30代の平均年収は?|男女別・職業別の収入の違い&収入をあげる方法について解説

  • 「30代の平均年収はどのくらいだろう」
  • 「周囲と比べて自分は年収が低いのではないだろうか」

と考えていませんか?

結論として、30代の平均年収は280万円であり、男性は309万円、女性は251万円です。

しかし、これは性別や業界、企業規模によって異なる傾向があるので判断材料としては不十分です。

そこで、転職のプロとして30代の転職をサポートしてきた私が、30代の平均年収を男女別・職業別にまた年収アップの方法と合わせて詳しく解説します。

  1. 【男女別】30代の平均年収を比較
  2. 【男女別】30代の業界平均年収を比較
  3. 【男女別】企業規模別平均年収を比較
  4. 【男女別】30代の平均年収を比較(学歴別)
  5. 【男女別】30代の平均年収を比較(雇用形態別)
  6. 【男女別】30代の平均手取り額を比較
  7. 【男女別】30代の年収中央値を比較
  8.   30代で平均年収より稼ぐ5つの方法
  9.  転職で年収を増やす5つのポイント
  10.  年収アップにおすすめ転職サイト・エージェント5選

この記事を読めば、30代の平均年収の詳細や、年収アップの方法が分かるでしょう。

1.【男女別】30代の平均年収を比較

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』(令和元年分)によると、30代の平均年収は250~309万円です。

しかし、性別や年齢によってこの数値は大きく変わります。

この章では年齢を前後半に分け、男女別で平均年収をまとめました。

それでは見ていきましょう。

1-1.30代前半の平均年収

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』(令和元年分)によると、30代前半の平均年収は269.1万円です。

詳細は以下の通りです。

年齢層性別平均年収
30代前半男性290.8万円
女性247.4万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

ちなみに前年度(平成30年)の30代前半の平均年収は266.4万円(男性289.4万円 女性243.4万円)でした。

すなわち、平均年収の前年度比は1.01倍です。

1-2. 30代後半の平均年収

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』(令和元年分)によると、30代後半の平均年収は292.3万円です。

詳細は以下の通りです。

年齢層性別平均年収
30代後半男性328.4万円
女性256.2万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

ちなみに前年度(平成30年)において30代後半の平均年収は289.4万円(男性325.2万円 女性253.6万円)でした。

すなわち、平均年収の前年度比は1.01倍となっています。

なお、上記調査では残業代や賞与(ボーナス)を除いた金額を参照しています。

そのため、賞与などの支給がある正社員と、ボーナス自体が支給されないことが多い非正規社員を分けて集計すると、平均年収の金額が変わります。

2.【男女別】30代の業界平均年収を比較

ここでは30代男性の平均年収を業種別にまとめていきます。

平均年収の高い業界へ転職する場合は、以下のデータをそれぞれ参考にしてみてください。

それでは見ていきましょう。

2-1.【男性】30代の業種別平均年収

30代前半と30代後半の男性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。

業種30代前半
男性の年収
30代後半
男性の年収
金融業
保険業
387.8万円468.3万円
学術研究
専門技術サービス業
336.2万円404.7万円
教育
学習支援業
331.1万円389万円
情報通信業323.6万円384.1万円
建設業300.5万円326.6万円
卸売業
小売業
291.7万円333.3万円
医療
福祉
291.5万円321.5万円
運輸業
小売業
280.6万円297万円
製造業271.3万円306.9万円
生活関連サービス業
娯楽業
270.4万円316万円
サービス業
(他に分類されないもの)
263.9万円294.1万円
宿泊業
飲食サービス業
255.6万円281.2万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

30代前半、30代後半ともに、男性の平均年収が最も高かった業種は金融業と保険業でした。

また、法律事務所や会計事務所などが含まれる学術研究、専門技術サービス業も年収が高い傾向にあります。

2-2.【女性】30代の業種別平均年収

30代前半と30代後半の女性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。

業種30代前半
女性の年収
30代後半
女性の年収
金融業
保険業
263.9万円286.7万円
学術研究
専門技術サービス業
293.6万円319.9万円
教育
学習支援業
269.6万円303.4万円
情報通信業291.8万円313.7万円
建設業239.2万円249万円
卸売業
小売業
241.1万円250.8万円
医療
福祉
257.3万円260.9万円
運輸業
小売業
242万円237万円
製造業215.3万円224.1万円
生活関連サービス業
娯楽業
233.3万円238.4万円
サービス業
(他に分類されないもの)
227万円231万円
宿泊業
飲食サービス業
217.9万円219.7万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

