自分は看護師に向いてない?不安な毎日から今すぐ抜け出す解決策とは

看護師 向いてない

「自分は看護師に向いていない」
「看護師の仕事に限界を感じる」
と悩んでいませんか。

看護師は労働時間が長く体力・精神面で負担が大きい仕事のため、悩みを抱える方が非常に多いです。

結論として、看護師に向いてないと感じるのは経験の少なさや職場環境が合っていないだけなので、看護師を辞める必要はありません。

こうした悩みを持つ人は看護師の仕事自体には向いていて、経験を積んでいくか、どうしても合わない場合は職場を変えると解決できる人が多いです。

この記事では、現役看護師100人へのアンケートをもとに、看護師に向いていない人と向いている人の特徴を紹介し、「看護師に向いていない」と感じる原因や解決策を考えていきます。

  1.  看護師に向いていない人の4つの特徴
  2. 1つでも当てはまったら大丈夫!看護師に向いている人の特徴
  3. 看護師の適正に悩む必要はない!時間や環境次第で解決する
  4. 職場によって向き・不向きは異なる!あなたの性格に合った職場とは
  5. 看護師の転職には転職サイトを使うのがおすすめ

このページを読めば、本当に自分が看護師に向いていないのか分かり解決策も見つかります。

1. 看護師に向いていない人の4つの特徴

看護師に向いていない人には主に以下の4つの性格や体質があります。

1-1. コミュニケーション能力や協調性がない

人とコミュニケーションを取るのが苦手な人や自分勝手で協調性のない人は看護師に向いていないといえます。

看護師は患者や医師、同僚の看護師との密なコミュニケーションが求められる仕事です。

しっかりとした連携が取られていないと人の命に関わるミスを犯す可能性もあります。

共同作業よりも自分の判断で業務を進めたい人には負担に感じる仕事かもしれません。

1-2. 不規則な生活が苦手

看護師は長時間労働、夜勤が多く体力的にとてもハードな仕事です。

こうした労働環境に負担を感じて看護師を辞めるケースも非常に多いです。

例えば、3交代制の職場では日勤で8時から16時半まで勤務した後、休みを8時間もあけずに24時から8時半まで深夜勤が続くことがあります。

事実、ある調査では約6割の職場が最も短い勤務間隔が12時間未満と回答しています。(参考:2019年度夜勤実態調査結果

実際にこのような声が見られました。

口コミ・評判

ICU勤務(24歳)
3交代勤務であったが準夜⇨日勤というシフトがあったことが辛かった。勤務自体は忙しくてもあまり気にならないが次の勤務までの時間が短すぎると、さすがにしんどさを感じた

また、家庭との両立のため長時間労働は出来ない、夜勤では働きたくないなど労働時間に制限があると働けない職場もあります。

1-3. 要領が悪い

看護師は急患対応や予期せぬアクシデントの対応など業務にスピード感を求められることが多いです。

例えば、急患対応の際に指示を出されないと何もできない看護師や患者の容体が急変した際にパニックになってしまい何もできないと、患者の命に関わる危険性があります。
経験次第で慣れていくものではありますが、いつまでも迅速に適切な対応ができない看護師は職場でも敬遠されやすくなります。

1-4. 引きずりやすい性格

ミスをしたときや怒られたときにいつまでもそのことを引きずってしまう人は看護師に向いていないでしょう。
業務内容が特殊で複雑な看護師は仕事でミスをして怒られることや患者やその家族に理不尽なことを言われることも多いです。
また、患者を看取る環境が辛かったという声もみられました。

口コミ・評判

病棟勤務(28歳)
亡くなる患者さんの多い病棟だったので、メンタル面で強い心をもって対応しないといけなかったことが辛かった。先輩看護師は慣れもありますが、新人看護師は気持ちの持って行き方で悩む子が多かったです。

そうしたときにすぐに切り替えができずに落ち込みやすい性格だと、精神的に負担を感じやすく看護師の仕事が長く続きにくいといえるでしょう。

2. 1つでも当てはまったら大丈夫!看護師に向いている人の特徴

反対に、看護師に向いているのはどのような性格の人なのでしょうか。

自分では看護師に向いていないと思っていても、1つでも当てはまれば看護師としての素質があると言えるので、確認してみてください。

2-1. 人と関わるのが好き

患者や医師など、人とコミュニケーションをとる機会が多い看護師にとって「人と関わるのが好き」というのは大きな強みになります。

看護師としてやりがいを感じる瞬間は患者やその家族から感謝されたときが多いのではないでしょうか。

医者や同僚の看護師と積極的にコミュニケーションが取れたり、患者に明るく話しかけられる人は職場を円滑に回したり患者の些細な変化に気づきやすいです。

また、患者を看取るなど辛いことも多い職場であなたの存在が周りを明るく元気づけることができるでしょう。

2-2. 性格がポジティブ

精神的にも負担のかかる仕事である看護師にとって、前向きな性格は最も重要な要素の一つともいえます。

看護師という業務上、患者から理不尽なクレームを言われたり上司からのパワハラに悩む声も多いです。

例えば、職場で大変だったことや辛かったことを聞いたところ、このような声が見られました。

口コミ・評判

介護施設勤務(24歳)
人間関係はどこの病棟に行っても大変で、働かない人や無視する人、意地悪をする人などがいるので、その人に気を使わなければならないのが一番大変であった。また、仕事が時間で終わらないため、仕事の日は予定が組めなかったのが辛かった。働いているわりに時間外などがちゃんと出ないため、給料は安いと感じた。

理不尽なことを言う患者にも適切に対応しなければいけないことや、人間関係が悪い中協力し続けなければならない看護師は非常にストレスの多い仕事です。

嫌なことがあってもすぐに切り替えることができたり、同僚を励ますことができる人は職場の雰囲気を良くするので欠かせない存在になるでしょう。

2-3. 体力がある

夜勤や長時間労働が多い看護師の仕事では十分な体力が求められます。

特に24時間体制の病院や急患対応を行う病院では、労働時間が長く不規則な生活リズムとなるので、体力のある看護師が求められます。

夜勤では、生活リズムが崩れる上に日勤よりも長時間労働であることが多いです。

事実、2交代制の職場の過半数が夜勤の勤務時間が16時間以上となっています。
夜勤の勤務時間 (1)

(参考:2019年度夜勤実態調査結果

夜勤の途中で休憩ができることもありますが、急患対応などで十分に休憩が取れないことも多いです。

こうした長時間労働などにも耐えられるタフな人は看護師に向いているといえるでしょう。

2-4. 視野が広く気が利く

視野の広い人や機転が利く人は看護師に向いているといえます。

具体的には患者が調子の変化を深刻化する前に気が付くことができたり、後輩が落ち込んでいるときにすぐに気づいて励ますことができるような人です。

このように、患者の些細な変化に気づくことができたり医者や患者の求めていることを言われる前にできる人は看護師の素質があります。

今は「自分は気が利かない」と思っていても業務に慣れていくと余裕が持てるようになり視野も広くなるので、心配する必要はありません。

2-5. 責任感が強い

看護師には患者の命を扱っているという責任感が求められます。

口コミ・評判

NICU勤務(50歳)
未熟児ばかりを担当しているため、体調が急変することは日常茶飯事で、気が休まる時間はありません。ちょっとした顔色の変化にいち早く気づいて処置をしなければ、小さな命は亡くなってしまいます。

このように対応次第で命を左右することがあるので、妥協を許さない正確な業務が行える人が看護師に適しています。

2-6. 同僚や患者から慕われている

ミスを繰り返してしまっていても、同僚や患者から慕われている人は看護師の素質があるといえるでしょう。

自分では気がついていなくても、同僚や患者があなたを慕っているのは仕事への向き合い方や患者への対応などが評価されているからです。

年齢が上がるにつれ看護師はリーダー職や管理職を任されるようになります。

このような人は後輩の育成や現場をまとめあげることが得意なので後に非常に重宝される存在といえます。

2-7. 看護師の仕事が好き

「辛いことがあっても看護師の仕事が好き」と思えることは非常に重要です。

例えば、自分が入院した際に看護師の方に勇気づけられて看護師を目指した人や患者から「あなたが担当で良かった」と言われてやりがいを感じるなど辛いことはあっても看護師の仕事自体は好きな人が多いと思います。

