転職のプロが解説!パソナキャリアの特徴・サービスまとめ

「パソナキャリアはどんな転職エージェントなの?」と、パソナキャリアの特徴について気になっていませんか?

パソナキャリア』を利用する転職活動者は多いですが、一社だけ転職エージェントを利用するだけのリスクも知っておかないと転職活動が上手くいかない場合もあるので注意が必要です。

このページでは、大手の転職エージェントを経て企業で中途採用を担当している私が、パソナキャリアについて下記5点を解説します。

  1. パソナキャリアの4つの特徴
  2. パソナキャリアの唯一の弱点
  3. パソナキャリアの利用法まとめ
  4. パソナキャリア以外のおすすめ転職エージェント
  5. パソナキャリアに関するQ&A

これを読めば、パソナキャリアに申し込むべきか分かるので、ぜひご覧ください。

1. パソナキャリアの4つの特徴

パソナキャリアは大手人材派遣会社「パソナ」の社内カンパニーで、2007年、パソナキャリアアセットとパソナキャレントが合併して始まりました。

パソナキャリアには次の4つの特徴があります。

  1. 3人に2人が年収アップを実現している
  2. 求人の質が良い
  3. アドバイザーの対応が親身
  4. 女性のフォローが手厚い

それぞれ紹介していきます。

特徴① 3人に2人が年収アップを実現している

パソナキャリアで転職した人の67.1%が収入アップを実現しています。

これは転職成功者の3人に2人以上が年収を増やしたということであり、他の転職エージェントと比べても目覚ましい成果と言えるでしょう。

転職で年収がどうなるか気にならない人は、ほとんどいないでしょう。

「年収をアップさせたい」と思うなら、パソナキャリアはおすすめです。

口コミ・評判

D さん(20代・食品・380万円)
評価:★★★★☆4
パソナキャリアを利用して転職しましたが、大体40万円近く年収がアップしました。
それに、以前は有給も使えないブラックな感じでしたが、現在は福利厚生が充実していて、休みを取ることができるので満足しています。

特徴②  求人の質が良い

パソナキャリアは求人数の点ではリクルートエージェントやdodaに劣りますが、求人の質は優れていると評判です。

パソナは親会社が人材派遣会社であるということもあり、さまざまま企業の人事部と太いパイプがあり、質の良い求人を扱うことができるのです。

パソナキャリアは公開求人が36,000件ほどありますが、これは全求人の20%程度で、80%は非公開求人です。

パソナキャリアで特に割合が多いのは次の業界です。

  1. ソフトウェア、通信・・・18.7%
  2. 医療関連・・・13.8%
  3. 流通、外食、サービス・・・11.4%
  4. インターネット全般・・・10.8%
  5. 電気、電子、半導体・・・11.1%

他にもあらゆる業界の求人があるので、自分の行きたい業界の求人が無いということは無いはずです。

特徴③ アドバイザーの対応が親身

パソナキャリアは、転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーの対応が丁寧・親身であると好評です。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは次のようなことをしてくれます。

  • 面接指導
  • 職務履歴書の添削
  • 転職ガイド冊子の配布
  • 円満退職に向けたアドバイス
  • 入社後の悩み相談

面接対策から入社後のアフターフォローまで全てやってくれます。

これらは他の転職エージェントも行っていますが、一番評判の良いのがパソナキャリアです。

パソナキャリアは「利より信」というクレド(信条)で活動していますが、それが見事にサービスに結実していると言えるでしょう。

特徴④ 女性のフォローが手厚い

パソナキャリアは、「ウーマンキャリア」という女性向き転職支援サイトを作るなど、女性の転職支援に力を入れています。

パソナキャリアでは人材企業としては珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性で、社内外を含めて女性活躍に真剣に取り組んでいます。

希望すれば女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能なので、女性のキャリアアドバイザーに相談したい人におすすめです。

2. パソナキャリアはどんな人におすすめ?

