全額免除もできる!誰でも使える退職時の年金の全知識

退職 年金

「退職後の年金ってどうすれば良いのか」「退職後無職だから年金を払う余裕が無い」など、退職が決まっても年金に関する悩みって尽きませんよね。

本ページでは、仕事にブランクがあり当該期間年金の納付を免除された経験を持つ筆者が、自身の経験を元に退職後の年金の概要・手続きから免除の方法までを下記の流れでご紹介いたします。

  1. 退職後の年金:3つのパターン
  2. 年金の手続き:3つのパターン
  3. 年金の手続きでの注意すべき2つの事例と解決策
  4. 退職(失業)特例免除の活用方法

このページを読んで頂ければ、退職後の年金に関して必要な知識を全て習得して頂けます。

また、制度を最大限活用頂く事で、自己都合退職であっても全額免除を受けることも可能です。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

退職願・退職届の折り方|丁寧な図解付きで誰でもできる!

「退職願・退職届ってどうやって折れば良いんだろう・・・。」

いざ退職願・退職届を書いた後にもそんな疑問って残りますよね。本ページでは、転職を重ね、過去2社に対して退職願と退職届を提出してきた筆者が好感を与える折り方を解説します。

本ページでは下記の流れで、退職願、退職届の折り方のみにフォーカスしてご紹介していきます。

  1. 退職願/退職届は3回もしくは4回折るべき
  2. 3つ折のときの折り方
  3. 4つ折のときの折り方

折り方の解説には全てイラストを付けました。そのため、本ページを読んで頂くと誰でも間違いの無い退職願/退職届の折り方を実践できます。

きちんと配慮をする事で、会社に良い印象を与え、円満退社に近づけましょう。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

退職前の有給消化|確実に取得して有意義に使うための全知識

退職 有給消化

「退職するのに会社が有給を取らせてくれない」「退職前の有休消化って何してればいいんだろう」など、いざ退職が決まっても有休消化に関する疑問がつきまといますよね。

本ページでは、退職者の有給取得を認めない、少しブラックな企業から有給を勝ち取った経験を持つ筆者が、退職前の有給取得で大切と感じた事を中心に下記の流れで有給取得の全てのポイントをご紹介いたします。

また、せっかく取得した有休をどう使うのが有意義なのかもご紹介いたします。

  1. 確実に退職前の有給休暇を取るための5つのステップ
  2. 会社からよくある妨害への4つの対処法と最終手段
  3. 退職前に消化する有給 3つの豆知識
  4. 有給を有効活用するための過ごし方

あなたにはぜひこの記事を読んで、私のようにしっかりと有給を取った上で有意義な有給ライフを過ごしていただければと思います。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

例文に頼りすぎはNG!職務経歴書の志望動機の正しい書き方

職務経歴書 志望動機 例文

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「志望動機」の書き方に悩んで「例文」を探していませんか?

多くのWebサイトに例文が掲載されていますが、例文に頼りすぎる事は逆効果です。例文を転用したり、正しい書き方を守らなかったりして、「採用担当者が例文転用を見破って、書類選考で落ちてしまった…」「志望動機を面接で掘り下げて聞かれ、しっかり考えていない事が露呈してしまった…」と失敗した人はとても多いのです。

しかし、職務経歴書における志望動機の書き方には、「順を追って考えると、必ずいい志望動機が書けるステップ」があります。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、本質的な「合格する」志望動機の書き方をご紹介します。

  1. 例文は探すな!志望動機を例文に頼る事がNGな3つの理由
  2. 志望動機の正しい書き方3ステップ
  3. 「経歴別」志望動機例文6選
  4. 「職務別」志望動機例文5選

このページを読めば、あなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

職務経歴書で最適な枚数とは?正しい理由と4つのポイント

職務経歴書 枚数

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「何枚書けばいいの?」と枚数で悩んでいませんか?

「どの程度の分量が適切なのか」と質問される応募者を見かけますが、誤った分量の職務経歴書を出してしまった事で、「採用担当者に読んでもらえず、書類選考で落ちてしまった…」と失敗される人をたびたび見かけます。

私が多くの採用担当者と会話する中で、職務経歴書は「2枚」が最適である事が分かりました。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、以下の2つのことをご紹介します。

  1. 職務経歴書を必ず「2枚」で書くべき3つの理由
  2. 2枚で書くために押さえるべき4つのポイント

このページを読めば、あなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

職務経歴書は手書きかPCか?正しい判断基準と書き方のコツ

職務経歴書 手書き

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「手書き」か「PCで書く」か悩んでいませんか?

「手書きなのかPCなのか」と質問される応募者を見かけますが、間違えて職務経歴書を出してしまった事で、「採用担当者に読んでもらえず、書類選考で落ちてしまった…」と失敗される人をたびたび見かけます。

私が多くの採用担当者と会話する中で、「手書きかPCか」1つとっても、職務経歴書には「コツ」がある事がわかりました。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、以下をわかりやすくご紹介します。

  1. 手書きかPCか、人事はどちらを評価する?
  2. 職務経歴書をPCで書く3つの理由
  3. 職務経歴書を手書きで書くだけで落とされる2つのケース

このページを読めば、あなたはどんな場合でも、「手書き」か「PC」どちらを選択すべきか自信をもって判断できるようになります。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

キャリアカーバー3つの特徴と最大限活用するための全知識

転職を検討しているけど、リクルートが運営する『キャリアカーバー』(Career Carver)って他の転職エージェントと何が違うの?と思っていませんか。

『キャリアカーバー』は既存の転職エージェントとは全く異なる性質を持っており、登録されている約600名のコンサルタントのデータベースから担当者を指名することができるサービスで、ハイキャリア層にとってはメリットのあるサービスです。

他社で起きがちな、担当コンサルタントとの性格的なミスマッチや転職希望業界に詳しくなかったりといったトラブルを避けることができ、転職活動をより効率的に進めることができます。

活用できれば非常に強いのですが、ハイキャリア層の転職は1度転職に失敗すると積み上げてきたものが崩れるリスクが高いですから慎重に使うべきです。

このページでは、『キャリアカーバー』を最大限活用するために、現役人事コンサルタントの経験と、現職社員・利用者へのヒアリングから下記4点をお伝えします。

  1. 『キャリアカーバー』3つの特徴
  2. 失敗しないために把握しておくべきデメリット
  3. 絶対にやってはならない3つの行動
  4. 最も効果的な登録の方法

全て読めば、『キャリアカーバー』をあなたが使うべきかどうかがわかり、また利用する場合は最善の手段をお伝えしますので、転職の成功に一歩近づくことでしょう!

続きを読む

JACリクルートメントに登録すべき人と効果的に使う全手順

JACリクルートメント

転職を検討しているけど、『JACリクルートメント』って実際どうなのか、転職成功のための役に立つのか気になっていませんか。

『JACリクルートメント』は賛否が分かれており、「全く案件を紹介してくれなかった」「画一的なサポートでドライだった」と言われる一方、「最高の条件で転職できた」「サポートが他社と比べて圧倒的に手厚かった」などポジティブな意見も多く見られます。

では実際にどうかと言うと、市場価値の高い応募者には最高の転職エージェントです。逆をいえば転職市場価値が弱い応募者はドライに対応されてしまう傾向はあるようです。

このページでは、あなたが『JACリクルートメント』を最大限活用するために、現役人事コンサルタントの経験と、現職社員へのヒアリングから下記5点をお伝えします。

  1. 『JACリクルートメント』がおすすめな人の5つの条件
  2. 他社と比べた『JACリクルートメント』の長所・短所
  3. 担当者に優先的に優良案件を紹介してもらう3つのコツ
  4. 絶対にやってはならない3つの行動
  5. 最も効果的な登録の仕方から、退会の方法まで

全て読めば、『JACリクルートメント』をフル活用する方法がわかり、転職の成功に一歩近づくことでしょう!

続きを読む

例文に頼ると逆効果!職務経歴書の自己PRの正しい書き方

職務経歴書 自己PR 例文

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「自己PR」の書き方に悩んで「例文」を探していませんか?

多くのWebサイトに例文が掲載されていますが、例文に頼りすぎる事は逆効果です。例文を転用したり、正しい書き方を守らなかったりして、「採用担当者が例文転用を見破って、書類選考で落ちてしまった…」「自己PRを面接で掘り下げて聞かれ、しっかり考えていない事が露呈してしまった…」と失敗した人はとても多いのです。

しかし、職務経歴書における自己PRの書き方には、「順を追って考えると、必ずいい自己PRが書けるステップ」があります。このページでは、転職コンサルタントとして多くの転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、本質的な「合格する」自己PRの書き方をご紹介します。

  1. 例文は探すな!自己PRを例文に頼る事がNGな3つの理由
  2. 自己PRの正しい書き方2ステップ
  3. 「経歴別」自己PR例文6選
  4. 「職務別」自己PR例文5選

このページを読めば、あなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む

転職成功する職務経歴書の自己PR|誰でも書ける6ステップ

職務経歴書 自己PR

転職活動を始めるため職務経歴書を書こうとして、「自己PR」の書き方を探していませんか?

一言で自己PRといっても、「自分の何を強みにして自己PRすればいいか分からない…」「第二新卒での転職って、どう自己PR書けばいいの…?」と悩んでいる人はとても多いのです。

しかし、職務経歴書における自己PRの書き方には、自分がどんな経歴であっても「順を追って考えると、必ずいい自己PRが書けるステップ」があることを長年、転職コンサルタントとして多くの方の職務経歴書を添削していくなかで見つけました。

このページでは、「合格する」自己PRの書き方を具体的で丁寧な6ステップでノウハウは一切隠さずご紹介します。

  1. 人事のアタマの中を知る2観点(経歴/職種)
  2. PRする強みを1つ選ぶ
  3. フレームワークで自己PRの書き方を学ぶ
  4. 「受かる」自己PRの鉄則3選
  5. 「落ちない」自己PRの鉄則3選
  6. 年齢別、自己PRの注意点(20代/30代/40代)

全て読んで実践していただけば、あなたの職務履歴書はグッと良くなり、転職成功への道が開けるでしょう。

<2019年2月:最新情報>

2月は、転職活動を開始するには最高のタイミングです。多くの企業が4月に向けた募集を開始し、この時期にしか出てこない貴重な求人もあります。

一方で2月からは転職市場の繁忙期に入り、多くの求職者が動き始め、人気の求人には応募が殺到します。良い求人を確実に手に入れるには、可能な限り早いタイミングで転職活動を開始すべきです。

そのため、以下の簡単なステップで早めに転職を開始しましょう。

  1. このページを見ながら、複数の転職サイト(『マイナビエージェント』『doda』など)に登録する
  2. それぞれのエージェントから連絡が来たら、面談または電話で簡単に状況を伝えアドバイスをもらう
  3. 一番相性の良さそうな担当者だったところで、本格的にサポートを受ける

※2月は全体的に求職者数が増えるため、転職エージェントの担当者は、より多くの人のサポートを行います。登録後、転職エージェントからの連絡に応じることが重要です。そうすることで、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が劇的に上がり、転職活動を円滑に進められるでしょう。


続きを読む