女性のための転職ポイント集|後悔せず人生を充実させるために!

「結婚を控えているんだけど、転職ってどうなんだろう」「プライベートと両立のできる仕事に変えたい」など、転職を意識していませんか?

長年、転職コンサルタントとして働いてきた私から言わせていただくと、思い立った今、何か行動を起こさないと将来きっと後悔するので、まずは一歩踏み出すべきです。

その理由や最高の第一歩をこのページで、以下の流れで紹介します。

  1. 迷ったら気軽に一歩踏み出そう
  2. 確実な第一歩は頼れる相談相手を作ること
  3. 女性におすすめの転職エージェント8選
  4. 女性の転職時に良くあるQ&A7選

何も行動せずに将来後悔しないように、また「行動して心からよかった」と思えるようにこのページでお伝えするポイントをご一読頂ければと思います。

1. 迷ったら気軽に一歩踏み出そう

実は、結婚や出産などのライフイベントや、キャリアアップを目指して転職を考える女性はあなただけでなく、たくさんいます。

女性のための転職サイト「日経WOMANキャリア」が704人の働く女性に向けて実施したアンケートでは「現在、転職をしたいと思っていますか?」という問いに対して以下のような結果が出ました。

データ引用:日経ウーマンオンライン

7割の女性が「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答するなど多くの女性が転職を前向きに考えていることがわかります。

しかし、7割も転職を考えているのに、多くの女性が転職に踏み切れていないのが現状です。

私は迷った方はどんな状況であってもとりあえず気軽に一歩踏み出すべきだと考えていますが、その理由をこの章で解説していきます。

1-1. 転職せずに後悔する方がたくさんいる

ふと転職を考えた時に、多くの方が最初の一歩を踏み出せずに感情を押し殺してしまうようです。その後、転職せずに幸せになれればいいのですが後悔をしている方もたくさんいます。

口コミ・評判

S・Y さん(33歳)
金融の営業職として新卒で入社した会社でずっと働いています。
もともと入社してからアパレル系の仕事に興味を持ちました。
20代後半の頃転職を意識したタイミングがあったのですが、今の夫との結婚も意識していたので特に動かず、今の会社でずっと働いています。
もう一度キャリアを見直すと、どうしても家庭と両立させたいという思いがあることや、30代での未経験であることからアパレル業界への転職は少し難しそうです。
20代の身動きが取りやすい時に転職活動しておけばと後悔の毎日です。

この女性は20代後半の頃に転職を考えた時期があったようですが、そのタイミングで動けずそのままズルズルと今の会社で後悔しながら働いているようです。

こういった後悔をしないように、転職について考えた今、まずは何からでもいいので動くことをおすすめします。

年齢や経験で線を引かないで!

私が先ほどの女性に今アドバイスをさせていただくとすれば、「今からでも遅くないからチャレンジしてみましょう」ということです。

「女性の転職は30歳が限界」などと世間では言われていますが、うまくいくか失敗するかは受けてみなければわかりません。すごくフィットして内定があっさり出るケースもたくさんあります。

そして恋愛と同じように、年齢などを言い訳に何もせずに終わるとそのあとも後悔することになるかもしれません。

1-2. 残ることになっても気持ちよく働ける

いざ、転職活動を始めて他の会社を見た上で、「残る」という選択をする女性もたくさんいます。そういった方に共通するのが、「モヤモヤがなくなった」ということです。

一人の女性を例にさせていただきます。

口コミ・評判

A・K さん(29歳)
営業職でしたが、結婚と出産を意識して家庭と両立させるために転職活動をしたことがあります。
転職エージェントに相談しながら、女性が働きやすそうな職種・業種を見てみましたが、色々な企業の制度などを見るとうちの会社がすごく恵まれているなと考えるようになりました。
そこで、会社の中で、残業の少ない事務職に異動届を出し、バックヤードで支援の仕事をすることにしました。
正直、今までは会社への悪い面ばかり見ていましたが、一回転職活動をして外から会社を見たことで、「いい会社にいる」という自覚を持つようになり前よりも今の会社が好きになりました。

この女性は、転職に一歩踏み出し、求人を見たり、選考を受ける中で、今の会社の良さに気づけたというパターンです。

他にも口コミでは以下のように、転職しなかったけど一歩動いてよかったという声がたくさんありました。

  • 人間関係で悩んでいたけど、たくさんの求人を見て「いつでも辞めれるな」と考えるようになり小さいことで悩まなくなりました。(27歳/IT)
  • 希望の職種には内定をもらえなかったけどこれで後悔せずに今の仕事を頑張れます。(35歳/商社)
  • 自己分析をじっくりしたら私のやりたいことは今の会社でできると気づけました。(30歳/メーカー)

転職活動は今の仕事と並行して十分できますし、会社にバレることもありません。とりあえず一歩踏み出して、内定が出てしまってから決めても何も問題ありません。

自分の力を試すいいきっかけにもなります。

1-3. 思い立った今、行動しましょう!

この章で言いたかったのは、転職について考えた今、なるべく早く一歩目を踏み出そうということです。

多くの方が転職のような面倒なことを後回しにしがちですが、思い立った今動かないと「今のままでいいや」という感覚が芽生えこのままズルズルいく可能性が高いです。

そうすると5年後、10年後に思い出した時ずっと後悔することになってしまいます。

次の章で手軽で確実な「一歩目の行動」を紹介するので気軽な気持ちで踏み出してみましょう。

2. 確実な第一歩は頼れる相談相手を作ること

一歩目の行動、何をすればいいかわからないという方がいらっしゃるかと思います。

私はプロとして、転職すべきかすべきでないのかや、どうやって転職活動を進めるべきか相談できる「相談相手」を作って相談することをおすすめします。

人によって転職への考え方が違うので、相談相手は2~3人用意したいところですが、誰でもいいわけではありません。

2-1. 頼りになる相談相手の2つの条件

相談相手は以下のポイントを満たす人でないと正しい方向へ導いてくれません。

  • 転職について詳しい人
  • 女性の気持ちをわかってくれる人

転職の相談ですから、人事の方や人材会社に所属しているような転職に詳しい人でないとあまり役に立たないかもしれません。

また、女性の気持ちをわかってくれないような方に相談してもイライラするだけで時間の無駄になってしまうでしょう。

そのため、まずはこうの条件を満たす方に2~3人相談してみることをおすすめします。

とはいっても、身近にこんな人いない!という方も多いと思うので、そういった方向けの無料で使えるサービスを紹介します。

2-2. 転職エージェントというサービス

転職エージェントという完全無料で使えるサービスがあり、多くの女性がこのサービスを使って転職のプロに転職の相談をしています。

転職エージェントは、よくある求人サイトとは違い、登録すると担当者がつき、その方に相談しながら転職するかどうかやどこを受けるかを一緒に決めることができます。

いい転職エージェントに巡り会えれば以下の女性のようにキャリアにすごくプラスになります。

口コミ・評判

A・T さん(28歳)
結婚しても仕事を続けたいという思いを強く持っていました。ただ、なんとなく今の会社のままでいいのか、不安になって転職を意識し始めました
その時に、たまたま友人に勧められて使った転職エージェントで出会ったNさんのおかげで人生が変わりました。
Nさんは私の思いを全部聞いてくれて、その上で「ここだけ受けてみませんか?」と3社だけ求人を紹介してくれました。
3社とも私が考えもしなかった業種の会社ですが、なぜ私に向いているのかを教えてくれたのが印象的です。
そのうちの1社に入社しましたが、本当にやりたかったことを、希望の働き方で実現できています。
内定が出た時に自分のことのように喜んでくれたNさんには感謝しかありません。

また、女性に特化していたり、女性の担当者が複数いるエージェントなど「女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント」があるのでそういったところを選びましょう。

2-3. 他にもこんなサポートをしてくれる

転職エージェントは担当者が親身な相談相手になってくれるだけでなく、もし転職を決意したときは以下のようなサポートをしてくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成(添削)
  • 求人探し
  • 求人の応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 配属先の交渉
  • 給与・ポジションの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 入社関連手続き

