コンサル業界に強い転職エージェントおすすめランキング|専門分野別・年代別でも厳選!

コンサル業界に強い転職エージェントおすすめランキング|専門分野別・年代別でも厳選!

コンサル業界に強い転職エージェントをお探しですね。

コンサルの転職を得意領域と自称するエージェントはたくさんあります。

しかし、それらの中にはコンサル転職の高額な仲介料だけを目的に自称しているだけで、実際に登録してみると全く実績がないことや、的外れなアドバイスばかりの転職エージェントもあるのです。

コンサル業界の転職は、実績のあるエージェントをしっかりと選ぶべきといえます。

なぜなら、実績のないエージェントを使うと、むしろ自分で応募したほうが内定をもらえる可能性が高まる可能性すらあるからです。

このページでは、現役転職エージェントとして多くのコンサル転職希望者をサポートしてきた経験から、専門分野別にコンサル業界でのおすすめ転職エージェントを紹介します。

全て読めば、コンサル業界の転職で最適なエージェントが見つかり、効率良く転職を成功させることができるでしょう。

  1. コンサル業界全般に強い転職エージェントおすすめランキング
  2. 戦略コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  3. 財務コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  4. ITコンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  5. 組織人事コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  6. 企業・事業再生系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  7. 医療コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  8. シンクタンク系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  9. 【未経験】コンサル転職におすすめの転職エージェント
  10. 【年代別】コンサル転職におすすめの転職エージェント
  11. コンサル転職で転職エージェントを利用するメリット
  12. コンサルタントが転職エージェント選びで気を付けるポイントは?
  13. コンサル業界の転職でよくある質問
  14. まとめ

1. コンサル業界全般に強い転職エージェントおすすめランキング

コンサルティング業界を扱う転職エージェントは100以上存在しますが、中でも求人数はもちろん、強みを活かしてしっかりと運営をしているサイト9社をランキング形式で紹介します。

コンサルにおすすめの転職エージェントランキング
アクシスコンサルティング
1位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある。
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
2位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
3位. ビズリーチ
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.4

ハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型サイト。企業の求人掲載、求職者の登録の双方に事前審査が行われることにより、質の高いマッチングを実現
jaclogo
4位. JACリクルートメント
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1.4万件

満足度
4.1

エグゼクティブ転職実績No. 1の転職エージェント。外資系・グローバルコンサルティングファームへの転職に強い。
アサイン ロゴ
5位. アサイン
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
no data

若手ハイエンド層に特化した転職エージェント。異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績が豊富。

6位. doda X(旧称:iX転職)
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.1

ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職サービス。ヘッドハンティング型サイトと求人紹介サービス2つの機能を兼ね備えており自分のペースで転職活動が進められる。
ランスタッド ロゴ
7位. ランスタッド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約6,500件

満足度
4.5

世界最大級の外資系転職エージェント。世界最大級のコネクションによりここでしか見つけられない「独占求人」が200件以上ある。
エンワールドジャパン
8位. エンワールド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
1,000件

満足度
4.2

アジア太平洋地域6カ国に拠点のあるグローバルな転職エージェント。「入社後活躍」という企業ミッションに即し、採用決定後も候補者に対して継続的なサポートがある。
パソナキャリア ロゴ
9位. パソナキャリア(ハイクラス)
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
1.4万件

満足度
4.2

年収600万円以上を目指す向け大手転職エージェント。オリコン顧客満足度調査(転職エージェント)で4年連続第1位(2019~2022年)を獲得。

※求人数:2022年8月更新

1位. アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

コンサルティングファームからの信頼が厚いエージェントで、現役コンサルタントの転職支援数 No1という実績を持っています(2014年〜20年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位)

また、コンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)に強く、求職者へのサポートが手厚いことで高評価を得ています。

質の良い非公開求人の中から、あなたのキャリアに即した求人を提案してくれるので、コンサルティング業界転職を少しでも視野に入れている方は必ず登録しておきましょう。

2位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

レベルの高い4,300名以上のヘッドハンター(2022年5月時点)から自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

求人数は約27.8万件と豊富で、高年収を狙うすべての人におすすめできる転職サービスです。

コンサルティングファームといえばハイクラス転職の花形の1つで、『リクルートダイレクトスカウト』もやはり強みを持つ分野。
コンサルタントだけでも公開求人数で約1.7万件、ITコンサルタントを含めれば約2.6万件(ともに2022年8月5日時点)非常に豊富なコンサル求人を保有しています。

実際の転職事例としても、次のようなコンサル転職を実現しました。

  • 広告代理店の営業職からグローバルコンサルティングファームのマーケティングコンサルタント(マネージャークラス)に転職
  • ITベンダーのSlerからテクノロジーコンサルタントに転職
  • 外資系アパレル企業のマーケティング 職から外資系コンサルティングファームのホスピタリティコンサルタント に転職
  • 財務・会計コンサルタントから大手監査法人の戦略コンサルタントに転職
  • メガバンクの専門職から金融コンサルタント に転職
  • 外資系化学メーカーのプロセスエンジニアから組織コンサルタントに転職

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

3位. ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチ』は、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型転職サイトです。

企業の求人掲載、求職者の登録の双方に事前審査が行われることにより、質の高いマッチングを実現しているのが特徴です。

コンサルタントの求人数にも強みがあり、検索システムからキャッチできる求人だけでも約1.3万件のコンサル求人(2022年8月5日時点)を保有しています。

事業コンサルタントから戦略コンサルタント財務・会計コンサルタント組織・人事コンサルタントなど幅広い分野に対応していることが特徴です。

ポジションとしてもメンバークラスからマネージャー/シニアコンサルタント以上のハイポジションまで網羅しています。

基本的な検索サービスは無料で利用できますが、求人応募やプラチナスカウトの受信などの機能は有料会員への登録が必要となります。

  • タレント会員
    年収750万円未満の方対象. /. 月額3,278円(税込)
  • ハイクラス会員
    年収750万円以上の方対象. /. 月額5,478円(税込)

月額課金制の転職サイトは業界でも珍しく、利用をためらってしまう人もいるかもしれませんが、転職後の平均年収は840万円とハイクラス求人が多いことが分かります。

無料サービスでは出会えないような質の高い求人が揃っているので、「本気で年収アップを目指して転職したい」と考える人に特におすすめです。

4位. JACリクルートメント

jacリクルートメント トップ画面

JACリクルートメントは、グローバルのハイキャリア案件に強い転職エージェントです。

ハイクラス向けの転職支援に特化しており、年収800万円〜1,500万円以上の求人が豊富です。

オリコン顧客満足度調査(ハイクラス・ミドルクラス転職)では4年連続1位(2019~2022年)を獲得しています。

コンサルティング業界の転職支援についても豊富な実績を有しており、国内コンサル企業はもちろんのこと、サービスの特色でもある外資系企業への実績も輝かしいです。

外資系コンサルティングファームやグローバルコンサルティングファームへの転職についても強みを持っており、たとえば以下のような転職成功事例があります。

  • 事業会社から大手外資系コンサルティングファームの戦略領域へ
  • ベンチャー企業から大手外資系コンサルティングファームの戦略領域へ
  • 大手Slerから大手外資系コンサルティングファームの人事戦略領域へ
  • 日経ITベンダーから大手外資系コンサルティングファームのデジタル領域へ
  • 国内コンサルティングファームから大手外資系コンサルティングファームの製造業界領域へ