実際に、看護師としてのやりがいを聞いてみたところこのような声がありました。

口コミ・評判

クリニック勤務(23歳)
患者さんに「全然いたくなかったよ、すごいね」「気にかけてくれてありがとう」と声を掛けてもらった時にやりがいを感じました。患者さんとやりとりをしてこその仕事なので、なるべく気持ちに寄り添ったり、思いに共感したりしていきたいと思い、取り組んでいました。

辛いことは多くても看護師の仕事にやりがいを感じた瞬間は何度もあったのではないでしょうか。

今は辛いことばかりかもしれませんがなぜ、あなたが看護師を目指すことにしたのかを思い返してみてください。

3. 看護師の適正に悩む必要はない!時間や環境次第で解決する

第1章では看護師に向いていない特徴を4つ紹介しました。

「当てはまっていたからやっぱり自分は向いていないんだ」と思った方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

3-1. 看護師経験が3年未満

看護師に向いていないという悩みは経験不足が原因であることがほとんどです。

事実、看護師歴2年までは、「看護師に向いてない」と思う看護師の割合が上がり続けることが分かっています。

看護師の適正度参考:就職後3年間の職業性ストレス、SOC、バーンアウトの調査

グラフからわかる通り、就職後2年目までは看護師の仕事が自分に合わないと感じてストレスが高くなることがわかっています。

また、就職後3年目にはそのストレスが低くなることもわかっています。

このように、看護師3年目までは誰でも「自分は看護師に向いていない」と悩みますが3年目以降も、ストレスは感じるものの徐々に慣れていくことがわかります。

あなたが看護師経験が3年未満の場合は、過度に悩む必要はありません。

看護師という仕事にまだ慣れていないため、ミスや失敗を繰り返してしまう、要領が悪いと怒られることも多いかもしれませんが慣れていくにつれそういったことで悩むことは少なくなります。

ミスをしてしまったら落ち込むのではなくメモを取る、分からないことや不安なことがあったら、遠慮せずに先輩に質問をして仕事に慣れていきましょう。

経験が浅い新人看護師は転職活動が難航しやすく、今より環境の悪い職場に転職してしまう危険性もあります。

今は悩んでいても3年目までは今の職場で頑張ってみることをおすすめします。

関連記事
>新人看護師が転職に慎重になるべき理由と失敗しないためのコツ|体験談や転職サイトも紹介

まずは3年目まで今の職場で看護師を続けてみることをおすすめします。

3-2. 看護師特有の人間関係に疲れを感じる

女性の割合が高く積極的なコミュニケーションが求められる看護師は、職場の人間関係に疲れを感じるケースが多いです。

人間関係が上手くいかない原因はコミュニケーション不足であることが多いです。

自らの行動や工夫で、人間関係の悩みを緩和させられることもあります。

例えば、苦手な相手とも良好な関係を築く方法は心理学で確立されています。

明日からすぐに実践できる5つの工夫を以下にまとめます。

看護師の人間関係を円満にする5つの心理学テクニック

  • 相手とできるだけ長い時間一緒に過ごす

心理学用語では単純接触効果と言い、人は自分に馴染みのある人を好む傾向にあります。
そのため、できるだけ長い時間相手と過ごすことで親しい人だと思ってもらいやすくなります。

  • 相手を影で褒める

心理学用語では自発的形質転移と呼ばれている手法で、人は他の人が褒められていても、自分が褒められている時と同じく、脳内ではドーパミンという脳内物質が分泌され、快いと感じます。

  • 常に元気でポジティブな発言をする

心理学用語では情動感染と言い、人は周りの人の声・表情・動きなどに反応し、それに伴い情動も感染することがわかっています。
そのため、あなたが元気に振舞えば、相手も同じように振舞ってくれるようになる確率が高くなります。

  • 相手の感情に共感する

心理学用語では類似性の法則といい、人は共通点を持つ相手に親近感を覚えます。
よく耳にする、相手と共通の敵をつくると仲良くなれるという例は、類似性の法則を応用したものです。

