静岡で転職したい薬剤師を100%成功に導く全知識

薬剤師 転職 静岡

「静岡県内で、薬剤師として転職しようかな?」と考えていませんか?

静岡県は、病院や調剤薬局など薬剤師の働く職場は限られる上に、適当に転職してしまい、職場環境や人間関係が合わなかった…と失敗する人も多くいます。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、静岡での薬剤師転職についてご紹介します。

  1. 静岡での薬剤師転職で注意すべきポイント3点
  2. 高年収な静岡薬剤師求人の実態と理由3選
  3. 静岡の求人例:地方になるほど高年収が期待
  4. 静岡の薬剤師:市町村別勤務地
  5. 職場環境や人間関係で悩む静岡薬剤師が多い理由2選
  6. 静岡で高年収&好環境の求人を見つけるには?
  7. 静岡薬剤師の転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

このページを読めば、静岡で働く薬剤師について理解が進み、「静岡薬剤師としての働き方と転職」「静岡で薬剤師転職に強い求人サイト」がわかるでしょう。

1. 静岡での薬剤師転職で注意すべきポイント3点

静岡で薬剤師として働く事になりました。静岡薬剤師の転職環境はどうでしょうか?

初めに、静岡で薬剤師として転職する時に必ず押さえておくべき注意点をご紹介します。静岡での薬剤師転職は、年収アップできた一方で、職場環境や人間関係が合わずに失敗したという人が実は多くいるのです。

口コミ・評判

K. H. さん(20代後半)
病院→ドラッグストア(調剤併設)
新卒からずっと病院で働いていましたが、あまりにも年収が低かったため、年収アップできる調剤併設ドラッグストアへ転職しました。面接は本部で行われたため、私が転職する現場のドラッグストアを見ることはありませんでした。実際に働き出したところ、人間関係がうまくいかず。。結果として転職は大失敗だったと思います。
転職コンサルタントに相談したのですが、「職場見学は必ずするべき」と言われました。採用前に現場を一度でも見ていたら転職を思いとどまっていたかもしれません。転職を考えている方には、転職コンサルタントに相談した上で必ず一度は職場を見学することを強くオススメします。

口コミ・評判

Y. I. さん(30代前半)
病院(首都圏)→調剤薬局(県内)

首都圏の病院で働いていましたが、旦那の転勤で県内の調剤薬局に転職しました。首都圏より高年収の求人が多く、家から近い調剤薬局から内定をもらえた時は夫婦で大喜びでした。

一方、調剤経験はこれまで多くなかったのですが、働きながら学べば問題ないと軽く考えていました。しかし、働き出してみると、1人で大量の処方箋を調剤する場合もあり、お客様を長時間待たせることもしばしば。。怒られる事も多く、プレッシャーに押し潰されそうな日々でした。

職場環境が本当に合わなかったのですが、旦那の転勤の期間は決まってたので頑張って耐えました。転職コンサルタントを利用していれば、もっと自分に合った職場が見つかったのではないかと思います。

上記口コミのように、どれほど年収アップ転職ができたとしても、人間関係や職場環境が合わないと本当につらいですよね。薬剤師の数が少ない地域では、店舗異動が難しいケースもあります。

また、本当はあなたに非が無い場合であっても、あなたが悪いかのように噂が流れる可能性があります。トラブルメーカーだというレッテルを貼られ、次の転職が事実上できなくなってしまうかもしれません。

口コミから分かる静岡薬剤師の転職で注意すべきポイントは下記の3点です。

静岡での薬剤師転職で注意すべきポイント3点

  • 「希望待遇」を実現する高年収求人が豊富
  • 一方で、職場環境・人間関係で悩む人も多く、薬剤師の転職頻度も高い
  • 転職失敗して悩むことの無いように、業界事情に詳しい転職コンサルタントに相談する

地方転職をする際には、いかに高年収の求人であっても、薬剤師転職に詳しい転職コンサルタントに転職先の人間・職場環境を聞き、実際に職場見学することを強くおすすめします。

2. 高年収な静岡薬剤師求人の実態と理由3選

静岡の薬剤師は高年収求人が多いとの事ですが、本当なのでしょうか?