担当するキャリアコンサルタントは、各業界・職種の専門知識と経営者視点を持つ少数精鋭のエキスパートなので、心強いパートナーとなるでしょう。

5位. アサイン

若手ハイエンドに特化したSE・営業系傾斜向け転職エージェント『アサイン』

アサイン』は、若手ハイエンド層に特化した転職エージェントです。

異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績を豊富に有しています。

コンサル以外にも大手企業の経営企画部門や中核ポジションへの決定実績を多く有しているなど、キャリアアップ支援における実力派サービスです。

アサイン』では自己のサービスをキャリア支援と位置付けており、単に転職・内定獲得を追及するだけではありません。
就業後もスコープに捉えた理想的なキャリアプランの実現をサポートしてくれます。

そのため『アサイン』登録後の初回の面談では求人紹介を行うことがなく、現職での課題や利用者の将来的希望等をじっくりとヒアリングする時間が設定されることになります。

現職での経験や課題、利用者の思い描く将来像・ライフプランから理想のキャリアプランを明確化し、そのキャリアプランの実現を念頭に「次の職で得るべき経験やスキル」「次の職で必要となる環境」などを抽出。
そうしたプラン・課題設定に利用者が納得してから初めて、求人紹介が始まります

こうしたキャリア支援を達成するに足る腕利きのエージェントが揃っているのも、『アサイン』の魅力の1つです。

ビズリーチのヘッドハンター大賞でコンサルティング部門MVP(2020)を獲得した日本最高クラスのエージェントを筆頭に、大手企業・グローバル企業など各業界トップカンパニー出身のエージェントなど経験・実力ともにトップクラスのサポートチームが完備。

そのようにコンサルティング業界や経営管理職に精通したエキスパートたちが、業界・企業研究から応募先の選定、選考対策など利用者にピッタリのオーダーメイド支援を実施してくれるのです。

また『アサイン』の特筆すべき点として、求職者を担当する「キャリアアドバイザー」が、企業を担当する「企業担当者」を兼任する点があります。

これは求職者にとって大きなメリットにつながる可能性があり、応募を検討している企業の内情を把握しやすく応募後も企業とのやり取りにギャップが生じにくい体制と言えるでしょう。


求職者を担当して求人紹介やアドバイスを行う転職エージェント/キャリアアドバイザー(求職者担当者)と、求人掲載・人材紹介を依頼している企業とやり取りを行う企業担当者(法人営業)は、別々の人員が担うことが主です。
通例、応募者(キャリアアドバイザー)ごとに連絡を取り合うのは企業の採用担当者にとって負担が大きいため、キャリアアドバイザーが企業へ直接連絡を取るのではなく、人材紹介会社の「企業担当者」に連絡窓口が一本化されます。

一見効率的なこの分業体制ですが、求職者担当者と企業担当者の連携が不十分な場合、ときとして求職者・人材紹介会社・企業の3者間での情報伝達に齟齬が生じます

そうした齟齬が求職者のサービス体験に影響し、たとえば「担当アドバイザーが求人票の内容や選考プロセスに対する細かな情報を把握していない」「企業側にうまく希望が伝わっていなかった」といった不満感のタネになることがあるのです。

また企業担当者が肌感として把握した「企業側が採用に掛ける想い」「求人企業内の実情」などの、求職者にとって非常に重要な「求人票には書かれていない内情」について共有度合いに差が生まれることもあります。

このほか、DiSC修了者(米国発のアセスメントツールを用いたコンピテンシー診断の認定資格者)があなたの強みを活かすための選考対策資料を作成してくれたり、転職希望先マーケットや候補企業に関する最新の市況や事業情報を提供してくれたりするなど、アサイン』は個々の利用者に対して最適化されたサポートにコミットしてくれる転職エージェントです。

コンサルティングファームへの転職を希望する人のなかでも、「特に自分にフィットしたサポートを希望している」「本気でキャリアアップを実現したい」人ならば、まずは『アサイン』の初回面談を受けてみるべきでしょう。

6位. doda X(旧称:iX転職)

doda X(旧称:iX転職)

doda X(旧称:iX転職)』は、事業戦略に直結するような希少性の高いハイクラス求人に特化した、転職サービスです。

2019年に開始した比較的新しいサービスですが、運営元は人材業界大手「パーソルキャリア」なので、そのネットワークには十分期待できます。

また、登録時などに「ヘッドハンティングサービス」と「求人紹介サービス」のどちらを利用するかを選択できます(両方への登録もOK)。
この、ヘッドハンティング型とエージェント型を一つの転職サイトで併用できることも、『doda(求人広告型)』を始めとしたdoda系列サービスが利用しやすい理由です。

年収800〜2,000万円の非公開求人が豊富にあり、実績としては戦略コンサルティングファームのプロフェッショナルスタッフや金融系シンクタンクの戦略コンサルタントなどがあり、コンサル転職にもおすすめの転職エージェントです。

「さらなるキャリアアップを考えている」という人は、まずは登録しておいてスカウトを待ちましょう。

7位. ランスタッド

ランスタッド

ランスタッド』はオランダに本社を置き、世界38の国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

公開求人数は約6,400件と多くはありませんが、保有求人全体の約半数が「年収800万円以上」の求人で、中には年収2000万円以上のハイクラスな求人も見つけることができます

S&P500企業からスタートアップまで、求人の幅が広いことも特徴的です。

また『ランスタッド』でしか募集をしていない「独占求人」も多く、特にグローバル企業や外資系企業のハイクラスポジションの仕事を見つけられます。

実際に公開求人を参照してみると、日資系転職エージェントではあまり見かけない、海外企業・外資系企業によるグローバル採用プロジェクトの求人情報など以下のような求人案件が掲載されています(2022年8月5日時点)

  • グローバルチームで活躍するCRMコンサルタント
  • 外資系企業のウェルスコンサルタント
  • トップクラスのコンサルティングファームにおける組織・人事コンサルタント
  • 世界的なIT企業のテクニカルコンサルタント
  • ERPテクニカルコンサルタント

このように、アジア太平洋・欧米など主要地域に拠点を構えグローバル人材市場の90%をカバーする『ランスタッド』は国・地域を問わないクロスボーダーな転職支援を得意としています。

コンサルティング業界のなかでも特に外資系コンサルティングファームやグローバルコンサルティングファームを志望している人は、なおのことランスタッド』に登録すべきでしょう。

8位. エンワールド

エンワールド トップ画面

エンワールド・ジャパン』は人材業界大手エン・ジャパンのグループ企業で、外資系企業やグローバル企業の求人案件を多く保有しています。

転職希望者のニーズを重視しており、コンサルタントが無理に転職先を薦めることはありません。

また「入社後活躍」という企業ミッションに即して、採用決定後も候補者に対して継続的なサポートを行ってくれます。

年収800万円以上の求人が常に10,000件以上あるので、グローバル人材として活躍したい方だけでなく、高年収を狙う方も登録必須のエージェントです。

9位. パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリア(ハイクラス)』はパソナキャリアのハイクラス転職支援サービスブランドで、特にキャリアコンサルタントが親身だと評判です。