  • 相手のことを好きなフリをする

心理学用語では認知的不協和といい、相手があなたから嫌われていると感じている際にとても効果を発揮します。
人は、嫌われていたはずの相手から好意を受けると、「自分のことを嫌いだったはずなのになぜ?」という疑問が浮かび、そのモヤモヤを解消するために、最初から自分は嫌われていなかったと思い込みます。

その際に、相手からの印象も自然と上がるため、関係が上手くいくようになります。

4. 職場によって向き・不向きは異なる!あなたの性格に合った職場とは

看護師の仕事は就業先によって全く違うため、職場を変えただけで活き活きと働けるようになる人もいます。性格や働く目的に合わせておすすめの職場を紹介します。

どのような人におすすめかも記載してありますので、自分が苦手なことを踏まえて自分に合う転職先を探してみてください。

4-1. 一般のクリニック|体力に自信がない人

夜勤や長時間労働が続き身体を壊してしまった、疲労から看護師としてのやりがいを感じられない、など体力面から悩んでいる人には一般のクリニックをおすすめします。

口コミ・評判

クリニックへ転職(32歳)
クリニック勤務は始めてでしたが、通院されている患者様と顔馴染みになり世間話をしたりとアットホームな雰囲気がとても自分に合っていました。

救急外来や入院設備がなく、毎日決まった時間に働くことができることやアットホームな雰囲気が魅力です。

また、短時間勤務の看護師を募集しているクリニックも多いので選択肢が広い職場ともいえます。

4-2. 訪問看護ステーション|看護師特有の人間関係が苦手な人

職場の人とのコミュニケーションを取るのが苦手な人には、単独で患者宅に出向き看護処置を行う訪問看護師への転職がおすすめです。

口コミ・評判

訪問看護師へ転職(42歳)
現在は訪問看護をしていますが、どこに行ってもドラマよりも面白い家族背景があり、いつも訪問はこれだからやめられないと思っています。

1人で看護処置を行う分、患者や患者家族とのコミュニケーションは増えるので「看護師の人間関係には悩んでいるけど、患者一人ひとりとはじっくり向き合いたい」という人に特におすすめです。

また、夜勤もないので体力的にも病棟看護師より負担は少ないです。

しかし、1人で全ての看護処置を行うため経験の浅い看護師には負担が重くなってしまうので注意が必要です。

関連記事
訪問看護師がきつい・ブラックと言われる6つの理由!働く人の本音を徹底調査

4-3. 検診センター|コミュニケーションが苦手な人

同僚だけでなく患者とのコミュニケーションも極力控えたい人には、検診センターがおすすめです。

口コミ・評判

検診業務へ転職(35歳)
採血・尿検査・内視鏡検査の準備を看護師1人で効率よくこなすにはどうすれば良いか、自分で順序立てて行うところにやりがいを感じました。採血ももたついてはスムーズに患者さんを案内できないため採血スキルもアップできてさらにやりがいを感じました。

検診センターでは健康診断や健康ドッグを行います。

業務は血液採取や身長・体重測定と限定的であるため、患者や同僚と話すこと必要はほとんどありません。

勤務時間や業務内容が安定しているため看護師から非常に人気な職業となっています。

4-4. 産業看護師|看護の知識を活かして全く違う仕事がしたい人

患者を看取ることや看護師内での人間関係にストレスを感じやすく、また夜勤や長時間労働にも体力面から不安を感じる人には産業看護師がおすすめです。

口コミ・評判

産業看護師へ転職(26歳)
看護職ではない職種にアプローチし、健康指導の必要性を理解してもらうことに苦労しましたが、徐々に受け入れてもらい、指導の場を頂くことができて良かったと感じることがありました

産業看護師は主に企業や健康保険組合に勤務し、労働者の健康管理を行います。

企業に所属して同じ時間帯で働くため夜勤や休日勤務が少なく、福利厚生もしっかりとしています。

健康管理が主な業務のため患者を看取ったり急患対応をすることはなく精神的にもダメージを負いにくい職場といえます。

看護師が働きやすい環境が整えられているため、倍率も高いですが非常におすすめの職業といえます。

5. 看護師の転職には転職サイトを使うのがおすすめ

ここまでご紹介した職場は看護師の負担が少なく非常に人気で倍率の高い職場ばかりです。

こうした職場に転職するには、求人数が多く転職のサポートもしてくれる転職サイトに登録するのがおすすめです。

実際に転職をした看護師からの評価が高い転職サイトをいくつか紹介していきます。

数ある転職サイトの中から、以下を基準に、「利用者からの満足度の高い看護師向け転職サイト」をピックアップしました。

転職サイト選定基準
  1. 求人の数 …総求人数が多いほど、理想にぴったりの求人を見つけやすい
  2. 利用者満足度(提案&サポート力) …利用者の口コミをもとにサービスの質を評価。優秀なキャリアコンサルタントに担当してもらえれば、理想の職場を提案&手厚いサポートが期待できる

利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職サイトは、以下の通りとなりました。

転職サイト求人数|総合満足度
1位
看護roo!
54,000件|◎4.3
利用者満足度96.3%、看護師さんからの人気No1の転職サイト。細かい条件で求人が探しやすく、面接対策&サポートも手厚い。
2位
看護のお仕事
115,000件|○3.8
総求人数トップレベル!累計40万人以上の利用者がいる転職サイト。LINEで最新の求人情報が得られるなど、気軽に転職活動ができる
3位
マイナビ看護師
49,000件|◎
4.1 求職者のペースに合わせたサポートが強み。全国25箇所に相談会場があり、地方在住者も来社相談しやすい

※この記事では3サイトに厳選しています。より詳しく知りたい方は、『看護師723人が選ぶ転職サイトおすすめランキング』を参考にしてください。

1位.看護roo! | 看護師さん利用者満足度No.1

看護roo!』は、看護師の利用満足度96%を誇る人気の転職サイトです。

病院の種類や、施設の種類など細かい条件で求人検索が可能で、常に5万件以上の求人を掲載しています。

運営元の株式会社クイック(東証一部上場企業)は、医療業界を中心に30年以上に渡るサポートを続けてきた実績があり、十分な信頼が置ける企業です。

また、面接に同席までしてくれるサポートの手厚さも特徴的で、面接が不安な方にもおすすめです。

公式サイトを見る
https://kango-roo.com/

運営会社株式会社クイック
対象地域主要都市圏
公開求人数約5.2万
公式ページhttps://kango-roo.com/

2位.看護のお仕事 | 求人多数で選択肢の幅が広い!

看護のお仕事』は日本最大級の看護師向け転職サービスです。

医療業界に詳しい担当者が今の職場の悩みや、「辞めていいのか」ということについても親身に相談に乗ってくれるとのことで、求人・サポート共に看護師さんからの評価が非常に高くなっていました。

また、求人票に書いてない内部情報を教えてくれたり、入職まで手厚くサポートしてくれるなど非常に心強い存在です。

ちなみに、派遣の求人に関しても『看護のお仕事(派遣版)』という特設ページがあるくらい力を入れていて、派遣の求人を探す方にもおすすめです。

運営会社レバレジーズ株式会社
対象地域全国
公開求人数約5.3万
公式ページhttps://kango-oshigoto.jp

3位.マイナビ看護師|ペースに合わせて転職できる

マイナビ看護師』は合計4.1万件の求人数を保有し、4年連続認知度No.1を誇る人材大手マイナビグループが運営する看護師専門転職エージェントです。

看護師向けコンテンツが充実しているため、はじめて転職をする方も使いやすいでしょう。

また、全国に拠点があるため、地方在住の方も安心して利用できます。

運営会社株式会社 マイナビ
対象地域全国
オフィス全国22箇所
公開求人数約4.1万
公式ページhttps://kango.mynavi.jp/

6. まとめ

看護師が向いていないと悩む方に向けて、看護師に向いていない人の特徴や解決策を紹介していきましたがいかがでしたか。

まだ経験が浅いだけで悩まなくて良いことや職場を変えると解決されるかもしれないことなどが分かったと思います。

看護師は人手不足の職場が多いので、自分に合った職場に比較的転職しやすいといえます。

あなたの未来がより明るくなることを祈っています。