能、だがハードルは高い
  3. 【福岡】保健師転職成功のための3つのステップ
  4. 保健師におすすめの転職サイト・エージェント5選
  5. 【FAQ】福岡県の保健師転職でよくある疑問と回答

このページを読めば、福岡で働く保健師について理解が進み、「福岡で保健師としての働き方と転職」「福岡での保健師転職に強い求人サイト」がわかるでしょう。

1.保健師を目指す人にとって福岡県は恵まれた環境にある

医療業界は全体的に人材不足の傾向にあり、保健師の需要は年々増しています。

全国的に見ても福岡県は、医療環境に恵まれた地域と言われています。

県内には医学部を持つ大学が4校(九州大学・産業医科大学・福岡大学・久留米大学)あり、大学医学部がある都市には医療機関が多いのが特徴です。

福岡県内の医療機関の施設数は全国の中でもトップクラスであり、それだけ働き口も多いと言えます。

病院数一般診療所
福岡県内施設数4654,551
全国ランキング4位6位

【出典】医療施設動態調査 2018年(平成30年)10月1日現在(厚生労働省)

保健師の就業先一覧

「地域保健の専門家」とも呼ばれる保健師の70%は「行政保健師」として働いています。その多くは公務員であり、保健所や保健センターに勤務しています。

参考:平成 30 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

保健師は大きく4つに分けられ、仕事内容や特徴、求められる経験やスキルが異なります。

種類仕事内容求人の特徴
行政保健師・保健所や保健センターに勤務する
・赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の地域住民と接し、相談に乗る
・感染病に対する危機管理やアドバイス
・市区町村保健師会の研修
・疫学や統計に関する仕事など
・県や市区町村に所属するため、公務員の扱い
・年齢制限が30歳前後の場合が多い
産業保健師・企業に勤務し、医務室や健康保険組合などで働く
・企業内での定期健康診断の実施
・うつ病などのメンタルヘルスに関する病気のケアなど
・給与が他の保健師よりも高い傾向にある
・離職率が低く求人が出にくい
・30代40代の経験者が好まれる
学校保健師・大学や専門学校、私立の小中高の学校などに勤務し、学生や職員の怪我の手当て、応急処置、病気予防のアドバイスをする・定期的な募集はなく、空きが出た際に募集する
病院保健師・総合病院やクリニック、地域包括支援センター、福祉施設、訪問看護ステーションなどの病院の施設で働く
・患者さんが病気にならないための健康指導を中心に、仕事内容は所属する診療科によって異なる
・医療機関によって、募集する雇用形態や年齢が異なる
・地域によって給与に差がある

福岡県では福岡市、北九州市、久留米市あたりの求人が人気

福岡県内の保健師求人は、福岡市、北九州市、久留米市あたりが人気です。

これらの市には病院数が多く、一般診療所を含む病院数は、
福岡市1,584カ所、北九州市1,048カ所、久留米市345カ所も存在しています。
このため、希望の求人が見つかりやすいでしょう。

尚、行政保健師は公務員のため、募集の時期が決まっています
公務員試験の日程は自治体によって異なりますが、おおよそ8月から9月にかけて実施され、一次試験、二次試験とあるため時間がかかる場合が多いです。
公務員試験には年齢制限がある場合も多く、受験したくてもできない・・・というケースがあります。

せっかく取得した保健師の資格を活かすためにも、病院保健師などの保健師求人も合わせてチェックすることをおすすめします。

2.福岡で保健師転職は可能、だがハードルは高い

メンタルヘルスが注目されている現代において、保健師は様々なところで必要とされていますが、実のところ、転職はあまり簡単ではありません

医療業界や福祉業界の中では、看護師などにくらべて保健師として働く人の数があまり多くないため、求人数が少ないのが現状です。

保健師の仕事は人気が高く、全体的に募集が少ない

福岡県での保健師への転職は、現実的には狭き門とであると考えておくべきでしょう。

そもそもの募集人数が少なく、公務員である行政保健師は年齢制限があったり、学校保健師は不定期募集で空きがあれば求人が出たりするという程度です。

また、保健師は離職率が低く、一度就職するとなかなか空きが出ません
求人が少ない上に、人気の職業であるため、毎年新しく資格保有者が増えることで新しい保健師が誕生しています。

このため、資格を持っていても、保健師としての就職先を見つけるのが難しい傾向にあります。
数少ない求人案件の中から、いかにして効率的に仕事を見つけるかが、転職成功の大きなポイントとなるでしょう。

就業先によって仕事内容や待遇が大きく異なり、ミスマッチが起きやすい

一概に保健師と言っても、就業先で仕事内容が大きく異なるため、「思っていた仕事と違った」となる可能性があります。

特にチェックしておきたいのが「給与」と「福利厚生」です。
この2つは、保健師の種類や職場によってもかなり差がありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