静岡薬剤師は人間関係で悩むケースが多いとお伝えしましたが、年収面では大変恵まれています。結論から申し上げますと、静岡で働く薬剤師の年収は、全国平均よりかなり高いと言えるのです。

薬剤師転職の業界大手である薬キャリが運営している「薬キャリPlus」では、都道府県別の薬剤師年収ランキングを公表していますのでご覧ください。

兵庫 転職 薬剤師

1位:静岡県 660万円 (全国平均:553万円)

参考:薬キャリPlus

静岡で働く薬剤師の年収は、全国平均より100万円近くも高い「660万円」となっています。

2-1. 静岡には薬学部が1校しかない

静岡薬剤師の年収が高い最大の理由は「県内に薬学部が1校しかない」事です。薬学部を持つ大学は全国に73校ありますが、静岡には静岡県立大学しかありません。

地元で働く薬剤師にとってはライバルが少ない状態になり、雇用側は高い年収を提示する必要が出てくるのです。

2-2. 地方都市である

年収が高い二つ目の理由は「地方都市である」という点です。一般的な職務だと「大都市圏(東京・大阪・名古屋)」ほど年収が上がりますが、薬剤師は国家資格であるため人数が限られています。

多くの薬剤師は大都市圏に住みたいと考えるので、静岡などの地方都市にある薬局やドラッグストアは、年収の高い求人を出さないと薬剤師を雇用できない現状があるのです。

2-3. 高齢化が進んでいる

年収が高い三つ目の理由は「高齢化」です。静岡の老人人口率(65歳以上)は30%に達しており、全国平均と比較するとかなり高い数値となっています。

高齢化が進むと医療費が高くなり、病院や調剤薬局など薬剤師の活躍する場も増えてくるので、薬剤師需要が高まり年収の高い求人も増えてくるのです。

3. 静岡の求人例:地方になるほど高年収が期待

静岡薬剤師だと、年収の高い求人を選べるのですね。場所によって求人や待遇の違いはありますか?

3章では、静岡県の薬剤師求人について、都市部・地方に分けてご紹介します。薬剤師転職大手サイトのファルマスタッフで探すと、下記のような求人が見つかりました。

3-1. 静岡の都市

静岡県は熱海などの温泉や漁業などが盛んな県です。県庁所在地である静岡市は、高い薬剤師人気を誇ります。都市部以外だと、静岡市から少し離れる富士市や焼津市となるとやや人気は劣るようで、薬剤師の年収も良くなる傾向にあります。

3-2. 都市部の求人

【静岡市】の求人:病院

3-3. 地方の求人

【富士市】の求人:調剤薬局

【焼津市】の求人:調剤薬局

都市部と比較すると、求人の種類や数は減ってしまうものの、年収はアップする事がひと目でわかります。都市部だと年収600万円求人はほとんどありませんが、地方都市だと半分以上が600万以上の提示が可能な求人になっています。

【参考】静岡の薬剤師会は・・・?

静岡県薬剤師会は、静岡県全土に支部を持つ薬剤師会で、薬剤師の資質向上や地域社会とのコミュニケーションを図るよう運営されています。特に薬剤師の育成には力を入れており、研修会・講習会が定期的に行われているほか、各種薬剤師の認定コースも設置されています。

4. 静岡の薬剤師:市町村別勤務地

静岡で薬剤師として働くのですが、家の近くではどのような職場があるのでしょうか?

4章では、静岡の市町村別の勤務地をご紹介します。

人口 調剤薬局 ドラッグストア 病院 企業
浜松市 797,164 144 9 1
静岡市 701,803 107 16 7 3
静岡市葵区 252,234 37 3 2
富士市 247,510 36 11 4 1
静岡市清水区 237,330 36 4 1
浜松市中区 237,134 51 4 1
静岡市駿河区 212,239 20 8 1 2
沼津市 193,954 51 21 3 3
磐田市 166,870 24 8 5
藤枝市 143,602 42 3 2
焼津市 138,716 21 4 4
富士宮市 130,326 14 4 3 1
浜松市東区 128,747 20 1
掛川市 114,818 34 4 7 1
浜松市西区 110,961 17 2
三島市 109,970 27 12 3
浜松市南区 100,703 9 3
島田市 97,633 31 6
浜松市浜北区 96,792 13 1 1
浜松市北区 93,311 19
御殿場市 88,082 14 3 3
袋井市 86,139 7 3
伊東市 67,605 10 2
湖西市 59,183 4
裾野市 52,374 11 3
伊豆の国市 47,869 5 1
菊川市 46,942 8 1
牧之原市 45,050 5 1 1
駿東郡長泉町 42,550 5 1
田方郡函南町 37,548 3 2
熱海市 37,222 2 1 3
御前崎市 32,312 3 1
駿東郡清水町 32,259 4 2 1
伊豆市 30,739 2 1 3
浜松市天竜区 29,516 2
榛原郡吉田町 28,982 5 2
下田市 22,462 4 3
駿東郡小山町 19,278
周智郡森町 18,261
賀茂郡東伊豆町 12,400 2
賀茂郡南伊豆町 8,414
賀茂郡西伊豆町 8,027 2 2
賀茂郡河津町 7,209 2 1
榛原郡川根本町 6,987
賀茂郡松崎町 6,685 2
合計 5,185,912 851 147 64 14