パソナキャリアが紹介する求人は主に直接雇用の求人で、非公開求人では年収700万円以上の案件を多数保有しています。

パソナキャリアでは、企業の採用担当者を招いた勉強会を開催したり、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに参加したり、積極的にコンサルタント力向上に取り組んでいます。

企業の採用ニーズを把握した業界専任のアドバイザーによるキャリアカウンセリングや、面接官の目に留まる応募書類の書きかたの伝授など、充実したサポート体制は年収帯を問わず実施されるため、当サイトが実施したアンケートでも利用者満足度No.1の結果でした。

全国平均に比べて平均年収が最大で約66万円も高い5都府県(東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査,2021を参照の求人数も約2万7000件と豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての人におすすめできます。

2. 戦略コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

戦略コンサルタントは企業の経営課題に対して、戦略策定やアドバイザリー業務を提供します。

具体的には、成長戦略、人事戦略、IT戦略、新規事業戦略、マーケティング戦略、デューデリジェンスなどさまざまです。

◆戦略系コンサルティングファームの代表例

ボストンコンサルティンググループ、アーサーDリトル、ATカーニー、ベインアンドカンパニー、マッキンゼー、ローランドベルガー

戦略コンサルタントへの転職におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

戦略コンサルタント向け転職エージェントランキング
アクシスコンサルティング
1位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
2位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。
ムービン・ストラテジック・キャリア ロゴ
3位. ムービン・ストラテジック・キャリア
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.1

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。戦略コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)も可能

1位. アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

戦略コンサルタントは、論理的思考力や分析力など高いスキルを求められます。

アクシスコンサルティング』は、コンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)に強いので戦略コンサルタント への転職を有利に進められます。

質の良い非公開求人の中から、あなたのキャリアに即した求人を提案してくれるので、戦略コンサルタントへの転職を検討している方は必ず登録しておきましょう。

2位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は人材業界国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

企業の経営層が抱える問題を解決する戦略コンサルタントは、コンサルティング業界の中でも年収相場が比較的高い職種で、Big4など人気企業が多く存在します。

リクルートダイレクトスカウト』は、求人数が約27.8万件と豊富で、人気の高い戦略コンサルタントの求人も見つかりやすい転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

3位. ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリアは、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

元戦略ファーム出身者が多いため内部情報やコネクションで引っ張ってきた案件が多い傾向にあるようです。

レジュメの添削はもちろん、戦略コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)についても、主要ファーム別にしっかりと対策をしてくれます

コンサルティング業界を志望しているのであれば、ムービン・ストラテジック・キャリア』へ相談してみるとよいでしょう。

3. 財務コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

財務コンサルタントは、M&Aや財務に関連した経営課題へのコンサルティングを提供します。
主なサービス内容としては、M&A支援、企業価値評価、フォレンジック、デューデリジェンス、買収・統合支援などです。

◆財務コンサルティングファームの代表例

BIG4(PwC、EY、DTT、KPMG)のアドバイザリー部門

財務コンサルへの転職におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

財務コンサルタント向け転職エージェントランキング
アクシスコンサルティング
1位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
2位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。
ランスタッド ロゴ
3位. ランスタッド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約6,500件

満足度
4.5

世界最大級の外資系転職エージェント。世界最大級のコネクションによりここでしか見つけられない「独占求人」が200件以上ある

1位. アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

税務コンサルタントの転職先に多いBig4など、大手ファームからの信頼が厚いエージェントで、シニアコンサルタント以上の入社数1位という実績(2018年度)を持っています。

さらに、3,000人の現役コンサルタントが在籍し、1万人の転職希望者を支援してきた実績も強みです。

金融業界での経験や資格を活かして未経験から財務コンサルタントへの転職を考えている人でも、市場価値を教えてくれるので安心して任せることができるでしょう。

また、一口に財務コンサルと言っても、その仕事は多岐にわたります。

コンサルティングファームによっては特定の分野に特化していたり、財務戦略や実行支援など強みを持つ業務範囲が異なったりすることもあります。

現役コンサルタントの転職支援数No1を誇るアクシスコンサルティング』なら(2014年〜20年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位)、これらの特徴を見定め、あなたのキャリアに即した求人を提案してくれます。

財務コンサルタントへの転職を検討している人は、必ず登録しておきましょう。

2位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

2021年11月に前身の『CAREER. CARVER』からサービス名称を変更しました。

財務コンサルタントの転職先はBig4のアドバイザリー部門や個人が立ち上げたコンサルティングファームなどですが、求人数が少なく自分で求人を見つけるのは難しいです。

リクルートダイレクトスカウト』であれば、求人数は約27.8万件と豊富であることが強みです。

さらに、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできるので、財務コンサルタントへの転職を目指す人におすすめできる転職サービスです。
気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

3位. ランスタッド

ランスタッド

ランスタッド』はオランダに本社を置き、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

公開求人数は約6,400件と多くはありませんが、保有求人全体の約半数が「年収800万円以上」の求人で、中には年収2000万円以上のハイクラスな求人も見つけることができます

財務コンサルタントの転職先はBig4など外資系企業が多いので、世界最大級の外資系転職エージェントである『ランスタッド』がおすすめです。

4. ITコンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

ITコンサルタントの多くは、ERP(Enterprise Resource Planning)と呼ばれる基幹システムを導入し、業務改善し企業成長を支援します。

そのほか、CRM、SCM戦略立案・導入など幅広くコンサルティングを提供します。

ITコンサルは、比較的求人が多く出ており年間を通してチャンスがありますので、業界未経験者の方にもおすすめです。

◆ITコンサルティングファームの代表例

アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティング、アビームコンサルティング、プライスウォーターハウスクーパース

ITコンサルへの転職におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

ITコンサルタント向け転職エージェントランキング
アクシスコンサルティング
1位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある。
アサイン ロゴ
2位. アサイン
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
no data

若手ハイエンド層に特化した転職エージェント。異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績が豊富。
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
3位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。

1位. アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

ITコンサルタントはDX支援に関わる案件需要の高まりによってニーズが増えており、IT業界での経験をアピールできれば転職しやすい職種です。

アクシスコンサルティング』はコンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)に強いので、未経験からITコンサルタントを目指す人も安心です。

実際に、大手SIerから外資系コンサルファームのITコンサルに転職し、年収200万円アップを実現した事例などが豊富にあります。
アクシスコンサルティング』なら、たとえば「より上流から顧客に価値を提供できるフィールドで働きたい」などの希望にも応えてくれるでしょう。

ITコンサルタントへの転職を、少しでも視野に入れている方は必ず登録しておきましょう。

2位. アサイン

若手ハイエンドに特化したSE・営業系傾斜向け転職エージェント『アサイン』

アサイン』は、若手ハイエンド層に特化した転職エージェントです。

ITコンサルタントは、IT経験が重視されるためIT系職種から転職を考える人が多いです。
アサイン』は異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績を豊富に有しているので、未経験から転職したい人におすすめです。

現職での経験や課題、利用者の思い描く将来像・ライフプランから理想のキャリアプランを明確化し、そのキャリアプランの実現を念頭に「次の職で得るべき経験やスキル」「次の職で必要となる環境」などを抽出。

そうしたプラン・課題設定に利用者が納得してから初めて、求人紹介が始まります

コンサルティング業界や経営管理職に精通したエキスパートたちが、業界・企業研究から応募先の選定、選考対策など利用者にピッタリのオーダーメイド支援を実施してくれるのです。

また『アサイン』の特筆すべき点として、求職者を担当する「キャリアアドバイザー」が、企業を担当する「企業担当者」を兼任する点があります。

これは求職者にとって大きなメリットにつながる可能性があり、応募を検討している企業の内情を把握しやすく応募後も企業とのやり取りにギャップが生じにくい体制と言えるでしょう。

ITコンサルタントへの転職を希望する人のなかでも、「特に自分にフィットしたサポートを希望している」「本気でキャリアアップを実現したい」人ならば、まずは『アサイン』の初回面談を受けてみるべきでしょう。

3位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2,000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

ITコンサルタントはDX化に伴い需要が高まっており、ITインフラ構築における要件策定やPM経験があると有利になります。

リクルートダイレクトスカウト』は、こうしたビジネスシーンでのオーナーシップを発揮した経験やマネジメント経験を持つハイキャリア層の転職に強みを持っています。

したがって、コンサルタント自体は未経験でも、一定程度のビジネス経験を有していれば、レベルの高い4,300名以上のヘッドハンター(2022年5月時点)から自ら選んで相談することや、IT経験をレジュメに登録して好条件のスカウトを待つこともできます。

求人数は約27.8万件と豊富なので、コンサルタントへの転職を検討する全ての人におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

5. 組織人事コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

組織人事コンサルタントは人事戦略の立案、人事制度の改革、グローバル人事マネジメント、M&Aに伴う人事制度統合、採用戦略立案など、人をテーマにクライアントにコンサルティングを提供します。

◆組織人事コンサルティングファームの代表例

マーサージャパン、ヘイコンサルティング、ワトソンワイアット

組織人事コンサルへの転職におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

組織人事コンサルタント向け転職エージェントランキング
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
1位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。
ランスタッド ロゴ
2位. ランスタッド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約6,500件

満足度
4.5

世界最大級の外資系転職エージェント。世界最大級のコネクションによりここでしか見つけられない「独占求人」が200件以上ある
ムービン・ストラテジック・キャリア ロゴ
3位. ムービン・ストラテジック・キャリア
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.1

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。戦略コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)も可能

1位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

組織人事系コンサルティングファームは少なく、募集も限られているため独力で求人を見つけるのは難しいです。
言い換えれば、いかに早く求人情報をキャッチできるかが、転職成功のポイントになると言えます。

その点、約27.8万件の求人を保有する『リクルートダイレクトスカウト』であれば、多くの組織人事系コンサルティングファームに関する求人情報も期待できるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト』は、組織人事コンサルタントへの転職を考えている人は、まず登録しておきたい転職エージェントです。

2位. ランスタッド

ランスタッド

ランスタッド』はオランダに本社を置き、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

ランスタッド』は、同社でしか募集していない「独占求人」を多く保有しています。

組織人事コンサルタントは求人数が少ない職種ですが、独占求人を保有している『ランスタッド』であれば、コンサルタント求人が見つかる可能性が高まるでしょう。

多くの組織人事コンサルタント求人を比較したい方は、『リクルートダイレクトスカウト』とあわせて登録しておきたいエージェントです。

3位. ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリア』は、コンサルティング業界に特化したエージェントで、業界経験者が転職をサポートしてくれます。

Big4からベンチャー企業まで組織人事コンサルタントの求人を保有していることが特徴です。

コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)についても、主要ファーム別にしっかりと対策をしてくれます

求人の約79%は質の高い非公開求人であるため、組織人事コンサルタントの求人を見つけたい人は登録してみましょう。

6. 企業・事業再生系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

企業・事業再生系コンサルタントは業績低迷・競争力の低下について、再生支援を行います。

大抵の場合は、財務面だけでなく、オペレーション改善・ITソリューションなど実行支援を行います。

◆企業・事業再生系コンサルティングファームの代表例

グラックスアンドアソシエイツ、アリックスパートナーズ

企業・事業再生系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

企業・事業再生コンサルタント向け転職エージェントランキング
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
1位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。
ランスタッド ロゴ
2位. ランスタッド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約6,500件

満足度
4.5

世界最大級の外資系転職エージェント。世界最大級のコネクションによりここでしか見つけられない「独占求人」が200件以上ある
コトラ ロゴ
3位. コトラ
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
1.7万件

満足度
不明

外資系金融に特化した転職エージェント。コンサルタントは全員業界出身者であるため、専門性が非常に高く、外部からでは網羅的な把握が難しい各PEファンドの特性なども熟知している

1位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

求人数は約27.8万件と豊富で、外資系やグローバルな案件を抱える企業の企業・事業再生やM&Aに関わる求人を多く保有しています。

あなたのスキルや経験に合った求人を紹介してくれるので、キャリアアップを目指せる転職先が見つかりやすいです。

企業・事業再生系コンサルタントを目指す人は、まず登録しておきたいエージェントです。

2位. ランスタッド

ランスタッド

ランスタッド』はオランダに本社を置き、世界39カ国で人材ビジネスを展開する世界最大級の外資系転職エージェントです。

公開求人数は約6,400件と多くはありませんが、保有求人全体の約半数が「年収800万円以上」の求人で、中には年収2000万円以上のハイクラスな求人も見つけることができます

ランスタッドでしか募集をしていない「独占求人」も多く、特にグローバル企業や外資系企業のハイクラスポジションの仕事を見つけられます。

企業・事業再生系コンサルタントを目指し、外資系企業へ転職を検討している人は、『ランスタッド』を利用するべきでしょう。

一方、求人数の少なさをカバーするために、『リクルートダイレクトスカウト』とあわせて登録することもおすすめします。

3位. コトラ

コトラ

コトラは、コンサルティング業界に加えて金融業界・経営幹部および管理系ビジネスの転職にも大きな強みを持つ転職エージェントです。

事業再生にはヒト・モノ・カネの3資源を一体的に捉えて経営へのアドバイスを受けることが不可欠です。

実際に事業再生コンサルティングを担うビジネスパーソンのなかには、金融業や管理系ビジネス出身で、上記の資源に通じたエキスパートとして活躍する人も少なくありません。

したがって、企業・事業再生系コンサルタントを目指す場合は、コンサルティング業界だけではなく、金融業や管理系ビジネスにも詳しい転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

コトラコンサルタントは全員業界出身者で、専門性が非常に高く、外部からでは網羅的な把握が難しい各PEファンドの特性なども熟知しています。

独力でコンサルティングファームのみ探すよりも、幅広い選択肢や実践的な選考対策を期待できます。

企業・事業再生系コンサルタントの求人も約50件保有しており、1,000万円以上の高年収を目指せる求人も多いです。

まずはコトラに相談し、自分のキャリアで入社できる可能性があるのか、仕事に適性はあるのか、気になる点を聞いてみると良いでしょう。

7. 医療コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

医療コンサルタントとは、医療機関や製薬会社などが経営面で抱える問題解決の支援を行う医療分野に特化したコンサルタントです。

◆医療コンサルティングファームの代表例

KPMGヘルスケアジャパン、野村ヘルスケアサポート&アドバイザリー、キャピタルメディカ

医療コンサルへの転職におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

医療コンサルタント向け転職エージェントランキング
パソナキャリア ロゴ
1位. パソナキャリア(ハイクラス)
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1.4万件

