ストレングスファインダーとは?最大限活用するための全知識

ストレングスファインダー

仕事や転職などに役立てたい」と、ストレングスファインダーを試しに受検してみようかなと考えていませんか?

ストレングスファインダーは自己分析ツールの一つで、34の資質をもとに自分がどこに強みを持っているかを診断することができます。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの自己分析をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、ストレングスファインダーを120%活用する方法をご紹介します。

  1. ストレングスファインダーとは
  2. ストレングスファインダーを利用するとわかる34の資質
  3. ストレングスファインダーがおすすめな人
  4. ストレングスファインダーを受験するための2つの方法
  5. 受検を踏まえて今後に活かすためのポイント2選
  6. 受験後に利用したい転職エージェント5選
  7. ストレングスファインダー以外でおすすめの自己分析ツール3選
  8. ストレングスファインダーでよくあるQ&A

このページを読めば、ストレングスファインダーについての理解が深まり、使うべきかどうかががわかるでしょう。

1.  ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダー」とは、アメリカのコンサルティング会社「Gallup社」が開発した自身の強みを明らかにする自己分析ツールで、今では一般的な自己分析ツールとなっています。

webサイト上で177個の質問に答えることで、以下のようなことがわかります。

  • 34個ある資質の中から自分の強みが分かる
  • 自分の強みが可視化できる

ストレングスファインダーを使って自己分析をすると、34の資質からもっとも強みとなりうる資質を5つ選出してくれます。

そのため自分がどういう資質を持って、強みがあるのか理解しやすくなります。

*ただし、5つの資質は「あなたの強みになりうる資質=傾向」であり、「あなたの強み」となっている訳ではありませんので、注意しておいてください。

次の章では、実際にどういう資質があるのか説明していきますので、参考にしてください。

2. ストレングスファインダーを利用するとわかる34の資質

この章では、ストレングスファインダーを受ける時にわかる資質について紹介します。

全部で34の資質があり、図で表すと以下のように大きく4つに分かれます。

上記の34個の資質の中から、あなたの強みとなりうる資質を5つ判定してくれます。

自分の強みとなりうる5つの資質を知った上で、今後の仕事・転職に活かしていくようにしましょう。

3. ストレングスファインダーがおすすめな人

ストレングスファインダーを利用した方が良い方は以下の人です。

  • チームメイトとより強力できるようになりたい
  • 部下のパフォーマンスを高めたい
  • 自分の強みを知った上で仕事に活かしたい

個のパフォーマンスを上げるのはもちろんのこと、より良い人間関係を構築し、今の現状のチームをより良いチームメイトにしたい方にはうってつけの自己分析ツールといえます。

