企業へ転職したい薬剤師のための転職を成功に導く全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
薬剤師 転職 企業

「病院や調剤薬局から企業に転職しようかな?」と悩んでいませんか?

薬剤師転職のなかでは企業への転職で成功する人はかなり珍しく、「求人が少なく希望する職に就職できなかった…」「求人の種類が多く自分に合う仕事が分からなかった…」と失敗する人はとても多いのです。

結論から申し上げますと、薬剤師の企業転職は「自分に合う求人を考える以上に、求人を探す事が大変」です。このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、企業薬剤師の転職についてご紹介します。

  1. 企業薬剤師とは
  2. 企業薬剤師への転職、4つの人気の秘密
  3. 企業薬剤師への転職、2つのデメリット
  4. 企業薬剤師の転職に強く、必ず登録しておくべき転職サイト3選
  5. 目的に応じて相談すべき転職サイト3選

このページを読めば、企業薬剤師について理解が進み、「企業薬剤師としての働き方と転職」「企業薬剤師転職に便利なサイト」がわかるでしょう。

1. 企業薬剤師とは

まず初めに、企業薬剤師の種類を教えてもらえますか?

薬剤師の転職というと、調剤薬局やドラッグストア・病院などが主流ですので、一般企業への転職はあまり知られていません。まず初めに、企業における薬剤師の職場や仕事内容を簡単にご紹介します。

企業薬剤師の職場は多い

  • 製薬企業の研究職
  • 製薬企業のMR
  • 管理薬剤師
  • 臨床開発モニター
  • 治験コーディネーター

1-1. 製薬企業の研究職:薬学生から一番人気だが、転職難易度は高い

薬学生から最も人気が高いのは、「武田薬品」「アステラス製薬」「第一三共」といった製薬企業の研究職です。

まず何よりも「新薬を開発して世の中に貢献する」という仕事のやりがいが大きく、「給与が高い」「休みが取りやすい」という大企業の良さもあります。

ただし、転職先として考えるには「難易度は非常に高い」と言えるでしょう。

基本的に製薬企業の研究職では「未経験者」を採用する文化がないため、既に研究職として活躍している人に限った採用を行っています。新卒で調剤薬局やドラッグストアに採用された薬剤師が、製薬企業の薬剤師に転職する人は極めてまれなケースだと言えます。

1-2. 製薬企業のMR:給与は高いが、薬学生からの人気は低い

製薬企業で採用人数が多い職種はMR(Medical Representatives)という医薬品の営業職です。この職は何と言っても「給与」が高い事で有名で、超大手企業で無くとも30代年収1000万円が現実的なモデル像です。他の職種や、調剤薬局などと比較すると、かなり高めの平均年収と言えるでしょう。

しかし、「薬学生や薬剤師からの人気は低い」のが現状です。

人気が低い理由としてあげられるのは「営業のストレスとプレッシャー」です。高く設定された目標数字を追う事が求められるだけでなく、営業先の医師は大変激務なので「医者と3分話すために、3時間廊下に立っている仕事」と言われます。

またMRになるには薬剤師資格が必要なく、「わざわざ薬学部を卒業して就職する仕事ではない…」というのが多くの薬学生や薬剤師の本音のようです。

1-3. 管理薬剤師:企業薬剤師で最もポピュラーな職場

調剤薬局では管理薬剤師を設置することが義務付けられており、製薬会社でも同様です。しかし、製薬会社での管理薬剤師は全く働きぶりが違います。

一番の違いは「調剤業務を行わない」こと。

「監督官庁といった行政への対応」「医薬品の使用期限や品質といった在庫管理」といった薬事業務や、「DI(Drug Information)業務」「コールセンター業務」「メディカルライター」などの学術業務に分かれており、基本的には事務的なデスクワークが中心となります。

企業薬剤師で最もポピュラーな職場と言えますが、上記の通り幅広い業務があり、企業によって担当する業務は違います。「DI業務のみをやってくれ」という企業もありますが、「管理薬剤師全般をよろしく」と幅広い仕事への適応が必要な職場もあるので注意が必要です。

1-4. 臨床開発モニター:臨床開発を支援するデスクワーク

臨床開発モニターでは、臨床試験が基準沿って正しく実施されているか検査する業務です。

基本的にはデスクワークが中心となり、「医療機関との契約手続き」「臨床開発のモニタリング」「医薬品の管理」といった業務に携わることになります。

1-5. 治験コーディネーター:治験現場で患者さんと接する仕事

治験コーディネーターは、治験の現場で直に患者さんと接する業務です。

昔は看護師や検査技師が担当している事も多かったのですが、実際に新薬に関する情報提供や治験内容の説明を行うために、薬剤師が必要とされているケースが増えてきました。

2. 企業薬剤師への転職、3つの人気の秘密

新卒では病院に薬剤師として就職しましたが、近々、企業薬剤師に転職したいと考えています。

私の元に相談にくる転職希望者でも、企業薬剤師を希望される方が一定います。ドラッグストア・調剤薬局と比べて圧倒的に求人の少ない企業薬剤師ですが、なぜ人気になるのでしょうか?

もちろん、転職理由は人それぞれだと思いますが、代表的な人気の秘密をご紹介します。

企業薬剤師への転職、3つの人気の秘密

  • 盆や年末年始など、まとまった休みが取れる
  • 子育てママが時短で働く事ができる
  • 調剤以外の業務を幅広く経験できる

人気の秘密1. 「盆や年末年始など、まとまった休みが取れる」

盆や年末年始など、まとまった休みが取れる事は大きいです。調剤薬局以上に休みは取りやすいですよ!

一つ目の理由は、「まとまった休み」です。

一概には言えませんが、企業は年間休日などの福利厚生のルールをしっかり守っている場合が多いと言われています。特に年末年始などの休みは、調剤薬局やドラッグストアだと患者さんがいる事から休みを取れないケースもある一方で、企業は全社的に休みをとるので、薬剤師も一緒に休みに入る事ができるのです。

人気の秘密2. 「子育てママが時短で働く事ができる」

特に近年、企業全体が育児支援に力を入れており、管理薬剤師も定時や時短で帰る人が増えています。

二つ目の理由は、「子育てママが時短で働く事ができる」です。

近年、日本全体が育児支援に力を入れ始めています。特に企業は政府からの要請もあって女性活用を推進しており、子育てママが働きやすい環境作りに励んでいます。もともと薬剤師は女性に優しい職場が多いと言われていますが、企業薬剤師は患者さん相手の仕事ではないので突発的な残業が発生しなく、時短で働く事ができるメリットがあります。

人気の秘密3. 「調剤以外の業務を幅広く経験できる」

薬事業務や学術業務といった、幅広い仕事を経験できる事が魅力ですよ。

三つ目の理由は、「調剤以外の業務を幅広く経験できる」です。

調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師は、ほぼ「調剤業務」のみに従事する事になります。もちろん、調剤薬局内の管理薬剤師や店長といった昇進もありますが、昇進がなければ一生調剤業務を続けるといっても過言ではありません。

それに反して、企業薬剤師だと、1章でお伝えした通り幅広い仕事に携わる事ができます。「飽き性」の人には打って付けの職場と言えるのではないでしょうか。

3. 企業薬剤師への転職、2つのデメリット

企業薬剤師に転職しようと思うのですが、デメリットはありますか?

2章の通り、企業薬剤師への転職は多くのメリットがありますが、一方デメリットもありますので、全ての薬剤師におすすめする訳ではありません。

デメリットだと感じる理由は人それぞれだと思いますが、代表的な2つのケースをご紹介します。

調剤薬局への転職、2つのデメリット

  • 調剤業務に携わらない
  • 患者さんとの接点がなく、デスクワークが中心

デメリット1. 「調剤業務に携わらない」

調剤業務に携わらない点です…。調剤のスキルや経験を忘れてしまいそうで不安です。

一つ目の理由は、「調剤業務に携わらない」です。

企業薬剤師は「薬事・学術業務」と仕事範囲は広いのですが、企業内の仕事なので患者さん相手の調剤業務を行う事がありません。もちろん、世の中には調剤業務を行わない薬剤師の仕事が多くあるので、仕事に困る事は一切ありません。しかし、「調剤業務と離れる」事を不安に感じる人は一定いるようです。

デメリット2. 「患者さんとの接点がなく、デスクワークが中心」

調剤薬局やドラッグストア・病院と違い、患者さんとの接点が無くなった事が寂しいですね…。

二つ目の理由は、「患者さんとの接点がなく、デスクワークが中心」です。

薬剤師の勤務先としてポピュラーな調剤薬局・ドラッグストア・病院では、患者さんに対して薬学の知識で貢献するというやりがいがありますが、企業薬剤師ではデスクワークが中心です。企業内のチームメンバーからは感謝されますが、直接患者さんから感謝される事が少なくなる事はデメリットと言えるでしょう。

4. 企業薬剤師の転職なら必ず登録しておくべき転職サイト3選

後悔しない転職をしようと思います。それではどこの転職サイトに登録すると良いでしょうか?

はじめにお伝えした通り、企業薬剤師への転職は大変難易度が高いのです。その理由は「求人数の少なさ」。そもそも求人数が無ければ転職活動がスタートしません。以下、企業薬剤師の転職に強い転職サイトを3つピックアップしましたので、必ずすべて登録しておきましょう。

登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

4-1. エムスリーキャリア(薬キャリ):「企業薬剤師求人数:業界1位 オールマイティな強さ」

スクリーンショット 2016-02-23 22.33.57

『エムスリーキャリア(薬キャリ)』は、東証一部上場のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさ。企業薬剤師求人数も業界1位な上に、転職人気の高い病院薬剤師(業界1位)、調剤薬局(業界3位)と様々な薬剤師転職に強い転職サイトです。病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

企業薬剤師以外にも転職に迷っている人は、『エムスリーキャリア(薬キャリ)』の転職コンサルタントに相談してみることをおすすめします。あなたにベストの薬剤師求人を紹介してくれるでしょう。

4-2. アンサーズ:「企業薬剤師求人数:業界2位 製薬業界企業に圧倒的な強さ」

スクリーンショット 2016-03-06 15.06.51

『アンサーズ』は人材事業に取り組んでいる株式会社クイックが運用しており、他の薬剤師転職サイトとは違って「製薬業界」の転職に特化している珍しい転職サイトです。

製薬業界全体を取り扱っているので、薬剤師以外にも医師の転職にも取り組んでいますが、製薬業界に取り組んでいるだけあって企業薬剤師の求人数は業界第2位。企業薬剤師への転職を強く希望する人にとって、登録しない手は無いでしょう。

4-3. ヤクジョブ:「企業薬剤師求人数:業界3位 派遣に強み」

スクリーンショット 2016-02-23 22.53.31

『ヤクジョブ』大手調剤薬局のさくら薬局グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトで、調剤薬局求人(業界2位)・調剤併設ドラッグストア求人(業界2位)が強みですが、企業薬剤師求人も堂々の業界3位です。

『ヤクジョブ』は、転職求人だけでなく、「派遣」「紹介予定派遣」にも力を入れています。幅広い働き方を検討されている薬剤師の方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

5. 目的に応じて相談すべき転職サイト3選

3選の転職サイトに全て登録しました。他に信頼できる薬剤師コンサルタントがいる転職サイトを教えて下さい。

「毎日転職サイトをみる事はできない!」という仕事で忙しい薬剤師の転職希望者は、転職コンサルタントに相談する事をおすすめします。その際に大事な要素は「コンサルタントが優秀」「面談に力を入れて」おり「薬剤師転職全般に強い」支援をしてくれるか。

以下、おすすめの転職サイトを3社ピックアップしましたので、自身の目的に応じて登録しましょう。登録自体は3分程度で、もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

5-1. リクナビ薬剤師:「コンサルタントが優秀」

スクリーンショット 2016-02-23 22.37.13

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

「調剤薬局併設ドラッグストア」求人数は業界1位と、大手とのコネクションが強いリクナビ薬剤師ですが、リクナビの強みは何と言っても「日本一の人材紹介会社」としてのノウハウが豊富で優秀なコンサルタント。自身の希望に沿った求人紹介だけでなく、希望のドラッグストアから欠員補充採用があった際に、いち早く連絡をもらう事ができます。

特に初めて転職する方は、『リクナビ薬剤師』の転職コンサルタントに相談して損は無いでしょう。ネット上での登録の後、必ず対面での面談を申し込む事をおすすめします。

5-2. マイナビ薬剤師 「面談に力を入れている」

スクリーンショット 2016-02-23 22.59.55

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。マイナビグループの知名度と営業力を活かして全国の求人情報を網羅し、豊富な求人数を抱えているのも特徴です。

マイナビ薬剤師は応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。全国の主要都市に支店を持っており、東京以外の地域でも面談が可能。特に地方在住の薬剤師の方は、ぜひ登録をおすすめします。

5-3. ファルマスタッフ 「薬剤師求人数:業界1位」

スクリーンショット 2016-02-23 22.21.09

『ファルマスタッフ』調剤薬局業界2位の日本調剤グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです。もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトですので、調剤薬局求人(業界1位)に留まらず、薬剤師転職求人全体でも業界1位となっています。

『ファルマスタッフ』では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしているようです。そのため、求人情報の濃さは折り紙つきで、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、求人企業に不利な情報でもしっかりと求人に反映されています。

このようなしっかりとデメリット情報まで伝えるというファルマスタッフの姿勢は本当に良い薬剤師転職支援サービスだという評判です。

さいごに

企業薬剤師の転職について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、企業薬剤師は「休みが取れ、様々な仕事の経験が積める」職場ですが、デメリットもあります。ポイントは「転職のメリット・デメリットを知る」「企業薬剤師に強い転職サイトに登録する」「自身の目的にあった転職サイトを活用する」の3点。これだけで満足いく転職可能性をぐっと高める事ができます。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

企業薬剤師の転職に強く、必ず登録しておくべき転職サイト3選

目的に応じて相談すべき転職サイト3選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket