退職願・退職届の全知識|円満退職に近づく考え方と書き方

退職届 書き方

「退職願や退職届、辞表ってどれを書けばいいんだろう」「退職願と退職届それぞれの書き方がわからない」など、退職願や退職届で悩んでいませんか。

本ページでは、過去に2社の企業に対して退職届を提出してきた経験を持つ筆者が、退職願・退職届の違いからそれぞれの書き方まで以下の流れでご紹介します。

  1. 退職願・退職届・辞表の違いと、正しい選択2つのポイント
  2. 正しい道具選び 恥をかかない3つのポイント
  3. 円満退社に向けた退職願・退職届の2つのポイント
  4. 退職願・退職届の見本2選とテンプレート10選
  5. 図解を真似るだけでマナー通りに折れる折り方のポイント
  6. 封筒への正しい書き方 印象を左右するポイント

本ページを読んで頂く事で、退職願・退職届のどちらを提出するかの選択をした上で、正しい書き方を実践できるようになります。

逆に、間違った情報を参考にし、正しくない書き方をしてしまうと、会社との関係が悪くなってしまう恐れもありますのでご注意くださいね。

※退職後にエージェントに相談しようとしている方へ

転職エージェントは無料で使えますが、あなたが転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきますので、意見に流されないように慎重に動きましょう

まだ退職した後の進路を決めていない状態であれば、「そもそも退職すべきなのか」のレベルから親身に相談にのってくれる、中堅エージェントがおすすめです。(例:『Spring転職エージェント(アデコ)』や『マイナビエージェント』など)

続きを読む

退職届・退職願の正しいフォーマット・テンプレート10選

退職届 テンプレート

「退職願を書くのってめんどくさい」「Mac向けのテンプレートがあればいいのに」など、退職届や退職願を書く際はテンプレートやフォーマットが欲しいものですよね。

本ページでは、自身が過去2社に退職届を提出してきた経験を元に、以下のように状況別にどれを使えば良いか解説しつつ、テンプレート・フォーマットをご紹介していきます。

  1. パソコンでの作成時、気をつける3つのポイント
  2. 退職願のテンプレート・フォーマット5選
  3. 退職届のテンプレート・フォーマット5選

本ページを活用して頂く事で、マナー通りの退職届・退職願を作成して頂く事ができます。

また、OfficeのWord形式だけでなく、PagesやPDF形式でのファイルをご紹介していくので、より多くの場面で使って頂けると確信しております。

※退職後の進路に関してエージェントに相談しようとしている方へ

転職エージェントは無料で使えますが、あなたが転職すると企業側から多額の報酬(提示年収の30%前後)を受け取っていますので、言葉巧みに転職へ誘導してきますので、意見に流されないように慎重に動きましょう

まだ転職するかどうかも悩んでいる段階であれば、「転職すべきかどうか」のレベルから親身に相談にのってくれる、中堅エージェントがおすすめです。(例:『Spring転職エージェント(アデコ)』や『マイナビエージェント』など)

続きを読む

エグゼクティブ転職で成功するために必要な全手法と注意点

エグゼクティブ(社長、取締役、社外取締役、執行役員、部門責任者)として転職をするときは、どの方法がベストなのか、お考えではないですか。

エクゼグティブの転職は注意が必要です。なぜなら、エージェントからすると普通の転職より仲介料が10%〜20%ほど高いため、売上のために半ば騙されてしまうことも良くあるからです。

このページでは、現役人事コンサルタントの経験から、エグゼクティブの転職に成功するために下記3点をご紹介します。

  1. エグゼクティブ転職3つの方法
  2. ヘッドハンティングを受けるためにするべきことの全て

全て読めば、あなたが本当に使うべき転職サービスや方法と、それらを最大限活用する方法がわかり、最高の転職を実現できるでしょう!

