誰でもわかる病院薬剤師の全て|仕事・年収・転職のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
病院 薬剤師

「病院薬剤師ってどんな仕事なのか?自分は病院薬剤師を目指すべきなのか?」と悩んでいませんか?

病院薬剤師はやりがいがあり大変人気が高い一方で、いくつかの種類や働き方があり、違いを認識していないと「思ったような働き方でなかった…」「忙しいばかりで、想像以上にブラックな環境だった…」と失敗する人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、病院薬剤師の働き方と転職についてご紹介します。

  1. 病院薬剤師とは
  2. 病院薬剤師の働き方の違いは「急性期」か「慢性期」か
  3. 病院薬剤師のやりがいと大変さ
  4. 病院薬剤師の年収
  5. 病院薬剤師への転職

このページを読めば、病院薬剤師について理解が進み、「自分にあった病院薬剤師としての働き方」「人気の病院薬剤師に転職するコツ」がわかるでしょう。

1. 病院薬剤師とは?

病院薬剤師とは、どんな仕事をする薬剤師なのでしょうか?

まず初めに、病院薬剤師の仕事についてご紹介します。病院薬剤師とは、ドラッグストアや薬局とは違って「病院内で働く薬剤師」のことを指します。

病院薬剤師の働き方は、大変多岐に及びます。というのも、最近の医薬品は効果の高い性質を持つ一方で、十分にその効能や役割を理解してしようしないと逆効果になってしまう医薬品が多くあります。患者の方々が安心して医薬品を使用することができるように、様々な業務に携わっているのです。

病院薬剤師の仕事は多岐に渡る

  • 調剤業務
  • 製剤業務
  • 注射調剤業務
  • 注射薬混合調剤業務
  • 医薬品情報業務
  • 治験業務
  • 病棟薬剤業務
  • 疑義照会
  • 専門薬剤師
  • 薬剤師外来
  • 外来科学療法
  • 救命救急業務
  • チーム医療

上記のような業務を通じて、患者さんに医薬品を有効かつ安全に使用していただくため、日々最新の知識と技術を学び研鑽している薬剤師、それが「病院薬剤師」です。

2. 病院薬剤師の働き方の違いは「急性期」か「慢性期」か

病院薬剤師の仕事は分かりました。では、病院によって仕事の違いはあるのでしょうか?

1章の通り、病院薬剤師の仕事は多岐に渡りますが、働く病院の種類は大きく分けると2通りです。シンプルですが「働き方が全く違う」ので注意してくださいね。

病院薬剤師の働き方

  • 急性期病院:症状の移り変わりが激しい患者の皆さんが入院する
  • 慢性期(療養型)病院:症状の落ち着いた患者の皆さんがに長期間入院する

2-1. 急性期病院

2-1-1. 急性期病院の働き方

急性期病院とは、怪我や急な病気・持病が急激に悪化した患者の方々に、手術や検査などの医療を行う病院です。そこで働く病院薬剤師には「高度で専門的な知識と経験」が求められます。

急性期病院の患者の方々は日々症状が変化するので、処方箋や投与すべき薬も日々変わります。当然ながら病状が夜中に急変する事もありますし、大事故や災害があった時には寝ずの仕事が続く事もあります。様々な年齢や病状の患者の方々に接する日々が続くでしょう。

上記のように、「厳しく大変な」急性期病院での仕事ですが、その分、病院薬剤師としての「やりがいと成長」に溢れている働き方と言えます。

2-1-2. 急性期病院の患者の方々

「年齢層の幅が広い」ことが急性期病院の特徴です。高齢者の方だけでなく若い20〜30代の方も多くいます。

多くの患者の方々の入院期間は「2週間程度」です。事故などで入院当初は意識が無かった患者さんでも、2週間後には元気に退院されるケースもあります。

2-1-3. 急性期病院に向いている人は?