1章で紹介した特徴を元に考えると、マイナビエージェントは次のような方におすすめです。

  • 年収アップにこだわりたい人
  • 親身な対応をしてほしい人
  • 転職を検討している女性

転職エージェントは職歴と年齢が見合っていなかったり、転職が多すぎたりすると紹介を断られる場合があります。

しかし、断れられる基準は分かりませんので、まずは試しに登録してみることをおすすめします。

パソナキャリアを使って転職した人の口コミを紹介するので、これから申し込む人は参考にしてください。

パソナキャリア利用者の口コミ

口コミ・評判

マーケティング・20代前半・男性・年収300万台
総合評価:★★★★★5

第二新卒としての転職で不安でしたが、面談のアドバイスや、職務経歴書の添削、先方との条件のすり合わせなど全てにおいて細やかにサポートしてくださいました。

営業さんと、そのアシスタントさんとの連携もしっかりしているので、どちらに質問してもしっかりとした答えが返ってくるので、安心して任せることが出来ました。

口コミ・評判

経理・20代後半・女性・年収300万台
総合評価:★★★★☆4

求人の量については他にもっとたくさん取り扱いがあるエージェントサービスもありましたが、パソナキャリアは質が良いように感じました。

大手企業や福利厚生がよい優良中小企業が多かったように思えます。

口コミ・評判

営業・20代後半・男性・年収300万台
総合評価:★★★★★5

はじめての転職で不安でしたが、求人探しから職務経歴書の書き方、面接対策、内定後の交渉まで親身に対応してくれたことを感謝しています。

他にも複数のエージェントを利用しましたが、個人的には一番安心して気持よく転職活動をできたのはパソナキャリアかなと思います。

口コミ・評判

営業・20代後半・男性・年収500万台
総合評価:★★★★☆4

よかった点は、キャリアカウンセラーによる非公開求人の質です。他の転職エージェントも利用しましたが、最も質が良かったです。

具体的には、大手が多いところ、年収や福利厚生面ですぐれている会社が多いところが特によかったです。

悪かった点は、紹介される求人の数が他の転職エージェントに比べ少なめなところです。

口コミ・評判

営業・20代後半・女性・年収400万台
総合評価:★★★★★5

超がつくほど親身な対応をしてくれました。

アドバイスも的を得ていて、細かく丁寧でした。

求人も自分の求めていた条件を汲んでしっかりと見つけてくれましたし、面接対策もしっかりとしてくれました。

こういうのは担当のコンサルタント次第かと思いましたが、周りの友人もパソナで転職を決めており、評判もいいので全体としてレベルが高いのかと思います。

パソナキャリアの口コミをもっと知りたい方は、こちらのページ「パソナキャリアは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」をご覧ください。

3. パソナキャリアの利用法まとめ

パソナキャリアに登録してからは以下のような流れになります。

ステップごとに紹介していきます。

Step 1. 登録する

パソナキャリアの公式ページから登録を行います。

登録の際は次のことを入力します。

メールアドレス・名前・生年月日・性別・住所・電話番号・最終学歴
直近の勤務会社名・現職の入社年月・転職の経験・
主な経験業種・直近の職務内容・現在の年収・希望年収・希望勤務地

大体5分程度で完了します。

履歴書と職務経歴書がある場合、アップロードすると入力が簡単になります。

Step 2. 連絡が来る

登録が終わると1週間以内に面接担当の方から連絡があり、面談の日程を決めます。

パソナキャリアの面談は、東京、大阪、名古屋、静岡、広島、福岡で行われ、時間は、平日10:00~21:00、土曜日10:00~18:00となっています。

遠隔地で行けない場合は電話でも可能です。

職務経歴書の書き方について迷うことがある方は、こちらのページ「【完全版】プロが教える抜群に好印象な職務経歴書の書き方」をご覧ください。

Step 3. 面談を行う

面談は私服でもOKですが、サンダル、ダメージジーンズといったあまりにラフな格好は避けるようにしてください。

当日は、履歴書・職務経歴書を持っていくと書き方のアドバイスをもらえるなど役に立つはずです。

初回面談での話題で多いのは下記のようなテーマです。

  • あなたのキャリアの棚卸
  • PRポイントの整理
  • 転職するべきかどうか
  • 転職するとしたらどのような企業に内定をもらえそうか
  • どのように職務経歴書を書いたら通過しやすくなるか
  • 転職についての要望の深堀

キャリアカウンセリングで気づくことも多く、なるべく多くのキャリアアドバイザーに意見をもらえば、考えがまとまっていき後悔ない転職をすることができるでしょう。

Step 4. 求人紹介を受ける

面談が終わったら、あなたの希望に合いそうな求人をいくつか紹介してもらいます。

数十件も紹介される場合もあり、エントリーを急かされる場合もありますが、後悔しないようにじっくり精査しましょう。

1つもエントリーしないで無反応でいると、紹介されなくなってしまう場合もありますから、「もう少し年収が高めの求人がほしい」というように希望を伝えるようにしましょう。

Step 5. 職務経歴書の添削

職務経歴書や履歴書といった選考書類を添削してもらいます。

場合によってはこのためだけに面談を設定してくれたり、何度も書き直しを行います。

最高の職務経歴書をパソナキャリアと一緒に作り上げましょう。

Step 6. 応募する

選考書類が完成したら、パソナキャリアが最後に推薦文を添えて企業に応募します。

自分ではなかなか伝えられないあなたの魅力を、パソナキャリアが企業に営業してくれます。

転職サイトを使って自力で応募すると、推薦文はもちろん誰も書いてくれませんし、企業への手続きも全部自分でしなければならないため、それに比べるとエージェント経由は有利です。

Step 7. 面接対策を受ける

応募している企業の面接担当者がどのような質問をして、どのようなタイプの方を好むのか、今持っているスキルのなかで何をPRするべきなのかといったポイントのアドバイスを貰います。

あなたが希望すれば模擬面接を実施してもらえるケースも多いです。

Step 8. 企業との面接を行う

面接の日時設定はパソナキャリアが全て行ってくれます。

対策してもらったことをフル活用して、力を出し切りましょう。

面接に落ちてしまった場合には、多くの場合、パソナキャリアが人事担当者からフィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

Step 9. 内定と退職サポート

内定が出た後は、パソナキャリアが給料交渉や入社日の調整を責任を持って行ってくれます。

また、退職手続きについて不安な場合も、上司にどのように報告するかなど大手エージェントならノウハウを持っているので、迷うなら相談してみることをおすすめします。

4. パソナキャリア以外のおすすめ転職エージェント

パソナキャリアの特徴について紹介してきましたが、他の転職エージェントも合わせて登録することがおすすめです。

なぜ他のエージェントも登録した方が良いのか、また、おすすめの転職エージェントについて紹介します。

4-1. パソナキャリア以外も利用するべき2つの理由

パソナキャリア以外にも登録した方が良い理由は2つあります。

  1. 担当のキャリアアドバイザーが合わない場合があるから
  2. 独占案件をカバーできるから

それぞれ簡単に紹介します。

理由①  担当のキャリアアドバイザーが合わない場合があるから

パソナキャリアにはキャリアアドバイザーが何人もおり、担当になった人がイマイチであったり、自分に合わない場合があります。

担当を変えることをお願いすることはできますが、業界や職種、地域等により変更が難しい場合があります。

複数の転職エージェントのスタッフと会ってみて、自分にマッチした人を探すのがベストです。

理由② 独占案件をカバーできるから

それぞれの転職エージェントには、そのエージェントでしか取り扱っていない「独占案件」が存在しているため、複数利用することでより多くの案件に応募することができます。

パソナキャリアは求人の質は良いと言われていますが、数は多くありません。

複数の転職エージェントに登録して、最良の求人を見つけられるようにしましょう。

4-2. パソナキャリア以外のおすすめ転職エージェントまとめ

転職エージェントは、大きく2つに分かれます。

  • 総合転職エージェント・・・あらゆる業界を扱う転職エージェント
  • 特化型転職エージェント・・・特定の業界のみを扱う転職エージェント

パソナキャリアは総合転職エージェントです。

それぞれおすすめを紹介するので、自分に合っていそうな所を2~3社チェックしてみてください。

おすすめの総合転職エージェント

パソナキャリア以外でおすすめなのが次の3社です。

  1. doda・・・一番おすすめの転職エージェント
  2. マイナビエージェント・・・20代の求職者におすすめの転職エージェント
  3. リクルートエージェント・・・求人数が一番多い転職エージェント

クリックすると、公式サイトへリンクします。

この3社は、私が500人の口コミをチェックした最もおすすめの転職エージェントです。

それぞれ紹介しますが、特におすすめなのがdodaで、迷うならパソナキャリアと合わせてここに登録することがおすすめです。

転職エージェントの比較ランキングについて詳しく知りたい方は、こちらのページ「転職エージェントおすすめランキング|500人の評判比較!」をご覧ください。

doda

doda

doda』はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する国内最大手の転職エージェントです。

求人の質、サポート、提案力など、バランスに優れた転職エージェントで、転職エージェントランキングで最良として評価されました。

口コミを調査した限り、担当者の当たり外れが少ないので、あなたの希望に合わせた転職活動サポートをしてくれるはずです。

doda公式サイト:

https://doda.jp/

注:『doda』の詳しい評判については、「dodaは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」でご紹介しています。

マイナビエージェント

マイナビエージェント』はリクルートに対する対抗意識が強く、中小企業を中心に猛烈な勢いで求人数を増やしているとても勢いのあるエージェントです。

担当者によって当たりはずれがありますが、良い担当者に当たれば、あなたのことをしっかり分析した上での求人紹介をしてくれるなど、手厚いサポートが期待できます。

また、特徴として第二新卒や20代の案件が多いことから、キャリアをスタートさせたばかりの若手の方は登録してみることをおすすめします。

マイナビエージェント公式サイト:

https://mynavi-agent.jp/

※注『マイナビエージェント』の詳しい評判については、「マイナビエージェントは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」でご紹介しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。

求人の数は業界トップレベルなので、キャリアに自信がなくても問題なく求人を探すことができます。

Uターン転職や、第2新卒、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントで断られるような場合も、リクルートエージェントであれば案件が見つかるとの口コミが見受けられました

キャリアに自信がない方も登録をしておけば、求人の選択肢がグッと増えます。

リクルートエージェント公式サイト:

https://www.r-agent.com/

注:『リクルートエージェント』の詳しい評判については、「リクルートエージェントは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」でご紹介しています。

おすすめの特化型転職エージェント

特化型の紹介をまとめたのが下の表です。

自分に合ったものをチェックしてみてください。

 おすすめエージェント業界別解説サイト
IT・WebワークポートIT人材におすすめな転職エージェント目的別8選と活用法
海外JACリクルートメント海外就職でも困らない!目的・国別の転職エージェント20選
外資JACリクルートメント外資転職でキャリアアップ!おすすめ転職エージェント12選
アパレルクリーデンスアパレル業界の転職で使う価値あるエージェント4選と活用法
第2新卒ハタラクティブ第二新卒でキャリアアップするための転職エージェント13選
女性リブズキャリア女性の気持ちをわかってくれる転職エージェント4選と活用法
管理職エグゼクティブJACリクルートメントプロが教えるエグゼクティブが使うべき転職エージェント4選
看護師薬キャリ薬剤師のための転職エージェント全知識|1から理解し徹底活用!
薬剤師看護のお仕事看護師さん723人のリアルな口コミでわかった転職サイトの全知識

※名前をクリックすると公式ページにリンクします。詳しく知りたい方は、解説サイトをご覧ください。

JACリクルートメントは業界特化型エージェントというわけではないですが、「海外」「外資」「管理職」の転職では明らかにトップエージェントで圧倒的な実績をもっているため、ここで紹介します。

JACリクルートメントは基本的にハイキャリア向けの転職エージェントですので、現時点でご自身のキャリアに自信がある方や転職を意欲的に検討されている方にはおすすめですが、そうでない方は他社をおすすめします。

5. パソナキャリアに関するQ&A

パソナキャリアについてよくある疑問をQ&A形式にしてまとめました。

  1. パソナキャリアはどの年齢層に強いですか?
  2. パソナキャリアに断られる場合はありますか?
  3. パソナキャリアの弱点は何ですか?
  4. パソナキャリアはどこで面談を受けることになりますか?
  5. 電話で面談しても良いですか?

それぞれ紹介します。

5-1. パソナキャリアはどの年齢層に強いですか?

パソナキャリアの利用者の年齢層は次のようになっています。

  • 20~25歳:15.0%
  • 26~30歳:31.6%
  • 31~35歳:25.2%
  • 36~40歳:13.2%
  • 41~:15.0%

20〜35歳で7割を占めているので、若年層に強いと言えるでしょう。

5-2. パソナキャリアに断られる場合はありますか?

次のような条件に当てはまる場合、仕事を紹介してもらえない場合があります。

  • 年齢と職務経歴が見合っていない
  • 中卒で職歴なし
  • 転職回数が多すぎる

断られた場合は、『doda』など他の転職エージェントに申し込むなどしてみましょう。

5-3. パソナキャリアの弱点は何ですか?

パソナキャリアには、次のデメリットがあります。

  • 求人件数が少ない
  • 高度な専門性に対するアドバイス力は弱い

他の大手転職エージェントと比べると若干求人件数が少ないです。

また、パソナキャリアはキャリアアドバイザーが専門領域を持っているのですが、それでも中には専門性に欠けたエージェントがいるようです。

どうしても信用できないなら、他のキャリアアドバイザーに代えてもらうようにしましょう。

5-4. パソナキャリアはどこで面談を受けることになりますか?

対面の面談は、パソナキャリア本社・支社で行われます。

現在、パソナキャリアは16拠点で、下記のいずれかの場所で受けることになります。

場所住所最寄駅
東京
(本部)
東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階東京駅より徒歩3分
東京
(新丸の内ビルディング)
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング14F東京駅より徒歩約1分
大阪支店大阪府大阪市中央区淡路町4-2-15 パソナグループビル5F 本町駅より徒歩4分
名古屋支店愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング10F栄駅 より徒歩6分
静岡支店静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡4F静岡駅より徒歩3分
広島支店広島県広島市中区本通7-19 広島ダイヤモンドビル7F本通駅より徒歩1分
福岡支店福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル13F 天神駅より徒歩5分

行けないという場合は、電話での対談という形になります。

5-5. 電話で面談しても良いですか?

電話でも面談を受けることはできますが、次のようなデメリットがあります。

  • スタッフの顔が見えず、信頼できるか不明
  • 電話では事実確認にとどまり、深いアドバイスはもらえない
  • 就職への熱意を伝えるのが難しい

対面の面談を受けた人の方が、電話で受けた人よりも大事に扱ってくれるそうです。

どうしても行けない場合に限り、電話面談にするようにしましょう。

6. さいごに

パソナキャリアの特徴について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

パソナキャリアは3人に2人が年収アップを実現しているなど、年収にこだわって転職したい方、また、手厚いエージェントサービスを期待する方におすすめです。

ただし、求人件数は他の転職エージェントよりも少ないので、『doda』や『リクルートエージェント』などを合わせて登録すると良いでしょう。

このページが、読者の皆様の転職にお役に立てることをお祈りします。

パソナキャリア公式サイト:

無料登録はこちらからできます。

http://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの詳しい口コミを知りたい方は、「パソナキャリアは利用すべき?500人の評判とその真偽を検証した結果」をご覧ください。

あなたの転職エージェントの感想を教えてください

当サイトでは、皆さんの転職エージェントの評価・感想を募集しております。

下記のリンク先のページから、感想をご入力いただければ幸いです。ご協力お願いいたします。

評判を投稿する