取材

今こそ転職に有利な時代!敏腕キャリアコンサルタントに聞く”成功する女性の転職”

森本千賀子氏

1970年生まれ。獨協大学外国語学部英語学科卒。1993年リクルート人材センター(現リクルート)に入社。3万人超の転職希望者と接点を持ち、2000人超の転職に携わる。入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞以来、受賞歴は30回超。
2017年3月に株式会社morich設立。エグゼクティブ層の採用支援を中心に、転職・中途採用支援ではカバーしきれない企業の課題解決に向けたソリューションを幅広く提案、外部パートナー企業とのアライアンス推進など、活動領域も広げている。

今、必要とされる「リスキリング」の考え方とは? コロナ禍前後で女性の中途採用の現場はどう変化したのか? 25年間リクルートの人材領域でキャリアコンサルタントとして活躍し、現在は企業と応募者の両者に転職・中途採用支援を行いつつ、複数の企業で社外取締役や顧問、そしてソーシャル分野での理事、また静岡ラグビーフットボール協会理事など「複業=パラレルキャリア」を意識した多様な働き方を自ら体現しながら、2人の男の子の母でもある森本千賀子氏ニューノーマル時代の女性の働き方についてお話を伺いました。

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。
『日経クロストレンド』『日経クロスウーマン』を始めとした多様な媒体でビジネス、教育など幅広い分野でのインタビュー記事を手掛ける)

続きを読む

パナソニックの人事に聞いた!中途採用のウラガワ 大手の安定感を求めた転職は入社後の活躍に黄信号?

2022年4月に「パナソニック ホールディングス」に名称を変え、カンパニー制から持株会社制に移行するパナソニック。

大きな変革期を迎えているパナソニックは、新体制において以下の通りに8つの事業会社とグループ会社に再編されます。

パナソニックホールディングス株式会社の事業再編

パナソニックと言えば家電メーカーのイメージが強いかもしれませんが、上記の通り多岐にわたるビジネスモデルを展開しています。

とりわけ、現在はエナジー事業領域であるEV(電気自動車)用新型電池の開発に投資を集中。米国のEVメーカー・テスラ向けに開発した大容量の新型リチウムイオン車載電池「4680の生産を目指し、体制を強化しています。

米国のEVメーカー・テスラ向けに開発した大容量の新型リチウムイオン車載電池「4680」

パナソニックは、2019年から21年にかけて3カ年計画で経営体質の強化を目標にさまざまな施策を講じてきました。

製品単品のみの訴求ではなく、サービスそのものを価値として提案する「コト訴求」に舵を切っています。

海外メーカーの台頭など、競争が激化する中で勝ち残るために変化を選んだパナソニック。

市場で成長を続けるうえで、「人材の確保が何よりも重要」と、採用部キャリア採用課長 の安達暁(あだち・ あきら)氏は言います

一方で、「大手の安定感だけを求めた転職では入社後の活躍に懸念が残る」と警鐘を鳴らします。

2000年代に入り、キャリア採用を積極的に進めてきたパナソニックが採用活動において抱える課題感や、中途採用で求める人材とはどんなものなのでしょうか。

入社後に活躍できる人材になるための心得を伺いました!

(聞き手:北川聖恵、フリーランスライター。毎日新聞記者、海外の出版社での編集を経てフリーに。ビジネス、教育など幅広い分野でインタビュー記事を手掛ける)

続きを読む

新たな可能性を切り開き異業種転職も――ハイクラス人材がリクルートダイレクトスカウトに登録すべき理由

『リクルートダイレクトスカウト』はヘッドハンターや企業から直接スカウトを受けられるサービスで、年収800~2000万円の“ハイクラス転職”に強いことが特徴です。2021年8月に前身の『CAREER CARVER』からサービス名称を変更しました。

今回は、サービスを統括するプロデューサーの藤原暢夫さんに、ハイクラス人材こそサービスを活用するべき理由について、お話を伺いました。

藤原暢夫さん
『リクルートダイレクトスカウト』プロデューサー2011年リクルートに入社。HRメディア新規開拓営業、HRメディア商品企画、人材紹介領域の事業企画・プロダクト担当を経て、20年より『リクルートエージェント』『リクナビ就職エージェント』『リクナビ』HR Tech』などのプロダクト責任者。2021年4月より現職。仕事で実現したいことは、テクノロジーの利便性と人肌感を融合させたサービスを創ること”

リクルートダイレクトスカウト:
https://directscout.recruit.co.jp/

続きを読む