【年代別】転職サイトおすすめランキング|1000人の評判比較!

転職を始めるにあたって、これなら外さないという転職サイトの実力ランキングを今すぐ知りたいと思っていませんか?

そこで、当サイトでは、約1000人の転職者にアンケートを実施して「求人の数」「求人の質」「機能・操作性」などの軸から年代別に評価したランキングを作成しました。

さらに、自力で求人を探す「求人サイト型」と、転職のプロのサポートがつく「転職エージェント型」のそれぞれに分けてランキングにしたので、参考にしていただけばあなたが効率的に転職活動を始める助けに必ずなります。

あなたの目的にあわせて下記のランキング・内容を参考にしてみてください。

  1. 転職サイト(求人サイト型)ランキング
  2. 転職サイト(エージェント型)ランキング
  3. 求人サイト型とエージェント型の7つの違い
  4. 違いを踏まえた上で転職サイトを有効活用する方法まとめ
  5. エージェント型転職サイトを使いこなすための3つの秘訣
  6. 求人型転職サイトを使いこなすための3つの秘訣

全て読めば、あなたに合った転職サイトが分かり、よりうまく使う方法がわかるでしょう。

補足

求人サイト型とエージェント型の違いは、3章『求人サイト型とエージェント型の7つの違い』にて紹介しています。

気になる方は先に参考にしてみてください。

1. 転職サイト(求人サイト型)口コミランキング

約1000人にアンケートを実施して、自力で求人を探す「求人サイト型」のランキングを年代別に作成しました。

実際の口コミとあわせて、わかりやすく各サイトご紹介してますので、参考にしていただき転職サイト選びにお役立てください。

1-1. 20代に人気の転職サイト(求人サイト)ランキング

結論としては、下記のようなランキングになりました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位リクナビNEXT★★★★★
(4.6点)
全指標において20代の転職サイトでNo.1。圧倒的におすすめ。
2位ビズリーチ★★★★☆
(4.3点)
年収600万円を目指す全ての方におすすめ。求人数は圧倒的。
3位doda ★★★★☆
(4.2点)
求人数が非常に多く、選択肢の幅が広い。
4位マイナビ転職★★★★☆
(4.0点)
中小志望者の求人数に対する満足度が高い。
5位とらばーゆ★★★☆☆
(3.8点)
女性特化の転職サイト。女性からの支持が高い。
6位@type★★★☆☆
(3.5点)
知名度が高く利用者は多いが、実力の評判は並。

それでは、各サイトの総評を口コミを交えてご紹介していきます。

1位. 『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

総合評価

4.6

どの評価軸からも圧倒的No.1。使わない理由がない。

求人の量

4.8

あらゆる条件でも、使ってみて多いと感じている人がほとんど。

求人の質

4.5

大手企業を中心に幅広く掲載。ブラック企業も少ない印象との声が。

機能・操作性

4.5

シンプルな操作性で好評。スカウト機能、自己分析ツールも嬉しい。

『リクナビNEXT』は、20代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

求人の量・質に関しては、大手企業を中心に膨大な量の取り扱いがあり、この量で満足できない人はいないといっても過言ではありません。

その他、機能面でも「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、転職サイトとして非常に使いやすいです。

口コミ・評判

営業・20代後半・年収400万台
評価:★★★★★5
新卒時代にお世話になったこともあり、真っ先にリクナビに登録しました。
他のサイトも同時にいくつか見てみましたが、求人の量も質も全然違いますね…笑
デザインも使いやすく、登録しておくと求人がくるスカウトの機能も魅力的なやつを送ってきてくれて、すごくよかったですね。

公式サイトを見る:
https://next.rikunabi.com

2位. 『ビズリーチ』

総合評価

4.3

東京都で転職活動をするのであれば必ず登録したいサービス。

求人の量

4.6

東京都に限れば求人数は圧倒的。その他エリアはまずます。

求人の質

4.4

高年収帯だけでなく、年収400万円~のミドル求人も豊富。

機能・操作性

4.1

慣れないうちは機能が多く、求人検索やらヘッドハンターやらメッセージやら混乱するとの声も。

「即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの『ビズリーチ』は、一言でいうと、『11万件以上の求人から検索ができ、かつ3,800人以上のヘッドハンターとのマッチングができる最強のヘッドハンティング型転職サイト』です。

登録されているヘッドハンターは厳しい基準で選ばれており、かつビズリーチのデータベース登録後も評価が繰り返され、ランクとして可視化されているので、サービスの質は極めて高いと好評です。

スクリーンショット 2016-01-10 15.22.45

求人検索機能に加えて、ヘッドハンター検索やスカウト機能もあり、最初はできることの多さに混乱するかもしれませんが、東京都で転職活動をするのであれば、必ず登録すべき転職サービスです

口コミ・評判

営業・20代後半・年収500万台
評価:★★★★☆4
TVCMでよくみるので登録してみました。
最初はヘッドハンターからやたらとスカウトメールが来るので少しうざいものの、機能としては使いやすく、ランキング形式でヘッドハンターを選ぶこともでき、何人かに相談した結果、理想の転職を実現することができました!

公式サイトを見る:
https://bizreach.jp

3位. 『doda』

doda

総合評価

4.2

求人数が非常に多く選択肢の幅が広い。

求人の量

4.7

中小企業を中心に、リクナビNEXTに劣らない求人数。

求人の質

3.9

新着求人が少ない。また、大手を目指す人には物足りない。

機能・操作性

3.5

目立った機能もなく、可もなく不可もなく。

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職エージェントです。

案件の数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、20代から非常に高い評価を受けています。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれたという声も多く、転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後アドバイザーから電話が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。

口コミ・評判

マーケティング・20代後半・男性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

良かった点は、圧倒的な情報の量です。
常にメールで求人情報を流してくれるので、選択肢を広げてくれるコンテンツだと思います。現職に限らず幅広くみてみたかったため、大変参考になりました。
最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

公式サイトを見る:
https://doda.jp

4位. 『マイナビ転職』

マイナビ転職

総合評価

4.0

中小企業への転職者の求人数に対する満足度が高い。

求人の量

4.7

中小企業を中心に、リクナビNEXTに劣らない求人数。

求人の質

3.9

新着求人が少ない。また、大手を目指す人には物足りない。

機能・操作性

3.5

目立った機能もなく、可もなく不可もなく。

『マイナビ転職』は、『リクナビNEXT』には劣るものの求人の量には定評のある転職サイトです。

試しに、サイト上から求人数を比較してみると下記のような結果が出ています。

求人数全体東京大阪福岡静岡長野
リクナビNEXT4,1751,405950781431
マイナビ転職3,62117831,001639321
doda(転職サイト)1,704977317204126
@type1,72426815711082
エン転職2153933469361182

※2019年11月21日時点の情報です。

案件としては中小企業のものが多いとの声が多かったですが、これは「どうしてもリクルートは嫌だ」という中小企業もいるためでしょう。

『リクナビNEXT』と異なり、自己分析ツールなどオリジナルな機能はないため、その点の評価は低かったです。

結論『リクナビNEXT』の劣化版に近いので、基本的には『リクナビNEXT』を使いつつ、どうしても中小企業の求人が数多くほしいという人は併せて活用するという形をおすすめします。

口コミ・評判

営業(不動産)・20代後半・年収400万台
評価:★★★★★5
求人数がとても多い印象。検索で絞っても候補が出てくる出てくる。
福利厚生のいい中小企業を探していたのですが、良さそうな求人を見つけたので早速応募して、なんとか内定をゲット。
他のサイトは使ってませんが、満足でした。

公式サイトを見る:
https://next.rikunabi.com

5位. 『とらばーゆ』

スクリーンショット 2015-10-10 9.59.01

総合評価

3.8

女性に特化した転職サイトで、女性から高評価。

求人の量

3.9

業界最大手リクルートが運営しているため、求人数は多いと高評価。

求人の質

3.8

バリバリ働きたいという人以外には高評価。

機能・操作性

3.8

「産休・育休取得実績有り」などの独自の検索機能が高評価。

『とらばーゆ』は、人材業界トップのリクルートが運営する老舗の女性転職サイトで、女性からの人気が高いです。

高評価の理由としては、女性に特化している分「産休・育休取得実績ありのお仕事」などの検索機能が充実していて求人が見つけやすいという声が多かったです。

さらに、『リクナビNEXT』は掲載料金が高いので、美容室やアパレル店員などの求人は『とらばーゆ』に出そうという広告主も多いと聞きます。

口コミ・評判

人事・20代後半・年収400万台
評価:★★★★★5
結婚がちょうど決まったこともあり、福利厚生が微妙な会社から転職を決意しました。
その際に、とらばーゆだと育休とか福利厚生のしっかりした会社を探せたので、とてもありがたかったです。
リクルート運営とのことで求人数も豊富でした。

公式サイトを見る:
https://toranet.jp

6位. 『@type』

@type

総合評価

3.5

老舗の転職サイト。知名度が高く利用者は多いが、実力の評判は並。

求人の量

3.4

『リクナビNEXT』『マイナビ転職』と比較すると半分程度。

求人の質

3.3

IT・事務系の人には比較的好評。

機能・操作性

3.7

目立った機能はないが、シンプルで使いやすい。

『@type』は老舗の転職サイトで、知名度も高くサイトも見やすいと定評があります。

ただし口コミの結果として、「使ってみたけど、他サイトの方がよかった」という声が多くありました。

下記のように求人数をはじめとして、特徴のない転職サイトかと思います。

求人数全体東京大阪福岡静岡長野
リクナビNEXT6,8951,718908899514
マイナビ転職3,9052,002791791446
@type1,724545153153103
エン転職2,7811,304757516316

※2019年12月時点の情報です。

IT・事務の求人に注力しているとのことですが、ITなら『find job』、事務なら『リクナビNEXT』をメインで使うほうが効率的でしょう。

口コミ・評判

Webデザイナー・30代前半・年収500万台
評価:★★★☆☆3
ITに強いという口コミを見かけて、使ってみました。
結論としては、findjobほどじゃないなという感じです。
デザイナー観点では、サイトの配色とかはいいと思いました笑

公式サイトを見る:
https://type.career-agent.jp

まとめ

繰り返しになりますが、20代の求人サイト型転職サイトの口コミ結果をまとめると以下の通りです。

以下の中から、1〜2サイト使ってみることをおすすめします。

非公開求人の紹介を含めた転職のプロによる強力なサポートが無料で受けれる転職エージェントも検討している場合は、「20代の転職エージェント型の転職サイトの口コミランキング」も併せて確認しましょう。

ここまで読み進めて、登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

1-2. 30代に人気の転職サイト(求人サイト)ランキング

結論としては、下記のようなランキングになりました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位リクナビNEXT★★★★★
(4.7点)
全指標において30代の転職サイトでNo.1。圧倒的におすすめ。
2位ビズリーチ★★★★☆
(4.4点)
年収600万円を越えるユーザーからの評価は圧倒的No.1
3位doda★★★★☆
(4.2点)
業界No.2で、求人数も非常に多い
4位マイナビ転職★★★★☆
(4.1点)
中小志望者の求人数に対する満足度が高い。
5位とらばーゆ★★★★☆
(3.9点)
女性特化の転職サイト。女性からの支持が高い。
6位@type★★★☆☆
(3.5点)
知名度の割には、評価は並。

それでは、各サイトの総評を口コミを交えてご紹介していきます。

1位. 『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

総合評価

4.7

どの評価軸からも圧倒的No.1。使わない理由がない。

求人の量

4.8

あらゆる条件でも、使ってみて多いと感じている人がほとんど。

求人の質

4.5

大手企業を中心に幅広く掲載。ブラック企業も少ない印象との声が。

機能・操作性

4.6

シンプルな操作性で好評。スカウト機能、自己分析ツールも嬉しい。

『リクナビNEXT』は、30代の約200件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

求人の量・質に関しては、大手企業を中心に膨大な量の取り扱いがあり、この量で満足できない人はいないといっても過言ではありません。

その他、機能面でも「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、転職サイトとして非常に使いやすいです。

口コミ・評判

事務・30代前半・年収300万台
評価:★★★★★5
リクナビNEXTのいいところは、サイトがシンプルで使いやすいところだと思います。
いくつか転職サイトを使ってみて、サイトによっては画面がごちゃごちゃしててすごく使いづらい!
あと、自分にあった求人をメールで伝えてくれる機能も、帰り道とかでわかるし便利かな。

公式サイトを見る:
https://next.rikunabi.com

2位. 『ビズリーチ』

総合評価

4.4

東京都で転職活動をするのであれば必ず登録したいサービス。

求人の量

4.6

東京都に限れば求人数は圧倒的。その他エリアはまずます。

求人の質

4.4

高年収帯だけでなく、年収400万円~のミドル求人も豊富。

機能・操作性

4.1

慣れないうちは機能が多く、求人検索やらヘッドハンターやらメッセージやら混乱するとの声も。

「即戦力採用ならビズリーチ」というTVCMでおなじみの『ビズリーチ』は、一言でいうと、『11万件以上の求人から検索ができ、かつ3,800人以上のヘッドハンターとのマッチングができる最強のヘッドハンティング型転職サイト』です。

登録されているヘッドハンターは厳しい基準で選ばれており、かつビズリーチのデータベース登録後も評価が繰り返され、ランクとして可視化されているので、サービスの質は極めて高いと好評です。

スクリーンショット 2016-01-10 15.22.45

求人検索機能に加えて、ヘッドハンター検索やスカウト機能もあり、最初はできることの多さに混乱するかもしれませんが、東京都で転職活動をするのであれば、必ず登録すべき転職サービスです。

口コミ・評判

営業・30代前半・年収500万台
評価:★★★★★5
転職するかどうか決めていなかったのですが、自分の市場価値を図る目的で、登録していました。
そのときの年収が1000万円程度だったので、そこを下回らない、という条件で転職先を検討していたのですが、ヘッドハンター経由でいい案件に出会え、無事にそこへ転職することになりました。

公式サイトを見る:
https://bizreach.jp

3位. 『doda』

doda

総合評価

4.2

求人数が非常に多く選択肢の幅が広い。

求人の量

4.7

中小企業を中心に、リクナビNEXTに劣らない求人数。

求人の質

3.9

新着求人が少ない。また、大手を目指す人には物足りない。

機能・操作性

3.5

目立った機能もなく、可もなく不可もなく。

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職エージェントです。

案件の数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、20代から非常に高い評価を受けています。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれたという声も多く、転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後アドバイザーから電話が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。

口コミ・評判

マーケティング・20代後半・男性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

良かった点は、圧倒的な情報の量です。
常にメールで求人情報を流してくれるので、選択肢を広げてくれるコンテンツだと思います。現職に限らず幅広くみてみたかったため、大変参考になりました。
最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

公式サイトを見る:
https://doda.jp

4位. 『マイナビ転職』

マイナビ転職

総合評価

4.1

中小企業への転職者の求人数に対する満足度が高い。

求人の量

4.7

中小企業を中心に、リクナビNEXTに劣らない求人数。

求人の質

3.9

新着求人が少ない。また、大手を目指す人には物足りない。

機能・操作性

3.6

目立った機能もなく、可もなく不可もなく。

『マイナビ転職』は、『リクナビNEXT』には劣るものの求人の量には定評のある転職サイトです。

試しに、サイト上から求人数を比較してみると下記のような結果が出ています。

求人数全体東京大阪福岡静岡長野
リクナビNEXT6,8951,718908899514
マイナビ転職3,9052,0021,194791446
doda(転職サイト)21,0914,9781,9051,390538
@type1,724505213153103
エン転職2,7811,304757516316

※2019年11月21日時点の情報です。

案件としては中小企業のものが多いとの声が多かったですが、これは「どうしてもリクルートは嫌だ」という中小企業もいるためでしょう。

『リクナビNEXT』と異なり、自己分析ツールなどオリジナルな機能はないため、その点の評価は低かったですが、中小企業も含めた求人をとにかく求める人は『リクナビNEXT』と併せて活用することをおすすめします。