転職活動で面倒なことは全て自分の代わりにやってくれて、本番面接以外で企業と直接やりとりすることはほぼありません。

仕事やプライベートとこれらの面倒な手続きを両立させることは非常に苦労します。そのため、手間を少しでも減らすために転職エージェントはおすすめです。

身近に頼りになる相談相手がいる!という方も求人をもらったり、手続きを代理でしてもらうために転職エージェントを使ってみるのもいいかもしれません。

通過のチャンスも増える

転職エージェントを使った方が、選考に有利になる時があります。女性は結婚や出産で会社を辞めたりお休みに入ることがあります。

採用担当者が不安なのは「入社してすぐに辞めてしまうのでは」ということですが、デリケートなことなので面接などではなかなか聞きにくいです。

そこで、あなたがエージェントにしばらく働くことをアピールしておけば、エージェントから企業側にあなたにやる気をプッシュしてくれる可能性もあります。

そのため、企業の不安を拭え、内定に繋がりやすくなります。

こんな便利なサービスですが、完全無料で使えるので試しに使ってみることにデメリットは特にありません。ただし、きちんと仕組みを理解してから使いたい方は「転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識」を参考にしてみてください。

参考. 転職求人サイトとはどう違うの?

エン転職 WOMAN」など、いわゆる求人を検索する転職求人サイトと呼ばれるものとの一番の違いが、求人サイトでは相談できる担当者がつかないということです。

そのため基本的に、相談相手を探すためにも、次の章で紹介しているような「転職エージェント」の中から選ぶようにしましょう。

転職を成功された多くの女性もみなさん転職エージェントを使っています。

同じ会社での運営には要注意!

女性向けの転職求人サイトを運営している会社は転職エージェントも運営しているところが多いです。ただ、そういったところの中にも女性が満足できない転職エージェントがたくさんあるので注意が必要です。

転職エージェント徹底比較|一目であなたへのおすすめがスッキリわかる」で実施したアンケート結果を見ると、以下のように女性向けに転職求人サイトを運営していてもその会社の転職エージェントは女性からの評価が低いケースがたくさんあります。

転職求人サイト名 その会社の転職エージェント 転職エージェントサービス
の女性からの評価
女の転職@type type転職エージェント
3.3/5.0
マイナビ転職 女性のおしごと マイナビエージェント
ウーマンウィル

3.7/5.0
エン転職 WOMAN エンエージェント
3.1/5.0
パソナキャリア
4.4/5.0
DODA
4.2/5.0

女性向けの求人サイトを運営していても、その会社の転職エージェントが女性にとっていいとは限りません。

そのため、有名な女性向けの求人サイトを運営しているからといって、その会社の転職エージェントを選ぶのではなく、きちんとあなたにあったエージェントを1から見るようにしましょう。

次の章で、あなたの状況に合わせたおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

3. 女性におすすめの転職エージェント8選

この章では女性にとってどの転職エージェントがいいか解説していきます。以下の4つの条件を満たす転職エージェントに登録をしておけばまず間違いありません。

  • 面談が丁寧で、しっかりと相談にのってくれる
  • 転職を無理に勧めてこない
  • 案件の中身をしっかり確認してくれる
  • 女性の会員・スタッフが多く、女性の気持ちをわかってくれる

基本的に大手のエージェントであれば、サポートも充実してて求人も豊富なので間違いないですが、有名な転職エージェントの中には、「無理に転職を勧めてくる」ケースも少なくはありません。

※なぜなら転職エージェントはあなたが転職をすると紹介先の企業から紹介料をもらえ、それで運営されているからです。

社風や方針によって「無理に転職を勧めない」エージェントも多数あるのでそういったところを紹介していきます。

いいエージェントはあなたの状況によっても違う

転職エージェントは、各社「ハイキャリアの方限定」「未経験でも手厚いサポート」など方針や特徴が全く違います。

あなたの状況に合ったエージェントに登録しないと、「せっかく登録したのに全然相手にしてくれない」「自分に合う求人が全く見つからない」など、失敗してしまいます。

そこで、必ずあなたの状況に合ったエージェントに登録するようにしましょう。

おすすめのエージェントはあなたの状況に合わせて以下の8つがおすすめです。

まずは『パソナキャリア』に加えてあなたの志向にあった転職エージェントに1~2つ登録し、担当者に合ってフィーリングが合うか確かめましょう。

「この人になら頼れる」と感じた担当者には今の気持ちを相談し、次の一歩を相談してみましょう。ではここから1つずつ転職エージェントを紹介していきます。

3-1. どんな女性にもおすすめの転職エージェント

どんな女性の方も必ず登録すべきなのは「パソナキャリア」です。

パソナキャリア

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-15-21-42

パソナキャリア』は、大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身で、女性からの評判が非常に高い総合転職エージェントです。

多くの女性がパソナを使って転職を成功させていて、転職を意識したらどんな方でもまずは登録したいエージェントです。

私がこんなにパソナを女性におすすめするのには下記2点の理由があります。

  • 大手総合エージェントなので幅広い案件を紹介してもらえる
  • 『女性活躍』を推進する代表企業で、サービスが女性びいきである

大手総合エージェントなので幅広い案件を紹介してもらえる

実はパソナは人材企業としてはかなり規模が大きく、世界で第6位、国内ではリクルートに次ぐ位置に存在する大手総合エージェントです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-15-53-48

出展: http://hrog.net/201407227686.html

特に国内のネットワークはリクルートに勝るとも言われており、案件の数や企業とのつながりについては文句なしで信頼できる実績をもっています

マイナビやインテリジェンスは昨今有名になっていますが、それら新興のエージェントとは比較にならない規模で事業を展開しています。

そのため求人も豊富で、どんなキャリアでもあなたに合った求人に必ず出会えるはずです。

『女性活躍』を推進する代表企業で、サービスが女性びいきである

パソナグループ全体として『女性活躍推進』を大々的に打ち出しており、業界内でも『女性の転職ならパソナ』と長年言われ続けており、内情としてもサービスの質や保有案件の数は非常に優れています。

実際に、女性向け転職の分野では多くの表彰があったり、人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-15-24-36

出展: パソナ公式ページ: https://www.pasona.co.jp/clients/solution/women/

希望すれば女性のキャリアアドバイザーに担当してもらう事ももちろん可能なので、女性特有の事情について理解をしてくれて安心して相談ができます

男性のキャリアアドバイザーも、女性特有の事情について社内で徹底教育されていますから、的外れなアドバイスにいらだつことも少ないでしょう。

案件については未経験求人からハイキャリアまで取り揃えているので、あなたが女性で、転職を意識しているのであれば、どのような条件でもまずは登録して相談してみましょう。

パソナキャリア公式サイト:

http://www.pasonacareer.jp/

3-2. キャリア志向の女性におすすめの転職エージェント2選

まだまだキャリアアップしたい、結婚や出産しても仕事を続けていきたいという方におすすめなのが以下の2つの転職エージェントです。

出産後などの再就職を目指すハイキャリアの女性にもこれらのエージェントはおすすめです。

リブズキャリア

スクリーンショット 2015-10-10 10.41.14

リブズキャリア』は「年収400万円以上の女性」のみに限定した転職サイトです。

大手企業や、中小企業の管理職の案件が多く、長く働き続けることも、短い期間でキャリアを積むために転職することも出来ます。

このエージェントは過去の年収が400万円以上に到達している女性に限定したサービスになっています。そのため、応募者はやや限定されてしまいますが、掲載企業も下記のように豪華です。

スクリーンショット 2015-10-31 14.38.06

「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる案件」にこだわっているため、結婚や出産をしてもプライベートと両立させてバリバリ働きたい女性にもぴったりのエージェントです。

リブズキャリア公式サイト:

https://libinc.jp/

DODA

スクリーンショット 2015-10-10 10.28.28

『DODA』は、インテリジェンス社が運営する、大手総合転職エージェントです。

女性のキャリアを専門にしているキャリアアドバイザーが居たり、面接や職務経歴書の対策に対してきめ細やかなサポートをしてくれたりと、パソナキャリアと同じく女性のサポートには定評があります。

サポートだけでなく、大手のエージェントなので案件も豊富です。たくさんの求人の中からあなたのキャリアにぴったりの求人を選ぶことができます。

また女性に向けて様々なイベントを行なっているので、登録後、完全無料で参加できますので、転職しようかどうか迷っている方は、まずは軽い気持ちでイベントから参加してみるのも良いでしょう。

DODA公式サイト:

https://doda.jp/

3-3. プライベートと両立させて働きたい方におすすめの転職エージェント3選

結婚や育児などと両立させながら働きたいという方はそういった要望を聞いてくれたり、そういった案件もたくさん持っているエージェントに登録することが転職を成功させる近道です。

その観点で特におすすめなのが以下の3つの転職エージェントです。

出産後などの再就職を目指すワークライフバランス志向の女性の方、子育てと両立させたい子持ちの女性にもおすすめできます。

DODA

スクリーンショット 2015-10-10 10.28.28

『DODA』は、インテリジェンス社が運営する、大手総合転職エージェントです。

女性のキャリアを専門にしているキャリアアドバイザーが居たり、面接や職務経歴書の対策に対してきめ細やかなサポートをしてくれたりと、女性のサポートには定評があります。

サポートだけでなく、大手のエージェントなので案件も豊富です。たくさんの求人の中からあなたの志向うにぴったりの求人を選ぶことができます。

また女性に向けて様々なイベントを行なっているので、登録後、完全無料で参加できますので、転職しようかどうか迷っている方は、まずは軽い気持ちでイベントから参加してみるのも良いでしょう。

DODA公式サイト:

https://doda.jp/

『Spring転職エージェント(アデコ)』

スクリーンショット 2017-02-09 10.24.47

アデコ』は、スイスに本社を置くグローバル企業で、派遣事業などを含めて人材事業では世界1位の規模を持っています。

特徴として、事務職や秘書などのオフィスワークの求人が豊富なことが挙げられます。プライベートと両立しようとするとオフィスワークを希望される女性も多いので、そういった方は登録してみてはいかがでしょうか。

アデコの方針としてキャリアサポートを断ることはありませんので、他のエージェントに対応してもらえなかった方でも登録して相談してみることをおすすめします。

アデコ公式ページ:

http://tenshoku.adecco.co.jp/

時短エグゼ

スクリーンショット 2015-10-10 11.10.21

時短エグゼ』は、週3日、10時~16時など、選べる働き方でハイキャリア経験を生かせる仕事を紹介する転職エージェントです。

週1で月収10万円など、好条件の案件多数ですが、それなりの経験を求められます。

一度ペースダウンをすると、キャリアダウンしてしまうのでは?とご不安の方も、プロジェクト単位の働き方で、むしろキャリアアップができるような働き方を提案してくれます。

自分のキャリアに自信があれば、ぜひ話を聞いてみると、予想以上に良い案件があることでしょう。

時短エグゼ公式ページ:

https://jitanexe.b-stylejob.jp/

3-4. 未経験から正社員にチャレンジしたい女性におすすめの転職エージェント2選

未経験から正社員にチャレンジしたい、未経験の領域に転職したいという方はそういった方をターゲットにしている転職エージェントに登録しましょう。

なぜなら、転職エージェントによってはハイキャリアの方のみを対象としていてそういったところに登録しても熱心なサポートを受けられないからです。

そのため、先ほどの『パソナキャリア』とここで紹介する以下の2つに登録し、どんなサポートを受けられるのかを比べてみましょう。

『ハタラクティブ』

スクリーンショット 2015-10-18 13.13.09

ハタラクティブ』は、第二新卒や既卒など20代をターゲットにした特化型転職エージェントで、女性の中でも、『未経験の職種に挑戦したい』方には特におすすめです。

案件数も豊富ですが、キャリア相談、職務経歴書や面接対策について徹底したサポートを提供しており、優れた実績を出しているエージェントです。

女性に特化しているわけではないですが、経歴に自信はないけど、転職したい・正社員に挑戦してみたいとお考えの20代の方には非常におすすめできるエージェントです。

登録後、担当コンサルタントから電話がきますので、その際に「転職するべきなのか」「転職できるのか」「転職するとしたらどういう案件があるのか」といった不安を気軽に相談してみてください。

※求人エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県、カウンセリングは渋谷・立川あるいは電話での実施です。

ハタラクティブ公式ページ

https://hataractive.jp/

ウーマンウィル

スクリーンショット 2015-10-09 22.00.30

ウーマンウィル』は人材大手マイナビが運営する、全員女性のコンサルタントに個別相談できる転職サイトです。

大手転職サイトの「マイナビエージェント」と求人情報を共有しているため、案件数は非常に多く、なおかつ担当コンサルタントも全員女性のため、あなたの事情を理解・共感した上で案件を紹介してくれます。

また、面接対策などのサポートも充実しているので初めての方も安心です。

案件についても未経験OKのものからミドルクラスの案件まで豊富にありますから、たとえ正社員でなくても紹介を断られることは少ないとの評判があります。

ウーマンウィル公式ページ

https://mynavi-agent.jp/womanwill/

4. 女性の転職時によくあるQ&A7選

この章では、女性の転職時によくある質問をまとめましたので、参考にしてみてください。

  1. 女性は面接時の服装はどうすればいい?
  2. 20代の女性は転職しどき?
  3. 30代や40代の女性はどうなの?
  4. 公務員ってどうなの?
  5. 転職後のミスマッチが不安…
  6. 女性はどんな資格があれば有利?
  7. 子持ちの女性は不利なの?
  8. 転職エージェントは登録した後どうなるの?

4-1. 女性は面接時の服装はどうすればいい?

女性の多くが面接などでどんな服装で行くべきか、悩まれるかと思います。

面接はあくまでもビジネスシーンであること、また面接官に不快な思いをさせないように清潔感を意識した服装にしましょう。

以下に、面接時に気をつけるべきポイントをまとめたので参考にしてみてください。

 服装  チェックポイント
 スーツ
  • 黒や紺、グレー系などの濃い色をお薦めします。シンプルで清潔感あるデザインのものを。
  • ベージュ等の薄い色を選ぶと女性らしい柔らかい雰囲気になりますが、一般的には濃い色の方が顔映りがよくなります。
  • しわや汚れが無いように、しっかりクリーニングに出してスーツを着ましょう。
 ボトム
  • 極端なスリットが入ったものなど、カジュアル過ぎるものは避けましょう。
  • パンツ丈は、ヒールの付け根よりも数ミリ下程度が綺麗に見えます。
  • スカートの場合は膝丈がベストです。
 インナー
  • シャツでもカットソーでもOK。フリルやレースが付いたカジュアルなものは避けましょう。
  • 色は、清潔感のある白がベスト。淡い色合いであれば問題ありませんが、濃い色や柄物はNGです。
  • 下着が透けないように、インナーの下に同色のキャミソールの着用をお薦めします。
 ベルト
  • 必ずしもベルトをつける必要はありません。インナーをウエストインする際に活用下さい。
  • カジュアルなものを避け、シンプルなデザインのベルトを選びましょう。
 ストッキング
  • スーツの色を問わず、自然な肌色に近い無地のベージュを。自分の肌より少し濃い目を選ぶと、足が綺麗に見えます。
  • 柄や装飾入りのものはNG。黒のストッキングは喪服のイメージがあるので避ける方がベターです。
 靴
  • 黒のシンプルなパンプスで、ヒールは5cm程度で太めなものを。安定感があり綺麗に見えます。
  • ピンヒールや、オープントゥ、ミュールやサンダル、ブーツなどは避けましょう。カツカツ響く靴もNG。
  • 汚れや傷はマイナス印象ですので、きちんと磨き、補修に出すことをお薦めします。
 時計
  • 携帯電話を時計代わりにする人もいますが、ビジネスシーンで腕時計の着用は常識のマナー。
  • シンプルなデザインで、スーツに合うものを選びましょう。トイウォッチは避けた方が無難です。
 カバン
  • 面接前後にパンフレットなどの資料をもらう事があるので、A4書類が入るビジネスバッグを。
  • 面接中に足元に立てておくため、手を離しても自立するタイプをお薦めします。
  • トートバッグやリュックなどカジュアルなものや、高級ブランドのカバンは避けましょう。

ちなみに、スカートなのか、パンツがいいのかも聞かれることが多いですが、採用担当者に確認をしたところ、特に面接評価は変わらないようです。

比較的、パンツスーツは「バリバリ働くキャリアウーマン」という印象が強くなるので営業職応募の場面で、スカートは「優しくしなやかな女性」という印象が強くなるのでコーポレート職や事務職応募の場面がオススメです。

4-2. 20代の女性は転職しどき?

結論から言うと、20代は転職しやすい時期です。特に20代半ばの方は「第二新卒」と呼ばれ、未経験の業種や職種にも転職がしやすいです。

20代後半になると即戦力であることが重視されてきますが、まだ未経験業界や職種へのチャンスはあります。

20代も後半に行けば行くほど「即戦力」とみなされて未経験の分野に転職しにくくなるので、興味のある業種・職種のある方は早めに転職を考えましょう。

4-3. 30代や40代の女性はどうなの?

女性の場合も男性の場合も30歳を超えると企業は「即戦力」であることを期待します。

つまり30歳以上の方は、今までの経験を生かした転職でないと苦戦するかと思われます。特に30代の後半になると女性でも「マネジメント経験」「非常に高い専門性」を期待するポジションの求人が中心になるので、どちらかがないと厳しい戦いになります。

ただし、そういう方こそ転職エージェントを使えば、あなたのしてきたことをしっかりと棚卸しして、あなたに合う求人を見つけ出してくれます。

また、経験をカバーするようなテクニックも教えてくれます。

相談は無料なので、遠慮せずに相談に行ってみましょう!

4-4. 公務員への転職ってどうなの?

公務員はワークライフバランスを取りやすく多くの女性が理想とする転職先かもしれません。

しかし公務員になるためには公務員試験が必要で、働きながら対策をすることは非常に難しいです。

そのため、ワークライフバランスを重視して公務員に…という考えは持たない方がいいでしょう。

それでも興味がある方はこのポイントも含めてプロであるエージェントに相談すれば、親身になって答えてくれるでしょう。

4-5. 転職後のミスマッチが不安…

例えばワークライフバランスを取りやすいと言われていたのに、いざ入社したら残業ばかりで子供に何かあっても早退できないような企業に当たってしまったら嫌ですよね。

こういったミスマッチをなくすためにも、社員・元社員が企業を評価する「転職口コミサイト」も見ておきましょう。

例えば「転職会議」は70万社近くの会社に関する口コミが掲載されている、最大級の会社の口コミサイトです。

以下のように社員・元社員の方の正直な口コミが非常に豊富に書かれているので入社・応募を決める重要な指針になることは間違いないです。

出典:転職会議

他にも「キャリコネ」や「Vorkers」などが数多くの企業を紹介しているので、興味のある企業に関してはこの3つを全てチェックするつもりで社風を確認しましょう。

4-6. 女性はどんな資格があれば有利?

資格があれば転職活動が有利になることは間違いありません。

しかし、仕事に全く使えないような資格を持っていても採用側にも「なんでとったんだろう」と思われてしまい+になりにくいです。

そこで、あなたが目指す業界・仕事別にとるべき資格をまとめたので、参考にしながら自分がとるべき資格を選びましょう!(20~30代の方におすすめです)

【事務系の方】
・秘書検定
・Microsoft Office Specialist(MOS)

【サービス業界】
・サービス接遇検定
・販売士
・調理士

【医療・福祉業界】
・医療事務
・介護初任者研修
・歯科助手

【金融業界】
・FP
・証券外務員資格

【不動産業界】
・宅建
・管理業務主任者

これらの資格についてもっと知りたい方は「女性のための転職・復職に有利になる業界別資格12選」にまとめましたので参考にしてください。

40代はもっと高度な資格が欲しい

40代での転職は他の年齢よりもやや条件的に難易度が高く、よほどPRできるスキルや経験がない人以外は書類選考突破すらも難しいです。

そのため、上記のような資格では書類に通る可能性が低いです。

そのため、書類審査に合格する可能性を高めるもっと高度な6つの資格を「40代女性におすすめ!未経験でも転職できる6つの資格」にまとめたので40代の方はこちらを見ながら資格取得を目指しましょう。

4-7. 子持ちの女性は不利なの?

子持ちの女性の場合はやはり働ける時間に制約が出がちなので、不利になる傾向があります。

しかし、短時間で効率よく仕事をこなせることや、仕事への責任感をうまく伝えることができれば不利になりにくいです。

ただ、転職エージェントとじっくり相談して、子持ちでも不利になりにくい、ママでも働きやすい求人を選ぶことをおすすめします。

対策もきちんとしましょう

子供がいる方には「どうやって育児と両立させますか?」「子供が熱が出たらどうしますか?」などの質問が来るケースがあります。

エージェントともじっくり相談して、不利にならない回答を用意しておきましょう。

4-8. 転職エージェントは登録した後どうなるの?

転職エージェントに登録してからは以下のような流れになります。

スクリーンショット 2016-08-21 17.30.24

Step 1. 登録する

それぞれの公式ページから登録を行います。

登録する際は、転職エージェントサービスなのかどうかを確認するようにしてください

例えば、「DODA」と検索するとDODAの派遣登録サイトが出てくるように、転職エージェントと紛らわしいサービスが複数あるため、登録前にしっかりと確認しましょう。

不安な方は、このページで紹介した転職エージェントサービスの各公式ページはそれぞれ下記の通りですので登録前にご参考ください。

正社員転職を目指していたのに、知らずのうちに派遣社員の面接を受けていた…という事例も時々ありますから、十分に注意しましょう。

Step 2. 電話がかかってくる

登録すると、転職エージェントから数日以内に電話かメールで連絡が入ります。

準備などをする必要は全くありませんが、ざっくり下記のようなことを聞かれます。

  • 転職希望時期は?
  • 希望する職種や業界は?
  • 希望年収は?

10分ほどの最低限のヒアリングを受けた後、キャリアカウンセリングのアポイント調整を行います。

Step 3. キャリアカウンセリング

あなたがエージェントのオフィスに訪問することもあれば、エージェントが近くまで来てくれることもあります。(都合が合わなければ電話の場合もあります。)

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのエージェントに意見をもらえば、考えがまとまっていき後悔ない転職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

あなたの希望に合いそうな求人を5件〜50件ほど紹介してもらいます。

思ってもないような大手もあれば、今まで知ることのなかった魅力的な中小企業もあるでしょう。

それぞれのエージェントしか扱っていない独占求人もありますので、複数社のエージェントから求人紹介を受けることを推奨します

Step 5. 職務経歴書の添削

応募する企業を決めたら、職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行います。

最高の職務経歴書をエージェントと一緒に作り上げましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、エージェントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、エージェントが企業に営業してくれます。

転職サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は圧倒的に有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定はエージェントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、エージェントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、エージェントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど大手エージェントであればノウハウを必ず持っていますので、頼ってしまいましょう!

5. まとめ

転職を意識し始めた女性に向けて私なりのアドバイスを紹介してきましたがいかがでしたか?

女性に限らず多くの方が転職に興味を持ちつつも転職に踏み切らずに後から後悔しています。

転職するしないに限らず、まずは一歩踏み出してみることが後から後悔しないためには大切です。

第一歩として「転職に詳しくて女性の気持ちをわかってくれる人に相談する」のがいいと思いますが、身近にいない方は以下のようなエージェントに登録して、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

このエージェントの中からあなたに合いそうなものをいくつか登録してみてまずは担当者に相談してみることが最高の第一歩になるはずです。

あなたのキャリアが素晴らしいものになることを心から祈っています。