何よりも、患者の方々への臨機応変な対応が求められるため、「プレッシャーに強くチャレンジングな人」が向いていると言えます。残業や突発的な仕事も増えるため、「ある程度の長期間労働」にも問題なく対応できる人が良いでしょう。

幅広い症状経験を積めるため「キャリア志向の強い人」にはうってつけの仕事です。患者の方々と長く接する訳ではないので、「患者一人ひとりより、病状の回復に集中したい人」に向いているでしょう。

2-2. 慢性期(療養型)病院

2-2-1. 慢性期病院の働き方

慢性期病院は、病状が急性期を脱しており、容態が安定している患者の方々に、継続的な治療と療養を提供する病院です。そこで働く薬剤師には「継続的な治療とホスピタリティ」が求められます。

慢性期病院の患者の方々は、容態は安定しているものの自宅療養は難しいという方がほとんどですので、ある程度決まった処方や薬を継続的に投与し続けることになります。急性期病院よりも比較的落ち着いた仕事が多く、毎日慌ただしいわけではありません。

9〜17時勤務といった「ワークライフバランス」を取った仕事が可能です。担当した患者さんを長く担当することになるので、治療だけでなく、日常のコミュニケーションも含めて薬剤師の仕事と言えるでしょう。

2-2-2. 慢性期病院の患者の方々

「年齢層の幅が狭い」ことが慢性期病院の特徴です。患者の方々のほとんどが高齢者になります。

多くの患者の方々は「長期的」に入院されています。高齢者になると、入院当初にかかっていた病気が治ったとしても別の病気が発症してしまい、結果的に長期入院されるケースがほとんどです。

2-2-3. 慢性期病院に向いている人は?

患者の方々への中長期に渡った対応が求められるため、「粘り強く着実に仕事を進めていく人」が向いています。基本的に残業は無く休日も安定的に取得できるため、「ワークライフバランス」を重視している方にはぴったりの職場です。

一方で、症状経験は多く積める訳ではないので「キャリア志向が強い人には向かない」と言えるでしょう。「病状回復に特化するより、患者一人ひとりに寄り添う薬剤師」を目指す人におすすめです。

3. 病院薬剤師の良さと大変さ

病院薬剤師の仕事や働き方は分かりました。実際に働こうとすると、どんな良さや大変さがあるのでしょうか?

病院薬剤師は、ドラッグストアや調剤薬局とは違う良さと大変さがあります。転職を検討される方は、しっかりと両面を見定めるようにしてくださいね。

病院薬剤師の良さTop3

  • 仕事のやりがい
  • 症例経験・知識
  • 社会貢献

病院薬剤師の大変さTop3

  • 給与が下がる
  • 当直や残業がある
  • 人間関係が大変

3-1. 病院薬剤師の良さ

3-1-1. 仕事のやりがい

病院薬剤師の良さは、何と言っても「仕事のやりがい」です。一般的に仕事のやりがいは、病院薬剤師>調剤薬局>ドラッグストアと言われています。

調剤薬局やドラッグストアと違い、病院薬剤師は医者や看護師とともにチーム医療に関わります。例えば「処方提案した薬が採用される」「投与した薬が効いている事が日々分かる」といった他で味わえない効力感があります。また「退院される患者の方々からお礼の言葉をもらう」といった感謝の言葉は、何にも勝るやりがいに繋がるでしょう。

仕事の大変さや、処方ミスに対する責任は大きいですが、目の前の患者の方々に貢献しているやりがいは随一です。

3-1-2. 症例経験・知識

2つ目の良さは、「症例経験・知識」を獲得できる事です。1章でもお伝えした通り、病院薬剤師の業務は多岐に渡り、注射調剤業務や救急救命外来といった患者の治療に直接的に関わる業務も多くあります。

一つのミスが重大医療事故に繋がり、患者の方々の病状を悪化させる事もあります。一朝一夕で獲得できるものではありませんが、数多くの症例経験を積むと同時に、幅広い薬剤師としての知識を獲得できるでしょう。

3-1-3. 社会貢献

3つ目の良さは、「社会貢献」です。病院薬剤師の仕事は病院内がほとんどですが、特に急性期病院では大規模な自然災害への対応も求められます。

地震や火事といった大規模な災害が発生した際には、全国から多くの薬剤師が医療チームの一員として派遣されます。現場では患者の方々の治療の他に、全国から届く救援物資の調達や配布といった業務もあります。「地域社会の復興に貢献する」という大きな役割使命が病院薬剤師にはあるのです。

3-2. 病院薬剤師の大変さ

3-2-1. 給与が下がる

病院薬剤師の大変さは、「給与が下がる」事です。残業や当直による手当てもありますが、総じて、病院薬剤師としての高年収は難しいと言えます。

調剤薬局やドラッグストアは採用人気が低いので、高い年収や住宅補助などの手当てを準備するケースが大半です。一方で病院経営は医者>看護師>薬剤師の順に採用の優先順位がつけられており、どうしても給与は福利厚生は低くなってしまいます。詳しくは4章でご説明します。