口コミ・評判

受付・30代前半・年収400万台
評価:★★★★☆4
マイナビ転職を使った理由としては、何気なく検索したときに目に入ったです。
秘書の求人を探してみると100件くらい求人があって、幅広い選択肢から選べたところがよかったです。
スマホでも見やすく、使い勝手も悪くないと思います。

公式サイトを見る:
http://tenshoku.mynavi.jp/

5位. 『とらばーゆ』

スクリーンショット 2015-10-10 9.59.01

総合評価

3.9

女性に特化した転職サイトで、女性から高評価。

求人の量

4.0

業界最大手リクルートが運営しているため、求人数は多いと高評価。

求人の質

3.8

バリバリ働きたいという人以外には高評価。

機能・操作性

3.9

「産休取得例有り」「子育てママ在籍中」などの独自の検索機能が高評価。

『とらばーゆ』は、人材業界トップのリクルートが運営する老舗の女性転職サイトで、女性からの人気が高いです。

高評価の理由としては、女性に特化している分「産休・育休取得実績ありのお仕事」などの検索機能が充実していて求人が見つけやすいという声が多かったです。

事実、『リクナビNEXT』は掲載料金が高いので、美容室やアパレル店員などの求人は『とらばーゆ』に出そうという広告主も多いと聞きます。

口コミ・評判

事務・30代前半・年収300万台
評価:★★★★★5
結婚して3年、そろそろ子供が欲しいので、もう少し福利厚生の良い企業に転職しようとしているときに見つけました。
このサイトの良い所は、産休・育児休暇がとれる企業を検索できる点です。
それがとてもありがたく、簡単に自分の希望する求人を見つけて、内定をとることができました。

公式サイトを見る:
https://toranet.jp/

6位. 『@type』

@type

総合評価

3.5

老舗の転職サイト。知名度が高く利用者は多いが、実力の評判は並。

求人の量

3.4

『リクナビNEXT』『マイナビ転職』と比較すると半分程度。

求人の質

3.3

IT・事務系の人には比較的好評。

機能・操作性

3.7

目立った機能はないが、シンプルで使いやすい。

『@type』は老舗の転職サイトで、知名度も高くサイトも見やすいと定評があります。

ただし口コミの結果として、「使ってみたけど、他サイトの方がよかった」という声が多くありました。

下記のように求人数をはじめとして、特徴のない転職サイトかと思います。

求人数全体東京大阪福岡静岡長野
リクナビNEXT6,8951,718908899514
マイナビ転職3,9052,002791791446
@type1,724545153153103
エン転職2,7811,304757516316

※2019年12月時点の情報です。

IT・事務の求人に注力しているとのことですが、ITなら『find job』、事務なら『リクナビNEXT』をメインで使うほうが効率的でしょう。

口コミ・評判

Webデザイナー・30代前半・年収500万台
評価:★★★☆☆3
ITに強いという口コミを見かけて、使ってみました。
結論としては、findjobほどじゃないなという感じです。
デザイナー観点では、サイトの配色とかはいいと思いました笑

公式サイトを見る:
https://type.career-agent.jp

まとめ

繰り返しになりますが、30代の求人サイト型転職サイトの口コミ結果をまとめると以下の通りです。

以下の中から、1〜2サイト使ってみることをおすすめします。

非公開求人の紹介を含めた転職のプロによる強力なサポートが無料で受けれる転職エージェントも検討している場合は、「30代の転職エージェント型の転職サイトの口コミランキング」も併せて確認しましょう。

また、ここまで読んで登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

1-3. 40代以上の中高年に転職サイト(求人サイト)ランキング

結論としては、下記のようなランキングになりました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位リクナビNEXT4.5点全指標において40代の転職サイトでNo.1。圧倒的におすすめ。
2位ビズリーチ4.1点年収600万円以上のプレイヤーに高評価。
3位キャリアカーバー3.8点いろんな求人を紹介してほしい方におすすめ
4位FROM403.7点とにかくどこでもいいから転職先が欲しいという人におすすめ。
5位エンミドルの転職3.5点30、40代特化も、『ビズリーチ』に劣るとの声も。

それでは、各サイトの総評を口コミを交えてご紹介していきます。

1位. 『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

総合評価

4.5

どの評価軸からも圧倒的No.1。使わない理由がない。

求人の量

4.3

ハイキャリアはもちろんキャリアの自信のない人向けの求人まで幅広く。

求人の質

4.5

求人に関しては、粒ぞろいと高評価。

機能・操作性

4.5

シンプルな操作性で好評。スカウト機能、自己分析ツールも嬉しい。

『リクナビNEXT』は、40代の約100件の口コミ調査の結果、どの指標においてもNo.1で、全ての人におすすめできる転職サイトです。

求人の量・質に関しては、もともと少ない40代のための求人も幅広く取り扱いがあります。

その他、機能面でも「サイトの操作性」「求人情報の見やすさ」「スカウト機能」の3つが優れているため、転職サイトとして非常に使いやすいです。

口コミ・評判

事務・40代前半・年収300万台
評価:★★★★★5
40代での転職は厳しいよ、と周りの人からかなり言われたので様々な転職サイトを利用しました。
かなり時間をかけていろいろと探しましたが、リクナビネクストはいい求人が多いように感じました。
なんかパッとしない求人しか集まっていないサイトが多かったですが、さすが最大手は違うなと感心した記憶があります。

公式サイトを見る:
https://next.rikunabi.com

2位. 『ビズリーチ』

ビズリーチ

総合評価

4.1

ハイキャリア特化のヘッドハンティング型転職サイト。年収800万円以上のプレイヤーに高評価。

求人の量

4.1

110,000 件以上のハイキャリア案件のデータベースから求人検索、応募できる。

求人の質

4.2

非公開案件が多く、総じて質が高いと好評。

機能・操作性

4.0

企業の人事・ヘッドハンター両者からアプローチを受けることができて効率的と高評価。

『ビズリーチ』は既存の転職エージェントとは全く異なる性質を持っており、年収が少なくとも800万円以上あるハイキャリア向けのサービスです。

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

スクリーンショット 2016-01-10 15.22.45

登録されているヘッドハンターは厳しい基準で選ばれており、かつビズリーチのデータベース登録後も評価が繰り返され、ランクとして可視化されているので、サービスの質は極めて高いと好評です。

さらに、自分から求人を探す場合も、20,000 件以上のハイキャリア案件のデータベースから求人検索、応募できるので、40代でさらなる飛躍を目指す場合はおすすめの転職サイトと言えます。

口コミ・評判

研究員・40代前半・年収1000万以上
評価:★★★★☆ 4
サービス自体はよくできている。
某転職サイトで見たところ通常ルートでは4回の面接があるようですが、1日で決まりました。
中小エージェント(ヘッドハンター)の信用・実績があるなかで、強くプッシュしてくれたおかげです。
私は前職が大学研究員。専門職の方や士業の方はこのようなヘッドハンティングサービスを使うのは良いかもしれません。

公式サイトを見る:
https://bizreach.jp

3位. 『キャリアカーバー』

スクリーンショット 2015-11-15 15.20.21

総合評価

3.8

いろんな求人を紹介してほしい方におすすめ

求人の量

4.0

保有求人数は約4,000件とやや少なめ

求人の質

3.8

好条件案件をヘッドハンターが多数紹介してくれる。

機能・操作性

3.6

総合的に使いやすいが、特段特徴的な機能はない。

キャリアカーバー(by リクルート)』は転職業界最大手のリクルートが運営する転職支援サービスです。

求人数やヘッドハンターの数では、CMで有名な『ビズリーチ』ほどではありませんが、リクルートが提供するハイクラス版求人サイトなだけあって、全般的に質が高いので、いずれも登録して併用することをおすすめします。