男性と同様に、30代前後半通して平均年収が最も高かった業種は金融業と保険業でした。

一方で平均年収の金額を超えている業種が全12業種のうち5業種のみです。

そのため、30代女性が平均年収以上に稼ぎたい場合は、男性よりも職業選択の幅が狭くなると言えるでしょう。

3. 【男女別】企業規模別平均年収を比較

ここでは、30代の企業規模別平均年収を男女別にまとめていきます。

企業規模別の平均年収が知りたい方は、以下の表を参考にしてください。

それでは見ていきましょう。

3-1.【男性】30代の企業規模別平均年収

30代前半と30代後半の男性の平均年収を企業規模別にまとめると、以下のようになります。

男性30代前半30代後半
大企業319.1万円366.6万円
中企業276.3万円310.2万円
小企業262.2万円290.3万円

以上の表から、30代の前後半ともに大企業では平均年収を超えることがわかります。

一方で小企業の平均年収は30代全体の平均年収を大きく下回っています。

3-2. 【女性】30代の企業規模別平均年収

30代前半と30代後半の女性の平均年収を企業規模別にまとめると、以下のようになります。

女性30代前半30代後半
大企業263.5万円276.7万円
中企業239.1万円249.6万円
小企業219.3万円229.0万円

以上の表から、30代の前後半ともに大企業では平均年収を超えることがわかります。

一方で小企業の平均年収は30代全体の平均年収を大きく下回っています。

4.【男女別】30代の平均年収を比較(学歴別)

ここでは、30代の平均年収を学歴別にまとめていきます。

それでは見ていきましょう。

4-1.【男性】30代の学歴別平均年収

30代男性の平均年収を学歴別にまとめると、以下のようになります。

学歴30代前半男性30代後半男性
大学卒
大学院卒
321.8万円376.6万円
短大卒
高専卒
270.6万円298.1万円
高卒258.8万円284.9万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

【学歴別】30代前半男性 と 30代後半男性の平均年収

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

以上の表から、大学卒・大学院卒以外の学歴では男性であっても30万円ほどしか平均年収が増えない傾向が読み取れます。

4-2.【女性】30代の学歴別平均年収

30代女性の平均年収を学歴別にまとめると、以下のようになります。

学歴30代前半女性30代後半女性
大学卒
大学院卒
280.4万円303.8万円
短大卒
高専卒
241.5万円253.0万円
高卒204.5万円211.2万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

【学歴別】30代前半女性と 30代後半女性の平均年収

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

男性と違うポイントは平均年収が最も多い大学卒・大学院卒でも、30代前後半にかけて20万円ほどしか年収が増えていない点です。

また、短大卒・高専卒や高卒の場合は年収の上り幅がさらに少なく、最大でも10万円ほどしか年収が上がらない特徴があります。

5. 【男女別】30代の平均年収を比較(雇用形態別)

ここでは、30代の平均年収を雇用形態別にまとめていきます。

それでは見ていきましょう。

5-1.【男性】30代の雇用形態別平均年収

以下が30代男性の雇用形態別平均年収です。

年齢正社員正社員以外
30代前半296.5万円221.5万円
30代後半333.5万円226.3万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

以上の表から雇用形態の違いによる年収の差は30代後半共に大きいことがわかります。

5-2.【女性】30代の雇用形態別平均年収

以下が30代女性の雇用形態別平均年収です。

年齢正社員正社員以外
30代前半259.7万円191.0万円
30代後半271.5万円194.7万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