また、就業先によって「求められる役割」が違ってきますので、就業先が自分に何を期待しているのかを事前に理解しておくことで面接で有利になります。
もちろん、入職後のミスマッチも起こりにくくなるでしょう。

ご自身の転職に後悔しないためにも、この3点を事前に把握し、しっかりと押さえておくことがおすすめです。

3.【福岡】保健師転職成功のための3つのステップ

2章までの内容から、福岡で保健師として転職を成功させるためには下記のステップを踏むことがおすすめです。

  • STEP1. 県内の良質な求人をできるだけ多く集める
  • STEP2. 人間関係や職場環境など本当にあなたにあった病院かを検討する
  • STEP3. 面接や履歴書など万全を尽くして選考を受ける

このステップを意識して転職活動をすることがおすすめです。

この3ステップをうまく行うために..

先ほどの3ステップでライバルに差をつけるためには、下記のポイントが重要になってきます。

これらを踏まえて、「ハローワーク」や「病院のHPから直接応募」するよりも転職サイトに登録し、転職コンサルタントに相談して助けてもらうのが有利です。

転職サイトに登録すると、下記のように、求人の紹介から、受かるためのサポートまで転職成功に必要な3つのステップ全てをサポートしてくれます。

STEP1.求人数・求人の質ネットに載せたら応募者が殺到してしまう「非公開求人」を紹介してもらえる。
STEP2. 内部情報働かないとわからない「人間関係」「職場環境」などの内部事情を教えてくれる。
STEP3. テクニック
(もしくはサポート)
受かるための面接や履歴書のポイントを教えてくれる。

転職サイトはいくつもありますが、福岡に強いもの、そうとは言い切れないものに分かれるので、次の章で厳選していきます。

4.福岡県で働きたい保健師におすすめの転職サイト・エージェント5選

保健師が福岡で働くには、「少ない求人の中から、ご自身に合った転職先を見つけること」が何よりも重要です。

福岡で保健師として転職したい方には、転職エージェントの利用がおすすめです。

非公開求人はもちろん、就業先についての情報や選考のノウハウなど、プロの視点からのアドバイスを得られるため、よりスムーズに就業先を見つけることができるでしょう。

福岡保健師の求人が多い上位7社の中から、エージェントからの充実したフォローや評価の高さを中心に福岡保健師の転職に強いサイトを5つピックアップしました。

目的に沿って少なくとも3つ程度登録しておく事をおすすめします。

尚、indeedとハローワークは、求人件数は他社より多いものの、求人の質やサポート体制観点ではあまりおすすめしません。
急いで求人を探していて見つからないときなど、最終手段として利用するのが良いでしょう。

順位転職エージェント名福岡求人数評判
1看護roo!32サポートの手厚さが好評価
2看護のお仕事25非公開求人が充実
3マイナビ看護師13対面で手厚いサポートを受けられる
4ナース人材バンク5地方在住の方におすすめ
5ナースではたらこ3サポートの手厚さ、行きたい就業先を指名可能!
(参考)indeed39求人の多さに定評あり
(参考)ハローワーク24国が運営する職業紹介機関のため安心感がある

1.看護roo!|サポートの手厚さが好評価

『看護roo!』は東証一部上場企業の株式会社クイックによって運営される看護師向けの転職サイトです。

福岡では求人件数トップの32件の公開求人があるので、どんな求人があるのか見たい方は、まずチェックしてみましょう。

特に非公開求人の評判がよく、ホームページには出せない良質な求人を紹介してくれると多くの方が評価していました。

求人だけでなく面接に同席までしてくれるサポートの手厚さを評価してた方も多く、面接が苦手な方にもおすすめです。

公式サイト:
https://kango-roo.com

2.看護のお仕事|非公開求人が充実

『看護のお仕事』は日本最大級の看護師向け転職サイトで、公開求人だけでも25件、ネットには出せない良質な非公開求人も豊富です。

保健師向けの求人も見つけやすいので、総合評価1位の『看護roo!』と合わせて、ぜひ登録しておきたい転職サイトです。

電話にはなりますが、面接~退職の手続きまで徹底的にサポートしてくれるだけでなく、入職後もフォローしてくれるので、登録すれば心強い味方になるはずです。

公式サイト:
https://kango-oshigoto.jp

3.マイナビ看護師|対面で手厚いサポートを受けられる

『マイナビ看護師』は転職業界大手の株式会社マイナビが運営する看護師向けの転職サイトで、サポートへの満足度がとにかく高いです。

福岡で対面での手厚いサポートを受けられることから、転職に不安な方は「ナースではたらこ」と合わせて登録しておきたいです。
顔の見える担当者が、求人情報の読み方からレクチャーしてくれるため、転職が初めての方でも困ることはありません。