続きを読む

ブラック企業の見分け方|失敗しないための注意点すべて

ブラック企業 見分け方

「ブラック企業」に入りたくないけど、どうしたら就職先・転職先の企業が「ブラック企業」なのか見分ける方法をお探しでないですか?

実際に、いざ就職・転職活動を始めてみると、その企業がブラックなのかどうか見分けるのは難しいものです。

ただ、「ブラック企業であると思う条件」についての調査結果にあるような「残業代が未払い・残業が多い」、「労働条件が過酷」、「セクハラ・パワハラ」といった特徴のあるブラック企業は、その本質を考えれば、あることに気を付けるだけで就職を回避することが可能です。

このページでは、就職・転職活動の各フェーズで簡単に実践できるブラック企業の見分け方について以下の流れでご紹介します。

  1. 企業を探すときの4つの注意点
  2. 説明会に参加するときの3つの注意点
  3. 面接を受けるときの3つの注意点
  4. 内定が出てからの3つの注意点

この記事を読めば、どの企業がブラックなのかを見分けられるようになり、無事ブラック企業への就職を回避する可能性がグッと上がるでしょう。

続きを読む

ビズリーチを利用するべき人の3つの条件と活用方法の全て

転職を検討しているけど、『ビズリーチ』(BIZREACH)って他の転職エージェントと何が違うの?使うべきなのと思っていませんか。

『ビズリーチ』は既存の転職エージェントとは全く異なる性質を持っており、サイトを最大限活用するためには月額2980円〜4980円がかかり、かつ年収が少なくとも750万円以上あるハイキャリア向けのサービスです。

では、実際に使うべきなのかというと、結論からいうと「中長期的に、優良案件をじっくり狙いたい」という場合にはおすすめですが、そうでないのであれば通常の転職エージェントをおすすめします

このページでは、『ビズリーチ』を最大限活用するために、現役人事コンサルタントの経験と、現職社員・利用者へのヒアリングから下記4点をお伝えします。

  1. 使うべき人の3つの要件
  2. 有料・無料サービスの違い
  3. 他エージェントにはない3つのメリット
  4. 失敗しないために把握しておくべき2つのデメリット
  5. 絶対にやってはならない3つの行動
  6. 最も効果的な登録の全手順

全て読めば、『ビズリーチ』をあなたが使うべきかどうかがわかり、また利用する場合は最善の手段をお伝えしますので、転職の成功に一歩近づくことでしょう!

続きを読む

女性のための転職・復職に有利になる業界別資格12選

転職 女性 資格

結婚、出産、介護など様々なライフイベントによって左右されやすい女性の働き方。「転職・復職する際に有利な資格やスキルってなんだろう?」そんな悩みを持っていませんか?

転職エージェントとして女性の転職をお手伝いする中で、「結婚などで実務から少し離れている期間があっても、転職や復職でなるべくポジションを落としたくない。」という声をよく聞きます。

今の職場で身につけたスキルや経験を、資格など目に見えるものでPRできるようにすると、書類選考・面接を合格する確率を高めることができます。

このページでは、今の仕事を活かしながら取れる「転職・復職に有利な資格」を「業界別」にご紹介します。

仕事をしながら独学でも取れるものもありますので、自分の業界に関わる部分を読んでみて、ぜひチャレンジしてみてください。

続きを読む

転職内定後に必要な準備|3分でわかる絶対後悔しない全知識

転職 内定

転職活動の面接で内定が出た後に、「退職・入社までどのような流れがあるの?」と悩んでいませんか?

転職活動の第一ゴールは「内定」ですが、内定した後にもやるべき事が多くあります。その流れを理解せずに、「長々と内定保留して印象が悪くなった…」「退職日の交渉がうまくいかなかった…」と失敗する人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの転職をアドバイスし、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、面接内定後のスムーズな流れについて、ノウハウとコツをご説明します。

  1. 面接内定から入社までの全6ステップ
  2. ステップ1:内定通知連絡への応対
  3. ステップ2:労働条件の確認
  4. ステップ3:内定承諾/辞退
  5. ステップ4:入社日/退職日の決定
  6. ステップ5:入社手続き
  7. ステップ6:初出勤

このページを読めば、スムーズな内定調整と入社までのステップを踏むことができ、転職成功に一歩近づくでしょう。

続きを読む

転職面接の自己紹介|第一印象を劇的に上げる5つのポイント

転職 面接 自己紹介

転職活動で面接に進むことになり、「最初の自己紹介って何を話せばいいの」と不安になっていませんか?