以上の表から、男性同様雇用形態の違いによる年収の差は30代後半に大きいことがわかります。

同じ年代・同じ性別でも雇用形態の違いによる年収の差が大きく、正社員の男女間よりも、正社員と正社員以外の間で比較した方が差が大きいことがわかります。

【雇用形態別】30代の平均年収を比較

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

6.【男女別】30代の平均手取り額を比較

ここでは、30代の手取り額の差を男女別にまとめていきます。

30代の平均手取り額が気になる方は以下の表を参考にしてください。

それでは見ていきましょう。

6-1.【男性】30代の平均手取り額

以下が30代男性の平均手取り額です。

年齢手取り額
30代前半23万1,900円
30代後半25万2,900円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

結婚をして子供を作る場合、男性一人23~25万円の手取りだと、共働きをしなければ苦しい生活になることが予想されます。

6-2.【女性】30代の平均手取り額

以下が30代女性の平均手取り額です。

年齢手取り額
30代前半19万7,400円
30代後半20万5,000円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

現金給与額と違い、手取り額は所得税や社会保険料を控除した後の金額になります。

よって年収で見た場合、賞与がなければかなり低い額になります。

中小企業や小企業の場合、賞与が少なかったりもらえないことがあるので、大企業と比較した時に、年収の差が開いてしまう可能性があります。

7.【男女別】30代の年収中央値を比較

令和元年の30代年収中央値は263万円です。

詳細は以下の通りです。

性別中央値
男性275~300万円
女性236~241万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

自身の収入を同世代の平均年収と比較するときは注意が必要です、なぜなら平均値は往々にして、やや高めの数値が算出されるからです。

(※平均年収と年収中央値の違い)

  • 平均年収:対象者の年収を足し、対象者の数で割った値
  • 年収中央値:対象者の年収を上から順に並べ、ちょうど真ん中に位置する値

30代の年収中央値は263万円であることを踏まえると、年収263万円を下回っている場合、周囲に遅れを取っていると言えるでしょう。

8.30代で平均年収よりも稼ぐための5つの方法

30代で年収を増やす方法としては、大まかに次の5つが挙げられます。

それでは順にみていきましょう。

8-1. 昇進や昇格などによる給与アップを目指す

もっとも堅実に手取り額を上げる方法は、昇進や昇格によって給与をベースアップさせることです。

この際、現在の職場の評価基準を確実に把握し、効率的に昇進できるよう、生産性を高めながら仕事に取り組むことが大切です。

ただし、同じ職場でのキャリアアップを目指す場合は、年収の増え方は長期的になると考えておく必要があるでしょう。

昇進や昇格の機会は多くても年に数回程度であり、評価されたとしても、必ずしも年収アップにつながるとは限りません。

したがって、いますぐ収入を増やしたいという方にとっては、適した方法とは言えないでしょう。

8-2.空いた時間で副業する

本業とは別に副業で収入を得ることで、年収を増やすことが可能です。

ダブルワークをしたり、クラウドソーシングを通して仕事を請け負うことで、空いた時間を活かして効率的に収入を上げることができます。

とはいえ、本業に加えて仕事をすることになるため、体力的・精神的な負担が大きくなるリスクもあるでしょう。

本業に支障が出てしまっては本末転倒ですし、そもそも企業によっては副業を容認していないこともあります。

8-3. 資格を取得する

資格手当などの制度が職場にある場合は、資格を取得することで月々数千~数万円の給与アップが見込めます。

資格勉強はスキルとして身に付きますので、仕事に活かせる場面も多いでしょう。

昇給や昇格への足掛かりにもなるため、資格取得は年収アップにつながりやすい方法といえます。

ある程度長期的に学習する意欲があるのであれば、現職に活かせる資格の勉強をしてみるのもおすすめです。

8-4. 投資を行う

少ない労力で収入を上げる手段として、投資も候補のひとつとして挙げられます。

株式などの資産をうまく運用することで、いわゆる不労所得を得ることもできるでしょう。

しかし月々ある程度まとまった収入を得るためには、多大な元手が必須です。

5%の利回りを実現したとしても、月1万円の利益を安定して上げるためには、200万円ほどの元手資金が必要となります。

したがって生活に余裕がそれほどない状態で投資に手を出すのは、おすすめできません。

8-5. 給料の高い職場に転職する

誰にでも実現可能で、最も確実に年収を上げられる方法は、転職です。

職種や仕事内容は同じでも、職場を変えるだけで、月々数万円給与が上がるケースも珍しくありません。

また月給にそれほど違いがなくても、ボーナスのある職場に転職するだけで、年収が数十万円アップすることもあるでしょう。

とはいえ、給与だけに焦点を当てて転職をするのは推奨できません。

次の章では、年収アップを実現するためにはどのような部分に着目すればよいのか、転職のポイントについて解説していきます。

9.転職で年収を増やすための5つのポイント

年収を増やすために転職を行う際は、以下のポイントを意識しましょう。

以下でそれぞれ詳しく解説します。

9-1.成長傾向にある業界を選ぶ

転職を考える際は、業界の市場規模というマクロな視点から検討することをおすすめします。

特に業界全体が成長過程にあるかどうかは、重要な判断基準となります。

特定の企業だけではなく、業界全体が成長している場合は会社の業績も伸びやすいため、高収入を目指しやすいでしょう

一方で、業界の成長率が傾いている業界を選んでしまうと、企業の利益も上がりづらく、年収は頭打ちになってしまいます。

参考:成長傾向にある業界

以下の業界は成長傾向にあると言われています。

  • IT業界
  • ネット・WEB広告業界
  • 医療・介護業界

詳しくは転職におすすめの職種&業界ランキングで紹介していますので、ぜひご参考ください。

9-2. 経験が活かせる仕事(職種)を選ぶ

経験が活かせる仕事(職種)を選ぶという視点も欠かせません。

未経験の職種に転職する場合、年収が現職よりも下がってしまうことがあるからです。

年収アップを目指して転職する場合、「これまで経験したことのある職種」あるいは「経験を活かせる職種」を選ぶことが必須となります。

9-3. 求人は賞与や家賃補助、固定残業代にも注目する

求人は、月収や年収以外の福利厚生にも注目することを意識してください。

たとえば、賞与や家賃補助があれば、生活に大きな余裕が生まれるでしょう。

また、固定残業代(みなし残業代)など、給与に直接関わる条件も必ず目を通しておく必要があります。

補足:固定残業代(みなし残業代)とは

一定時間分の残業代を、賃金にあらかじめ含ませておく制度です。

労働環境次第では、日々残業が続き、体力的な負担を強いられても、給与が変わらないという状況になる可能性もあります。

9-4. 自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握する

年収アップを目指して転職する場合、自分のスキルやポテンシャルを客観的に把握することは必須です。

仕事や環境への適性を見極め、自身の能力を正しく把握し、それにふさわしい対価(給与)を得られる転職先を見つけましょう。

自身を客観的に把握するうえでおすすめなのが、転職エージェントを利用することです。

補足:転職エージェントとは

一般的な求人サイトと異なり、求職者一人に対してキャリアコンサルタントが担当し、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

求人の紹介から、面接対策まで、転職活動を総合的に支援してくれます。

転職エージェントは、あなたの悩みや希望をヒアリングして、適切な求人を紹介してくれます。

もちろん、転職そのものに悩んでいる段階でも利用可能です。

  • 「年収300万円以上得られる仕事に転職したい」
  • 「今のスキルで、年収が上がる職場に転職できるか不安」

といった悩みにも、丁寧に対応してくれるでしょう。

9-5.年収アップへの第一歩は自身の市場価値を把握すること

年収をアップさせるために、まずは客観的な自分の市場価値を把握することをおすすめします。

そのため、求人に応募するなど本格的な転職活動を始める前に、転職エージェントに自分の想定年収を算出してもらいましょう。

ネット上にはいくつかの質問に答えるだけで自分の適正年収を教えてくれるサービスもあります。

しかし、自分の経歴やスキルを踏まえた正確な査定結果は、転職エージェントのようなプロのコンサルタントでなければ期待できません。

そのため、以下に当てはまる方は、転職エージェントを利用する価値が特に高いといえるでしょう。

  • まずは自身の給与の妥当性を知りたい方
  • 今すぐ年収アップを図りたい方

次の章では、数ある転職エージェントの中から、年収アップを第一条件に考える方におすすめのものを厳選して紹介していきます。

10.年収アップにおすすめの転職サイト・エージェント5選

数ある転職エージェントの中から、以下の3点を基準に、「総合評価の高い転職エージェント」をピックアップしました。

総合評価を導き出す3つの基準

  • 求人:求人の質・量は十分かどうか
  • 提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
  • サポート力:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

さらに当サイトが独自に取得した500人を対象にした転職エージェントの評判に関するアンケートの結果を加え、利用者の総合評価順にランキング形式でまとめると、おすすめの転職エージェントは、以下の通りとなりました。

順位転職エージェント総合評価
1位マイナビエージェント★★★★☆
4.6
2位doda★★★★☆
4.5
3位リクルートエージェント★★★★☆
4.5
4位キャリアカーバー★★★★☆
4.1
5位ビズリーチ★★★★☆
4.0

以下で各転職エージェントの特徴を詳しく紹介します。

1位.マイナビエージェント| 初めての転職に強く、20代実績No.1

スクリーンショット 2016-04-09 18.14.54

丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年12月現在)

そのため、いま利用するならば、求人数が豊富な大手(例えば、リクルートエージェントdodaエージェントなど)を優先したほうが賢い選択かもしれません。

公式サイト:
https://mynavi-agent.jp/

2位.doda | 求人の質・転職サポートが評判

dodaエージェント』は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

首都圏の20代30代にはもちろん強く、他にも地方での転職や、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合でも、dodaであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられたので、『全ての人におすすめできる転職エージェント』と言えます。

dodaエージェント公式サイト:
http://doda.jp/

3位.リクルートエージェント| 求人数No1、地方にも強い

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントであり、コロナ禍で求人数が減っている今、必ず登録すべき1社です。

ただ、1社だけだと十分な求人数には満たないので、No.2の『dodaエージェント』をはじめとした他の転職エージェントも同時登録しておくことをおすすめします。

また、コンサルタントに一部ネガティブな口コミもありましたので(※大手なので担当差が大きい)、不安な場合は、サポートへの評判が高い『パソナキャリア』や『マイナビエージェント』を併用すると良いでしょう。

公式サイト:
https://r-agent.com/

※年収700万円以上での転職を目指すなら『キャリアカーバー(byリクルート)』がおすすめ

Point:転職エージェントは必ず3社登録しよう

コロナ禍で求人数が減っている今、たった1社の転職エージェントでは良い求人を集めることができません。

最初の登録は、少しだけ面倒かもしれませんが、可能な限りたくさん登録することが、転職成功への最初の一歩です。

例えば、総求人数No.2の『doda』、サポート満足度が高い『マイナビエージェント』など、最低でも3社登録することをおすすめします。

4位.キャリアカーバー|リクルート運営のヘッドハンティング型サイト

キャリアカーバー(by リクルート)』は国内最大手のリクルートが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職支援サービスです

レベルの高いコンサルタント(ヘッドハンター)を自ら選んで相談をすることもできれば、レジュメを登録して好条件のスカウトも待つこともできます。

また、年収800万円以上の求人は約28,000件(2020年5月時点)と、高年収を狙う方であればすべての方におすすめできる転職サービスです。

気になる方は、ぜひ一度登録してみることをおすすめします。

公式サイト:
https://careercarver.jp/

5位.ビズリーチ|CMで話題のヘッドハンティング型サイト

ビズリーチは、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化したヘッドハンティングサービスです。

約1700名のヘッドハンターが登録しており、数では約600名のキャリアカーバーを圧倒しており、ヘッドハンティングサービスでは圧倒的首位となっています。

最近では年収500万円前後のミドル層への求人も豊富で、高年収を目指す全ての人におすすめできる転職サイトです。

ビズリーチ公式サイト:
https://bizreach.jp/

最後に

ここまで30代の平均年収について解説してきました。

30代前半の平均年収は269.1万円で、30代後半の平均年収は289.4万円でした。

自分の年収が平均年収と比べて低いため転職を考えている方は、年収アップに強い転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

下記の中から2~3社登録し、利用してみるとよいでしょう。

この記事があなたの年収アップにつながることを祈っています。