転職のプロが解説!リクルートエージェントの特徴・サービスまとめ

「リクルートエージェントはどんな転職エージェントなの?」と、リクルートエージェントの特徴について気になっていませんか?

リクルートエージェント』を利用する転職活動者は多いですが、一社だけ転職エージェントを利用するだけのリスクも知っておかないと転職活動が上手くいかない場合もあるので注意が必要です。

このページでは、大手の転職エージェントを経て企業で中途採用を担当している私が、リクルートエージェントについて下記5点を解説します。

  1. リクルートエージェントの5つの特徴
  2. リクルートエージェントの唯一の弱点
  3. リクルートエージェントの利用法まとめ
  4. リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント
  5. リクルートエージェントに関するQ&A

これを読めば、リクルートエージェントに申し込むべきか分かるので、ぜひご覧ください。

1. リクルートエージェントの5つの特徴

リクルートエージェントは株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントで、最も利用者が多い転職エージェントの1つです。

リクルートエージェントには、次の5つの特徴があります。

  1. 実績ナンバーワン
  2. 求人数が最も多い
  3. 上場企業など求人の質が良い
  4. 転職者サポートが充実している
  5. 多くの転職者が給料アップを実現している

それぞれ紹介します。

特徴① 実績ナンバーワン

リクルートエージェントは1977年にサービス開始した老舗エージェントで、圧倒的な規模を誇ります。

  • 取引社数:約1万7000社(2018年3月末時点)
  • 登録者数:約64万3000人(2017年度実績)
  • 転職決定者数:約3万9000人(2017年度実績)

他の転職エージェントは転職決定者数など公表していないので、確実なことは言えませんが、それでも規模や実績を顧みると、リクルートエージェントが圧倒していると考えられます。

下の図は転職決定者数の推移をまとめたものですが、1977年以来の累計で40万人以上が転職に成功していることが分かります。

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは全国16拠点あり、全地域対応してくれます。

特徴② 求人数が最も多い

リクルートエージェントは、取り扱い求人数が最も多い転職エージェントです。

下の表は、リクルート、doda、マイナビ、パソナキャリアという大手転職エージェントの求人件数等をまとめたものですが、リクルートエージェントが圧倒的であることが分かります。

※公開求人は3万6,000件、非公開求人は19万件以上あります。(2018年9月現在)

特徴③ 上場企業など求人の質が良い

リクルートエージェントの求人は量だけでなく、質という点でも優れています。

東証一部上場企業や外資系企業など、求人サイトでは決して見つからないような求人も多いです。

「中途採用はすべてリクルートさんにお願いしている」という企業も多く、40年以上続くリクルートブランドの信頼性は企業間でも高いのです。

<リクルートエージェントで求人の多い業界>

1位2位3位
業界IT・通信業界小売・卸売・
サービス業界
人材業界

<リクルートエージェントで求人の多い職種>

1位2位3位
職種営業・販売・
カスタマーサービス
SE・ITエンジニア

エンジニア
(設計・生産技術・品質管理)

2018年9月現在

リクルートエージェントはあらゆる業界に対応できる総合転職エージェントです。

どの業界にも対応してもらえるので、転職希望者全員におすすめできます。

特徴④ 転職者サポートが充実している

リクルートエージェントは転職者サポートが充実しています。

  • 職務経歴書の添削
  • エージェントレポートの配布
  • 面接力向上セミナーの開講

職務経歴書をプロにチェックしてもらえたり、有益な転職情報がまとめられたエージェントレポートがもらえたりするなど、登録するだけで価値があります。

それに、「面接力向上セミナー」では、無料でプロに面接を通るコツを伝授してもらえます。

面接力向上セミナーは97%の満足度を誇る大人気セミナーで、こちらは『リクルートエージェント』に登録した方限定です。

特徴⑤ 多くの転職者が給料アップを実現している

リクルートエージェントの転職成功者の62.7%が収入アップを実現しています。

出典:リクルートエージェント

転職する際は年収の増減が最も心配されますが、リクルートエージェントならしっかりあなたの想いを汲み取ってくれるはずです。

2. リクルートエージェントの唯一の弱点

リクルートエージェントはおすすめの転職エージェントであることは間違いありませんが、担当してくれるキャリアアドバイザーによってサービスの質が大きく変わるということです。