参考:薬キャリ

4-1.磐田市・富士宮市は調剤薬局数が少ない

静岡の調剤薬局は、浜松市・静岡市に集中しています。市内に住む薬剤師の方は勤務地に苦労される事は無いでしょう。

一方、磐田市・富士宮市は、人口に比べて調剤薬局数が極めて少ない事が分かります。両市に移転される薬剤師は、勤務先の確保や入職後の人間関係にしっかり注意される事をおすすめします。

4-2. ドラッグストアは沼津市に集中

静岡のドラッグストアは、沼津市に集中しています。

「高年収求人と言えばドラッグストア」と言われるように、年収アップ転職としてドラッグストアを選ぶ薬剤師の方は多くいらっしゃいます。静岡県内でドラッグストア勤務を検討される方は、上記都市の職場を探されると良いでしょう。

5. 職場環境や人間関係で悩む静岡薬剤師が多い理由2選

高年収な一方で、職場環境や人間関係に悩む静岡薬剤師が多い理由を教えてください。

5-1. 薬剤師の数が足らず、職場環境が過酷

一つ目の理由は、「薬剤師の数が足らず、職場環境が過酷」です。

2章でもご紹介した通り、地方都市になるほど薬剤師の数が足りない状況は今後も続くでしょう。1勤務地あたりの薬剤師数が足りなくなった結果、一人薬剤師の常態化といった過酷な職場環境が散見されています。

もちろん、薬剤師ライバルが少ないほど高年収求人が期待できるので、決してデメリットばかりとも言えませんが、静岡薬剤師として働く時には注意すべきでしょう。

5-2. 地方特有の人間関係

二つ目の理由は、「地方特有の人間関係」です。

静岡市は中核都市ですが、首都圏と比較すると地元で生まれ育った薬剤師が大半です。店舗異動が難しいケースもあり、地方特有の人間関係で悩む薬剤師も少なくありません。

首都圏などから転勤で静岡に来る薬剤師の方は、特に注意した方が良いでしょう。あなたに非が無い場合であっても、あなたが悪いかのように噂が流れる可能性があります。トラブルメーカーだというレッテルを貼られ、次の転職が事実上できなくなってしまうかもしれません。

6. 静岡で高年収&好環境の求人を見つけるには?

では、高年収で好環境の求人を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか?

1章の口コミにあったように、静岡で高年収の求人を見つける事は容易ですが、職場環境や人間関係は求人票を見ているだけでは分かりません。以下の3つのコツを試すと良いでしょう。

静岡で高年収&好環境の求人を見つけるコツ3選

  • 面接前に実際に働く職場を見る
  • 転職コンサルタントに職場の内情を教えてもらう
  • 薬剤師転職サイトに複数登録する

6-1. 面接前に実際に働く職場を見る

一つ目のコツは、「一見は百聞にしかず」の通り、実際に働く職場を直接見てみましょう。

ここでのポイントは、面接後や内定後ではなく面接前に見る事です。多くの薬剤師は「内定後」に職場見学を申し出るため、職場は親密に受け入れますし、劣悪な職場環境を見せる事はありません。結果、「思った雰囲気と違った」と後悔する薬剤師の方が多いのです。

必ず、職場の素が見える面接前に見る事をおすすめします。

6-2. 転職コンサルタントに職場の内情を教えてもらう

次のコツは、転職コンサルタントに職場の内情を教えてもらう事です。

転職コンサルタントは、あなたの想像以上に職場の内情を知っています。というのも、多くの薬剤師から転職相談を受けるので、「過酷な病院や調剤薬局」についてリアルな口コミを聞いているからです。

コンサルタントの質にもよりますが、希望の求人については可能な限り職場の内情を教えてもらいましょう。

6-3. 薬剤師転職サイトに複数登録する

最後のコツは、薬剤師転職サイトに複数登録することです。

薬剤師の転職では「職場の内情をコンサルタントに教えてもらう」事が重要ですが、あなたに付いてくれるコンサルタントが優秀でない可能性も十分に考えられます。最初に3つ程度の転職サイトに登録し、電話面談を行った上で最適な転職コンサルタントを見つけ出しましょう。

『リクナビ薬剤師』によると、薬剤師の転職サイト登録数は平均2.7件です。転職コンサルタントへの相談が不安な方は、薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!を参考にして下さい。

7. 静岡薬剤師の転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

静岡で薬剤師として働く事を決めました!どこの転職サイトに登録すると良いでしょうか?

薬剤師が静岡で働くには、高年収求人は容易に見つかる一方で、職場環境や人間関係で失敗する可能性が高いと言えます。静岡薬剤師の転職に強いサイトを5つピックアップしましたので、目的に沿って少なくとも3つ程度登録しておく事をおすすめします。

登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

静岡求人数 提案力 サポート 特徴
薬キャリ コンサルタントに外れが無く、サポートも迅速。全ての人におすすめ。
マイナビ薬剤師 全国主要都市で面談を実施。面接が不安な人におすすめ。
アプロドットコム
業界1位
静岡求人数:業界1位。希望の求人地域がある人に特におすすめ。
ファルマスタッフ 調剤薬局求人に圧倒的な強み。薬局への転職希望者におすすめ。
リクナビ薬剤師 優秀なコンサルタントが多く、初めて転職する人に特におすすめ。

7-1. 薬キャリ|サポートが迅速・全ての人におすすめ

スクリーンショット 2016-02-23 22.33.57

エムスリーキャリア(薬キャリ)』は、大手メーカーであるソニーグループが運営する薬剤師転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさ。転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)や、調剤薬局(業界3位)以外にも、企業薬剤師求人数も業界1位と様々な薬剤師転職に強い転職サイトです。病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

どんな仕事が自分に合うか考えている薬剤師希望者は、『エムスリーキャリア(薬キャリ)』に登録してみましょう。あなたに合ったの薬剤師求人を探す事ができますよ。

口コミ・評判

T. K. さん(20代後半)
調剤薬局→調剤薬局
初めての転職で調剤薬局の転職に強いと評判のサイトに登録したが、電話やメールが遅くて不安になり、ネットの評判が良かった薬キャリに登録しました。
登録後、すぐに電話と求人を頂け、その後の対応も大変スピーディでした。転職しようと考えていた求人をいくつか伝えると、「◯◯薬局は職場環境が厳しいのでおすすめしない」と内情も教えて頂けました。なにより担当の方が親身に対応してくれたのでスムーズに転職することができました。

7-2. マイナビ薬剤師|面談に力を入れている

マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。全国の主要都市に支店を持っており、特に地方在住の薬剤師の方は、ぜひ登録をおすすめします。

7-3. アプロドットコム|静岡求人1位・全国求人2位・独立系

アプロドットコム

『アプロドットコム』は1998年に設立された独立系の薬剤師転職支援サービスです。

『アプロドットコム』は独立系の薬剤師転職サービスとしてスタートしているので調剤薬局などの後ろ盾が無く、「転職希望者のニーズを徹底的に聞いて求人を探す」事をモットーに成長してきました。「XX駅の近くで」と要望があった時は、XX駅周辺の調剤薬局に全てコンタクトを取って求人を探す事を続け、今のような業界2位の求人を誇る規模に成長し、静岡県の求人数は業界1位です。

独立系ですので、特定の求人を強くおすすめされる事もありません。今の職場に満足しておらず、フラットに次の働き方を考えている人は、必ず登録しておきましょう。

7-4. ファルマスタッフ|静岡求人2位・全国求人1位・調剤薬局に強み

『ファルマスタッフ』大手調剤薬局チェーンの日本調剤グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです。もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトですので、調剤薬局求人(業界1位)に留まらず、薬剤師転職求人全体でも業界1位です。

『ファルマスタッフ』では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしているようです。そのため、求人情報の濃さは折り紙つきで、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、求人企業に不利な情報でもしっかりと求人に反映されています。

このようなしっかりとデメリット情報まで伝えるというファルマスタッフの姿勢は本当に良い薬剤師転職支援サービスだという評判です。

7-5. リクナビ薬剤師|コンサルタントが優秀・ドラッグストアに強み

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

「調剤薬局併設ドラッグストア」求人数は業界1位と、大手とのコネクションが強いリクナビ薬剤師ですが、リクナビの強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント。自身の希望に沿った求人紹介だけでなく、希望のドラッグストアから欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職コンサルタントに相談して損は無いでしょう。ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。

さいごに

静岡での薬剤師の働き方について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

静岡での薬剤師転職は高年収求人が多いと大きなメリットがありますが、職場環境や人間関係で失敗する人が多いという問題点もあります。

ポイントは高年収で良い職場を探すコツを知る静岡薬剤師に強い転職サイトに複数登録するの2点。これだけで満足いく転職可能性を高める事ができます。転職成功に向けてトライする事をおすすめします。

静岡薬剤師の転職に強く、必ず登録すべき転職サイト5選

※薬剤師が転職する時の注意点

薬剤師は転職率が高く、「年収アップ」などの理由で転職する人が多い業界ですが、口コミの通り、職場雰囲気の悪さや長時間労働に後悔するケースが多いのも事実です。薬剤師の転職で失敗しない!体験談と転職ノウハウの全てを見て、後悔しない転職を実現してください。

特に初めて転職する人は、職場雰囲気のヒアリングや面接対策などのため、転職エージェントを活用することをお勧めします。薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!を参考にすると良いでしょう。

転職活動は、将来のキャリアや待遇などに悩み、すぐに決められるものではありません。しっかり考えた上で、次の一歩を踏み出してくださいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。