老健の看護師を辞めたい!|3つの理由別に最高の決断をするための全知識

医師のいない環境で働くことの責任の重さに耐えられない」「介護士との人間関係に疲れた」など、老健の看護師を辞めたいと思っていませんか?

実際、長年コンサルタントとして働いてきましたが、多くの老健の看護師の方の悩みを聞いてきました。

この記事では、現在老健の看護師として働いているが「辞めたい、けど辞めていいかの判断がつかない」という方に向けて、今の職場を辞める際に確認したい4つの判断基準を紹介します。

  1. 老健の看護師を辞めたい理由3選と口コミ
  2. 3つの理由別!老健の看護師を辞めたい人の対処法
  3. 老健の看護師を辞める際の4つの判断基準
  4. 老健の看護師を辞めると決意した後に取るべき3つの行動
  5. 老健の看護師におすすめの転職サイト

この記事を読めば、精神科の看護師を辞めたいと考えている皆さんにとって、これから取るべきアクションが明確になるでしょう。

<2020年1月:看護師転職の最新情報>

1月は、転職するには狙い目のタイミングです。

なぜなら、人員増強のための求人が出されやすく、期待の大きいポジションが出やすいためです。

2~3月に来る繁忙期までにライバルに越されないようしっかりと準備をして、転職活動を有利に進めましょう!

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『看護roo!』『看護のお仕事』など)に登録する
  2. それぞれの担当者から連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※登録後、転職エージェントからの連絡に細目に対応することがポイントです。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。

1.老健の看護師を辞めたい理由3選と口コミ

老健の看護師を辞めたい方の中でも、辞めたい理由は様々だと思います。

その中でも特に多かった『老健の看護師を辞めたい理由』で多く挙げられたのが、以下の3つです。

  1. 医師がいない環境下での責任の重さ
  2. 介護士との人間関係
  3. 過酷な労働環境

それぞれの理由について口コミを交えて紹介します。

1-1.医師がいない環境下での責任の重さ

老健の職場では、医師が常駐していないことが多く、医療的な責任を看護師すべてが背負っているケースが多々あります。

医療について学んでいるとはいえ、病気の治し方を中心に学んでいるわけではない以上、いつ急変するかわからない療養者の方の命を預かることは、とても重圧のかかることです。

自分しか頼れる人がいないというプレッシャーがある

口コミ・評判

Hさん
老健には老健の難しさがあるなー!
ドクターになんでも聞ける環境ってほんと恵まれてたなーと思った。聴診器一本と自分の観察眼しか頼るものがないってすごくプレッシャーなんだけども。私に務まるのか、、、

老健は病院より看護師の責任が重い

口コミ・評判

名前 Aさん
老健なんて、病院より看護師の責任が重いのに。判断しなきゃいけないし、介護スタッフへの指示もしなきゃいけない。ただ単に「楽そうだ」という印象で思ってる人が、結構いるのよね……。私は怖くてできない。ある程度知識と技術はあるけど、でもその責任を負うにはスキル不足だと思ってるもの。

老健は、ただ介護業務が多いだけで、楽な科だと思われがちですが、看護師一人一人への責任がとても重い重圧のある職場です。

1-2.介護士との人間関係

老健には、介護士との人間関係に苦労する看護師が多数います

老健の良さは、介護士と看護師が協力してケアを行えるという点ですが、実際の現場は、医療の知識を持つ看護師が指示を出し介護士が看護師の下で働くといった力関係であるケースが多いです。

介護の視点で働く介護士からの、看護師への風当たりは強く、人間関係が上手くいっていないケースも多々あります。

看護師は利用者に対して失礼

口コミ・評判

Zさん

んー、老健で勤めてて職場の人間関係で辞める理由ようやくわかった

うちの看護師ほんと酷い

言葉遣いが丁寧と思うがやってる事は確かに利用者に対して失礼だな、早いとこやめよう、標的が俺になってきた

介護士から邪険に扱われる

口コミ・評判

K さん
看護師として入社したけど、入浴やおむつ交換をしようとすると、介護士がやるっからいいです。と邪険に扱われる。

知識的に立場が強いことをいいことに、介護士を見下してしまう看護師がいることも、介護士との人間関係が上手くいかない原因です。

1-3.過酷な労働環境

老健は慢性的に人員不足なため、過度な残業を強いられることもあります。

以下の方のように、一人で複数人を見なければいけない状況もあるそうです。

一人で20人の利用者をみている

口コミ・評判

Aさん
人手が足りないから、深夜はいつも一人で20人の利用者をみている。とてもプレッシャーがかかるからいつも不安。

さらに酷い職場では、残業代を申請しても出してもらえないというケースもあります。

残業代は下りないし、休日出勤は出勤扱いにならない

口コミ・評判

Wさん
残業代はいくら届け出出しても下りないし、休日出勤すると当たり前のように、今日は出勤扱いにならないからと言われる。

このように人手が足りないために、過酷な労働環境を強いられている看護師はかなり多数います。

2. 3つの理由別!老健の看護師を辞めたい人の対処法

以下が、『老健の看護師を辞めたい』理由多く挙げられたものです。

老健の看護師を辞めたい理由
  • 医師のいない環境下での責任の重さ
  • 介護士との人間関係
  • 過酷な労働環境

次に、それぞれの辞めたい理由別に対処法を紹介していきます。

  1. 『医師がいない環境下での責任の重さ』辞めたいと思ったら…
  2. 『介護士との人間関係』から辞めたいと思ったら…
  3. 『過酷な労働環境』から辞めたいと思ったら…

 2-1.『医師がいない環境下での責任の重さ』から辞めたいと思ったら…

まずは同僚や先輩スタッフに頼りましょう

先輩スタッフは、長年働いてきた経験があるため、急変したときの対処法を皆さんより理解しています

ですが、人手が足りず、職場に自分一人しかいない場合は、自身の看護技術や知識に不安があるのでしたら、職場を辞めることも考えましょう。

病棟などである程度自信が持てるように経験を積むことで、将来もう一度、次は安心して老健で働くことができます。

老健は、健康管理が目的の施設ですが、急変する可能性のある利用者も多く、命を預かっていることに変わりはありませんので、不安があるのでしたら、医師のいる病院への転職を考えることも必要です。

2-2.『介護士との人間関係』から辞めたいと思ったら…

普段からよく話し合い、介護士を頼ることで、信頼関係を築きましょう

介護士は、看護師から見下され、使われることが多いため、はじめは看護師である皆さんを良く思っていないかもしれません。

お互いのことを良く知れば、おのずと介護士との連携も上手くいきます。

しかし、それでも人間関係が上手くいかない場合は、転職をして新しい環境で働くことをお勧めいします。

2-3.『過酷な労働環境』から辞めたいと思ったら…

過酷な労働環境を変えることは難しいため、現状を改善するには転職を考えることをおすすめします。

実際、過酷な労働環境に悩んだ多くの方が転職に成功し、今では幸せに生活している方が多くいます

前の職場を辞めて毎日が楽しい!

口コミ・評判

Sさん

とてもブラックだった老健は辞めて、転職サイトに登録してみた。

1,2ヶ月は休みたいと伝えると、紹介の電話を止めてくれて、丁度良い時期にまた紹介してくれた。

今はずっとやってみたかった外科で働くことができて毎日楽しいです。

どうしても現状を打破したいと思ったら、上記の方のように転職も視野に入れておくようにしましょう。

3.老健の看護師を辞める際の4つの判断基準

ここまで、辞めたいと感じた時の対処法について紹介してきました。

この章では、「本当に辞めていいのかまだ判断ができない」という人に向けて、辞める前に確認したい4つの判断基準を紹介します。

以下の4つの項目のどれか一つでも満たしている方は、現在の職場を退職することを考えても良いでしょう。

  1. 現在の職場の労働環境が悪い
  2. 現在の職場が原因で体調に支障をきたしている
  3. 他にチャレンジしてみたい仕事がある
  4. 現在の職場にやりがいを感じない

順番に説明していきます。

3-1.現在の労働環境が悪い

いくら看護師だからとはいえ、違法な時間拘束し、働かせるのはブラック病院です。

以下は、ブラック病院の特徴です。

ブラック病院の特徴
  • 休日が少ない
  • 有給が取れない
  • 残業代が出ない
  • 契約時と待遇が違う
  • パワハラがまかり通っている

一つでも当てはまるという方は、離職を考えるべきです

3-2.現在の職場が原因で体調に支障をきたしている

営業 辞めたい

看護師は、3Kと呼ばれ、労働環境が悪い職業のとしては有名です。

実際に何人もの方から、以下のような相談を受けることが多々あります。

  • 夜勤の際、入れ替えのタイミングで日勤に気を使ってしまい、帰ることできずに結局昼頃まで残業することある
  • 新人の看護師には、業務とは別に課題が出されるため、それを終わらすために病院に残っていると、休む暇がない

人の命に係わる仕事ですから、かなりの勉強量が必要なことは理解できますが、皆さんも人間である以上、体力やメンタルには限界があります。

看護師の方によくあるのが、知らない間に鬱病になってしまっているケースです。

以下の表は、うつ病の兆候ですので、当てはまる方は、かなりうつ病に近いということになります。

うつ病の兆候
  • 楽しみや喜びを感じない
  • 何か良いことが起きても気分が晴れない
  • 趣味や好きなことが楽しめない
  • 疲れているのに眠れない

引用:厚生労働省

患者さんを看病するはずが、自分が患者になってしまっては元も子もありません。

一つでも当てはまる方は、一度受診し、ひどい場合は職場を離れることも考えた方が良いです。

新しい職場で、気持ちも一新し、再スタートをきりましょう

3-3.他にチャレンジしてみたい仕事がある

薬剤師 転職サイト おすすめ

他にチャレンジしてみたい仕事がある方が、退職を考えても良い理由は3つあります。

  1. 看護師はキャリアに関わらず復職できる
  2. 老健の看護師の職には、将来また就くことができる
  3. チャレンジしようとしている分野は、若い人材を求めている可能性がある

順番に説明していきます。

⑴ 看護師はキャリアに関わらず復職できる

どのような仕事でも、3年はキャリアを積んだ方が良いと言われていますが、看護師に至ってはその様なことはありません

3年以上のキャリアを必須としていない求人は、実はかなり多数あります

そのため、今無理やりキャリアを積む必要はありません。

⑵ 老健の看護師の職には、将来また就くことができる

老健の看護師の平均年齢は45歳と高めで、50歳代が最も多いという統計が出ています。

出典:介護保険施設における看護師の実態と定着への課題 : 介護老人福祉施設と介護老人保健施設の看護職員の比較結果

現在20~30代の方は無理して老健で働かなくても、病棟看護師などで経験を積んでから将来もう一度老健に転職することができます。

⑶ チャレンジしようとしている分野は、若い人材を求めている可能性がある

今チャレンジしてみたい仕事があるのでしたら、むしろ今すぐにその分野に挑戦した方が良いです。

なぜなら、他職種のほとんどが若い人材を求める傾向にあるためです。

そのため、1年でも早くチャレンジしたい領域へ足を踏み入れることをおすすめします。

3-4.現在の職場にやりがいを感じない

会社辞めたい 3年目

現在の職場にやりがいを感じない方に退職を勧める理由は、以下の3つです

  1. ミスが多くなり患者さんを命の危機に晒す可能性がある
  2. やりがいを感じる職を探した方が時間を有意義に使える

順番に説明していきます。

⑴ ミスが多くなる患者さんを命の危機に晒す可能性がある

看護師一人ひとりの責任がとても重い老健では、ミスが直接命に係ることもあります。

そのため、やりがいを感じず、集中力も欠けている状態では、患者の命を危険晒してしまいます。

患者さんを危険に晒さないためにも、自分が医療事故の当事者にならないためにも、職場を離れることをおすすめ致します。

⑵ やりがいを感じる職を探した方が時間を有意義に使える

仕事は、人生の半分以上の時間を占めるものです。

やりがいを感じない仕事をするよりも、新しい職種へ挑戦してみる方が今後の人生は有意義になものになります

また、他の職種へ挑戦するにしても、早いに越したことはありません。

先ほども述べましたが、どの職種も若い人材を求めていることに変わりはありません。

手遅れにならないうちに新しい仕事を探すことをおすすめします。

4.老健の看護師を辞めると決意した後に取るべき3つの行動

ここまでで、皆さんが今の職場をやめるべきなのかがわかったと思います。

また、辞めることを決意した方の大多数が、次の仕事を見つけなければならないと考えるでしょう。

そのような方々には、以下の2つの選択肢があります。

  1. 他の病院で働く
  2. 他職種に挑戦する

それぞれのメリットについて、順番に紹介します。

4-1.他の病院へ転職

老健以外の科で経験を積むと、将来「もう一度老健に転職したい」と考えたとき、キャリアを生かすことができるようになります。

また、厚生労働省の調べによると、日本には病院が10万以上存在します

施設数
平成30年2月平成30年1月
総数178,937179,029
病院8,3998,401
精神科病棟1,0571,057
一般科病棟7,3427,344
療養施設を有する病院3,7803,785
地域医療支援病院560560
一般診療所101,777101,837
有床7,1667,194
療養病床を有する一般診療所887893
無床94,61194,643

引用:医療施設動態調査(平成30年2月末概数),厚生労働省

これだけの数があるため、あなたの希望通りの納得して働ける病院が必ず見つかります。

4-2.他職種へ挑戦

看護師は、自分の中でやり切った。」

「もう看護師は疲れてしまった。うんざりだ。」

という方は、一度看護師という職から離れてみましょう

幸い看護師は、資格がある以上、いつでも職場復帰が可能です。

求人案件も多彩で、引く手あまたです。

気持ちをリフレッシュするという意味でも、新しいことにチャレンジしてみるのも手です。

5.老健の看護師におすすめの転職サイト

今回は、皆さんが次の仕事を見つける際に、本当に役に立つと思ったサイトだけを厳選し、以下の2つのグループに分けて紹介します。

5-1.看護師として転職する|おすすめの看護特化型転職エージェント3選

転職エージェントでは、無料で現状を相談できます。

看護特化型の転職エージェントのスタッフは、今まで多くの看護師と関わり、皆さんと同じような悩みを持つ人を何人も支援してきています。

よってあなたの悩みを相談するのに最適だと言えます。

今回は、3つの大手転職エージェントを紹介します。

  1. 看護roo!|総合評価No.1
    https://kango-roo.com
  2. 看護のお仕事|非公開求人の評判◎
    https://kango-oshigoto.jp
  3. ナースではたらこ|抜群のサポート
    https://iryo-de-hatarako.net

⑴ 看護roo!|総合評価No.1

看護roo!

看護roo!』は東証一部上場企業の株式会社クイックによって運営される看護師向けの転職サイトで、特に求人の質への評価が高いです。

特にホームページには出ていない、5万件を超える優良求人を紹介してくれる点が好評です。

また、面接に同席までしてくれるサポートの手厚さも特徴で、面接が不安な方にもおすすめです。

運営会社株式会社クイック
対象地域主要都市圏
オフィス全国4箇所(東京・大阪・名古屋・横浜)
公開求人数約3.7万
公式ページhttps://kango-roo.com/

⑵ 看護のお仕事:非公開求人の量が豊富、面接対策◎

看護のお仕事』は日本最大級の看護師向け転職エージェントです。

医療業界に詳しい担当者が今の職場の悩みや、「辞めていいのか」ということについても親身に相談に乗ってくれるとのことで、求人・サポート共に看護師さんからの評価が非常に高くなっていました。

また、求人票に書いてない内部情報を教えてくれたり、入職まで手厚くサポートしてくれるなど非常に心強い存在です。

ちなみに、派遣の求人に関しても『看護のお仕事(派遣版)』という特設ページがあるくらい力を入れていて、派遣の求人を探す方にもおすすめです。

運営会社レバレジーズ株式会社
対象地域全国
公開求人数約5.3万
公式ページhttps://kango-oshigoto.jp

⑶ ナースではたらこ:抜群のサポートが好評

ナースではたらこ』はアルバイトの求人媒体「バイトル」なども手掛ける、大手人材会社のディップ株式会社が運営する看護師向け転職サイトです。

24時間の電話対応、ナース・キャリア・ステーションでの対面支援など、サポートが手厚く、サポートへの満足度はNo.1でした。楽天リサーチの調査でも看護師さんの満足度1位を獲得しています。

求人に関しても行きたい病院を指名できる、「逆指名」を行なっていますので、下記のように気になる病院があれば求人を探してくれます。

そのため、行きたい病院がなんとなくでもある方は登録しておくべき1社です。

運営会社ディップ株式会社
対象地域全国
公開求人数約0.8万
公式ページhttps://iryo-de-hatarako.net

5-2.他業種へ挑戦する|おすすめの総合転職エージェント3選

今回は、登録数者数の多い大手総合転職エージェントを3つ紹介します。

  1. パソナキャリア|初めての転職でサポートを求めるなら
  2. doda|求人数最大。サポート加味して安定感抜群
  3. ハタラクティブ|未経験からの正社員就職支援

転職成功者の80%以上が転職エージェントを3社を併用しているという統計データもあるので、最初は面倒かと思いますが、3社以上登録すると良いでしょう。

ではそれぞれ詳しく紹介していきます。

⑴ パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの一社です。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、業界大手で好条件求人が多い『doda』や、20代に強い『マイナビエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

⑵ doda|求人最大級。サポート加味して安定感抜群

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方転職や、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました。

そのため、これから転職を始める全ての人におすすめできます。

doda公式サイト:
http://doda.jp/

※初回の登録に少し手間がかかりますが、一度登録してしまえば、質の高いサポートと好条件な求人を紹介してもらえるので、転職の成功がグッと近づきます。

⑶ ハタラクティブ|未経験からの正社員就職支援

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントで、第二新卒特化型としては最大手です。

1000件以上の案件に加え、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートで、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績です。

いまの経歴に自信のない方でも、違う職種で新たに挑戦したい、これから正社員に挑戦してみたいとお考えの方には非常におすすめできるエージェントです。

公式サイトから登録する:
https://hataractive.jp/

6.さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した事例の中にご自身に当てはまるものがありましたでしょうか。

とにかく大切なのが「一人で抱え込まないことです。

まずは誰でも良いので相談しましょう。

まずは、「話を聞いてもらうだけ」といった軽い気持ちでも大丈夫です。

以下の3つを複数登録し、私たちのようなエージェントに相談するという選択肢も考えてみてください。

皆さんの今後の大健闘を心から願っております。