自己紹介はどの転職面接でも聞かれる質問ですが、「準備しておらず簡潔に話すことができなかった…」「長く話しすぎて途中で面接者に遮られた…」と失敗する人はとても多いのです。

このページでは、転職コンサルタントとして数多くの転職面接をアドバイスし、転職者を成功に導いてきた知見と経験をもとに、面接を突破する自己紹介の話し方について、本質的なノウハウとコツをご紹介します。

  1. 自己紹介を徹底的に準備すべき3つの理由
  2. 自己紹介は必ず1分以内に
  3. 自己紹介の本質的な構造と例文
  4. 自己紹介で印象をUPさせるポイント5選
  5. 自己紹介が長くなる人の対策2選

このページを読めば、自己紹介で面接者の期待をグッと高めることができ、面接突破に一歩近づくでしょう。

続きを読む

職務経歴書の添削に強いおすすめ転職エージェントと活用法

職務経歴書 転職エージェント

「職務経歴書を書くのが難しいんだけど、転職エージェントに見てもらった方がいいのだろうか?」と悩んでいませんか?

私は転職エージェントとして10年近く転職したい方の支援をさせていただいておりますが、結論としては「転職のプロである転職エージェントに相談した方がいい」と考えています。

なぜなら、私が職務経歴書を添削していく中でも、「しっかりと自己分析をして書いたつもりでも、内容が主観的で響かない」「間違ったサイトを参考にしているため、内容がありきたりかつ的外れ」という転職志願者を嫌というほど見てきたからです。それらは質の高い転職エージェントの1回の添削で解決できるものなのでやらない理由がありません。

このページでは私の転職業界の知見を活かして、以下のことをご紹介します。

  1. 職務経歴書の添削に強い転職エージェントの選び方
  2. 職務経歴書の添削に強い大手転職エージェント2選
  3. 特化型のおすすめ転職エージェントと探し方
  4. 職務経歴書の添削を受ける時の4つのポイント

全て読めば、あなたの職務経歴書を劇的にブラッシュアップしてくれる転職エージェントを見つけて、活用することができるでしょう。

※2017年6月最新情報:

2017年5月以降に集計したアンケートの結果、『アデコ』からサービス名を変更して体制を一新した『Spring転職エージェント』の評判が急上昇しています

今まで使ったことがない方はぜひ、試してみて下さい。

『Spring転職エージェント』公式ページ: http://springjapan.com

続きを読む

退職願・退職届の提出時期|有給・賞与を勝ち取る全知識

退職願 時期

「退職願・退職届っていつ提出すればいいんだろう」「提出時期によっては有給休暇を取れないのではないか」など、退職願・退職届の時期に関する疑問ってたくさんありますよね。

本ページでは、過去2社に退職届を提出してきた筆者が、自身の経験を元に下記の流れであなたにとって最もお得な退職願・退職届の提出時期をご紹介します。

  1. 退職願・退職届を出すタイミング 3つのポイント
  2. 有給を取得するための退職のタイミング 3つのポイント
  3. 賞与を貰うための退職のタイミング 3つのポイント

このページを参考にして頂く事で、円満退社のみならず有給を使いきるためや、ボーナスを貰うために最も効果的な退職願・退職届の提出時期を知って頂く事ができます。

反対に間違ったタイミングでの提出は、会社に常識が無いといった印象を与えてしまったり、最悪の場合、希望日に退社できない恐れもあります。

続きを読む