満足度
4.2

年収600万円以上を目指す向け大手転職エージェント。オリコン顧客満足度調査(転職エージェント)で4年連続第1位(2019~2022年)を獲得
ムービン・ストラテジック・キャリア ロゴ
2位. ムービン・ストラテジック・キャリア
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.1

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。戦略コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)も可能
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
3位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。

1位. パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリア(ハイクラス)』は、パソナキャリアのハイクラス転職支援サービスブランドで、特にキャリアコンサルタントが親身だと評判です。

パソナキャリアが紹介する求人は主に直接雇用の求人で、非公開求人では年収700万円以上の案件を多数保有しています。

パソナキャリアでは、企業の採用担当者を招いた勉強会を開催したり、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに参加したり、積極的にコンサルタント力向上に取り組んでいます。

さらに、各種コンサルティングファームやシンクタンク系企業とのコネクションが強いことも特徴です。

医療経営コンサルタントやヘルスケア産業(製薬メーカー・医療機器メーカー等)に対するコンサルティングを提供する企業の求人も豊富に保有しています。

またHealthTech(医療・介護分野におけるICT導入促進)関連のコンサルティングといった職種の募集も掲載されており、最新分野にも対応可能です。

医療コンサルタントとしてのキャリアを築きたいならば、まずチェックすべき転職エージェントです。

2位. ムービン・ストラテジック・キャリア

医療コンサルタント・ヘルスケアコンサルタントに強い転職エージェント『ムービン』

ムービン・ストラテジック・キャリアは、コンサルティング業界に特化したエージェントで、業界経験者が転職をサポートしてくれます。

コンサル未経験者向けの求人から大手コンサルティングファーム求人まで、豊富な求人を保有していることが強みです。

コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)についても、主要ファーム別にしっかりと対策をしてくれます

求人の質も高く、約79%は非公開求人であるため、医療コンサルタントの求人を知りたい人は登録してみましょう。

3位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

求人数は約27.8万件と豊富で、医療経営コンサルタントやヘルスケアコンサルタントなど医療系コンサルタントの求人も多いです。

スキルや経験、希望に合った求人をヘッドハンターが紹介してくれるので、自分では見つけにくい医療コンサルタントの求人も見つけやすいでしょう。

リクルートダイレクトスカウト』は、求人数が群を抜いているため、他の転職エージェントと合わせて登録することをおすすめします。

8. シンクタンク系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング

シンクタンク系コンサルティングファームの多くは、大手金融機関や大手企業を母体としているため、グループ全体で高度なノウハウを保有してます。

また、大手グループならではのチャネルを使った営業活動など、組織的なバックアップがあることから安定した経営が成り立っていることも特徴です。

依頼もとは政府や自治体などの公的機関も含めて幅広く、比較的若い世代でも活躍できる機会が多いでしょう。

◆シンクタンク系コンサルティングファームの代表例

野村総研、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(旧:UFJ総研)、日本総研、NTTデータ経営研究所

シンクタンク系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

シンクタンク系コンサルタント向け転職エージェントランキング
アクシスコンサルティング
1位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある
ムービン・ストラテジック・キャリアロゴ2位. ムービン・ストラテジック・キャリア
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.1

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。戦略コンサルティングファーム特有の面接対策(フェルミ推定やケース)も可能
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
3位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。

1位. アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

コンサルティングファームからの信頼が厚いエージェントで、シニアコンサルタント以上の入社数1位という実績(大手外資系、国内系含め)を持っています。

シンクタンク系コンサルティングファームには日系企業が比較的多く、ケース面接は実施されず、通常面接のみで選考が進むことが多いです。
この点は、他の分野におけるファームとの大きな違いと言えるでしょう。

そのため、選考内容や質問内容について多くのノウハウを保有し、結果、多くの転職成功実績を持つアクシスコンサルティング』は、最初に登録するべき転職エージェントです。

2位. ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービンストラテジックキャリア

ムービン・ストラテジック・キャリアは、コンサルティング業界に特化したエージェントで、業界経験者が転職をサポートしてくれます。

コンサル未経験者向けの求人から大手コンサルティングファーム求人まで豊富な求人を保有していることが強みです。

コンサルティングファーム特有の面接対策についても、主要ファーム別にしっかりと対策をしてくれます

経験が浅く、シンクタンク系コンサルへの転職に自信がない人は、利用することで転職成功率がグッと上がるでしょう。

質の高い求人が多く、約79%は非公開求人であるため、シンクタンク系コンサルタントの求人へ応募したい人は登録をおすすめします。

3位. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

求人数は約27.8万件と豊富で、シンクタンク系の求人についても約2,000件を保有しています。

アクシスコンサルティング』やムービン・ストラテジック・キャリアで、スムーズに転職活動が進展しない場合、条件に合致する求人に出会える可能性を高める必要があります。
保有求人数の多い転職エージェント『リクルートダイレクトスカウト』への登録も検討してみてください。

圧倒的な求人数を誇る『リクルートダイレクトスカウトであれば、理想のシンクタンク系コンサル求人も見つかるでしょう。

9. 【未経験】コンサル転職におすすめの転職エージェント

業界未経験でコンサル業界に転職する方は少なくありません。
近年、コンサル市場の活性化に伴い、未経験者を積極的に採用しているファームが多くあるためです。

コンサルタントの転職支援に特化している『ムービン・ストラテジック・キャリア』によれば、大手コンサルティングファームでは採用した約85%が未経験者とのことです。

中途採用でコンサルティングファームへ転職する方はほとんど未経験の方ばかりです。
実際、未経験者の採用における割合はファームによって異なりますが、弊社支援実績やその他の情報をまとめますと、大手コンサルティングファームで約8.5割が未経験者(事業会社出身者)となっていました。

〔出典〕ムービン・ストラテジック・キャリア:未経験から経営コンサルティングファームへの転職 その対策方法とは?,2022年10月24日閲読.