上記のどれか1個でも当てはまる方は、利用することをおすすめします。

ここまでの説明で、「ストレングスファインダー受けてみたい!」という方もいると思うので、次の章ではどうやったら受験できるか説明していきます。

~補足~

自己分析ツールはストレングスファインダー以外にもたくさんあります。

どれでも利用すればいいというわけではなく、目的別にしっかり使い分けることが重要です。

目的別で使った方が良い自己分析ツールは、「7.ストレングスファインダー以外でおすすめの自己分析ツール3選」で紹介しているので、参考にしてみてください。

4. ストレングスファインダーを受験するための2つの方法

ストレングスファインダーを受験する方法は、以下の2つの方法があるので、どちらかの方法で受験するようにしましょう。

  • 米国Gallup社サイトからアクセスコードを購入する
  • 書籍を購入し、記載されているアクセスコードを使用する

では、手順について説明していきます。

4-1. 米国Gallup社サイトからアクセスコードを購入する

HPに入ると、直接アクセスコードを購入することができます。

書籍を買うのに比べて、アクセスコードをHPで買うとなると5,850円と少し値段は張りますが、購入するとすぐ受けられます。

そのためいち早く自己分析を受けたい方には、おすすめです。

4-2. 書籍を購入し、記載されているアクセスコードを使用する

もう一つの方法としては、関連する書籍を買うことでストレングスファインダーを利用することができます。

関連書籍は以下の2つで、どちらかを購入すると受けられるようになります。

表紙は以下のようなものです。

購入すると、書籍の巻末に綴込みがあり、中にはアクセスコードが記載されています。

そして、記載されているアクセスコードを『ストレングスファインダー公式ページ』で入力すると受検することができます。

受検終了後には『会員ページ』からログインすると、より詳細な解説レポートを入手する事ができるので、じっくり読むことを推奨します。

〜注意点〜

アクセスコードは1回しか使えません。

中古本を購入すると、使用済みのアクセスコードを入手する可能性があるので、必ず新品の本を購入しましょう。

5. 受検を踏まえて今後に活かすためのポイント2選

ただなんとなく受検するだけでは、自己分析ツールを受ける意味がなくなってしまい、あまり効果が見込まれません。

しっかり自分の今後のためにも、結果を踏まえて最大限活用することを意識しておきましょう。

そのため以下の2つのポイントを意識しましょう。

  • 日々の仕事に活かす
  • 自分自身のキャリアを見直す

順に説明していきます。

5-1. 日々の仕事に活かす

自分の強みをわかって、今後の業務で活かせることはないか考えるようにしましょう。

ただ受検しただけでは、あなたの成長に繋がらない上に、せっかく受験した意味がなくなってしまいます。

そのため例えば以下のように、受検した後に自身の強みを分析してどう仕事を進めればいいか考えるといいでしょう。

〜例〜

ストレングスファインダーを受けて、自身の強みは「慎重さ」であった。そのため、与えられた仕事はミスなく確実にこなし、来月から始まるプロジェクトも、ものごとを客観的に捉えて、そつなくしっかりと進めていきたい

5-2. 自身のキャリアを見直す

ストレングスファインダーの結果を踏まえた上で、自分のキャリアを一度見直してみましょう。

場合によっては転職も視野に入れておくといいです。

ただ、転職をするとなっても、どういう風に転職活動をしていったらいいかわからない方もいらっしゃると思います。

その時は転職エージェントに相談するのが手っ取り早いです。

なぜなら転職エージェントに登録すると、以下のようなことを全て無料でやってもらえるからです。

  • 面倒な手続きをすべて代行してくれる
  • あなたのPRポイントを整理できる
  • 過去データから万全な面接対策をしてくれる
  • あなたに合った非公開求人を探してきてくれる
  • あなたのことを営業してくれるため、他の候補者より有利になる
  • 年収交渉を引き受けてくれる
  • 退職トラブルの相談相手になってくれる

転職の際に心強いパートナーとなり、円滑に転職活動を行うことができるため、非常におすすめです。

次の章でおすすめの転職エージェントを紹介するので、参考にしてみてください。

6. 受験後に利用したい転職エージェント5選

この章では以下の流れのもと、筆者の経験上おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

ご自身が気になったものを登録するようにしましょう。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1

手厚いサポート・フォローに定評があり、慣れない転職に不安がある方には特におすすめです。

人材派遣領域で業界最大手の『パソナ』が運営しており、16,000社以上と取引実績があるため、求人数も充実。例えば、年収700万円以上の非公開求人を多く取り扱う『ハイクラス向けサービス』など、幅広い層が満足できる求人がそろっています

そしてなにより、パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、「親身な転職者サポート」を実現しているようで、その結果として「アンケート満足度No.1」という実績を誇っています。

そのため、転職活動をするのであれば、まず登録すべき転職エージェントの一社です。

パソナキャリア公式サイト:
https://pasonacareer.jp

Point:転職エージェントは複数登録がおすすめ

転職エージェントは3社以上登録すると転職成功率がグッと上がるので、少しだけ面倒かもしれませんが、いくつか併用して自分に合うところを見つけましょう。

例えば、業界大手で好条件求人が多い『doda』や、20代に強い『マイナビエージェント』など、転職エージェントによって特徴が分かれるので、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

doda|業界最大級。20代30代なら登録必須

doda』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方転職や、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられましたので、これから転職を始める全ての人におすすめできます。

doda公式サイト:
http://doda.jp/

※初回の登録に少し手間がかかりますが、一度登録してしまえば、質の高いサポートと好条件な求人を紹介してもらえるので、転職の成功がグッと近づきます。

JACリクルートメント|年収600万円以上限定

スクリーンショット 2015-10-11 20.58.42

JACリクルートメント』は、外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績No.1で、ハイキャリア案件については間違いなくトップレベルといえるでしょう。

キャリアや経験にある程度の自信がある方は、そのキャリアを活かすためにも必ず登録すべき1社です。

※年収600万円以上ない方だと、紹介してもらえない可能性があるので、その場合は『パソナキャリア』など、他の転職エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメント公式サイト:
http://jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント|20代におすすめの1社

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54
マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

特に20代~30代向けの案件が多いので、該当の方は必ず登録したい一社です。

マイナビエージェント公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント|大手だが担当に差がある

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、『リクナビNEXT』の運営元であるリクルートが運用している、案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルなので、キャリアに自信がなくても問題なく求人を探すことができます。

Uターン転職や、第2新卒、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合も、リクルートエージェントであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました

ただ首都圏では、サポート体制や求人の質を踏まえると、『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』のほうが優れているので、こちらと組み合わせて使うことをおすすめします。

リクルートエージェント公式サイト:
https://r-agent.com/

専門性の低さを補うことのできる併用すべきエージェント

中には「専門分野で働きたい!」という方もいらっしゃると思います。

そのためそれぞれの分野で精通している転職エージェントを紹介するので、参考にしてみてください。

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・Web

レバテックキャリア

IT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
海外ランスタッド海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
外資JACリクルートメント外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒ハタラクティブ第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性パソナキャリア女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント5選と活用法
管理職エグゼクティブJACリクルートメントプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選
看護師看護roo看護師さん723人が選んだ転職サイトおすすめランキング
薬剤師薬キャリ騙されるな!15サイト比較してわかった本当におすすめの薬剤師転職サイト

どの転職エージェントも利用者からの評判が良く、利用して間違いのない1社と言えます。

7. ストレングスファインダー以外でおすすめの自己分析ツール3選

ここではストレングスファインダー以外で、活用してほしい自己分析ツールを紹介します

どの自己分析ツールも目的や用途が異なりますので、自身にあったものを利用するようにしましょう。

自己分析ツール目的活用場面
エニアグラム人生を通じて成功を手に入れたい

他人との協働をうまく進めたい

チームビルティング

カウンセリング

グッドポイント診断(リクナビNext)転職に成功したい自己分析

転職面接

R-CAP(リアセック社)自分に合う仕事を考えたい進路決定

就職活動

順に説明していきますので、気になったものを使うようにしてみてください。

7-1. エニアグラム

エニアグラム

エニアグラムは、主に長期スパンでの活動での成功および他者との協働を目的として開発された自己分析ツールで、活用場面としては、「チームビルティング」「カウンセリング」などの場面が主となります。

他の自己分析ツールと違い、あなたの性格を9つのタイプに分類する事で、あなたの強み・弱みなどの性格、他者の強み・弱みなどの性格を言語化する事ができます。

受検はサイト上で気軽に受けられるので、ぜひ試してみてください。

エニアグラム公式サイト:
https://hoyme.jp/eniatest

7-2. グッドポイント診断(リクナビNext)

グッドポイント診断

グッドポイント診断』は、転職業界最大手のリクルートが開発した自己分析ツールで、主に転職活動での内定獲得をサポートする事を目的として開発されています。

客観的に転職時の強みを把握するだけでなく、転職応募時に志望企業に送付し相互理解に活用する事も可能です。

無料で利用できるところも大きな魅力で、転職活動中の方は受検しない手は無いと言っても過言ではありません。

会員登録をした後、マイページ内にあるグッドポイント診断から受検できるので、まずは登録してから使うようにしましょう。

公式サイト:
https://next.rikunabi.com

7-3. R-CAP(リアセック社)

R-CAP

R-CAPは、自分に合う仕事を考えたいといった、主に進路相談や就職先検討時に活用する事を目的として開発された自己分析ツールです。

リアセック社が販売しており、受験すると適職診断が見れ、併せて職種カタログや自己分析を整理するワークブックを活用する事ができます。

やりたい仕事がわからない、客観的に自分が知りたいという方にとっては非常におすすめなので、ぜひ利用するようにしましょう。

受検方法は、『R-CAP公式ページ』にアクセスして、自身の対象に合ったサービスを選んで受検できるので、下記の公式サイトからアクセスしましょう。

公式サイト:
http://r-cap.riasec.co.jp/

8. ストレングスファインダーを利用する際によくあるQ&A

ストレングスファインダーを利用する際によくある質問に対して回答していきます。

順に回答していきます。

Q-1. 日本語で受けられる?

はい、受けられます。

言語選択で日本語がありますので、日本語でテストを受けることが可能です。

Q-2. 費用はどれくらいかかる?

費用は受験方法によって異なります。

HPからアクセスコードを購入すると5,850円かかり、書籍を買いアクセスコードを入力する場合は約2,000円かかります。

Q-3. 時間はどれくらいかかる?

およそ、30~40分ほどかかります。

1問20秒以内で180問答える必要があるのでかなり時間がかかってしまいます。

加えて、個人情報の登録、別の質問にもいくつか答えなければいけないので、まとまった時間をとって受けるようにしましょう。

*一度受けると、途中でやめることはできませんので、注意してください。

Q-4. 結果はすぐに確認できる?

できます。

回答終了後、数10秒待てば結果を確認することができます。

Q-5. 受け直しってした方がいいの?

あまりおすすめしません。

結果は時間が経過しても、少しだけ上位の資質が多少順番が入れ替わるぐらいで、本質的にはほとんど変わりません。

受け直すよりは、結果を踏まえて自分の強みを生かすことを考えた方がいいでしょう。

9.まとめ

ここまでストレングスファインダーについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ストレングスファインダーを有効活用することで、今後の転職活動・仕事が円滑に進むと思いますので、上記で示したポイントを意識して利用するようにしましょう

利用し終わった後は、より転職を円滑に進めるためにも、以下の転職エージェントに相談することをおすすめします。

あなたがより良い転職ができることを陰ながら祈っています。