口コミ・評判

営業・30代後半・男性・年収600万
評価:★★★★☆4

キャリアカーバーはリクルートが運営しているだけあって、結構いろんな求人が見れましたね。

ここはスカウト機能があるところが良いところかな。

好条件のオファーが来たので、喜んで引き受けました。

公式サイトを見る:
https://careercarver.jp

4位. 『FROM40』

FROM40

総合評価

3.7

とにかくどこでもいいから転職先が欲しいという人におすすめ。

求人の量

3.7

40〜50代に特化した求人を集めている。

求人の質

3.3

年収としてはかなり低い案件の取り扱いが中心。

機能・操作性

4.1

他のサイトは40代に特化した機能が少ないため、相対的にはかなり使いやすい。

『From40』は、低年収でもいいから、とにかくどこでもいいから転職先が欲しいという人向けの転職サイトです。

40代に特化した転職サイトというとほとんどないので、「求人がとても探しやすい」という声が多かったです。

ただし、「ドライバー」「店舗スタッフ」などハードで低年収な仕事の取り扱いがメインなので、ホワイトカラーの仕事がいいという方は、他の転職サイトを活用することをおすすめします。

口コミ・評判

営業・40代後半・年収500万台
評価:★★★★☆4
どうしても会社が嫌になり転職を決めました。
転職エージェントに登録するも、どこも面談すら受けれず、40代での転職の厳しさを知りました。
とにかくどこでもいいから転職したかったので、いくつかの転職サイトを利用するなかで「FROM40」のサイトは知りました。
ガソリンスタンドやタクシードライバー、点検の求人が多かったですが、仕方がないのかと思いつつ、めぼしいものを探して応募しました。
ほぼ求人がないサイトもあるので、そういう意味では優れたサイトかと思います。

公式サイトを見る:
https://www.from-40.jp/

5位. 『エンミドルの転職』

エンミドルの転職

総合評価

3.5

30〜40代特化の数少ない転職サイト。ただ、転職エージェントとの違いがあまりないのが残念。

求人の量

3.5

専門職・管理職系の求人が多い。

求人の質

3.6

『ビズリーチ』には少ない年収600〜800万の求人が高評価。

機能・操作性

3.4

応募してみたら転職エージェントがついたが、不要だったとの声も。

『エンミドルの転職』は、30〜40代に特化している数少ない転職サイトです。

特に、『ビズリーチ』には少ない「年収600〜800万の専門職・管理職系の求人」が探しやすいと高評価でした。

ただし、応募すると必ず転職エージェントがつくので、それだったら初めから『JACリクルートメント』などの転職エージェントに登録して、求人提案してもらえばよかったという口コミも見かけました。

口コミ・評判

建築関係・40代前半・年収700万台
評価:★★★★☆4
長年働いてきて、そろそろ違う仕事がしたいとなんとなく転職サイトを見始めたのがきっかけです。
30〜40代のための求人というのがとてもわかりやすく、特化しているだけあって探しやすかった。
案件数も多くよかったが、知らない転職エージェントを通して応募しないといけなかったので、そこがすごく不安だった。(私の求人の場合は、いい人に当たったが)

公式サイトを見る:
https://mid-tenshoku.com/

まとめ

繰り返しになりますが、40代の求人サイト型転職サイトの口コミ結果をまとめると以下の通りです。

上記の中から、1〜2サイト使ってみることをおすすめします。

非公開求人の紹介を含めた転職のプロによる強力なサポートが無料で受けれる転職エージェントも検討している場合は、「40代の転職エージェント型の転職サイトの口コミランキング」も併せて確認しましょう。

また、ここまで読んで登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

2. 転職サイト(転職エージェント型)口コミランキング

約500人にアンケートを実施して、転職のプロのサポートを受けられる「転職エージェント型」のランキングを年代別に作成しました。

実際の口コミとあわせて、わかりやすく各サイトご紹介してますので、参考にしていただき転職サイト選びにお役立てください。

※基本的には総合型を利用すれば大丈夫ですが、エンジニアや年収600万円を超える方であれば、業界特化型としてご紹介する転職エージェントを利用するのがベストです。

2-1.20代に人気の転職サイト(エージェント型)ランキング

結論としては、下記のようなランキングになりました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位パソナキャリア★★★★☆
(4.1点)
初めての転職でも親身な対応が好評。 職務経歴書対策や面接対策まで丁寧。
2位doda★★★★☆
(4.0点)
20代にはコンサルタントの質が高いと好評。
3位マイナビエージェント★★★☆☆
(3.9点)
20・30代におすすめ・サポートが手厚いと評判
4位リクルートエージェント★★★★☆
(3.8点)
求人数は業界No.1で、案件数は圧倒的。
5位ハタラクティブ★★★★☆
(3.7点)
キャリアに自信のない第二新卒の人から高評価。

それでは、各転職エージェントの総評を口コミを交えてご紹介していきます。

1位. 『パソナキャリア』

パソナキャリア

総合評価

4.1

初めての転職でも親身な対応が好評。 職務経歴書対策や面接対策まで丁寧。

求人の質・量

3.9

求人数に関しては最大手と比較すると、劣るという声が多数。

提案力

4.1

転職するか迷ってる段階での相談も多いので、ノウハウも蓄積し、幅広く提案できているようです。

サポート体制

4.3

転職を検討している段階の人にも優しく丁寧な対応。 職務経歴書対策や面接対策も対策も親身。

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身だと評判の良いエージェントです。

最大手のリクルートに比べて転職検討段階の方やキャリアの浅い方にも優しく対応してくれるとの評判なので、転職エージェントに行くハードルが高く感じられる人はまずはパソナキャリアをおすすめします。

逆に、転職することを決意している方にとっては、『リクルートエージェント』『doda』のほうが、スピード感をもって対応してくれる傾向にあるためおすすめです。

まずは話を聞いて欲しいという方は、ぜひ面談を受けてみるといいでしょう。

口コミ・評判

営業・20代後半・女性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

超がつくほど親身な対応をしてくれました。アドバイスも的を得ていて、細かく丁寧でした。

求人も自分の求めていた条件を汲んでしっかりと見つけてくれましたし、面接対策もしっかりとしてくれました。

こういうのは担当のコンサルタント次第かと思いましたが、周りの友人もパソナで転職を決めており、評判もいいので全体としてレベルが高いのかと思います。

公式サイトを見る:
https://pasonacareer.jp

2位. 『doda』

doda

総合評価

4.0

20代にはコンサルタントの質が高いと好評。

求人の量・質

4.1

求人の量はリクルートエージェントに次ぐ業界No.2。質に関しても評価は高い。

提案力

4.1

転職先に悩んでいても、質の高い提案をくれたと好評。またセールス感が少ないという声も多い。

サポート体制

4.3

面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高い

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職エージェントです。

案件の数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、20代から非常に高い評価を受けています。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれたという声も多く、転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後アドバイザーから電話が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。

口コミ・評判

マーケティング・20代後半・男性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

良かった点は、圧倒的な情報の量です。
常にメールで求人情報を流してくれるので、選択肢を広げてくれるコンテンツだと思います。現職に限らず幅広くみてみたかったため、大変参考になりました。
最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。

公式サイトを見る:
https://doda.jp

3位. 『マイナビエージェント』

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

総合評価

3.9

20代におすすめ・サポートが手厚いと評判

求人の質・量

3.7

案件の量はそれほど多くはないが、質は非常に高い

提案力

3.9

コンサルタントでばらつきはあるが、総じて提案力は高い

サポート体制

4.0

職務経歴書や面接対策が他社と比べて充実している。

マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

特に20代~30代向けの案件が多いので、該当の方は必ず登録したい一社です。

口コミ・評判

広報・30代前半・女性・年収500万台
評価:★★★★★5

リクルート、JAC、マイナビの3社を利用しましたが、一番自分にあった求人を用意してくれたのはマイナビでした。

リクルートも同じくらい多くの求人を用意してくれましたが、自分にはいまいちピントこず….

最終的には、マイナビのコンサルタントにおすすめされた福利厚生のしっかりした隠れ優良企業に転職しました。

あとJACは私が大手志望でないからなのか反応が悪く、あまり求人をもらえませんでした。

公式サイトを見る:
https://mynavi-agent.jp

4位. 『リクルートエージェント』

スクリーンショット 2015-10-18 12.51.48

総合評価

3.8

業界最大手で、内定決定数はNo.1。また、案件数が圧倒的。

求人の質・量

4.2

紹介される求人数は圧倒的との声が多数。

提案力

3.6

人事へのプッシュ力が高く、内定率が高い。

サポート体制

3.5

サポートの良し悪しは担当者にかなり左右される。両極端。

リクルートエージェント』は国内最大手の総合転職エージェントです。内定決定数はNo.1です。

しかしながら、良くも悪くも担当コンサルタントの営業力が高く、決断を迫られるケースが多いようなので、利用する際は自分の意思をぶらさないように(口車にのせられない)慎重に進めてください。

転職することが確実な人にはおすすめですが、「まだ転職するか迷っている・・・」というレベルの方には親身に話を聞いてくれる『doda』の方が、口コミから考えるといいかもしれません。

いざ転職するとなった時は、担当コンサルタントの営業力は非常に高いので、良い案件を引っ張ってきてくれて、かつ企業人事に猛烈にプッシュしてくれることでしょう。

口コミ・評判

事務・ 20代前半・女性・年収300万台
評価:★★★★☆4
第2新卒、かつ一般事務職しか経験のない状態で、他のエージェントでは紹介できる案件はないと言われ諦めていたが、リクルートエージェントでは30件以上の案件を提示してくれました
面接対策もばっちりしてもらい、総合職として改めてキャリアをスタートさせることができました。

公式サイトを見る:
https://r-agent.com

5位. 『ハタラクティブ』

ハタラクティブ

総合評価

3.7

キャリアに自信のない第二新卒の人から高評価。

求人の質・量

3.3

案件の量が膨大。年収300万前後の求人が大半。

提案力

3.6

未経験領域であっても、提案してくれてよかったとの声も。

サポート体制

4.1

キャリア相談、職務経歴書や面接対策が好評。

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

常に1000件以上の未経験歓迎の正社員求人を持っており、第二新卒特化型としては最大手といえます。

案件数だけでなく、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートを提供しており、多くの人が「希望した先は、ほとんど落ちずに内定をもらえた」と満足しているようです。

実際に、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%という非常に優れた実績があるので、キャリアに自信のない第二新卒の人には間違いない転職エージェントでしょう。

口コミ・評判

ホテル・第二新卒・23歳・女性・年収300万台
総合評価:★★★★☆4

学歴や職歴が低い人専用のサービスということでした。最初に会った時に「20代であればいくらでも求人はありますよ」と言っており、その通りでした。大学卒業後にアルバイトを続けて職歴もない状態からでサポートしていただき感謝しています。

学歴や職歴が低い人専用のサービスということでした。最初に会った時に「20代であればいくらでも求人はありますよ」と言っており、その通りでした。
大学卒業後にアルバイトを続けて職歴もない状態からでサポートしていただき感謝しています。

公式サイトを見る:
https://hataractive.jp

※求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県、カウンセリングは渋谷・立川あるいは電話での実施です。

まとめ

繰り返しになりますが、20代の転職エージェントの口コミ結果をまとめると以下の通りです。

上記の中から、2〜3サイト使ってみることをおすすめします。

また、ここまで読んで登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

2-2.30代に人気の転職サイト(エージェント型)ランキング

結論としては、下記のようなランキングになりました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位パソナキャリア★★★★☆
(4.1.点)
親身なサポートが強み。職務経歴書対策や面接対策まで丁寧。
2位doda★★★★★
(4.0点)
業界No.2。コンサルタントの質が高く、提案の質が高いと好評。
3位JACリクルートメント★★★★☆
(3.9点)
専門性が非常に高く、年収500万以上でスキルのあるハイキャリア層から絶大な支持。
4位マイナビエージェント★★★★★
(3.9点)
20・30代におすすめ・サポートが手厚いと評判
5位リクルートエージェント★★★★★
(3.8.点)
業界No.1の求人数を保有しており、案件数が圧倒的。

それでは、各転職エージェントの総評を口コミを交えてご紹介していきます。

1位. 『パソナキャリア』

パソナキャリア

総合評価

4.1

初めての転職でも親身な対応が好評。 職務経歴書対策や面接対策まで丁寧。

求人の質・量

3.9

求人数に関しては最大手と比較すると、劣るという声が多数。

提案力

4.1

転職するか迷ってる段階での相談も多いので、ノウハウも蓄積し、幅広く提案できているようです。

サポート体制

4.3

転職を検討している段階の人にも優しく丁寧な対応。 職務経歴書対策や面接対策も対策も親身。

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身だと評判の良いエージェントです。

最大手のリクルートに比べて転職検討段階の方やキャリアの浅い方にも優しく対応してくれるとの評判なので、転職エージェントに行くハードルが高く感じられる人はまずはパソナキャリアをおすすめします。

逆に、転職することを決意している方にとっては、『リクルートエージェント』『doda』のほうが、スピード感をもって対応してくれる傾向にあるためおすすめです。

まずは話を聞いて欲しいという方は、ぜひ面談を受けてみるといいでしょう。

口コミ・評判

SE・30代前半・男性・年収400万台
総合評価:★★★★☆4

何よりサポートが充実していてよかった。

例えば、転職のためのハンドブックがもらえたり、面接セミナーで他の人の面接も見ることで学ぶことができた。

求人に関してはいまいちなものもあったが、概ねわるくなかった気がする。

公式サイトを見る:
https://pasonacareer.jp

2位. 『doda』

doda

 

総合評価

4.0

業界No.2で、コンサルタントの質が高いと好評。

求人の量・質

4.1

求人の量はリクルートエージェントに次ぐ業界No.2。質に関しても評価は高い。

提案力

3.9

転職先に悩んでいても、質の高い提案をくれたと好評。またセールス感が少ないという声も多い。

サポート体制

3.8

面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高い。

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職エージェントです。

案件の数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、30代から非常に高い評価を受けています。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれたという声も多く、転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後アドバイザーから電話が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。

口コミ・評判

広告代理店・30代前半・男性・年収500万台
評価:★★★★☆4
求人の質と量:他の転職サービスと比べても大企業だけでなく中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすいです。 提案力:専門のプロがサポート体制についてくれたので、求人説明もわかりやすくよかったです。他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払も数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです。 サポート体制:独自システムや他にないデータノウハウなどを駆使した転職サポートから転職後のフォローまでしてくれるのが他にない良い点です。

公式サイトを見る:
https://doda.jp

3位. 『JACリクルートメント』

JAC Recruitment

総合評価

3.9

専門性が非常に高く、年収500万以上でスキルのあるハイキャリア層から絶大な支持。

求人の質・量

3.5

案件の量は少量だが、質は高いと高評価。

提案力

4.2

業界に細かく精通した専門チームがあり、提案力は非常に高い。

サポート体制

3.9

面談までのハードルは高いが、サポートはハイレベルという声が多数。

JACリクルートメント』は、日経・外資系を問わずハイキャリアポジションについては国内実績No.1です。

面談も非常に丁寧で、キャリアの棚卸、キャリアプラン相談、レジュメ添削、面接対策まで全て無料で提供してくれて、相談をするだけで考えがまとまり、大いに役に立つと評判です。

しかしながら、合理的な社風でシビアに応募者を評価するため、市場価値が低いと判断されると案件をあまり紹介してもらえません。

なので、キャリアや専門スキルに自信のある方には非常に高い評価で、おすすめの転職エージェントです。

口コミ・評判

金融専門職・30代前半・男性・年収1000万台
総合評価:★★★★★5

複数のコンサルタントの方々と面接がありましたが、単に仕事を変えるための転職ではなく、これまでの経験を活かしつつ今後のキャリア形成に役立つポジションを提案して頂き、コンサルタントの方々の質の高さを実感しました。

他のエージェントでは、これまでの経験の枠内でのポジションの紹介がほとんどであったため、エージェントそのものの取り組み姿勢が違うと実感しました。

公式サイトを見る:
https://jac-recruitment.jp

4位. 『マイナビエージェント』

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

総合評価

3.9

20代におすすめ・サポートが手厚いと評判

求人の質・量

3.7

案件の量はそれほど多くはないが、質は非常に高い

提案力

3.9

コンサルタントでばらつきはあるが、総じて提案力は高い

サポート体制

4.0

職務経歴書や面接対策が他社と比べて充実している。

マイナビエージェント』は、中小企業の案件にも強い大手エージェントです。

それぞれの業界の基礎知識や、面接対策、履歴書の添削など、つまづきがちなポイントについて個別にアドバイスをくれますので、転職を考え始めた段階で必ず登録しておきたいエージェントです。

特に20代~30代向けの案件が多いので、該当の方は必ず登録したい一社です。

口コミ・評判

広報・30代前半・女性・年収500万台
評価:★★★★★5

リクルート、JAC、マイナビの3社を利用しましたが、一番自分にあった求人を用意してくれたのはマイナビでした。

リクルートも同じくらい多くの求人を用意してくれましたが、自分にはいまいちピントこず….

最終的には、マイナビのコンサルタントにおすすめされた福利厚生のしっかりした隠れ優良企業に転職しました。

あとJACは私が大手志望でないからなのか反応が悪く、あまり求人をもらえませんでした。

公式サイトを見る:
https://mynavi-agent.jp

5位. 『リクルートエージェント』

転職のリクルートエージェント

総合評価

3.8

業界最大手で、内定決定数はNo.1。また、案件数が圧倒的。

求人の質・量

4.2

紹介される求人数は圧倒的との声が多数。

提案力

3.6

人事へのプッシュ力が高く、内定率が高い。

サポート体制

3.5

サポートの良し悪しは担当者にかなり左右される。両極端。

リクルートエージェント』は国内最大手の総合転職エージェントです。内定決定数はNo.1です。

しかしながら、良くも悪くも担当コンサルタントの営業力が高く、決断を迫られるケースが多いようなので、利用する際は自分の意思をぶらさないように(口車にのせられない)慎重に進めてください。

転職することが確実な人にはおすすめですが、「まだ転職するか迷っている」というレベルの方には親身に話を聞いてくれる『doda』の方が、口コミから考えるといいかもしれません。

いざ転職するとなった時は、担当コンサルタントの営業力は非常に高いので、良い案件を引っ張ってきてくれて、かつ企業人事に猛烈にプッシュしてくれることでしょう。

口コミ・評判

コンサル・ 30代前半・男性・年収800万台
評価:★★★★☆4
志望先が外資系で、特殊な面接をする業界だったため不安が大きかったが、過去の面接質問例を頂いたり、実際に電話で練習に付き合ってくれたりと、本当によくして頂きました。担当者は外資系には詳しくなかったものの、社内にいる詳しいコンサルタントの方を連れてきてくれました。熱心さは他社に比べ物にならないです。

公式サイトを見る:
https://r-agent.com

まとめ

繰り返しになりますが、30代の転職エージェントの口コミ結果をまとめると以下の通りです。

上記の中から、2〜3サイト使ってみることをおすすめします。利用はもちろん完全無料です。

また、ここまで読んで登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

2-3. 40代以上の中高年に人気の転職サイト(エージェント型)ランキング

結論としては、すべての方におすすめの転職エージェントは下記のようなランキングになりました。

 転職サイト名総合評価コメント
1位パソナキャリア★★★★☆
(4.1点)
業界No.1。年収600万以上、もしくはエンジニアなど専門スキルがある人に高評価。
2位doda★★★★☆
(4.0点)
業界No.2。リクルートエージェントと併用している人が多い。
3位リクルートエージェント★★★★☆
(3.8点)
業界No.1の求人数を保有しており、案件数が圧倒的。

それでは、各転職エージェントの総評を口コミを交えてご紹介していきます。

1位. 『パソナキャリア』

パソナキャリア

総合評価

4.1

初めての転職でも親身な対応が好評。 職務経歴書対策や面接対策まで丁寧。

求人の質・量

3.9

求人数に関しては最大手と比較すると、劣るという声が多数。

提案力

4.1

転職するか迷ってる段階での相談も多いので、ノウハウも蓄積し、幅広く提案できているようです。

サポート体制

4.3

転職を検討している段階の人にも優しく丁寧な対応。 職務経歴書対策や面接対策も対策も親身。

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身だと評判の良いエージェントです。

最大手のリクルートに比べて転職検討段階の方やキャリアの浅い方にも優しく対応してくれるとの評判なので、転職エージェントに行くハードルが高く感じられる人はまずはパソナキャリアをおすすめします。

逆に、転職することを決意している方にとっては、『リクルートエージェント』『doda』のほうが、スピード感をもって対応してくれる傾向にあるためおすすめです。

まずは話を聞いて欲しいという方は、ぜひ面談を受けてみるといいでしょう。

口コミ・評判

経営企画・40代前半・年収700万台
評価:★★★★☆4
自分の市場価値に自信がなかったので、5社ほど転職エージェントに登録しました。
パソナキャリアは親身に相談にのってくれた上で、素敵な求人を用意してくれました。

公式サイトを見る:
https://pasonacareer.jp

2位. 『doda』

doda

 

総合評価

4.0

業界No.2で、コンサルタントの質が高いと好評。

求人の量・質

4.1

求人の量はリクルートエージェントに次ぐ業界No.2。質に関しても評価は高い。

提案力

3.9

転職先に悩んでいても、質の高い提案をくれたと好評。またセールス感が少ないという声も多い。

サポート体制

3.8

面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高い。

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する総案件数No.2の総合転職エージェントです。

案件の数ではリクルートエージェントにやや劣りますが、面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判は非常に高く、30代から非常に高い評価を受けています。

転職になかなか踏み切れず迷っている方にとっても、ペースを合わせて親身に対応してくれたという声も多く、転職を無理強いすることはないので安心してください。

登録後アドバイザーから電話が来るので、『転職するかどうか迷っているので、アドバイスを頂けないでしょうか』と伝えて、気軽に一歩を踏み出してみましょう。

口コミ・評判

広告代理店・30代前半・男性・年収500万台
評価:★★★★☆4
求人の質と量:他の転職サービスと比べても大企業だけでなく中小優良企業も掲載があり、条件の合う求人を探しやすいです。 提案力:専門のプロがサポート体制についてくれたので、求人説明もわかりやすくよかったです。他社ではあまり案件を紹介してもらえず門前払も数社ある状況で、これだけ提示してくれたのは本当にありがたかったです。 サポート体制:独自システムや他にないデータノウハウなどを駆使した転職サポートから転職後のフォローまでしてくれるのが他にない良い点です。

公式サイトを見る:
https://doda.jp

3位. 『リクルートエージェント』

スクリーンショット 2015-10-18 12.51.48

総合評価

3.8

業界最大手で、内定決定数はNo.1。また、案件数が圧倒的。

求人の質・量

4.2

紹介される求人数は圧倒的との声が多数。

提案力

3.6

人事へのプッシュ力が高く、内定率が高い。

サポート体制

3.5

サポートの良し悪しは担当者にかなり左右される。両極端。

リクルートエージェント』は国内最大手の総合転職エージェントです。内定決定数はNo.1です。

しかしながら、良くも悪くも担当コンサルタントの営業力が高く、決断を迫られるケースが多いようなので、利用する際は自分の意思をぶらさないように(口車にのせられない)慎重に進めてください。

転職することが確実な人にはおすすめですが、「まだ転職するか迷っている」というレベルの方には親身に話を聞いてくれる『doda』の方が、口コミから考えるといいかもしれません。

いざ転職するとなった時は、担当コンサルタントの営業力は非常に高いので、良い案件を引っ張ってきてくれて、かつ企業人事に猛烈にプッシュしてくれることでしょう。

口コミ・評判

法人営業・40代前半・男性・年収700万台
評価:★★★★☆4
サポートという意味ではあまり担当者と連絡することはなかったですが、案件は質量ともに満足するレベルで提供していただきました。
選考に進めた求人ではリクルートエージェントで5社、他社では2社でした。最大手の看板があるためか、書類選考は通りやすいイメージです。
最大手なのであまり媚びない(こちらから連絡しないと動かない)面もありました。。

公式サイトを見る:
https://r-agent.com

まとめ

繰り返しになりますが、40代の転職エージェントの口コミ結果をまとめると以下の通りです。

上記の中から、2〜3サイト使ってみることをおすすめします。利用はもちろん完全無料です。

また、ここまで読んで登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

2-4. 【参考】業界特化型転職エージェント

ここでは、業界特化型転職エージェントについて分野別にご紹介します。

 

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・Webエンジニア

レバテックキャリア

IT転職エージェントおすすめ11選|全25社から職種別に厳選
外資JACリクルートメント外資転職に強い転職エージェント15選|業界別にプロがおすすめを厳選
管理職エグゼクティブJACリクルートメントエグゼクティブ管理職に強い転職エージェント9選|ハイクラス転職サイト
海外ビズリーチ海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
第2新卒/フリーターハタラクティブ第二新卒の転職エージェントおすすめ13選|転職成功とキャリアアップ
女性パソナキャリア女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント9選|年代別にプロがおすすめ
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント14選と活用法
看護師看護roo看護師さん723人が選んだ転職サイトおすすめランキング
薬剤師薬キャリ薬剤師の転職サイト目的別おすすめ8選|15社を口コミ比較
介護士きらケア介護転職に強い転職サイト・エージェントおすすめ16選|300人の口コミ評判まとめ

※名前をクリックすると公式ページにリンクします。詳しく知りたい方は、解説サイトをご覧ください

また、ここまで読んで登録する転職サイトが他になければ、以下の内容を読み進めるようにしてみてください。

3. 求人サイト型とエージェント型の7つの違い

この章では、求人サイト型とエージェント型の違いについて紹介していきます。

大きく分けると以下の7つになります。

転職エージェント

転職サイト

気軽さ専任アドバイザーと打ち合わせをしながら進めるため気軽さはない自分の判断で、マイペースに進めることができる
求人数転職サイトに比べると、求人数は少ない傾向にある求人数は転職エージェントに比べると多い
求人の質転職アドバイザーが個人に合った求人を紹介してくれることから、質は高い質が悪い求人が混じっていることがある
企業との調整専任アドバイザーが面接日程・給与交渉・入社時期まで調整してくれる応募から面接日程、入社条件の交渉などはすべて自分で行う
転職サポート面接・履歴書・職務経歴書などのサポートをすべて行ってくれる転職エージェントが実施しているようなサポート体制はない
情報収集転職アドバイザーが、その企業の内部情報を含め、情報を提供してくれる転職サイト上では特に情報は収集できない
転職成功率面接指導や、企業へ強く推薦してくれる場合もあり、成功率は高い転職サイト経由での応募は膨大なので、書類で落ちる可能性は高い

以下で詳しく説明していきます。

違い①気軽さ|転職サイトの方が気軽

転職サイトでは、基本的に自分一人で転職活動をしていくことになるので、自分の判断で、マイペースで進められます。

一方、転職エージェントでは登録すると担当者から連絡が入り、面談をし、その後も打ち合わせしながら進めるので、転職サイトのような気軽ではありません。

ただし、自分一人で本格的に転職活動を進めると面倒なことが多く、転職活動を後回しにしがちな方もいるので、担当者をつけた方がうまくいきやすいです。

違い②求人数|転職サイトの方が求人数は多い

転職サイトでは、膨大な求人が並んでいて、ネットで買い物する感覚で求人を探し、興味があれば応募ができます。

※リクナビNEXTの検索画面

どの求人に申し込もうがあなたの自由なので、選択肢としては非常に多くなります

一方、転職エージェントでは下記のようにあなたのスキル・経験・希望に合わせてフィットする求人を紹介してもらえます。

総合転職エージェント

探す手間はない一方で、「あなたが現実的に内定をもらえそうな企業」が多くなるので、未経験職種などの選択肢はかなり少なくなります。

ただし、求人の数は転職エージェントが圧倒的

転職エージェントには「非公開求人」と呼ばれるネットに公開しない、できない求人が多数あります。

「非公開求人」は、公にしたら応募者が殺到してしまう案件や、極秘プロジェクトに関する案件など応募者にとっていい求人が多いです。

非公開求人もトータルすると求人数は転職エージェントの方が多くなります。

転職サイト「リクナビNEXT」の求人数は1万ちょっとですが、同じリクルート社の転職エージェントリクルートエージェント」には非公開求人だけで、10万件以上求人があります。

引用:リクルートエージェント

転職エージェントは、膨大な求人の中からあなたにフィットした求人を厳選し、教えてくれるサービスなのです。

違い③求人の質|転職エージェントの方が質が高い求人を紹介してくれる

転職エージェントも転職サイトも、質の悪い求人が混じっている可能性はあります。

ただ、転職エージェントは保有している求人の中からあなたに合った最適な求人を紹介してくれるので、質の高いものが多いです。

総合転職エージェント

転職サイトは、自分で求人を探して応募しないといけないので、質の悪い求人を引く可能性は高まります。

違い④企業との調整|転職エージェントならほとんどやってくれる

転職サイトの場合は、企業との調整、交渉を直接行わなければいけませんが、転職エージェントであれば間に入ってくれます。

特に、転職時に苦労するのが「給与交渉」です。

企業の心象を悪くしないように、「どのタイミングで」「どうやって伝えるか」は多くの方が悩むポイントです。

転職エージェントはプロですから、相手企業との距離を測りつつ、あなたの希望条件に近づくように給与交渉まで代理で行ってくれます。

違い⑤転職サポート|転職エージェントが手厚い

転職エージェント経由で選考が進むと、模擬面接・職務経歴書の添削などを実施してくれます。

これによって、志望している企業で想定される質問への練習、書類対策ができ、選考に通る可能性は高くなります。

また、面接前に「〇〇社の1次面接ではここが見られます」のようなアドバイスももらえ、面接へ万全の状態で臨むことができます。

転職サイトでは基本的にこういった支援を受けられません。

違い⑥情報収集|転職エージェントの方が集めやすい

転職サイトでは基本的に、求人票の情報以上のことは教えてくれませんが、転職エージェントであれば、内部情報など+αの情報をわかる範囲で教えてくれることがあります。

例えば、「募集背景」「求める人材像」などの採用担当者から聞き出した話、「面接で聞かれること」など過去の応募者から聞き出した話などです。

こういった求人票以上の情報を知れるのも転職エージェントを使うメリットと言えます。

違い⑦転職成功率|転職エージェントの方がうまくいきやすい

転職エージェント経由での転職の方が内定が決まる確率が高くなりやすいです。

まず、企業側にあなたがどんな人かアピールしてくれることがあります。

限られた面接時間で伝えきれない強みを代わりに伝えてくれるのは助かります。

そのほかにも過去の膨大な転職実績をもとにした「応募書類の添削」「面接対策」など、全力であなたの内定を支援してくれます。

転職サイトだとこういった支援を受けられないので、自分自身で頑張る必要があります。

「転職サイト」の求人は倍率が高い?

大半の求人が非公開の転職エージェントと違い、転職サイトの求人は基本的に全てネットに公開されていて多くの人がチェックしています。

そのため、いい求人があると、応募者が殺到し、倍率が高くなりやすいです。そのため、書類で落ちやすい傾向にあります。

4. 違いを踏まえた上で転職サイトを有効活用する方法まとめ

改めて転職エージェントと転職サイトの違いを再掲すると下記のようになります。

転職エージェント

転職サイト

気軽さ専任アドバイザーと打ち合わせをしながら進めるため気軽さはない自分の判断で、マイペースに進めることができる
求人数転職サイトに比べると、求人数は少ない傾向にある求人数は転職エージェントに比べると多い
求人の質転職アドバイザーが個人に合った求人を紹介してくれることから、質は高い質が悪い求人が混じっていることがある
企業との調整専任アドバイザーが面接日程・給与交渉・入社時期まで調整してくれる応募から面接日程、入社条件の交渉などはすべて自分で行う
転職サポート面接・履歴書・職務経歴書などのサポートをすべて行ってくれる転職エージェントが実施しているようなサポート体制はない
情報収集転職アドバイザーが、その企業の内部情報を含め、情報を提供してくれる転職サイト上では特に情報は収集できない
転職成功率面接指導や、企業へ強く推薦してくれる場合もあり、成功率は高い転職サイト経由での応募は膨大なので、書類で落ちる可能性は高い

以上のことから、転職をある程度真剣に考えているのであれば転職の成功率を上げるためにも転職エージェントの利用をお勧めします。

4-1. まずは転職エージェントの利用がおすすめ

  • 転職活動に必要なサポートを全て無料で受けられる
  • 自分のキャリアを客観的に見つめ直すことができる
  • 表には出ていない非公開求人を探してきてくれる
  • 面接では伝えきれないあなたの魅力を、人事に別途プッシュしてくれる
  • 面倒な手続きや調整を代理で行ってくれるので手間が減る

こういったメリットがあるため、まずは転職エージェントに登録し使ってみましょう。

ただし、転職エージェントのサポートの質・求人の質は転職エージェントのみならず担当者によっても左右されます。

一回会ってみて、頼れそうな人にあなたの転職活動を任せるようにできるといいです。

参考:公式にも「転職エージェントが効率的」と明記されてる

ちなみに、「転職サイト(リクナビNEXT)」と「転職エージェント(リクルートエージェント)」の両方を運営するリクルート社も転職エージェントを使った方が効率的とホームページで明記しています。

引用:リクルートエージェント公式ページ

4-2. ただし、転職エージェントでサポートを受けられないことも

転職エージェントに登録した全員がサポートを受けられるとは限りません

特に、転職して初めて報酬を得られる仕組みなので、転職における市場価値が低いとみなされると紹介などを断られるケースもあります。

また、登録して話を聞いたけど、やっぱり自分で進めた方が楽かもしれないと考えた方もいるかもしれません。

この状態になった場合に初めて「転職サイト」という選択肢を用意しましょう。

転職サイトの場合はエージェントと違って特に選び方や注意点はなく、業界最大手の『リクナビNEXT』さえ登録すれば案件の多くを網羅できるので無理せず1社で十分です。

4-3. 転職サイトでもエージェントの支援を受けられる?

転職サイトに登録をしていると、「スカウトメール」などと呼ばれるメール(転職サイトにより呼び名は様々)がたくさん来ます。

これは大きく下記の2つが送り主です。

  • あなたに興味を持った企業
  • あなたに興味を持った転職エージェント

このように、「転職エージェントから」メールがくることがあります。

具体的には「〇〇という案件があるんですが是非面談しましょう」という内容のもので、これに申し込みをすれば転職エージェントのサポートを受けられる可能性が大きいです。

しかし、転職支援実績がほとんどない転職エージェントもちらほらいることから、大手エージェントに登録して断られた方を除いてこの形での利用はおすすめしません。

また、中小のエージェントが多いですが、中小は紹介できる案件が限られており、平気でブラック企業の案件を紹介してくるところもあるため、まずは上場している大手の総合転職エージェントを利用することを推奨します。

5. エージェント型転職サイトを使いこなすための3つの秘訣

エージェント型転職サイトを使いこなすための秘訣は以下の3つです。

  • エージェント型転職サイトへの登録では2つの極意を実践する
  • 2~3社のコンサルタントと関係を築く
  • 担当コンサルタントをシビアな目でみる

それでは順に説明していきます。

5-1. エージェント型転職サイトへの登録では2つの極意を実践する

(1)登録情報はこまめに更新する

登録情報の一部でも更新すると、紹介会社の登録者管理画面でリストの上位に表示されるケースが多いです。

エージェント型の会社は、登録者管理画面から情報を収集しているため、この作業が非常に大事になるのです。細かいですが、マメに行いましょう。

(2)キーワードを散りばめる

登録情報に「キーワード」を散りばめることで、紹介会社のコンサルタントの目にとまる確率が高くなるのでおすすめです。

具体的に例をあげると、営業に携わっていた人なら「法人営業」「営業戦略」「XX業界」など営業に関係するキーワードを登録情報に入れておきましょう。

5-2. 2~3社のコンサルタントと関係を築く

転職エージェントを利用する最大の目的は、求人サイトにはない非公開求人を入手することなので、2~3社程度の多くのコンサルタントと良好な関係を築きましょう。

そのためには、3つのステップがあります。

Step1. 登録後すぐに紹介会社に電話をする

登録して待っていても電話がこないケースもありますので、登録したら紹介会社に電話をしましょう。

会話例:
「先ほど登録した◯◯と申します。ぜひ直接ご相談したいので、お時間をいただけないでしょうか?」

なぜかというと、転職エージェントは意欲が高い人には親身に対応してくれます。登録者が本気で転職活動をして早く採用が決まった方が、採用時に紹介料を受け取る彼らの利益にもなるからです。

Step2. コンサルタントと顔なじみになる

会ってくれるコンサルタントが見つかったら、さっそく訪問しましょう。

そのときに重要なのは、コンサルタントと「顔なじみ」になることです。基本的には転職への熱意を伝えつつ、あまり飾らずに自分の気持ちを素直に伝えて知ってもらいましょう。

Step3.  とりあえず「良いところがあればすぐにでも」と言っておく

キャリアコンサルタントも売上目標があり日々追われています。

コンサルタントとのファーストコンタクトで必ず「転職時期はいつ頃をお考えですか?」と聞かれますが、この時に「良いところがあればすぐにでも」と答えるようにしましょう。

そうすればあなたはすぐに売上に繋がると考え、優先順位をあげて対応してくれることでしょう。

Step4. 連絡がなくても週1度は連絡をとる

継続的に連絡を取り続けることがなによりも重要です。

なぜなら、連絡を取り続けないと順番が回ってこない仕組みになっているからです。

どういうことかというと、新しい求人の案件が人材紹介会社に舞い込むと、多くのコンサルタントは登録者リストを直近の順にたどり候補者を探します。しかし、登録から数週間と経ってしまえばどんどんリストの下方に追いやられてしまいます。

転職スカウトの仕組み

コンサルタントは業務量も多く、1つの案件に対して100人の応募などはざらにあります。その中でも直接話したことのある登録者は印象も違うので、声がかかりやすくなります。

5-3.担当コンサルタントをシビアな目でみる

担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。

担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

担当変更メール文面例

いつも大変お世話になっております。現在転職の支援をして頂いている○○と申します。現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、

転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、他のコンサルタントの方と一度お話をしたく考えております。

大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

6. 求人型転職サイトを使いこなすための3つの秘訣

求人型転職サイトをつかいこなすためにも、下記の3つの秘訣を実践することで高確率で書類選考を通過することができるでしょう。

6-1. 毎週10社以上に応募する

10社以上応募というとそんなに出さないといけないのかと思うかもしれませんが、それくらい書類選考が厳しいので手数を多く出さないといけないのです。

良い求人に対して応募者が殺到するので、非常に高いレベルでの競争になりやすいからです。

なので、1章で登録をおすすめしたサイトを活用して、20社以上の応募をがんばりましょう。

6-2. いい案件はすぐに応募する

ネット上に公開されている件数が少ない上に、掲載期間が短いです。

案件により異なりますが、非常に人気のあるものだと、求人をオープンしたその日に200〜300人は応募がある場合があります。

少しでも良いと思ったら、まずは応募しましょう。

6-3. 求人を探すときは

求人型転職サイトで求人を探すときには、必ず「20代」「30代」などのキーワードで検索しましょう。

その人に合った求人が見つけやすく、ミスマッチが起こりにくいからです。

そのため必ず、年代を入れて検索をかけるようにしましょう。

まとめ

転職サイトのランキング、いかがでしたでしょうか?

転職活動の成功には「どの転職サイトを選ぶか」だけでも大きく左右されるので、このページを参考に優良な転職サイトを選び、一つでもあなたにぴったりの求人を効率的に見つけていただければ幸いです。

あなたが最高の転職ができることを陰ながら祈っております。