また、休日相談会を開いており、平日は忙しい人も面談を受けられる点もおすすめです。

公式サイト:
https://kango.mynavi.jp/

4.ナース人材バンク|地方在住の方におすすめ

『ナース人材バンク』は年間10万人以上の看護師が利用する転職サイトで、98.8%の非常に高い転職者満足度のサポートで他社を圧倒しています。

登録手続きも所要時間が1分と簡単で、電話でのやり取りだけでも全国の求人情報を紹介してくれるため、どんな求人があるのかを知りたい場合にも使いやすいサービスです。

また、他サービスと異なり、地域ごとに専門のキャリアパートナーが対応してくれるため、福岡で転職を考えている方におすすめです。

上位3社と合わせて登録すれば、希望の条件での転職に近づきます。

公式サイト:
https://www.nursejinzaibank.com/

5.ナースではたらこ|サポートの手厚さに加え、行きたい病院を指名できる!

『ナースではたらこ』は、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。

24時間の電話対応、天神にあるナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚く、サポートへの満足度はNo.1でした。
楽天リサーチの調査でも看護師さんの満足度1位を獲得しており、保健師さんの支援も手厚いと評判が高いです。

求人に関しても行きたい病院を指名できる、「逆指名」を行なっていますので、下記のように気になる病院があれば求人を探してくれます。

そのため、行きたい病院がなんとなくでもある方は登録しておくべき1社です。

公式サイト:
https://iryo-de-hatarako.net

5.【FAQ】福岡県の保健師転職でよくある疑問と回答

福岡で保健師を目指す際によくある質問をまとめました。

疑問点がある方は、ここで解消しておきましょう。

Q1.未経験でも福岡県で保健師を目指せますか?

不可能ではないですが、非常に厳しいです。

福岡県を含む保健師の求人は元から少ないため、未経験者と経験者が同時に応募した場合、経験者の方が採用されやすいのはやむを得ません。
看護師などの経験がある方が転職には有利と言えるのが現実でしょう。

転職エージェントであれば、未経験でも資格があれば対応してくれることもありますので、まず相談してみるのもおすすめです。

Q2.福岡県の保健師の年収はどのくらいですか?

福岡県の保健師の平均年収は、528万円と言われており、全国の保健師の平均年収である530万円とほとんど同水準です。(参考: 平成30年地方公務員給与実態調査結果の状況)

尚、全国の年代別の保健師の平均年収目安は以下の通りです。

20代270~330万円
30代350~420万円
40代470~530万円
50代530~560万円
60代350~380万円

保健師の収入は、看護師よりも高給かつ安定している傾向にあります。
看護師の平均年収は、およそ479万円であると言われており、保健師は看護師に比べ年収が高く設定されていることが一般的です。

保健師を目指す場合、看護師資格に加えて保健師資格も取得する必要があるため、保健師として働ける人は相対的に少なくなります。

結果、保健師のニーズは常に高く、給与も高水準となっているのです。

また、保健師のほとんどが公務員として働くため、医療分野の職種のなかでも特に安定していると言えるでしょう。

Q3.福岡県で公務員として働くにはどうすればよいのでしょうか?

公務員(行政保健師)として働くためには、保健師の国家試験に加えて、福岡県内の自治体の公務員試験を突破しなければなりません。

自治体ごとに、筆記試験・面接試験・小論文試験など、複数の選考過程を設けています。

保健師の試験と並行して公務員試験対策をおこなうことになるため、その分難易度は高くなるでしょう。

独学で進めるのが難しい場合は、公務員講座や専門予備校の活用をおすすめします。

まとめ

福岡での保健師の転職について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、福岡での保健師転職は「求人が少なく探しにくい」デメリットがあります。

ポイントは「福岡保健師に強い転職エージェントに複数登録」「非公開求人の紹介やキャリアパートナーのフォローを受けながら転職活動を進める」2点です。

これだけで満足いく転職の可能性を高める事ができます。福岡での保健師転職の成功に向けてトライしてみる事をおすすめします。

福岡保健師の転職に強く、登録をおすすめする転職エージェント5選

  1. 看護roo!|サポートの手厚さが好評価
  2. 看護のお仕事|非公開求人が充実
  3. マイナビ看護師|サポートの手厚さに加え、行きたい就業先を指名できる!
  4. ナース人材バンク|地方在住の方におすすめ
  5. ナースではたらこ|対面で手厚いサポートを受けられる

まずは気軽に登録し、担当者に話を聞いてみてください。

あなたの福岡での転職が、良いものになることを心から祈っています。