20代であれば、いわゆるポテンシャル求人と呼ばれる、若年層を対象とした求人に応募すると良いでしょう。
一方、30代以上では、分野やポジションにもよりますが、特定の知識や経験を求められるケースが主です。

コンサル業界に強い転職エージェント、または、サポートに強みを持つ転職エージェントを選ぶことで、どちらの年代にも対応してくれるでしょう。

未経験でコンサル業界に転職したい方におすすめの転職エージェントは以下の3つです。

未経験でコンサル業界に転職したい方向け転職エージェントランキング
アサイン ロゴ
1位. アサイン
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
no data

若手ハイエンド層に特化した転職エージェント。異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績が豊富。
アクシスコンサルティング
2位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある
パソナキャリア ロゴ
3位. パソナキャリア(ハイクラス)
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1.4万件

満足度
4.2

年収600万円以上を目指す向け大手転職エージェント。オリコン顧客満足度調査(転職エージェント)で4年連続第1位(2019~2022年)を獲得

1位. アサイン

若手ハイエンドに特化したSE・営業系傾斜向け転職エージェント『アサイン』

アサイン』は、若手ハイエンド層に特化した転職エージェントです。

ITコンサルタントは、IT経験が重視されるためIT系職種から転職を考える人が多いです。
アサイン』は異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績を豊富に有しているので、未経験から転職したい人におすすめです。

現職での経験や課題、利用者の思い描く将来像・ライフプランから理想のキャリアプランを明確化することを得意としています。

求職者が描いたキャリアプランの実現を念頭に「次の職で得るべき経験やスキル」「次の職で必要となる環境」などを抽出。
完成したプラン・課題設定に利用者が納得してから初めて、求人紹介が始まります

コンサルティング業界や経営管理職に精通したエキスパートたちが、業界・企業研究から応募先の選定、選考対策など利用者にピッタリのオーダーメイド支援を実施してくれるのです。

また『アサイン』の特筆すべき点として、求職者を担当する「キャリアアドバイザー」が、企業を担当する「企業担当者」を兼任する点があります。

これは求職者にとって大きなメリットにつながる可能性が高いです。
なぜなら、応募を検討している企業の内情を把握しやすく、また、求職者(あなた)の想いが伝わりやすい体制と言えるからです。

ITコンサルタントへの転職を希望する人のなかでも、「特に自分にフィットしたサポートを希望している」「本気でキャリアチェンジを実現したい」人ならば、まずは『アサイン』の初回面談を受けてみるべきでしょう。

2位. アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

一口にコンサルと言っても、その仕事は多岐にわたり、コンサルティングファームによっては特定分野に特化していることもあります。

コンサル業界未経験とはいえ、これまでの経験や知識を少しでも活かして転職活動を有利に進めたい場合、コンサルティングファームからの信頼が厚い『アクシスコンサルティング』であれば、強い後ろ盾になってくれます。

また、コンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)に強く、求職者へのサポートが手厚いことで高評価を得ています。

質の良い非公開求人の中から、あなたのキャリアチェンジに即した求人を提案してくれるので、コンサルティング業界への転職を視野に入れている方は必ず登録しておきましょう。

3位. パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリア(ハイクラス)

パソナキャリア(ハイクラス)』はパソナキャリアのハイクラス転職支援サービスブランドで、特にキャリアコンサルタントが親身だと評判です。

パソナキャリアでは、企業の採用担当者を招いた勉強会を開催したり、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに参加したり、積極的にコンサルタント力向上に取り組んでいます。

企業の採用ニーズを把握した業界専任のアドバイザーによるキャリアカウンセリングや、面接官の目に留まる応募書類の書きかたの伝授など、充実したサポート体制が魅力です。

転職サポートは、年収帯を問わず実施されるため、CareerTheory編集部が独自に実施したアンケートでも利用者満足度No.1という結果でした。

全国平均に比べて平均年収が最大で約66万円も高い5都府県(東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査,2021を参照の求人数も約2万7000件と豊富で、年収600万円以上のハイクラスを目指す全ての人におすすめできます。

10. 【年代別】コンサル転職におすすめの転職エージェント

年代によってもおすすめできる転職エージェントは異なります。

こちらでは、年代別のコンサル転職におすすめの転職エージェントを各年代1つずつ紹介します。

20代のコンサル転職にはアサイン

若手ハイエンドに特化したSE・営業系傾斜向け転職エージェント『アサイン』

アサイン』は、若手ハイエンド層に特化した転職エージェントです。

異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績を豊富に有しています。

コンサル以外にも大手企業の経営企画部門や中核ポジションへの決定実績を多く有しているなど、キャリアアップ支援における実力派サービスです。

アサイン』では自己のサービスをキャリア支援と位置付けており、単に転職・内定獲得を追及するのではなく、就業後もスコープに捉えた理想的なキャリアプランの実現をサポートしてくれます。
そのため『アサイン』登録後の初回の面談では求人紹介を行うことがなく、現職での課題や利用者の将来的希望等をじっくりとヒアリングする時間が設定されます。

現職での経験や課題、利用者の思い描く将来像・ライフプランから理想のキャリアプランを明確化し、そのキャリアプランの実現を念頭に「次の職で得るべき経験やスキル」「次の職で必要となる環境」などを抽出。

完成したプラン・課題設定に利用者が納得してから初めて、求人紹介が始まります

こうしたキャリア支援を達成するに足る腕利きのエージェントが揃っているのも、『アサイン』の魅力の1つです。

ビズリーチのヘッドハンター大賞でコンサルティング部門MVP(2020)を獲得した日本最高クラスのエージェントを筆頭に、大手企業・グローバル企業など各業界トップカンパニー出身のエージェントなど経験・実力ともにトップクラスのサポートチームが完備。

コンサルティング業界や経営管理職に精通したエキスパートたちが、業界・企業研究から応募先の選定、選考対策など利用者にピッタリのオーダーメイド支援を実施してくれるのです。

また『アサイン』の特筆すべき点として、求職者を担当する「キャリアアドバイザー」が、企業を担当する「企業担当者」を兼任する点があります。

これは求職者にとって大きなメリットにつながる可能性があり、応募を検討している企業の内情を把握しやすく応募後も企業とのやり取りにギャップが生じにくい体制と言えるでしょう。

このほか、DiSC修了者(米国発のアセスメントツールを用いたコンピテンシー診断の認定資格者)があなたの強みを活かすための選考対策資料を作成してくれたり、転職希望先マーケットや候補企業に関する最新の市況や事業情報を提供してくれたりします。

アサイン』は個々の利用者に対して最適化されたサポートにコミットしてくれる転職エージェントです。

コンサルティングファームへの転職を希望する人のなかでも、「特に自分にフィットしたサポートを希望している」「本気でキャリアアップを実現したい」人ならば、まずは『アサイン』の初回面談を受けてみるべきでしょう。

30代のコンサル転職にはアクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング_LP画像

アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

30代はコンサルティング業界経験者ではアナリスト、コンサルタントを経てシニアコンサルタントへのキャリアアップを目指す人が多いです。

現職で昇進を目指すより、転職をする方がキャリアアップしやすい場合もあります

アクシスコンサルティング』はシニアコンサルタント以上の入社数1位という実績(2018年度実績)を持っているので、キャリアアップを目指す人におすすめです。

また17年間で約5,000名の現役コンサルタントを支援してきた実績から、転職のその次までをスコープに入れたキャリアパスを提案してくれます。

アクシスコンサルティング』は、今後のキャリアプランを検討したい30代におすすめです。

40代・50代のコンサル転職にはリクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は国内最大手のリクルートが運営する、年収800〜2,000万円のハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです。

2021年11月に前身の『CAREER. CARVER』からサービス名称を変更しました。

40代・50代になるとマネージャーやパートナーなど管理職ポジションでの募集がほとんどです。

一般的な転職エージェントは20代・30代の転職サポートを主に行っており、ハイクラス層の求人が見つかりにくくなる傾向があります。

しかがって、40代・50代の方にはハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスである『リクルートダイレクトスカウト』の利用をおすすめします。

『CAREER. CARVER』から引き継ぐレベルの高い4,300名以上のヘッドハンター(2022年5月時点)から自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

求人数は約27.8万件と豊富で、管理職ポジションへのキャリアアップ転職を目指す40代・50代におすすめできる転職サービスです。

11. コンサル転職で転職エージェントを利用するメリット

コンサル転職で転職エージェントを利用することには以下の3つのメリットがあります。

メリット1:希望条件に合った求人を代わりに探してくれる

まず、転職エージェントでは担当者に年収や勤務地などの希望条件を伝えると、あなたに合った求人を代わりに探してくれます。

エージェントによっては、待遇が良いため公開して募集を行わない非公開求人を保有している場合もあり、自分で探すよりも年収が高い職場が見つかりやすいのです。

特に、年収相場が高く即戦力を募集するコンサル業界では非公開で求人を募集する場合が多く、自分で求人を探すのは難しいでしょう。

仕事を続けながら転職活動をする場合も、自分で求人を探す手間が省けるので便利です。

メリット2:応募書類の添削や面接練習などの選考対策が受けられる

転職エージェントを利用すると、応募書類の添削や面接練習など選考対策も受けることができます。

担当者がヒアリングを通してあなたの人柄や経歴を把握し、伝え方のコツも教えてくれるので、誰でも魅力的な応募書類を作り上げられます

転職経験がない、少ない場合、一人で応募書類を作るのは難しいものです。
過不足無く経歴を書いたつもりでも、プロの視点でみると内容が不十分であったり、見せ方が適切でなかったりするケースはよくあります。

また、コンサル業界の面接では他の業界ではあまりないケース面接やフェルミ推定などの対策も必要です。
コンサル業界に強みを持つエージェントでは、志望企業ごとにコンサル業界の面接対策をしてくれるので安心です。

担当者と万全な対策を行うことで、内定獲得の可能性がアップします。

メリット3:応募先とのやり取りを代行してくれる

転職エージェントは、企業とのやり取りを代行してくれるので、働きながら転職活動をスムーズに進められる点も魅力です。

担当者が代行してくれるやり取り

  • 各企業への応募
  • 面接の日程調整
  • 採用担当者への連絡
  • 入社日の調整

在職中に転職活動を行うとなると、細かいスケジュール管理が困難になります。

特に複数求人に応募している場合、それぞれの職場と並行してやり取りを行わなければなりません。
予定管理が不十分だと、ダブルブッキングなどのトラブルにつながる恐れもあります。

転職活動に関する煩雑なやり取りを、代わりに行ってくれるのは大きなメリットです。

12. コンサルタントが転職エージェント選びで気を付けるポイントは?

コンサルタントが転職エージェントを選ぶ際に気をつけるべきポイントは3つあります。

コンサルタントが転職エージェント選びで気を付けるポイント

ポイント1. コンサル業界の求人が多いかどうか

求人の質と量は、理想の職場に転職できるかどうかを左右する、重要な要素です。

登録者のみが閲覧・応募できる「非公開求人」を多く保有している転職エージェントを利用すれば、さらに選択肢を増やせます。

「なるべく多くの候補の中から、自分の希望条件にぴったりの求人を選びたい」という方は、求人の質・量に強みのある転職エージェントを選びましょう。

総合転職エージェントには希望のコンサルタント求人が見つからない場合もあります。

アクシスコンサルティング』や『アサイン』などコンサルタント転職に強みを持つ特化型転職エージェントもあわせて利用しましょう。

ポイント2. 大手企業が運営しているかどうか

大手企業が運営している転職エージェントを中心に利用しましょう。

大手企業が運営する転職サイト利用をおすすめする理由には

  • 保有求人数が多く、登録するだけで選択肢を増やせる
  • 支援実績が豊富で、選考通過に関する実用的なノウハウが蓄積されている
  • 大手ほどサポート体制が整っている傾向にある

などがあります。

ポイント3. 利用者からの口コミが良いかどうか

利用者の口コミから、転職サイトの提案力やサポート力を確認することができます。

特に

  • 希望条件に合った求人を紹介してくれるのか
  • 選考対策や退職準備などしっかりとサポートしてくれるのか

は必ず確認しましょう。

年代や希望する職場によって、口コミが異なる場合もあります。口コミを確認して、自分に合った転職サイトを利用することでスムーズに転職活動を進められるでしょう。

13. コンサル業界の転職でよくある質問

最後にコンサルティング業界への転職でよくある質問に答えていきます。

13-1. コンサルティング業界への転職編

Q1. コンサルタントにおすすめの転職サイトはありますか

コンサルタント業界の求人を扱う転職サイト(求人サイト)もありますが、転職エージェントの利用をおすすめします。

コンサルタント業界の求人は高年収で即戦力を募集するものが多く、非公開求人や未経験者が応募できない求人も多いです。

転職エージェントに登録すると、未経験者やキャリアアップを目指す場合でも、未経験者でも応募できる求人や質の高い非公開求人を紹介してもらえます。

応募書類の添削や面接対策など選考対策も受けられるので、コンサルタント転職では転職エージェントを利用しましょう。

Career Theory編集部がおすすめするコンサルティング転職向け転職エージェントランキングは以下の通りです。

どれに登録すべきか迷ったときは、まずは1位の『アクシスコンサルティング』に登録してみましょう。

当記事の1章では各サービスの特徴を詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

Q2. 未経験からコンサル業界への転職におすすめの転職エージェントは?

未経験からコンサル業界への転職を目指す場合は『アサイン』がおすすめです。

異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績を豊富に有していることが特徴です。

コンサル以外にも大手企業の経営企画部門や中核ポジションへの決定実績が多いことなど、キャリアアップ支援における実力派サービスと言えるでしょう。

ビズリーチのヘッドハンター大賞でコンサルティング部門MVP(2020)を獲得した日本最高クラスのエージェントを筆頭にサポートを行います。

大手企業・グローバル企業など各業界トップカンパニー出身のエージェントが在籍し、経験・実力ともにトップクラスのサポートチームが完備されているので、まず登録してみましょう。

Q3. 外資系コンサルティングファームへの転職におすすめの転職エージェントは?

外資系コンサルティングファームへの転職におすすめの転職エージェントは、『アクシスコンサルティング』がおすすめです。

Big4をはじめとした外資系コンサルティングファームへの転職実績が豊富で、一部の外資系コンサルティングファームではシニアコンサルタント以上の入社実績No.1を誇ります。

コンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)に強く、求職者へのサポートが手厚いことも特徴です。

転職難度の高い外資系コンサルティングファームへの転職でも安心と言えます。

Q4. SAPコンサルタントにおすすめの転職エージェントは?

SAPコンサルタントへの転職におすすめの転職エージェントは、『アクシスコンサルティング』です。

SAPコンサルタントはSAPのERPパッケージを専門とするITコンサルタントのことですが、SEと業務内容が近く、IT業界での経験をアピールできれば転職しやすい職種です。

アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化した選考対策(フェルミ推定やケース面接の対策)に強いので、エンジニアからITコンサルタントへの転職を叶えた事例が豊富にあります。

SAPコンサルタントへの転職を少しでも視野に入れている方は必ず登録しておきましょう。

Q5. ESGコンサルタントにおすすめの転職エージェントは?