キャリアアドバイザーによっては、このような問題が起こることがあります。

  • メールなどの対応が遅い時がある
  • 強引にエントリーを促される時がある

もちろん、キャリアアドバイザー全員に当てはまるということはありません。

こういうことが起こる場合があるとだけ把握しておいてください。

弱点① メールなどの対応が遅い時がある

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは50人程対応することになるので、対応がどうしても雑になってしまうことがあるのです。

口コミ・評判

エンジニア・ 20代後半・男性 ・年収600万台
評価:★★★☆☆3
メールの連絡が遅い時があった。年収交渉や希望の交渉が上手くいっていなかった。ただし、面接対応はしっかりと対策してもらえたので結果的に良いが、内定承諾書の通知が遅れたこと、先方に遅く届いたことについてはそもそも社会人としてどうかと思った。

弱点② 強引にエントリーを促される時がある

キャリアアドバイザーによっては、あまり乗り気ではない求人でも「とにかく応募しましょう」と急かされる場合があります。

口コミ・評判

K さん

初めての転職で、つい先日リクルートエージェントで面談をしてきました。
求人をたくさん紹介していただいたのですが、2日以内に5社応募しましょうと言われました。
帰ってから求人票をじっくり見たのですが、気になる求人がなかなかなくて、5社も応募したいと思いません。
そもそも、こんないきなり5社も応募するものなのでしょうか?
応募して全部書類が通ると全く思ってないですが、仕事を続けながらの転職で時間が取れないのもありますし、じっくり考えて転職先を決めたいです。

出典:yahoo知恵袋

リクルートエージェントのサービスは3ヶ月間で、あまりのんびりできないことは事実ですが、それでも転職というのは自分の一生を左右するものなので、慎重になることは当然です。

あまり惹かれない求人に無理に応募を促されるなら、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

リクルートエージェントだけに申し込むのは危険?

リクルートエージェントは求人の量・質とも優れた素晴らしい転職エージェントですが、一社だけに頼るのはおすすめできません。

転職活動をより円滑に進めるためには、リクルートエージェントだけでなく、複数の転職エージェントに登録するのが必須です。

4章「リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント」で他の転職エージェントを登録した方が良い理由や、おすすめ転職エージェントを改めて紹介するので参考にしてください。

3. リクルートエージェントの利用法まとめ

リクルートエージェントに登録してからは以下のような流れになります。

ステップごとに紹介していきます。

Step 1. 登録する

リクルートエージェントの公式ページから登録を行います。

登録の際は次のことを入力します。

転職希望時期・希望勤務地・現在の職種・年収・メールアドレス

氏名・性別・生年月日・電話番号・学歴

経験社数・現在の就労状況・業種・職種・英語・海外赴任経験

大体5〜10分程度で完了します。

合わせてリクナビNEXTを登録しておくと、企業からオファーが来たりするので、合わせて登録するのがおすすめです。

Step 2. 連絡が来る

登録が終わると1~2日程度で、面接担当の方から面談の日程調整の案内メールが来ます。

第1〜第3希望で面談の日程を送ることになり、その中から面談日程が決まります。

面談前にマイページ(Personal Desktop)で履歴書や職務経歴書の情報を入れておきます。

職務経歴書の書き方について迷うことがある方は、こちらのページ「【完全版】プロが教える抜群に好印象な職務経歴書の書き方」をご覧ください。

Step 3. 面談を行う

キャリアアドバイザーとの面談は、リクルートエージェントの拠点で行われます。

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのキャリアアドバイザーに意見をもらえば、考えがまとまっていき後悔ない転職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

面談が終わったら、あなたの希望に合いそうな求人をいくつか紹介してもらいます。

数十件も紹介される場合もあり、エントリーを急かされる場合もありますが、後悔しないようにじっくり精査しましょう。

1つもエントリーしないで無反応でいると、紹介されなくなってしまう場合もありますから、「もう少し年収が高めの求人がほしい」というように希望を伝えるようにしましょう。

Step 5. 職務経歴書の添削

職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行います。

最高の職務経歴書をリクルートエージェントと一緒に作り上げましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、リクルートエージェントが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、リクルートエージェントが企業に営業してくれます。

転職サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定はリクルートエージェントが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、リクルートエージェントが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、リクルートエージェントが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど大手エージェントならノウハウを持っているので、迷うなら相談してみることをおすすめします。

4. リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェントの特徴について紹介してきましたが、他の転職エージェントも合わせて登録することがおすすめです。

なぜ他のエージェントも登録した方が良いのか、また、おすすめの転職エージェントについて紹介します。

4-1. リクルートエージェント以外も利用するべき2つの理由

リクルートエージェント以外にも登録した方が良い理由は2つあります。

  1. 担当のキャリアアドバイザーが合わない場合があるから
  2. 独占案件をカバーできるから

それぞれ簡単に紹介します。

理由①  担当のキャリアアドバイザーが合わない場合があるから

2章でも紹介した通り、リクルートエージェントにはキャリアアドバイザーが何人もおり、担当になった人がイマイチであったり、自分に合わない場合があります。

担当を変えることをお願いすることはできますが、業界や職種、地域等により変更が難しい場合があります。

複数の転職エージェントのスタッフと会ってみて、自分にマッチした人を探すのがベストです。

理由② 独占案件をカバーできるから

それぞれの転職エージェントには、そのエージェントでしか取り扱っていない「独占案件」が存在しているため、複数利用することでより多くの案件に応募することができます。

リクルートエージェントは取り扱い求人数No.1ですが、必ずしも最高の求人を教えてくれるとは限りません。

複数の転職エージェントに登録して、最良の求人を見つけられるようにしましょう。

4-2. リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェントまとめ

転職エージェントは、大きく2つに分かれます。

  • 総合転職エージェント・・・あらゆる業界を扱う転職エージェント
  • 特化型転職エージェント・・・特定の業界のみを扱う転職エージェント

リクルートエージェントは総合転職エージェントです。

それぞれおすすめを紹介するので、自分に合っていそうな所を2~3社チェックしてみてください。

おすすめの総合転職エージェント

リクルートエージェント以外でおすすめなのが次の3社です。

  1. doda・・・一番おすすめの転職エージェント
  2. パソナキャリア・・・面倒見の良さに評判がある転職エージェント
  3. マイナビエージェント・・・20代の求職者におすすめの転職エージェント

クリックすると、公式サイトへリンクします。

この3社は、私が500人の口コミをチェックした最もおすすめの転職エージェントです。

それぞれ紹介しますが、特におすすめなのがdodaで、迷うならリクルートエージェントと合わせてここに登録することがおすすめです。

転職エージェントの比較ランキングについて詳しく知りたい方は、こちらのページ「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」をご覧ください。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大手の転職エージェントです。

求人の質、サポート、提案力など、バランスに優れた転職エージェントで、転職エージェントランキングで最良として評価されました。

口コミを調査した限り、担当者の当たり外れが少ないので、あなたの希望に合わせた転職活動サポートをしてくれるはずです。

doda公式サイト:

https://doda.jp/

注:『doda』の詳しい評判については、「dodaは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」でご紹介しています。

パソナキャリア

パソナキャリア』は人材派遣領域で業界No.2の『パソナ』が運営している、16,000社以上と取引実績のある信頼できる優秀な転職エージェントです。

求人数を見ると、他の大手に若干見劣りはしますが、人材派遣領域でのコネクションを生かした非公開求人の質が良いと評判です。

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーの質の差が大きいと言われていますが、パソナキャリアは面倒見が良いと評判なので、親身な対応をしてくれる転職エージェントを利用したいという方におすすめです。

パソナキャリア公式サイト:

http://www.pasonacareer.jp/

※注『パソナキャリア』の詳しい評判については、「パソナキャリアは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」でご紹介しています。

マイナビエージェント

マイナビエージェント』はリクルートエージェントに対する対抗意識が強く、中小企業を中心に猛烈な勢いで求人数を増やしているとても勢いのあるエージェントです。

担当者によって当たりはずれがありますが、良い担当者に当たれば、あなたのことをしっかり分析した上での求人紹介をしてくれるなど、手厚いサポートが期待できます。

また、特徴として第二新卒や20代の案件が多いことから、キャリアをスタートさせたばかりの若手の方は登録してみることをおすすめします。

マイナビエージェント公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/

※注『マイナビエージェント』の詳しい評判については、「マイナビエージェントは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」でご紹介しています。

おすすめの特化型転職エージェント

特化型の紹介をまとめたのが下の表です。

自分に合ったものをチェックしてみてください。

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・WebワークポートIT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
海外JACリクルートメント海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
外資JACリクルートメント外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒ハタラクティブ第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性リブズキャリア女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブJACリクルートメントプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選
看護師薬キャリ薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!
薬剤師看護のお仕事看護師さん723人のリアルな口コミでわかった転職サイトの全知識

※名前をクリックすると公式ページにリンクします。詳しく知りたい方は、解説サイトをご覧ください。

JACリクルートメントは業界特化型エージェントというわけではないですが、「海外」「外資」「管理職」の転職では明らかにトップエージェントで圧倒的な実績をもっているため、ここで紹介します。

JACリクルートメントは基本的にハイキャリア向けの転職エージェントですので、現時点でご自身のキャリアに自信がある方や転職を意欲的に検討されている方にはおすすめですが、そうでない方は他社をおすすめします。

5. リクルートエージェントに関するQ&A

リクルートエージェントについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. リクルートエージェントはどの年齢層に強いですか?
  2. リクルートエージェントに断られる場合はありますか?
  3. 応募を急かされたら、どうすれば良いですか?
  4. リクルートエージェントはどこで面談を受けることになりますか?
  5. 電話で面談しても良いですか?

それぞれ紹介します。

5-1. リクルートエージェントはどの年齢層に強いですか?

リクルートエージェントは年齢制限はなく、幅広い年齢層が利用しています。

下の表はリクルートエージェントの転職決定者の年齢層を表したものですが、20~35歳が多いですが、50代までも利用していることが分かります。

出典:リクルートエージェント

5-2. リクルートエージェントに断られる場合はありますか?

次のような条件に当てはまる場合、仕事を紹介してもらえない場合があります。

  • 年齢と職務経歴が見合っていない
  • 中卒で職歴なし
  • 転職回数が多すぎる

断られた場合は、『doda』など他の転職エージェントに申し込むなどしてみましょう。

5-3. 応募を急かされたら、どうすれば良いですか?

リクルートエージェントはスタッフが多く、中には転職を急かしてくる人もいるようです。

その場合は、「この求人のここがイヤです」と理由をしっかり話して断るようにしましょう。

それでもし、求人を紹介されなくなるようなら、見限って他の転職エージェントに切り替えるようにするのがベストです。

転職は人生でも重要なイベントですから、後悔しないようによく考えて応募するようにしましょう。

5-4. リクルートエージェントはどこで面談を受けることになりますか?

対面の面談は、リクルートエージェント本社・支社の個室で行われます。

現在、リクルートエージェントは16拠点で、下記のいずれかの場所で受けることになります。

場所住所最寄駅
東京本社東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー東京駅より徒歩3分
北海道支社北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階札幌駅より徒歩3分
東北支社宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F仙台駅より徒歩6分
宇都宮支社栃木県宇都宮市東宿郷1-9-15 フローラビル 10階宇都宮駅より徒歩2分
さいたま支社埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階大宮駅より徒歩5分
千葉支社千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階千葉駅より徒歩1分
西東京支社東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F立川北駅より徒歩5分
横浜支社神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階横浜駅より直結徒歩3分
静岡支社静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階静岡駅 南口より徒歩1分
名古屋支社愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング(ラシック) 12階栄駅 より徒歩3分
京都支社京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階烏丸駅・四条駅より徒歩1分
大阪支社大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F梅田駅より徒歩約3分
神戸支社兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階三宮駅より徒歩3分
中四国支社
岡山オフィス
岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4階岡山駅より徒歩3分
中四国支社
広島オフィス
広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階八丁堀電停より徒歩1分
福岡支社福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階天神駅より徒歩5分

面談は土日も受けることができるので、遠方の方でも受けることができます。

それでも行けないという場合は、電話での対談という形になります。

5-5. 電話で面談しても良いですか?

電話でも面談を受けることはできますが、次のようなデメリットがあります。

  • スタッフの顔が見えず、信頼できるか不明
  • 電話では事実確認にとどまり、深いアドバイスはもらえない
  • 就職への熱意を伝えるのが難しい

対面の面談を受けた人の方が、電話で受けた人よりも大事に扱ってくれるそうです。

どうしても行けない場合に限り、電話面談にすることをおすすめします。

6. さいごに

リクルートエージェントの特徴について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

リクルートエージェントはあらゆる業界・役職に強い転職エージェントで、転職希望者全員におすすめできます。

ただし、利用者が多く、あまり対応してもらえない場合もあるようなので、他の転職エージェントと合わせて登録すると良いでしょう。

このページが、読者の皆様の転職にお役に立てることをお祈りします。

リクルートエージェント公式サイト:

https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの詳しい評判を知りたい方は「リクルートエージェントは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」をご覧ください。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する