3-2-2. 当直や残業がある

2つ目の大変さは、「当直や残業がある」事です。特に急性期病院での大変さと言えるでしょう。

急性期病院はその性質上、急激に容態が変化した患者さんや事故にあった患者さんを受け入れるため、どうしても突発的な業務が多くなります。

夜中に発生するケースもありますので、当直業務や残業が多く発生してしまいます。ある程度ワークライフバランスを確保したい人は、慢性期病院をおすすめします。

3-2-3. 人間関係が大変

3つ目の大変さは、「人間関係」です。チーム医療という働き方は病院薬剤師の大きなメリットである一方で、人間関係に悩む方も一部いらっしゃるようです。

どこの世界にも「一緒に働きたくない人」はいますが、「地雷」と呼ばれるような医者や看護師に当たると、薬剤師業務でないところで大きなストレスを抱えてしまいます。

転職の際には医療現場での「医者・看護師の立ち振る舞い」にしっかり注意してください。

4. 病院薬剤師の年収

病院薬剤師だと給与が下がると聞くと心配です…。どのぐらいの違いがあるのでしょうか?

4章では、病院薬剤師の年収についてご紹介します。より詳しい情報が欲しい人は、「ひと目で分かる病院薬剤師の年収と年収アップのコツ2選」を参考にしてくださいね。

4-1. 薬剤師の年収ランキング

4-1-1. 初任給の違い

病院 … 初任給:月20万円~25万円 年収:300万円~350万円

製剤薬局 … 初任給:月22万円~30万円 年収:350万円~400万円

ドラッグストア … 初任給:月25万円~35万円 年収:350万円~450万円

製薬企業 … 初任給:月22万円前後 年収:300万円程度が相場

薬剤師の初任給は、「ドラッグストア>製剤薬局>製薬企業>病院」の順になっています。ドラッグストアの年収は、製剤薬局に比べて「薬剤師手当」が月5〜10万円程度支給されるため、割高となっています。

病院薬剤師としての初任給は低く、大学を卒業した新社会人にとっては、金銭面だとあまりメリットのない選択だと言えるでしょう。

4-1-2. その後の年収の違い

病院 … 年収:400万円~750万円

製剤薬局 … 年収:400万円~650万円

ドラッグストア … 年収:500万円~750万円

製薬企業 … 年収:600万円〜1,200万円

薬剤師の年収は、「製薬企業>ドラッグストア>病院>製剤薬局」の順になっています。製薬企業は他一般業界と比べても年種が高い事で有名で、長くキャリアを積んだり外資企業に転職したりすると、破格の年収を得る事も可能です。

病院薬剤師としての年収は、夜勤手当などを得る事によってある程度は保障されますが、ある程度キャリアを積んだ人にとっても金銭面で魅力的な職業とは言えないのが現状です。

4-2. 病院薬剤師の年収の上げ方

お伝えした通り、病院薬剤師の年収は低いと言えますが、年収をアップさせる方法が2つあります。ぜひ転職の参考にしてください。

4-2-1. 国公立病院薬剤師の空き枠に応募する

相対的に、民間病院より国公立病院は生涯年収が高くなる傾向にあります。よって、年収をあげる1つ目の方法は、国公立病院薬剤師への応募です。

しかし、国公立病院薬剤師は病院薬剤師の中でも特に「人気」かつ「新卒採用がほとんど」です。応募者の誰もが安定の公務員薬剤師になりたいと考えていますし、病院側も長く働いてもらいたいので新卒採用を重視した採用活動を行っています。

よって、公務員試験自体が大変狭き門ですし、仮に合格したとしても、国公立病院に配属されるとも限らず、「都道府県の保健所勤務」や「県庁での事務作業」といった薬剤師としてのキャリアが中断されるような配属もありえます。

年収をアップさせるため、仮に薬剤部長になりたいと思っても、病院の数自体が少ないため、極々稀なポストと言えるでしょう。

4-2-2. 地方で少規模な「穴場」民間病院を探す

国公立病院薬剤師へのチャレンジが難しいと感じる人におすすめなコースが、地方×小規模で年収のよい「穴場」民間病院を探す事です。病院薬剤師の年収が低い理由は「人気」ですが、その逆をいく選択を考えましょう。つまり、「地方」×「小規模」という不人気な民間病院を探すのです。

経営環境が厳しくなってきているとはいえ、老人人口が増える一方の日本において医療は成長産業だと言われています。小規模地方病院と言えども、10年程度での大幅なリストラや統廃合は考え難いでしょう。

ただし、民間病院のデメリットは「病院によって経営環境が大きく違う」点です。「月給は良かったが、残業代や福利厚生が全くない…」といったブラックな病院に転職する事のないよう、しっかり転職サイトなどの確認と、転職エージェントへの相談をおすすめします。

5. 病院薬剤師への転職

やっぱり、病院薬剤師の年収は低いのですね…。それでも病院薬剤師に転職したいと思います。人気が高いと聞きますが、何か方法はありませんか?

人気の高い病院薬剤師ですが、どうすれば希望に近い転職を実現する事ができるのでしょうか?

この章では、難易度の高い病院薬剤師への転職を実現するおすすめの転職サイトをご紹介します。より詳しい情報が欲しい人は、「人気の高い病院薬剤師!転職のコツと登録すべき転職サイト5選」を参考にしてくださいね。

病院薬剤師に転職するためのポイント

  • 病院薬剤師の募集は欠員補充がほとんど
  • 空きポストがあるかどうか転職サイトでの確認する際に大事な要素は「求人数の多さ」
  • 求人数の多い3社には全て登録しよう(完全無料)

5-1. エムスリーキャリア(薬キャリ) 病院薬剤師求人数:業界1位

エムスリーキャリア

『エムスリーキャリア(薬キャリ)』は、東証一部上場のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

薬剤師の転職求人数自体も大変多いのですが、病院薬剤師の求人数は業界トップ。病院とのコネクションが強く、突発的な求人や職場の細かい情報を得られるのも薬剤師さんから高い評判を得ている要素です。

病院薬剤師の欠員補充採用は、「求人を見つけられるか」が全て。『エムスリーキャリア(薬キャリ)』を登録しない手は無いといっていいでしょう。

5-2. ファルマスタッフ 病院薬剤師求人数:業界2位

ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』は東証一部上場の大手が運営する薬剤師転職支援サービスです。

元は調剤薬局を中心に扱っていたサイトですが、その後急速に成長し、病院薬剤師の求人数は業界No.2。ネームブランドのあるリクナビ・マイナビより多くの求人数を集めています。

『ファルマスタッフ』では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしているようです。そのため、求人情報の濃さは折り紙つきで、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、求人企業に不利な情報でもしっかりと求人に反映されています。

このようなしっかりとデメリット情報まで伝えるというファルマスタッフの姿勢は本当に薬剤師転職支援サービスだという評判です。

5-3. リクナビ薬剤師 病院薬剤師求人数:業界3位

リクナビ薬剤師

『リクナビ薬剤師』は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトで、高い評判と多くの転職実績があります。

キャリアアップ、給与アップなどを目的として転職はもちろん、自宅から30分以内の近い職場を希望する転職、週3勤務やブランク有転職、パートやアルバイトなどの高時給の転職まで幅広く求人を扱っています。

「企業」求人に強いと言われているリクナビですが、病院薬剤師の求人数も業界No.3。幅広く薬剤師求人業界から支持されている事がわかります。

さいごに

病院薬剤師について、仕事や働き方・年収や転職などのノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、病院薬剤師は人気が高い職場ですが、病院によって働き方は全く違います。また、やりがいやキャリアステップといった良さがある一方で、給与や当直といった大変さも多くあります。

ポイントは「メリット・デメリットをしっかり見極める」「転職する覚悟が決まったら、求人数の多い転職サイトに登録する」の2点です。これだけで病院薬剤師としての成長と転職可能性をぐっと高める事ができます。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

病院薬剤師の求人数が多く、必ず登録しておくべき転職サイト3選

※病院薬剤師として転職する際のポイント

病院薬剤師は大変やりがいのある働き方ですが、病院薬剤師として働いている限り年収の大幅アップは難易度が高いと言えます。高年収を狙った転職を検討される方は、薬剤師が高年収で転職するために必要な全知識を参考にしてください。

転職活動は、将来のキャリアや待遇などで悩み、すぐに決められるものではありません。しっかり考えた上で、次の一歩を踏み出してくださいね。

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket