派遣薬剤師の全メリット・デメリットと転職のポイントすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
薬剤師 派遣

「派遣としての薬剤師転職って、正直どうなんだろう?」と悩んでいませんか?

「派遣切り」という言葉が一時期流行したように、「派遣社員で働くと、ある日突然解雇されるのでは…」「正社員に比べて給料が低く、上がる可能性も無いのでは…」と不安に思う人はとても多いのです。

結論から申し上げますと、派遣薬剤師の条件は「条件はいいが、派遣企業によって待遇が様々」です。このページでは、転職コンサルタントとして数多くの薬剤師転職をアドバイスしてきた知見と経験をもとに、薬剤師派遣についてご紹介します。

  1. 薬剤師派遣、5つの人気の秘密
  2. 薬剤師派遣、2つのデメリット
  3. メリットデメリットを見極めて、2通りの働き方を選ぶべし
  4. 薬剤師派遣に強く、必ず登録しておくべき転職サイト3選
  5. 目的に応じて相談すべき転職サイト2選

このページを読めば、薬剤師派遣について理解が進み、「薬剤師派遣としての働き方」「薬剤師派遣に便利なサイト」がわかるでしょう。

1. 薬剤師派遣、5つの人気の秘密

新卒では正社員として就職しましたが、近々、薬剤師派遣として働こうと考えています。

私の元に相談にくる転職希望者でも、薬剤師派遣を希望される方が一定います。正社員と比べると「社会的地位が低い?」「不安定?」に感じる人も多い派遣という働き方ですが、なぜ人気になるのでしょうか?

もちろん、理由は人それぞれだと思いますが、代表的な人気の秘密をご紹介します。

派遣薬剤師、5つの人気の秘密

  • 勤務条件を選ぶ事ができる
  • 正社員以上に高給取りの場合も
  • サービス残業がない
  • 様々な職場を体験できる
  • 人間関係が煩わしければ転職できる

人気の秘密1. 「勤務条件を選ぶ事ができる」

何と言っても、子供の成長に併せて勤務条件を選ぶ事ができるのは嬉しいですね!

一つ目の理由は、「勤務条件を選ぶ事ができる」です。

特に調剤薬局に勤めている薬剤師の中には「ママさん薬剤師」も多くいるのですが、一様に聞くのは「子供の成長に併せて働く環境を変えたい」というご要望です。「小さい時は保育園から徒歩圏内、16時で必ず帰る事ができる職場」という働き方は、正社員だとなかなか難しいものです。

家庭と仕事のバランスを取って、その時々の自身のライフスタイルに合った働き方を選択する事ができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

人気の秘密2. 「正社員以上に高給取りの場合も」

派遣社員として働いてみたら、正社員の時より年収が上がってびっくりしました!

二つ目の理由は、「高年収」です。

一般の派遣社員だと時給2,500円が上限に近いと言われていますが、薬剤師派遣は2,500円以上が当たり前の相場になっています。中には時給4,000円の職場を紹介される事もあります。

仮に時給3,000円、一日8時間勤務、月20日として計算すると、年収576万円となります。薬剤師年収の平均が553万円ですので、薬剤師全体の平均年収以上の給料をもらう事も可能なのです。

人気の秘密3. 「サービス残業がない」

以前働いていた小規模の調剤薬局はサービス残業が当たり前だったのです…。

三つ目の理由は、「サービス残業がない」です。

「働いた分だけ対価を得たい」と感じる人は派遣社員を選ぶ事をおすすめします。実は知られていない派遣社員のメリットですが、派遣社員はタイムカードで勤務時間を管理しているおり、勤務時間に従って給料が支払われるのでサービス残業という概念がありません。

もちろん、タイムカードの時間通りに申請を通さない職場もあります。そのような職場に当たったら「ブラック」の可能性が高いので、派遣会社に伝えて変えてもらうようにしましょう。

人気の秘密4. 「様々な職場を体験できる」

3年ぐらいで職場を変えています。同じ職場だと飽きてしまうので、3年周期がちょうど良いのです!

四つ目の理由は、「様々な職場を体験できる」です。

「薬剤師としてのキャリア」を大切にされる人には理解できないかもしれませんが、実は「様々な職場を体験する」事を大きな魅力として派遣社員になる方は(特に女性に)多くいらっしゃいます。慢性期病院を経験した後に、門前調剤薬局に行き、OTCも経験したいからドラッグストアに転身するが、やはり調剤薬局が合っているなと感じ…、という具合です。

「飽き性」の方や、「人生一度きりだから、色んな働き方をしてみたい」と思う人には、打ってつけの働き方と言えるでしょう。

人気の秘密5. 「人間関係が煩わしければ転職できる」

職場の人間関係が良くない時に、勤務先を自由に変える事ができるのは大きなメリットですね!

五つ目の理由は、「人間関係が煩わしければ転職できる」です。

過去に職場の人間関係やトラブルなどで辛くなった人は、派遣社員としての働き方をおすすめします。正社員や契約社員として働くと人間関係が基本変わらず、職場でどうしても好きになれない人がいたとしても耐えるしかありません。

職場の人間関係に煩わしさを感じている人は、ぜひ派遣社員としての働き方を検討してみてください。

2. 薬剤師派遣への転職、2つのデメリット

薬剤師派遣を検討しているのですが、デメリットはありますか?

1章の通り、薬剤師派遣という働き方は多くのメリットがありますが、一方デメリットもありますので、全ての薬剤師におすすめする訳ではありません。

デメリットだと感じる理由は人それぞれだと思いますが、代表的な2つのケースをご紹介します。

派遣薬剤師、2つのデメリット

  • 働き続けたいと思っても職場が変わる事がある
  • 雇用条件が守られないケースも

デメリット1. 「働き続けたいと思っても職場が変わる事がある」

とても働きやすい職場でしたが、契約期間が切れたので次に移ることになりました…。

一つ目のデメリットは、「意思に反した職場変更」です。

このデメリットは、派遣社員としては仕方ない問題と言えるでしょう。派遣社員である以上、雇用契約は有限ですので期限が来れば契約は解除されてしまいます。どうしても働き続けたい場合は、派遣社員を辞めて正社員として応募する事も可能ですが、派遣先企業と派遣企業間でトラブルとなりがちです。

「働きやすい職場であれば、長く勤めたい」と思う人は、3章でご説明する通り「紹介予定派遣」がおすすめです。

デメリット2. 「雇用契約が守られない事も」

16時までと聞いていたのですが、18時勤務が常態化していました…。

二つ目のデメリットは、「雇用契約の問題」です。

1章で、派遣社員のメリットとして「勤務条件を選ぶ事ができる」事をあげましたが、現実としては雇用契約が守られないケースもあります。残業が伸びてしまう調剤薬局や、調剤業務と聞いていたのに在庫の確認や搬入作業ばかり手伝わされるドラッグストアなど。

あまりに酷い時は、派遣会社に相談しましょう。この時に大事な点は「派遣会社が、派遣先にしっかりと要望できるだけの力を持っているか」。力を持つには、ある程度大手の派遣会社がおすすめです。4章のおすすめ派遣会社を参考にしてください。

3. メリットデメリットを見極めて、2通りの働き方を選ぶべし

メリットだけでなくデメリットもあるのですね。薬剤師派遣で働く事を、どう決めれば良いのでしょう?

1・2章でお伝えした通り、薬剤師派遣は大きなメリット・魅力がある働き方と言えますが、デメリットもあります。

もし、デメリットを気にして薬剤師派遣としての働き方を決めきれない人は、ご安心ください。実は、あなたが希望する働き方が「魅力を重視したい」のか「デメリットを減らしたい」のかで、派遣の働き方を変える事ができるのです。

3章では、派遣社員としての2種類の働き方をご説明します。

3-1. 「勤務条件や職場を変える事ができるメリットを追求したいあなた」:派遣がおすすめ

通常の派遣薬剤師で働くというのは、調剤薬局やドラッグストアに雇われるわけではなく、「派遣会社」に登録・籍をおいて働く形式です。派遣会社から各薬局などに派遣され、日々の仕事は各薬局で行われます。正社員で無い働き方には派遣社員の他に「契約社員」という働き方がありますが、契約社員は各勤め先企業に籍が置かれます形式です。

「派遣会社に籍を置く」ので、社会保険や年金などの福利厚生は、派遣会社に準ずる事になります。

3-2. 「職場が変わってしまうデメリットを減らしたいあなた」:紹介予定派遣がおすすめ

紹介予定派遣という働き方は、派遣と同じく派遣会社に籍を置くのですが、一定期間派遣社員として働いた後に「本人」「派遣先会社」「派遣会社」の3者間で合意が取れれば、派遣先会社に就職ができる制度です。派遣期間は、半年〜1年程度です。

紹介予定派遣というのは「正社員になるまでのお見合い期間」と言えるでしょうか。「派遣社員で働いているが将来正社員になりたい」と思っている人にはうってつけの制度です。

4. 薬剤師派遣に強く、必ず登録しておくべき転職サイト3選

薬剤師派遣として働く事を決めました!それではどこの転職サイトに登録すると良いでしょうか?

はじめにお伝えした通り、薬剤師派遣は様々なメリットがある一方で「雇用契約が守られない」ケースがあります。ポイントは「雇用契約を守るように派遣先に要望できる力があるか」。以下、薬剤師派遣に強い転職サイトを3つピックアップしましたので、必ずすべて登録しておきましょう。

登録自体は3分程度です。もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

4-1. エムスリーキャリア(薬キャリ):「調剤薬局以外に、病院や企業薬剤師にも強いオールマイティ」

スクリーンショット 2016-02-23 22.33.57

『エムスリーキャリア(薬キャリ)』は、東証一部上場のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職支援サイトです。15年以上前から医療業界に特化したビジネスを行っていたこともあり、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。

その特徴は何と言ってもオールマイティさ。調剤薬局の転職求人自体も大変多いのですが(業界3位)、転職人気の高い病院薬剤師やドラッグストア・企業薬剤師など、様々な薬剤師転職に強いオールマイティな転職サイトです。病院とのコネクションが強く、業界や転職の裏事情にも強いと評判です。

また、何よりも「親会社が調剤薬局で無い」ことが一番のメリット。ほとんどの派遣薬剤師の勤め先は調剤薬局になりますが、特定薬局の求人を強くプッシュされる事もありません。

様々な仕事を経験してみたいという薬剤師派遣希望者は、『エムスリーキャリア(薬キャリ)』の転職コンサルタントに相談してみることをおすすめします。あなたに合ったの薬剤師求人を探す事ができますよ。

4-2. ファルマスタッフ:「派遣求人数:業界1位 高額求人も多い」

スクリーンショット 2016-03-13 12.20.17

『ファルマスタッフ』調剤薬局業界2位の日本調剤グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです。もともと、出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトですが、調剤薬局求人(業界1位)に留まらず薬剤師転職求人全体でも業界1位となっています。

そして何よりも、薬剤師派遣の求人数も業界1位です。業界トップだからこそ「好条件求人」が多く集まり、「派遣先への交渉」もしっかりと行える事は大きな魅力です。

『ファルマスタッフ』では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしているようです。そのため、求人情報の濃さは折り紙つきで、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、求人企業に不利な情報でもしっかりと求人に反映されています。

薬剤師派遣としての働き方を考えている人は、必ず登録しておく事をおすすめします。

4-3. アプロドットコム:「派遣求人数:業界2位 幅広い派遣求人を提供」

スクリーンショット 2016-03-13 12.27.10

『アプロドットコム』は1998年に設立された独立系の薬剤師転職支援サービスです。

『アプロドットコム』は独立系の薬剤師転職サービスとしてスタートしているので調剤薬局などの後ろ盾が無く、「転職希望者のニーズを徹底的に聞いて求人を探す」事をモットーに成長してきました。「XX駅の近くで」と要望があった時は、XX駅周辺の調剤薬局に全てコンタクトを取って求人を探す事を続け、今のような業界2位の派遣求人を誇る規模に成長しています。

独立系ですので、特定の求人を強くおすすめされる事もありません。今の職場に満足しておらず、フラットに次の働き方を考えている人は、必ず登録しておきましょう。

5. 目的に応じて相談すべき転職サイト2選

3選の転職サイトに全て登録しました。他に信頼できる薬剤師コンサルタントがいる転職サイトを教えて下さい。

「毎日転職サイトをみる事はできない!」という仕事で忙しい薬剤師の転職希望者は、転職コンサルタントに相談する事をおすすめします。その際に大事な要素は「様々な職場への派遣ができ」「高収入派遣に力を入れて」いるか。

以下、おすすめの転職サイトを2社ピックアップしましたので、自身の目的に応じて登録しましょう。登録自体は3分程度で、もちろん完全無料で費用等は一切かかりません。

5-1. ファルメイト:「高時給派遣に特化」

スクリーンショット 2016-03-13 12.52.05

『ファルメイト』は関東・関西圏に絞った派遣求人を行っており、「高時給派遣」に特化している珍しい転職サイトです。

関東エリアでは2,800円以上、関西エリアでは2,700円以上を最低保証しているため、派遣求人数自体は少ないのですが、「高時給で働きたい!」という派遣薬剤師の方には打ってつけと言えるでしょう。大都市での高時給派遣は数が少ないので、関東・関西エリアの薬剤師はぜひ『ファルメイト』への登録をおすすめします。

5-2. ヤクジョブ:「派遣求人数:業界3位 調剤薬局派遣に強み」

スクリーンショット 2016-02-23 22.53.31

『ヤクジョブ』大手調剤薬局のさくら薬局グループ会社が運営する薬剤師転職支援サービスです。

もともと出身母体である調剤薬局を中心に扱っていたサイトで、調剤薬局求人(業界2位)・調剤併設ドラッグストア求人(業界2位)が強みですが、派遣薬剤師求人も堂々の業界3位です。

『ヤクジョブ』はファルマスタッフ・アプロドットコムに比べると求人数は減るのですが、調剤薬局・調剤併設ドラッグストアへの派遣に強みを持っていると言えるでしょう。現時点で調剤薬局などで働いている薬剤師の方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

さいごに

薬剤師派遣の働き方について、コツやノウハウをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お伝えした通り、薬剤師派遣は「働き方を選べ、高収入も可能」な職場とメリットばかりのようですが、デメリットもあります。ポイントは「派遣先に要望できる力のある派遣会社を選ぶ」「薬剤師派遣に強い転職サイトに登録する」「自身の目的にあった転職サイトを活用する」の3点。これだけで満足いく転職可能性をぐっと高める事ができます。ぜひ、転職成功に向けてトライしてみる事をおすすめします!

薬剤師派遣に強く、必ず登録しておくべき転職サイト3選

目的に応じて相談すべき転職サイト3選

あなたが最高の転職をできることを陰ながら祈っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket