3年目で会社を辞めたい時に最善の決断をするための全知識

会社辞めたい 3年目

「3年目になって急に会社を辞めたくなった」「入社から3年間、ずっと辞めたいと思っているのは私だけ?」など、3年目になると会社を辞めたいという悩みが大きくなる方もいらっしゃるかと思います。

本ページでは、過去に転職エージェント業務の中で100人を超える第二新卒者の転職を支援してきた筆者が、3年目で会社を辞めたいと考えているあなたに知っていただきたいポイントを以下の流れでご紹介します。

  1. 3年目に辞めたくなるのはあなただけじゃない
  2. 3年目は転職を考える大きなチャンス!その4つの理由
  3. 3年目でも転職をオススメしない2つのケース
  4. チャンスを活かす!3年目での転職を大成功させるための3つのポイント

本ページを読んでいただくことで、転職の大きなチャンスである3年目のアドバンテージを最大限活かして転職活動をしていくことが可能です。

反対に、本ページのポイントを守らずに、焦って進路を決めることはあなたのキャリアにとって大きなリスクとなる可能性があります。

1. 3年目に辞めたくなるのはあなただけじゃない

3年目で退職を考える人はいっぱいいます。なぜなら、以下のように3年目を一つの区切りとして考えている人が多いからです。

  • 1年目に辞めたいと感じたが「3年目までは頑張ってみよう」と退職を我慢してきた
  • 3年目の部署異動が、キャリアを考えるきっかけになった

参考までに、若い社会人が退職する理由を調査した以下のようなアンケート結果があります。

退職理由ランキング

出典:VORKERS

以上のアンケートからも分かるように、非常に多岐に渡る理由で退職を考えます。

特に、3年目は会社の同期等、周りが退職し始める時期でもありそういったことで、何も考えていない自分に不安を覚え、転職活動を始める人もいます。

筆者としては、1年目、2年目であれば状況や退職の理由によって、転職すべきではないと考えていますが、3年目であれば積極的に転職すべきです

理由は次章で解説していきます。

2. 3年目は転職を考える大きなチャンス!その4つの理由

3年目は転職の非常に良いチャンスです。理由は4つあります。

2-1. “第二新卒”として勝負できるから

一般的に3年目までが第二新卒と呼ばれます。企業は、新卒採用活動の失敗や、若手社員の退職により、第二新卒を求める動きがあります。

こちらは、マイナビの実施した企業に対する第二新卒採用の積極性を測ったアンケート結果です。企業の約4割が第二新卒者の採用に積極的です。

スクリーンショット 2016-01-20 16.57.49

出典:マイナビジョブ20’s

企業にとって、以下の面で第二新卒は魅力的です。

  • 新入社員と比較して、社会人としての基礎ができている
  • 中途でありながら、以前の会社に染まりきっておらず、会社に馴染み易い
  • 素早く前の会社を見切る判断力がある
  • やる気やバイタリティがある など

つまり、第二新卒としての転職活動が可能な3年目は非常に転職がしやすい状況です。

2-2. スキルや経験を武器にしやすい

先ほど第二新卒は有利という説明をさせていただきましたが、その中でも3年目は有利です。

なぜなら、スキルや経験をアピールできるからです。

あなたが、何を考え、どう主体的に動け、どんな成果を出せる人間かは3年目にもなると仕事にも顕著に現れます。

そこを上手くアピールできればあなたの評価はグッと高まるでしょう。

また、第二新卒はポテンシャルを評価するために、学歴や職歴を見られがちですが、圧倒的な成果を出せていれば学歴や職歴に自信のない方でも逆転できるチャンスはあります。

2-3. 継続力を評価してもらえる

第2新卒の中でも、3年目が有利とご紹介させていただきましたが、もう一つ理由があります。それは継続力を評価してもらえる点です。

1~2年目で退職された方が選考を受けると、採用側で「またすぐに辞めてしまうのではないのか」といった不安感を覚える方も中にはいます。

しかし、3年目まで働いた方であれば、そういった不安はそういった不安は緩和されます。

逆に、厳しい環境でも3年耐えたと評価が上がるケースもあります。

2-4. 職種・業種を変えるチャンス

第2新卒は未経験の領域に飛び込むチャンスです。4~5年目以降での転職は、職種・業種を共に変えての転職は非常に厳しくなります。

なぜなら企業が4~5年目以降の方を採用しようと考えると、どうしても経験者が有利になってくるからです。未経験の分野に飛び込むと、収入等の待遇が著しく悪化してしまいます。

しかし、第二新卒であればポテンシャルが重視されるため、未経験の分野であっても不利にならずに挑戦できます。

以上の4つの意味で3年目は転職の大きなチャンスです。

3. 3年目でも転職をオススメしない2つのケース

3年目はチャンスといいつつも、私は、「辞めたい」と悩んでいる全ての人が転職をすべきではないと考えています。

なぜなら、転職をすることで条件が悪化してしまう恐れがあるためです。そこで本章は退職をしない方が良いケースをご紹介していきます。

3-1. 部署の異動で不満が解消されるケース

あなたが、仕事内容や人間関係等「今の職場」に対して不満を感じているなら、異動することで改善できないか考えてみましょう。

部署に対する不満では転職すべきではないからです。

「部署に対する不満」で辞めない方がいい理由

  • 「部署」を変えさえすれば、あなたの悩みが解決できるから
  • 昇給・昇進・退職金等、1つの企業で長く働いた方が得なケースが多いから

職場に対する悩みで辞めたいとお考えであれば、次の異動のタイミングで部署から出ることを考えましょう。

異動がなかったり、待てないようであれば、上司、もしくは上司の上司に異動を申し出ましましょう。

しかし、「辞めたい」というニュアンスの言葉は絶対に使ってはいけません

異動交渉で「辞めたい」と言ってはいけない理由

  • 希望の部署に行けても腫れもの扱いを受ける恐れがあるから
  • 本当に転職が必要な時に切り出しにくくなるから

以上のことから理由は前向きなものにしましょう。例えば、以下のようなものです。

自分のキャリアを考えた時に10年後は◯◯な仕事をしていたいです。そのために、今のタイミングで◯◯の部署で経験を積みたいです。

それでも異動させてもらえないないようであれば、転職を考えることをオススメします。

3-2. 将来のビジョンが不明瞭なケース

あなた本当にやりたい仕事は何なのか、働く上で何を大切にしたいかが漠然としている中では転職はオススメしません。

なぜなら、よく考えずに転職することは失敗に繋がることが多いからです。

例えば、こんな方は気をつけてください。

やりたい仕事は特にはっきりしていないけど、うちの会社給料が安いから辞めたいな。

上記のような理由で選考を受けると、面接でも苦労しますし、会社選びを誤ってしまうことが多く、また転職したくなってしまいます。

それを防ぐために、『プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ【シート付】』を参考に、自身の価値観等を一度棚卸しましょう。

転職活動をする前に、こちらの記事を参考に自己分析しておくことで、以下のようなメリットがあります。

  • 転職が必要ない場合、あなたの貴重な時間を転職活動に費やさずに済む
  • エージェントと会う前に軸を明確にしておくことで、あなたに合った求人に絞って数多く紹介してもらえる

4. 3年目での転職を大成功させるための3つのポイント

4-1. 第二新卒に強いエージェントを選ぶこと

第二新卒の転職では、紹介してくれる案件数に限りがあるという弱点があります。

第二新卒のそういった特性により、納得できる転職をするために以下の2点が求められます。

  • 案件数の多い転職エージェントを選ぶこと
  • 多くのエージェントに接触すること

そこで読んでいただきたい記事が『第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選』です。この記事を読んでいただくことで、数あるエージェントの中から、あなたの状況別にどのエージェントに登録すべきかの意思決定ができます。

こちらの記事を参考に、時間が許す範囲で複数社に登録し、多くの求人を貰う事で選択肢が広がり、納得できる転職につながります。

転職エージェントを使う際の重要な注意点

彼らの営業トークにのせられて焦って転職を決めてしまうことだけは避けてください。

転職エージェントは完全無料で使えますが、あなたが転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきます。

会社を辞めるか悩んでいる状況であれば、商売っ気が少なく親身に相談にのってくれる『マイナビ』や『ワークポート』のような中堅エージェントがおすすめです。

マイナビ: https://mynavi-agent.jp/

ワークポート: https://www.workport.co.jp/

4-2. 自己分析を徹底的に行うこと

転職活動を始める前に、なぜ今回辞めたくなったか、どういった環境なら辞めずに続けられたかを徹底的に分析しましょう。

理由は以下の2点です。

  • 転職活動時に退職理由は必ず聞かれるから
  • きちんと分析をしないと、また会社選びで失敗してしまう恐れがあるから

ちなみに、第二新卒で会社選びを失敗し、また転職しようとするとその時に以下のようなリスクがつきまといます。

第二新卒で会社選びを失敗することのリスク

  • 「採用してもすぐに辞めてしまう人」と考えられてしまう
  • 「専門的なスキル等は身についていない人」と考えられてしまう

以上のことから、第二新卒は新卒時以上に慎重に会社を選ぶ必要があります。

先ほどもご紹介しましたが、自己分析をする際は、『プロ直伝!転職成功に導く自己分析4ステップ【シート付】』を参考にしていただければと思います。

こちらを参考にしていただくことでキャリアの振り返りから、どんな仕事があなたに向いているのかという分析まで、あなたのキャリアにとって最高の自己分析ができるようになります。

4-3. 転職先を見つけてから転職すること

すぐに辞めなければ精神的・身体的に病んでしまうのであるのであればすぐに辞め、辞めてから転職活動をすべきですが、そうでない場合は転職先を見つけてから転職活動をしましょう。

なぜなら収入がないために焦って転職先を決めることで、また会社選びを誤ってしまうからです。

会社にも辞めることは悟られないようにすることで、「今の会社にも残れる!」と余裕が生まれるので転職活動も上手く行きやすくなります。

5. さいごに

3年目で辞めたくなった時に最善の決断をするためのアドバイスを紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

3年目は長い人生の中で最も転職に有利な時期の一つです。

そこを逃さないよう、逆に焦らないよう、熟考していただき後悔のない決断をしていただければと思います。

あなたの今後の人生がより明るいものであることを願っています。