ESGコンサルタントへの転職におすすめの転職エージェントは『アクシスコンサルティング』です。

すでに欧米ではESGへの取り組みが進んでおり、機関投資家のESG投資への注目が高まっているため、日本でもESGコンサルタントの需要が高まっています。

しかし、求人数としては他のコンサルタントと比べてまだ多く現状にあります。

したがって、稀少なESG求人を少しでも多くキャッチするために、コンサルティング転職に強みを持つ『アクシスコンサルティング』の利用がおすすめです。

質の良い非公開求人の中から、あなたのキャリアに即した求人を提案してくれるので、ESGコンサルタントが気になっている人は登録しておきましょう。

Q6. コンサル転職で後悔・失敗しやすいところはなんですか

コンサル転職でよくある失敗は、入社してから求められているスキルが合わないことに気づき、経験やスキルを活かしきれないことが挙げられます。

コンサルティングファームでは、コンサル経験だけでなくITの知識や金融知識など幅広い分野の知識・スキルが必要になります。

キャリアアップを目指して転職をしたのに、経験やスキルを活かせずにキャリアアップができない、仕事に大きな負担を感じることも考えられるでしょう。

また日系企業から外資系企業へと転職した場合、自分で積極的に成長することを求められるために、ギャップを感じる人もいます。

転職前に、転職エージェントの担当者とよく相談をして自分のスキルや経験、性格に合う企業なのか確かめましょう。

13-2. 転職エージェント編

Q1. 仕事をしているので電話での連絡は避けたいです。

多くのエージェントは希望をすれば、メールやLINEのみで連絡を取ることができます

ただし、登録時の電話面談のみは行いましょう。電話面談は、担当者に自分の経歴や希望条件を伝え、転職活動の方向性を決める重要な機会です。

電話面談後は、メールのみでやり取りをすることも出来るので、初回の面談だけは30分程度時間をとって面談することをおすすめします。

Q2. 転職エージェントの担当者と考え方が合わなかったら……と不安です。

転職エージェントは、担当者をいつでも変更することができます。口コミの良い大手エージェントでも、担当者によっては十分なサポートをしてくれなかったり、自分の性格とは合わないと感じることがあります。
多くの転職エージェントでは、変更フォームへの入力や総合窓口へ連絡すると、担当者を変更することができます。
担当者の変更は珍しいことではないので、合わないと感じたらすぐに変更をお願いしてみてください。

Q3. 勤務先・取引先にばれてしまいませんか?

ばれることは基本的にありません

転職エージェントに登録した段階で、あなたの登録した情報は「転職エージェントのキャリアアドバイザーと担当部署」だけが分かる状態となります。
勤務先や取引先が仮に転職エージェントで人材を募集している場合でも、あなたの情報にアクセスすることはありません。

唯一バレる可能性としては、「会社のメールアドレスで転職エージェントに登録してしまった場合」です。なので転職エージェントへの登録は必ず個人のアドレスから行うようにしてください。

情報漏洩が気になるという方もいるかもしれませんが、めったに起きないと考えて大丈夫です。大手転職エージェントでは、各社ともに個人情報を守るために万全の対策を行なっており、厳しい第三者機関の監査が定期的に入っているからです。

Q4. 地方に住んでいるのですが、転職エージェントは利用できますか?

地方でも転職エージェントを利用することができます大手転職エージェントは全国に相談会場を設け営業所を持っていたり、電話・Webでの面談を受け付けています。

新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの転職エージェントは電話かビデオ電話で面談を行うため、特に困ることはありません。
地域に密着した求人情報を持っているエージェントもいるため、地方で転職を考えている人も安心です。

Q5. 転職エージェントは本当に無料なんですか?

転職エージェントの利用は完全無料です。

ただ、大手の中でも唯一例外なのが、『ビズリーチ』です。
ビズリーチは転職エージェントというより、スカウトサービスを受けられる転職サイトで、サービスを完全に利用するためには下記の料金がかかります。

  • 年収600万円未満: 3,278円(税込)/30日間
  • 年収600万円以上: 5,478円(税込)/30日間

このほか、有料の転職エージェントは存在しないので、安心して利用しましょう。

14. まとめ

コンサル業界に強い転職エージェントを紹介しました。

コンサル業界への転職では、求人数が多くコンサル転職実績が豊富な以下の大手転職エージェントがおすすめです。

コンサルにおすすめの転職エージェントランキング
アクシスコンサルティング
1位. アクシスコンサルティング
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
3.4

コンサルティング業界に特化した転職エージェント。平均転職支援期間は3年で転職後のサポートも充実。Big4からベンチャーファームまで数多くの転職実績がある
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
2位. リクルートダイレクトスカウト
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約27.8万件

満足度
4.6

リクルート運営のヘッドハンティング型サイト。4,300人以上のヘッドハンターが求人を発掘しているため、自分では見つけられない外資系・大手コンサルティングファームの求人とマッチングしやすい。
リクルートダイレクトスカウト ロゴ
3位. ビズリーチ
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.4

ハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティング型サイト。企業の求人掲載、求職者の登録の双方に事前審査が行われることにより、質の高いマッチングを実現
jaclogo
4位. JACリクルートメント
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約1.4万件

満足度
4.1

エグゼクティブ転職実績No. 1の転職エージェント。外資系・グローバルコンサルティングファームへの転職に強い。
アサイン ロゴ
5位. アサイン
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
no data

若手ハイエンド層に特化した転職エージェント。異業種・他職種から大手コンサルティングファームへの転職成功実績が豊富。

6位. doda X(旧称:iX転職)
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
非公開

満足度
4.1

ハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職サービス。ヘッドハンティング型サイトと求人紹介サービス2つの機能を兼ね備えており自分のペースで転職活動が進められる
ランスタッド ロゴ
7位. ランスタッド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
約6,500件

満足度
4.5

世界最大級の外資系転職エージェント。世界最大級のコネクションによりここでしか見つけられない「独占求人」が200件以上ある
エンワールドジャパン
8位. エンワールド
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
1,000件

満足度
4.2

アジア太平洋地域6カ国に拠点のあるグローバルな転職エージェント。「入社後活躍」という企業ミッションに即し、採用決定後も候補者に対して継続的なサポートがある
パソナキャリア ロゴ
9位. パソナキャリア(ハイクラス)
公式サイトを見る
詳細を見る
公開求人数
1.4万件

満足度
4.2

年収600万円以上を目指す向け大手転職エージェント。オリコン顧客満足度調査(転職エージェント)で4年連続第1位(2019~2022年)を獲得

※求人数:2022年8月更新

どれに登録すべきか迷ったときは、まずは1位の『アクシスコンサルティング』に登録してみましょう。

また、2章から10章では、専門分野別や年代別に分けておすすめの転職エージェントを紹介したので、ぜひ確認してみてください。

  1. 戦略コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  2. 財務コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  3. ITコンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  4. 組織人事コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  5. 企業・事業再生系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  6. 医療コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  7. シンクタンク系コンサルへの転職におすすめの転職エージェントランキング
  8. 【未経験】コンサル転職におすすめの転職エージェント
  9. 【年代別】コンサル転職におすすめの転職エージェント
CareerTheory編集部はあなたの転職を応援しています
CareerTheory編集部
CareerTheory編集部

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する